• トップページ
  • 特集
  • 編集部は見た!38本の新ドラマ 今年は大豊作!!いい作品多かったな~2011もやっぱり勝手にNAVI的 新ドラマ大紹介!!

SPECIAL 特集

編集部は見た!38本の新ドラマ 2011もやっぱり勝手に 今年は大豊作!!いい作品多かったな~ NAVI的 新ドラマ大紹介!!

  • TOP
  • 新ドラマ勝手にBEST5
  • こんなスターに会っちゃいました!
  • L.A.スクリーニング2007
  • L.A.スクリーニング2008
  • L.A.スクリーニング2009
  • L.A.スクリーニング2010
  • 7つの「好きっ!」に分けて 新ドラマを紹介!
  • 楽しいこと好きっ!
  • おバカ好きっ!
  • ほのぼの好きっ!
  • 頭脳ネタ好きっ!
  • 無茶するの好きっ!
  • 怖いの好きっ!
  • 正義が好きっ!

無茶するの好きっ!

『Combat Hospital』

製作スタジオ:SONY
放送:Global
放送開始日:2011年6月21日
製作:
出演:Terry Chen、Arnold Pinnock、Elias Koteas、Luke Mably、Deborah Kara Unger、Michelle Borth
(C)CPT Holdings、Inc. All Rights Reserved.

◆『Combat Hospital』概要

実話を元にした戦場病院ドラマ。アフガニスタンを舞台にカナダの医療チームが中心となって運営している、世界で最も忙しいといわれる戦場病院に二人の若手医師が赴任したことから始まる。
6月からABCで放送されている。自信家で若い女性医師、慣れない仕事を任され戸惑う若手男性医師、仕事はできるが鼻持ちならないイケメン男性医師、そして彼らを見守るリーダー医師。。。すべての医療ドラマに当てはまる設定だ。ここに戦場という味付けが加わる。
米TV史上視聴率ナンバーワンが『マッシュ』という戦場病院コメディ。それにヒントを得ているらしい。日本のファンは『マッシュ』自体知らないのは大きなマイナス。本国カナダでは1、2を争う人気ドラマらしいが、今のところ米国では苦戦しているようだ。

『Necessary Roughness』

製作スタジオ:SONY
放送:USA Network
放送開始日:2011年6月29日
製作:
出演:キャリー・ソーン(『レスキュー・ミー~NYの英雄たち』)
(C)CPT Holdings、Inc. All Rights Reserved.

◆『Necessary Roughness』概要

浮気夫を追い出した心理カウンセラーの女性が、その型破りなカウンセリング法でアメフトのスーパースターのスランプを克服させたことから、以降、セレブや大物を次々クライアントに持つことになったという話。
評判が良かったコメディ。心理カウンセリングものも、今の流行でもある。カウンセリングといっても、相手は話をする程度じゃ改心しない連中ばかり。オープンな態度で相手の心を開き、その悩みの種を取り除く。
主演のカウンセラー役を演じるのはキャリー・ソーン。『レスキュー・ミー~NYの英雄たち』などでおなじみで、TVドラマの脇役として出演が多いが、主演としてはどうだろう?演技力は抜群だが、特に日本人受けする顔ではないような気が…。米ではすでに放送開始。女性を中心に高視聴率で、シーズン2もほぼ当確か?

『Scandal』

製作スタジオ:ABCスタジオ
放送:ABC
放送開始日:
製作:Written and Executive Produced by Shonda Rhimes(『Grey’s Anatomy』『Private Practice』)、Executive Produced by Betsy Beers(『Grey’s Anatomy』『Private Practice』)、Co-Executive Produced by Judy Smith、Directed by Paul McGuigan(『Lucky Number Slevin』)
出演:Kerry Washington(『Ray』『Boston Legal』)、Henry Ian Cusick(『Lost』)、Katie Lowes(『Private Practice』『Easy Money』)、Columbus Short(『Stomp the Yard』)、Guillermo Diaz(『Weeds』『Mercy』)、Tony Goldwyn(『The Last Samurai』)、Darby Stanchfield(『Mad Men』)、Jeff Perry(『Grey’s Anatomy』) and Liza Weil(『Gilmore Girls』)
(C)ABC Studios

◆『Scandal』概要

『グレイズ・アナトミー』のションダ・ライムズ制作の硬派な政治・法律ドラマ。主人公のオリヴィア・プライス(ケリー・ワシントン)は、ワシントンDCで敏腕を振るう危機管理コンサルタント。大統領とも昔付き合っていたという大物だ。政治やセレブなど超有名人のスキャンダルを処理するのが仕事。
オリヴィアのモデルとなったのは、クリントン元大統領の不倫騒動のスキャンダル処理を担当したジュディ・スミス。彼女も製作総指揮補として番組に参加している。
以前から楽しみにしていたが、ちょっとガチすぎないだろうか? オリヴィアにはちっとも親近感が沸かない、イヤな女である。どうしても大物を扱う専門となると、弱い者いじめになってしまうのだ。リアルなストーリーを作ると、お茶の間には嫌われてしまうから、解決法は変えないといけないのではないか。そこがつらい。パイロット版はまとまっているが、今後もこの傾向だとライムズファンに敬遠されるだろう。
『スキャンダル』というタイトルはストレートすぎて下品。

『Terra Nova』

製作スタジオ:FOX
放送:FOX
放送開始日:2011年9月26日
製作総指揮:Steven Spielberg(『E.T.』『ジュラシック・パーク』)、Peter Chernin、 Brannon Braga(『24-TWENTY FOUR-』『スタートレック エンタープライズ』)、Rene Echevarria(『キャッスル~ ミステリー作家は事件がお好き』『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』)、David Fury(『24-TWENTY FOUR-』『LOST』)、Alex Graves(『FRINGE/フリンジ』『ジャーニーマン ~時空を越えた赤い糸』)、Katherine Pope、Aaron Kaplan(『近距離恋愛』『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』)、 Justin Falvey(『United States of Tara』『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』)、Darryl Frank(『United States of Tara』『ラスベガス』)、Craig Silverstein(『K-Ville』『交渉人 ~Standoff』)、Kelly Marcel、Jon Cassar(『24-TWENTY FOUR-』)、パイロット監督Alex Graves(『FRINGE/フリンジ』『ザ・ホワイトハウス』)
出演:Jason O’Mara(『ニューヨーク1973/LIFE ON MARS』『Men in Trees』)、Shelley Conn(『チャーリーとチョコレート工場』)、Christine Adams(『トロン:レガシー』『バットマン ビギンズ』)、Allison Miller(『Kings』『セブンティーン・アゲイン』)、Landon Liboiron(『Life Unexpected』『Degrassi:The Next Generation』)、Naomi Scott(『Lemonade Mouth』)、Mido Hamada(『24-TWENTY FOUR-』)、Alana Mansour、Stephen Lang(『アバター』『ヤギと男と男と壁と』)

◆『Terra Nova』概要

今から100年後の地球を舞台にしたVFX満載のドラマ。未来の地球は人口過多のため、一家も4人までと決められ、過去の時代(1億5000万年前)にさかのぼって人類が移民を始めていた。ジム・シャノン(ジェイソン・オマラ)はシカゴの刑事だったが、今は捕らわれの身。妻のエリザベスは医師で、スカウトされ息子と娘と一緒に過去に行くことに。収監されるジムは、警備を押し切り、家族と一緒に過去へ。さかのぼった過去は、柵の向こうには恐竜が姿を見せ、人類の中にも反乱グループがいたり、宇宙人の存在もうかがわせる、危険に満ちた時代だった。
昨年のスクリーニングのときから、このドラマの話をしていたが、まだパイロット版も本完成ではなかった。ミッドシーズンの放送で13話になるらしい。
パイロット版を見る限り、TVドラマのお金のかけ方ではない、豪華なセットを作っている。
制作が遅いのは、スクリーニングの司会の人が皮肉っていたように、プロデューサーが多くて、まとまりがつかなくなっているのではないか。パイロット版の出来も時間とお金のわりには普通。新しさは感じられず、今年のパイロット版の中では真ん中より下になるだろう。『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』の二の舞にならなければ良いが。
『アバター』と『ジュラシック・パーク』が合体した感じ。

『The Playboy Club』

製作スタジオ:FOX
放送:NBC
放送開始日:2011年9月19日
製作:パイロット脚本Chad Hodge(『TRU CALLING トゥルー・コーリング』)、製作総指揮Brian Grazer(『24-TWENTY FOUR-』「Friday Night Lights』)、Francie Calfo(『Scoundrels』)、Chad Hodge、パイロット監督Alan Taylor(『マッドメン』)
出演:Eddie Cibrian(『サード・ウォッチ』)、Amber Heard(『カリフォルニケーション』)、Laura Benanti(『弁護士イーライのふしぎな日常』『Swing!』)、Naturi Naughton(『マッドメン』)、Leah Renee(『ブルマン大学 ~俺たち、もっこりフットボーラー~』)、Jenna Dewan-Tatum(『メルローズ・プレイス』)、Wes Ramsey(『CSI:マイアミ』)、David Krumholtz(『NUMBERS~天才数学者の事件ファイル』)

◆『The Playboy Club』概要

60年代のニューヨークのバー、プレーボーイ・クラブを舞台に、華やかなバニーたちと水商売のダークな世界を描くドラマ。
話題の一作だが、ずっとシカゴを舞台にした雑誌プレイボーイの話と思っていた。そう思う人は多いだろうし、そんな人がこれを見たらがっかりするだろう。
『MAD MEN マッドメン』水商売編といえるかも。このタイトルなのだから、もっとエロがなければならない。

『XⅢ サーティーン』

製作スタジオ:SONY
放送:
放送開始日:
製作:
出演:
(C)CPT Holdings、Inc. All Rights Reserved.

◆『XⅢ サーティーン』概要

グラフィックノベル(マンガ)を原作にしたアクション・スリラー。サーティーンはCIAのエージェントだが、過去の記憶がない。収容所のようなところに入っていたが、密通者により脱出させられる。追ってくる敵をかわしながら、自分の記憶を取り戻していく。
映画のジェイソン・ボーンのようなドラマ。『24-TWENTY FOUR-』の制作プロダクションが参加しているらしい。ボーンは、マット・デイモンが演じなければB級映画。だからスチュアート・タウンゼントでどれだけひきつけられるのだろうと思う。ただ、原作があるので、無理なストーリー展開になったり、ネタ切れになることは、ある程度避けられるはず。

レポート:橋本裕美子、柏木しょうこ/構成:海外ドラマNAVI編集部
※情報は2011年7月のもので放送開始日等変更になる可能性がございます

PAGE UP