• トップページ
  • 特集
  • 海外ドラマNAVI的衝撃のハイパー・サイメスティック・サスペンスドラマ!!『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』にせまる

SPECIAL 特集

海外ドラマNAVI的衝撃のハイパー・サイメスティック・サスペンスドラマ!!『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』にせまる

第1話無料配信中!

  • NAVI目線
  • 超記憶症候群に迫る!
  • インタビュー
  • コラム
  • 作品情報
  • DVD情報
  • DVDプレゼント

NAVI目線作品紹介

  • 実在する能力“完全記憶脳”で事件を解決する!
  • 深い連続ドラマならではの、病みつきになるストーリー展開!
  • まるで映画!特殊効果を駆使した映像クオリティーは要チェック!

アメリカの能力系犯罪サスペンスドラマにセンセーショナルな作品が登場。それは、一度見聞きしたことを完全に記憶し、自由自在に操ることができる「超記憶症候群」をベースにしたハイパー・サイメスティック・ドラマ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』。この驚きの症状をもつのは女性捜査官のキャリー・ウェルズ、たくましい女性主人公だ。


人間の脳の中で眠る過去すべての記憶を“引き出し”、自由自在に“蘇らせる”ことができる「超記憶症候群」という能力をベースにストーリーが形成されている本ドラマ。まさに“センセーショナル”の連続だ。この特殊能力を存分に発揮しているのが、事件解決に行き詰った際にみせる、キャリーが犯行現場を回想するシーン。脳の片隅に閉じ込められた過去の記憶を探し、引き出して、蘇えらせる名シーンの数々。興味深いのが、その回想シーンには今、まさに回想している現在のキャリーと犯行現場にいた当時のキャリー、二人のキャリーが同時に登場するということ。キャリーが過去の自分の行動を客観的に観察しているのだ。そこで、観ているこちらが想像もつかないような細かい証拠を彼女は回想によってつかむことになる。

>>続きを読む

苫米地氏が“超記憶症候群”に迫る!

脳機能学者・苫米地英人氏が、実在する症例「完全記憶脳」= 超記憶症候群について迫った!

完全記憶脳は、学術用語では超記憶症候群(ハイパーサイメスティック・シンドローム)と呼びます。米国でこれまで6人しか確認されておらず稀な症例ですが、世界中で調査をすれば、他にもこのような脳を持った人がいるでしょう。もちろん日本にも。
超記憶症候群は、最近注目のサヴァン症候群とは違うものです。彼らは、自分自身の体験を克明に憶えており、何年たっても、まるで今そこにいるように感情までも再現できるのです。自身を主体とした「体験」の記憶だけが残るのです。 ヒトの脳には記憶と再生のメカニズムがあります。誰でも日々の体験を記憶しますが、それをどんどん忘れていくものです。忘れているというより、思い出せないという方が正確だと考えられています。
脳の部位でいうと、体験記憶(エピソーディック・メモリ)を司る前帯状皮質・前頭前野がうまく機能していないことが考えられます。これにより超記憶症候群の人は、ひとつの場面を思い出すと連動して別の記憶も無限に出て止まらなくなってしまうのです。側頭葉の一部や尾状核の肥大に関係があるとも見られています。機能として、記憶のコントロールがうまくいかず暴走している=普通ではない、ということで症候群と名付けられているのです。

吹替えキャスト

PICKUP INTERVIEW ~甲斐田裕子 × てらそままさき

「最初、この作品を映画だと思って見てました!」

見たもの全てを記憶できる超記憶症候群であるヒロイン、キャリー(ポピー・モンゴメリー)の姿を描いた新感覚の犯罪ドラマ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』。このドラマで主人公キャリーの声を担当する甲斐田裕子さんと、彼女の元恋人で捜査のパートナーとなる刑事アル(ディラン・ウォルシュ)の声を担当するてらそままさきさん。海外ドラマの吹替えでお馴染みのお二人に『アンフォゲッタブル』の魅力を直撃! 過去に何度も共演しているお二人だけに、和気あいあいのムードでドラマについて大いに語ってくれました。

>>続きを読む

COLUMN: アメリカの犯罪サスペンスドラマに新感覚!メンタリスト、法人類学者に続く超記憶捜査

第1話を見たらクイズに挑戦!総額100万円があたるチャンス!!
なんと、第1話無料配信中!
動画
STORY

見たものすべてを記憶する“超記憶症候群”(ハイパーサイメスティック・シンドローム)のキャリー・ウエルズ。しかし、幼いころ森で姉が殺害された時の記憶だけが抜け落ちている。成人し、ニューヨーク州のシラキュースで刑事として働き始めるが、ある事件をきっかけに刑事の職を退く。その後は、同じニューヨーク州のクイーンズで、時にその“超”記憶力を生かしてギャンブルで生活費を稼ぎ、また時にアルツハイマーの母親が暮らす施設でボランティアをしながら、ひっそりと暮らしていた。そんなある日、同じアパートに住む女性が殺害される。その捜査の担当は、偶然にもシラキュースで刑事をしていたときの同僚であり元恋人であるアル・バーンズ刑事であった。この事件の目撃者であったキャリーは刑事に戻ることを余議なくされる。そして、姉を殺した犯人を再び捜し始めるのだったが…。

STAFF

製作総指揮:エド・レートリヒ ジョン・ベルッチ サラ・ティンバーマン カール・ベヴァリー
第1話・第2話監督:ニールス・アルデン・オプレブ「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009)」監督

CAST
  • ポピー・モンゴメリー(キャリー・ウェルズ役/声:甲斐田 裕子)
  • ディラン・ウォルシュ(アル・バーンズ役/声:てらそま まさき)
  • マイケル・ガストン(マイク・コステロ役/声:藤 真秀)
  • ダヤ・ヴァイジャ(ニーナ・イナーラ役/声:平野 夏那子)
  • ケヴィン・ランキン(ロー・ソーンダース役/声:板取 政明)
エスピーオー海ドラ

『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』 DVD情報

DVD セル

セル

2013年3月6日発売!

DVD-BOX
【日時】2013年3月6日発売
【金額】\13.650(税込)
【内容】6枚組(全22話)
【発売】エスピーオー
【公式HP】
http://spokaidra.jp/

DVD レンタル

レンタル

2013年2月2日リリース!

第1弾
Vol.1~4 2013.2.2 リリース
※第1~8話収録
第2弾
Vol.5~8 2013.2.15 リリース
※第9~16話収録
第3弾
Vol.9~11 2013.3.2 リリース
※第17~22話収録

『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』DVD-BOXを3名様にプレゼント!

© 2013 Sony Pictures Television Inc. and CBS Television Studios. All Rights Reserved.


PAGE UP