海外ドラマ NAVI

"自己隔離"中のTV&映画スターたちの過ごし方

drama

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。日本以上に感染が拡大しているアメリカでは、外出禁止令が出されている州もある。それは私たちが大好きなTV&映画スターたちも例外ではない。Self-Quarantining(自己隔離)が求められている現在、彼らはどのように過ごしているのか。米US Weeklyが伝えた。

合わせて読みたい

外出せずに自宅で楽しみたいディズニーデラックスにて配信中のおすすめドラマ

■ミリー・ボビー・ブラウン

人気SFドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役でブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンは、自己隔離を行う理由をInstagramにつづった。「私は、この人たちのために自宅にいるの。みんな私にとってかけがえのない存在だから。美しい祖母、彼女はこれまでずっと私のことを守ってきてくれた。だから今度は私が彼女を守るの。前を向いて」

ミリーは、このメッセージとともに、「#IStayHome(私は家にいる) 家族、祖母、(ウイルスの)影響を受けやすい、高齢の人たちのために」と書いた紙を持っている写真、そして祖母と一緒にニール・ダイアモンドの「Sweet Caroline」を歌っている動画を投稿している。


■ジェニファー・ロペス

歌手であり、女優としてもTVドラマ『シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察』や映画『ハスラーズ』などで活躍しているジェニファー・ロペスは、自宅での家族の過ごし方をシェア。12歳の息子マックス君が自宅の庭でホバーボードを華麗に乗りこなし、ジェニファーの婚約者アレックス・ロドリゲスにペリエを届けるという動画を上げて、「レストランや他の場所へ出かけることはできないけど、このサービスとエンターテイメントはとても良いものよ #StaySafe(気をつけてね)」と自宅での楽しみ方を紹介した。


■エレン・デジェネレス

人気トーク番組『エレンの部屋』でホストを務めるエレン・デジェネレス。彼女のInstagramは仕事の投稿がほとんどだったが、自宅待機中の最近はプライベートな投稿が多め。その中でも話題を呼んだのが、時間を持て余したエレンが4000ピースのパズルに挑戦するというもの。動画では、「退屈なの、みんなも退屈してるわね」と話し始め、「1時間くらいあればできるでしょ」と余裕の表情を見せていた。しかし、それから数時間後に投稿した別の動画では、ダイニングテーブル一面にパズルを広げたものの、箱の中にはまだ半分ほどピースが残っている状態であることを明かし、「(このパズルを完成させられるほど)十分な大きさのテーブルなんて持ってないわ。馬鹿げているわね」とパズル作成を断念したことを報告していた。

この投稿をInstagramで見る

They don't call me Ellen "Not Stupid" DeGeneres for nothing.

Ellen DeGeneres(@theellenshow)がシェアした投稿 -


またその数日後には、大量のレゴブロックを前に「思ったより少しトリッキーになりそう」と綴り、様々なことに挑戦しているようだ。

この投稿をInstagramで見る

This is going to be a little trickier than I thought.

Ellen DeGeneres(@theellenshow)がシェアした投稿 -


■リア・ミシェル

大ヒットミュージカルシリーズ『Glee/グリー』のレイチェル役で知られるリア・ミシェルは、彼女の母エディスさんとの可愛らしい2ショットをInstagramにアップ。白のニットと靴下に黒のレギンスというシミラールックを披露し「自己隔離6日目(3月18日時点)で、私とママはすっかり同じようになってしまったわ」という微笑ましいキャプションを添えた。


■サラ・ジェシカ・パーカー

大人気ドラマ『SEX AND THE CITY』のキャリー・ブラッドショーでお馴染みのサラ・ジェシカ・パーカーは、義姉のジャネット・ブロデリックが新型コロナウイルスに感染したものの、「回復に向かっている」と伝えられている。そんな中、サラはニューヨークの自宅で家事に励んでいるようで、Instagramに綺麗に畳んだ洋服の写真を投稿して「洗濯。あとは手を綺麗にしておくことに専念してるわ」とつづった。

この投稿をInstagramで見る

Laundry. Among the other things to keep clean hands occupied. X, SJ

SJP(@sarahjessicaparker)がシェアした投稿 -


■マイリー・サイラス

ディズニーチャンネルの人気シリーズ『ハンナ・モンタナ』のタイトルロールで一躍トップスターの仲間入りを果たしたマイリー・サイラスは、新型コロナウイルスによる現状について、同作のユーモアな動画を引用している。マスクをしていたハンナがマスクを外して発狂している動画には、「自己隔離2日目(3月15日時点)。これが本当の私。今の私」とコメント。

この投稿をInstagramで見る

Day 2 Quarantine. This is the REAL ME. RIGHT NOW.

Miley Cyrus(@mileycyrus)がシェアした投稿 -


さらに、両手いっぱいに荷物を持ったリリー(エミリー・スコット)がやってくる動画には「よく考えて。敬意を持って。思いやりを忘れないで。人として。社会的距離を取るために、一人で店中の石鹸を買い占める必要はないし、買いだめをすればするほど、(商品は)高価になり、必要なものが品薄になって、買えなくなってしまうわ。こんな時こそ、自制を実践する良い機会よ。パニック状態の時に賢い判断をすることはとても難しいけれど、恐怖のあまり思いやりのない行動を取る前にしっかりと考えましょう。私たちみんなが相手のことを考えれば、(必需品は)十分に行き渡るはず」とつづって、1億人のフォロワーへ訴えた。


■ミシェル・ファイファー

これまでアカデミー賞に3度ノミネートされ、昨年は『マレフィセント2』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に出演するなど長年ハリウッドの第一線で活躍し続けているミシェル・ファイファーは、こんな時でも汗をかくことを忘れていない。Instagramにワークアウト中の写真を投稿し、キャプションに「#cabinfever(キャビンフィーヴァー:家などに閉じこもることで情緒不安定になること)と闘う」とつづり、「同じアメリカ人に、そして世界中の人たちへ愛とサポートと感謝を送るわ。一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。


■ブレッキン・メイヤー

法廷コメディ『リーガル・バディーズ フランクリン&バッシュ』で主人公の一人、ジャレッド・フランクリンを演じたブレッキン・メイヤーは、ゴム手袋をはめ、スケートボードで口元を隠し、消毒ジェルを持っている写真とともに「これは予想外だ。あー、なんのスピーチも準備していないよ。でもこれは伝えておきたい。社会的距離を取ることは一人でできることじゃない。多くの、多くの人たちが協力し合う必要がある。決して僕を学校まで送ってはくれなかった両親、見知らぬ子どもに機会をくれたLAの市バスの運転手、そしてテイクアウト用のエッグマックマフィンを作るために何時間も費やしてくれたマクドナルドの素晴らしいクルーたち。彼らの協力がなければ、僕は社会的距離を取ることなんてできなかったよ」とユーモアを交えながらつづった。


■マイケル・ダグラス

製作を務めた『カッコーの巣の上で』、主演を務めた『ウォール街』でオスカー像を手にしたマイケル・ダグラスは、ソファーで子犬とともにまったりしている微笑ましい写真をInstagramでシェア。「新しい家族テイラー・ダグラスと一緒に自宅でのんびりしているよ。今日という日は、私たちは一人ではないということを思い出させてくれた。互いに思いやり、気遣うことが大切だ。どうか自宅で安全に、手を洗うことを忘れないでくれ!」


■マイケル・ウェザリー

大人気犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ役で知られるマイケル・ウェザリーは、「ボス! 窓掃除をする時間なので、信頼できるMCRT(Major Case Response Team)のNCIS帽子を取り出してきました」と、2016年にシーズン13で降板して以来、久々にNCISの帽子を被りセルフィー。ファンにとっては嬉しい姿だ。続けて「誰もが安全で健全であることを願っています」と綴っている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:スターたちの公式Instagram&Twitterより

海外ドラマNAVI編集部

海外ドラマNAVI編集部です。日本で放送&配信される海外ドラマはもちろん、日本未上陸の最新作からドラマスターの最新情報、製作中のドラマまで幅広い海ドラ情報をお伝えします!

こんな記事も読まれています