今見るべき一押しドラマ!
『マーダーズ・イン・ビルディング』が世界中で多くのファンを虜にする3つの理由

数々のドラマ賞を受賞するなど世界中で話題を集めたミステリー・コメディドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』。待望のシーズン2の配信が控える本作だが、今回はシーズン1をまだ見たことが無いという方向けに、本作が世界中で多くのファンを虜にしている3つの理由を紹介しよう。

豪華なキャスト陣による、個性的なキャラクター

本作が注目される大きなきっかけとなったのが、そのキャスト陣。ディズニー・チャンネルのオリジナルドラマ『ウェイバリー通りのウィザードたち』で、ティーンから絶大な人気を博して以来、8年ぶりの主演を務める、セレーナ・ゴメス

さらに、『愛しのロクサーヌ』や『花嫁のパパ』などの米国コメディ界のレジェンド、スティーブ・マーティン。そして伝説のコメディ映画『サボテン・ブラザース』でスティーブと共演し、彼とは35年来の親友だという名優マーティン・ショートという豪華な三人がメインキャラクターとして出演。

『マーダーズ・イン・ビルディング』場面画像

この三人が、几帳面で神経質な元テレビスター、チャールズ(スティーブ)。元ブロードウェイ舞台のやり手監督だったが、今はお金に困っている“オリバー(マーティン)”。そして、二人の孫ほど年の離れた、芯の強いがどこか謎を秘めた女性“メイベル(セレーナ)”。という個性的なキャラクターたちに命を吹き込み、それぞれがどこかコミカルで愛らしい魅力的な人物像を作り上げている。

現代風にアレンジされたミステリー要素

本作は、チャールズ、オリバー、メイベルというご近所さん三人が、偶然意気投合し、自分たちの住む高級マンションで起こった殺人事件の捜査に乗り出すという物語だが、本作が特徴的なのは、この三人の共通点にある。

それは、“実録犯罪番組マニア”だということ。近年注目を集める音声メディア、ポッドキャストで配信される実録犯罪番組がとにかく好きで、あこがれている三人は、殺人事件の捜査に乗り出すと同時に自分たちのポッドキャスト番組をスタートさせてしまう。

『マーダーズ・イン・ビルディング』場面画像

ミステリーでありがちな設定の中での、現代風なアレンジがアクセントとなって予想だにしない出来事やスリリングな展開等、意外性のある物語が生まれ、人々を引き付ける全く新しい上質なミステリー作品となっているのだ。

上質なミステリーに程よく差し込まれるコメディ

本作の魅力は、上質なミステリーだけではない。コミカルに描かれる、チャールズ、オリバー、メイベルという癖の強いキャラクターたちによる、行き当たりばったりの捜査。警察や探偵とは違う“実録犯罪番組マニア”によるアマチュア捜査が、思いもよらぬ方向性に転がり出すところが、見る者の笑いを誘う作りとなっている。

シーズン1の中では、ミュージシャンである“スティング”が本人役で出演。彼らと同じ高級マンションの住人という設定になっているのだが、三人がそのスティングを殺人事件の容疑者候補に挙げ事情聴取(⁉)に行く場面があるなど、ミステリーとしてだけでなくコメディとしても十分楽しめるのが、本作の大きな魅力となっている。

『マーダーズ・イン・ビルディング』場面画像

豪華キャスト陣による個性的なキャラクター。ポッドキャストという現代的な要素でアレンジされた上質なミステリー。そして、ミステリーの中でも光るコメディ要素。これらによって、『マーダーズ・イン・ビルディング』は唯一無二のミステリー・コメディ作品として人気を博しているのだ。

配信が決定しているシーズン2では、この三人が新たな事件に巻き込まれ、これまで以上に予想だにしない展開に……!? 今後の進展から目が離せない本作、シーズン2の配信前にシーズン1を一気見してみては?

『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン1~2 配信情報

『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン1は、Disney+(ディズニープラス)のスターで配信中。シーズン2は6月28日(火)より配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『マーダーズ・イン・ビルディング』© 2022 20th Television. All rights reserved.