2018年3月アーカイブ

『ウォーキング・デッド』は2010年から放送されているアメリカのTVドラマ。タイトルからも分かる通り、この作品を一言で表現するならばゾンビがはびこる世界を舞台にしたサバイバルストーリーということになりますが、「単なるゾンビものか」と決めつけるのは早計。既存のゾンビものとは一線を画す作品であり、極めて完成度の高いドラマが展開されていることは、世界中に多くの熱狂的ファンが存在している事実からも明らか。そんな『ウォーキング・テッド』の魅力に迫っていきましょう。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』で2017年最も読まれたニュース&コラムTOP10

◆ドラマ化したのは『ショーシャンクの空に』の監督

『ウォーキング・デッド』はゾンビに支配された世界で安住の地を求めてさまよう人々の姿を描いたサバイバルホラーです。原作はグラフィックノベルと呼ばれるコミック作品であり、第1作が発表されたのは2003年。それを『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』といった感動作の監督として知られるフランク・ダラボンが企画・発案、『エイリアン』『ターミネーター』といったサスペンス色の強い人気シリーズを手掛けてきたゲイル・アン・ハードが製作総指揮を務め、2010年よりケーブルチャンネルのAMCで放送がスタート。その中で繰り広げられる極限のドラマはたちまち視聴者の注目を集め、現在はシーズン8が放送中、シーズン9の製作もすでに決定しています。

キャストは、主人公リック・グライムズ役にアンドリュー・リンカーン、その息子カール役にチャンドラー・リッグス、荒くれ者ながらいざという時に頼りになるダリル・ディクソン役に映画『処刑人』で知られるノーマン・リーダスなど。ダラボン監督作『ミスト』に出演したメリッサ・マクブライドとジェフリー・デマンも名を連ねています。どちらかというと日本では無名な俳優が多いのですが、主演のアンドリューをはじめとしてその演技力は確か。本作の魅力の一つである登場人物たちの個性豊かなキャラクター性が確立できたのも、出演者の熱演があればこそでしょう。

◆目覚めたら世界は一変していた...

物語は、銃で撃たれて昏睡状態に陥っていた保安官代理のリックが病院で目を覚ますところから始まります。自分が治療のために入院していることは理解したものの、周囲に人の気配がない上に病室の花はすっかり枯れており、病院を探索すると無残な死体が転がっています。外に出ても異常な状況は同じで、街はゴーストタウンそのもの。急いで自宅に帰ってみても家族の姿はどこにもなく、リックは途方に暮れます。

そんな時、彼は黒人の少年に襲われるものの、その父親が割って入ってくれたおかげで九死に一生を得ます。父親は、死者がウォーカーと呼ばれる怪物となって甦ると人々を襲い、彼らに噛まれた人間は高熱を出したのちに自らもウォーカーになるのだとリックに説明します。少年が襲ったのもリックをウォーカーと勘違いしたからでした。

ウォーカーによってアメリカの社会秩序は崩壊寸前となっていますが、それでも軍に守られた避難所がアトランタにあると聞いたリックは、妻子がそこに逃げ込んでいるかもしれないと考えてその地を目指します。こうして、リックは終末を迎えようとしている世界で多くの仲間と出会い、彼らと共に極限のサバイバルを繰り広げることになるのです。

◆ゾンビはあくまで"添え物"

『ウォーキング・デッド』は世界中で高い人気を博している一方、今まで散々作られてきたゾンビ映画の亜流に過ぎないと考えられることも少なくありません。しかし、この作品の主軸はあくまでも個性的な登場人物が織り成す人間ドラマ。ゾンビが登場するシーンはたっぷりありますが、それらは濃密な人間ドラマを成立させるための副次的要素でしかありません。社会秩序が破壊されて極限状態に陥った時、人々はどのような行動を取り、いかにして人間としての尊厳を守り抜くのかといったテーマこそがこの作品の醍醐味。また、ゾンビという極めて非現実的な存在を扱いながらも、描かれている世界にリアリティが感じられる点も高評価を得ている重要なポイント。「もしかしたら実際に起こりうるかも」と感じさせるだけのリアリティに満ちていることが劇中のサスペンスを盛り上げ、視聴者を釘づけにしているのです。

◆予想外の展開の連続で娯楽性はバッチリ

個性的で魅力にあふれた登場人物、一見現実離れしていながらもリアリティを感じさせる世界観と共に、秀逸なストーリー展開も人気を支える重要な要素。2時間前後で完結する映画ならともかく、シリーズを重ねる人気ドラマでひたすらゾンビとの戦いに明け暮れていたのではどうしてもワンパターンになってしまいます。かといって、グループ内の人間関係だけを掘り下げていても冗長になるばかりです。

この作品ではそうした問題点を巧みに回避。おなじみとなっていたキャラクターがゾンビに襲われて命を落としたり、別のグループと合流して新たな人間関係を形成したりと、常に先の読めない展開が用意されています。お気に入りのキャラが死んでしまうのはとても悲しいことですが、すぐに気になる新顔を登場させたり、意外な展開に持っていったりすることで、興味を引き続ける作りになっています。また、いくら人気の登場人物であっても死んでしまう可能性があることは、サバイバルホラーとしての緊張感を否応なしに高めてくれます。予定調和を極力廃した脚本によって予想外の展開が次々起こるため、気がつけば画面から目が離せない状態になっているというわけです。

また、ストーリーが進むほど、"人間VSゾンビ"から"人間VS人間"へとシフトしていき、しかも悪役がどんどん強大になっていきます。これも展開のマンネリ化を回避する一手。次はどんな敵が出てくるのか、強大な敵をどうやって倒すのかといった点に焦点を当て、娯楽作品としての厚みを持たせているのです。

説明してきた通り、『ウォーキング・デッド』は単純なサバイバルホラーではなく、娯楽作品としての様々な要素が高いレベルで融合し合った傑作。老若男女から高い評価を得ており、見れば必ずハマるとまで言われているのも納得なのです。食わず嫌いで敬遠していた人はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう。特に、長大な連続ドラマをじっくりと楽しみたい人には必見の作品です。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
THE WALKING DEAD TM & (c) 2017 FOX and its related entities. All rights reserved. (c) 2017 AMC Networks Inc.

全米であの大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』を上回る視聴者数を獲得し、第69回エミー賞では最多22ノミネートを記録した『ウエストワールド』。BS10 スターチャンネルにて5月24日(木)より日本独占最速放送となる同作のシーズン2の最新日本版キービジュアルと、本予告編が解禁された。

【関連動画】アカデミー賞にもノミネートされたあの人も登場する本予告編はこちら!

キービジュアルでは、「〈混沌(カオス)〉が世界を支配する」というキャッチコピーと、アンドロイドのハゲワシ、その足元にはあの人の黒い帽子...と不気味な世界観が表現されている。

衝撃のラストを迎えた前シーズンから1年半あまりが経った今年2月、全米最高の視聴率と世界一高額なCM枠で知られるNFLスーパーボウル中のCMとしてシーズン2のティザー予告編が解禁され、WEB上でも2200万回超の再生数を記録した本作。今回、同作の公式サイトhttps://www.star-ch.jp/westworld2/)でも解禁された約150秒におよぶ本予告編は、人工知能(AI)と人間の対決らしき映像が過激に描写され、ますます期待を抱かせる内容だ。そのバックに流れる音楽は1990年代に一世を風靡したロックバンド、ニルヴァーナの「Heart-Shaped Box」のオーケストラバージョンであり、その世界観と何かしらのシンクロがあるのかも気になるところ。

シーズン2の新キャストとしてすでに真田広之の参加が決まっているが、今回の予告編にもう一人の日本人俳優、菊地凛子が映り込んでおり話題を集めている。花魁らしき姿で舞い踊る彼女は"AKANE"という役名以外、まだ何も明かされていないが、製作総指揮のジョナサン・ノーランはインタビューで「黒澤映画も参考にした、日本の江戸時代を表現した"将軍"ワールドを用意している」と語っている。そのノーランのほか、エヴァン・レイチェル・ウッド(ドロレス役)らキャストも登場するインタビュー映像も公式サイトで公開中だ。

『ウエストワールド』シーズン2はBS10 スターチャンネルにて5月24日(木)より日本独占最速放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』シーズン2最新日本版キービジュアル
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

何気なく暮らしていた平凡な生活が突然崩れてしまう、そんな状況からどんどん考えたことがなかったような人生に突き進むスリルが味わえるドラマ。それがアメリカで放送された『ブレイキング・バッド』です。タイトルにもなっている「Breaking Bad」は「道を踏み外す」という意味を持つ英語のスラングで、まさにドラマの内容を象徴しています。しかし、単に犯罪を描いているわけでなく、軽妙なテンポでブラックユーモアを放つ魅力にあふれた作品です。そんな『ブレイキング・バッド』について詳しく紹介します。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』を観るべき8つの理由

◆『ウォーキング・デッド』の放送局が手掛けた衝撃作

2008年、ヴィンス・ギリガンによって制作されたアメリカのサスペンスドラマです。平凡な男だった主人公があることをきっかけに、それまでとは違った人生にどんどん進んでいく様子を描き、ブラックコメディ的な要素をふんだんに盛り込んでいます。放送されたのは有料放送のケーブルチャンネルAMCです。同局はもともとクラシックな映画などを放送していましたが、CMスポンサーに遠慮せず自由なドラマ制作ができる利点を活かし、本作以外にも『ウォーキング・デッド』『MAD MEN マッドメン』といった個性的なドラマシリーズを世に送り出しています。

主人公のウォルター・ホワイトはニューメキシコ州アルバカーキの高校で化学教師として働いている人物で、演じるのはTVドラマはもちろん、映画にも多数出演しているブライアン・クランストン。ウォルターの元教え子であるジェシー・ピンクマンはドラッグディーラーとして追われる身でしたが、ウォルターと再会してそのパートナーとなります。演じるアーロン・ポールは本作でブレイクしました。ウォルターの家族は妻のスカイラー、ジュニアと呼ばれているウォルター・Jrで、シーズン1で妊娠中だった妻はのちに娘ホリーを産みます。診療放射線技師として働くスカイラーの妹マリー・シュレイダー、その夫ハンクも主要キャラクター。さらに、地元では知られた人物である弁護士のソウル・グッドマンや、「ガス」と呼ばれファストフードのチェーン店やクリーニング店を経営するグスタボ・フリングが、実は裏の顔を持つ人物として登場するのも見どころです。

◆平凡な高校教師が麻薬界の大物に!

ウォルターはもともと優秀な化学者として期待されていたものの、会社を辞めて高校の化学教師として働いていました。性格は真面目で温厚、眼鏡をかけたいでたちも平凡そのもの。給料が安いため、洗車場でのアルバイトもしながら妻と脳性麻痺で障害を抱えている息子を養っていました。そんなある日、自分が肺がんに侵されていると知ったことで人生が大きく変わっていきます。自分が死んだ後に残された家族が困らないよう財産を残そうと考え、かつての教え子であるドラッグディーラーのジェシーとともに違法ドラッグのメタンフェタミン(通称メス)を製造・密売する道に進んでいくことになるのです。

◆多数の受賞歴を誇る伝説のドラマ

『ブレイキング・バッド』は単に視聴者に人気があるというだけではなく、多くの受賞歴を誇ります。ウォルター役のブライアン・クランストンは米ドラマ界のアカデミー賞と言われるエミー賞で主演男優賞を4度、ジェシー役のアーロン・ポールは3度助演男優賞を受賞しています。さらにはウォルタ-の妻役のアンナ・ガンも2度助演女優賞を獲得したほか、最終シーズンが対象となった2014年には前述の3人に加えて、作品賞、脚本賞、編集賞も受賞と主要部門を総なめにする勢いでした。同年には、ハリウッド外国人映画記者協会の会員によって選ばれるゴールデン・グローブ賞でも作品賞と主演男優賞に輝いています。ほかにも多数の賞レースを賑わせ、評論家たちから絶賛されました。

◆高評価のワケは見事な心理描写

もともと優秀な化学者だったウォルターは化学を愛していますが、生徒からは特に尊敬されることもありません。やがて、ドラッグが儲かると知った彼はその知識を活かして、従来のものより純度や効果の高いドラッグを精製していきます。しかし、最初はドラッグを製造するだけのつもりだったにもかかわらず、徐々にそうはいかないように...。当然、平凡な化学教師とドラッグ製造者という二つの顔を両立できなくなり、家庭生活も崩壊の危機にさらされます。

シーズン1が始まった当初は平凡だった高校の化学教師が犯罪に手を染めていくという話ですが、回を追うごとにストーリーは複雑さを増し、ウォルターの狂気じみた心の移り変わりも描かれていきます。息子のジュニアはドラマの開始当時、父親が教える高校の生徒でした。家族に対して愛情を持っており、父親ががんだとわかった際には治療費を募る募集サイトを立ち上げるなど、障害を抱えているのにもかかわらず前向きで行動力のある生き方をしている少年です。このように、裏の世界に生きることになった主人公の苦悩や家族との関わりなど、心情の移り変わりを見事に描いているのも高評価につながっているのです。

平凡だった男の人生が、犯罪に手を染めることで180度といっていいほど変わってしまう『ブレイキング・バッド』。次はどんな展開が待っているのかとハラハラドキドキすることもあり、極限とも言えるほど追い詰められた人間の心情に考えさせられることもあります。そもそも犯罪に手を染めたのは家族のためであり、その関係も見どころの一つ。数々の賞を受賞した本作は、『LOST』や『24 -TWENTY FOUR-』といった作品にも引けを取らない名作と言えるでしょう。海外ドラマ好きなら、一度は見ておきたい作品です。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』
(c)2008 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

シーズン12をもって幕を閉じた人気犯罪捜査ドラマ『BONES』で、シーリー・ブースFBI捜査官役を演じたデヴィッド・ボレアナズ。彼が主演する米CBSのドラマ『Seal TEAM(原題)』が、シーズン2へ更新決定したことが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】LAスクリーニング2017【CBS編】『Seal Team』:デヴィッド・ボレアナズ(『BONES』)が米海軍特殊部隊のキャプテンに!

本作は米海軍のエリート実行部隊で、危険なミッションを遂行する隊員の活躍を描くミリタリードラマ。水曜の21時から放送されている本シリーズは、平均して1000万人の視聴者数を獲得して視聴率は順調なようだ。

デヴィッドはチームリーダーのジェイソン・ヘイズ役を演じ、マックス・シエリオット(『ベイツ・モーテル』のディラン役)、トニ・トラックス(『GRIMM/グリム』のファリス役)、ニール・ブラウン・Jr(『ウォーキング・デッド』のギレルモ役)、ジェシカ・パレ(『MAD MEN マッドメン』のメーガン・ドレイパー役)、A・J・バックリー(『MURDER IN THE FIRST/第1級殺人』のジュニア役)らが脇を固めている。

デヴィッドは、1997年に放送開始したヴァンパイアドラマ『バフィー~恋する十字架~』でエンジェル役を演じてブレイクし、スピンオフ版『エンジェル』では主役に。本作は5シーズンにわたって製作されるヒットとなり、主演するシリーズが全てヒットを飛ばす活躍ぶりを見せている。

そんな彼が主演する『Seal TEAM』も、『BONES』のような長寿シリーズになることが出来るだろうか。『Seal TEAM』シーズン1は、CBSにて毎週水曜21時より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:デヴィッド・ボレアナズ
(C) NYPW/FAMOUS

全米ドラマ史の記録を塗り替えた『Empire 成功の代償』のリー・ダニエルズが手掛ける、本格派音楽ドラマ『STAR 夢の代償』。3人の若き女性ヴォーカリストたちが、音楽業界のスターダムを駆け抜ける姿を描くドリーム・ストーリー。アメリカで9月に放送スタートしたばかりの最新シーズンを、5月4日(金)よりFOXチャンネルにて日本最速放送することが決定した。

【関連記事】ヒリヒリと痛いほどの人間関係を描く才人、リー・ダニエルズ

ゴールデン・グローブ賞やエミー賞にもノミネートされた大ヒットドラマ『Empire』だけでなく、『プレシャス』、『大統領の執事の涙』といった映画を手掛けていることでも知られるダニエルズが手がけるもうひとつの音楽ドラマとして登場し話題となった本作。同じ音楽業界を題材としながらも、3人の夢見る若き女性ヴォーカリストたちがどん底から頂点を目指すというストーリーで、成功者の煌びやかな世界を描いた『Empire』とはまた一味違ったフレッシュな世界観を確立。

さらに本作では音楽シーンの中にミュージカル的な要素も加わり、よりエンターテイメント性の溢れる作品へと仕上がっている。また、登場する楽曲のほとんどはこのドラマのために書き下ろされたオリジナルソングとなっており、テレビの前の私たちも思わず一緒に踊ってしまいそうなキャッチーなリズムも必聴! 3人の少女たちが彩り鮮やかな衣装をまとい、劇中で繰り広げられる業界の生き残りを掛けたパワフルなパフォーマンスには思わず目が釘付けになってしまうことだろう。音楽ドラマとしての地位を徐々に獲得しつつある本作の今後の展開にも大きな注目が集まっている。

今シーズンでは、ソウルの女帝の名を持つグラディス・ナイトや、R&B歌手グループ「シスタ」の元メンバーで、グラミー賞受賞の女性ラッパーミッシー・エリオットなど、レジェンドと呼べる豪華ミュージシャンが出演。さらにダイアナ・ロスの息子で俳優のエヴァン・ロス (映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』)も登場する。

スターたちが音楽祭で優勝し、ハンターとエバが殺された事件から5か月。カルロッタをマネージャーにスターたちはミッドタウン・サウンドと契約を結んで、本格的にスターへの階段を登っていくかのように思えた...。スターは相変わらずの行動で周りから反感を買い、シモーネは薬物を断つため施設へ。妊娠中のアレクサンドラは...など、ドロドロとした人間関係の中で、彼女たちはどのように有名になって行くのか・・・⁉ また今シーズンの第1話は、『Empire』シーズン4とのクロスオーバーエピソードとなっており、ライオン家の次男ジャマルが登場することでも話題となっている。

『STAR 夢の代償』シーズン2は、FOXチャンネルで5月4日(金)23:00より放送スタート。なお、最新シーズン放送開始に先駆けて、シーズン1(全12話)が4月30日(月)10:00より一挙放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『STAR 夢の代償』シーズン2
(C)2017-2018 Fox and its related entities. All rights reserved.

ロサンゼルス市警察の特殊部隊S.W.A.T.の活躍を描いた70年代の大ヒットドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』の現代版である大ヒットアクション超大作『S.W.A.T.』が、シーズン2へ更新されることが発表された。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】『クリミナル・マインド』シェマー・ムーアの魅力をタップリ堪能できる犯罪アクション『S.W.A.T.』

米CBSエンターテイメントのケリー・コール社長は、同作の更新を受けて以下のようにコメントした。「『S.W.A.T.』は、弊社にとってセンセーショナルで、クリエイティヴさを完璧に醸し出している作品であり、視聴者の心をぐっと掴んでいます。木曜日の10時放送枠の同作は、昨年の同枠より250万人も多くの視聴者を獲得しています。また、同日視聴だけでなく、CBSオンラインやCBS All Access などの映像配信サービスでもトップの人気を誇る番組となっています。素晴らしいこの最初のシーズンを製作している才能あるキャストとプロダクションを称賛するとともに、来シーズンにも期待しています」

同作は、犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のデレク・モーガンFBI特別捜査官役で知られるシェマー・ムーアが主役のホンド警部補を演じている。ロサンゼルスを舞台に、テロリズム、強盗事件、麻薬取引事件、ギャングの抗争などの凶悪事件の収拾に追われる特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描き、派手なアクションが見ものの同作。

第1話は、映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンがメガホンを取った。共演者に、ステファニー・シグマン(『ナルコス』)、ジェイ・ハリントン(『コード・ブラック 生と死の間で』)、アレックス・ラッセル(『不屈の男 アンブロークン』)ケニー・ジョンソン(『ベイツ・モーテル』)、デヴィッド・リン(『クワンティコ』)らがいる。

また、当初全13話構成だったが、エピソード追加が二度も決定し、最終的に全22話が製作されることになった。『S.W.A.T.』シーズン1は、米CBSにて毎週木曜日22:00より放送中。また、スーパー!ドラマTVにて2018年6月より独占日本初放送も決定! 放送情報の詳細は決まり次第、追ってお知らせしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『S.W.A.T.』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios, Inc. All Rights Reserved.

音楽が好きで、とにかく元気が出る海外ドラマを見たいなら『Glee/グリー』がおすすめです。アメリカでは社会現象を巻き起こすほど大ヒットした作品であり、楽しいミュージカルの中にも考えさせられる深いテーマが織り込まれていて見ごたえがあります。この記事では、そのあらすじや、魅力の数々を解説していきます。

【関連記事】【追悼】『Glee』マーク・サリング、パックとしてのベストパフォーマンス9選

◆ヒエラルキーに挑んだ作品
『Glee』はアメリカのTVドラマで、20世紀フォックス テレビジョンで制作され、全121話が放送されました。キャストにはすでにブロードウェイで有名なミュージカル俳優となっていたリア・ミシェル、ダレン・クリスのほか、本作でブレイクしたコーリー・モンテースなどを起用。また、オリヴィア・ニュートン=ジョンやブリトニー・スピアーズ、グウィネス・パルトローといったスターがゲスト出演する回もあり、音楽ファンや映画ファンを楽しませてくれます。

タイトルである「glee」とは、チーム一丸となり歌とダンスの芸術性を競い合うパフォーマンスのこと。歌唱力とダンスの表現力が同時に求められる高度な分野ですが、本作登場以前、アメリカの高校でgleeの人気はあまり高くありませんでした。『アメリカン・パイ』などの学園ドラマに描かれているように、同国の高校では体育会系生徒がヒエラルキーの頂点に君臨しており、文化系生徒は迫害の対象だったのです。本作でglee部に所属している生徒たちも様々な理由でつまはじきにされています。しかし、gleeのパフォーマンスに没頭するうち、他人の目を気にせずに生きる喜びに目覚めていきます。アメリカの実情を描きながらも前向きなストーリーだったからこそ、多くの視聴者の心をつかんだのでしょう。

◆造語「グリークス」を生み出し社会現象に
劇中では「geek」(ギーク)という言葉が登場します。これはマニアやオタクを意味する言葉であり、主に蔑称として使われてきました。実際、『Glee』の登場人物のほとんどは、学園生活で居場所がありません。ヒロインのレイチェルは服装も音楽の好みも古臭い女の子で、体育会系生徒からすれ違いざまにジュースをかけられるなど、酷いいじめを受けています。そんなレイチェルをはじめとしたキャラクターがglee部に入って自己表現の場を手に入れ、才能を開花させていく姿に全米のgeekたちは自分を重ね合わせたのでした。

やがて、「geek」と作品名を合わせた「グリークス」という造語が誕生し、ファンの愛称となっていきます。本作はアメリカで社会現象になり、劇中で使われた楽曲を収めたサントラは、全米のアルバムチャートで3作品連続1位を獲得。楽曲もシングルチャートでベスト10ヒットとなるなど、大反響を呼びます。キャストが実際に作中の楽曲を歌う全米ツアーも開催され、各地でソールドアウトと大盛況。ツアーの様子は2011年に『glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー』というドキュメンタリー映画になり、映画界でもヒットを飛ばしました。そしてついにはファッションブランドまで生み出すなど、『Glee』はアメリカ文化に新しい1ページを書き加えていくのです。

◆熱血教師が復活させ、悪役は鬼コーチ
本作の舞台はオハイオ州にある架空の学園、ウィリアム・マッキンリー高校。この高校では強豪のアメフト部と、女子生徒の憧れチアリーディング部が大人気で、文化系の部は隅に追いやられています。特に合唱部は不人気で、廃部の危機を迎えていました。かつて合唱部のエースだった教師、ウィル・シュースターは同部をよみがえらせようと自ら顧問になり、gleeを行う「ニュー・ディレクションズ」として再出発を図ります。入部したのは学園のはみ出し者ばかりですが、ウィルの熱血指導のもと、彼らは徐々にgleeの楽しさに目覚めていきます。

やがて、アメフト部のスターだったフィン、学園のマドンナであるクインといった面々も加わり、層を厚くしたニュー・ディレクションズは全国大会を目指して数々の大会で快進撃を始めます。そんな彼らの前に立ちふさがったのはチア部顧問のスー・シルベスター。あらゆる姑息な手段を使って同部を廃部に追い込み、チア部に予算を回させようと画策します。そうした障害にぶつかりながらも、ニュー・ディレクションズが絆を深めていくのが主な見どころ。もちろん、毎回披露される見事なパフォーマンスも外せない魅力でしょう。

◆見どころは何と言っても音楽!
ミュージカルドラマということもあり、作中の音楽には注目! ミュージカルというと、懐メロや古典的な雰囲気の楽曲を歌うイメージかもしれませんが、『Glee』で流れる楽曲は最新のヒット曲が中心。リアーナ、マルーン5、ケイティ・ペリー、カーリー・レイ・ジェプセンといった日本でも人気のあるアーティストの楽曲がアレンジされて本作を彩ります。もちろん、ビートルズ、クイーン、エアロスミスといったレジェンドの楽曲も披露され、新旧ヒット曲がバランス良く配置されています。

「いくら曲が良くても歌う側が良くなくては意味がない」と感じる人も心配無用。『Glee』キャストはミュージカルの舞台で鍛えていたり、厳正なオーディションを勝ち抜いたりと、実力は折り紙つき。例えば、レイチェル役のリアが歌う「パレードに雨を降らせないで」はミュージカル『ファニー・ガール』のカバーですが、並大抵の歌唱力でマスターできる曲ではなく、一流ミュージカルスターの底力を堪能できるナンバーです。本作に欠かせないダンスパフォーマンスもトップレベルで、ブリトニー役のヘザー・モリスなど実績のあるダンサーがレギュラー出演しています。

本作でブレイクしたキャストにも注目
『Glee』がきっかけで大ブレイクしたキャストもいます。たとえば、ウィル役のマシュー・モリソンはミュージカル界の人気俳優でしたが、実写作品では目立った実績を残せていませんでした。「かつてミュージカルスターを目指しながら少年少女を教える」ウィルはマシューにとってまさにハマリ役であり、一気に知名度を上げました。ワイルドな容姿で人気を博したパック役のマーク・サリングとともに、本作でのブレイクをきっかけに歌手デビューを果たしています。

スー役のジェーン・リンチは個性派女優として映画ファンから認知される存在でしたが、本作のおかげで一般的な人気を獲得。その後、ブロードウェイでミュージカルデビューを飾るなど、マシューとは逆のコースで仕事の幅を広げました。

「期待の若手」の一人でしかなかったクイン役のディアナ・アグロンも、本作でその美貌が人々の目に留まって、ロバート・デ・ニーロやミシェル・ファイファーと共演するまでになりました。シーズン4から登場したブレイク・ジェナーはその後、『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』で映画初主演。無名時代の彼らが初々しい演技を見せる点も、本作を楽しむ上での注目ポイントでしょう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Glee/グリー』
(c)2009-2010 Fox and its related entities. All rights reserved.

アカデミー賞受賞女優のミラ・ソルヴィノ(『ロミーとミッシェルの場合』)が、米CBSの新作ドラマにレギュラーとして出演することが明らかになった。米Deadlineらが報じている。

【関連記事】今年のアカデミー賞レッドカーペット、そこで一体何が起きていたのか!?

今回ミラが出演する『The Code(原題)』というドラマは、海軍法務総監部の内外を舞台に、困難な状況にあるアメリカ国家を守る優秀な海兵隊弁護士たちを描いたもの。海兵隊員である者たちは、同時に検察官であり、弁護人であり、捜査官でもあるというストーリー。

ミラは、法務部の司令官、エイサ・ターンブル大佐を演じる。エイサは、部下の弁護士達から恐れられつつも尊敬されている。また、自分にも部下にも完璧を求める性格で、女性海兵隊員としては最高ランクの地位にいる一人。海外に派遣されている二人の息子の母でもあるという。

共演者には、人気ミュージカル『Hamilton』で、トニー賞主演女優賞にノミネートされたフィリッパ・スー、ファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』のジャスティンを演じたデイヴ・アナブル、『フォーリング・ウォーター』のアンナ・ウッドらがいる。

同作は、『グッド・ワイフ』のプロデューサーのクレイグ・タークと、『リミットレス』クリエイターのクレイグ・スウィーニーが脚本と製作総指揮を担当しており、スウィーニーは、ショーランナーとしても携わっている。『gifted/ギフテッド』や『クレイジー・エックス・ガールフレンド』などのマーク・ウェブが、監督を務める。『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』や『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のカール・ベヴァリーとサラ・ティンバーマンも製作総指揮に名を連ねる。

ミラのその他のTVドラマ出演作には、サイバーサスペンスドラマ『スタートアップ』、SFアクションドラマ『フォーリングスカイズ』、犯罪サスベンス『STALKER:ストーカー犯罪捜査班』などがある。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミラ・ソルヴィノ
(C)FAM020/FAMOUS

世界中で大きな人気を博しているゲーム「ストリートファイター」を、ドラマ化する企画が進行していることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】2009年の映画『ストリート・ファイター』で春麗(チュンリー)を演じたクリスティン・クルックってどんな女優さん⁉

ドラマ版は、1991年にリリースされたゲーム「ストリートファイターII:ワールド・ウォーリアー」を下敷きにした作品になるとのこと。シリーズの中心となるリュウとケン、ガイルと春麗(チュンリー)が国際的な犯罪組織シャドルーのボス、M・バイソンが主催するワールド・ウォーリアー・トーナメントに出場し、悪と対決する...という展開になるようだ。

2014年に製作されたウェブシリーズ『ストリートファイター 暗殺拳』を手掛けたジョーイ・アンサー(『MIA ミア』)とマーク・ウッディング(『ツールボックス・マーダー』)、ジャクリーン・クエラ(『マシンガン・ツアー ~リトアニア強奪避航~ 』)がドラマ版の製作総指揮に名を連ねている。

『ストリートファイター 暗殺拳』の他、1994年にジャン=クロード・ヴァン・ダム(『エクスペンダブルズ2』)主演で『ストリートファイター』として実写化されたが、興行的に失敗。2009年にはクリスティン・クルック(『ビューティ&ビースト/美女と野獣』)を主役に据え、チュンリーを主人公にした『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』が製作されている。

実写版だけでなく『ストリートファイター II V 』、『ストリートファイターII MOVIES STREET FIGHTER!!』、『ストリートファイターZERO -THE ANIMATION-』など、アニメとしても甦っている本シリーズ。現時点で、ドラマ版の放送局や配信先は決まっていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:2009年の映画『ストリート・ファイター』に春麗(チュンリー)役で主演した際、日本に来日も果たしたクリスティン・クルック
(C)FAM008/FAMOUS

多発する凶悪事件に果敢に立ち向かう特殊部隊S.W.A.T.の活躍を描いた70年代の大ヒットドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』の舞台を現代に移して、よりパワーアップしたアクション超大作『S.W.A.T.』。大人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』で、人情に厚い行動派のFBI特別捜査官デレク・モーガン役で人気を博したシェマー・ムーアを主演に迎えた本作が、スーパー!ドラマTVにて6月に独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】『クリミナル・マインド』シェマー・ムーアの魅力をタップリ堪能できる犯罪アクション『S.W.A.T.』

本作はロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった、凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く。緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンは本作の大きな見どころだ。第1話は、映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンが監督を務めていることも要注目!

地元民の信頼を得ていることを買われてS.W.A.T.チームのリーダーに抜擢される主役ホンドーに、シェマーが扮し、タフガイながら弱き者の気持ちを汲めるハートを持つヒーローを熱演。そしてホンドー率いるS.W.A.T.チームは5人のうち3人が白人男性だが、残る2人のうち1人はアジア系でもう1人は女性と、現在のロサンゼルスの人口構成を反映し、多様なキャラクターが有能な特殊部隊員として活躍する。

共演には、『ブリッジ~国境に潜む闇』のステファニー・シグマン、『MURDER IN THE FIRST/第1級殺人』のピーター・オノラティ、『ベイツ・モーテル~サイコ・キラーの覚醒~』のケニー・ジョンソン、『デスパレートな妻たち』のジェイ・ハリントンなど、海外ドラマファンにはおなじみのベテラン俳優が揃い、しっかりと脇を固めている。

クリエーターは、『CSI:ニューヨーク』や『サウスランド』などをプロデュースしたアーロン・ラサーン・トーマスと『ザ・シールド~ルール無用の警察バッジ~』や『ザ・ユニット 米軍極秘部隊』などをプロデュースしたショーン・ライアン。オープニング・クレジットの音楽に、人気を博した「反逆のテーマ」のバージョンアップされたものが使われているのも、往年の海外ドラマファンには嬉しいところ。

『S.W.A.T.』はスーパー!ドラマTVにて2018年6月より独占日本初放送! 放送情報の詳細が決まり次第、追ってお知らせしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『S.W.A.T.』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios, Inc. All Rights Reserved.

音楽業界を舞台に、家族の確執や権力争いを描き、米国ドラマ史の記録を塗り替えた大ヒットドラマ『Empire 成功の代償』。アメリカで9月にスタートしたばかりのシーズン4が、5月4日(金)よりFOXチャンネルにて日本初放送されることが決定した

【関連記事】文学で読むルシウス・ファミリーの関係 『Empire/エンパイア 成功の代償』

音楽業界の裏側を露呈したかつてないTV作品として話題の本シリーズで製作総指揮を務めるのは、映画『プレシャス』でアカデミー賞作品賞・監督賞ノミネートの名プロデューサー、リー・ダニエルズ。数々のヒット作のプロデュース・監督を務めてきた彼が手掛ける初のTVドラマ作品としても注目を集めている。

アカデミー賞ノミネート歴を持つ俳優陣がキャストに名を連ねる本作だが、中でも主演のルシウス役テレンス・ハワードと元妻クッキー役タラジ・P・ヘンソンの出演は大きな話題に。元夫婦役を大人の深みたっぷりに演じる彼らが、抜群の演技力でストーリーに奥行を与えていると評判だ。本作での好演により、エミー賞2年連続ノミネート&ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を果たしたタラジだが、このクッキー役は世界中のファンの心を鷲づかみにするまたとない当たり役! シーズン4に突入し、テレンスとのチームワークも一段と増しながら、より強烈な個性を発揮していく。

シーズンの3最終話で"謎の過去を持つ看護師役"で登場したゴールデングローブ賞受賞、米国を代表する女優デミ・ムーアがシーズン4では準レギュラーとして出演。またブルース・ウィリスの娘ルーマー・ウィリスもシーズン3に引き続き、シンガーソングライターとして再び登場している。さらに本シーズンの第1話は、同じくリー・ダニエルズが製作総指揮を努める、音楽業界を舞台にした『STAR 夢の代償』シーズン2とのクロスオーバーエピソードとなっており、『STAR 夢の代償』のR&B歌手でサロン経営者のカルロッタ(クイーン・ラティファ/グラミー賞6回受賞)が登場。また、過去シーズンでは、スーパーモデルのナオミ・キャンベルやシンガーのジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、マライア・キャリーといった豪華ゲストの登場も度々話題に! ミュージック・シーンを描いた華やかな世界を彩るべく、今後どんな大スターたちが共演するのか期待が高まる。

シーズン4では、クッキーが恋人のアンジェロからのプロポーズを断ったことが発端で、ライオン家とデュボア家の全面戦争勃発!ライオン家への壮絶な嫌がらせは、一家を地獄へと突き落とす!壮絶な戦いの結末は⁉ そして、長男アンドレの裏切りによりルシウスとクッキーは爆発事件に巻き込まれてしまった。命がけでクッキーを守ったルシウスは、吹き飛ばされた衝撃で記憶を無くしていた。3ヶ月の入院で知り合った看護師クラウディアは、退院後も住み込みでルシウスのリハビリを手伝うことに。2人の間に特別な感情が芽生え始め、クッキーと新たな三角関係が生まれる!

『Empire 成功の代償』シーズン4は5月4日(金)22:00より放送スタート。なお、最新シーズン放送開始に先駆けて、5月1日(火)&2日(水)にシーズン2が、5月3日(木)&4日(金)にシーズン3がFOXチャンネルにて一挙放送される。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『Empire 成功の代償』シーズン4
(c)2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

現在米NBCで放送中の大ヒットドラマ『シカゴ・ファイア』のシーズン6に出演する、コニー役のデュション・モニーク・ブラウンが3月23日(金)に急逝した。49歳だった。複数のメディアが伝えている。

【関連記事】2017年に惜しまれつつ亡くなった海外スターたち

『シカゴ・ファイア』のボーデン隊長の秘書としてシーズン1から出演していたデュションは、亡くなる前日の22日に放送されたシーズン6第15話にも姿を見せていた。海外ドラマファンの中には、『プリズン・ブレイク』のシーズン1&2に登場していた、サラの助手であり相談相手であった看護師のケイティ・ウェルチとして覚えている人もいるだろう。

米TMZの報道によれば、23日の朝にデュションの具合が悪いとして家族が救急車を呼び、病院に運び込まれたが昼過ぎに息を引き取ったという。彼女はその数日前にも、胸の痛みを訴えて病院で検査を受けたが、異常なしとして帰宅していたとのこと。同メディアは、死因は心臓発作と見ている。

シカゴで生まれたデュションは、2003年のTV映画でデビュー。『シェイムレス 俺たちに恥はない』『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』『Empire 成功の代償』といった人気ドラマでゲストを務めたほか、舞台でも活躍していた。ただ、そうした女優業はあくまでも"副業"であり、普段は地元の高校でカウンセラーを務め、さらに学生たちに演劇を教えていたという。

仲間の早すぎる死を受けて、『シカゴ・ファイア』の関係者もコメントを発表。製作総指揮を務めるディック・ウルフは、「仲間の一人を失って、我々ファミリーは深い悲しみに沈んでいる。彼女の冥福を祈るとともに、本当に恋しく思う」と発言。「彼女が本作に出演してくれたことに感謝している。多くの人を笑顔にしてくれた」と語ったのは、クリエイターのデレク・ハース。ケイシー役のジェシー・スペンサーは「たくさんの楽しい思い出をありがとう。愛をこめて」と、シルビー・ブレット役のカーラ・キルマーは「あなたの優しさと思いやりにとても助けられたわ。ずっと大好きよ」と述べた。そしてオーチス役のユーリ・サルダロフは、デュションの遺族である14歳の娘のための寄付を呼び掛けている。

デュションの『シカゴ・ファイア』での出演数は50話あまりと、レギュラーたちに比べれば4割程度だが、2016年のインタビューで彼女は同作のキャストやスタッフを「家族」と呼び、こう話している。「私は撮影現場に毎日行くわけじゃないけど、行った時には誰もがいつも娘のこととか調子はどうかと尋ねてくれるの。みんな、とても優しくて親切なのよ」

また、オーディションで獲得したコニーというキャラクターについては、消防局51分署の「母親的な存在」と表現し、「彼女は分署にいる"子どもたち"のことを気にかけているの」と語っていた。そんなデュションの冥福を祈りたい。

デュション演じるコニーも登場する『シカゴ・ファイア』シーズン5は、海外ドラマ専門チャンネルAXNで4月19日(木)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:2016年、『シカゴ』の"ファミリー"であるアンソニー・フェラリス(トニー役)、ランディ・フラグラー(キャップ役)、ラロイス・ホーキンズ(ケビン・アトウォーター役)と一緒にパーティに出席したデュション・モニーク・ブラウン
© 2016 OPEN 4 BUSINESS PRODUCTIONS LLC. All Rights Reserved.

頭脳明晰ながら人付き合いはちょっと苦手なオタク4人を主人公にしたコメディドラマ『 ビッグバン☆セオリー~ギークなボクらの恋愛法則』。本作のシーズン11のファイナルに名作映画『スタンド・バイ・ミー』のヴァーン役で知られるジェリー・オコンネルがゲスト出演することがわかった。米Entertainment Weeklyが報じた。

【関連記事】注目ドラマをチラ見せ!<vol.7>シェルドンの子ども時代を描く『ビッグバン★セオリー』のスピンオフ『Young Sheldon』

(※本記事は、同シリーズのネタばれを含みますのでご注意ください)

シーズンファイナルで描かれるのはシェルドン(ジム・パーソンズ)とエイミー(メイエム・ビアリク)の結婚式。この記念すべき回に、ジェリーがシェルドンの兄役で登場すると、PaleyFestで製作総指揮が発表した。スピンオフの『Young Sheldon(原題)』では、モンタナ・ジョーダンがシェルドンの兄ジョージ・"ジョージー"・クーパー・Jrとしてレギュラー出演している。

これまでオリジナル版に登場したシェルドンの家族は、母メアリー(ローリー・メトカーフ)、双子の妹ミッシー(コートニー・ヘンゲラー)、祖母(ジューン・スキップ)。『Young Sheldon』では、メアリー役をローリーの実の娘ゾーイ・ペリー、ミッシー役をレーガン・レヴォード、祖母役をアニー・ポッツが演じている。本家の時点ではシェルドンの父は既に亡くなっているが、スピンオフではランス・バーバー(『フィラデルフィアは今日も晴れ』)が同役を演じている。

一方エイミーの母役はシーズン9でアニー・オドネル(『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』)が演じている。父親はまだ登場していないが、結婚式にはアニーと一緒にまだ見ぬ父親の顔も拝むことができそうだ。

メアリー役のローリーもシーズンファイナルに登場する予定で、彼女が結婚式でシェルドンの隣を歩くことを製作総指揮のチャック・ロリーが明かしている。

『ビッグバン★セオリー』シーズン11は米CBSにて毎週木曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー』
(C) Warner Bros. Entertainment Inc

人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)で主人公キャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーが、現在読書に夢中になっている理由について、米Entertainment Weeklyのインタビューで語っている。

【関連記事】【妄想企画】29歳アラサー独身女子が『Sex And The City』のパワー系女子な毎日を東京で再現できるのか!?

『SATC』でニューヨーク公共図書館に通い、「古い本の香りが好き」だと言っていたライターのキャリーを演じたサラ自身も、読書が大好きで頻繁に図書館で本を借りているのだとか。そんな彼女は、由緒あるホガース出版社でSJL(サラ・ジェシカ・パーカー)ラインをスタートさせ、エディターとして新たな小説やライターを発掘するプロジェクトにも関わっている。

ギリアン・フリンの小説「ゴーン・ガール」(2014年にベン・アフレック主演で映画化)で、編集を務めたリンジー・サグネットと共にプロジェクトに取り掛かり始めたサラは、時間さえあれば読書にふけり、出版されるべき作品の発掘に忙しくしているとのこと。

最近は、Huluの話題作』『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語や、米HBOの『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』といった、原作をドラマ化した作品が高い評価を得ているが、お気に入りの小説を映像化することに興味はあるのだろうか。その質問には、「私のために読んでいるだけで、映像化するつもりはないわ」と断言しているが、ぜひとも、サラが発掘した小説を映画やドラマにしてほしいものだ。

そして、今年6月にはホガース出版社から、サラの名前が編集者として印刷された、ファティマ・ファーイーン・ミアッサ著の処女作「A Place for Us」が刊行される予定。

本業である女優業の方は、離婚をテーマにしたドラマ『Divorce/ディボース』シーズン2のオンエアが、米HBOで今月初めに終了したばかりだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:サラ・ジェシカ・パーカー
(C)NYNR/FAMOUS

第69回エミー賞で8冠に輝き、高い評価を得ている米HBOの『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』。本作でネイサン役を演じるジェームズ・タッパーが、ケイティ・ホームズ(『ドーソンズ・クリーク』)主演の米FOX新作ドラマに出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】むき出しの感情が見るものを惹きつける...海外ドラマの"復讐劇"はいかが?

タイトル未定の本作でケイティ演じる主人公は、国内で起きたテロの捜査に当たるヘーゼル・オーティスFBI捜査官。数多くの勲章を得た優秀なモーゼス・ファロン大佐と不貞関係を持った彼女は、FBIでの立場や私生活を脅かされ、"愛人"のレッテルを貼られた自身の社会的評判を取り返し、人生を立て直そうと奮起する...というストーリー。

パイロット版でジェームズはモーゼス役を演じ、軍を退役した彼は国家安全保障局長を務めているという設定。人気ドラマ『デスパレートな妻たち』のポール役で知られるマーク・モーゼスが、FBI捜査局長官のチェイス役にキャスティングされており、ブロガーのダニエル・コーエン役にポール・ウォルター・ハウザー(『ナイトシフト 真夜中の救命医』)、サラ・ルイスFBI捜査官にローズ・ロリンズ(『Lの世界』)が決定している。

本作で脚本&製作総指揮を手掛けるのは、『Lの世界』でクリエイターを務め、『Empire 成功の代償』『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』で製作総指揮を担ったアイリーン・チェイケンと、犯罪捜査ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』で脚本を務めたメリッサ・スクリヴナー=ラヴ。

ジェームズは、復讐ドラマ『リベンジ』に主人公エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)の父親デヴィッド・クラーク役で出演し、サスペンスドラマ『よみがえり ~レザレクション~』ではエリック・ウォード役で登場。『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2への続投も決まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェームズ・タッパー
(C)FAM020/FAMOUS

マンハッタンを舞台にしたスタイリッシュ弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』。シーズン7をもって、主人公の一人、マイク役であるパトリック・J・アダムスとイギリス王室ヘンリー王子の婚約者となったレイチェル役のメーガン・マークルが降板するが、新たにシーズン8からレギュラーに昇格するキャストが発表された。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】【まとめ】自身のファン・一般人と結婚した海外スター7人

今回昇格したのは、シーズン2からゲストとして出演していたカトリーナ・ベネット役のアマンダ・シュル。カトリーナは、ハーヴィーに採用され、のちにルイスに仕えるようになるが、結局レイチェルの父、ロバート・ゼインの事務所で働くようになる。レギュラーとなるシーズン8では、ルイスとハーヴィーのオフィスにジュニア・パートナーとして戻るという。

アマンダの他の出演作には、キャシー役で主演している『12モンキーズ』のほか、『プリティ・リトル・ライアーズ』『NIKITA/ニキータ』『メンタリスト』などがある。『12モンキーズ』は最終シーズンであるシーズン4の撮影がすでに終了し、その放送が今夏を予定していることから、『SUITS』のレギュラーとして出演することも問題ないようだ。

また、シーズン8には『グレイズ・アナトミー』で知られるキャサリン・ハイグルがレギュラーキャストとして出演することもお伝えした通り。キャサリンは、ハーヴィーらの事務所の現状を改革しようとするサマンサ・ウィーラーという切れ者パートナーの役。出番の多くなるカトリーナは、ルイスや事務所にどんな変化をもたらすことになるのだろうか。

マイクとレイチェルの行く末も気になる『SUITS/スーツ』シーズン7は、日本ではWOWOWプライムにて4月1日(日)12:20から第1話を無料で先行放送。5月15日(火)より本放送がスタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』
(c) 2017 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Netflixの人気アクション・ヒロインドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1で、悪役キルグレイブ役を演じたデヴィッド・テナントが、米HBOの新作ドラマ『Camping(原題)』に出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ハリー杉山&柏木しょうこもデヴィッド・テナントのドクター役を絶賛!BBC×KADOKAWA英国ドラマのススメ『ドクター・フー』編

英Sky Atlanticで放送された同名ドラマのリメイク版となる8話構成のミニ・シリーズで、物語の中心となるのは主人公キャサリンと夫ウォルト。45歳を迎える夫の誕生日を祝うためにキャンプ旅行へ出かけた二人は、彼女の大人しい姉妹や聖人ぶった元親友、ちょっと迷惑な自由人らが集結したことで、夫婦の絆が試される週末となってしまう...というストーリー。デヴィッドは従順で愛すべき夫ウォルトを演じ、男性向け社交グループの頼れる要(かなめ)的存在でもある彼は、徐々に自分が置かれた状況で何が起きているのか悟り始める...という役どころ。

すでにキャサリン役には、スパイドラマ『エイリアス』でブレイクを果たし、その後は映画界を中心に活躍していたジェニファー・ガーナーが決定しており、彼女がドラマ作品にレギュラー出演するのは本シリーズ以来のこととなる。

リメイク版で脚本&製作総指揮を務めるのは、人気ドラマ『GIRLS/ガールズ』のクリエイター、レナ・ダナムと、彼女と共にシリーズを手掛けたジェニー・コナー。クリスティーン・ランガン(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)とアイリーン・S・ランドレス(『GIRLS/ガールズ』)、オリジナル版のクリエイター、ジュリア・デイヴィス(『ブラック・ミラー』出演)らも製作総指揮に名を連ねている。

英人気SFドラマ『ドクター・フー』で10代目ドクターを演じたデヴィッドは、犯罪捜査ドラマ『ブロードチャーチ ~殺意の町~』、ミニシリーズ『エスケープ・アーティスト 無罪請負人』などにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:Netflixオリジナルシリーズ『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』より
David Giesbrecht/Netflix

イケメン兄弟が、悪魔や魔物と壮絶な戦いを繰り広げる人気超常現象シリーズ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(以下『スパナチュ』)。兄ディーン・ウィンチェスター役を演じるジェンセン・アクレスが、ついに本作で違う役を演じることになるようだ。米TV GUIDEが報じている。

【関連記事】『SUPERNATURAL』から生まれた新たな家族、『Wayward Sisters』はガールズパワー炸裂!

ディーンの弟サム役のジャレッド・パダレッキは、今までにシリーズでルシファーなど他の役を演じたことがあったが、ディーンは特に他の役に扮する機会がなかった。その点についてジェンセンは、「これから変化が起きそうだ」と次のように語っている。

「今までにジャレッドは、サムとは異なるルシファーやガドリエルなどを演じてきたけど、ディーンは他の役を演じる必要はなかった。彼はディーンのままで、あえて言うなら悪魔になった彼が一番別人に近かったけど、それでもディーンの悪魔版だからね。自分が知っているキャラクターを演じるだけだし楽だから良かったけど、もうすぐ大きな変化が起きるよ」と意味深な発言をしているが、その"大きな変化"について現時点で詳細は語れないようだ。

厳密にいえば、シーズン1でジェンセンはディーンに化けたシェイプシフターを演じたことがあるのだが、ディーンが他の役で登場するのが1話だけなのか、数話にわたってなのかが気になるところだ。

『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン13は、米CWにて毎週木曜にて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェンセン・アクレス
©NYKC/FAMOUS

誰もが知るおとぎ話と現代の世界が交差する世界を描く米ABCの人気ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』。現在アメリカで放送中のシーズン7をもって幕を閉じることが決定している本作の最終話に、降板したキャストたちが出演することがわかった。米Hollywood Reporterら複数のメディアが報じている。

【関連記事】終了が決まった『ワンス・アポン・ア・タイム』、キャストがお別れコメントを続々と投稿!

同作のクリエイターであるエドワード・キッツィスとアダム・ホロウィッツは、降板したキャストたちにも最終話へ出演してほしいと以前述べていたが、その通りになったようだ。ABCで5月18日(金)に放送予定のシリーズフィナーレ「Leaving Storybrooke(原題)に戻ってくることが決定した14人は、以下の通り。

・ジェニファー・モリソン(エマ・スワン役)
・ジニファー・グッドウィン(白雪姫役)
・ジョシュ・ダラス(チャーミング王子役)
・エミリー・デ・レイヴィン(ベル役)
・ジャレッド・S・ギルモア(ヘンリー役)
・レベッカ・メイダー(ゼリーナ役)
・ビヴァリー・エリオット(ルビーのおばあちゃん/赤ずきんのおばあちゃん役)
・トニー・アメンドーラ(マルコ/ゼペット役)
・リー・アレンバーグ(リロイ/グランピー"ドリーミー"役)
・ジョアンナ・ガルシア・スィッシャー(アリエル役)
・ロビー・ケイ(ピーターパン役)
・ショーン・マグワイア(ロビン・フッド役)
・ヴィクトリア・スマーフィット(クルエラ役)
・キーガン・コナー・トレイシー(修道院長/ブルー・フェアリー役)

キャストたちの再登場の嬉しい知らせと共に、キッツィスとホロウィッツは、「7年前、我々はこの魔法に包まれた旅に出ました。"ハッピーエンド"をもたらしてくれたキャストやスタッフ、脚本家たちに別れを告げる心構えはできています。長い時を共に過ごしてくれた皆さんのために、このような終わり方が一番だと思ったのです。素晴らしいファンの皆さんと、才能溢れるキャストたち全員を盛大に見送るこのフィナーレを楽しんでもらえればと願っております」とコメントを発表した。

長年多くのファンに愛された『ワンス・アポン・ア・タイム』は、米ABCにて5月18日(金)に幕を閉じる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ワンス・アポン・ア・タイム』
©Everett Collection/amanaimages

DCコミックスのスーパーヒーローが集結する米CWの人気アクションドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』。悪魔との戦いを描くTVシリーズ『コンスタンティン』のジョン・コンスタンティン役だったマット・ライアンは同じ役で本作のシーズン3にゲスト出演していたが、シーズン4でレギュラーへ昇格することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】話題沸騰ヒーローアクション『レジェンド・オブ・トゥモロー』吹替版演出家・藤本直樹氏にインタビュー【前編】

(以下は、『レジェンド・オブ・トゥモロー』に関するネタばれを含みますのでご注意ください)

米NBCが手掛けた『コンスタンティン』は残念ながら1シーズンで打ち切られてしまったが、マットは同じジョンの役で米CWの『ARROW/アロー』シーズン4にゲスト出演。また、米CW Seedが復活させたアニメ版シリーズ『コンスタンティン』で、同じくジョン役の声優も担当しており、ずっとジョン・コンスタンティンのキャラクターに愛着を持っていたようだ。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』のショーランナーであるフィル・クレマーは去る10月に、「(コンスタンティンのことを指して)一匹狼で、ヘビースモーカー、バイセクシャルで世の中に絶望している悪魔祓いの使い手は、他のスーパーヒーローたちと一緒にいて落ち着くだろうとわかっていた」と語っていた。

ファイアーストームことジェファーソン・"ジャックス"・ジャクソンを演じるフランツ・ドラメーと、マーティン・シュタイン博士ことヴィクター・ガーバー、そしてキャプテンコールドことレナード・スナート役のウェントワース・ミラーら大物3名が降板した後の埋め合わせを、ずっとコンスタンティンを守り続けたマットが担う形になるようだ。

安定した視聴率を誇っている『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン3は、米CWにて毎週月曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ライアン
(C)FAM008/FAMOUS

『世界にひとつのプレイブック』、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目覚め』などのアカデミー賞作品にも出演してきたインドのベテラン俳優アヌパム・カーが、同じくインド出身で現在『クワンティコ』で主演を務めているプリヤンカー・チョープラを訪ね激励した。米The Economic Timesが伝えた。

【関連記事】『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』で大注目の美女プリヤンカー・チョープラとは?

現地時間の15日(木)、アヌパムはツイッターに『クワンティコ』の撮影現場でプリヤンカーと撮影した写真を投稿。「きみの愛と温かさで迎えてくれてありがとう、親愛なるプリヤンカー・チョープラ。『クワンティコ』のセットできみに会えたのはは素晴らしいことだ。きみはスターだ。仲間のインド人として、きみと、きみの業績をとても誇りに思うよ。僕らの旗を振り続けてくれ。きみは最高だ。#IndianActor #OurAmbassadorAbroad」とプリヤンカーを大絶賛し、同じインド人として彼女へエールを送った。

それに応えるようにプリヤンカーもツイッターを更新。「アヌパム・カー様、ありがとう。またあなたに会うことができて本当に光栄だわ。ここで(ニューヨーク)のあなたの仕事がうまくいきますように! また会える日を楽しみにしているわ。またね」と綴った。

プリヤンカーは現在ニューヨークで『クワンティコ』シーズン3の撮影を行っているが、アヌパムも同地でTVドラマのパイロット版の撮影に参加している。

『クワンティコ』シーズン3は米ABCにて4月から放送開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:プリヤンカー・チョープラ
(C)NYKC/FAMOUS

世界中の女性の憧れとなったセンセーショナルなドラマ『SEX AND THE CITY』の弁護士ミランダ・ホッブス役で知られるシンシア・ニクソンが、ニューヨーク州知事選に立候補する意向を表明した。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じている。

【関連記事】『SATC』VS『CSI:ニューヨーク』リアルニューヨークを描いているのは??

3月19日(火)、シンシアは自身の公式Twitterに投稿したビデオで、今年11月の同州知事選に民主党からの立候補を考えているとコメント。9月に行われる予備選で、現職のニューヨーク州知事であり、2020年の大統領選候補とも言われているクオモ氏と対決することになる。

2分に及ぶビデオで、シンシアはニューヨーク育ちであることを強調、以下のように述べた。「ニューヨークは私の家そのものです。ニューヨーク以外に住んだことはありません。階段で5階まで上がらなければならない1ベッドルームの家で、私は母と二人きりで育ちました。そして今は母として、自分の子供もここニューヨークで育てています。私自身、公立校の出身で、子供も公立の学校に通っています。現在のニューヨークの子ども達にはないチャンスが、私にはあったのです。私たちのリーダーたちには失望しています。ニューヨーク州は、全米で最も貧富の差が激しい州となってしまいました。半数の子ども達は、貧困線以下の暮らしを強いられています。どうしてこんなことになってしまったのでしょう。私はニューヨークを愛しています。他のどこにも住みたいと思ったことはありません。ですが、変化が必要です。政府が再びきちんと機能することを望んでいます。医療保険制度や大量投獄の見直し、そして地下鉄の修復も必要です。私たち国民のことより、ニュースの見出しや権力に注力する政治家にはもううんざりです。私の名前はシンシア・ニクソン、そして私はニューヨーカーです」

実は、シンシアの州知事選立候補は、昨年夏より噂されていた。Twitterのコメントには、「ニューヨークを愛しています。本日、ここにニューヨーク州知事選に立候補することを発表します」と記載しているが、まだ現時点では正式な書面での立候補の手続きはなされていない模様。シンシアの驚きの声明に、ニューヨーク州バッファロー大学のジェイコブ・ネイヘイゼル教授は、「シンシア・ニクソン氏の勝敗はわからないが、面白い選挙になるでしょうね」とコメントを寄せている。

TVドラマや映画、そしてブロードウェイの舞台など、長年様々な分野で活躍しているシンシア。俳優としての姿は、一時見納めになりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:シンシア・ニクソン
(C)NYKC/FAMOUS

全米大ヒットのグリム童話をベースにした新感覚ダーク・サスペンスドラマ『GRIMM/グリム』がついにクライマックスを迎える。シリーズ最大にして最強の敵が立ちはだかり、フアン必見の、最終章にふさわしい『GRIMM/グリム』ファイナル・シーズンをスーパー!ドラマTVにて5月9日(水)より独占日本初放送する。

【関連記事】まるで日本の刑事ドラマ!『GRIMM/グリム』に遅ればせながらハマった理由

ダーク・ファンタジーの要素を取り入れた刑事ドラマ『GRIMM/グリム』は2011年に米NBC局で放送開始した。シーズンを重ねるごとにファンを獲得し、NBCの看板番組の一つに成長したが、多くのファンに惜しまれつつシーズン6となる本シーズンで最終話を迎える。ついに最終章となる本シーズンでは、ニックとモンローが見つけた驚異的な治癒力を持つ謎の"棒"の由来が明らかに。その過程で、"棒"はニックだけでなくイヴやダイアナまで巻き込み、驚愕のクライマックスへとつながる重要な役割を果たすことになる。そしてシーズン5の最後で、"黒き鉤爪"のリーダー・ボナパルトを殺す結果になったレナードは、今後どのような行動を取るのか?"黒き鉤爪"はボナパルトの死後もニックたちの脅威であり続けるのか?"黒き鉤爪"とニック達のスリリングな戦いの結末はいかに⁉

劇的なクライマックスを迎えて終わったシーズン5に続くファイナル・シーズンは、シリーズ最強の敵が登場し、最終話のクライマックスに向かってダイナミックでドラマティックな話が展開。ファンに支持されてきた本作の魅力が詰まった、最終章にふさわしい怒涛のストーリー展開から目が離せない!

『GRIMM/グリム』放送情報
・ファイナル・シーズン...スーパー!ドラマTVにて5月9日(水)22:00より独占日本初放送
[二]毎週水曜 22:00~ ほか
[字]毎週水曜 深夜0:00~ ほか

・シーズン5...スーパー!ドラマTVにて全22話を5月3日(木)~4日(金・祝)に一挙放送
5月3日(木・祝)10:00スタート(各日11話連続放送)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『GRIMM/グリム』ファイナル・シーズン
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV にて5月9日(水)22:00より、独占日本初放送!
(c) 2017 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

性差別の改善が訴えられているハリウッドを革新することができるか-。アメリカで、大手批評サイト「ロッテン・トマト」の女性版とも言える、女性の評論家だけを集めた批評サイト「CherryPicks」が年内に開設されることがわかった。英Digital Spyが報じた。

【関連記事】【まとめ】大手批評サイト「ロッテン・トマト」で100%を取ったことのある海外ドラマ9作品

ミランダ・ベイリーさんとレベッカ・オデスさんが起ち上げるこのサイトは、「女性の批評の声に特化した新しい冒険」。

「女性のレンズを通したレビュー、レーティング、ハイクオリティーなオリジナルコンテンツで、映画、TV、音楽などをユニークかつ女性特有のニュアンスで伝えます」と説明されている。

長年の間、エンターテイメント業界では男性批評家たちの声で牛耳られていた。今年に入り、性的に、人種的に多様なハリウッドを確立しようと業界で活躍する女性たちが「Time's Up」を立ち上げ、活動していることが度々話題になっている。

オデスさんは「Cherry Picksの私たちの目標は、メディアに対する女性の視点を牽引するブランドになることです」とコメント。「時は来ました。男性が支配するハリウッドの文化は限界点に達しています。将来性のあるハリウッドを構築し始める時がきたのです。ジェンダーバイアスの多層的な問題を認識し、それを全ての段階で修正するのです」と、ハリウッドの意識改革を明言した。

批評サイト最大手と言われる「ロッテン・トマト」も男女差別の問題に直面している。本年度のアカデミー賞で5部門にノミネートされた『レディ・バード』は、女性批評家が100%の評価を出したが、男性批評家が否定的なレビューを出したことで台無しに。「Cherry Picks」の設立は現在のランキングサイトが抱える問題を解決する存在になってくれるかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レディ・バード』 
(C)Universal Pictures

現在、日本でも大ヒット公開中の『グレイテスト・ショーマン』に主演し、伝説の興行師P・T・バーナムを演じているヒュー・ジャックマン。彼の代表作と言えば、マーベルのアクション映画『X-MEN』シリーズであり、ある人気ドラマの俳優が彼が演じるミュータント、ウルヴァリンに憧れているという。米Screen Rantが伝えた。

【関連記事】『X-メン』ウルヴァリン役で世界的なスターに!無骨な男らしさと洗練された魅力をあわせ持つヒュー・ジャックマンに迫る!

ヒューが初めてローガン=ウルヴァリンを演じたのは2000年のこと。それから現在まで、8度にわたって同役を演じている。特に昨年公開された『LOGAN/ローガン』はシリーズの中で最も高い評価を得ていて、アメコミ映画としては非常に珍しく、アカデミー賞(脚色賞)にもノミネートされた。しかし、ヒュー本人は同作からの引退を希望しているようで、今後誰がこの役を引き継いでいくのか、現段階では不明。トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)やスコット・イーストウッド(『パシフィック・リム:アップライジング』)らの名前も挙がっているというが、定かではない。

そこで今、一人の俳優が名乗りを上げているという。世界中で大ヒットしているサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』でジーザス役を演じているトム・ペインだ。トムは米TV Guideのインタビューでウルヴァリンの役を引き継ぎたいとコメント。また、コミックのウルヴァリンが身長155cmなのに対し、ヒューは186cmで、170cmの自分の方が近いと語っている。「ウルヴァリンは実際には155cm〜157cmくらいなんだ。そしてヒューは、彼はもちろん素晴らしかったけど、(実際のウルヴァリンよりも)かなり大きすぎるんだよ。もし、新たにウルヴァリンのキャスティングをするなら、僕なんかいいと思うよ」

ヒューの身長が高いという話は今でこそ忘れ去られているが、『X-MEN』スタート時にはキャスティングを取り巻く論争の一つだった。幸いなことに、彼の演技は高く評価され、ファンも身長の問題をスルーするようになった。トムがどう役を引き継ぐことは面白い選択肢の一つになるが、ヒューのウルヴァリンが愛されていることを考慮すると、スタジオ側は今後数年間ウルヴァリンの映画製作を中断する可能性があるようだ。

『X-MEN』フランチャイズは、現在、『デッドプール2(仮題)』(2018年6月日本公開)や、2019年公開予定の『New Mutants(原題)』など、スピンオフ作品の製作に力を入れている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒュー・ジャックマン演ずるウルヴァリン(映画『LOGAN/ローガン』)

3月14日に76歳で逝去した世界的物理学者スティーヴン・ホーキング博士。世界中から追悼が届けられている中、大人気コメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のキャスト陣もかつて共演した偉大な博士の死を偲んだ。英Digital Spyが伝えた。

【関連記事】豪華な面々がゲスト出演!『ビッグバン★セオリー』通算200話記念は、60年代『バットマン』主演俳優が出演

ホーキング博士の子どもであるルーシーさん、ロバートさん、ティムさんは14日朝に声明を発表。博士がケンブリッジの自宅で安らかに眠ったことを報告した。偉大なる学者の訃報を受け、NASAや物理学者のニール・ドグラース・タイソンをはじめ、世界中の人たちが彼の人生と数々の功績を称えた。

ホーキング博士が同番組に初めて出演したのはシーズン5の第21話「ホーキング博士に首ったけの法則」。その後シーズン11のプレミアまで、計6回も特別出演している。

ジム・パーソンズ(シェルドン役)、ケイリー・クオコ(ペニー役)、ジョニー・ガレッキ(レナード役)、メイエム・ビアリク(エイミー役)らはそれぞれインスタグラムにホーキング博士と撮った写真と追悼コメントを投稿。ジムは「ありがとう、スティーヴン・ホーキング」と綴った。

他のキャストのコメントは以下の通り。

「彼は私たちを笑わせてくれて、私たちも彼を笑わせることができた。彼の人生とキャリアは『ビッグバン★セオリー』にも生き、ドラマをさらにより良いものにしてくれたの。あなたのことが恋しいけど、世界中があなたの残す知識と勇気に感謝しているわ」-ケイリー・クオコ

「あなたの輝きだけでなく、ユーモアのセンスもみんな恋しくなるよ。【面白くなければ、人生は悲劇になるだろう】-スティーヴン・ホーキング」-ジョニー・ガレッキ

「スティーヴン・ホーキングは私たちが存在するこの地上の物理的な制約から解放された。彼は今私たちの上を飛んでいて、きっとそのすべてに驚いているはずよ。私たちを啓発し、知識と勇気で私たちに恩恵を与えてくれてありがとう、ホーキング博士」-メイエム・ビアリク

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc./www.HollywoodNewsWire.net

人気作家コリン・デクスターが生んだキャラクター、シャーロック・ホームズをも凌ぐほど高い人気を誇るモース警部の若き日を描く英国人気ミステリー『刑事モース~オックスフォード事件簿~』がシーズン6へと更新された。

【関連特集】インタビュー、コラム、人物相関図も!『刑事モース』特集ページはこちら

本国イギリスでシーズン5の放送が終了した今月11日(日)、放送局のITVが2019年に新シーズンを放送することを発表した。このシーズン5は4話構成だった過去4シーズンよりも多い6話構成で、視聴率25%、視聴者数670万人をマーク。シーズンフィナーレの「Icarus(原題)」はIMDb上で9.1点(10点満点)と高い数字を記録している。

物語の舞台は、シーズン1では1965年だったが、シーズン6では前シーズンよりさらに1年先の1969年になるとのこと。新シーズンの制作は年内に開始予定。おなじみのキャストに加えて、クリエイターであり過去の全エピソードで脚本を担当してきたラッセル・ルイスも続投する。

更新発表を受けて、ルイスは「我々のストーリーがついに1960年代の最後の年までたどり着いた。人類にとって大きな一歩だよ。コリン・デクスターの創造した愛すべき事件簿の前章を引き続き描けることに、チーム一同ワクワクしている」と述べている。

なお、主人公モース役のショーン・エヴァンスは新シーズンの製作をすでに予想していたようだ。シーズン5の放送が始まる前の今年1月、彼は「このシリーズは間違いなくもっと続いていくはずだよ。もっと語るべき疑問が残されているからね」とコメントしていた。

シーズン5の最終話がクリフハンガーだったことで新シーズンの幕開けはさらに注目を集めることになりそうだ。

『刑事モース~オックスフォード事件簿~』は、吹替版がNHK BSプレミアムで毎週土曜16:30から放送中、字幕版はシネフィルWOWOWにて毎週金曜12:00から放送している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事モース~オックスフォード事件簿~』
(c) Mammoth Screen Limited 2016

アーロン・スペリングが1990年代に手がけて社会現象を巻き起こした人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校/青春白書』(以下『ビバヒル』)。本作の新シリーズが製作される可能性があるようだ。米Deadlineによれば、米CBSで進められている企画はまだ初期の段階だといい、オリジナル版に出演したトリ・スペリング(ドナ役)とジェニー・ガース(ケリー役)が出演することを関係者が明かしたようだ。

【関連記事】伝説の青春ドラマ、元祖『ビバヒル』キャストたちは今何してる!?

週末にインスタグラムを更新したトリは、仕事に戻った旨を報告し、それがジェニーと一緒であることを明かしていた。加えて、「#90210vibes」「donnaandkellyforever」のハッシュタグもつけられており、『ビバヒル』と関連があることをほのめかしている。企画が初期段階であるため情報はほとんど明かされていないが、米Peopleによれば、オリジナル版を基に、より話を膨らませた展開になるようだ。

『ビバヒル』の愛称で知られたオリジナル版にはジェイソン・プリーストリー(ブランドン役)、シャナン・ドハティ(ブレンダ・ウォルシュ)、ルーク・ペリー(ディラン役)らが出演し、ウェストビバリーハイスクールを舞台に高校生たちの日常や友情、恋愛模様などがドラマチックに描かれた。全世界のティーンから絶大な人気を誇り、『メルローズ・プレイス』や『モデル・エージェンシー/女たちの闘い』といったスピンオフも製作された。また、2008年からは新シリーズとなる『新ビバリーヒルズ青春白書』がスタートし、ジェニー、トリ、シャナンらもゲスト出演した。

トリとジェニーは2014年に米ABCで放送されたファミリーコメディ『Mystery Girls(原題)』でも共演していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニー・ガース&トリ・スペリング(2009年のイベントで)
(C)DARA KUSHNER/FAMOUS

米ABCの新作メディカルドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』で主演を務めているフレディ・ハイモア。天才医師を演じている彼は、役になりきるための努力で"危ない"自信を身につけてしまったようだ。ニュージーランドのメディア、Newshubが伝えた。

【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キムがプロデュース、韓国ドラマのリメイク『グッド・ドクター』は、今までの医療ドラマとは違う!

『ベイツ・モーテル』の主人公ノーマン役でも知られるフレディだが、俳優としてのキャリアをスタートさせたのは7歳の時。2004年にはジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンらが豪華共演した『ネバーランド』に出演した。そして翌年には再びジョニーと共演、彼がティム・バートンとタッグを組んだ大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』で一躍脚光を浴びた。この映画は彼にとっても特別な作品だったようで、「大きな映画を撮るという点で、初めての素晴らしい経験だったよ。いつも心にあるんだ」

そして現在、『グッド・ドクター』でサヴァン症候群を抱えながらも、天才的暗記力と人体のあらゆる器官の構造を把握する脅威の空間認識能力を持つ若手外科医ショーン・マーフィーを好演しており、その演技が高く評価され、今年のゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた。

すでに韓国で大ヒットしたドラマのリメイク版であり、特殊な役を演じることについて、フレディは「大きな責任感と一緒に、まず心に留めておかなければいけないと思ったことは、ショーンはこの症状を持つ人を代表しているわけではないということ。もちろん、彼のユニークな物語と同じようなことが、実際に誰かの現実であることは確かだけどね」とコメント。

作品に対して真剣に挑んでいる姿勢を見せたが、「時々、手を上げて"僕は医者です"って言いたくなるんだ」と本人が語る通り、医者役を演じるにあたりかなりの量の医学用語を学んでいるのだとか。実際に処置を施せるのでは? と思えるほどの自信も備わっているようで、「(もしフライト中に機内で急病人が発生した場合)今シーズンはすでに数回心臓の手術を撮影しているから、胸の開け方についてはバッチリだと思うよ」「手袋をはめたら、いいスタートだ」とジョークで語った。

『グッド・ドクター 名医の条件』(全18話)は、4月5日(木)23:00よりWOWOWプライムにて放送スタート(第1話無料放送)。また、今作の放送に先駆けて、上述の『チャーリーとチョコレート工場』『ネバーランド』含む、フレディ出演映画8本を4月1日(日)からWOWOWシネマにて一挙放送する。(海外ドラマNAVI)

『グッド・ドクター 名医の条件』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

大ヒットヴァンパイアドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のエレナ役でブレイクしたニーナ・ドブレフが、米CBSの新作コメディに主演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】『ヴァンパイア・ダイアリーズ』エレナとキャサリンの二役を演じるニーナ・ドブレフにインタビュー!

『Fam(原題)』というタイトルのこの新作は、ニーナにとってシーズン6で降板した『ヴァンパイア・ダイアリーズ』以来のレギュラー作品となる。物語は、名家出身のフィアンセとその家族とともに、しっかりとした人生を歩もうと夢見る女性クレムを中心に進んでいく。めちゃくちゃな父親の元から逃げ出してきた自堕落な義理の妹の登場で、主人公クレムの人生はどうなるのか...。

ニーナは、かつて荒れ放題だった人生を何とか立て直した、チャーミングな主人公クレムを演じる。交際相手のジェイがプロポーズをしてくれ、幸せの絶頂の彼女は思わず、まだ健在の父フレディ・バンクスは既に亡くなっていると伝えてしまう。そして義理の妹であるシャノンの出現により、クレムの人生は大きく変わり、ジェイとの関係が危機にさらされるようになるというストーリー。妹のシャノン役には、『LOVE ラブ』のオデッサ・アドロンが、ジェイの父親役には、ブライアン・ストークス・ミッチェル(『ブラックリスト』)が、母親役にはシェリル・リー・ラルフ(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)がそれぞれ決定している。

コリーン・キングスベリー(『ニュースルーム』)が脚本を担当し、デヴィッド・S・ローゼンタール(『新ビバリーヒルズ青春白書』)とアーロン・カプラン(『サンラクラリータ・ダイエット』)らが製作総指揮を、そしてスコット・エリス(『NYボンビー・ガール』)がパイロット版の監督を務める。プレミア放送日などの詳細は現時点では未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ヴァンパイア・ダイアリーズ』
(C)2011 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved

ニューヨークを舞台に繰り広げられるスタイリッシュな犯罪ドラマ『ホワイトカラー』に主演した俳優マット・ボマーが、『アメリカン・クライム・ストーリー』で監督デビューをしたエピソードが、現地で3月14日(水)に放送された。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】「ホワイトカラー」ドラマの裏側に潜入! マット・ボマーに突撃インタビュー!

今回マットが手がけたのは、1997年に起きた有名ファッションデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチの殺人事件をテーマにしたドラマ『The Assassination of Gianni Versace(原題)』の第8話「Creator/Destroyer(原題)」というタイトルのエピソード。『アメリカン・ホラー・ストーリー』を手掛ける敏腕クリエイターのライアン・マーフィー(『Glee』)が、マットに監督をしないかと話を持ちかけた当時のことを次のように振り返った。

「(ライアンに言われて)一回気絶して意識を取り戻した後に、"イエス"と答えたんだ。とても責任重大なことだと認識していたよ。実は以前にも監督をやってみないかと言われたことはあったんだ。でもそれは、俳優として参加している作品でね。だから、メガホンを取る時は、100%カメラの後ろ側の人間として集中してやりたいと思っていたんだよ。撮影のロケーション探しやセットデザインの会議、キャスティングなど全部に監督として関わりたかったんだ」

マットは今回の監督デビューにあたって、3千ページ以上にわたる監督業に関する書籍を読んだり、現役の監督にアドバイスをもらったり、また同作の他の監督2名が3エピソード分を監督するところを、後ろについて見学させてもらったりしたと言う。

「僕が監督したエピソードでは、(ヴェルサーチやその他多数の人を殺害したアンドリュー・クナナンを指して)"猟奇殺人犯に同情できるのか、彼は被害者でもあるのか?"と言う点を視聴者に見せられるかが重要だったんだ。我々は皆、自分の決断や行動に責任を負わねばならない。けれども、彼は暴力が身近にある幼少期を送り、両親から子どもとして扱われなかった。このエピソードで問いかけたい核の部分は、一人の人間が何をきっかけに殺人鬼になり、反対に芸術家になるのかということなんだよ」

マットは、マーフィーと組んだ作品『真夜中のパーティー』で、ブロードウェイデビューも真近に控えている。「最高レベルのライアンのチームと働けて本当に幸せだよ」と答えるマット。これからもマーフィーとのタッグ作品がますます見られることだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ボマー
(C)Hubert Boesl/FAMOUS

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』にレギュラー出演していたジェシカ・キャプショー(アリゾナ・ロビンス役)とサラ・ドリュー(エイプリル・ケプナー役)が、シーズン14をもって降板するとのニュースは先日当サイトでもお伝えした通り。その後、早くもサラは新作ドラマに出演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】【まとめ】『グレアナ』『GOT』『スパナチュ』~製作中の人気シリーズ・スピンオフ

サラが出演するのは、1980年代の刑事ドラマ『女刑事キャグニー&レイシー』のリメイク版。米CBS製作による本作で、彼女は主役の一人であるキャグニーを演じ、相棒レイシーにキャスティングされたのはミシェル・ハード(『ブラインドスポット タトゥーの女』のシェパード役)。ロサンゼルス市警に勤めるキャグニーは気楽な性格で、レイシーは相棒よりも刑事としての経験が多く、運動神経抜群で洗練されているという役どころだ。

Huluのタイムスリップドラマ『11/22/63』でクリエイターを務めたブリジット・カーペンターがパイロット版の脚本を手掛け、メガホンを取るのはローズマリー・ロドリゲス(『ウォーキング・デッド』)。

サラとジェシカの降板劇については、主役メレディスを演じるエレン・ポンピオの昇給が影響し、他のキャストを降板させざるを得なかったのでは...という説もささやかれている。一方のジェシカに関する続報はないが、彼女の今後の動向にも注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C)ABC Studios

人気クリエイター、J・J・エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)製作、ジョナサン・ノーラン(『パーソン・オブ・インタレスト』)が監督を務める米HBOの『ウエストワールド』。待望の本作最新シーズンがスターチャンネルで日本独占最速放送されることは、当サイトでも以前お伝えしていた通りだが、その放送日が5月24日(木)に決定した。

【関連記事】『ウエストワールド』シーズン1におけるサプライズ展開の整理と、シーズン2に持ち越された謎(ネタばれ)

今、世界で最も熱いテーマ「人工知能(AI)vs人間」を描く『ウエストワールド』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』の米大手ケーブルチャンネルのHBOが送り出す最新超大作ドラマ。多くの謎が提示され、観る人の予想を次々と覆しつつ ストーリーが展開し、衝撃のラストを迎えたシーズン1。その後1年半、続編を待っていた視聴者の関心度は非常に高く、今年2月、全米最高の視聴率と世界一高額なCM枠で知られるNFLスーパーボウル中に、CMとしてシーズン2の予告編が解禁されるやウェブ上でも2,200万回超の再生数を記録。(その予告編は現在、スターチャンネル『ウエストワールド』特設サイトで公開中!)

さらにシーズン2の新キャストとして真田広之の参加が決定し、日本でもますます人気が盛り上がることは必至! 真田が演じるのはムサシという名前のキャラクターということだが、それ以外の情報は明らかになっていない。しかし、シーズン1の終盤に日本の戦国時代の武士の姿をしたホスト(アンドロイド)たちが登場していたことから、その一人を演じるのではないかと一部のメディアは伝えている。

『ウエストワールド』シーズン2は、スターチャンネルにて5月24日(木)より日本独占最速放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』シーズン2
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO

人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』から、米ABCで放送中のシーズン14をもって二人のレギュラーキャスト、ジェシカ・キャプショー(アリゾナ・ロビンス役)とサラ・ドリュー(エイプリル・ケプナー役)が降板することは当サイトでもお伝えした通り。それに対して、ジェシカ&サラ本人を含むキャストたちは一体どんな反応を示しているのか、それぞれのリアクションをまとめてご紹介しよう。

【関連記事】『グレイズ・アナトミー』を一足先に去った人たちも登場! 『ゴシップガール』『ホワイトカラー』『デクスター』...あの人気ドラマスターのその後

主人公メレディス役のエレン・ポンピオの契約更新による大幅な昇給が二人の降板につながったともささやかれる中、降板が報じられた直後の3月9日(金)、シーズン5からアリゾナを演じてジェシカはTwitterにメッセージを投稿。「10年にわたり、アリゾナを演じる特権を与えられただけじゃなく、楽しみながら演じることができたわ。彼女はネットワークのドラマのレギュラーとしては初期のLGBTQキャラクターで、その存在が世界に及ぼした影響はこれからもずっと、永遠に続いていくはずよ。アリゾナが去ってしまうのは悲しいけれど、私たちの中で生き続いていくのがせめてもの慰めね」と、降板を悲しむ胸の内を明かしている。また、製作総指揮を務めるションダ・ライムズに感謝していた。

エイプリル役のサラはショックを隠し切れぬようで、「みんなも悲しいと思うけど、私もよ。(降板すると知って)48時間も経っていないから、まだその情報を消化できていないの」とメッセージを投稿。続けて、「朗報は、今週も来週も(オーウェン役の)ケヴィン・マクキッドをはじめとしたファミリーと一緒にセットにいられることね。その中で、10年近くかけて築いてきた感情を整理していくつもりよ」と、これから心の準備を進めていくと述べている。

共演者もそれぞれの心境を語っている。ジャクソン役のジェシー・ウィリアムズは、「サラとジェシカは俺が特に大好きな共演者なんだ。だからこのニュースを聞いてクソみたいな気分になったよ。二人には才能があるけど、それだけじゃなく、人間として本当に素晴らしいんだ。一緒に働いて学べたのはすごく幸運だったよ」と率直な気持ちを吐露。ジョー・ウィルソン役のカミーラ・ラディントンは、「私がこれまでに出会った中で最も親切で優しくて才能にあふれた二人の女性たち」とツイートしている。

そしてメレディス役のエレンは、今回の降板劇に自身を巻き込む報道に反発。「(3月8日の)国際女性デーに女性同士をけしかけるなんて残念よ。これ(降板)は私の給与とは関係ない話なの」と噂を否定し、そうした報道をしたメディアに難色を示した。その後、ファンに向けて過熱しないようになだめている。「みんなが情熱的になっているのは有り難いけれど、もし私のように彼女たちを知っていたら、二人が嫌味を喜ばないことが分かるはずよ」

降板が報じられた8日(木)に本国アメリカで放送されたシーズン14第14話は、同シーズンで最も低い数字(視聴者数707万人)を記録している。キャストの降板に絡んで人気に陰りが出てしまうことは珍しくないが、なるべく平和的、友好的な形でジェシカとサラを送り出してほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C) ABC Studios

人気リーガル・コメディドラマ『私はラブ・リーガル』で、主役ジェーン・ビンガムを演じたブルック・エリオットが、米ABCが製作する新作コメディのパイロットに出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】<a href="https://dramanavi.net/column/2012/07/post-185.php">『私はラブ・リーガル』主演ブルック・エリオットにインタビュー!</a>

人気コメディドラマ『マイネーム・イズ・アール』で製作総指揮を務めたボビー・ボウマンによるタイトル未定の本作は、彼の子ども時代の経験を下敷きにした作品で、精神疾患を患った家族を持つ一家を中心に描かれる。

ブルックが演じるのは、一家の母親ケリー・アン。複数の博士号取得を目指して学業に専念する夫を支えるために、仕事を掛け持ちしていた彼女はデザイナーとして、やっと自分のキャリアにフォーカスできるようになる...という設定。

シングルカメラの撮影によるパイロットでボウマンは脚本を手掛け、ジョン・コアとドーン・オストロフ(『メットガラ ドレスをまとった美術館』)、グレッグ・ウォルター(『私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと』)と共に製作総指揮も兼任する。

6シーズン続いた『私はラブ・リーガル』の終了後、ブルックはケイティ・セイガル(『サン・オブ・アナーキー』)と共演したTVコメディ映画<a href="https://dramanavi.net/news/2016/04/5cbs-2.php">『Furst Born(原題)』</a>、コメディ映画『Trew Calling(原題)』、『私はラブ・リーガル』で共演したブルース・デイヴィソンと再共演を果たした『Nesting Doll(原題)』に出演している。(海外ドラマNAVI)

<span style="font-size:0.8em;color:#999999;">Photo:『私はラブ・リーガル6 フィナーレ』
(C)2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.</span>

ワシントンD.C.を拠点とする実在組織、アメリカ国防情報局(D.I.A.)からの協力を得て制作された初めてのミリタリー・ドラマ『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』。国家を脅かすテロの脅威に、D.I.A.本部のメンバーと、イケメンリーダーと仲間4人のエリート地上特殊部隊が見事なチームワークで立ち向かう姿を描いた本作が、FOXチャンネルにて3月27日(火)より日本最速・独占放送されることが決定した。

【関連記事】『ホームランド/HOMELAND』に描かれる戦争・テロ、そしてCIAとは?

人気ドラマ『HOMELAND』の監督が贈る本作は、手に汗握る緊迫したストーリーと、固い絆で結ばれたチームがみせる息の合ったコンビネーション、合間に見せるユーモアも見どころ。エピソード毎に任務の舞台が変わり、中東やモスクワなど世界中のテロの現場がドラマの中心となる。また、ストーリーに合わせて現地の言葉を巧みに操る役者たちをキャスティングするなど、細部にまでこだわり抜き、D.I.A のみならず元CIA局員や米国海軍特殊部隊らの協力も得ながら、正確性を徹底的に追及した作品に仕上がっている。

主要キャラクターである特殊部隊のリーダー、アダム・ダルトン役を演じるのは、『アンダー・ザ・ドーム』のマイク・ヴォーゲル。ジーンズメーカー「Levi's」のモデルとしてキャリアをスタートしたイケメン俳優だ。キャストは他に、アメリカ国防情報局(D.I.A.)の本部を取り仕切る副長官パトリシア・キャンベル役に、ドラマ『アナザーワールド』の好演でエミー賞ドラマ部門若手女優賞を受賞した実力派俳優アン・ヘッシュ。地上特殊部隊のメンバーとして、ナターシャ・カラム(『HOMELAND』)、デミトリアス・グロッセ(『ウエスト・ワールド』)、ノア・ミルズ(『「NYボンビー・ガール」)、ハディ・タバル(「ブラックリスト』)らが名を連ねている。

アメリカ国防情報局(D.I.A.)にはワシントン D.C.で情報を解析する分析官と、現場で敵と戦う特殊部隊からなるチームが存在する。率いるのは副長官のパトリシア。紛争の多発するシリアで人道支援をしている米国人女性医師がテロ組織に誘拐された。ただちにパトリシアは特殊部隊の指揮官トップのアダムを呼び出し現地へ急行させる。そこはヌスラ戦線が勢力を誇る危険な地域だった。米軍関係者と悟られず人質を奪還する危険なミッションが始まる...。

『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』は、FOXチャンネルにて3月27日(火)22:00より日本最速・独占放送スタート。併せて、番組の予告編をFOX公式サイト(tv.foxjapan.com)で公開中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』
© 2017 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

米HBOの人気SFドラマシリーズ『ウエストワールド』シーズン2で何が起こるのか、メインキャストが新シーズンについてコメントしている。米DEADLINEが報じた。

【関連記事】【ネタばれ】『ウエストワールド』シーズン1におけるサプライズ展開の整理と、シーズン2に持ち越された謎

1973年に公開された同名映画をドラマ化した本作は、テーマパーク"デロス"内にあるウェストワールドのアンドロイドが消された記憶を取り戻し、人間に復讐し始めるというストーリー。

米テキサス州オースティンで、今月9日(金)から開催されているイベントSXSW(サウス・ バイ・サウス・ウェスト)に、メインキャストのエヴァン・レイチェル・ウッド(ドロレス役)、ジェームズ・マースデン(テディ役)、タンディ・ニュートン(メーブ役)、ジェフリー・ライト(バーナード役)がパネルインタビューに登壇。

気になるシーズン2の展開について、エヴァンは「まるで玉ネギの薄い皮を剝いているような感覚だったわ。シーズン2には、そんなシーンがたくさん登場するの」と表現し、タンディは「何が起こるか分からないわよ! すんなり物事が進んでいると思ったら、その考えを改めさせられて最初に逆戻りなの」とコメント。

ジェフリーは、「シーズン1はルールを確立することが中心に描かれたけど、それがバラバラにされてしまうんだ」と述べ、撮影中に何が起きているか理解出来なかったため、状況を把握していないバーナードを演じやすかったと冗談を飛ばしていたとのこと。ジェームズも「みんな記憶を消されちゃったから、ファンには何も教えられないよ」と、アンドロイドにちなんだジョークで答えていた。

そして、シーズン2の新映像が会場で上映され、シーズン1最終話に登場したサムライ・ワールドが新シーズンで再び描かれる模様で、タンディ演じるメーブが着物を身にまとっている姿が写し出されていたという。ハリウッドで活躍を続ける真田広之(『ラスト サムライ』)が、シーズン2でサムライ・ワールドの武蔵役で出演することも決定している。

何が起こるか予想がつかない待望のシーズン2は、HBOにて4月22日(日)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

現在アメリカで放送中のシーズン7で終了することが決まった米ABCの人気ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』。同作で、メアリー・マーガレット・ブランチャード/白雪姫を演じたジニファー・グッドウィンが、再びABCの手がける新作ファミリーコメディに出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】米英だけが海ドラじゃない!今すぐ見たい非英語圏の海外ドラマ7選

『Steps(原題)』というタイトルのこの作品は、スウェーデンのヒット作『The Bonus Family(原題)』の形式を取り入れたコメディで、この『The Bonus Family』は、離婚経験者である4人の大人が、三つの家で3人の子供を育てるという現代の家族の形を描いたストーリーだ。"ボーナスファミリー"とは、血縁関係などに関わらず、離婚や再婚などを経て、共同生活者として暮らす家族のこと。

ジニファーは、自分の心に正直でモダンなヒッピーで、聞き上手なビアという親の一人として主演を務める。ビアは、自分の元夫と、その夫の元妻、そして現在の夫と共に、3人の子供の子育てに、おそらく一番長けている育児コーチでもあるという。

『ママと恋に落ちるまで』のクリスティン・ニューマンが脚本と制作総指揮を務める。デヴィッド・ホバーマン(『名探偵モンク』)、トッド・リーバーマン(『美女と野獣』)、ローリー・ザックス(『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』)に加え、スウェーデンのオリジナルを手がけたポンタス・エドグレン、フェリックス・ハーングレン(『100歳の華麗なる冒険』)らも製作総指揮に名を連ねる。ジニファーのその他の出演作には、『ズートピア』『ビッグ・ラブ』』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』らがある。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジニファー・グッドウィン
(C)NYPW/FAMOUS

大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』のローリ役や、『プリズン・ブレイク』のサラ役で知られるサラ・ウェイン・キャリーズが加CBSと米SundanceTVが製作する新作ミニシリーズで主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』印象的な"死に方"ランキング10(ネタばれ)

『私立探偵ダーク・ジェントリー』や『スターゲイト SG-1』を手がけたロバート・C・クーパーがクリエイターを務める『Unspeakable(原題)』は、ヴィック・パーソンズの「Bad Blood(原題)」とアンドレ・ピカールの「The Gift of Death(原題)」という私体験ノンフィクション小説がベース。1980年代初めにカナダで何千人という人々がHIVやC型肝炎に感染した悲劇を記録している。カナダの歴史上最大の医療災害の一つと言われる本事件は連邦政府の調査が入り、犠牲者に数十億ドルという損害賠償が支払われた前例のない訴訟だった。

出演者はサラのほか、ショーン・ドイル(『エクスパンス -巨獣めざめる-』)、マイケル・シャンクス(『ヤング・スーパーマン』)、カミール・サリヴァン(『ルーキーブルー 〜新米警官奮闘記〜』)ら。

全8話構成で、今春からバンクーバーにて製作が始まる。カナダ国外での展開は『ウォーキング・デッド』の放送局として知られる米AMCが担当する。(海外ドラマNAVI)

Photo:サラ・ウェイン・キャリーズ
(C) FAM020/FAMOUS

過激なマフィアの内幕を描いた米HBOの衝撃ドラマシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』を、映画化する企画が進行しているようだ。米TV Lineが報じている。

【関連記事】イタリアンマフィア IN USA ~生い立ちと追憶の場所の巻~

1999年~2007年まで6シーズンにわたり放送された本作は、TV版『ゴッドファーザー』とも呼ばれ高い評価を得た作品。主役トニー・ソプラノを演じたジェームズ・ガンドルフィーニは、2013年に休暇中に訪れたローマで心臓発作を起こして亡くなっている。主役俳優が他界していることもあり、企画が進んでいる映画版はシリーズの前日章となる模様で、舞台は1960年代にされているという。

現時点で、『The Many Saints of Newark』と仮タイトルが冠された映画版を手掛けるのは、ドラマシリーズでもクリエイターを務めたデヴィッド・チェイス。ニュージャージー州ニューアークで対立するアフリカ系ギャングと、イタリア系マフィアのメンバーが関わりを持ったことで、さらに抗争が激化する様子が描かれるとのこと。

オリジナルシリーズに登場した複数のキャラクターが、映画版で描かれる可能性も伝えられている。前章であることを考えたら、若かりし頃のトニーの父親ジョニー(ジョセフ・シラヴォ)と母親リヴィア(ナンシー・マーチャンド)の登場を期待できそうだが、今のところは多くにおいて未定の状態だ。

チェイスは、リメイク版TVシリーズ『ROOTS/ルーツ』や、歴史ギャングドラマ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』でペンを執ったローレンス・コナーと脚本を担うことも決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』
(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.

シーズン7をもって幕閉じが決定した人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』で、 ゼリーナ/西の悪い魔女を演じたレベッカ・メイダーが、米NBCのコメディドラマ『Like Family(原題)』のパイロットに出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン7で終了へ

本作の主人公は、里親の元で一緒に育ったアーティーとオーブリー。血のつながりはないものの、本当の兄妹のような関係を育んだ二人が成人すると、あまりにも近すぎる関係が問題になり始める...というストーリー。

レベッカが演じるのは若く美しくいるためならば、どんなことでもするカミーユ役で、どう彼女がアーティーとオーブリーに絡んでくるのかは不明。カミーユは裕福な女性が読むブログを運営してリッチな女友達とのみ交友を持ち、セレブなライフスタイルを好む役柄だという。アーティー役には、ブランドン・マイカル・スミス(『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』)がキャスティングされており、現時点でオーブリー役は未定。

パイロットで脚本を手掛けるは、主婦の二重生活を描いたドラマ『クライアント・リスト』でクリエイターを務めたスザンヌ・マーティン。人気コメディドラマ『ウィル&グレイス』のジャック役で知られるショーン・ヘイズと、トッド・ミリナー『GRIMM/グリム』)が製作総指揮に名を連ねている。ショーンは、ミリナーとともに『GRIMM/グリム』で製作総指揮を務めており、再タッグを組むこととなる。

レベッカは人気ドラマ『LOST』でシャーロット役を演じ、超常現象ドラマ『FRINGE/フリンジ』やスパイドラマ『コバート・アフェア』、SFサスペンスドラマ『ALPHAS/アルファズ』などに出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:レベッカ・メイダー
(C)Phil Roach/FAMOUS

郊外に住む主婦たちが巻き起こす事件を描く、人気サスペンス・コメディドラマ『デスパレートな妻たち』(以下『デス妻』)。本作でシングルマザーのスーザン・メイヤーを演じたテリー・ハッチャーが、『デス妻』をリバイバルさせたいと語っている。米E!Onlineが報じた。

【関連記事】『デス妻』に見る、現実ならすでに重罪犯!実際にばれていたら誰の罪が一番重い??<スーザン編>

英ITVのトーク番組『Loose Women』にゲスト出演したテリーが、「本シリーズが復活するならカムバックしますか?」との質問に、次のように答えている。「きっと私が一番乗りね。もちろんよ。シリーズが終わってほしくなかったし、どのキャラクターも大好きだもの」とコメントし、かなりリバイバルに乗り気な様子。

しかし、クリエイターのマーク・チェリーはリブートさせるつもりはないようで、その点については、以前にガブリエル役を演じたエヴァ・ロンゴリアも触れていたことがある。エヴァもテリーと同じく、「リバイバルを望んでいる」と述べていたこともあり、ファンとしてはチェリーの心変わりを期待したいところだろう。

『デス妻』終了後、テリーは米CWのスーパーヒロインドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』や、米CBSのコメディ『The Odd Couple(原題)』に出演。エヴァは、米NBCのコメディドラマ『Telenovela(原題)』に主演し、サスペンスコメディ『デビアスなメイドたち』、新作ドラマ『Grand Hotel』などのプロデューサー業で多忙を極めている。また、リネットを演じたフェリシティ・ハフマンは、社会派法廷ドラマ『アメリカン・クライム』の演技で高い評価を得て、ブリー役のマーシャ・クロスも犯罪サスペンスドラマ『クワンティコ』に出演し、それぞれが活躍している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『デスパレートな妻たち 8』
(c) ABC Studios

米ABCでシーズン14が放送中の人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』から、二人のレギュラーキャスト、ジェシカ・キャプショー(アリゾナ・ロビンス役)とサラ・ドリュー(エイプリル・ケプナー役)が降板することが明らかになった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『グレイズ・アナトミー』ももうすぐ仲間入り!? 【ランキング】15年以上続いたご長寿海外ドラマ TOP7

正式な更新発表はまだだが、1月に主演のエレン・ポンピオがABCスタジオとの契約を2年延長したことから、シーズン15、16の製作はほぼ確定したと見られている同作。しかしジェシカとサラは現在放送中のシーズン14をもって去るという。シーズン5から加わったジェシカと、シーズン6から参加するようになったサラは、これまでおよそ200話に出演してきた。そんな二人の降板理由について、ショーランナーと製作総指揮者、脚本家を兼任するクリスタ・ヴァーノフは純粋に製作上の判断だと説明。「脚本家としての私たちの仕事は、キャラクターがどこへ進むかを追うことであって、時には愛しているキャラクターにお別れを言わなければならないこともあるの」と述べている。

しかし、一部では別の理由がささやかれている。二人を削らなければならなくなったのは、エレンの契約更新による大幅な昇給が原因だという説だ。エレンは主演のほか、シーズン14より製作にも名を連ねており、現在製作中のスピンオフドラマからの収入もあって、先日の更新後には一話あたり57万5000ドル前後(約6億円)、1シーズンで2000万ドル(約21億円)と、ドラマシリーズの女優として最高の金額を手にすることになると報じられている。

なお、シーズン14をもって去るレギュラーはジェシカとサラだけとのこと。降板劇が発表された今月8日(木)に第14話が放送された同シーズンは、全24話となる予定。ジェシカとサラは一体どんな形で病院を後にすることになるのだろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C) ABC Studios

2003年から4シーズン続いた青春ドラマ『The O.C.』のサンディ・コーエン役や、『コバート・アフェア 』のアーサー・キャンベル役で人気のベテラン俳優ピーター・ギャラガーが、米CBSの新作法廷ドラマに出演することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『The O.C.』から12年、気になる出演者のその後は?【男優編】

ピーターが出演する『Main Justice(原題)』というタイトルのこの新作は、実在するアメリカ司法長官を務めたエリック・ハンプトン・ホルダーの職務と人生を元に描かれた作品。『サウスランド』や『スパイダーマン:ホームカミング』のボキーム・ウッドパインが演じる、着任したばかりのマイルズ・ブレア司法長官を中心に描かれる。マイルズは、歴代司法長官として最年少で着任しながらも、かつてない大掛かりな規模の国内の法的調査を推し進めていく。司法省の5階を舞台に、そんな波乱に満ちた日々が繰り広げられていく。

ピーターは同作で、アメリカ合衆国のホワイトベック大統領を演じる。ホワイトベックは、マイルズを指名、着任した若き司法長官が、まっすぐ悪に立ち向かうことに満足する。だが、マイルズのあまりにも型破りな決断が、ホワイトベック大統領の国内外における外交や問題に広く影響を及ぼす事になり、マイルズを指名した事を懸念し始めるようになる。また『レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀』のティモシー・ハットンが、マイルズが指名されるまでの間、一時的に司法長官だった司法副長官、トーマス・ヤロウを演じる。トーマスは、強烈なエゴの持ち主で、マイルズが指名されたことにより、彼について何かした批判的になるというキャラクター。

同作は、『CSI』シリーズクリエイターのジェリー・ブラッカイマーが製作、サニル・ネイヤー(『リベンジ』)がショーランナーと製作総指揮も務める。(海外ドラマNAVI)

Photo:ピーター・ギャラガー
(C) FAM008/FAMOUS

米CWで製作される「ロズウェル事件」をモチーフにした『ロズウェル 星の恋人たち』のリメイク版に参加する新たなキャストが明らかになった。米TVLineが報じた。

【関連記事】集まれイケメン高校生キャラ!<前編> ~演じる人気イケメン俳優とともにご紹介~

このほど出演が決まったのは『プリティ・リトル・ライアーズ』のケイレブ役で知られるタイラー・ブラックバーンと、『オリジナルズ』で人狼のリーダー、ジャクソンを演じたネイサン・パーソンズ。

リブート版で主演を務めるのは人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』に出演しているジャニーン・メイソン。ジャニーンが演じる主人公リズは故郷のニューメキシコ州ロズウェルに戻ると、高校の時に想いを寄せていた男性が実はエイリアンだったことを知ってしまう。彼を守ることによって二人は再び親密になるが、そこに政府までもが関わってきて...というストーリーになるようだ。今回のリズは両親が不法移民者という設定で、その点がリブート版の大きなテーマとなるようだ。

ネイサンは、主人公リズがティーン時代に恋していた、実はエイリアンだった男性に扮する。一方タイラーが演じるのは中東から帰国したアレックス・マネス軍曹。父親の期待に応えるために、自分の夢と愛する人との将来を諦めようとしているという役どころだ。

脚本を担当するのは『オリジナルズ』を手がけたカリーナ・アドリー・マッケンジー。(海外ドラマNAVI)

Photo:タイラー・ブラックバーン
(C)Phil Roach/FAMOUS

2013年に韓国で大ヒットを記録した『グッド・ドクター』の米ABCが手がけるアメリカリメイク版『グッド・ドクター 名医の条件』。放送直後より大ヒットとなった同作が、シーズン2へ更新されることが決定した。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キムがプロデュース、韓国ドラマのリメイク『グッド・ドクター』は、今までの医療ドラマとは違う!

3月7日(水)、公式Twitterで「The doctor is in for a SECOND season!  Congratulations to #TheGoodDoctor!!(シーズン2にもあのドクターが出ます!"グッド・ドクター"、おめでとう!)」のコメント入りで、朗報をファンに届けた。

同作は、サヴァン症候群と自閉症を抱えている若手外科医ショーン・マーフィー(フレディ・ハイモア)が、カリフォルニアの権威ある病院に、外科研修医として採用されるところから始まる。共演者に、リチャード・シフ(『ザ・ホワイトハウス』)、アントニア・トーマス(『恋愛後遺症』)、ニコラス・ゴンザレス(『プリティ・リトル・ライアーズ』)、チュク・モデュー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ヒル・ハーパー(『リミットレス』)、アイリーン・ケン(『ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所』)、ボー・ガレット(『フリーランサー NY捜査線』)、タムリン・トミタ(『よみがえり ~レザレクション~』)らが名を連ねている。

同作は第一話から今日までの平均視聴者数が1000万超と、ABCで最も多く視聴され、同局の大人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』に続き二番目の高視聴率を誇る作品となった。『HAWAII FIVE-0』シリーズのチン・ホー・ケリー役で知られるダニエル・デイ・キムが製作総指揮を手掛け、主人公ショーンを演じるのは『チャーリーとチョコレート工場』や『ベイツ・モーテル』で有名なフレディ・ハイモア。フレディはこの演技で第75回ゴールデン・グローブ賞にノミネートもされた。同作は、放送開始後二話目にして、フルシーズンのオーダーも決定していた。『シーズン1のフィナーレは、3月26日(月)の予定。『グッド・ドクター 名医の条件』はWOWOWプライムにて4月より放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『The Good Doctor』
(C) 2017 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の映画『ファーゴ』をベースにした人気シリーズ『FARGO/ファーゴ』でガス(コリン・ハンクス)の娘グレタを演じているジョーイ・キングと、大ヒットファンタジー大作『ハリー・ポッター』シリーズのコーマック役で知られるフレディ・ストローマが米CWの新作パイロットで共演することになった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】『ミディアム』にはまってスピリチュアルスポット訪問!?

『スピン・シティ』のクリエイター、ビル・ローレンスが手掛ける『Dead Inside(原題)』は、爆発事件で亡くなったザック・ゲイツ(フレディ)と生き残ったエミー・ゲイツ(ジョーイ)を中心に描くスーパーナチュラル刑事ドラマ。ザックは完璧でロックスターのような魅力の自信家。幽霊として戻って来た彼は、自分に近かった人たちについて、驚きの事実を知ることになる。一方エミーは彼女自身が思っているよりもタフで強い女性。自信はないが、決断力やユーモア、皮肉で補う。死んだ兄が幽霊として戻ってくると人生は一転し、殺人事件や彼のやり残した未解決事件を解決するために協力することになる。

脚本はケイティ・ラブジョイ、監督はマイケル・パトリック・ジャン(『それいけ!ゴールドバーグ家』)。製作総指揮はドーザー・ローレンスとジェフ・インゴールド(『ラッシュアワー』)。

また、併せてヘイリー・マリー・ノーマン(『iゾンビ』)の出演も決定。偏見のないおしゃべりなポートランド警察の受付嬢、ジャイラ・ハリスを演じる。ジャイラはエミーの数少ない真の支持者の1人だという。

脚本はケイティ・ラブジョイ、監督はマイケル・パトリック・ジャン(『それいけ!ゴールドバーグ家』)。製作総指揮はドーザー・ローレンスとジェフ・インゴールド(『ラッシュアワー』)。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ジョーイ・キング (C)NYKC/FAMOUS
フレディ・ストローマ (C)NYKC/FAMOUS

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたケイシー・アフレックが主演し、兄で俳優のベン・アフレックがメガホンを取った映画『ゴーン・ベイビー・ゴーン』。そのドラマ版が製作されるとのニュースは当サイトでもお伝えしたが、人気サスペンスホラードラマ『オリジナルズ』に主演したジョセフ・モーガンが主役の一人を演じることが明らかとなった。

【関連記事】こんなにチャーミングな"俺様系"悪役みたことない!『オリジナルズ』クラウスの魅力を徹底解剖!

映画版は、デニス・レヘインの小説「私立探偵パトリック&アンジー」シリーズの4作目にあたる「愛しき者はすべて去りゆく」を映像化した社会派ミステリーサスペンス。ボストンのドーチェスターを舞台に、少女誘拐事件の捜査を手伝うことになった私立探偵のパトリックとアンジーが、事件の背後に潜む現代アメリカ社会の深い闇に直面し、苦悩と葛藤を抱えていく様が描かれる。

米FOXが製作するタイトル未定のパイロット版でジョセフはパトリック役を演じ、相棒となるアンジー役は現時点では未定。映画版ではケイシーがパトリックに扮し、宗教をテーマにしたHuluのドラマ『THE PATH/ザ・パス』に出演するミシェル・モナハンがアンジーを演じていた。

海賊アドベンチャードラマ『Black Sails/ブラック・セイルズ』でクリエイターを務めたロバート・レヴィーンがドラマ版の製作総指揮&脚本を手掛け、原作者のレヘインも共同製作総指揮に名を連ねている。

イギリス出身のジョセフは、『オリジナルズ』の本家となる『ヴァンパイア・ダイアリーズ』でもクラウス役を演じ、『オリジナルズ』は、米CWにて4月より放送スタートするシーズン5をもって幕閉じすることが決定。その他には、映画『インモータルズ -神々の戦い-』『ミスター・ロンリー 』、『アレキサンダー』など映画作品にも多数出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『オリジナルズ』
(C)2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

全米で社会現象を巻き起こしてエミー賞を総なめにし、スピンオフ『ベター・コール・ソウル』も大ヒットしている人気犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』。TVシリーズ史の中でも大成功を収めたと言える本作だが、クリエイターのヴィンス・ギリガンにはやり直したいと思う部分があるようだ。

【関連コラム】『ブレイキング・バッド』で大ブレイクのアーロン・ポール、"ジェシー・ピンクマン"を終えて...

英Metroによれば、ギリガンはもし2013年に戻ることができるならば、ジェシー・ピンクマンの容姿を変えたいのだという。「ジェシーの歯が完璧だったことがとても残念なんだ。アーロン・ポールの歯は完璧だったけど、ジェシー・ピンクマンというキャラクターはむしろ毎週のように生き地獄を味わっていた」

続けて、「それから彼は歯にもダメージを与えるかなりの量のドラッグを吸っていた! そこの描写が弱かった...」と振り返り、より細部にこだわって表現したかったと後悔をにじませた。

アーロンが演じたピンクマンは、主人公ウォルター(ブライアン・クランストン)の教え子で、ドラッグの精製をしていたことから彼のパートナーとなる主要キャラクターの一人。確かにピンクマンは薬物乱用者で度々暴行を受ける場面もあったため、ボロボロの歯で登場することも面白いアイディアの一つだったかもしれない。しかし、ギリガンは現在も『ベター・コール・ソウル』を製作しており、将来的にジェシー・ピンクマンを登場させたいという考えも明かしているので、リベンジを果たす機会を得る可能性もある。

とは言え、ピンクマンが犯罪から足を洗っていることを望んでいるというギリガンは、「僕はただ彼が誰かいい人に会って、もう犯罪者にはならず、過去に直面したような恐怖をもう経験しないでくれればいいと思っているんだ。僕はずっとこのキャラクターが好きだった」「そのキャラクターが将来再登場するかはわからない。どんなことも可能だ」とコメントしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』
(C)2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

セクシーな魔女姉妹の活躍を描く大ヒットドラマシリーズ『チャームド ~魔女3姉妹~』。米CWで製作されるリブート版で、姉妹の最後のキャスティングが発表された。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】『チャームド』アリッサ・ミラノ、元共演者のシャナン・ドハティと仲直り!

今回決定したのは、『バッドランド 〜最後の戦士〜』のヴェイル役や『トゥモロー・ピープル』のアストリッド・フィンチ役で知られるマデリン・マントック。リメイク版で物語の中心となるのはメル&マディソンとメイシーの3人で、マデリンは、メイシーを演じる。

現実的で、頭脳明晰な遺伝学者のメイシーだが、超常現象の存在を知り仰天してしまうという役柄だ。また、レズビアンの姉メルには、映画『靴職人と魔法のミシン』のカーメン役で知られるメロニー・ディアスが、そして『ブルックリン警察 -内部告発-』でクリスティーナ役を演じたサラ・ジェフリーが大学一年生の末の妹マディソン役でキャスティングされている。また、メイシーの恋人ガルヴィン役に、『シカゴP.D.』『地味っこジェーンの大胆な放課後』などに出演しているサーダリウス・ブレインが決定しており、その他の共演者にはAmazonオリジナル『高い城の男』のフランク役、ルパート・エヴァンスがいる。

米CWの人気コメディドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で製作総指揮に名を連ねているジェシカ・オトゥールとエイミー・ラーディンが、脚本、製作総指揮を担当する。1998年から2006年まで放送されたオリジナル版の主人公は、プルー(シャナン・ドハティ『ビバリーヒルズ高校/青春白書』)とパイパー(ホリー・マリー・コムズ『プリティ・リトル・ライアーズ』)、フィービー(アリッサ・ミラノ『溺れる女たち ~ミストレス~』)による3人姉妹。シーズン3で降板したシャナンに代わり、シーズン4からはペイジ・マシューズ役でローズ・マッゴーワンが出演していた。今回のリブート版では、学生が多く住む街を舞台に、この3姉妹が、自分たちに隠された能力に目覚めるというストーリー展開で描かれる。(海外ドラマNAVI)

Photo:マデリン・マントック
(C)FAM020/FAMOUS

人気俳優のジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』)とマギー・ギレンホール(『ダークナイト』)が主演を務め、1970年代のポルノ業界の裏側を描くエロティック・ドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』。ジェームズが、性格が対照的な双子の兄弟を1人2役で演じ、マギーが娼婦からポルノ映画製作者へ転じる女性を、ためらいのない脱ぎっぷりとリアルなセックスシーンで体当たりで演じ、ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされた話題作がついに日本上陸! 風俗業界が認知されていく時代の人間模様を赤裸々に描いた全8話R15指定の話題作をスターチャンネルで日本初放送する。

【関連記事】ジェームズ・フランコ主演のHBOの新ドラマ、シーズン2へ更新

物語は1971年ニューヨーク、地元の人間から"デュース"というニックネームで呼ばれる一角で展開する。タイムズスクエアの近くで今では華やかなエリアだが、当時は普通の女性は一切歩かなかったと言われる歓楽街。夜は娼婦が路上に立ち客を探し、朝になると娼婦や店を閉めたバーテンらが家路につくというブロックだ。警察は形だけのルーティーンの取り締まりをし、隠れた娼館として営業しているバーからは見過ごす代わりに金を取り私腹を肥やす。ビデオ店の片隅にはポルノを覗き見できるコーナーがあり、そこに目を付けたマフィアがそのコーナーを個室に作り替え儲けをあげる。それと同時に需要が高まっていったポルノ業界は作品を量産するため、路上に立っていた娼婦たちがポルノ撮影現場にどんどん引き抜かれ、ヒモは存在価値がなくなっていき...という変化を遂げていた。

『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のデヴィッド・サイモンと『ザ・パシフィック』のジョージ・ペレカノスがクリエイターを務め、製作総指揮はサイモン、ペレカノスに加えニナ・コストロフ=ノーブル(『HERO 野望の代償』)、リチャード・プライス(『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』)、出演者でもあるジェームズとマギーらが務める。

ポルノビジネスの原点をリアルに、且つ過激に描いたエロティックドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』はスターチャンネルで4月9日(月)より放送スタート。

■『DEUCE/ポルノストリート in NY』 放送情報
スターチャンネルにて4月9日(月)23:00より放送スタート(全8話)
毎週月曜 23:00~[字] STAR2
毎週木曜 22:00~[二] STAR3

(海外ドラマNAVI)

Photo:『DEUCE/ポルノストリート in NY』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

1998年から8シーズンにわたり放送された、セクシーな魔女姉妹の活躍を描く人気ドラマシリーズ『チャームド ~魔女3姉妹~』。米CWで製作されることが決定したリメイク版に、Amazonの歴史改変SFドラマ『高い城の男』で、憲兵隊に家族を殺されたフランク・フリンク役を演じるルパート・エヴァンスが出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】【まとめ】大手批評サイト「ロッテン・トマト」で100%を取ったことのある海外ドラマ9作品

リメイク版でストーリーの軸となるのはメル&マディソン、メイシーという3姉妹で、ルパートが演じるのはハンサムな教授ハリー役。存在感があり抗し難い魅了を持つ彼は、3姉妹に謎めいた関心を示す...という役どころ。ハリーはオリジナル版に登場した、新米魔女を導くホワイトライターではないかと見られている。

3姉妹のマディソン役には、刑事ドラマ『ブルックリン警察 -内部告発-』でジェニファー・ロペス演じるハーリー・サントスの娘クリスティーナを演じたサラ・ジェフリーが、メル役にはメロニー・ディアス(映画『靴職人と魔法のミシン』のカーメン役)がすでに決定している。また、メイシーの恋人カルヴィンには、サーダリウス・ブレイン(『シカゴP.D.』、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)がキャスティングされている。

『高い城の男』はシーズン3の撮影が終了したところで、『チャームド』リメイク版への出演が、フランク役を演じるルパートのシーズン4への出演にどう影響するのか気になるところだ。イギリス出身の彼は、ホラー映画『ザ・ボーイ ~人形少年の館~』、グアンタナモ収容所の現実を描く『悪魔のリズム』、ユアン・マクレガー主演の政治サスペンス映画『アメリカン・バーニング』などに出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルパート・エヴァンス
(C)AVTA/FAMOUS

処女のジェーンが、誤って人工授精を受けて妊娠してしまうコメディドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で主役を演じるジーナ・ロドリゲスが、米FOXの刑事コメディドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』にゲスト出演すると報じられている。米TV Lineが伝えた。

【関連記事】【お先見】アンドレ・ブラウアーのデッドパン演技が笑える警察ものシットコム『ブルックリン・ナイン-ナイン』

現時点でFOXから正式な発表はないが、ジーナがInstagramに「本シリーズにゲスト出演する」との内容をアップ。その投稿によると、ジーナはバイセクシャルのローザ・ディアス刑事(ステファニー・ベアトリス)と恋仲になる役を演じるようだが、その投稿は後に削除されている。以前ステファニーは、ジーナに「ローザの恋愛対象となる役を演じてほしい」と語っていたことがあり、ジーナも彼女のリクエストに好意的に返答していたことから、もしジーナがInstagramに上げた内容が事実ならステファニーの望みが叶うことになる。

『ジェーン・ザ・ヴァージン』でブレイクを果たしたジーナは本作での演技が認められ、ゴールデン・グローブ賞テレビ/コメディ・ミュージカル部門の主演女優賞を受賞。Netflix製作のSFアクション映画『アナイアレイション -全滅領域-』では準主役を演じ、2018年はラブコメ映画『Someone Great(原題)』、アクションスリラー映画『Miss Bala(原題)』をはじめとする作品が目白押し。映画&ドラマ界を問わず、引っ張りだこの売れっ子ぶりとなっている。

ジーナだけでなく、『THIS IS US 36歳、これから』でランダル役を演じるスターリング・K・ブラウンの登場も報じられている『ブルックリン・ナイン-ナイン』シーズン5の後半は、米FOXにて3月18日から放送スタート。ジーナが主演する『ジェーン・ザ・ヴァージン』シーズン4は、米CWで毎週金曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ジェーン・ザ・ヴァージン』
Greg Gayne/The CW(C)2014 CBS Broadcasting,Inc.all Rights Reserved.

大人気サスペンス・コメディドラマ『デスパレートな妻たち』(以下『デス妻』)で、自殺したメアリー・アリスの夫ポールを演じたマーク・モーゼスが、ケイティ・ホームズが主演する米FOXの新作ドラマのパイロット版に出演することが分かった。米Varietyが報じている。

【関連記事】【その他】終了から5年!『デスパレートな妻たち』の出演者は今?

タイトル未定の本作で物語の中心となるのは、国内で起きたテロの捜査に当たるヘーゼル・オーティスFBI捜査官。優秀な長官と不貞関係を持ち、FBIでの立場や私生活を脅かされた彼女が、"愛人"のレッテルを貼られた自身の社会的評判を取り返し、人生を立て直そうと奮起する姿が描かれる作品。

ケイティが主人公ヘーゼルに扮し、マークが演じるのは彼女の上司でFBI捜査局長官のチェイス役。その他に、レズビアンの世界を描く『Lの世界』にターシャ役で登場したローズ・ロリンズが、ヘーゼルの味方となるサラ・ルイスFBI捜査官にキャスティングされている。

本作で脚本&製作総指揮を手掛けるのは、『Lの世界』でクリエイターを務め、『Empire 成功の代償』『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』で製作総指揮を担ったアイリーン・チェイケンと、犯罪捜査ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』でペンを執ったメリッサ・スクリヴナー=ラヴ。

『デス妻』の放送が終了後、マークは『HOMELAND』にデニス・ボイド教授役で登場し、犯罪捜査ドラマ『THE KILLING ~闇に眠る美少女』ではエリック・カールソン警部補を演じるなど権威ある役柄を演じることが多い。『ザ・ラストシップ』『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』、『MAD MEN マッドメン』といった人気ドラマシリーズにも数多くゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーク・モーゼス
(C)HUBERT BOESL/FAMOUS

アメリカとメキシコの麻薬戦争を描いた『トラフィック』でアカデミー賞監督賞を受賞し、大ヒット『オーシャンズ』シリーズや『ローガン・ラッキー』を手がけたスティーヴン・ソダーバーグ。彼がHBOとタッグを組み、『氷の微笑』のシャロン・ストーンが主演を務めたクライムサスペンスドラマ『モザイク~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』がついに日本初上陸!

【関連記事】ハイクオリティーの海外ドラマ、HBO作品を多数放送!今、スターチャンネルが熱い!!

本作は、シャロン・ストーン演じる絵本作家、オリヴィア・レイクが婚約者に殺害されたと考えられていた事件から4年後、彼女の遺体の一部が発見され、事態が一変する様子を描いた犯罪ドラマ。不気味で人間味のある犯罪ドラマに仕上がっている。

キャストは他にフレデリック・ウェラー(『ザ・プロテクター/狙われる証人たち』)、ギャレット・ヘドランド(『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』)、ジェームズ・ランソン(『THE WIRE/ザ・ワイヤー』)、ポール・ルーベンス(『GOTHAM/ゴッサム』)らが名を連ねている。

■『モザイク~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』 放送情報
スターチャンネルにて4月12日(木)23:00より放送スタート(全6話)
毎週木曜 23:00~[字] STAR2 ほか
(第1話 先行無料放送! 4/8(日)23:00~[字] STAR1)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『モザイク~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』 ©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

イギリスで驚異的な視聴率を獲得し、英国アカデミー賞で3つの賞に輝いた大ヒットクライムサスペンス『ブロードチャーチ』の最終シーズンが、WOWOWプライムにて4月28日(土)と29(日)の二日間にわたり一挙放送されることが決定した。

【関連記事】『ブロードチャーチ ~殺意の町~』 疑い始めたら止まらない! ミステリーの本場イギリスが仕掛ける巧みな疑惑のワナ

『ブロードチャーチ3~殺意の町~』は英ITVで2017年2~4月に放送された。第2シーズンの初放送以来約3年ぶりに、惜しくも最終章となった第3シーズンを、今回日本初放送する。海沿いの平和な町、ブロードチャーチで起きた悲劇から3年、新たな事件が発生する。

新シーズンは、ある女性が性的暴行され、ブロードチャーチ署のアレック・ハーディ警部補(人気SFドラマ「ドクター・フー」の10代目ドクター役で知られるデヴィッド・テナント)とエリー・ミラー刑事(映画『オリエント急行殺人事件(2017)』のオリヴィア・コールマン)が捜査に当たることになる。捜査を進めるうちに関係者たちの秘密や意外な事実が次々と明らかになっていく。そしてたどり着く事件の真相とは―。

英国アカデミー賞TVの部でドラマシリーズ作品賞など3つの部門で受賞し、米国やフランスでリメイク版が作られるほどの大反響を呼んだ秀作サスペンス。その最終章とあって見逃せない『ブロードチャーチ3~殺意の町~』は、4月28日(土)と29日(日)13:00より4話ずつ放送(全8話)[第1話無料放送]。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブロードチャーチ3~殺意の町~』最終章 (c) Kudos Film and Television Limited 2017

ホワイトハウスを舞台に、大統領とその側近を描いた政治ドラマ『ザ・ホワイトハウス』で、ジョシュ・ライマン次席補佐官を演じたブラッドリー・ウィットフォード。彼が、Huluの話題作『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2に出演することが明らかとなった。米VARIETYが報じている。

【関連記事】【写真】第75回ゴールデン・グローブ賞ファッション~『ハンドメイズ・テイル』エリザベス・モス、『ザ・ホワイトハウス』ブラッドリー・ウィットフォードもお目見え~

本作は、カナダ人作家マーガレット・アトウッドのディストピア小説「侍女の物語」をドラマ化したシリーズ。舞台は、環境汚染により少子化問題が深刻化した宗教主義国ギレアド共和国。子どもを産むことが出来る健康な女性は、侍女として支配者層に仕えることを余儀なくされ、そんな恐ろしい世界で、侍女として仕えることになったオブフレッド(エリザベス・モス)の数奇な人生が描かれる。

シーズン2でブラッドリーが演じるのは、ギレアド共和国の財政を任されているジョセフ・ローレンス司令官。荒々しい性格で近寄り難い彼は、"狂気の天才"的な雰囲気を醸し出す一方で茶目っ気あるユーモアを披露したり、ふとした優しさを見せる一面もあり、彼の侍女にとってはミステリアスな存在という役どころ。

ブラッドリーは、人気犯罪捜査ドラマ『メンタリスト』の殺人鬼ティモシー・カーター役でも知られ、『トランスペアレント』『シェイムレス 俺たちに恥はない』といった人気ドラマシリーズにも多数ゲスト出演。『アイ・ソー・ザ・ライト』『ゲット・アウト』などの映画作品にも登場している。

日本では、Huluにて『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン1が2月28日(水)より配信スタート。アメリカでは、シーズン2が4月25日(水)よりストリーミング開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッドリー・ウィットフォード (C)NYPW/FAMOUS

米ABCの大人気政治ドラマ『スキャンダル 託された秘密』の大統領夫人メリー役で知られるベラミー・ヤングが、同局の新作ソープドラマ『False Profits(原題)』に出演することがわかった。米TVLineが報じた。

【関連記事】『スキャンダル』だけじゃない!2018年に終了する海外ドラマ12選

コメディドラマとなる本作は、「『デスパレートな妻たち』が『摩天楼を夢みて』の世界へ」とキャッチコピーがつけられている通り、アリゾナ州郊外で暮らす妻たちが、化粧品のマルチ商法でバトルを繰り広げる様が描かれる。ベラミーが演じるのは2人の子供を持つシングルマザーのローラ。彼女は化粧品を売るという契約を交わすが、自分がどんなことに巻き込まれるのか想像もしていなかった...。

パイロット版の脚本を書くのはカイラ・アルパート(『コード・ブラック 生と死の間で』)。ベラミーの他にコーシャ・パテル(『リゾーリ&アイルズ』)と新人俳優のカピール・タルウォーカーがレギュラー出演する。

ベラミーは現在放送中で4月に終了するシーズン7をもって『スキャンダル』を降板することが決まっていた。ホワイトハウスからは去ることになるが、ABCとの縁は今後も続いていく。彼女とともに、主人公オリヴィア(ケリー・ワシントン)の父親ローワン・"イーライ"・ポープ を演じたジョー・モートンも降板し、今後は米CBSの新作パイロットに出演することがわかっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベラミー・ヤング (C)NYPW/FAMOUS

日本でも大きな話題を呼んでいるヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』。20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社(以下、20世紀FOX)は3月6日を「THIS IS USの日」と定め、日本記念日協会の認定を受けた。

【関連特集】これは私たちみんなの物語。『THIS IS US』特集

誕生日が同じ「36歳」の男女4人が、そのタイミングで大きな壁にぶつかり、戸惑いながらも大切な人や物事に気づかされ、泣いて笑って未来へと前進していく姿を描いている本作。そんな人生の分岐点となった「36歳」にちなんで3月6日を「THIS IS USの日」とし、大切な人やものを想い、感謝を伝える日となるようにという願いが込められた。

この記念日の認定にあたり、東京都港区六本木の20世紀FOX本社にて、日本記念日協会の加瀬清志理事長より川合史郎社長へ「THIS IS USの日」の認定書が授与された。川合社長は「私がFOXに入社したのも36歳の時だったので、人生において非常に大事な年齢だと実感している。36歳までに頑張っておけば、その後の人生に多大な影響を及ぼすだろう。このドラマには自分の人生に共感できるポイントが必ずどこかにあるので、特にこれから36歳を迎える人には本作をヒントにしながら頑張っていただきたい」と述べた。

なお、記念日として制定されてから初めて迎えることになる3月6日(火)当日は、吹替声優が舞台挨拶に登場する"涙活"試写会の実施が予定されている。

本国アメリカで放送中のシーズン2も、前シーズンに続いて多くの視聴者を獲得。2月4日に放送された回は、14.1レーティング、2697万人と同番組史上最高の成績を記録している。

日米を沸かせている『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』は、DVD好評リリース中、デジタル配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:加瀬清志理事長と川合史郎社長 『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』 (C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

2013年に韓国で最高視聴率21%を記録した医療ドラマ『グッド・ドクター』のハリウッド版リメイクとなる『グッド・ドクター 名医の条件』。日本でも人気の海外ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』のデイヴィッド・ショアと、『HAWAII FIVE-0』のダニエル・デイ・キムがプロデュースし、昨年9月から全米ABC系で大ヒット中の本作をどこよりも早くWOWOWが4月5日(木)より日本初放送。

【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キムがプロデュース、韓国ドラマのリメイク『グッド・ドクター』は、今までの医療ドラマとは違う!

2017年秋に米ABCでスタートした本作は、全米視聴ランキングで毎週のようにトップ10入りし、昨年秋スタートした新作ドラマとして最高クラスの成績を記録。天才的な能力を持つ、自閉症でサヴァン症候群の青年が周囲からの偏見や反発を乗り越え、ドクターとして成長していく姿を描く。難病を抱える主人公の外科医を、『チャーリーとチョコレート工場』などの映画で名子役と呼ばれ、ドラマ『ベイツ・モーテル』シリーズでも好演した若手男優フレディ・ハイモアが熱演し、第75回ゴールデン・グローブ賞TVの部・ドラマ主演男優賞にノミネートされている。

自閉症だが天才的記憶力を持つサヴァン症候群である青年医ショーンが、膨大な医学の知識を駆使して大病院に旋風を巻き起こす......。他人の気持ちが分からなかったり、細かいことを気にし過ぎたりするショーンだが、一度読んだ医学書はすべて暗記し、それを難病の患者の治療に応用して大活躍。保守的な病院関係者・先輩ドクターの偏見や反発を乗り越えながら成長していくショーンの新生活が、痛快で感動的なヒューマンメディカルドラマだ。

『グッド・ドクター 名医の条件』(全18話)は、4月5日(木)23:00よりWOWOWプライムにて放送スタート(第1話無料放送)。また、今作の放送に先駆けて、韓国ドラマ『グッド・ドクター』(全20話)をWOWOWオンデマンドにて一挙配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ドクター 名医の条件』 (c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。