海外ドラマ NAVI

『ホームランド/HOMELAND』に描かれる戦争・テロ、そしてCIAとは?

column

20130712_c006.jpg8年間、アルカイダに捕われやがて国民の英雄として帰還した兵士と、その男にテロリストの疑惑を持つCIAエージェント。二人の息詰まる攻防をスリリングに描いた『ホームランド/HOMELAND』は、エンターテインメントであると同時に非常にシリアスなテーマを持った作品だ。このドラマのヒロイン、キャリーが執拗なまでにテロ撲滅に執念を燃やす裏には、9.11の悲劇を防げなかった自責の念がある。この9.11のテロを引き起こしたのが1991年に始まった湾岸戦争だ。

幕田千宏

映画・海外ドラマライター。編集プロダクションを経て独立。好きなものはとことんディープにをモットーに、面白ければ国もジャンルも問わない雑食派。紙媒体・WEBメディアに作品解説・インタビュー等を寄稿し、海外ドラマのプレスシート等も手がける。時々イベントなどでトークのお仕事をする事も。