【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

Disney+(ディズニープラス)では、エミー賞やゴールデン・グローブ賞など世界中で高い評価を得るプロデューサーから新進気鋭の脚本家まで、今のドラマ界を席巻するクリエイターが手掛ける秀逸な作品が数多く配信中。今回はその中で、3名のクリエイターをピックアップ! 彼らがこれまでに手掛けてきた作品を紹介。

『POSE』でも有名なライアン・マーフィー

監督・脚本家・プロデューサーとして活躍し、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、『glee/グリー』、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ、『9-1-1』シリーズなど数々の名作を手掛けるライアン・マーフィー。自身が同性愛者であることも公表しており、『POSE』などのLGBTQ+に関連する作品も数多く手掛ける。

【受賞歴】
・『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』第62回ゴールデン・グローブ賞テレビ部門作品賞
・『glee/グリー』第62回エミー賞監督賞を含む4部門(20部門ノミネート)

『9-1-1: LONE STAR』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

大人気レスキューヒューマンドラマ『9-1-1:LA救命最前線』のスピンオフドラマ。9.11事件の際にマンハッタンの消防署で唯一生存した消防士のオーウェン・ストランド(ロブ・ロウ『ザ・ホワイトハウス』)が、自身の問題とぶつかりながらも人々を助けようと日々奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。

主人公オーウェンは心身ともに傷を負いながらマンハッタン消防署の再建に尽力していたが、同じような悲劇がテキサス州オースティンの消防署で起こったことをきっかけに、同じく消防士の息子TK(ローネン・ルビンスタイン)とともにテキサスへ向かう。そこで救急救命士のミシェル・ブレイク(リヴ・タイラー)や警察官カルロス・レイエス(ラファエル・シルバ)と出会ったオーウェンは、配属された消防署126分署でともに戦う新しいチームメンバーを集め始める。チームメンバーそれぞれが心の傷や闇を抱えて悩み迷いながらも、お互いに励まし支え合いながら人命救助に当たっていく。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

シーズン毎に異なったテーマで、新しい物語を紡ぐアンソロジードラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のスピンオフドラマ。本家のスタイリッシュさと斬新奇抜なストーリー展開を引き継ぎながらも、同作は一話完結型の全7話で構成される。

『ホワイトカラー』のマット・ボマーをはじめ、『glee/グリー』のアーティー役で知られるケヴィン・マクヘイル、『ザ・プロム』のニコ・グリーサム、『リバーデイル』のチャールズ・メルトン、マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソンらが出演。

『glee/グリー』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

オハイオ州ライマにあるウィリアム・マッキンリー高校を舞台に、スターダムを夢見る野心ある才能豊かな若者たちが、現実の人生に苦悩する姿を描いたミュージカルコメディ。プロのダンサーやミュージシャン、ブロードウェイでの舞台経験などを持つ実力派キャストが、1930~1990年代ヒットソングや人気のミュージカル曲など幅広いジャンルの名曲をカバーするパフォーマンスも見どころ。

『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』のダレン・クリス、ブロードウェイ版『ヘアスプレー』のマシュー・モリソン、『HEROES』や『アグリー・ベティ』に出演するジェイマ・メイズ、『ナイトミュージアム』シリーズのアッティラ役で知られるパトリック・ギャラガーらが出演している。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『スクリーム・クイーンズ』

名門ウォレス大学の社交クラブ「KKT」のメンバーたちが、大学のマスコットに扮して殺人を行う「赤い悪魔」と呼ばれる殺人鬼と立ち向かう様子を描く2015年から2シーズン製作されたホラーコメディ。

キャストは、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズにも出演するエマ・ロバーツや、『glee/グリー』のレイチェル・ベリー役で知られるリア・ミッシェルの他、歌手で女優のアリアナ・グランデ、現在公開中の映画『トップガン マーヴェリック』でハングマンを演じているグレン・パウエルら。

同作について、2019年にマーフィー自身がリバイバルを検討していることを明かしていた他、先日シャネル・オーバリン役のエマがシーズン3製作の可能性について、「『スクリーム・クイーンズ』シーズン3を求めているし、今がその時だと思います。“イエス”か“ノー”の答えを誰が握っているのか実際には知りませんが、私の答えは“イエス”です。それを実現させるべきだと思います」と、前向きなコメントをしていた。今も根強い人気を誇るシリーズ、要チェックだ。

『ブリジャートン家』でも有名なションダ・ライムズ

脚本家、TV監督、TVプロデューサーとして活躍し、2005年には米雑誌「TIME」が毎年発表している「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたションダ・ライムズ。

【受賞歴】
・『グレイズ・アナトミー』PGAアワード(全米プロデューサー組合賞)テレビドラマ部門受賞(2007年)
・『グレイズ・アナトミー』NAACPイメージ・アワード ドラマシリーズ脚本賞受賞(4回)

『グレイズ・アナトミー』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

シアトルの大病院で働く外科医たちの仕事と恋愛、そして苦悩と成長を、インターンとしてスタートする時点から描いた医療ドラマ。タイムリーなテーマと型破りな登場人物たちの魅力で裾野を広げ、15シーズン続いた名作『ER 緊急救命室』を越えて米医療ドラマ史上最長となり、今もなお世界中で愛され続けている。

第58回エミー賞ではドラマ部門の作品賞を含む11部門の候補に挙がり、キャスティング賞を受賞。ゴールデン・グローブ賞や全米映画俳優組合賞ではクリスティーナ・ヤン役のサンドラ・オーが受賞している。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『プライベート・プラクティス:LA診療所』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

『グレイズ・アナトミー』のスピンオフドラマ第1弾。シアトルの大病院を辞めた主人公アディソン(ケイト・ウォルシュ)が、サンタモニカの共同医療センターで友人たちとともに開業医として活躍しながらも、恋や人生に悩み多き迷い続ける姿を描いた群像劇。登場人物たちは本家の主人公たちよりも平均年齢が高く、医師としての経験もより積んでいる。

『マダム・セクレタリー』ヘンリー・マッコード役のティモシー・デイリーや、『プリズン・ブレイク』ポール・ケラーマン役のポール・アデルスタイン、『ヴェロニカ・マーズ』ピズ役のクリス・ローウェルなど、豪華キャストが出演。さらにゲスト出演も多い同作では、『アナと雪の女王』エルサ役のイディナ・メンゼルや『スター・ウォーズ』シリーズのランド・カルリジアン役で知られるビリー・ディー・ウィリアムズらも姿を見せる。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『STATION 19』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

『グレイズ・アナトミー』のスピンオフドラマ第2弾。本家や『プライベート・プラクティス:LA診療所』とは異なり、火災現場をはじめ人々が救助を求める現場へ真っ先に駆け付ける女性消防士アンディや仲間たちの日々を描くレスキューアクションドラマ。

主人公アンディを演じるのは『ローズウッド~マイアミ私立検視ラボ』のアナリス・ヴィヤ役で知られるジェイナ・リー・オルティス。さらに、本家『グレイズ・アナトミー』でお馴染みのベン・ウォーレン役のジェイソン・ジョージがレギュラー出演。外科医だったベンが新米消防士として第2のキャリアをスタートする。

また、第1話から本家『グレイズ・アナトミー』よりメレディス(エレン・ポンピオ)とミランダ(チャンドラ・ウィルソン)が登場する他、『グレイズ・アナトミー』シーズン14の第13話でアンディとメレディスが初対面するなど、クロスオーバーエピソードも大きな見どころだ。最新のシーズン5まで見れるのはディズニープラスだけ。

『スキャンダル 託された秘密』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

実在の人物をモデルにした史上最強の敏腕女性フィクサーが、企業、セレブ、政界スキャンダルの封印に暗躍する全米大ヒットドラマ。

現政権誕生に貢献した選挙参謀で、ホワイトハウスの広報官も務めたオリヴィア・ポープ(ケリー・ワシントン)。今は、個性的だが優秀な事務所のメンバーと共に、依頼人のあらゆる問題を解決、修復、隠蔽するフィクサーとして活躍している。“闇のプロフェッショナル”とも呼ばれ、ワシントDCの秘密の中心にはいつも彼女がいる。だが、実はオリヴィア自身も大きなスキャンダルの種でもあり…。次々に起こる“スキャンダルから目が離せない。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『セックス・エデュケーション』でも有名なビシャ・K・アリ

データサイエンティストやサポートワーカーなどの経験を経て、現在はスタンダップコメディアン、脚本家として活躍する若手クリエイター。マーベル・スタジオのドラマシリーズ『ロキ』では脚本を担い、最新ドラマシリーズ『ミズ・マーベル』も手掛ける今最も注目を集めるクリエイターの一人。

『ロキ』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

マーベル・スタジオ製作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)ドラマシリーズ第3弾。かつてアベンジャーズの敵で、嘘と裏切りを愛する“ヴィラン”として様々なヒーローたちを翻弄してきたロキ(トム・ヒドルストン)が主人公となり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の物語を描いた物語。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)でアイアンマンたちが過去の世界を訪れた際に生じたトラブルに乗じて、ロキは四次元キューブを手に入れ、時空を乗り越えアベンジャーズたちの手から逃れることに成功。しかし時空を歪めた罪により、“世界の時間”を監視するTVAという謎の組織に拘束されることに。自由の身になるために、TVAエージェントのメビウスとタッグを組み、タイムトラベルで実際に起きた重大な事件の“歴史”を変え、“世界の時間”を修復する様々な任務に挑むが、その過程で人類の歴史に隠された重大な“謎”が明かされることに…。

MCUにおいてのマルチバース(多次元宇宙)を大きく動かした『ロキ』。シーズン2への更新も決まっており見逃せない。

ディズニープラスで海外ドラマを楽しむ!

サービスの詳細や加入はこちらから

『ミズ・マーベル』

【ディズニープラスおすすめ海外ドラマ】世界中で高い評価を得るクリエイターの作品特集

マーベル・スタジオが新たに贈るドラマシリーズ『ミズ・マーベル』。

同作の主人公は、アベンジャーズが大好きで中でもキャプテン・マーベルに憧れを抱くカマラ・カーン(イマン・ヴェラーニ)。ごく普通の女子高生だが、家でも学校でも周りと上手く馴染めず自分の居場所を見つけるのに苦労していた。「スーパーパワーさえあれば、人生はもっと楽になるはず…」 切実な思いを胸に、ヒーローになった自身の姿を妄想するカマラだったが、ある日突然、強大な力を手に入れ、妄想していたことが現実に…!。

夢にまで見ていたヒーローの力を手に入れたカマラだが、妄想の世界とは違い、家庭や学校、社会生活での様々な問題になど、身近な人々を守れるヒーローになりたいという強い思いと、力を持った者の責任に葛藤する姿は、まさに“親愛なる隣人”スパイダーマンを思い起こさせる。誰もが共感し、応援したくなる新たなマーベルヒーローの姿が描かれる。

今回紹介した作品はディズニープラスにて配信中。

そのほか、ディズニープラスで配信中のおすすめ海外ドラマはこちらでチェック!(海外ドラマNAVI)

Disney+ (ディズニープラス)

海外ドラマNAVI編集部が厳選したおすすめの動画配信サービスはこちら

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

Photo:『9-1-1: LONE STAR』© 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. / 『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』© 2021 20th Television / 『glee/グリー』© 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. /『グレイズ・アナトミー』『プライベート・プラクティス:LA診療所』『スキャンダル 託された秘密』『STATION 19』© 2022 ABC Studios /『ロキ』『ミズ・マーベル』© 2022 Marvel