今見るべき一押しドラマ!
アメリカドラマ視聴率ランキング | 『FBI』シーズン4最終話がお蔵入り?(6月12日更新)

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。
5月23日(月)からの週の順位は以下の通り。ドラマは6作品がランクインしている。

1.『FBI:特別捜査班』(CBS)
2.『ヤング・シェルドン』(CBS)
3.『NBA PLAYOFFS ON ABC-5/21』(ABC)
4.『シカゴ・ファイア』(NBC)
5.『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
6.『アメリカン・アイドル』(ABC)
7.『60 MINUTES』(CBS)
8.『シカゴ・メッド』(NBC)
9.『FBI: International(原題)』(CBS)
10.『SURVIVOR(原題)』(CBS)

【ドラマ作品トップ】『FBI:特別捜査班』シーズン4ファイナルエピソードは放送されず…

『FBI:特別捜査班』シーズン4
5月24日(火)放送 #12「Under Pressure(原題)」※再放送
レーティング:4.4/視聴者数:715万人
『FBI: International(原題)』
5月24日(火)放送 #21「Crestfallen(原題)」
レーティング:3.7/視聴者数:596万人

『FBI:特別捜査班』がドラマ作品のトップに。本来、シーズン4第22話「Prodigal Son(原題)」が放送予定だったものの、米テキサス州で起こった小学校での銃乱射事件を受け、エピソードの内容を鑑みて放送を見送ることに。代わりに第12話が再放送された。第22話のエピソードが今後放送されるかどうかは現時点で未定とのこと。

相変わらず本家がドラマ作品におけるトップを守ったほか、スピンオフの『FBI: International』が9位にランクイン。本作について、以前、指揮を執るデレク・ハースが「私たちはたくさん旅行します。スイスのアルプスやパリ、プラハでも撮影をしました」と語っていた。タイトルに相応しく"インターナショナル"なスケールとなっている予感だが、是非とも日本上陸を期待したい。

『ヤング・シェルドン』が相変わらずの人気

『ヤング・シェルドン』シーズン5
5月26日(水)放送 #8「The Grand Chancellor and a Den of Sin(原題)」※再放送
レーティング:4.1/視聴者数:706万人

今年の秋頃にシーズン6の放送を控える『ヤング・シェルドン』はこの週、シーズン5の過去回を再放送。それにも関わらず、多くの視聴者数を獲得して全体の2位につけており、作品の人気の高さがうかがえる。日本では、現在U-NEXTにてシーズン1~3が配信中だ。

(海外ドラマNAVI)

naco-do スマリッジ

海外ドラマを見るならU-NEXT

Photo:『FBI:特別捜査班』© MMXXII CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.