2018年9月アーカイブ

全米視聴率ナンバー1を誇る犯罪捜査ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフ、『NCIS:ニューオーリンズ』。その待望のシーズン4が、スーパー!ドラマTVにて11月29日(木)より独占日本初放送されることとなった。

【関連記事】『NCIS:ニューオーリンズ』ブロディ役ゾー・マクラーレンも降板していた

本シリーズは、NCIS(海軍犯罪捜査局)のニューオーリンズ支局が舞台となり、本国アメリカでは今秋より通算100話目を迎えるシーズン5が放送され、本家同様に人気を博している。

前シーズン、プライド(スコット・バクラ『スタートレック エンタープライズ』)はある事件・人物の捜査過程において、上の命令を無視した行動をとったために停職になる...。今シーズンは、プライドが停職になって6週間後から始まる。ニューオーリンズ支局にはプライドの代わりにボイド(ベッキー・アン・ベイカー『GIRLS/ガールズ』)という女性捜査官が赴任してきたが、書類や手続きへの細かさにチームの面々はうんざり、プライドの復帰を待ち望んでいた。

そんな時、海兵隊員の乗ったトラックが襲われ、警護していたトレーラーが奪われるという事件が起こる。そして乗り捨てられた荷台から採取されたのは放射性物質だった。テロの可能性もあり、捜査はFBIとDHS(国土安全保障省)が引き継ぐことに。だが、ラサール(ルーカス・ブラック『ワイルド・スピード SKYMISSION』)たちは、犯人は土地勘のある地元の人間、かつ狙われているのはニューオーリンズだと考え、プライドを呼び戻す。彼は、テロを阻止するため、停職中でありながら一市民として捜査に協力することになる。

そして、シーズン1でATF(アルコール ・タバコ・火器及び爆発物取締局)捜査官として登場し、シーズン2からNCISに正式加入したソーニャ・パーシー役のシャリータ・グラントが今シーズンで降板することが決定している。

ラストエピソードとなるのは、第19話「High Stakes(原題)」。ソーニャとラサールがアンダーグランドなポーカーゲームに潜入するストーリーだ。これまでソーニャとラサールは、恋愛感情に似た想いを持つようになりつつあったが、チームと仕事のためにと、深い関係になるのを制していた。二人のギクシャクした雰囲気がチームにも影響を与えることもしばしば。よって、ソーニャの出演が最後となる今シーズン、ラサールとの恋の行方にも注目だ。

『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン4は、スーパー!ドラマTVにて11月29日(木)22:00より独占日本初放送!(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン4
(c)MMXVIII CBS Studios Inc. All Rights Reserved.
(c)MMXVIII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

アクションファンタジードラマ『シャドウハンター:The Mortal Instruments』で主人公クラリーを演じているキャサリン・マクナマラが、米CWの人気ヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』シーズン7にゲスト出演することがわかった。米TVLineが伝えた。

【関連記事】『THE FLASH』『スーパーガール』『ARROW』三つ巴のクロスオーバーエピソードにスーパーマンも出演決定!

関係筋の情報によれば、キャサリンはシーズン7の前半に、スター・シティのストリートファイター兼泥棒のマヤというキャラクターとして登場するという。

現在、キャサリンは『シャドウハンター』で主演を務めているが、今年6月に同作はシーズン3をもって幕を閉じることが決定。シーズン3の前半10話は今年3月から配信スタートしており、ファイナルを飾るシーズン3の後半は、予定されていた10話に特別エピソード2話を加えた12話構成で、『Shadowhunters: The Final Hunt(原題)』として、来春配信開始となる予定。

キャサリンは今年公開された映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』にも出演。過去には『CSI: 科学捜査斑』『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』などの人気作にもゲスト出演している。

シーズン7には、シーズン3までレギュラー出演していたロイ・ハーパー/アーセナル役のコルトン・ヘインズがレギュラーとしてカムバック。ホリー・ディグナード(『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』)とマイケル・ヨンソン(『サイク/名探偵はサイキック?』)が、DCのヴィランチーム「ロングボウ・ハンターズ」として登場する。

また、12月9日から11日には、『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』とのクロスオーバーが決定している。このクロスオーバーが新シリーズ『Batwoman(原題)』のパイロットエピソードとなり、バットウーマン/ケイト・ケイン役のルビー・ローズ(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)がアローバースに初登場する。

他に、スーパーマン役のタイラー・ホークリン(『ティーン・ウルフ』)が再登場し、ロイス・レイン役のエリザベス・トゥロック(『GRIMM/グリム』)、ミスター・フリーズマンの妻ノラ・フライス役のカサンドラ・ジーン(『MAD MEN マッドメン』)がゲスト出演する。

『ARROW』シーズン7は、米CWにて10月15日(月)から放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シャドウハンター: The Mortal Instruments』
(C)Freeform/John Medland

アメリカではついに本日(現地時間9月27日(木))、記念すべきシーズン20に突入する大ヒット長寿犯罪法廷ドラマ『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』。シーズン1からNY市警性犯罪特捜班のベテラン刑事オリビア・ベンソンを演じるマリスカ・ハージティが、いつかは訪れる最終シーズンでのオリビアの結末を考えたことがあると発言した。米E!Online が報じている。

【関連記事】[ランキング]15年以上続いたご長寿海外ドラマ TOP7

インタビューで「どのような形の終わり方が理想的か考えたことがある?」と聞かれたマリスカは、「あるわ」と即答。もちろん、その内容を明らかにはしなかったが、クリエイターであるディック・ウルフには既に告げているようで、「ディックは私の理想の終わりかたを知っているのよ」と笑顔で答えた。

マリスカは以前、同作を降板する気は一切なく引き続き長期に渡って出演したいと発言しており、このままいくと次のシーズン21に突入する可能性も多いにある。その場合、同作はアメリカテレビ史上最も長く続いたドラマとなり、元祖である20シーズン続いた『LAW & ORDER ロー&オーダー』の記録を塗り替えることになる。

また、このインタビューに同席していたフィン役のアイス・Tは、同作の魅力を次のように伝えた。「このドラマは、ある種のセラピー的なエンターテイメントだと思うよ。殺人事件などを扱ったドラマだと、被害者は死んでいるよね。でも、この作品では被害者はまだ生きているんだ。シーズン1から出演しているが、最初の頃はその事実を理解していなかった。2年目くらいから、人々が "ありがとう"と言ってくるようになったんだよ。"ありがとうって、何が?"と思ったけどね。だって、TVドラマを見てそんなこと言う人いるかい? それでやっと分かったんだ。この作品には多くの人を癒す効果もあるんだとね」

オリビアやフィンたちの最後がどう計画されているのか気になるところだが、まだ当面そのシーンを見ることはないかもしれない。ついに本家の記録と並ぶ『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン20は、9月27日(木)より米NBCで放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』マリスカ・ハージティ
(c)2017 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.

『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)のティリオン・ラニスター役で、第70回エミー賞ドラマ・シリーズ部門助演男優賞を受賞したピーター・ディンクレイジ。演技派の彼が、撮影現場でスタッフ&キャストにドッキリを仕掛けて楽しんでいたと明かした。英Digital Spyが報じた。

【関連記事】【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』最も影響が大きかったキャラクターの死は?!

米人気バラエティ番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』にゲスト出演したピーター。「死んだふりをするのが好きなんだ。衣装係やプロデューサーが相手でも、トレイラーで脚を広げて大の字で寝転がるんだが、楽しいよ。妙なポーズを取って、床にバタッと。時間はたくさんあるから何時間でも待てるんだ」と語った。

七王国が鉄の玉座を巡って争いを繰り広げる『GOT』は策略や陰謀にまみれ、キャラクターが劇中で命を落とすことも少なくなく、撮影現場の空気が重くなることもあるという。そこでスタッフやキャストが気持ちを明るくするために、ドッキリを仕掛けて楽しんでいるのだそう。ピーターのドッキリは少々ダークだが、それだけ共演者同士の絆が深く仲が良いという証拠ではないだろうか。

以前のインタビューでピーターは、「ティリオンを演じるには不安があった」と明かしていたが、同役役でエミー賞ドラマ・シリーズ部門助演男優賞を3度も受賞。それだけに、同役を引き受けた彼の決断は間違っていなかったと言えるだろう。

いよいよファイナルとなる『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、米HBOにて2019年上半期に放送開始を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』より
(C)2015 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

シャーロック・ホームズと女性のワトソンが、現代のニューヨークを舞台に難事件に挑む、人気の犯罪捜査ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』。米CBSで9月17日(月)に放送を終えたばかりの第6シーズンが、11月15日(木)よりWOWOWプライムにて放送開始となる。

【関連記事】決め手は"副収入"!?『エレメンタリー』がシーズン7へ更新

英国の作家アーサー・コナン・ドイルが19世紀に生み出した名探偵シャーロック・ホームズの世界を21世紀によみがえらせ、原作では英国のロンドンだった舞台を米国NYに移し、さらに男性だったホームズの相棒ワトソンを女性に変えて新解釈を加えて描く本作。米国では今年5月に第7シーズンへの更新が発表された。第5シーズンで番組通算100話を突破し、ロングランを通じてキャストとスタッフのチームワークがパワーアップ。この第6シーズンではホームズ役のジョニー・リー・ミラーが第6話と第16話で監督業に初挑戦。一方、第2シーズンから毎シーズン監督業を担っているワトソン役ルーシー・リューも、引き続き第10話と第18話でメガホンを取る。

前シーズンのラスト、ホームズは幻覚で母親の姿を見るようになり、脳のMRI検査を受けていた。その検査の結果は...!? そして新シーズン、ホームズとワトソンは、資産家ソフィ・ビショップとその夫ライアンから、ソフィの元恋人のサミーを捜すよう依頼されるのだが...。

『エレメンタリー6 ホームズ&ワトソン in NY』はWOWOWプライムにて11月15日(木)23:00より放送スタート(第1話無料放送)。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エレメンタリー6 ホームズ&ワトソン in NY』
(C) MMXVIII CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

男女4人の恋愛事情を描く大人向けの不倫サスペンス『アフェア 情事の行方』。米Entertainment Weeklyなどによると、同ドラマのシーズン1初回から登場しているコール・ロックハート役のジョシュア・ジャクソンが、シーズン5ではレギュラー出演しないことが明らかになった。

【関連記事】男女の視点から"二部構成"で語られる大人対象の不倫ドラマ『アフェア 情事の行方』の魅力

米国では8月に同作シーズン4の最終回が放送されたばかりだが、コールの元妻アリソン・ベイリー役のルース・ウィルソンもシーズン4にて降板が決まっている。シーズン4放送と同時期に、TV情報番組『CBS This Morning』に生出演したルースは「私自身がこのドラマを降板したかったことは事実よ。でも(契約上)降板理由を話すことはできないの」と語っている。さらに司会者からの「出演料の男女格差が不満だから降板したのでは?」との質問には、「出演料について不平不満を言ったことは一度もないわ」と答えた。

『アフェア 情事の行方』は官能的なドラマで、コールはセクシーな役柄だが、彼がアリソンとの間に生まれた息子の死後、どのように悲しみを克服していくかがこのドラマの最も興味深いストーリーのひとつでもあった。離婚したとはいえ、コールとアリソンの関係は常に絡み合っていたため、次シーズンにアリソンが登場しないとなると、コールの今後の運命も不確かだ。現段階では、ジョシュアが全く出演しないか、数話にのみ出演するかは決定していないため、同ドラマの製作者はジョシュアと一緒に"今後のコールについてのストーリーライン"を考案中とのことだ。

同ドラマはシーズン5で幕を閉じることが決定しているが、主役4人のうちの二人が出演しないとなると、残りの二人であるノア・ソロウェイ(ドミニク・ウェスト)とヘレン・ソロウェイ(モーラ・ティアニー)という元夫婦の動向に大きく焦点が当てられるのかもしれない。

『アフェア 情事の行方』シーズン5は米Showtimeで2019年に放送予定。日本では、シーズン3をWOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アフェア 情事の行方』
(c)2016 Showtime Networks Inc. All right reserved.

ロサンゼルスを舞台に、黒人コミュニティ出身の少年フランクリンと麻薬取引の闇を色濃く描く『スノーフォール』。米FXで9月20日(木)に放送終了し、先日シーズン3への更新も決定した話題作が、FOXチャンネルにて11月30日(金)より日本最速放送されることが決定した。

【関連記事】優しかった麻薬売りの少年が「獣」に 『スノーフォール』シーズン2、全米を揺るがす歴史的事件へ

物語の舞台は、人種差別、ギャング抗争、薬物犯罪が横行する1980年代のカリフォルニア州ロサンゼルス。犯罪多発地帯の黒人コミュニティで暮らす少年フランクリン・セイント(ダムソン・イドリス)は、あることがきっかけで、コカインの売買に関わる事に。より安価で依存性の高い"クラック・コカイン"に目をつけた彼は、精製法を会得し、順調に商売を拡大していくが、それは更なる危険に身を投じることを意味していた――。

今シーズンで物語はクラックブームの始まりとも言われる1984年に突入。暴力と欲望が渦巻く闇の世界に足を踏み入れてしまった心優しい少年フランクリンは、やがて裏社会での存在感を高めていく。バイオレンスに満ちた、思わず手に汗を握ってしまうような緊張感のある場面が今シーズンも連続する。

現代のミュージックシーンにも大きな影響を与えるロッド・スチュワートやファットバックなどの流行曲をBGMとして織り交ぜながら、当時のファッションや生活スタイルやドナルド・レーガン元大統領の実際の映像が登場するなど、80年代の空気感を緻密に描いている。

シーズン1に引き続き製作に携わるのは、本作と同じくサウス・セントラルに生きる黒人少年たちを描いた映画『ボーイズ'ン・ザ・フッド』でアカデミー賞監督賞と脚本賞の2部門に当時最年少24歳でノミネートされた経歴を持つジョン・シングルトン。さらに脚本には犯罪小説家として有名なウォルター・モズリイが参加。物語に更なるリアリティを加えている。

ロサンゼルスに降り積もる"白い粉"をめぐり、フランクリンを取り巻くキャラクターたちの運命が複雑に交錯する『スノーフォール』シーズン2はFOXチャンネルにて、11月30日(金)23:00より放送スタート。また新シーズンの放送に先駆けて、シーズン1全10話が11月17日(土)と24日(土)に一挙放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スノーフォール』シーズン2
©2018 Fox and its related entities. All rights reserved.

2007年から2012年まで米CWで放送され、世界中の女性たちを虜にした『ゴシップガール』。有名ファッションデザイナーの娘ブレアを演じたレイトン・ミースターは、本作を機に大ブレイクを果たした。そんな彼女が米PorterEditに登場し、自身の代表作について本音を打ち明けている。米E!Onlineが伝えた。

【関連記事】『ゴシップガール』レイトン・ミースター、2歳の娘の育児について語る

両親の離婚後、11歳の時にニューヨーク市に引っ越したレイトンは、CMやモデルの小さい仕事からキャリアをスタートさせた。「同じ学校の同級生たちは自分のやりたいことをわかっていて、それを追い求めている子ばかりだった」といい、彼女自身も女優という夢のために14歳でロサンゼルスに移り住み、16歳で学校を卒業して女優業に専念するように。早期卒業を目指したのは、大人と同じくらい働けることが仕事を得るうえで有効だったからだそうだ。

そして厳しい世界で地道に活動を続け、20歳の時に『ゴシップガール』への出演が決まった。「番組が6年続いたことは最高のシナリオだったの。めったにあることじゃないわ」とレイトンは語っている。しかし、1シーズン全22話構成のTVシリーズは、週5日、1日16時間も撮影をこなす過酷な現場だったそうだ。「朝5時に現場に着いて、夜8時に帰るの。太陽を見ることができる日はほとんどなかったわ」

同作のヒットにより一躍スターの仲間入りを果たしたレイトンだが、一気に自分を取り囲む人が増え、自分の行動に注目が集まるようになったことに当時は困惑した。自分を取り巻く環境が健全なものだとは思えなかったそうだ。

「みんながそれぞれ自分の旅を持っているわ。特に、自分を知ろうとする20代前半の時には。『ゴシップガール』が成功したことで、私の旅はスピードアップしてしまった。何が現実なのか、誰を信頼できるのか、その区別がつかない中で、早々に"自分"を見つけなければいけなかったの。私は早くにそれを知ることができて、本当に信頼できる人たちと友人になれて、とても幸運だったわ」

レイトンは、『ゴシップガール』が彼女の人生の中で"とても特別な時間"だったと表現しているが、多くの共演者がインタビューで明かしているように、彼女もその頃に戻りたいとは思っていないという。「それは何にも変えられない、タイムカプセルのようなもの。"あの頃が懐かしい?"とか、"(『ゴシップガール』で)着ていた衣装を気に入っていた?"とか、たくさんの質問を受けるの。そういうことを聞かれることは理解しているし、しっかり答えているつもりだけど、"あなたにとって高校時代は素晴らしい時間でした。戻りたいと思いますか?"って聞かれているようなものなのよ。本当のところ、とても特別で、ユニークで、素晴らしい経験だったけれど、もう戻りたいとは思わないわ。私はただの子どもだったの!」(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゴシップガール』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

本年度のエミー賞リミテッド/TVムービー部門の作品賞と主演女優賞2部門にノミネートされた米HBO製作のTV映画『ジェニーの記憶』が、スターチャンネルにて10月12日(金)に独占日本初放送される。

【関連記事】こちらはローラ・ダーンがクリエイターと主演を兼ねる超前向きなドラマ『エンライテンド』

今年1月に開催されたサンダンス映画祭で絶賛を受け、5月の米HBOでの本放送も好評を博し、本年度第70回エミー賞で2部門にノミネートされた本作は、監督を務めるジェニファー・フォックス自身の幼少期の体験を元に脚本を執筆し、性虐待の問題を描いた衝撃の実話ドラマ。彼女だからこそ描ける視点で、自身の幼少期のトラウマと性虐待の闇に迫ったセンセーショナルな内容となっているが、その完成度の高さから、各方面で高い評価を受けている話題作だ。

葛藤する主人公を、『ビッグ・リトル・ライズ』で2017年にゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したローラ・ダーンが見事に演じ、本作でエミー賞主演女優賞にもノミネート。脇を固めるのは、『ナイト・マネジャー』のエリザベス・デビッキ、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズのフランセス・コンロイ、『GIRLS/ガールズ』のジェイソン・リッターなど海外ドラマでもお馴染みの俳優陣。

ドキュメンタリー監督として活躍するジェニファーの元に、ある日、彼女の子供時代の日記を読んで困惑した様子の母親から電話がかかってくる。何のことかわからないジェニファーだが、母に送ってもらった日記を読み返していくうちに自身の13歳の夏を回想し始める。乗馬を教えてくれたMRS.Gとランニングコーチのビル。二人と出会い、過ごした13歳のサマースクールは、彼女にとって美しい記憶だったのだが...。曖昧だった彼女の記憶を辿った先に待つ、衝撃の事実とは―。彼女はなぜ、初恋の記憶に鍵をかけなければいけなかったのか?

‟初恋"の記憶に隠された真実とは―。エミー賞2ノミネートの衝撃の実話『ジェニーの記憶』はスターチャンネルにて10月12日(金)20:45より日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ジェニーの記憶』
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO

もしかしたら、2020年が『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のメレディス・グレイに別れを告げる年になるかもしれない...。主人公メレディス役のエレン・ポンピオが現在の契約が切れる来シーズン、シーズン16で青のスクラブを脱ぐかもしれないことをほのめかした。米TVLineが報じた。

【関連記事】2018年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.13>『グレイズ・アナトミー』のスピンオフ、消防士の活躍を描く『Station 19』

9月27日(木)から米国で始まる『グレアナ』シーズン15のプレミア放送を記念し、それぞれのキャストが表紙を飾る6種類のバージョンの特別版米Entertainment Weeklyが9月21日(金)に発売となった。この最新号に登場したエレンはシーズン16以降もシリーズを続けるかという質問を受け、「このドラマでの私の未来がどうなっているか、今は正式なことはまだ何も言えないの。でも、私は私たちが伝えられる物語のほとんどを伝え終えたように感じている」と答え、変化を求めていることを明かした。

今年5月にもエレンは、シリーズがファイナルに近づいているとインタビューで語っており、子育てのために仕事をセーブしたいと話していた。

『グレアナ』生みの親であるションダ・ライムズは昨シーズンから本作プロデュースを離れ、シーズン15からは脚本だけに専念しているが、シリーズが終了するときも最終回を執筆する予定だという。「私は少なくとも6回、番組の"最後"を書いたことがあるの。でも終わらなかった。いつも、"これがこのドラマの終わり方"と思うたびに、その瞬間は通り過ぎていたの。だからもう(終わりを)考えることはやめたわ。今はどうなるかわからない」と語っている。

『グレイズ・アナトミー』シーズン15は、米ABCにて9月27日から放送開始。初回は2時間スペシャル。(海外ドラマNAVI)

Photo:エレン・ポンピオ(『グレイズ・アナトミー』)
(c) ABC/Bob D'Amico

全米視聴率ナンバー1を誇る大人気の犯罪捜査ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』のシーズン10が、スーパー!ドラマTVにて10月11日(木)12:00よりチャンネル初放送。また、二カ国語版での放送は日本初となる。

【関連記事】【まとめ】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!

本作は、米海軍に関わる事件を解決するNCISの活躍を描き、全米では今秋よりシーズン16が放送予定の長寿シリーズ。そんな中、プレミアがシリーズ歴代2位の視聴者記録を持つシーズン10は、さらなるチームの結束力で難事件を解決していく。

今シーズンでは、息子を失ったことで海軍に強い恨みを持つディアリングが、報復のためヴァンスの車に爆弾を仕掛け凄惨な爆破現場となったネイビーヤードから物語が始まる。多くの犠牲者が出てしまったショックを必死に乗り越えようとするギブス率いる現場捜査チーム、自分の車に爆弾が仕掛けられたせいで惨事が起きたと自責の念にさいなまれるヴァンス。そんな彼らに下った指令はディアリングの抹殺。オトリ捜査を使い任務を遂行しようとするチームだったが...。

また、海外ドラマファンおなじみの豪華ゲストが続々登場! 『女検死医ジョーダン』のスティーヴ・ヴァレンタイン、『ER 緊急救命室』のアレックス・キングストン、『アリー my Love』のグレッグ・ジャーマン、『CHUCK/チャック』のヴィク・サハイなど。数々の難事件はもちろんのこと、ゲスト陣からも目が離せない。

■『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン10 放送情報
10月11日(木)12:00よりスーパー!ドラマTVにてスタート
[二]毎週月曜~金曜 12:00~(2話連続)
[字]毎週月曜~金曜 19:00~(2話連続)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン10
©MMXVIII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

映画『シャーロック・ホームズ』のクリエイターが贈るファンタジー・ミステリードラマ『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』が、10月8日(月)よりDlifeにて無料初放送されることが決定した。

【関連記事】お先見!ヨアン・グリフィズ主演ファンタジー・サスペンス『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』

本作の主人公は、ニューヨーク市監察医局で働く監察医ヘンリー・モーガン。彼は、ある事件を機にNY市警のジョー・マルティネス刑事とパートナーを組み、殺人事件を解決していく。クラシックなスーツに身を包んで事件現場に登場し、類まれな洞察力と豊富な知識、鋭い推理力で事件を颯爽と解決するが、実はヘンリーには秘密があった。それは200年前の"最初の死"以来、一切歳を取らず、何度死んでも生き返るという不老不死の男だった...。

主人公ヘンリーを演じるのは、2005年公開の映画『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』でMr.ファンタスティックを演じた、英国出身の実力派俳優ヨアン・グリフィズ。ヘンリーに捜査協力を求めるジョー刑事役には、『LAW&ORDER』シーズン17~20にレギュラー出演したアラナ・デ・ラ・ガーザ、ヘンリーの秘密を知るエイブ役は、エミー賞やゴールデン・グローブ賞、トニー賞に輝くベテラン実力派俳優のジャド・ハーシュが務める。

クリエイターには、『CHUCK/チャック』や『リーサル・ウェポン』を手掛けたマシュー・ミラー、エグゼクティブ・プロデューサーは、映画『シャーロック・ホームズ』を手掛けたダン・リンが名を連ねる。

■『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』放送情報
全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて
[二]10月8日(月)スタート 毎週月曜日 21:00~
[字]10月12日(金)スタート 毎週金曜日 24:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』
©Warner Bros. Entertainment Inc.

映画『アベンジャーズ』のスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』の放送局である米ABCが、映画『ワンダーウーマン』の脚本家が手掛ける新作マーベル・ヒロインドラマを製作することがわかった。米ScreenRantほか複数のメディアが報じている。

【関連記事】なぜ、マーベル・スタジオの実写作品の《ユニバース化》は成功し続けているのか!?

タイトル未定の本作は、『ワンダーウーマン』や『グレイズ・アナトミー』などの脚本を担当したアラン・ハインバーグが指揮を執るシリーズ。すでにABCはドラマ製作を決定し、特殊能力を持った女性キャラクターを中心に描く1時間枠のドラマ。知名度が低いマーベルキャラクターが主役に選ばれる可能性もあるという。

ハインバーグと共同製作総指揮に名を連ねるのは、マーベル・エンターテインメントのテレビ部門を統括するジェフ・ローブ。新シリーズに登場するキャラクターの詳細は伏せられているが、ミズ・マーベルことカマラ・カーンやシー・ハルク、ホークアイことケイト・ビショップ、ミス・アメリカことアメリカ・チャベスを候補に挙げる海外メディアもあるようだ。

2013年から放送している『エージェント・オブ・シールド』では、インヒューマンズと呼ばれる特殊能力をもった種族が登場し、デイジー・"スカイ"・ジョンソン(クロエ・ベネット)やエレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス(ナタリア・コルドバ=バックリー)ら、女性キャラクターが活躍している。よって、クロスオーバーするのかも、気になるところだ。

2009年にディズニー傘下となったマーベルは、2019年にディズニーが立ち上げる新配信サービスでもマーベル作品を製作すると報じられたばかり。両社はマーベル・シネマティック・ユニバースの人気キャラクターを主役にした、ミニシリーズの企画を複数進めているとのこと。その中には、映画『アベンジャーズ』シリーズに登場したロキやスカーレット・ウィッチも含まれており、その場合は映画版で同役を演じた俳優が、ドラマシリーズに出演することもあり得ると報じられている。

ABCが進めている新マーベルドラマシリーズについて、続報が入り次第お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』シーズン5より
(C)ABC Studios & Marvel

米ABCの大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)をシーズン14で降板となったエイプリル役のサラ・ドリュー。今月14日(金)にビバリーヒルズで行われた米The Hollywood Reporterのエミー賞ノミネートパーティに出席した彼女が、米US Weeklyのインタビューに応じ、同作を去った心境を語った。

【関連記事】『グレイズ・アナトミー』アリゾナ&エイプリル降板に対するキャストの反応は?

「(降板が決まった)当時は悲しかったけど、今はもう吹っ切れたわ。どんなことにも理由があるのだと、本当にそう思っているの。このドラマでの9年間は、私の人生を形成し、変化させた素晴らしい時間だったわ」

ABCが配信している『グレアナ』のwebシリーズ『Grey's Anatomy: B Team(原題)』は今年のクリエイティブアーツ・エミー賞で短編コメディ・ドラマシリーズ部門にノミネートされた。サラはこの短編シリーズで監督デビューを果たし、全6話でメガホンを取っていた。

「それ自体(監督)に意味があるような、ウキウキした経験だったわ。そしてとても満足したから、ノミネートは必要なことではなかった。でも今回のノミネーションは、最も特別な経験に色を添えてくれたわ。みんな一生懸命取り組んだの。だからすごく嬉しいわ」

サラは、来月米国で公開される従軍牧師の体験を元にした映画『Indivisible(原題)』で初めて製作総指揮を務めたことで、カメラの後ろでの仕事に興味を持ったのだそう。そして、今では、『グレアナ』を降板したことは、新しい挑戦への後押しだったのだと信じているという。

「色んな意味で、私は前に進むべき時だと感じて、その準備もできていたのだけど、(『グレアナ』から)離れることは難しいだろうと思っていた。だから、降板は私に必要だったことで、今この瞬間、感謝の気持ちでいっぱいよ。翼を広げ、世界に飛び込み、物語を伝えるためにあらゆる新たな冒険に挑んでいるように感じていて、とてもワクワクしているの」(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C) ABC/Eric McCandless

米CWの人気ヒーロードラマ『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』が集合するアローバースのクロスオーバーに、アローことオリーバー・クイーンを演じているスティーヴン・アメルの妻で女優のカサンドラ・ジーンが出演することがわかった。英Digital Spyが伝えた。

【関連記事】最も"悪い"のは誰?米TVLineが格付け!アローバースのヴィランランキング

スティーヴンの妻カサンドラは、人気オーディション番組『アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル』に出演して知名度を上げたが、番組の髪型イメチェン企画に納得がいかず番組を降板。初のリタイヤとしても記憶に残る出演者となってしまった。その後、女優として『One Tree Hill』『MAD MEN マッドメン』『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』『CSI:ニューヨーク』などの人気ドラマにゲスト出演をしている。

夫婦共演が実現する今回、カサンドラが演じるのは「バットマン」に登場する悪役ミスター・フリーズの妻ノラ・フライス。しかし、悪名高いヴィランの夫は登場しないという。スーパーマン役のタイラー・ホークリンの再登場と、ロイス・レイン役のエリザベス・トゥロックのゲスト出演もすでに決定している。

また、このクロスオーバーで、CWの新作シリーズ『Batwoman(原題)』の主人公ケイト・ケインが紹介される。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のステラ役で知られるルビー・ローズが同役を演じている。

スーパーマン、ロイス、バットウーマンという超豪華なラインナップだが、今年7月、アロー役のスティーヴンは今年のクロスオーバーはそこまで大規模なものにはならないとコメントしていた。「去年のクロスオーバーがとても壮大なものだったから、それ以上派手にするのは難しい。だからこそ、キャラクターとストーリーで勝負するしかない」

アローバース今年のクロスオーバーは、『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』の3作間で行われ、12月に三夜連続で放送される予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:仲睦まじいスティーヴン・アメル&カサンドラ・ジーン(2016年5月撮影)
(C) INF/amanaimages

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でティリオン・ラニスターを演じ、本年度第70回エミー賞ドラマ・シリーズ部門助演男優賞を受賞したピーター・ディンクレイジ。同賞3度目の受賞を果たした彼が、「ティリオンを演じるには不安があった」と明かしている。英Digital Spyが報じた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ピーター・ディンクレイジ、「シリーズを終える最高の時期だ」と語る

エミー賞授賞式後にバックステージでインタビューに応えたピーター。「最初は、ティリオン役を引き受たくなかったという噂がありますが?」との質問に、「私に懸念があったからそんな噂が広まったのかもしれないが、確かにいくつか不安なことがあった。このジャンルの作品を数多く見てきたから。何年も前にロサンゼルスで、(クリエイターの)デヴィッド・ベニオフとD・B・ワイス、プロデューサーのキャロリン・ストラウスに会って、彼らからティリオン役について聞いたんだ」と明かした。

続けて「原作を読んでいなかったから、その時点でティリオンの難解さを知らなかった。残念なことにティリオンが登場する前は、私のように小柄な俳優が扮する役は、演じたいと思うほど十分な複雑さを持ち合わせていなかった。以前に1度か2度ほど演じたことはあったがピンとこなくてね。そんな私の懸念を、ベニオフたちがすぐに解消してくれたんだ」と、ティリオン役を引き受けるまでの過程について語っている。

エミー賞でドラマ・シリーズ部門作品賞にも輝いた『ゲーム・オブ・スローンズ』はついに幕を閉じる。ファイナルとなる第八章は米HBOにて2019年上半期に放送予定。ティリオン役の演技で絶賛されているピーターも、続投することになっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』より
(C)2015 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

米CBSの人気犯罪捜査ドラマ『HAWAII FIVE-0』で、シーズン1~7でコノ・カラカウアを演じたグレイス・パークがシリーズを去ってから1年以上が経った。これまで口を閉ざしていた彼女が、初めてシリーズの降板について胸中を明かした。

【関連記事】『HAWAII FIVE-0』イアン・アンソニー・デイル、降板劇の後レギュラーに昇格した事に言及

グレイスはチン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムとともに、スティーヴ・マクギャレット役のアレックス・オローリンとダニー・ウィリアムズ役のスコット・カーンと同等のギャラを求めていたが、CBSとの交渉に満足いかなかったことを理由に降板を表明。最終的にCBSが二人に提示した額は、アレックスやスコットのギャラよりも10~15パーセント低かったと報じられていた。

降板が発表された当時に共同クリエイターのピーター・M・レンコフが、「(撮影で)グレイスは7年も家族と離れていた」とツイートし、彼女が家族と過ごすためにシリーズを去ったかのような投稿をアップしていた。

この度グレイスは、米Entertainment Weeklyのインタビューに応え、「レンコフのツイートを読んだ後に、"私の代わりに声明を発表するなんてクールじゃないわ"って伝えるために電話をしたの。レンコフのことは一人の人間として大切に思っているし、彼は助けになろうとしてくれたのだと思う。だけど、それ(家族)が理由で降板したんじゃないわ」と発表された当時のことを振り返った。

続けて、「私が契約を更新しなかった要因はいくつかある。教訓を学べたことは感謝しているけれど、自分の威厳のためにも最善の道を選んだの。誰もが自分のベストを尽くし、それぞれの背景を持っているわ。シリーズを通して、みんなの長所を見るよう心掛けてきた。それを再び全てやり直すかと聞かれたら、すぐにイエスとは言えないけれど。まだいろいろと考えているの。時に人は問題を隠すことに長けているけど、私もそうなのかもしれない」と、あえて降板の核心には触れなかったが、今でも複雑な心境は拭い切れないようだ。

グレイスの次回作は決まっており、複数の家族の人間模様を描いた米ABCの新作ドラマ『A Million Little Things(原題)』で、『GRIMM/グリム』のニック・ブルクハルト役で知られるデヴィッド・ジュントーリと夫婦を演じる。『A Million Little Things』は米ABCにて9月26日(水)より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HAWAII FIVE-0』
© 2017 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

人間の美少女とヴァンパイアの兄弟が織りなす禁断の恋愛模様を描いた『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(以下『VD』)で主人公エレナを演じたニーナ・ドブレフが、米CBSの新作ドラマ『Fam(原題)』の撮影現場で元共演者からサプライズを受けていたことがわかった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の新スピンオフに、オリジナル版のあの人がゲスト出演!

婚約したばかりのカップル、クレムとジャイを中心に描く『Fam』は、収録スタジオで観客を目の前に俳優が演じるシットコム作品。そして観客席の一番前を陣取っていたのが、『VD』で共演したステファン役のポール・ウェズレイだった。

その時の様子を捉えた動画をニーナがInstagramのストーリーに投稿しており(現在は削除されている)、観客の中にポールがいると知らなかったニーナが彼に目を留めると、驚きの声を上げながらポールのもとに走ってハグする姿が収められている。その動画に、「Fam(ファミリー)が『Fam』を見に来てくれた時、世界が衝突したわ」とコメントが添えられていた。

『VD』終了後、積極的に映画作品に出演していたニーナは『Fam』への主演が決定。ポールは、有名な童話を下敷きにしたスリラードラマ『Tell Me a Story(原題)』に出演中だ。両シリーズともCBSで製作されているため、ポールがサプライズで訪れる展開になったのではないかと思われる。

『Fam』は、クレムの婚約者ジャイはニューヨーク州立大学の歴史学教授で名家の出身だが、彼女の家族は真逆...という設定。ニーナはクレムを演じ、ジャイ役は、Netflixのシットコム『ハイ・ライフ』でカーターを演じたトーン・ベル。

『VD』の二人が感動の再会を果たし、はしゃぐニーナの姿を見てほしい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ヴァンパイア・ダイアリーズ』
(C)2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

9月24日(月)に米CBSで始まるシーズン12で幕を閉じることが決定している大ヒットコメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』に、前日譚が登場した。スピンオフ作品『Young Sheldon(原題)』は、本編で主役を張る超天才物理学者シェルドンの少年時代を描いた作品で、今年5月に大好評のうちにシーズン1の放送を終え、本家と同日、9月24日(月)からシーズン2をスタートさせる。社会常識に疎いシェルドンの性分はそのままに、スピンオフならではのドラマ寄りのスタイルに挑戦しているシリーズだ。

【関連記事】若きシェルドンを描く『ビッグバン★セオリー』のスピンオフ『Young Sheldon』

■9歳にして天才、そして9歳にして生意気
少年時代のシェルドン(イアン・アーミテイジ)は、電車のおもちゃが好きなただの無邪気な子どものように思える。しかしその実態は、9歳にして高校に編入したという天才少年だ。将来の頭脳明晰な学者の片鱗をすでに感じさせる。

ただし残念なことに、社会常識のなさも本編のシェルドンとそっくりそのまま。家族での食事中に高校生の兄をサル呼ばわりし、学校では実力不足の教師をモノマネでからかう。他の生徒との関係にも、どこかぎこちなさが漂う。女生徒の校則違反を指摘するシーンでは、ブラウスが薄手だからブラジャーが透けて見える、と何とも明け透けな発言。卓越した頭脳を持ちつつも、世間の常識に疎い少年が巻き起こすコメディシリーズだ。

■大人びた少年がのぞかせる可愛らしさ
いつも周囲を見下したようなシェルドン少年だが、ふとした拍子に幼さを感じさせることも。米Varietyはそのギャップに注目し、高校転入にまつわるエピソードを紹介する。飛び級で兄と同じ高校に入学したまでは良かったものの、校内を歩く大柄な生徒たちに緊張気味。また、ガラスケース内の剥製に怯えるという可愛らしさを見せる。シェルドン役を務めるのは、『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』のジギー役で知られるイアン。10歳の若さだが、時に傲慢、時にナイーブなシェルドンの心理を驚くほど巧妙に表現している。

変わり者のシェルドンに愛情を注ぐ家族のおかげもあって、本編での主人公よりもさらに可愛らしいキャラクターになっている、と米Entertainment Weeklyは述べている。想像よりもずっと無害なジョークが続き、まるでシェルドンの母親が得意とするジャガイモ料理のように、安全・無害な作品な作品になっているとの評価だ。

■本編とは違うスタイルに挑戦
シリーズはスピンオフという位置付けでありながら、あえて本編とは異なる雰囲気作りにチャレンジしている。観客の不自然な笑い声もなく、キャラクターのオタク気質をからかうこともない。人をからかった後のシェルドンの決まり文句「バジンガ!」も聞かれないと述べているが、もしかすると最終話で彼の生涯初の「バジンガ」を聞けるのでは、とEntertainment Weeklyは期待する。

撮影手法の違いを指摘するのはVariety。マルチカメラでなくシングルカメラにしたのは賢明な判断だったと評価している。マルチカメラとは、セットと正対するように複数のカメラを配置し、一気に撮影する手法。シットコムに多用される手法であり、引きの画で舞台を観ているような印象をもたらす。12シーズンに及ぶ本編は、マルチカメラのシットコムとしては最も息の長い作品だが、スピンオフではあえてこの方式と決別。仮に本作でこの形式を採り入れた場合、気難しい天才少年のシェルドンが周囲に皮肉を連発するスタイルになったと予想され、観ていておそらく刺々しい気持ちになってしまっただろう、とVarietyは指摘する。一方、本作が採用するシングルカメラは、セット内にカメラが入り込み、各キャラクターの視点から見た主観映像をふんだんに取り入れることのできる手法だ。コメディと家族ドラマを掛け合わせた本作では、ドラマ性が際立つ後者を採用して正解だった、と同メディアは評価している。

人気シリーズのスピンオフながら独自のスタイルに挑戦する『Young Sheldon』シーズン2と、終わるのが名残惜しい大ヒットコメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の最終シーズンは、CBSにて、今秋9月24日(月)から放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Young Sheldon』
© 2018 Warner Bros. Entertainment, Inc.

ヒットメーカー、ライアン・マーフィーが手がける『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』。9月17日(月)にロサンゼルスで開催された第70回エミー賞において、リミテッド・シリーズ部門主演男優賞を見事受賞した同作主演のダレン・クリスだが、その様子を自宅のTVで見ていた元共演者のリー・ミシェルが感涙している様子をツイートした。米Popsugarらが報じている。

【関連記事】ダレン・クリス、役者冥利に尽きる!『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』インタビュー

マーフィーが手掛けた『Glee/グリー』で長年共演し、今年5月から「LM/DC」というタイトルのライブツアーを開催するほど仲の良いリーとダレン。エミー賞授賞式でダレンの受賞スピーチをテレビで観ながら感激のあまり涙をこぼす自身の姿を映し、「信じられない! 涙が止まらない」と語り、「すっごく才能ある私の友達、ダレン・クリスへ、おめでとう!  こんなに誇らしいことはないわ!」と喜びを隠しきれない様子で投稿した。

授賞式に婚約者のミア・スワイアーを同伴していたダレンは、ステージ上で様々な人に感謝の意を述べた。「友人でもあるライアン・マーフィー、僕を信じしてくれて、この一生に一度あるかないかの役者冥利につきる役を与えてくれて感謝しています。この作品で演じた連続殺人鬼クナナンとは違って、僕はとても愛に溢れた、そして努力することに重きをおく家庭で育ちとても幸せでした。それから最愛のミア、僕の人生を明るくしてくれてありがとう!」そして最後に、出身校であるミシガン大学の応援フレーズでもある「Go Blue!」でスピーチを締めくくり、音楽やダンス、演技を学んだ同校卒業生として母校にも感謝の気持ちを表した。

同作は、ファッション界最大にスキャンダラスな殺人事件をテーマに、連続殺人鬼アンドリュー・クナナンの謎多き半生に迫るクライム・サスペンス。今回、作品賞、監督賞(ライアン・マーフィー)、主演男優賞(ダレン・クリス)の3部門で受賞、先駆けて発表されたクリエイティブアーツ・エミー賞でも2部門を獲得していた。

ダレンとリーが二人で行うライブツアー「LM/DC」は10月以降、アメリカ西海岸、イギリス、アイルランドでツアーを開催することが発表されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Glee/グリー』
(C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

刑事コメディ映画『22ジャンプストリート』で共同監督を務めたフィル・ロード&クリス・ミラーのコンビが、米NBCでコメディドラマシリーズを製作することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】二人が製作総指揮を務めた『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』オールデン・エアエンライク直撃インタビュー!

二人がプロデュースを手掛ける『Business as Usual(原題)』は、危機に面した会社に勤める従業員を描くコメディドラマ。ハチャメチャな職場で、なんとか同僚同士が良好な関係を保とうとする姿がドタバタで展開されるようだ。

シリーズでクリエイターを務めるのは、映画『Divorce/ディボース』や『バイス・プリンシパルズ』などでプロデューサーを担ったヘイズ・ダヴェンポート。ロードとミラーのプロダクション会社Lord Miller Productionsがシリーズを手掛け、同社のオーブリー・リーもプロデューサーに名を連ねている。

『Business as Usual』のパイロット版は、放送局がシリーズ化しなければ、脚本家とプロデューサーにペナルティが支払われる契約が結ばれているとのこと。NBCが本シリーズを獲得する前に、複数のネットワークからもオファーがあったと伝えられているため、関心を集めたプロジェクトならシリーズ化される確率は高そうだ。

ロードとミラーは『22ジャンプストリート』だけでなく、多数の作品でタッグを組んでいる。映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『ブリグズビー・ベア』をはじめ、『レゴバットマン ザ・ムービー』『LEGO(R)ムービー2』などレゴアニメ作品を数多く製作。

そんな最強コンビである二人がプロデュースする『Business as Usual』が、シリーズ化されるかどうか続報が入り次第お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:フィル・ロード&クリス・ミラー
(c)FAM020/FAMOUS

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のクリスティーナ役で知られる韓国系カナダ人の俳優サンドラ・オー。BBCアメリカの新作スリラードラマ『Killing Eve(原題)』に主演している彼女は、第70回エミー賞のドラマ部門主演女優賞にノミネートされ、アジア系の女性として初めての受賞となるか、トロフィーの行方に注目が集まっていたが、残念ながら手にすることはできなかった。だが、そんな彼女を応援していた元共演者たちの声が伝わってきた。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】『グレアナ』サンドラ・オー、アジア系の自分が新作ドラマの主役だなんて信じられなかった!

47歳のサンドラは過去に『グレアナ』で、2005年から2009年の間になんと5度もエミー賞助演女優賞にノミネートされていたが、受賞は一度も叶っていない。今回応援してくれる元共演者の声に、サンドラはこう語った。

「みんな私のことをよく知っているからね。たくさん激励をもらって本当に嬉しく思っているわ」サンドラのノミネーションが発表された際、同作のメレディス役、エレン・ポンピオは「サンドラ! おめでとう!! あなたが歴史を変えようとしていることは素晴らしいことだし、あなたの業績はノミネーションに値する以上のものよ。あなたの舞台での受賞スピーチを聞くのが楽しみだわ! きっと楽しくて感動するものを聞かせてくれるでしょうね」とツイッターで応援コメントを投稿していた。

また、イジー役のキャサリン・ハイグルは「今一番気に入っているドラマ『Killing Eve』に主演している私の友だち、サンドラのノミネーションを聞いた時、本当に誇らしい気持ちで胸がいっぱいになったわ。おめでとう!」とツイートしていた。

エミー賞ドラマ・シリーズ部門主演女優賞のカテゴリーで、アジア人女性として初ノミネーションを果たしたサンドラは、アジア人の一人としてとても誇らしく思っていると語り、「とても興奮しているわ。このカテゴリーにノミネートされている女性たちは、皆素晴らしい。でも私がアジア系のコミュ二ティーを代表し、そして皆の認知度に貢献できてとても嬉しく思っているの」と自分自身のことと同時に、アジア人としての活躍を認識してもらえていることを喜んだ。

そして何よりサンドラにとって大きかったのは家族からの応援だという。教育熱心な韓国系移民の両親に女優になることを認めてもらうのは簡単なことではなかったと明かす。『Killing Eve』のプレミア放送前に両親が同作看板前に立つ写真を自身のInstagramに掲載し、「30年かかったわ...」と感慨深いコメントを投稿。そして今日の授賞式に両親を招待し、レッド・カーペットインタビューで嬉しそうに二人を紹介した。「娘を誇りに思う」と母親は彼女の頬にキスをし、カメラの前で子どものようにはしゃぐサンドラの姿が映し出された。

残念ながら今回もサンドラの受賞は叶わなかったが、彼女にとって信頼できる友人と両親からのサポートは何よりも価値のある事だろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Killing Eve』
(C)BBC AMERICA/Sid Gentle Films Ltd 2018

アメリカドラマ界最大のイベント第70回エミー賞の授賞式が現地時間9月17日(月)、米ロサンゼルスのマイクロソフトシアターにて行われました。例年の常連作品が選出されている今年。作品賞は、前年度は放送が遅くなった関係でノミネートされなかった『ゲーム・オブ・スローンズ』が受賞。やはり強し!

主演男優賞は、シーズン6をもってファイナルを迎えたスパイドラマ『ジ・アメリカンズ』マシュー・リスが初受賞した。一方、助演男優賞は、同賞3度目の受賞となった『ゲーム・オブ・スローンズ』のピーター・ディンクレイジ。主演女優賞は、エリザベス女王の若き日を演じた『ザ・クラウン』のクレア・フォイ。『ザ・クラウン』は、次のシーズン3からは中年期が描かれるため、同作でのクレアは最後のノミネートだと思われる。

さっそく、ドラマ・シリーズ主要部門の受賞結果を紹介しよう。

【関連記事】第70回エミー賞ノミネート一覧はこちら!

■ドラマ・シリーズ部門 受賞結果一覧(★印が受賞)
・作品賞
『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
『ゲーム・オブ・スローンズ』★
『THIS IS US 36歳、これから』
『ザ・クラウン』
『ジ・アメリカンズ』
『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
『ウエストワールド』

・主演男優賞
ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』
スターリング・K・ブラウン『THIS IS US 36歳、これから』
エド・ハリス『ウエストワールド』
マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』★
マイロ・ヴィンティミリア『THIS IS US 36歳、これから』
ジェフリー・ライト『ウエストワールド』

・主演女優賞
クレア・フォイ『ザ・クラウン』★
タチアナ・マズラニー『オーファン・ブラック』
エリザベス・モス『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
サンドラ・オー『Killing Eve(原題)』
ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』
エヴァン・レイチェル・ウッド『ウエストワールド』

・助演男優賞
ニコライ・コスター=ワルドー『ゲーム・オブ・スローンズ』
ピーター・ディンクレイジ『ゲーム・オブ・スローンズ』★
ジョセフ・ファインズ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
デヴィッド・ハーバー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
マンディ・パティンキン『HOMELAND』
マット・スミス『ザ・クラウン』

・助演女優賞
アレクシス・ブレデル『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
ミリー・ボビー・ブラウン『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
アン・ダウド『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』
ヴァネッサ・カービー『ザ・クラウン』
タンディ・ニュートン『ウエストワールド』★
イヴォンヌ・ストラホフスキー『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

その他の部門についても当サイト編集部トピックスにて引き続き紹介。

本授賞式の模様は、FOXにて本日9月18日(火)23:00よりリピート放送。9月23日(日)14:00より字幕版を放送予定。生中継を見逃した方はそちらでぜひご覧を!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

1960年代の広告業界を舞台にした『MAD MEN マッドメン』で主人公ドン・ドレイパーを演じてエミー賞主演男優賞を受賞したジョン・ハム。9月12日(水)に放送されたグラハム・ベンシンガーのインタビュー番組 「In Depth」で、バットマン役に興味があると発言し、広いアメコミの知識を披露した。米Hollywood Reporterが報じている。

【関連記事】マーベル、DCだけじゃない!こんなにも広いアメコミの世界

インタビューでジョンは、アメコミファンぶりを披露した。「9歳くらいから読んでるし、知識も充分あると思うよ。スーパーヒーローものが好きなんだよ。『ブラックパンサー』も好きだし、昨日も『レギオン』を見たよ」

そしてベンシンガーから、バットマンを演じる可能性について問われたジョンは以下のように答えた。「脚本が良ければやりたいよ。バットマンの衣装も多分着れると思うんだ。でもたくさん運動しないといけないだろうね、運動は苦手なんだけど...。僕のバットマンはなかなか面白いと思うよ。(バットマンをやるのではないかという噂は)『MAD MEN』のシーズン1くらいから僕の耳にも入っていたんだけど、具体的な話は製作の誰ともしたことがないし、今までも関係者と席を並べたことはあったけど、誰もオファーしてきたことはないんだよ。ネット上で騒がれているだけなんだ。たくさんの関係者が実際に賛同してくれないと実現はしないだろうね、ネット上だけじゃなくてさ。」

残念ながら具体的な提案はまだ何もないようだが、ジョンのバットマンを見たがっているファンは多くいるようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ハム
(C) ABC/Randy Holmes

ニューヨークを舞台にした大ヒットシットコム『フレンズ』で、レイチェルを演じたジェニファー・アニストンの元婚約者テイト・ドノヴァンが、「シリーズで共演するのはつらかった」と明かしている。米Us Weeklyが報じた。

【関連記事】ジェニファー・アニストン、『フレンズ』のリバイバルを作るならアノ人を説得しなきゃ!

テイトは『フレンズ』シーズン4で6話にわたり、レイチェルと恋仲になるジョシュア役でゲスト出演していた。当時を振り返った彼は、「シリーズのチームに加われて嬉しかったけど、ジェニファーと別れつつある時期だったから大変だった。そんな中で、出会ったばかりのレイチェルとジョシュアがお互いに関心を抱き、好意を寄せる演技をしないといけなかったからつらかったよ」と、かなり複雑な状況だったようだ。

続けてテイトは、「6話にすぎなかったけど、関係が上手くいっていないからといって、"つらいから出演を辞めたい"なんて言えないからね。僕らの交際を知っていた人は、『フレンズ』で出会ったと思っていた人もいたけど、その前にジェニファーと2年付き合っていたんだ。そして、その関係が終わりかけていた時に『フレンズ』で共演したのさ」とコメントしている。

ジェニファーとの共演は容易ではなかったようだが、事情を知った主要キャストは大きな理解と思いやりを示してくれたとのこと。「つらい破局を経験しても、仕事をこなすのがプロだって証明できたと思う。心の中で死にかけていても仕事を続け、相手に優しく接することが出来ると学べたし、最終的には素晴らしい経験になったと思う」とも付け加えている。

テイトは、人気青春ドラマ『The OC』のマリッサ(ミーシャ・バートン)の父親ジミー役でも知られ、映画『アルゴ』やアクションドラマ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』などにも出演。俳優としてだけでなく、青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』や法廷サスペンスシリーズ『ダメージ』ではエピソード監督も務めている。(海外ドラマNAVI)

Photo:1996年頃のジェニファー・アニストン&テイト・ドノヴァン
(c)Hubert Boesl/FAMOUS

大人気シリーズ『ブレイキング・バッド』でジェシー・ピンクマン役を演じ、エミー賞を3度受賞しているアーロン・ポールが米HBOの『ウエストワールド』シーズン3に出演することが明らかになった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』ドラッグ事情コラム アメリカのドラッグカルチャー

9月17日(月)に授賞式が開催される第70回エミー賞で、ドラマ・シリーズ部門作品賞を含む21ノミネートを誇る『ウエストワールド』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』などの大ヒット作品を生み出してきたケーブル局のHBOと『パーソン・オブ・インタレスト』の製作・脚本・監督を務めたジョナサン・ノーランが手掛けるSFドラマ。人気作家マイケル・クライトンが1973年に監督・脚本を担当した同名のSFサスペンス映画を元に作られ、人間そっくりなアンドロイドが来場者の相手をするアミューズメントパークで、アンドロイドたちが人間に牙をむくというストーリーだ。

シーズン3への登場が決まったアーロンだが、レギュラー出演をするということ以外の情報は明らかされていない。なお、シーズン1では西部開拓時代のアメリカを模したアミューズメント・ パークが、シーズン2では日本の江戸時代を表現した「将軍ワールド」が舞台となっていた。

驚きの展開で視聴者の心をつかみ大ヒットしている本作は、アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』)、エド・ハリス(『アポロ13』)、エヴァン・レイチェル・ウッド(『トゥルーブラッド』)、ジェームズ・マースデン(『X-MEN』シリーズ)、タンディ・ニュートン(『クラッシュ』)、ベン・バーンズ(『ナルニア国物語』)といった豪華キャストが共演している点でも注目されている。

『ブレイキング・バッド』終了後は、Netflixのアニメーションシリーズ『ボージャック・ホースマン』や『THE PATH/ザ・パス』といった作品で活躍を続けるアーロン。『ウエストワールド』新シーズンだけでなく、米Appleが製作中の新作スリラードラマ『Are you sleeping(原題)』にも出演することが決まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』シーズン5よりアーロン・ポール
© Frank Ockenfels 3/AMC

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』を手掛けたロバート・ゼメキス監督が、米CWの新作ドラマ『The Cove(原題)』を手掛けることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ロバート・ゼメキス版『LOST』? スリラードラマのパイロット制作が決定

『The Cove』の主人公は、父親の死をきっかけに、家族で頻繁に訪れていたカリブ海の島にあるリゾートへ戻った姉妹。それまで疎遠になっていた二人が灼熱のパラダイスで、父親が執着していた秘宝や、数々の秘密を発見することに...というストーリー。

"メロドラマ仕立ての冒険ドラマ"と称されているシリーズでクリエイターを務めるのは、『One Tree Hill』『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で脚本を手掛けたチャド・ファイヴアッシュとジェームズ・パトリック・ストートロー。

ゼメキス監督は、自身のプロダクション会社 Compari Entertainmentのジャック・ラプケ(『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』)、ジャッキー・レヴァイン(『Project Blue Book(原題)』)と共同で製作総指揮を手掛ける。

主に映画界を中心に活躍してきた監督がドラマシリーズに携わったのは、1997年に製作された『クロニクル 倒錯科学研究所』が最後だった。しかし近年は、米NBCの『Manifest(原題)』のパイロット版を皮切りに、エイダン・ギレン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)が主演する『Project Blue Book(原題)』、レニー・ゼルウィガー(『ブリジット・ジョーンズの日記』)が出演することでも話題の『What/If(原題)』でも、製作総指揮に名を連ねている。

『The Cove』のキャスト情報など詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ロバート・ゼメキス監督
(c)PAUL J FROGGATT/FAMOUS

大ヒットファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』のダニーことデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリア・クラーク。英国ロンドン出身の彼女は、2015年に米男性ファッション誌Esquireで「現在生きている最もセクシーな女性」に選ばれるなど、その美貌でも注目を集めている。彼女の美の秘密に迫ってみよう。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』デナーリス・ターガリエン役 清水理沙インタビュー/「デナーリスが大人の女性に変わるところは大切に演じたい」

現在31歳のエミリアは、2012年に米映画レビューサイトTC Candler.comが選ぶ「世界で最も美しい顔100人」で1位に選ばれ、2014年に米テレビ番組情報サイトBuddyTV.com発表の「最もセクシーなテレビ女優」と、男性向けウェブサイトAskMen.comの発表する「最も理想的な女性」でも1位に輝くなど、その美しさは多くの人の認めるところ。

何と言っても白く透き通るような肌が印象的エミリア。彼女はその肌を守るため、「毎日ストイックに日焼け予防しているわ。一日中、毎日よ。私は日焼けしやすいし、色素も沈着しやすいからとても気をつけているの」と、日々努力を積み重ねていることを英Vogue誌のインタビューで明かした。

あまり肌に何かを塗ることは好きではないというエミリアだが、肌の調子が悪い撮影の日には保湿ローションにオイルを加えて整えているそうで、AHA(フルーツ酸)入りの化粧水がお気に入り。そこにほんの少し(エミリアは本当に"少し"であることを強調している)のアイクリームを使うことで彼女のスキンケアは完成。ロケなどで自宅を離れることも多いが、資生堂のクレンザー、モイスチャライザー、アイクリームを常備し、他の基礎化粧品を使うことはないのだそう。どんなに酔っ払った夜でも、必ずメイクを落としてから寝ているという。

メイクのポイントは、マスカラ。「マスカラなしでは生きられない」と語るほどまつげにこだわりを持っているエミリアは、ドルチェ&ガッバーナの香水の広告に起用される前から同ブランドの「Passion Eyes」というマスカラを愛用している。マスカラはボリュームタイプよりも、より目がぱっちり見えるロングタイプのものがお好み。美容業界で働いていた母親からアドバイスをもらっているという。

また、最近になりダニーのトレードマークだったプラチナブロンドのロングヘアからショートボブへとイメチェンしているが、実は、ダニーカラーに染色を続けた結果、髪の毛が相当なダメージを受けてしまったことを米Harper's BAZAAR誌に告白。「そう、とっても短くしたの。だって、私の髪はもう死にかけているのよ!今まで一番短いわ」

元々がブルネットだったエミリアにとってブロンドは「アクセサリーをつけているような感じ」だったというが、髪をひどく傷めてしまったことから「実は、ブロンドをやめようと思っているの。私の髪は大きなダメージを受けているし、綺麗な髪にしたいわ」と、脱ブロンドを検討中とのこと。また、「ロングヘアが好きだけど、ずっとピクシーカットにも憧れているの。私の顔に似合うかはわからないけど」と、更なるイメチェンも予感させている。(海外ドラマNAVI)

Photo:エミリア・クラーク
(C) babiradpicture - abp

『プリティ・リトル・ライアーズ』のクリエイター、I・マーレーン・キングが手掛け、『シェキラ!』のベラ・ソーン主演の『FAMOUS IN LOVE』。ポスト『ゴシップガール』と呼ばれる本作は、11月23日(金・祝)にスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送するが、今回主要男性キャラクターの日本語吹替えキャストが決定した。

【関連記事】ベラ・ソーン主演『FAMOUS IN LOVE』をチラ見せ!

本作は、レベッカ・セルレ著の同名小説ヤング・アダルトロマンスシリーズを基にしたTVシリーズ。女優志望の女子大生ペイジ(ベラ)が、ハリウッド映画の主演を射止めたことから始まる。ペイジのルームメイトで親友のジェイク(チャーリー・デピュー)や、相手役のスター、レイナー(カーター・ジェンキンス)に淡い恋心を抱き、女優として、そして一人の女性として試行錯誤しながら成長していく姿が描かれる。

今回日本語吹替えキャストに決定したのは、『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズで来栖翔役や、歌手としても活動している下野紘。ペイジのルームメイトで親友のジェイクを担当する。また、ペイジが出演するハリウッド映画で相手役となるレイナーを、『進撃の巨人』シリーズや『七つの大罪』シリーズなど数々の作品に出演する人気声優の梶裕貴。

主要女性キャラクターはすでに決定しており、ベラが演じる主人公ペイジをアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の小宮有紗。ペイジの親友でルームメイトのキャシーを、『HUNTER×HUNTER』の潘めぐみ。ペイジにオーディションでヒロインの座を奪われたスター女優、アレクシスを斎藤千和が担当する。

豪華吹替えキャストが務める『FAMOUS IN LOVE』は、11月23日(金・祝)22:00よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『FAMOUS IN LOVE』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

死者と会話できるという秘密をもつ、刑事リバー。相棒を殺され、悩みながらも捜査を進めていく、そこにはまだ見ぬ真実が...。2015年に英BBC Oneで放送後、Netflixで配信された『刑事リバー 死者と共に生きる』をAXNミステリーで10月8日(月・祝)より全6話が一挙日本初放送となる。

【関連記事】ステラン・スカルスガルドの息子は...正統派、異端どちらもこなす、スウェーデンの新たな才能ビル・スカルスガルド!

主人公ジョン・リバーは、素行は怪しいが、検挙率80%を誇るロンドンの敏腕刑事。そんなリバーがもつ秘密とは...死者の姿が見え、会話ができることだった。相棒スティービーを殺され、独自に事件を追うリバー。捜査を進めるうちに、リバーの知らないスティービーの横顔が次々と浮かび上がり...。迷い、悩みながらもリバーが探し出す真実とは一体!?

リバーを演じるのは『アベンジャーズ』シリーズや『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』など数多くのハリウッド映画に出演する実力派俳優ステラン・スカルスガルド。同僚スティービーを、『MI-5 英国機密諜報部』や『埋もれる殺意』のニコラ・ウォーカーが演じる。若きジャーナリストたちが国家を揺るがす謎の陰謀に迫るミステリードラマ『THE HOUR 裏切りのニュース』を手掛けたアビ・モーガンがクリエイターを務め、クライム・サスペンス『ブロードチャーチ ~殺意の町~』のジェーン・フェザーストーンと社会派ミステリー『トンネル』シリーズのマンダ・レヴィンがモーガンと一緒に製作総指揮に名を連ねる。静かながらも目が離せない、英国ドラマファンにお勧めの作品だ。

実力派キャストと英国ミステリー製作陣による本作は、第一話からそのストーリーに引き込まれること間違いないだろう。最初の10分を見逃すな! 『刑事リバー 死者と共に生きる』は、AXNミステリーにて10月8日(月・祝)夜8:00より字幕版全6話を一挙日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事リバー 死者と共に生きる』
© Kudos Film & Television Limited MMXV

2019年に放送される第八章でファイナルを迎える大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズの楽曲を演奏するコンサート「Game of Thrones Live Concert Experience」で一番盛り上がるキャラクターの曲について、音楽を担当するラミン・ジャヴァディが明かしている。米TV Lineが報じた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』中断期間に見るべきドラマシリーズ13選

本コンサートでは、シリーズの第一章から第七章まで劇中で使用された楽曲をオーケストラや合唱団とともにステージで奏でられ、背後にある巨大スクリーンに、楽曲似合った『GOT』のシーンが映し出される。ロバート・バランシオンの治世からホワイト・ウォーカーの台頭をテーマにした数々の楽曲をはじめ、「Light of the Seven」やアリアのテーマとして知られる「Needle」、スターク家をテーマにした「Goodbye Brother」などが演奏されるという。

そのコンサートについてジャヴァディは、「アリア(メイジー・ウィリアムズ)の曲「Needle」が一番人気があるようです。アリアがスクリーンに映し出されると歓声が上がるため、観客は彼女のことがお気に入りなのでしょう」とコメント。「ヨーロッパツアーで、第七章の楽曲を演奏して観客の反応を見るのは楽しかった」とも語っている。

北米23カ所を周る「Game of Thrones Live Concert Experience」の北米ツアーは9月6日(木)よりワシントン州シアトルにてスタートし、10月14日(日)にカナダのトロントで終了することになっている。

ファイナルシーズンとなる『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、米HBOで2019年上半期に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

世界中で大ブームを巻き起こしたディズニー・チャンネルのオリジナルムービー『ハイスクール・ミュージカル』(以下『HSM』)。ザック・エフロンやヴァネッサ・ハジェンズら人気スターを輩出した本作が、TVシリーズとして新たに生まれ変わる。米TV Lineがその詳細を伝えた。

【関連動画】あのイースト高校の面々が再集結!『ハイスクール・ミュージカル』同窓会のメイキング映像

ドラマシリーズ版は、来年から米国で始動するディズニーの動画配信サービスにて配信されるオリジナル作品。10話構成で、タイトルは『High School Musical: The Musical(原題)』。当サイトでは以前より第4弾製作についてのニュースをお伝えしてきたが、今作はそれとは別企画。第4弾のTV映画は現在も企画進行中だという。

気になるストーリーは、イースト・ハイスクールの生徒たちがミュージカルを製作する過程を追うドキュメンタリーのような内容で、"舞台上と同じくらいに、舞台裏でもドラマが巻き起こる"様子を描くという。それぞれのエピソードで過去の『HSM』の楽曲が新たなアレンジでよみがえり、さらに新たに書き下ろされた楽曲も披露される。

製作総指揮を務めるのは、本年度のアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされた長編アニメ映画『Ferdinand(原題)』で脚本を担当したティム・フェデールと、人気ティーン・ミステリー『プリティ・リトル・ ライアーズ』を手掛けたオリヴァー・ゴールドスティック。

ドラマに登場するキャラクターは以下の通り。(現在キャスティングが進行中)

・リッキー
元カノのニニと寄りを戻したい彼は、彼女と共にミュージカルスターになるためにオーディションに参加。クラスではお調子者という地位を確立しているが、それは何をするにも上手くできない、自信がない自分をカバーするため。

・ニニ
サマーキャンプで自分の歌声と新しい彼氏を見つけ、リッキーと別れて自分にとってより大切なことにフォーカスしたいと考えている。二人の母に忠実な娘だが、何よりも歌うことが好きで、シャワーの時間にアリアナ・グランデの曲を歌っている。

・E.J.
両親はともに有能な弁護士。シニアの彼は、新しい恋人のニニを含め、"自分のもの"を守るためなら手段を選ばない。スティーヴ・ジョブズの伝記がバイブル。しかし、彼の自信の裏側には常に大きな不安が影を潜めていて、少しでも何か上手くいかないことがあればうろたえてしまう。

・アシュリン
新入生で E.J.のいとこ。不安を隠すために大言壮語してしまう。

・ビッグ・レッド
リッキーの親友。リッキー&ニニにくっついていたため、彼らの破局により行き場をなくしてしまう。実は中学時代からニニのことが好き。彼女に近づくためにミュージカルのステージクルーに参加する。

・ジーナ
自分がミュージカルの主役でないことに納得できないセミプロフェショナル。母親が異常なステージママで、以前から自分の才能の有無に悩んでいる。

・ヴィクラム
カラーガードのキャプテンとミュージカルの振付師を掛け持ちしている。トニー賞を受賞することが夢で、常に頭の中では受賞スピーチをイメージしている。何よりも"失敗"を恐れている。

・ジェン先生
イースト・ハイスクールの新演劇部顧問。エネルギッシュかつ現実的なことはあまり考えないタイプで、ミュージカルは生きるパワーになると信じている。ニューヨークで謎の過去があるらしい。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』
©Disney

大人気ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)でモナ・ヴァンダーウォールを演じたジャネル・パリッシュが、婚約者のクリス・ロングと、彼女の地元ハワイで結婚したことが明らかになった。米Peopleなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『プリティ・リトル・ライアーズ』スピンオフでアリソンとモナが同盟を結ぶ!?

「ハズバンドをとっても愛しているわ」と、白いドレスに赤い花冠を身につけてクリスとキスをしている写真をジャネルがInstagramに掲載。写真は、9月8日(土)の挙式前に行われるリハーサルディナーで撮影したもののようで、「これは前日の写真。今日結婚したわ!」と、29歳になるジャネルは9月9日(日)に挙式したことを発表した。

挙式には、『PLL』のショーランナーであるI・マーレーン・キングとルーカス役だったブレンダン・ロビンソンも参列。キングは、「結婚おめでとう! 新婚さんの写真は後から載せるわ。とりあえず今は、この素晴らしい日の思い出スナップを少し投稿しておくわね。招待してくれてありがとう」とTwitterで報告をした。一方ブレンダンは、映画『ジュラシック・パーク』などの撮影現場として有名なオアフ島にあるクアロア牧場の写真に「完璧な挙式会場」というコメントをつけ、ジャネルたちの挙式がここで行われたことをほのめかす写真を投稿した。

二人の交際期間は約2年で、昨年10月に公園で犬の散歩中にプロポーズされたことをジャネルはSNSに投稿し、婚約を明らかにしていた。また今年の2月には、ビバリーヒルズのブライダルドレスショップで何着も試着をしている様子も掲載し喜びを隠せない様子だった。

ジャネルは、『PLL』のスピンオフ新作『The Perfectionists(原題)』で、アリソン役のサーシャ・ピーターズと共に主演を務めている。本作は『PLL』の原作者サラ・シェパードが2014年に執筆した同名小説を原作とし、 キングが再びショーランナーとしてこの新作を製作。全10話構成の同作は、2019年に米Freeformでプレミア放送予定だ。また、ジャネルはアジア系アメリカ人女性が主人公のNetflixオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』にも出演しており、中国系オリジンの母親を持つジャネルはアジア系女優としても活躍の場を広げている。

ドラマに映画に大忙しのジャネル&クリス、ご結婚おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:ジャネル・パリッシュ
(C) ABC/Lorenzo Bevilaqua

本国アメリカで、いよいよ放送されるシーズン14の第1話で通算300話を迎える大ヒット犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。その記念すべき通算300話に、『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』や『リバーデイル』で知られるルーク・ペリーがゲスト出演することが明らかになった。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】『クリマイ』マシュー・グレイ・ギュブラー直撃インタビュー

製作総指揮のエリカ・メッサーはインタビューで、「第300話では、これまでの本作の歴史を紐解いていくわ。いつもなら、"前回のクリミナル・マインド"とスタートするところだけど、今のチームにこの作品の過去の出来事を教えてあげるつもりなの」と語った。ルークは、同作シーズン4の第3話「カルト教団の行方」でカルト教団のリーダー、ベンジャミン・サイラスを演じていたが、モーガン(シェマー・ムーア)たちによって射殺されていた。今回この役で再登場なのか、だとしたらベンジャミンは生きていたことになるのか、など謎は多い。

さらに、この回のゲスト出演者はルークだけではないようだ。メッサーは「過去に出演してくれた素晴らしいゲスト俳優陣の歴史を確認するようなものなの。見てもらえると、それがちゃんと筋が通っている展開になっていると思ってもらえるはず」と、過去に出てきた複数の出演者が関わるストーリーになると示唆している。

15話構成のシーズン14では、BAUチームのリーダーであるエミリー役のパジェット・ブリュースターをはじめ、ロッシ役のジョー・マンテーニャ、リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー、J・J役のA・J・クック、ガルシア役のカーステン・ヴァングスネス、アルヴェス役のアダム・ロドリゲス、タラ役のアイシャ・タイラーと、シーズン13から新たにBAUチームメンバーになった、スピンオフ『クリミナル・マインド 国際捜査班』から加入のマシュー・"マット"・シモンズ役ダニエル・ヘニーも続投する。

気になる『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン14は、米CBSにて10月3日(水)に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーク・ペリー
(c)FAM020/FAMOUS

一大ブームとなったガールズ・ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)。同作で7シーズンにわたり主人公の一人ハンナを演じたアシュレイ・ベンソンが、イギリス出身の女優でモデル、カーラ・デルヴィーニュ(『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)と交際している可能性が高いと噂になっている。米Teenvogueが報じている。

【関連記事】『プリティ・リトル・ライアーズ』アシュレイ・ベンソンの"美"に関する後悔とは?!

実は二人の交際の噂は数カ月前からたっていた。二人は、来年米国で公開予定のエリザベス・モス主演映画『Her Smell(原題)』で共演し、この数カ月の間、プライベートで一緒にいるところを何度も目撃されていた。ロンドンでキスをしている写真を撮られたり、カーラの誕生日を一緒に過ごしているアシュレイの姿が目撃されるなどの情報から、ただの仲の良い友達ではなく恋人ではないかと囁かれるように。さらにアシュレイは、カーラのイニシャル"C"のネックレスをつけ始めているとのこと。そして今週9月10日(月)に、カーラが自身のゴージャスなドレス姿をInstagramに投稿すると、アシュレイが「私のモノよ」とコメントしたことで、噂の確実性が増したというわけだ。

二人とも正式な交際宣言はしていないが、アシュレイは最近行われたインタビューで「こういう業界にいると、プライベートを隠すのは難しいわ。でもできるだけ私生活は公にしないつもりでいるの」と答えていたことから、正式な発表は考えていないと思われる。アシュレイは以前、スタイリストのライアン・グッドとの交際や、映画『スプリング・ブレイカーズ』で共演したジェームズ・フランコ(『DEUCE/ポルノストリート in NY』)との関係を噂されていたことがあるが、女性との噂は今回が初めて。

一方、お相手のカーラはバイセクシャルであることを公にしており、過去にも女性との交際経験がある。

二人が共演した映画『Her Smell』は、9月16日(日)まで開催されているトロント国際映画祭でワールドプレミア上映を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:
映画『Her Smell』のプレミアイベントに登場した二人(トロント国際映画祭にて)
アシュレイ・ベンソン (C) Hubert Boesl/FAMOUS
カーラ・デルヴィーニュ (C) Hubert Boesl/FAMOUS

『ゲーム・オブ・スローンズ』を大ヒットさせているケーブル局の米HBOが、8月に放送開始されたばかりのコメディシリーズ2作品、ドウェイン・ジョンソン主演『Ballers/ボウラーズ』と、女子二人のリアルな日常を描く『インセキュア』を新シーズンへと更新することを発表した。

【関連記事】テレビを変えた"革命児" 有料ケーブル局「HBO」が視聴者を魅了し続けるワケ

シーズン4へ更新された『インセキュア』は、ロサンゼルスに住むアラサーの黒人女性たちが、ドン詰まりな恋愛や仕事、友情など、どん底の人生をコミカルに生き抜く姿を描き、主演のイッサ・レイがクリエイターを務めるシリーズ。イッサのほかに、親友モリー役のイヴォンヌ・オージ(『ジェーン・ザ・ヴァージン』)、イッサの恋人ローレンス役でジェイ・エリス(『ショートウェーブ』)、フリーダ役のリサ・ジョイス(『ザ・フォロイング』)、ダニエル役のイラン・ノエル(『The Hustle(原題)』)らが出演している。

一方シーズン5へ更新された『Ballers』は、引退した元NFLスター選手スペンサー(ドウェイン・ジョンソン『スカイスクレイパー』)の第2の人生と、現役アメフト選手の豪快な日常がコミカルに描かれる作品。共演は、リッキー役のジョン・デヴィッド・ワシントン(『Monster(原題)』)、チャールズ役のオマー・ベンソン・ミラー(『CSI:マイアミ』)、ジェイソン役のトロイ・ギャリティ(『BOSS/ボス ~権力の代償~』)、ヴァーノン役のドノヴァン・W・カーター(『The Lineup(原題)』)。

『インセキュア』シーズン3と『Ballers/ボウラーズ』シーズン4ともに、HBOにて毎週日曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:主演を務める
『インセキュア』イッサ・レイ(c)NYPW/FAMOUS
『Ballers/ボウラーズ』ドウェイン・ジョンソン(c)JHMH/FAMOUS

現地時間の9月17日(月・祝)に行われる第70回プライムタイム・エミー賞の授賞式に先駆けて、製作や技術面において優れた番組に与えられるクリエイティブアーツ・エミー賞の受賞式が8日(土)と9日(日)の二日間にわたってロサンゼルスで開催され、米Bravoの大ヒットリアリティ番組『Queer Eye for the Straight Guy(原題)』のリブート版となるNetflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ』が3部門に輝いた。

【関連コラム】イケメンのゲイ5人が人生を矯正!Netflix『クィア・アイ』を見て幸せな涙を流そう

『クィア・アイ』はセンス抜群のゲイ5人組が依頼人のヘアスタイルから、ファッションやインテリア、思考に至るまで、様々な分野についてアドバイスをし、人生を華やかにしてくれる感動のドキュメンタリーシリーズ。7月にシーズン3への更新も決定している人気作だ。

米ET Onlineによると、『クィア・アイ』は作品賞のほか、リアリティ・シリーズ部門のキャスティング賞と編集賞の3冠に輝いたとのこと。ノミネートが発表された7月、『クィア・アイ』でヘアスタイルを担当しているジョナサン・ヴァン・ネスは「ノミネートだけでもう十分光栄だよ。僕らのことを広く知ってもらえただけで、もう十分勝ったようなものだから」と喜びを語っていた。今回の受賞を受けて、インテリアデザイン担当のボビー・バークは自身のSNSに「やったよ!」とトロフィーを手にした写真を投稿。ファンからは祝福のメッセージが相次いだ。

また、演技賞のコメディ部門最優秀ゲスト女優賞はティファニー・ハディッシュ(『サタデー・ナイト・ライブ』)、最優秀ゲスト男優賞はカット・ウィリアムズ(『アトランタ』) が受賞。ドラマ部門の最優秀ゲスト女優賞をサミラ・ワイリー(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』)、最優秀ゲスト男優賞をロン・セファス・ジョーンズ(『THIS IS US』)が受賞。計4つのトロフィーはすべて黒人俳優たちが獲得し、歴史的快挙と米Varietyをはじめ多くのメディアで報じられている。

『Jesus Christ Superstar Live in Concert(原題)』が作品賞を含む5部門を獲得したことで、人気R&Bシンガーのジョン・レジェンドはエミー賞、アカデミー賞、グラミー賞、トニー賞の四大アワードすべてでトロフィーを獲得し、"EGOT"を達成した。

第70回エミー賞授賞式は米ロサンゼルスにて9月17日(月)に開催され、日本ではFOXチャンネルにて9月18日(火)午前9:00より独占生中継される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クィア・アイ』 
(C)Carin Baer/Netflix

米HBOのSFドラマシリーズ『ウエストワールド』でウィリアム役を演じるジミ・シンプソンが、映画『ガンジー』でアカデミー主演男優を受賞したベン・キングズレーと、米EPIXの新作ドラマ『Our Lady, LTD』で共演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『ウエストワールド』シーズン1駆け足講座+シーズン2の展望は?

EPIXは、『バットマン』の前日譚にあたる『Pennyworth(原題)』マーク・ストロング主演の『Deep State(原題)』などを製作しているケーブル局。本作は、現代ノワールと称されるシリーズとなり、主人公は落ちぶれた消防士で詐欺師でもあるジェイムズ。彼はバイロン・ブラウンという牧師をカモにしようとするが、思ったよりも牧師は危険な人物だった。ジェイムズは、悪化の一途をたどる人生の巻き返しを図るため、犯罪に手を出すが、計画は崩れだし、生き残りをかけて奮闘しなければならなくなる...。

ジミが主人公ジェイムズを、ベンがブラウン牧師を演じる。スティーヴ・コンラッド(『ワンダー 君は太陽』)とブルース・テリス(『ダーティ・ワーク』)が製作総指揮&ショーランナーを務め、コンラッドは6話分で監督も兼任する。トッド・ブラック(『マグニフィセント・セブン』)、ジェイソン・ブルメンタルとスティーヴ・ティッシュ(『サウスポー』)らも製作総指揮に名を連ねる。

ジミは『プリズン・ブレイク』のスピンオフドラマ『ブレイクアウト・キング』で囚人ロイドを演じ、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』ではハッカーのギャヴィン・オルセイ役で登場。映画『リンカーン/秘密の書』『ホワイトハウス・ダウン』などにも出演し、活躍の幅を広げている。一方のベンは映画界を中心に活躍していたが、近年はミニシリーズ『Watership Down(原題)』『TUT(原題)』など出演しドラマ界にも進出している。

全10話構成となるシーズン1は、今秋よりニューメキシコ州サンタフェで撮影が開始され、2019年に放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

大人気青春ドラマ『One Tree Hill』で主人公の一人ルーカスを演じ、人気俳優の仲間入りを果たしたチャド・マイケル・マーレーが、音楽業界の舞台裏を描くドラマ『STAR 夢の代償』シーズン3に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】ヒリヒリと痛いほどの人間関係を描く才人、リー・ダニエルズ

米国ドラマ史の記録を塗り替えた大ヒットドラマ『Empire 成功の代償』のリー・ダニエルズがクリエイターを務める『STAR』は、3人の若い女性ヴォーカリストがスターダムを駆け上がる姿が描かれる。

シーズン3でチャドは、日和見主義の不動産投資家ザンダー・マクファーソンを演じ、カルロッタ(クイーン・ラティファ)の妹キャシー(ブランディ・ノーウッド)と毒された関係に陥るとのこと。サラリーマンをきどってはいるもののストリートでのさばるザンダーは、自分の魅力を武器に望む物や権力を手に入れる方法を知っている...というキャラクターだ。

新シーズンにはクイーンとブランディのほか、ジュード・デモレスト(スター役)、ライアン・デスティニー(アレクサンドラ役)、ブリタニー・オグレイディ(シモーネ役)、ベンジャミン・ブラット(ジャヒル役)、アマイヤ・スコット(コットン役)、クインシー・ブラウン(デレク役)、ミス・ローレンス(ミス・ブルース役)、マイケル・ミシェル(アヤナ役)、ルーク・ジェームズ(ノア役)が続投することになっている。

チャドは、ファミリードラマ『ギルモア・ガールズ』トリスティン役でブレイクし、サスペンスドラマ『チョーズン:選択の行方』では主人公ジェイコブを、マーベル・アクションドラマ『エージェント・カーター』ではSSRニューヨーク支局長ジャック・トンプソン役を演じてきた。『フルートベール駅で』『レフト・ビハインド』など映画作品にも姿を見せている。

チャドが出演する『STAR 夢の代償』シーズン3は、米FOXにて9月26日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『One Tree Hill』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ニューヨークを舞台に、メディア帝国を支配する一族が引き起こす醜い後継者争いを描くHBOの新たな社会派ドラマ『キング・オブ・メディア』が、9月25日(火)よりスターチャンネルにて日本初放送となる。

【関連記事】トム・ハーディ主演ドラマをはじめ、高品質の話題作を日本初で提供し続けるスターチャンネルの凄み

『In The Loop(原題)』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたほか、『ピープ・ショー ボクたち妄想族』『官僚天国!~今日もツジツマ合わせマス~』『フレッシュ・ミート』といった英国コメディドラマを手掛けてきたジェシー・アームストロングが企画・製作総指揮を務める本作。アダム・マッケイ(『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)やウィル・フェレル(『俺たちニュースキャスター』)も製作総指揮として名を連ねていることは当サイトでもお伝えした通りだ。

ウィリアム・シェイクスピアの四大悲劇の一つ「リア王」を、巨大メディア産業が舞台の現代版にした本作は、ローガン・ロイが一代で築き上げたメディア帝国の世代交代をテーマに、自分のことしか考えていないリッチな家族の醜い争いを赤裸々に描いている。

キャストは、『THE GAME』のブライアン・コックス、『マスターズ・オブ・セックス』のジェレミー・ストロング、『ブレードランナー2049』のヒアム・アッバス、『スティーブ・ジョブズ』のセーラ・スヌーク、『FARGO/ファーゴ』のキーラン・カルキン、『エクソシスト』のアラン・ラックなど。

■『キング・オブ・メディア』(全10話)放送情報
[字]【STAR2】にて9月25日(火)よりスタート
 毎週火曜 23:00~ ほか
[二]【STAR3】にて9月28日(金)よりスタート
 毎週木曜 22:00~ ほか
※【STAR1】9月23日(祝・日)23:00より第1話を先行無料放送!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『キング・オブ・メディア』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

『アイ・ラブ・ディック』や『ザ・フォロイング』などに主演するケヴィン・ベーコンと、妻で大人気犯罪捜査ドラマ『クローザー』のブレンダ・リー・ジョンソン役で知られるキーラ・セジウィック。ハリウッドを代表する大物カップルが、結婚30年を仲睦まじく祝う姿が報じられた。米Peopleなど複数メディアが報道している。

【関連記事】くせ者俳優の道を選んだケヴィン・ベーコンに迫る!

9月4日(火)、ケヴィンは自身のInstagramで、キーラと二人でウクレレを演奏し、ビージーズの"ラヴ・サムバディ"をハモって歌うビデオを投稿。「30年、この素敵な女性と過ごしたよ。彼女こそ僕の音楽だ」とコメント。また別の投稿では、キーラ一人が写った写真に、「30年。この人を愛してる」との言葉を添えた。そして二人一緒の写真には「10951日」と投稿。

二人は1988年、ランフォード・ウィルソン原作による米TV映画『レモン色の空』で共演がきっかけで結婚。だが実は二人の出会いはもっと前で、ケヴィンが19歳、キーラが12歳の時にさかのぼる。ケヴィンの舞台を観劇したキーラは、兄に"ケヴィンを気に入ったなら話しかけに行け"と言われ、素晴らしい俳優だとケヴィンに直接伝えたのだという。

昨年、Peopleのインタビューでケヴィンはこんな話を披露してくれた。「1990年代に撮った家族ビデオを見ていたんだ。そしたら、ビデオの中で、俺はどうでもいいくだらないジョークを言ってたんだよ。だからキーラに言ったのさ。"あんなつまらないジョークを言う奴とよくずっといられたな。こんな俺と一緒に長年過ごしたなんて、君はヒーロー並みにすごいよ"ってね」また2015年に米Entertainment Tonightのインタビューで、「夫婦円満の秘訣は?」と聞かれ、「セレブにはアドバイスを求めないことだね。それが俺たちの秘訣さ」と語っていたケヴィン。実はキーラも2012年に米CNNのインタビューで、同じく「セレブに秘訣を聞かないこと」が幸せな結婚生活を続ける秘訣だと答えており、二人の価値観もぴったりの様子が伺える。

キーラはまた、ハリウッドだから結婚が難しいというわけでもないことも発言していた。「結婚生活は大変なのよ。セレブだから、俳優だからじゃないわ。誰にとってもそうなの。だから、レッドカーペットとかで、"どうして結婚生活が持続できるの?"とよく聞かれるけど、この質問にはイライラさせられるわ。だって、結婚したんだから、ただ誓いに沿って夫婦関係がうまくいくように努力するだけよ」

ハリウッド俳優とは言っても、普通の夫婦のように努力をしながら30年間結婚生活を送ってきた二人。それぞれが業界で活躍しつつも仲の良い姿が見られるのは本当に嬉しいことだ。キーラ&ケヴィン、30周年おめでとう。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケヴィン・ベーコン&キーラ・セジウィック
(C) NYPW/FAMOUS・NYPW/FAMOUS・Pauline French/FAMOUS・AVTA/FAMOUS

イギリス人作家ジェシー・バートンのデビュー作にして、世界的ベストセラーとなった「ミニチュア作家」を英BBCがドラマ化した『ミニチュア作家』。イギリスで2017年12月に放送され話題となった本作全3話を、AXNミステリーが10月27日(土)に一挙日本初放送。

【関連記事】『ダウントン・アビー』~世界をとりこにする英国のオタク魂

物語の舞台は17世紀オランダ。アムステルダムの裕福な商人ヨハネスに嫁いだ少女ネラは、結婚祝いとしてヨハネスから豪華なドールハウスが贈られる。しかし、その謎のドールハウスがネラの生活、そして人生を変えていく...。ミニチュア作家から注文していない小物や人形が次々に贈られ、戸惑うネラ。しかし、そのミニチュアの小物はまるで家族に起こる出来事を予言しているようだった。そして徐々に明らかになる、新しい家族の秘密とは...!?

主人公ネラを演じるのは、M・ナイト・シャマランが手掛けたスリラー映画『スプリット』でヒロインの高校生役を演じたアニヤ・テイラー=ジョイ。ネラが少女から、一歩一歩着実にたくましく成長していく姿にも注目だ。そのほか、ネラの義理の妹マーリンを『THE HOUR 裏切りのニュース』のロモーラ・ガライが、ミニチュア作家を『ヒューマンズ』のエミリー・バリントンが扮する。

製作総指揮を、『ダウントン・アビー』『風の勇士 ポルダーク』『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』』など、英国を代表する作品に携わるレベッカ・イートンが務める。日本でも話題のミニチュアの世界、小さなアートなどのディテールにも注目したい。

夫から贈られた謎のドールハウスが人生を変えていく...。『ミニチュア作家』は、AXNミステリーにて10月27日(土)夜9:00より全3話を一挙日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ミニチュア作家』
The Miniaturist © The Forge and all3media international

大ヒットドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』で主人公リック・グライムズを演じるアンドリュー・リンカーンが、シーズン9で降板するとのニュースは当サイトでもお伝えしてきた通り。アンドリューと長きにわたり一緒に仕事をしてきたショーランナーのアンジェラ・カンが、「リックをストーリーから消すのはつらかった」と語っている。米Cinemablendが伝えた。

【関連記事】アンドリュー・リンカーン、ようやく実感が湧いてきたと降板理由を明かす

カンは、「来たるリックの退場を納得いく形で描きたかったし、このキャラクターに尽くしたかった。脚本家をはじめとするスタッフ全員はリックのことが大好きで尊敬もしているから、全力を尽くして彼の旅を終わらせたいと思ったの。リックというキャラクターに値するだけの最後を描く大きな責任を感じていた」と胸の内を明かしている。

カンはリックを物語から退場させるにあたり、二重の責任を感じたという。「演じるアンドリューの事情も考慮した上で、架空の人物であるリックのことも考えなければならなかった。初めからシリーズの中心だったリックがいなくなっても物語は続いていくが、彼の不在によりシリーズの鍵となる魅力が欠けてしまうことは避けられない」と、こういった要素を踏まえた上でカンと製作チームは、リックにふさわしい結末を用意できたという。

いかにしてリックがシリーズから去るのか、自分の目で確かめるしかないだろう。ついにアンドリューが降板してしまうシーズン9は、FOXチャンネルにて10月8日(月)22:00より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン8より
(c)Gene Page/AMC

シカゴで暮らす常識外れのギャラガー家を描くシニカルな家族ドラマ『シェイムレス 俺たちに恥はない』。本作でギャラガー家の長女フィオナを演じているエミー・ロッサムの降板発表を受けて、ダメ親父フランクを演じているウィリアム・H・メイシーがコメントを発表した。英Digital Spyが伝えた。

【関連記事】ダメ親父だけじゃない!『シェイムレス 俺たちに恥はない』ギャラガー家の"シェイムフル"な所業まとめ

2011年の番組開始から、子育てや仕事にてんてこ舞いしながら一家の大黒柱としてギャラガー家を支える長女フィオナを演じてきたエミー。米Entertainment Weeklyの取材に答えたウィリアムは彼女の卒業は「予想してきたこと」と明かした。

「僕らは予想していたよ。シーズン9に更新することになって、このまま続けていくかどうか考えたとき... 難しいよね。"『シェイムレス』が終わった後の私の人生はどうなるの?"って思いを巡らせるのは当然のことだ。(新しい一歩を踏み出すのは)怖くもあり、楽しみでもあるんだから」

ウィリアムは続けて、「彼女は若いし、正しい選択をしたと思うよ。製作総指揮を務める別の番組も持っている。その番組に飛び込みたいと、自分の世界を広げたいと思ったのだろう。それに彼女は結婚したばかりだ。これからの彼女がうまくいくように願っているよ。彼女のこれからの活躍が楽しみだ」と、旅立つ娘の背中を押した。

フィオナは自身のFacebookに「『シェイムレス』ファミリーは、本当に私にとって第2の家族で、たくさんの時間をみんなと過ごしてきた。みんなと一緒に成長してきたように感じているの」「ドラマが始まった時私は23歳で、今は年を重ねた。それは素晴らしいこと、素晴らしい時間で、私たちが創りだしたすべてのことを心から誇りに思っているわ。今はただ、みんなへの感謝の気持ちでいっぱいよ」と、投稿している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シェイムレス 俺たちに恥はない』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

『プリティ・リトル・ライアーズ』のクリエイター、I・マーレーン・キングが手掛け、『シェキラ!』のベラ・ソーンが主演を務めることでも話題の『FAMOUS IN LOVE』。11月23日(金・祝)にスーパー!ドラマTVにて、独占日本初放送が決定。そして、主要女性キャラクター3人の日本語吹替えキャストも決定した。

【関連記事】ベラ・ソーン主演『FAMOUS IN LOVE』をチラ見せ!

本作は、レベッカ・セルレ著の同名小説ヤング・アダルトロマンスシリーズを基にしたTVシリーズ。女優志望の女子大生ペイジ(ベラ)が、ハリウッドの注目映画の主演を射止めたことから、生活が一変。ルームメイトで親友のジェイク(チャーリー・デピュー)や、相手役のスター、レイナー(カーター・ジェンキンス)に淡い恋心を抱きながら、女優として、そして一人の女性として試行錯誤しながら成長していく姿が描かれる。

今回日本語吹替えキャストも決定し、ベラが演じる主人公ペイジの日本語吹替えを担当するのは、本作が海外ドラマの吹替えに初挑戦となる小宮有紗。アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ダイヤ役や実写映画『ダブルドライブ~狼の掟~』中村かえで役など、女優・声優として活躍している。

またペイジの親友でルームメイトのキャシー役を、『HUNTER×HUNTER』でゴン=フリークスを演じる潘めぐみ。ペイジにオーディションでヒロインの座を奪われたスター女優、アレクシス役は『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむら役で知られる斎藤千和が担当する。

ポスト『ゴシップガール』と呼ばれ、本国アメリカでは今年4月からシーズン2が放送された本作。彼女たちに待ち受けるのは...。

■『FAMOUS IN LOVE』放送情報
11月23日(金・祝)22:00より独占日本初放送スタート!
【二カ国語版】毎週金曜22:00 ほか
【字幕版】毎週金曜24:00 ほか

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『FAMOUS IN LOVE』日本語吹替えキャストの小宮有紗,潘めぐみ,斎藤千和
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

ウォーカーが蔓延る世紀末的な世界でサバイバルを繰り広げる人々を描く大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』で、悪役ニーガンを演じるジェフリー・ディーン・モーガン。そんな彼が、「あるDCキャラクターを演じたい!」と語っていることがわかった。米Screen Rantが報じている。

【関連記事】怪獣が大好き!ジェフリー・ディーン・モーガンのお茶目な素顔

『ウォーキング・デッド』関連のイベントWalker Stalker Conに登場したジェフリー。、ファンから「演じてみたいマーベルのキャラクターは?」と聞かれ、「演じたいと思っているのはDCコミックスのロボだけだ。彼は最高だよ!」と、マーベルの代わりにライバルにあたるDCコミックスのキャラクターを挙げた。

1980年代にコミックスに初登場したロボは、宇宙で最も残忍かつ有能なバウンティハンター。当時はパニッシャーやウルヴァリンのパロディだと見られていたが、その情け容赦ないキャラクターで次第にファンの人気者に。どんなことがあっても、請け負った仕事は終わらせるという厳格なルールに従うロボには、スーパーマンやデスストロークまでもが悩まされてしまうのだ。

2009年にガイ・リッチー監督(『キング・アーサー』)がロボを主役にした実写映画を製作すると報じられた時にも、ジェフリーは「ロボを演じたい」と発言していたという。

今までにジェフリーは、DCコミックスをザック・スナイダー監督で映画化した2009年公開『ウォッチメン』でエドワード・ブレイクを演じ、2016年公開『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではバットマンことブルース・ウェインの父親トーマス役で出演している。

なにかとアメコミ作品と縁深いジェフリー。彼が出演するこちらもアメコミ作品の『ウォーキング・デッド』シーズン9は、FOXチャンネルにて10月8日(月)22:00より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)Gene Page/AMC

アメリカで長寿ドラマ作品の記録を保持する敏腕クリエイター・ディック・ウルフによる『LAW & ORDER ロー&オーダー』。20シーズンも継続した本家は数々のスピンオフ作品を生み出しているが、今回また新たなスピンオフが米NBCでデビューすることが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】マリスカ・ハージティ、『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』シーズン25も夢じゃない!

全13話構成の『LAW&ORDER:Hate Crimes(原題)』というタイトルのこの新作は、全米で2番目に歴史がある、ニューヨークに実在するヘイトクライム(憎悪犯罪)を専門とするタスクフォースチームを元に描く。ニューヨーク市警の性犯罪特捜班の管轄の元、いかなる憎悪、差別や偏見による犯罪にも屈することなく、同班の捜査官と共に協力して事件を解決していくというあらすじ。

今秋から本家の記録と並びシーズン20に突入する『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のエピソード内で、この新作スピンオフで活躍するタスクフォースチームが初お目見えする予定。 今回の新作について製作総指揮のウルフは、以下のように述べた。

「私の製作する犯罪ドラマ全てに言えることですが、アメリカの都市で実際に起こっていることを描きつつ、その被害者の方達に正義は勝つのだと伝える一筋の光になりたいと思っています。20年前に『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』をスタートした時は、性犯罪の被害者はほとんどが泣き寝入りでした。ですが、お茶の間でこのようなドラマを見ることで、しかもオリビア・ベンソンのような良き理解者の刑事がいることで、ドラマはテレビの中の出来事ではなく、現実のことのように見えてくるのです。凶悪なヘイトクライムが増加している昨今、この新作でも同じように視聴者に正義は勝つということを伝えられることができればと思っております」

また、同作の製作総指揮を務めるウォーレン・ライトは、「ニューヨークのような人種のるつぼである複雑な街で、実際に日々ヘイトクライムと闘っている実在の人々に感動しました。彼らは、この国、この街の魂のために、危険な闘いの第一線に身を投じているのです。NBC、そしてディク・ウルフと共にこのような犯罪の現実を描けることを光栄に思っています」と語った。

現実に起こっている事件や犯罪を題材にする同シリーズ。時代に即した新作は人々の関心を引くものになりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』
(c)2017 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.

NYを舞台にした人気法廷ドラマ『SUITS/スーツ』のマイク役、パトリック・J・アダムスと、『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)のスペンサー役、トローヤン・ベリサリオ夫妻に、第一子が誕生することは先日お伝えしたとおり。おめでたに関する二人からの正式発表はされていないが、お腹が目立ってきたトローヤンの妊婦姿が目撃された。米Peopleが報じている。

【関連記事】『SUITS』パトリック・J・アダムス、降板の理由とその経緯を語る

先月16日(木)、タンクトップにショートパンツというカジュアルな出で立ちで犬の散歩をする姿をパパラッチされたトローヤン。お腹はかなり大きくなっており、出産予定も今年中ではないかと思われる。

だが、翌週22日(水)、しばらく更新していなかった自身のInstagramに親友夫妻に起こった悲劇を綴った。その夫妻とは、『PLL』のサブリナ役などで知られるルル・ブラッドとその夫のジャスティン。ルルは妊娠7カ月だったというが、8月13日(月)に検診に行ったところ、赤ちゃんの心拍が止まっていることが判明、死産の処置をしたのだという。

このことを受けてトローヤンは、「どうしたらいいのかわからなかったから、しばらく更新していなかった。親友二人を襲った悲劇を目の当たりにしたけれど、人々が彼らを支えてくれる姿を見たの。電話をしたり、食事を用意したり、二人のためにできることを皆でしたわ。彼らを支えてくれた皆に感謝したい。そしてこの悲劇を乗りこえている二人のプライバシーを尊重してくれてありがとう。皆がお互い日々、そしてこれから先もどうやって助け合っていくかを話し合ういい機会だと思う」と投稿した。

この投稿から、親友夫婦を襲った悲劇がパトリックとトローヤンの妊娠発表に影響をしているのかもしれないと伺える。

出産するまで二人からの正式なコメントはないかもしれないが、目撃された姿では元気な様子。このまま二人の元に赤ちゃんが生まれてくる日を静かに待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:パトリック・J・アダムス&トローヤン・ベリサリオ
©PA Photos/amanaimages

サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が活躍する大人気の超常現象アクションドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』(以下『スパナチュ』)。シーズン13の放送が終了し、10月からが本国でシーズン14の放送がスタートする同作だが、なんと兄ディーン・ウィンチェスターなしで製作する予定があることが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『スーパーナチュラル』の熱い兄弟愛、ジェンセンとジャレッドが紡いできた12年

ディーンなしの製作といっても...正確には、秋から放送のシーズン14でディーン役のジェンセン・アクレスは、13年間ずっと演じてきたディーンとしてではなく、新しい役柄で出演するという。ショーランナーのアンドリュー・ダブは、次シーズンを次のように語っている。

「ディーンとサムはこの作品を支える中心人物だ。今までに、サムがチラッといなくなったことはあったけれど、ずっといなくなるということはなかった。魂をとられたり...など色々なことがあったが、サム自身の姿が見えない、登場しないということはなかった。悪魔のディーンも、1話限りのものだったしね。だけど、今シーズンでは、基本的にディーンがいなくなるという設定なんだ。このドラマは、サムとディーンの二人の物語だから、ディーンがいないというのは進行上非常に製作が難しい。同作に欠かせないキャラクターであるディーン抜きでの脚本も難しい。けれど、ジェンセンが新しい役を演じるのは楽しみだね」と期待を寄せる。

「こういった作品で大変なのは、毎年毎年、新たな悪役を生み出すことなんだ。キャラクター設定をきちんと作り上げ、それを演じる俳優が気持ち良く演じられるように色々と環境を整えないといけない。だけど、ジェンセンが今回の役を演じるにあたっては、そういう心配は必要ない。みんなが大好きなジェンセンは、この作品を誰よりも熟知しており、自分自身を理解しており、どうこの新キャラクターを演じるべきかも知っているんだから。そしてもちろんジェンセン演じるこの役は最高に悪いキャラクターに仕上がっていて、でもみんなには、"うわっ!すっごいかっこいい"と思ってもらえると確信しているよ」

シーズン13が放送されていた今年3月にジェンセン本人が、「ジャレッドは、サムとは異なるルシファーやガドリエルなどを演じてきたが、自分はディーンだけを演じてきた。あえて言うなら悪魔になったディーンが一番別人に近かったけど、それでもディーンには変わりない。自分が知っているキャラクターを演じるだけだし楽だから良かったけど、もうすぐ大きな変化が起きるよ」とコメントをしていた。それが意味するところが今回の大胆な展開なのかもしれない。

ディーンが見られないかもしれないのは残念だが、14年目にして新たな役を演じるジェンセンが登場するシーズン14は、米CWにて10月11日(木)より放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン13
© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

米NBCの犯罪アクションドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』で、主人公ジェーン・ドゥの弟ロマンを演じたルーク・ミッチェルが、米CBSの新作ドラマ『The Code(原題)』の主役に決定したことがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ルーク・ミッチェルが出演している『ブラインドスポット』シリーズの知られざる魅力

『The Code』は、米国で唯一弁護士が検察官と捜査官、海兵隊員として訓練される法律事務所が舞台となり、優秀な軍人が法廷の中と外を問わず困難な訴訟に挑んでいく姿が描かれる作品だ。

ルークが演じるのは野心あふれる検察官ジョン・"エイブ"・エイブラハム大佐役。エイブは海兵隊員になることが伝統になっている一家の出身で、献身と情熱をもって責任を果たす検察官だと紹介されている。パイロット版では、ファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』のジャスティン役で知られるデイヴ・アナブルが同役を演じていたが、ルークに変更になったようだ。

本シリーズにはアンナ・ウッド(『フォーリング・ウォーター』)、アトー・エッサンドー(『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』)、フィリッパ・スー(『SMASH』)、ラフィ・バルソーミアン(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)も出演することになっている。

製作総指揮は、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のクリエイター、クレイグ・スウィーニー、カール・ベヴァリー、サラ・ティンバーマンや、マーク・ウェブ(『クレイジー・エックス・ガールフレンド』)、クレイグ・ターク(『グッド・ワイフ』)らが、名を連ねている。

ルークは、米ABCのマーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』でリンカーン・キャンベルを演じ、SFアクションドラマ『トゥモロー・ピープル』などにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラインドスポット』
© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

大人気青春ドラマ『The OC』でオタク青年セス・コーエンを演じてブレイクしたアダム・ブロディが、英Skyの新作アクションドラマに出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『The O.C.』から12年、気になる出演者のその後は?【男優編】

アダムが出演するのは映画『ワイルド・スピード』を彷彿とさせるカーアクションドラマ『Curfew(原題)』。夜間に行われる違法ストリートレースで凌ぎを削る人々が描かれる本作でアダムが演じるのは、誇大妄想癖があるミステリアスな大富豪マックス・ラーセン役。

全8話構成となるシリーズには、アダムのほかにビリー・ゼイン(『タイタニック』)、ミランダ・リチャードソン(『そして誰もいなくなった』)、ハリエット・ウォルター(『ベロニカとの記憶』)、マイケル・ビーン(『ターミネーター』)、ショーン・ビーン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、マラカイ・カービー(『ROOTS/ルーツ』)、エイドリアン・レスター(『トラウマ:心的外傷』)、フィービー・フォックス(『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』)らの出演も決まっている。

本作は『ピーキー・ブラインダース』を製作したタイガー・アスペクト・プロダクションとムーンエイジ・ピクチャーズがシリーズを手掛け、製作総指揮を務めるのはウィル・グールド(『リッパー・ストリート』)、マシュー・リード(『ミス・マープル』)、フリス・ティプレディ(『ピーキー・ブラインダース』)。

最近のアダムはシーズン3への更新が決まっているITサスペンスドラマ『スタートアップ』に出演中。他にも、ザカリー・リーヴァイ(『CHUCK/チャック』)と共演するDCコミックスのヒーロー映画『Shazam!(原題)』が、米国で2019年4月に公開される。

『Curfew』はイギリスではSkyで放送され、アメリカでは米ケーブルテレビ運営会社チャーター・コミュニケーションズの動画プラットフォーム、Spectrum Originalsにて2019年より配信予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『The O.C.』
(C) Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

1966~69年まで放送された『スター・トレック/宇宙大作戦』と、映画シリーズでジェームズ・T・カーク船長を演じたウィリアム・シャトナーが、「カーク船長を主役にしたドラマシリーズには出演しない」と発言していることがわかった。米Screen Rant報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『スター・トレック:ディスカバリー』を現地アメリカはどう評価したか?

『スター・トレック』シリーズにおいて、カーク船長は人気キャラクターの一人。最近は、J・J・エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)が監督を務めた2009年の『スター・トレック』では、カーク船長の若き日を描き、クリス・パイン(『ワンダーウーマン』)が同役演じていた。

そして、同作を皮切りにリブート版やスピンオフなど関連作品が続々と登場。米CBSの配信サービスAll Accessでは『スター・トレック:ディスカバリー』が製作され、同局は他の新シリーズの企画を進める意向のようだ。

しかし、ウィリアムは関連作品への出演に興味がない模様で、「今は自分の現状に満足しているんだ。ここ数年、数多くのドラマシリーズから出演依頼を受けたけど、どれにも出演していないのは拘束される時間が長いからだ。私の人生における今の段階で、自由な時間が一番貴重なんだよ」と明かしている。

CBSのデイヴィッド・シュタッフ社長は、「カーク船長を主役にしたシリーズの企画はない」と発言しつつも、「絶対にないとは言えない」ともコメント。ウィリアムもカーク船長での復帰を完全否定こそしていないものの、「私の出演を実現させるには、かなり大変だろうね」と述べている。

一方で今月上旬、ドラマシリーズ『新スター・トレック』と『スター・トレック'88/新・宇宙大作戦』でジャン・リュック・ピカード艦長を演じたパトリック・スチュワートが、CBS All Accessの新シリーズに同役でカムバックすることが決定。ウィリアムは、ピカード艦長役で復活を遂げるパトリックにエールを贈っている。ピカード艦長のその後の人生を描くというパトリック出演の新シリーズは、タイトルやエピソード数、放送予定日などの詳細は現時点では未定。

カーク船長の復活のニュースは度々取り上げられているが、いまだに実現には至っていない。だが、完全否定していない限り期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・トレック』ウィリアム・シャトナー(中央)
© CBS Studios Inc. All Rights Reserved.

レーガン政権下、米ソ冷戦を背景に、米国に潜伏するソ連スパイ夫婦の活動を追ったサスペンスドラマ『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』は、同じくスパイ作品として日本でも人気を博す『HOMELAND/ホームランド』と双璧をなすドラマとして注目を集めている。息詰まる攻防戦を展開する両作は、まさに視聴者を釘付けにする要素が満載! ライターの坂田正樹による比較コラムを抜粋でご紹介しよう。

【関連ページ】第1話無料配信中!『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』特集ページはこちら!

■リアルなタイトルバックが示す歴史的背景

湾岸戦争に端を発し、2001年9月11日の同時多発テロに繋がる脅威、その悲劇を予見できなかったCIA特殊部員の苦悩を交錯させながら物語が展開する『ホームランド』。1960年代の冷戦時代の米ソを対比させながら激しい攻防戦の期待を煽る『ジ・アメリカンズ』。時代の違いはあるが、両作とも歴代大統領の緊迫した姿や核爆発、テロの惨劇など、実際の衝撃的ニュース映像をコラージュさせながら、「これは実際に起きた事件を背景にした"リアルなスパイ戦"である」ことを示している。

■米ソのスパイ組織を中心とした対立軸

『ホームランド』はCIA対テロ組織の攻防、『ジ・アメリカンズ』はKGB対FBIの水面下の激しい戦いと、いずれもスパイ組織を中心に主人公が能力を発揮し、危機迫る状況に立ち向かう。さらに、敵あるいは敵の可能性がある人間が「近しい存在」であるところも類似点。『ホームランド』では、CIA特殊部員が捕虜生活により敵に寝返った可能性のある元仲間の米海兵隊員と対峙する。一方『ジ・アメリカンズ』は、米国人夫婦になりすましたKGBスパイたちの家の隣にソ連スパイ担当のFBI捜査官が引っ越してきたことで緊張感が走る。

■スパイといえども感情を持った人間

躁うつ病を患いながらも、テロ撲滅に異常なほどの執念を燃やす『ホームランド』の主人公・CIA特殊部員キャリー(クレア・デインズ)は、鋭い直感をキープするため薬物治療を拒み続け、唯一理解を示す容疑者の元海軍隊員ブロディ(ダミアン・ルイス)と禁断の恋に落ちていく。

『ジ・アメリカンズ』のKGB夫婦、フィリップ(マシュー・リス)とエリザベス(ケリー・ラッセル)もまた、揺れ動く。米国暮らしに馴染みすぎて寝返りをほのめかす夫、両親がソ連のスパイと知らない子供たちや長年騙し続けてきた友人への罪悪感、そして偽夫婦に芽生える真実の愛...。スパイとしてはミステイクだが、人間味溢れる行動もある。
                   
『ホームランド』も『ジ・アメリカンズ』も、巧みに仕掛けられた敵の罠、政府の陰謀、内部の裏切り、壮絶なカーチェイス&銃撃戦、爆破シーンも映画並みの迫力だ。嘘発見器やスマホ、パソコンを駆使しハイテク化した『ホームランド』。変装(成りすまし)やハニートラップ、盗聴など、ローテク時代が舞台の『ジ・アメリカンズ』では、工夫を凝らしたスパイの技にも目を奪われる。見比べてみると、類似点に共感するとともに、双方の時代背景や敵対関係によって生まれる独特の世界観にハマること請け合いだ。

このコラムの【完全版】はこちら!

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』
(C) 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
『HOMELAND/ホームランド』シーズン7
(C)2018 Showtime Networks, Inc., a CBS Company. All rights reserved.

海外ドラマNAVIでは、編集部がおススメする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週はシリアルキラーの次なる犯行を防ぐべく、プロファイリングで犯人像を推理するFBIのエリートチームBAU(行動分析課)の闘いを描く人気シリーズの最新シーズンや、『グッド・ワイフ』のマット・ズークリー出演の医療サスペンス『レジデント 型破りな天才研修医』が日本初放送となる。お見逃しなく!

【関連記事】特別メッセージ動画付き!『クリマイ』マシュー・グレイ・ギュブラー直撃インタビュー

9月3日(月)から9月9日(日)スタートのおススメドラマは以下の通り。

■9月4日(火)
・22:00~『レジデント 型破りな天才研修医』(FOXチャンネル)
米国現代医療の問題点や腐敗をえぐる野心的な内容が話題を呼び、『グッド・ワイフ』で7シーズンに渡り弁護士ケイリー・アゴスを演じたマット・ズークリーが出演していることでも注目を集めている医療ドラマがついに日本上陸! 

・23:00~『クリミナル・マインド13 FBI行動分析課』(WOWOWプライム)
かつて取り逃がした、他人に殺人をさせる凶悪犯=ひっかき男(ボーディ・エルフマン)の罠にはまり、メンバーを乗せた車が大事故に遭ってしまうクリフハンガーで幕を閉じた前シーズン。BAUは皆無事なのか? 命を落としたメンバーは?

※放送・配信日時&開始時刻は変更する場合もございます。予めご了承ください。

Photo:『クリミナル・マインド13 FBI行動分析課』
(c) ABC Studios
『レジデント 型破りな天才研修医』
(c)2018 Fox and its related entities. All rights reserved.

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年8月です。

次のアーカイブは2018年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。