米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『クロッシング・ライン』ICC特別捜査チームのような"国際警察"は実在するの?

ドラマ『クロッシング・ライン』は、ヨーロッパで起こる凶悪犯罪に挑む捜査官たちの活躍を描くクライム・サスペンス。
国際刑事裁判所(ICC)の元地下倉庫を拠点とする特別捜査チームは、ICCから権限を与えられ、現在進行中の越境犯罪を現地で捜査。各国から集まった精鋭がヘリや高速鉄道でヨーロッパ全土を駆け巡り、法の手を逃れようと国境を越える犯罪者を追うさまは、まさにボーダーレス。

20150508_crossingline_c15.jpg

【関連記事】まさに群像劇のロールモデル?『クロッシング・ライン』は若手&ベテラン捜査官のコンビネーションが秀逸!


・・・でも、こういう「国際警察」的な組織は本当にあるのだろうか?

ミヘル・ドルンが首席監察官の《国際刑事裁判所》はオランダのハーグに実在するが、ルイ・ダニエル率いる《ICC特別捜査チーム》はフィクション。
ICCは戦争犯罪や人道に対する罪を糾弾する機関であり、ドラマのように警察官を現場に派遣して事件を捜査したりはしない。

一般的に、「実在する国際的な警察機構」と聞いてまず思い浮かぶのは《インターポール》だろう。


●インターポールとは?

《国際刑事警察機構(ICPO)》=通称:インターポールは、1923年創設の国際刑事警察委員会(ICPC)を改組して1956年に設立。190の国と地域(2014年7月現在)が加盟する「世界最大規模の国際機関」で、日本はICPC時代の1952年から参加している。公用語は英語・フランス語・スペイン語・アラビア語。

事務総局(本部)はフランス・リヨンにあるほか、ユーロポール(※後述)や国連にも連絡事務所や特別代表部が。今年4月からはサイバー犯罪対策の拠点:シンガポール総局も始動。初代総局長には警察庁から派遣された日本人(中谷昇氏)が就任した。

インターポールに加盟すると、(原則)ひとつの組織を《国家中央事務局》に指定しなければならない。これは窓口のようなもので、ここを通じて外国の警察に協力を要請したり、他国からの捜査協力の依頼に応じたりする。
例えば、日本の国家中央事務局は警察庁で、フランスは内務省が管轄する国家警察の司法警察中央局ドイツは連邦政府内務省所属の情報機関でヴィースバーデンにある連邦刑事庁に担当部署があり、中国は北京、イギリスはマンチェスター、アメリカはワシントンD.C(の司法省)に国家中央事務局を置いている。

20150508_crossingline_c07.jpg


●インターポールの役割

ICPOの活動で代表的なものは「国際犯罪に関する情報収集・交換」「国際手配書の発行」

世界各地の国家中央事務局から情報を吸い上げ、まとめて蓄積。犯罪の分析や予防に役立てるだけでなく、犯罪の詳細や指紋・DNA・盗難品・パスポートなどの情報を《インターポール犯罪情報システム》としてデータベース化。各国の捜査機関からの照会を受けて、適切な情報を提供できるようにしている。

インターポールの国際手配書は9種類あって、容疑や内容によって色やマークが違う。
逃亡犯や行方不明者の所在発見などが主な目的で、近年の有名どころでいえば、
世界中で犯行を重ねる国際強盗団:ピンクパンサー
スウェーデン国内での性犯罪容疑でウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ
アルゼンチンで裁判所の出廷命令を無視したジャスティン・ビーバー
などが国際手配の対象に。


●ユーロポールとは?

そのインターポールよりさらに緊密な連携を目指し、エリアをヨーロッパに絞った「地域的な警察協力組織」が《欧州刑事警察機構》、通称:ユーロポール
1999年に欧州連合(EU)の法執行機関として設立。本部はオランダハーグにある。

1977年、西ドイツのコール首相(当時)がアメリカの連邦捜査局(FBI)をモデルにした警察組織の創設を提唱したのを受け、94年に麻薬犯罪に関する情報提供機関《ユーロポール薬物対策室(麻薬部)》が設置。その後、98年発効のユーロポール協定で実働スタートし、ユーロポールは翌年のアムステルダム条約で警察・刑事司法協力の要と位置づけられた。
現在はアメリカ・ロシア・オーストラリア・ノルウェー・スイスなどEU以外の国(15か国)も協力国として参加している。

ちなみに『クロッシング・ライン』のルイ・ダニエルは、「司法警察中央局の元警部でユーロ―ポール担当」だった。その頃「9.11後にNYPDからユーロポールへ出向していたカール・ヒックマンと知り合った」ことになっている。
一見EUと関係なさそうなアメリカ人のヒックマンがユーロポールにいたとの設定は、アメリカがユーロポール協力国だということも前提になっているのかもしれない。

20150421_crossingline_c11.jpg


●ユーロポールの目的と任務

主な活動は、「犯罪情報の収集・研究・分析・交換」「構成国の捜査機関や警察組織への助言」
インターポール同様、逃亡犯・テロリスト・盗難品・偽造パスポート・偽造紙幣・麻薬などに関する情報システムを構築。ただし、インターポールよりもっと細かく分類され、個人情報もかなり登録されているため、データベースを閲覧する権限も厳しく制限されているという。

ユーロポールが扱うのは複数国に及ぶ広域重要犯罪で、テロ、人身売買、マネーロンダリング、麻薬・放射能(核)物質の密売など。各国の警察機関が情報を共有することで、こうした国際的な重大犯罪に対処しやすくすることがユーロポール最大の目的。

構成国は本部との窓口となる《国内部局》を置き、国内部局は自国の警察官・憲兵などから《連絡官》を選んで本部へ派遣。連絡官は、国の代表として自国とユーロポールの情報交換や連絡伝達を担当する。

多言語主義のEUには24もの「公用語」があり、使用言語はそれ以上。国が違えば母国語も違う場合がほとんどで、事件や容疑者について他国に問い合わせしようにも、相手の言語によってはコミュニケーションがとりづらくなってしまう。
『クロッシング・ライン』の登場人物は、相手が同国人でも核心に迫る話は(なぜか)英語だが、現実にはネイティブレベルの英語力を持つ捜査官ばかりではない。
そこで、間に立つユーロポールは、EU中の警察をつなぐ調整役として各国の警察機関からの問い合わせと返答にそれぞれの言語で対応。これも、多文化の共生を目指すヨーロッパの組織ならではといえそう。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

平口雅世
平口雅世

テレビ・ラジオといったメディアをはじめ、インターネットサイトや紙媒体でも活動する“海ドラマニア”放送作家。自らが得意とする海外テレビシリーズ・映画のほか、旅行・スポーツ・美容・健康・報道系・・・と、幅広いジャンルの番組&コンテンツを担当・執筆。

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP