今見るべき一押しドラマ!
Netflixスペインドラマ『ヴァレリア』とSATCを徹底比較!恋に仕事に情熱的なアラサー女性を描く!

Netflixでシーズン2までが配信中のスペインドラマ『ヴァレリア』。スペイン版『セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)』と言われるのも納得なほど、構成が似ているにも関わらず、また違ったアラサー女性の魅力が詰まっている作品だ。

Netflixスペイン製作の『ヴァレリア』とは?

Netflixオリジナルシリーズ『ヴァレリア』

スペインに暮らす、ヴァレリア(ディアナ・ゴメス)、カルメン(パウラ・マリア)、ロラ(シルマ・ロペス)、ネレア(テレサ・リオット)の4人がメインキャラクターであり、特にタイトルのヴァレリア(演じるディアナは『ペーパー・ハウス』のタティアナ役でもおなじみ)を中心に物語は進んでいく。『SATC』のように、何かあれば4人で集まり、相談し合う。キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)と同様、ヴァレリアも作家ではあるが、コラムに書くように物語が進むのではなく、ボイスメッセージで気持ちを表現していくところが現代らしい。

4人の強烈なキャラクターがそっくり?『SATC』に情熱的な部分もプラス

ただ4人の女性が支え合い、恋愛して仕事も頑張るところが『SATC』と似ているわけではない。それ以上に、キャラクターたちがみんなリンクしているのだ。

例えば、ヴァレリアとキャリーである。先述のように、二人は作家であり、ヴァレリアは自身の結婚生活から「インポスター」という本を執筆している。一方でキャリーは、周りの性生活や自身の経験をもとに「セックス・アンド・ザ・シティ」というコラムを執筆。二人とも、最初は作家として芽が出なかったものの、じわじわと人気が出て有名作家になっていく。キャリーの方が恋愛相手になる人数が多く、ヴァレリアは最初から既婚者というところは少し異なるが、共通点が多い。作家としては、ヴァレリアの方が苦労をしている面が多く描かれており、お金の面でも不自由なく暮らしているとは言い難いため、より現実味を帯びている。

広告会社でバリバリ働くカルメンは、恋愛経験が少なく同僚をデートに誘うだけでも一苦労。『SATC』で言うところの、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)に似ていると言えるだろう。シャーロットもまた、恋愛に純粋であり、白馬の王子様が現れるのをずっと期待しているタイプであった。さらに仕事も順調で、お金にも苦労していないキャラクターが類似している。恋愛には現実思考な他の3人と比べても、彼女たちのバランスを保っていると言えるだろう。

『SATC』で人気キャラクターのサマンサ(キム・キャトラル)は、仕事も不自由なく、恋愛にも奔放。そんな姿は『ヴァレリア』ではロラに投影されている。彼女は通訳として働く一方で、体の相性が良い既婚者の相手との関係を続けてしまう。サマンサはより沢山の経験をしている姉御肌的存在であるが、ロラはより危険な恋を楽しんでいるキャラクターである。しかしながら、4人の中ではしっかりとした軸を持ち、言いたいことは言うタイプ。一番に頼りたくなる存在である。

最後に、『SATC』のミランダ(シンシア・ニクソン)のように弁護士という職業に就き、型にハマらない生き方をする勇気が持てていないネレアという存在も4人の中では大きいと言いたい。彼女はレズビアンであることを親にカミングアウトできず、親の意向で弁護士になり、そのまま親の会社に就職…。弁護士であるという点だけでなく、ミランダが『AND JUST LIKE THAT…/セックス・アンド・ザ・シティ新章』で新しい自分を見つけたように、性的指向について悩む姿も描かれているのだ。ネレアはいつでも冷静であり、浮かれる3人にちゃんと現実を見させてくれる重要なキャラクターでもある。

情熱の国スペインならではの描写

やはり2作品の大きな違いは、スペイン・マドリードかアメリカ・ニューヨークかという点だろう。『SATC』のニューヨークの街並みも美しく、仕事に勤しむ4人の姿も生き生きとしていた。恋愛が基本的なテーマとして描かれているため、身体の関係も映し出しているが、サマンサ以外はそこまで多く描写されていない。

一方で、スペインが舞台の『ヴァレリア』は、古き良き街並みの中で、就職やキャリアアップに悩む様子がリアルに感じることができる。さらにベッドシーンもかなり多く、情熱的な場面がたくさん描かれているため、スペインドラマを見慣れていない人は、驚くかもしれない…。

『SATC』では描かれなかった「家族」との関わり方

『SATC』では、4人の家族関係について明かされるシーンはあまりなく、彼女たちの恋愛関係についてのみフォーカスされていた。その一方、『ヴァレリア』では、家族との関わり方についてもそれぞれ描かれている。

例えば『ヴァレリア』では、定職に就かず暮らしているヴァレリアをあまりよく思っていない両親との関係をはじめ、ロラと母親との確執、カミングアウトできず実家で暮らしているネレアの悩みが登場する。アラサーになって、自由に生きてきたつもりでも、親との縁は切っても切り離すことができず、向き合うべきタイミングなのだと教えてくれる。

キャラクター構成としては、『ヴァレリア』と『SATC』はとても似通っている点が多いが、それぞれの作品の舞台や時代背景があるからこそ映し出すことのできる悩みもある。恋愛やキャリア、心機一転環境を変えたい人など、全ての人におすすめのドラマだ。

Netflixオリジナルシリーズ『ヴァレリア』シーズン1~2は独占配信中。Netflixで配信中のおすすめドラマ一覧はこちらより。

(伊藤万弥乃)

★『ヴァレリア』を今すぐ視聴する★

Photo:Netflixオリジナルシリーズ『ヴァレリア』シーズン1~2は独占配信中。『SEX AND THE CITY』(c)98/04 CBS Paramount International Television