【配信ランキング】海外ドラマ・映画|独走状態の『ストレンジャー・シングス』を抜いたのは?(7月31日更新)

全米で配信中の海外ドラマおよび映画(ドキュメンタリー・リアリティショー含む)におけるランキングトップ10(ニールセン調べ)が発表された。

「オリジナル」「非オリジナル(放映権を獲得した他社作品)」「映画」という3部門における全米でのストリーミング(配信)ランキングにおいて、該当する週でトップ10入りを果たした作品の中から、編集部がピックアップした注目作をご紹介。

配信ランキング(ニールセン調べ)

2022年6月20日(月)から6月26日(日)までの順位は以下の通り。

オリジナル
1.↑(NEW)『アンブレラ・アカデミー』(Netflix/計30話)...24億5400万分
2.↓(1)『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix/計32話)...23億2600万分
3.↑(4)『オビ=ワン・ケノービ』(Disney+/計6話)...8億6000万分
4.↓(3)『ザ・ボーイズ』(Amazon/計22話)...7億1200万分
5.↓(2)『ピーキー・ブラインダーズ』(Netflix/計36話)...5億6900万分
6.↑(5)『フェイバリット・イディオット: 神に選ばれたメッセンジャー』(Netflix/計8話)...4億200万分
7.←(7)『オザークへようこそ』(Netflix/計44話)...3億8600万分
8.↑(9)『リンカーン弁護士』(Netflix/計10話)...3億8300万分
9.↑(NEW)『私たちの青い夏』(Netflix/計7話)...3億7600万分
10.←(10)『偽りなき偽りのデジタル社会: 死と嘘とインターネット』(Netflix/計6話)...3億7500万分
非オリジナル
1.↑(3)『クリミナル・マインド FBI行動分析課』(Netflix/計321話)...6億7900万分
2.↓(1)『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』(Netflix/計354話)...8億1700万分
3.↑(4)『ココメロン ~うたってまなぼう~』(Netflix/計18話)...6億分
4.↓(2)『All American(原題)』(Netflix/計71話)...7億6700万分
5.←(7)『グレイズ・アナトミー』(Netflix/計393話)...3億8200万分
6.↑(5)『フレンズ』(HBO Max/計235話)...5億1300万分
7.←(9)『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(HBO Max/計279話)...3億5500万分
8.↓(8)『ハートランド物語』(Netflix/計223話)...3億6500万分
9.↑(6)『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(Netflix/計327話)..4億4100万分
10.↑(NEW)『ブルーイ』(Disney+/計87話)...3億4500万分
映画
1.←(NEW)『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(Disney+/計1話)...14億3000万分
2.↑(NEW)『SING/シング: ネクストステージ』(Netflix/計1話)..12億6700万分
3.↑(NEW)『マン・フロム・トロント』(Netflix/計1話)...9億4800万分
4.↓(2)『スパイダーヘッド』(Netflix/計1話)...4億9100万分
5.↑(1)『HUSTLE/ハッスル』(Netflix/計1話)...3億7600万分
6.↑(NEW)『IT/イット』(Netflix/計1話)...3億1400万分
7.↑(NEW)『ミスト』(Netflix/計1話)...2億8500万分
8.↓(4)『ミラベルと魔法だらけの家』(Disney+/計1話)...2億9600万分
9.↑(NEW)『ラブ&ジェラート』(Netflix/計1話)...1億8200万分
10.↓(3)『Chickenhare and the Hamster of Darkness(原題)』(Netflix/計1話)...1億8200万分

※()内は前週の順位。NEWは前週ランクインしていなかったもの(新作、新シーズンが配信スタートとなったもの、旧作など全て含む)。

【オリジナル】独走状態の『ストレンジャー・シングス』を抜いたのは?

前週まで独走状態だった『ストレンジャー・シングス 未知の世界』を押しのけ、6月22日(水)よりシーズン3が配信開始となった『アンブレラ・アカデミー』がこの週のトップに。

『アンブレラ・アカデミー』は、ロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のフロントマン、ジェラルド・ウェイが原作を手掛けるコミックスのドラマ版。億万長者ハーグリーヴズ卿に養子として引き取られ、ス―パーヒーローになる訓練を受けた7人が地球滅亡の危機を救うために立ち上がる姿が描かれるアクション・コメディとなっている。

シーズン2では1960年代が舞台となっていたが、シーズン3は元のタイムラインに戻ってきたところから話がスタート。しかし、世界は以前とは何もかもが変わってしまっていた…。

初登場で9位にランクインしたのはAmazon Primeオリジナル『私たちの青い夏』。主人公はどこにでもいる普通のティーンエイジャー、ベリー。毎年夏になると、母のローレルや兄のスティーヴンとともにビーチで休暇を過ごしている。この夏も、いつもと同じようにビーチを訪れたベリーは、幼馴染みの兄弟と再会を果たす。ベリーのことを妹のように可愛がっていた二人は、成長した彼女の姿を目の当たりにして次第に惹かれるように。初恋、失恋、三角関係…魔法のようなひと夏の恋物語が描かれる。

【非オリジナル】リバイバル版に期待が集まるあの『クリマイ』がトップ

この週も常連作品でランキングが埋まるような結果に。そんな競合作品の中で1位に輝いたのは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。米Paramount+によるリバイバル版が話題となっており、オリジナルキャストのカムバックも決定している。

その他、オーストラリア発のアニメ『ブルーイ』が久々にトップ10に返り咲いている。好奇心旺盛な子犬の姉妹、ブルーイとビンゴが身近なものでの遊びを通してコミュニケーションや相手を思いやる大切さを学んでいく。

【映画】ベネディクト・カンバーバッチ主演のMCU映画が配信に

映画部門のトップはベネディクト・カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』。本作は2016年公開の『ドクター・ストレンジ』で初登場を飾り、その後もMCU内で活躍してきた最強の魔術師ドクター・ストレンジの単独映画2作目。

3位に登場したのはNetflix映画『マン・フロム・トロント』。失敗続きの起業家が、"マン・フロム・トロント"と呼ばれる殺し屋に間違えられる。しかも、彼と手を組み危ない橋を渡るハメに…。『ヒットマンズ・ボディガード』の監督パトリック・ヒューズが繰り出す、ケヴィン・ハートとウディ・ハレルソン出演のアクション・コメディ。

美しい景色が広がるイタリアを舞台にした『ラブ&ジェラート』は9位。亡き母の願いをかなえるため、大学進学前の夏をローマで過ごすことにしたリーナ。待っていたのは、素敵な恋と冒険、そして美味しいジェラートとの出会い。ジェナ・エヴァンス・ウェルチの小説を原作としている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『アンブレラ・アカデミー』©CHRISTOS KALOHORIDIS/NETFLIX