今見るべき一押しドラマ!
マイケル・ルーカー今年も出演か?! 東京コミコン2018開催決定&アンバサダー発表記者会見

昨年、アメコミ界の重鎮であるスタン・リーや、『ハンニバル』『ドクター・ストレンジ』で知られるマッツ・ミケルセンなど多くのハリウッドスターが来日し、4万人以上を動員し大盛況だった東京コミックコンベンション。本日6月15日(金)に都内にて、東京コミコン2018の開催決定とアンバサダーの発表記者会見が行われ、今年も各種展示やスターたちとの撮影会やサイン会、また昨年までになかったイベントが予定されていることが明らかになった。

【関連記事】昨年の東京コミコン2017の様子はこちら

早速、東京コミックコンベンション実行委員会名誉会長の山東昭子参議院議員と同実行委員長の胸組光明が登壇し、今年も幕張メッセにて、11月30日(金)から3日間にわたり開催されることが発表された。「昨年の規模よりもさらに大きく、またゲストも多く呼びたい。すでに、誰もが知る俳優の方に声をかけている」「通常時間だけではなく、夜も楽しめる2部も考えている」と期待する言葉が胸組氏から発表された。また、今年のアンバサダーを務める中川翔子も登場し「連日、マーベルのコスプレに挑戦したい」と意気込みを語った。

そして、昨年本イベントにも出演し、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ役や『ウォーキング・デッド』のメルル役でおなじみのマイケル・ルーカーがサプライズゲストとして登場した。MCから昨年の感想を聞かれ「愛に満ち溢れたイベントで、たくさんの映画ファン、アメコミファンの方に会いました」と話し、日本のこと好きになりましたかという質問には「ハイ、ハイ。ドウモ。アリガトウ。モシモシ」と日本語で答えた。

最後に意気込みを順に語られていく中、マイケルが胸組氏からマイクを奪い「私、もう一回来たほうがいいですかね?」と話し、大きな拍手が送られると「ハイ。もう一回来たいと思います」と今年も出演することを示唆した。

気になる東京コミックコンベンション2018の概要は以下の通り。

<東京コミックコンベンション2018(東京コミコン2018)>
【主催】株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
【日時】2018年11月30日(金)、12月1日(土)、2日(日)
【場所】幕張メッセ
【公式サイト】https://tokyocomiccon.jp
※チケット発売は7月末を予定。3日通し券も限定発売されるという。

(海外ドラマNAVI)

Photo:東京コミコン2018開催決定&アンバサダー発表記者会見