2019年2月アーカイブ

2007年から6シーズンにわたって放送され、世界中で若い女性を虜にした大ヒットドラマ『ゴシップガール』。同作でブレア・ウォルドーフを演じたレイトン・ミースターが出演する米ABCの新作コメディ『シングル・ペアレンツ』に、なんと夫のアダム・ブロディ(『The O.C.』)が出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『The OC』クリエイターが語る裏話。アダム・ブロディは船酔いしやすくて台詞も覚えなかった!?

『シングル・ペアレンツ』は、一人で子どもを育てる独身の親たちが、全てが思うように上手く行かないながらも、子どもとの生活に全力を注ぎ、また新しい恋に踏み出す。それぞれがシングル育児の苦労を分かち合いながら、子育てと自分の幸せの両立に向き合い、喜怒哀楽に満ちたシングル・ライフを突き進んでいく...というハートフルコメディ。

今回アダムが演じるのは、なんとレイトン演じるアンジーの別れた夫デレク。デレクはミュージシャンで、何年も前にアンジーを捨てた男。長いことデレクのことを気にかけていたアンジーに、シングルファーザーのウィル(タラン・キラム)は、デレクの居場所を突き止め、はっきりさせるように友人としてアドバイスするが、事はうまく運ばず...という展開になるようだ。

『The OC』のセス・コーエン役でブレイクしたアダムは、2011年の映画『The Oranges(原題)』の共演をきっかけにレイトンと交際を始める。その後二人は2014年2月に結婚2015年8月4日に第一子となる娘アーロちゃんを授かっている。

本作で指揮を執るのは、コメディドラマ『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』でクリエイターを務めたエリザベス・メリウェザーと、脚本を担ったJ・J・フィルビン。フィルビンは、メリウェザーと製作総指揮を担うだけでなく、パイロット版で脚本を手掛けている。メガホンを取ったのは、『モダン・ファミリー』や『23号室の小悪魔』のジェイソン・ウィナー。

レイトンがシングルマザーとして頑張る姿も魅力的だが、あまり私生活を見せないレイトン&アダム夫妻が、TVで元夫婦役をどのように演じるかも見ものだ。『シングル・ペアレンツ』は3月3日(日)22:30より、FOXスポーツ&エンターテインメントにて日本初放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:レイトン・ミースター&アダム・ブロディ夫妻
(c)FAM009/FAMOUS

大人気犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』でアレックス・クイン捜査官を演じたジェニファー・エスポジートが、『アリー/ スター誕生』で主演&監督を務めた元夫ブラッドリー・クーパーと、共演者レディー・ガガによる第91回アカデミー賞授賞式のパフォーマンスについて、一言発していることがわかった。米E!onlineが伝えている。

【関連記事】一体何があったの? スピード離婚のセレブたち

授賞式でガガは、『アリー/ スター誕生』の主題歌「Shallow」をピアノで演奏しながら歌い、曲の終盤でブラッドリーが横に座り、一つのマイクで顔を寄せ合ってデュエット。そんな、頬を寄せ合いながら熱唱する二人についてコメディ俳優デヴィッド・スペード(『ファーザー・オブ・ザ・イヤー』)が、「この二人がヤってない可能性ってある?」とコメントを添えてInstagramにアップ。その投稿にジェニファーが、「そうでしょうとも」と返信していたと報じられている。

ジェニファーとブラッドリーは2006年12月に結婚するも、わずか4カ月で破局。彼女は2014年に出版した自伝本「Jennifer's Way」でブラッドリーのことを、「山ほどあった危険信号に気づいていたけれど、無視することを選択した」と綴っていたとのこと。

その後ジェニファーは2014年11月にモデルのルイス・ダウワーと再婚したが、現在は離婚調停中だ。女優業の方は、警官ドラマ『ブルーブラッド』で2シーズンにわたってジャッキー・クラトーラを演じ、不倫サスペンスドラマ『アフェア 情事の行方』では主人公ノア・ソロウェイの妹ニーナ役で出演。コメディドラマ『サマンサ Who?』や医療ドラマ『マーシー・ホスピタル』にもゲストとして姿を見せた。最近ではコミックスのドラマ化となるAmazonの新作ヒーロードラマ『The Boys(原題)』への出演が決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』
(c) 2016 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

1990年代に社会現象を巻き起こした大人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)。以前、オリジナルキャストでのリバイバル版製作が企画されていると噂されていたが、ついにそれが実現することが決定した。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じている。

【関連記事】伝説の青春ドラマ、元祖「ビバヒル」キャストたちは今何してる!?

全6話構成のこのリバイバル版は、オリジナル版と同じ米FOXが製作を手がけ、タイトルも同じ『90210(原題)』と付けられており、今年の夏に放送予定。

現在公表されている出演者は、ジェイソン・プリーストリー(ブランドン・ウォルシュ役)、ジェニー・ガース(ケリー・テイラー役)、アイアン・ジーリング(スティーブ・サンダース役)、ブライアン・オースティン・グリーン(デビッド・シルバー役)、トーリ・スペリング(ドナ・マーティン役)、ガブリエル・カーテリス(アンドレア・ザッカーマン役)の6人だ。

ブレンダ・ウォルシュ役のシャナン・ドハティと、ディラン・マッケイ役のルーク・ペリーの名前はまだ発表されていないが、トーリは「ルークはゲスト出演してくれると信じている」と述べていた。ルークは現在、米CWの人気青春サスペンス『リバーデイル』に出演中のため、スケジュールを調整する必要があるようだ。

2017年12月、プロデューサーたちとトーリらが、お茶をしている姿が目撃されたことをきっかけにリバイバル版の噂が浮上。ジェニーとトーリが、リバイバル版について話し合いを進めていることを認めていた。そしてトーリは「私たちみんな、また一緒にドラマを作れることをとてもワクワクしているわ。家族が集まるときのような感じなの」とコメントもしており、製作に前向きなことを示唆していた。

今回のリバイバル版は、オリジナル版と『新ビバリーヒルズ青春白書』も手がけているクリス・アルベルギー二とマイク・チェスラーがプロデューサーを務め、出演がすでに決定している6名のキャスト全員も、製作総指揮に名を連ねる。

米FOXエンターテイメント社長のマイク・ソーンは、今回の発表を受けて以下のような声明を発表した。「同作は、全世代に多大な影響を与えたドラマです。他のどんな作品にもない斬新なストーリーと語り継がれるキャラクターたち、そんなパワフルな伝説の作品は、弊社のDNAの真髄なのです。そして皆さんが愛してやまないオリジナルキャストを再び集合させられたことを誇りに思います」

リバイバル版の気になる内容だが、趣向を凝らしたもののようだ。ジェイソンがブランドン、ジェニーがケリーなど同役を演じないという。その代わりに、19年の時を経て成長したジェイソンやジェニーら彼らが、自分たちのリアルな人生と人間関係にインスパイアされたストーリーになるという。

全世界で旋風を巻き起こした同作が終了してから19年。形は多少違えど、本作を待ちきれないファンは多いだろう。リバイバル版の夏の放送までの間に、オリジナル版を振り返ってみては。作品レビューや見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビバリーヒルズ高校白書』
(C)90-91 CBS Paramount International Television

現地時間の4月14日(日)より世界同時放送となる、大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の第八章。ついにやってくる死者の軍との戦いに向け、ウィンターフェルのあの女性は衣装を新調したという。米Entertainment Weekly(以下EW)がその秘密に迫った。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』キット・ハリントン&ローズ・レスリーが結婚!幸せなそうな姿を写真でレポート

「私にとっては初めての甲冑なの」。EWにそう語ったのは、サンサ・スターク役のソフィー・ターナー。甲冑と言っても、ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター=ワルドー)やブライエニー(グウェンドリン・クリスティー)のような金属のものではなく、漆黒の厚い革で作られたものだという。

「新しい衣装はとても保護的で、彼女自身が自分を守っているというアイデアよ。私は彼女(サンサ)にも鎧のようなものを身につけてもらって、戦士らしくしたいと思っていたの。彼女はウィンターフェルの戦士なんだもの」

残念ながら、現在公開されている第八章の写真や映像ではこの衣装を確認することはできない為、プレミア放送日を楽しみに待つしかないようだ。

この8年間を振り返ると、サンサの身なりは劇的に変化している。シリーズスタート当初は、母や妹と同じように北部スタイルだったが、キングズ・ランディングへ移動すると、王族スタイルに。リトルフィンガーことピーター・ベイリッシュ(エイダン・ギレン)に助けられ、彼の元で過ごしていた頃は、人気の高い "ダース・サンサ(映画『スター・ウォーズ』シリーズのダースベイダーの黒い衣装に似ていることから一部でそう呼ばれている)"スタイルを生み出し、ラムジー・ボルトン(イヴァン・リオン)と結婚した時は、シーズン1のスタイルがカムバック。その後、ジョン・スノウ(キット・ハリントン)と再会した頃には、さらにパワーアップした衣装を身にまとい...。

待望の第八章の放送開始日は、現地時間の4月14日(日)夜9時。日本では、 BS10スターチャンネルにて4月15日(月)より世界同時放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c) 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

ヒットメイカーのディック・ウルフ(『LAW & ORDER』)が手掛ける米NBCの『シカゴ・ファイア』とそのスピンオフ、『シカゴ P.D.』と『シカゴ・メッド』の計3作品が揃って次シーズンへ更新されることが明らかとなった。米TV Lineなどが報じている。

【関連記事】アメリカ人気ドラマランキング、『シカゴ』3作品がまたも揃ってランクイン!

シカゴの消防署を舞台にした『シカゴ・ファイア』はシーズン8、シカゴ市警が舞台となる『シカゴ P.D.』はシーズン7、シカゴの病院が舞台の『シカゴ・メッド』はシーズン5へと更新。NBCドラマ部門責任者のリサ・カッツとトレイシー・パコスタは、更新を受けて以下のような声明を発表した。「プロデューサーであるディック・ウルフ、キャスト、そしてスタッフが今日のTV業界で高い人気を保つ作品を製作し続けてくれていることにはいまだに驚きを隠せません。『シカゴ』シリーズは弊社の作品の要です。それぞれのキャラクターと作品に情熱を注いで(3作が連続で放送されている)毎週水曜日に視聴してくれるファンたちがいることを大変嬉しく思います」

『シカゴ・ファイア』と『シカゴ・メッド』はそれぞれ今シーズン平均1.3レーティングをマークと、同局の大ヒットヒューマンドラマ『THIS IS US』に次いでNBCのドラマ作品として2番目に高い数字を誇る。『シカゴ P.D.』は2作よりちょっと少ない1.1レーティングで同6位。毎週の平均視聴者は、『シカゴ・メッド』が840万人、『シカゴ・ファイア』が810万人、『シカゴ P.D.』が720万人を獲得している。

現在米国では『シカゴ』シリーズは、水曜日の20時から23時までの3時間連続放送中。3作のクロスオーバーエピソードとなれば3時間にも及ぶ映画並みのストーリーが展開されることもあり、多大な人気を誇っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シカゴ・メッド』
(c) 2015 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

英国の人気俳優たちがワインのエキスパートとともにワインの奥深さや素晴らしさ、さらにはラベルの裏に潜む魅力を追求していく極上のグルメ番組『The Wine Show -極上のワインに魅せられて-』。そのシーズン2が、4月13日(土)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。

【関連記事】世界を虜にするイケメン英国俳優たち

世界中の一流ワイナリーを取材し、ワインをよりおいしくしてくれる料理や最新のアイテムも紹介され、さまざまな角度からワインを楽しめる本シリーズ。

シーズン2の案内役は、『グッド・ワイフ』シーズン5&6でフィンを演じたマシュー・グードと、『ザ・フォロイング』でカリスマ殺人鬼ジョー・キャロルを演じたジェームズ・ピュアフォイ。

二人は、フランスのヴィラを本拠地とし、ワインのエキスパート、ジョー・ファットリーニとともに世界各地のワインを紹介。フランス各地や米カリフォルニア州サンタバーバラ、アルゼンチン、日本など世界の産地を訪れ、ワインの生産者たちと交流し、そのワインをより楽しむためのユニークな飲み方に加え、ワインが生まれた歴史を学んでいく。日本では京都の酒蔵を取材し、日本酒が紹介される。

またマシューとジェームズは、ミシュランのシェフが作るコース料理に合うワインを探すというミッションに挑む。シーズン1で案内役を務めたマシュー・リースも引き続き登場する。さらにワイン評論家として有名なジャンシス・ロビンソンもコメンテーターとして参加。

この番組を見るとすぐにワインを手に取り、コルクの栓を抜きたくなる一方、世界各地の風景も美しく、旅番組としても楽しめる。

■『The Wine Show -極上のワインに魅せられて-』シーズン2 放送情報


WOWOWプライムにて、4月13日(土)スタート(全7回)
 毎週土曜 午前10:00

(海外ドラマNAVI)

Photo:『The Wine Show -極上のワインに魅せられて-』シーズン2
(c) The Wine Show Ltd.

世界中で大ヒットとなったドラマ『SEX AND THE CITY』で、性に奔放なキャリアウーマンのサマンサ・ジョーンズを演じて人気を博したキム・キャトラル。そんな彼女が、米FOXの新作ドラマに主演することが決まった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】オトナな赤ずきんちゃん、凶悪な三匹の子ぶたが奏でる恐怖の物語...『Tell Me a Story』

『Filthy Rich(原題)』というタイトルのこの新作は、アメリカ南部の家族を描いたソープオペラ作品。同作は、世界最大のキリスト教徒TV放送局のCEOであるモンロー氏が飛行機事故で亡くなるところから始まる。裕福なモンロー一族の長を亡くした妻マーガレット・モンローは、彼に複数の私生児がいた事実を知り、彼女は成人している子どもたちとともにショックを受ける。マーガレットは、その子どもたちに金を渡し追い払おうとするが、モンロー氏の遺言にも名前が記載されている。さらにその子どもたちは、モンロー一家の暮らす町に居座るだけでなく、富を築いている一族のメンバーになろうとし...。

キムは、妻マーガレット・モンローを演じ、この作品でプロデューサーも務める予定。

子どもたちを演じるのは、『バトル・クリーク 格差警察署』のホリー・デイル役で知られるオーブリー・ダラーが、皮肉屋だが、心の優しいマーガレットの娘ローズ・モンローに扮する。ローズは、裕福な実家に頼らず、自分の意志で生きようとするファッションデザイナーでもある。モンロー家長男で、保守派クリスチャン・サンシャイン・ネットワークの上級副社長を務め、既婚で子どもも二人いるエリック役には、『グッド・ファイト 華麗なる逆転』のコリー・コット。そのほかに、『ストレイト・アウタ・コンプトン』のベンジャミン・レヴィ・アギラルや、『コード・ブラック 生と死の間で』のマーク・L・ヤングが出演する。

製作総指揮に名を連ねるのは、ブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』)、ジョン・ノリス(『バッド・マイロ!』)、フランシー・カルフォ(『運命の銃弾』)。脚本と監督には、映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』『ガール・オン・ザ・トレイン』などで知られるテイト・テイラーが務める。

キムは、誰もが知っている童話「三匹の子豚」「ヘンゼルとグレーテル」「赤ずきんちゃん」を織り交ぜ、愛と失望、欲望と復讐、そして殺人の物語が綴られる米CBSのダークなサイコスリラー『Tell Me a Story(原題)』に孫がいる女性役で出演していたが、1シーズンの契約が終わったことから、『Filthy Rich』に出演するようだ。

孫のいる女性に母親と、色々な年齢層の女性を演じるキムの新作の続報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:キム・キャトラル
(c)babiradpicture - abp

米CWのDCシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』で、スーパーガールことカーラの良き友人ウィンを演じているジェレミー・ジョーダンが、シーズン4にはレギュラーではなくゲストとして出演すると以前に当サイトでもお伝えした。しかし、現在放送中のシーズン4には、全くウィンが登場しないことが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】海ドラスター登壇のブロードウェイ演目

もともとジェレミーは、ブロードウェイの舞台「American Son」の上演が1月に終了した後に、シリーズにカムバックする予定となっていた。しかし、ショーランナーのジェシカ・クエラーとロバート・ロヴナーが、次のようにジェレミーの出演について触れている。

「製作チームは、ジェレミー・ジョーダンとウィンが大好きです。ストーリーの観点からして、今シーズンではなく来シーズンの初めの方が(ウィンの登場には)良いようです。舞台の終盤における彼のスケジュールと撮影がぶつかり合ってしまい、ジェレミーやウィンのキャラクターを軽んじたくないので、シーズン5の方が上手くいくと思っています」とコメントしている。よって、ジェレミーがシリーズを降板するということもないようだ。

以前にジェレミーは、シーズン4でレギュラーからゲストに降格することについて、「ウィンを演じることができてとても楽しかったよ。だけど、最近僕の中でこんな声がするんだ。"もう一度、人生の新しいチャプターを始めよう"ってね。何かを得ようと思ったら自分の中の声に耳を傾けなければならない」と自身のInstagramに投稿していた。

また先月、Netflixが舞台「American Son」をドラマ化することを決定している。ジェレミーは、舞台で共演していたケリー・ワシントン(『スキャンダル 託された秘密』)、スティーヴン・パスクール(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)、ユージーン・リー(『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』)らとともに、ドラマ版にも続投する。

すでにシーズン5への更新が決定している『SUPERGIRL/スーパーガール』。シーズン4は、CWにて毎週日曜に放送中。見どころや視聴記録は海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERGIRL/スーパーガール』
(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. SUPERGIRL and all related pre-existing characters and elements TM and (C)DC Comics based on characters created by Jerry Siegel & Joel Shuster. SUPERGIRL series and all related new characters and elements TM and (C)Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

シアトルの大病院を舞台に、恋に仕事に忙しいドクターたちの日常を描く全米大ヒットのメディカルドラマ『グレイズ・アナトミー』。本国アメリカで現在放送中のシーズン15が、4月3日(水)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。

【関連記事】【ネタばれ】『グレイズ・アナトミー』メレディスの恋のお相手、ベスト6

シーズン16への更新も確実視されている本シリーズは、2005年に米ABCで放送がスタートし、シーズン15の第15話で『ER 緊急救命室』の全331話を総エピソード数で超え、医療ドラマとして新たな記録を打ち立てるのも目前。

前シーズンの最後、アレックスとジョーが結婚し、エイプリルも再会した元婚約者の救命士マシューと結婚。ドイツから帰ってきたテディも妊娠していることが分かる。新シーズンは、その結婚式の翌日から始まる。車と自転車の衝突事故が起き、負傷者を治療するドクターたち。メレディスは車を運転していた女性シーシーの担当医となるが、シーシーはプロの仲人でメレディスに新しい恋の相手を見つけようとあれこれ質問してくる。妊娠11週目のテディは、オーウェンの家を訪ねるが...。

全25話となる新シーズンでは、シーズン6から8にレギュラーとして出演していたテディ・アルトマン医師役のキム・レイヴァーがレギュラー復帰。さらに、人気青春ドラマ『The O.C.』で主人公マリッサの元彼ルークを演じていたクリス・カーマックが、リンカーン医師役で1話目から登場している。また、映画『ダーティ・ダンシング』のジェニファー・グレイと、『ママと恋に落ちるまで』のジョシュ・ラドナーがゲスト出演している。

■『グレイズ・アナトミー』シーズン15 放送情報


WOWOWプライムにて
4月3日(水)スタート(全25話)[第1話無料放送]
 毎週水曜 夜11:00 [二][字]
 毎週木曜 深夜0:00 [字]

<関連番組>
「花ひらく、海外ドラマ 第1話すべて見せます」で第1話無料放送
4月6日(土)午後4:00 [無][二][字]

<関連特集>
『グレイズ・アナトミー』シーズン14一挙放送(全24話)
3月11日(月)から15日(金)[二][字]

『グレイズ・アナトミー』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー15』
(c)ABC Studios

大ヒット犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』で16シーズンにわたり、主人公リロイ・ジェスロ・ギブス捜査官役を演じるマーク・ハーモンが、俳優として成功する秘訣を語っている。

【関連記事】『NCIS』マーク・ハーモン&ゲイリー・グラスバーグのCBSジャンケット・インタビュー!

米Peopleのインタビューでマークは、父親のトムから学んだことが大きかったと明かしている。「私は労働者階級の出身で、そのことを誇りに思っている。毎日起きて努力する。今でも最大限に頑張るつもりで起き上がっているよ。懸命に働いてもその努力は見せず、相手が誰であろうが何であろうか、同じように接して同様の優しさを見せること。名声や職業に染まらず、人によいしょされてもいい気にならずに正直でいることだ」と、父親から教わった人生や仕事への心構えについて述べている。

そして、大学時代にフットボールに打ち込み、NFLで2シーズンにわたりプロ選手として試合に出場したことがあるというマークは、こうも続けている。「私は繰り返し練習するタイプなんだ。君は私に不可能なことを指示は出来るけど、私は君が間違っていることを証明するための機会として捉えるだろう。すごくタフで体育会系だから、1日中怒鳴られたっていい。私は耐えられるからね。ただ向上しようと努力し続けるのみだ。この業界で、そんな性質を強みとして使ってきたんだよ」と明かしている。かなりの努力家だと思われるマークの成功は、そういった日々の取り組みによる結果だと言えそうだ。

1970年代から俳優として活躍しているマークの代表作には、ショーン・コネリーと共演したアクション・サスペンス映画『プレシディオの男たち』や、1990年代に放送された医療ドラマシリーズ『シカゴホープ』などがある。

『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン16は、米CBSにて毎週火曜に放送中。現時点ではシーズン17への更新は決まっていない。作品の見どころやレビューは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』
(c) 2010 CBS Broadcasting Inc.All Rights Reserved

NYの法律事務所を舞台に、クールな弁護士たちが活躍するスタイリッシュドラマ『SUITS/スーツ』。昨年、日本版も製作されるなど社会現象を生んだ全米大ヒットドラマの最新シーズンが、WOWOWプライムにて4月23日(火)より日本初放送となる。

【関連記事】『SUITS/スーツ』2018年最も読まれたニュースTOP20

前シーズン、一流法律事務所"スペクター・リット"の敏腕弁護士ハーヴィーの良き相棒マイクが、ついに同僚のレイチェルと結婚し、事務所を去った。一方、窮地に陥った事務所を救うため、レイチェルの父親ロバート・ゼインが、共同経営者として新たに事務所に加わる。

そして今シーズン、再出発した事務所ではハーヴィーとロバートがトップの座をめぐって争うことに。ロバートは優れたフィクサーでもある女性弁護士サマンサを、またハーヴィーは旧友アレックスを、それぞれ"腹心の部下"として闘わせるが...。

シーズン7で、惜しまれながらも主要キャストだったマイク役のパトリック・J・アダムスと、レイチェル役のメーガン・マークルが番組を降板したが、新シーズンは魅力的な新キャラクターを迎えてパワーアップ。弁護士サマンサ役には、『グレイズ・アナトミー』でイジーを演じたキャサリン・ハイグル。ハーヴィーの旧友アレックス役は、『ザ・ホワイトハウス』のチャーリー役や『サイク/名探偵はサイキック?』のガス役で知られるデュレ・ヒルが扮する。

また本シリーズは、次のシーズン9で幕を閉じることが発表されている。よって、マイクとレイチェルが去り、最終章となるシーズン9を前にどんなストーリーが展開されるのか、見逃せないシーズンだ。

■『SUITS/スーツ』シーズン8 放送情報


WOWOWプライムにて
4月23日(火)スタート(全16話)[第1話無料放送]
 毎週火曜 夜11:00 [二][字]
 毎週水曜 夜10:00 [字]

<関連番組>
「花ひらく、海外ドラマ 第1話すべて見せます」で第1話先行無料放送
4月6日(土)午後5:00 [無][二][字]

<関連特集>
『SUITS/スーツ』シーズン7一挙放送(全16話)
4月15日(月)から18日(木)[二][字]

『SUITS/スーツ』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ8』
(c) 2018 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ウォーキング・デッド』シーズン9から新キャストとして加わり、ユミコ役を演じるエレノア・マツウラが、英人気犯罪推理ドラマ『SHERLOCK シャーロック』に復帰する可能性について語っている。

【関連記事】「ユミコが日系なのは大きな意味があるの」『ウォーキング・デッド』エレノア・マツウラ(ユミコ役)インタビュー

『SHERLOCK』は、アーサー・コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの舞台を21世紀に置きかえ、シャーロック・ホームズと相棒ワトソンが、スマホやネットといった現代機器を駆使して事件を解決していくシリーズだ。

エレノアはシーズン4第1話「六つのサッチャー」に出演し、レストレード警部(ルパート・グレイヴス)の同僚ステラ・ホプキンス役で登場していた。1話のみの出演だが、「シーズン5が製作されるならシリーズにカムバックする気はあるか」と英Digital Spyのインタビューで尋ねられたエレノアが、「絶対に出演するわ! 大好きな番組だもの」と返答。「ずっと『SHERLOCK』の大ファンなの。キャストも脚本も演出も信じられないぐらい素晴らしくて、すごく良い経験になったわ。もし新シーズンが製作されるなら、喜んでカムバックするつもりよ。絶対に」とコメントし、復帰する気は満々のようだ。

しかし現時点でシーズン5製作の見通しは不明。共同クリエイターのスティーヴン・モファットは、「当面の計画はないが、製作チームのシリーズへの情熱を考えたら、新シーズンが実現しなかったら驚くだろう」と語っていることから、その時期が来れば具体的にシーズン5が動き出す可能性はありそうだ。

東京生まれ、イギリス育ちのエレノアは、ドラマシリーズ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』や『シェトランド』、DC映画『ワンダーウーマン』などに出演している新進女優。

そんな彼女が出演する『ウォーキング・デッド』シーズン9の後半エピソードはFOXチャンネルにて放送中。『ウォーキング・デッド』の見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:エレノア・マツウラ
(c)JHMH/FAMOUS

自分の意思とは裏腹に、セクシャルな妄想に突然襲われる毎日――。コメディドラマ『Pure』は、そんな実在の症状を、明るく温かく、そして刺激的なビジュアルで描く作品。空想癖に悩む女性が、ロンドンでの新生活をスタートする。英Channel 4で1月下旬から放送中。

【関連記事】スターになった13歳の弟が羨ましくて...奇行に走る兄姉が可笑しいコメディ『The Other Two』

♦︎10年心に秘めてきた症状


両親の結婚数10周年を祝うパーティーに出席した、24歳のマーニー。娘として素晴らしい祝辞を送ろうとするが、舞台の上で言葉を失ったきり、その場に崩れてしまう。彼女の意思に反し脳裏を支配していたのは、来賓たちのスーツとドレスが裂かれ、淫らな宴が始まるという妄想。彼女が患う強迫性障害は、タブーが繰り返し脳裏を駆け巡る疾患だ。もう10年も性的な幻想に悩まされているが、大切な両親のセレモニーでも症状が現れ、マーニーはショックを隠せない。

治療を切望するマーニーは、夜行バスに飛び乗り、ロンドンの医者を訪ねる。バスの中には当然のように、全裸の乗客たちの幻影が。医院に辿り着くも、目ぼしい情報が得られないばかりか、医者から性的行為を受けるという予想外の想像に襲われる。いっそのことレズビアンに転向しようと酒を煽るが失敗し、酔った勢いでギャングと友だちに。

散々な出だしだったが、誰もが他人に深入りしない都会は、地元で症状の露見に怯えて暮らしていたマーニーにとって新しい居場所に。全6話のシリーズは、ロンドンでの新生活を描く。

♦︎マーニーには実在のモデルが


主人公マーニーのキャラクターは、実際の女性患者、ローズ・カートライト氏による自叙伝をベースにしている。ドラマ化にあたり、自身もパニック障害を患うというカースティ・スウェイン氏が脚本を手掛けた。このような取り組みは果敢であり、ドラマの仕上がりも素晴らしいとGuardian紙は賛辞を贈る。

ダークでウィットに富んだコメディ作品、と紹介するのはTelegraph紙。疾患のせいで日常に突如悲劇が訪れる彼女の暮らしは、見ていて切なさが込み上げることも。モデルとなった実在のローズは、15歳という若さで症状が発現した。彼女の抱えた羞恥心と孤独を、かなり直截的な描写で再現する。

♦︎誰もが理解できる物語


マーニーが日々対峙している空想は、かなり性的なもの。その対象は彼女の身内から歯医者や馬にまで至り、内容もかなり際どい。しかしGuardian紙は、彼女の体験は何も特別なものではないはずだと語る。誰もが一度や二度は、想像に歯止めがかからなくなった経験はあるもの。その後に襲いくる虚しさや恐怖も理解できるだろう。あまりオープンに語られることのない精神疾患について、数々のコミカルなシーンを通じて予想以上のことを教えてくれる。マーニーとともに笑う本作だが、決してマーニーのことを笑う作品にはなっていない、と同紙。

主演は新人女優のチャーリー・クライブ。トラウマを抱えた仔犬のような目が印象的、とTelegraph紙。純粋なマーニーの意思とは裏腹に、日常生活のあちこちでポルノ顔負けのシーンが始まる。突如として出現する幻のビジョンは、英国アカデミー賞へのノミネートの実績を持つアネイル・カリア監督(『Work(原題)』)の手で映像化。日常シーンからの急激なスイッチが衝撃的だ。

鮮烈な映像と、温もりのあるジョーク。意外性に満ちた毎日をオープンに描く『Pure』は、英Channel 4で放送中。何話まで見たかわからくなっちゃう、人生で何日何時間を海ドラに費やしてるか知りたい!という人は【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取ろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:Bikeworldtravel / shuterstock.com

貴族と使用人が繰り広げる愛憎劇を描き、世界中で大ヒットを記録した英ドラマシリーズ『ダウントン・アビー』。6シーズンにわたり、主人公メアリー専属の侍女アンナ・ベイツを演じたジョアン・フロガットが、「映画版の撮影はまるで"学校の同窓会"のようだった」と語っている。英Radio Timesが報じた。

【関連記事】【使用人編】『ダウントン・アビー』出演者は今?

映画版についてインタビューに応えたジョアンは、「映画版はロマンスと驚き、悲しみと魅惑、それに楽しさであふれ、ファンが求める全てが、きっと思っている以上に詰め込まれているわ」とコメント。

そして、2015年に幕閉じを迎えたドラマ版キャストとの再会を果たして、再び共演するのは不思議な感じがしたという。「ドラマシリーズの最後にいたみんなが映画版にいたから、まるで楽しい学校の同窓会みたいだったわ」と表現していた。

ジョアンは『ダウントン・アビー』で使用人を演じたため、シリーズの放送終了後はしばらく労働者階級の役は避けていたとのことで、サイコスリラードラマ『Liar(原題)』では教師を演じ、ミニシリーズ『Dark Angel(原題)』では連続殺人鬼役、映画『メアリーの総て』では主人公の継母を演じている。

映画版『ダウントン・アビー』には、オリジナルキャストのグランサム伯爵役のヒュー・ボネヴィル、グランサム伯爵夫人コーラ・クローリー役のエリザベス・マクガヴァン、先代グランサム伯爵夫人バイオレット役のマギー・スミス、マシューの母イザベル・クローリー役のペネロープ・ウィルトン、長女メアリー役のミシェル・ドッカリー、次女イーディス役のローラ・カーマイケル、トム・ブランソン役のアレン・リーチ、元執事チャールズ・カーソン役のジム・カーターらがカムバックする。

新キャストとしてイメルダ・スタウントン(『ハリー・ポッター』シリーズ)、ジェラルディン・ジェームズ(『アンという名の少女』)、サイモン・ジョーンズ(『OZ/オズ』)、デヴィッド・ヘイグ(『キリング・イヴ/Killing Eve』)、タペンス・ミドルトン(『センス8』)らが出演することになっている。

映画版は、イギリスで2019年9月13日(金)より劇場公開予定で、日本でのリリースは未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ダウントン・アビー』シーズン5
(c)2014 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

(※本記事は、シリーズ5のネタバレを含みますのでご注意ください)

大ヒット映画『アベンジャーズ』後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・ シールド』。今年7月からスタートするシーズン6が、タイムジャンプで始まることがわかった。米CBRが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『エージェント・オブ・シールド』の悪役は、"指パッチン"から生き延びることが出来る!? 元キャストが解答

シーズン6は、シールドを去ったフィル・コールソンが、メイと一緒にタヒチに降り立ったシーズン5の最終話「結末」から1年後が舞台になるという。ジェマ・シモンズを演じるエリザベス・ヘンストリッジが、シーズン6は兵器&解析のプロであるレオ・フィッツの捜索が中心になると明かしている。また、「これまでにチームが成し遂げてきたことからの旅立ち」だとも表現している。

本シリーズは、シーズン7への更新も決定しているが、昨年にシーズン5で終了するのではないかと言われていたこともあり、コールソン役のクラーク・グレッグは、「ほとんどのキャストがシーズン5がファイナルになると思っていた」とも述べている。クラークは、コールソンがタヒチで余生を送るために旅立つラストに納得していたとのことだが、新シーズンへ更新されたため、「全てのルールを捨ててリスクを冒したい」と新シーズンに掛ける意気込みを語っている。

シーズン6の最新予告映像では、シールドは新しいリーダーとなったアルフォンソ・"マック"・マッケンジー(ヘンリー・シモンズ)のもとで、フィッツ(イアン・デ・カーステッカー)を探しに行く手前、新しいミッションに挑む展開となっている。

ヘンリーとイアンのほかに、コールソン役のクラーク、クェイクことデイジー・"スカイ"・ジョンソン役のクロエ・ベネット、メリンダ・メイ役のミンナ・ウェン、ヨーヨー役のナタリア・コルドバ=バックリー、ジェマ・シモンズ役を演じるエリザベスらレギュラーキャストの続投が明らかになっている。

13話構成となる『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は、米ABCにて2019年7月より放送スタート予定。見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)ABC Studios & Marvel

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のブレイン役で知られるダレン・クリスが、ついに結婚したことが明らかとなった。

【関連記事】ダレン・クリス、役者冥利に尽きる!『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』インタビュー

米Peopleによると、32歳になるダレンは、今月9日(土)に米ルイジアナ州ニューオーリンズのホテルにおいて、かねてより婚約中だった33歳のミア・スワイアーさんと、家族と友人に囲まれる中、結婚の誓いを交わしたと報じられている。2018年1月にダレンは、NY大学でメディア&TV製作を専攻し、米FOXや米Showtimeで働いたこともある、ミアさんとの婚約を発表しており、二人は8年もの長い交際を実らせて結ばれたこととなる。

式の詳細は明らかにされていないが、ダレンは白のタキシード、ミアさんは白いドレスがお似合いだったとのこと。参列者には『Glee』で共演したレイチェル役のリー・ミシェル(『スクリーム・クイーンズ』)をはじめ、マイク・チャン役のハリー・シャム・Jr(『シャドウハンター: The Mortal Instruments』)、カール役のジョン・ステイモス(『フラーハウス』)、サム役のコード・オーヴァーストリート(『プライベート ~女子寮連続殺人事件』)らの姿もあったそうだ。

ダレンと一緒にライブツアーを行うなど、公私ともに親密な関係を築いているリーは、自身も婚約中のため結婚式を控えており、「ツアーを一緒に行って、同じ時期に婚約して、一緒に結婚式の準備をすることができるなんて、凄く特別な経験だわ」と人生の大事な瞬間を分かち合えたことを喜んでおり、ダレンの結婚式でパフォーマンスを披露したことを明かしている。「ダレンも私の結婚式には是非歌って欲しいわ」とお返しのリクエストも忘れていない。

『Glee』の放送終了後、ダレンは『Glee』でクリエイターを務めたライアン・マーフィーが手掛ける『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』にゲスト出演。その後も、マーフィーが指揮を執る実録犯罪ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』で、同性愛者の連続殺人鬼アンドリュー・クナナンを演じ、第71回エミー賞ミニシリーズ部門で主演男優賞を受賞。第76回ゴールデン・グローブ賞でもTV部門の主演男優賞を受賞し、その演技が絶賛された。

そしてエミー賞授賞式で壇上から「愛しいミアへ。君はいつも窓を開け、音楽をかけてくれる存在。とても感謝しているよ。君と出会えた自分はなんて幸運なんだ!」と愛のこもったメッセージを送り、会場からは拍手が溢れていた。

ダレンは、2019年1月に全米公開されたファンタジー恋愛映画『All You Ever Wished For(原題)』に出演。2019年に公開予定のアニメ映画『Batman Vs. Teenage Mutant Ninja Turtles(原題)』ではラファエルの声を務め、マンディ・ムーア(『THIS IS US/ディス・イズ・アス』)と共演する歴史アクション映画『Midway(原題)』も待機中だ。

公私ともに絶好調のダレン、本当に結婚おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:ダレン・クリス
(c)NYKC

小さな漁師町の浜辺に打ち上げられたのは、戦争から逃れてきたという未来からの難民たちだった。復讐劇ドラマ『リベンジ』の脚本家が手掛けるSFミステリードラマ『THE CROSSING/未来からの漂流者』が、4月12日(金)よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送となる。

【関連記事】社会問題をさり気なく取り入れた作品『THE CROSSING/未来からの漂流者』

全11話となる本作は、昨年米ABCで放送され、人気シリーズ『LOST』を彷彿とさせるSFミステリードラマ。『スクリーム』のクリエイターで、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』や『リベンジ』、『SCORPION/スコーピオン』など人気シリーズの脚本を務めたダン・ドウォーキンとジェイ・ビーティーが、映画『ミュータント・タートルズ』のジェイソン・T・リードとともに製作総指揮を務める。

舞台は、オレゴン州の小さな漁師町ポート・ケイナン。この町にある日突然、海岸に47人の難民が漂着する。地元の保安官ジュードは、彼らに話を聞くと180年後のアメリカで起きる戦争から逃れるために亡命先を求めてきたという。未来では遺伝子改造で人並み外れた能力と防御機能を持つ"エイベックス"が集団虐殺も行い、町は荒廃していることが明らかになる。この奇妙な亡命を捜査するため、HSI(国土安全保障捜査局)のエマが捜査するためポート・ケイナンに来る。一方で、ジュードは同僚ネスターとともに独自で捜査を始めるが、未来からの訪問者の中には、平和に暮らす人々の生活を崩壊に導くものがいた...。

主人公ジュード・エリスを演じるのは、映画『パーフェクト・ゲッタウェイ』『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のスティーヴ・ザーン。そのほか、リース役には『アンダー・ザ・ドーム』のナタリー・マルティネス、エマ・レン役は『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『MACGYVER/マクガイバー』に出演するサンドリーヌ・ホルトが扮する。

また第1話の監督は、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』で製作総指揮に名を連ね、『X-ファイル』メガホンを取っていたロブ・ボウマン。

■『THE CROSSING/未来からの漂流者』放送情報


スーパー!ドラマTVにて
4月12日(金)22:00より独占日本初放送!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『THE CROSSING/未来からの漂流者』
(c) ABC Studios

2016年の放送開始以来、高い評価を得てエミー&ゴールデン・グローブ賞作品賞にもノミネートされた、感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』。現在米NBCでシーズン3が放送中の本シリーズが、シーズン6で幕を閉じるようだ。

【関連記事】『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア~顔面麻痺という障害を乗り越え歩んだ俳優人生~

『THIS IS US』は、同じ日に生まれたケイト(クリッシー・メッツ)とケヴィン(ジャスティン・ハートリー)、ランダル(スターリング・K・ブラウン)という3人の男女が抱える問題や人生が、現在と過去が交差しながら描かれるシリーズ。

米Deadlineのインタビューに応じたショーランナーのアイザック・アプテイカーとダン・フォーゲルマンが、シリーズファイナルを迎えるまでに3シーズンは製作するつもりだと明かしている。

初めてフォーゲルマンがピッチミーティングで『THIS IS US』について発表した際、すでに彼はシリーズがどう終わるかアイデアを温めていたという。その点についてアプテイカーが、「初日からダンはシリーズの全体像とマスタープランを描いていて、"物語が終わるところはここで、それは間違いないと思う。あとは一緒に考えよう"と言っていたよ。ほとんどのキャストと脚本家はシリーズの結末を知っているしね。これまでに秘密を守るのが(関係者以外に対して)上手になった。すでに3年経つけど番組で仕事をする全員にオープンだし、お互いに対して秘密はないんだ」とも語っている。

そして、シリーズはエレガントな結末にしたいと思っているそうで、「それが製作チームが目指しているところなんだ。ファイナルに到達した時に、視聴者が納得して満足してくれることを望んでいる。"作品として完成したエンディングを観た"と感じてもらえたらいいなと思う。それが我々がしようとしていることだからね」とも付け加えていた。

現時点で『THIS IS US』のシーズン4への更新は決定していないが、ショーランナーの話から察するところ新シーズンの製作を期待してよさそうだ。日本ではシーズン2の放送が、BSプレミアムにて4月12日(金)より放送開始。『THIS IS US』視聴記録はこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『THIS IS US』シーズン2
TM & (c) 2017-2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
Artwork (c) 2017-2018 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』にダリルの兄、メルル役でシーズン1から3まで出演していたマイケル・ルーカーが、刑事ドラマ『TRUE DETECTIVE』シーズン3に出演していることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】【日本未公開】『TRUE DETECTIVE』シーズン3、35年前の失踪事件と再び向き合う敏腕刑事

『TRUE DETECTIVE』はシーズンごとにキャラクターが一新され、異なる事件が描かれるアンソロジースタイルの刑事ドラマで、シーズン3で軸となるのは、米中央部に広がるオザーク高原で起きた身も凍るような犯罪事件。3つの異なる時代が同時に進行する形で、年を追うごとに深まる事件の謎が描かれる。

マイケルは、ホイト・フーズという食品会社を所有する大富豪ホイト役を演じ、まずは第6話で画像として初登場するという。ジュリー・パーセルという少女の失踪にホイト家が関わっている模様で、マイケル演じるホイトは物語が進むにつれ、重要な鍵を握るキャラクターとなるようだ。

主人公となる州警察の刑事ウェイン・ヘイズを演じるのは、『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリ。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のセラフィーナ役で知られるカーメン・イジョゴが、もう一人の主人公となるアーカンソーの教師アメリア・リアドンにキャスティングされており、『ブレイド』などに出演しているスティーヴン・ドーフが、アーカンソーの捜査員ローランド・ウェストを演じている。

また、当サイトでも昨年報じているが、本作シーズン3におけるエピソードの半分でメガホンを取り、クリエイターを務めるピゾラットと監督業の任を分かち合うはずだったジェレミー・ソルニエ(『グリーンルーム』)が、2話を撮影したところでスケジュールの都合からシリーズを去り、『ウォーキング・デッド』でエピソード監督を務めたこともあるダニエル・サックハイムがその任を引き継ぎ、第3話、6話、7話、8話でメガホンを取ることに。マイケルとは『ウォーキング・デッド』シーズン3以来の再タッグとなる。

マイケルは『ウォーキング・デッド』降板後、マーベルのSFアクション映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にヨンドゥ役で出演。2019年以降は、フラナリー・オコナーの短編小説「善人はなかなかいない」の映画化作品が待機中で、現在はマギー・Q(『サバイバー:宿命の大統領』と共演する、2020年2月に全米公開予定のファンタジー冒険映画『Fantasy Island(原題)』を撮影中。

『TRUE DETECTIVE』シーズン3は、米HBOにて毎週日曜に放送中。作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』マイケル・ルーカー
(c)Gene Page/AMC

政治家として、母として、妻として活躍する女性国務長官"マダム・セクレタリー"の奮闘を描く本格ヒューマン・ドラマ『マダム・セクレタリー』。アメリカではシーズン5が放送されている大ヒットシリーズがFOXチャンネルにて4月3日(水)より日本初放送となる。

【関連記事】視聴記録やユーザーレビューも!新サービス"海外ドラマDB"の使い方

元CIAのエリート分析官で、現在はバージニア大学の教授として働くエリザベス・マッコード(ティア・レオーニ『ディープ・インパクト』)。同じく大学教授の夫とともに、3人の子どもたちを育てる母親でもある。しかし、ある日突然、CIA時代の元上司でもあるダルトン大統領から米国国務長官(セクレタリー・オブ・ステート)に指名され、"マダム・セクレタリー"として働くことに。省内スタッフの政治的な駆け引きや、任務上の慣習などに悩まされながらも、持ち前の正義感と強い信念で、様々な外交問題を解決していく。政治家として、母として、妻として活躍する女性国務長官"マダム・セクレタリー"の奮闘を描く。

ストーリーの題材になっているのは、ニュースで流れているような出来事ばかり。シリアでバックパッカーが誘拐されたり、中東のアメリカ大使館が攻撃されるなど、実際に起こり得る政治問題を取り扱っている。第4話では、日本を題材にした問題も勃発。政治経験の浅いベスは、定石通りの外交ではなく、CIA時代の人脈や母親としての経験を活かして解決へと導びいていく。政治情勢を色濃く描いた内容ながら、飾らず嫌味のないベスの魅力的なキャラクターのおかげで、堅くなりすぎず、誰でも気軽に楽しめる異色の政治ドラマに仕上がっている。その人気は一般視聴者だけに留まらず、オバマ大統領のもとで国務長官を務めたヒラリー・クリントンも、夫であるビル・クリントンとともに番組のファンであることを公言している。

1話完結の本作は、毎話一つの事件に焦点を置き、ベスや国務省スタッフたちのプライベートな問題を織り交ぜながら、テンポ良く進んでいく。最初はどこかよそよそしいチームが、だんだんと一つになり、絆が深まっていく様子も見どころだ。一方で、前国務長官の死の真相もストーリーの大きな軸となっている。果たして彼の死は本当に事故によるものだったのか...?

『マダム・セクレタリー』シーズン1、FOXチャンネルにて4月3日(水)22:00~日本最速独占放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『マダム・セクレタリー』
(c)2014 CBS Studios Inc.

本国カナダで高視聴数を記録した重厚なミステリードラマ『刑事カーディナル』シリーズ。現在、スーパー!ドラマTVではシーズン1となる『悲しみの四十語』が放送中だが、この度シーズン2の『記憶に巣喰う虫』が、3月20日(水)より独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】『リ・ジェネシス』『ブラッド・タイズ』...ひと味違うカナダ発ドラマたち

すでにシーズン4の製作も決定している本作は、小説家ジャイルズ・ブラントの「Blackfly Season(原題)」が原作となる。シーズン1は、2016年から2017年にかけてカナダで放送されたドラマの中で、最も注目されたドラマの1つであり、毎週平均120万人以上の視聴を記録した。カナダだけではなく、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、北欧地域、オーストラリアなどあらゆる地域で放映され、高視聴数を記録している。

シーズン2は、シーズン1から数カ月後、初夏のアルゴンキン・ベイが舞台。カーディナル(ビリー・キャンベル『HELIX -黒い遺伝子-』)とデローム(カリーヌ・ヴァナッス『リベンジ』)は、若い"赤毛の女性"が頭に銃弾を受けた不思議な事件に遭遇する。その"赤毛の女性"は、自分が誰なのか、どうやってそこへ来たのか、誰に撃たれたのか何も記憶がない。その後、二人は彼女を撃ったと思われる容疑者を突き止めるが、その人物は遺体で発見される。容疑者を捜索するカーディナルとデロームは、"赤毛の女性"と協力して事件の真相を突き詰めていくが、想像していたよりも複雑な危険が二人を待ち受ける...。

また今シーズンの新キャストとして、映画『フルスロットル』のブルース・ラムゼイ、『REIGN/クイーン・メアリー』のジョナサン・ケルツが出演する。さらに、『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でアート・ベルを演じたケヴィン・ハンチャードがアラン・クレッグ刑事役で加わる。

なお、スーパー!ドラマTVでは現在『刑事カーディナル 悲しみの四十語』が放送中で、最終話が3月13日(水)に迎えることから、引き続き本作が楽しめるようだ。

■『刑事カーディナル 記憶に巣喰う虫』放送情報


スーパー!ドラマTVにて
3月20日(水)23:00放送スタート!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事カーディナル 記憶に巣喰う虫』
(c)2017 Cardinal Blackfly Productions Inc. & Sienna Blackfly Productions Inc. All Rights Reserved.

人気ドラマ『ゴシップガール』のヴァネッサ役でブレイクし、現在は、SFコメディ・ドラマ『宇宙探査艦オーヴィル』(以下『オーヴィル』)に出演中のジェシカ・ゾー。彼女が、米TVLineのインタビューの中で、『オーヴィル』にゲスト出演したある人との再会についてコメントしている。

【関連記事】『宇宙探査艦オーヴィル』、『スター・トレック:ディスカバリー』との違いはココ!

宇宙探査艦「オーヴィル」の艦長に大抜擢されたエド・マーサーは、1年前に妻に浮気され離婚してから落ち込んでばかりいた。しかし思いがけず子どもの頃からの夢であった艦長になれる日がやって来た。操縦士には親友のゴードンを指名したものの、他の乗組員は知らない連中ばかり。しかも、副長が決まらないまま、早速イプシロンIIの研究センターに補給物資を届けるため出航することに。途中の宇宙ステーションで優秀な副長が合流すると聞かされ一安心したエドだったが、乗艦してきたのは元妻ケリーだった――、というのが『オーヴィル』のストーリー。

ジェシカは、米国にて2018年12月30日から放送がスタートしたシーズン2より、オーヴィルの乗組員の一員としてレギュラー出演している。そして、これから放送されるシーズン2第10話には、『ゴシップガール』の中でヴァネッサとは水と油のように合わない役どころだった、ブレア役のレイトン・ミースターがゲスト出演する。

レイトンとの再会について聞かれたジェシカは、「そう、今シーズンの後半に彼女が登場するの。思いがけない再会となったわ。とても嬉しくて楽しかった」と言及。共演シーンもあるようだが、お互いのスケジュールの都合で現場ではあまり一緒に居られなかったようだ。

それでも、「お互い忙しくてあまり会って話すことはできないけれど、連絡は取り合っているわ。レイトンのことが大好きだから、(製作総指揮・主演の)セス(・マクファーレン)から彼女が作品に参加すると聞いた時は、かなりテンションが上がったの。実際、そのエピソードが今シーズンのお気に入りよ」と、『ゴシップガール』終了から6年以上が経過した現在も、レイトンと良好な関係を築いていることを明かした。

『宇宙探査艦オーヴィル』の作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェシカ・ゾー&レイトン・ミースター(2008年撮影)
(c)DARA KUSHNER/FAMOUS

米ABCで人気を博したコメディシリーズ『アグリー・ベティ』で主演を務めたアメリカ・フェレーラ。昨年5月に第一子を出産した現在34歳の彼女がこのほどTCA(テレビ批評家協会)冬のプレスツアーに登場し、息子セバスチャンくんの成長について語った。米US Weeklyが伝えた。

【関連記事】確かに似てる!『アグリー・ベティ』アメリカ・フェレーラが間違われた女優は!? 

8ヶ月を迎えたセバスチャンくん。最近では動きが活発になってきたようで、「より動くようになって、(その動きが)ハイハイらしくなっているの」とアメリカ。続けて、「(セバスチャンは)ホントに凄いわ! イメージしていた母としての生活よりもずっと幸せだし、素晴らしいことね」と、母親でいることが幸せだと語った。現在は、2015年から主演する米NBCのコメディドラマ『Superstore(原題)』の撮影現場にセバスチャンくんを連れて行くこともあるという。

アメリカと、夫で俳優・監督のライアン・ピアーズ・ウィリアムズは南カリフォルニア大学在学中に出会った。長い交際期間を経て2011年に結婚した二人は、2017年の大晦日に第一子の懐妊を発表。インスタグラムにライアンとお揃いで"2018"のメガネをかけている写真を投稿したアメリカは、「Más Besos(もっとキスを)」というロゴが入ったベビー服を手に持ち「私たちは2018年にもう1つのキスする顔を迎えることになるわ!」とファンに報告している。

妊娠中の昨年4月にはUS Weeklyのインタビューで新婚生活について、「(ライアンは)素晴らしいわ! 料理をしてくれるのよ。2日続けて朝食にブルーベリーパンケーキを焼いてくれたの」とのろけてみせた。そして同年5月29日にセバスチャンくんが誕生し、アメリカは自身のインスタグラムで「2人が3人になったの。セバスチャン・ピアーズ・ウィリアムズ、またの名をバズ、ようこそこの世界へ。ママもパパもベビーもみんな健康で幸せで、愛に溢れているわ!」と喜びのコメントを投稿した。(海外ドラマNAVI)

Photo:アメリカ・フェレーラとライアン・ピアーズ・ウィリアムズ夫妻
(C)NYPW/FAMOUS

2010年から英BBCで放送され、シリーズ平均視聴者数790万人/29.1パーセント占有率を獲得している大ヒットシリーズ『刑事ジョン・ルーサー』。本国イギリスで2019年の元旦に放送されたシーズン5が、AXNミステリーにて4月20日(土)に一挙放送されることが決定した。

【関連記事】『刑事ジョン・ルーサー』イドリス・エルバ、仕事をしていない時は惨め!?

本作はロンドン警察の主任警部ジョン・ルーサー(イドリス・エルバ)が、ロンドンを震撼させる凶悪事件を追うサイコサスペンスドラマ。

シーズン4以降、視聴者数が125万人増加。シリーズ史上最高のシーズンの呼び声高い新シーズンでは、かつての容疑者で今はジョンの友人であるアリス(ルース・ウィルソン)の再登場など、複数のストーリーラインが深みのある世界を見せる。

このシーズンで初登場するサポート役は巡査部長のキャサリン・ハリデイ(ウンミ・モサク)。そのほかの出演者はパトリック・マラハイド(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ダーモット・クロウリー(『ブリーク・ハウス』)、マイケル・スマイリー(『ブラック・ミラー』)、ソニタ・ヘンリー(『CHUCK/チャック』)、エンゾ・シレンティ(『ラスト・タイクーン』)、ハーマイオニー・ノリス(『MI-5 英国機密諜報部』)ら。

『刑事ジョン・ルーサー』シーズン5は、AXNミステリーにて4月20日(土)18時より全2話一挙放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事ジョン・ルーサー』シーズン5
(c)BBC

『Glee』『9-1-1:LA救命最前線』『アメリカン・クライム・ストーリー』などを手掛けたライアン・マーフィーがクリエイターを務める人気ホラー・アンソロジー『アメリカン・ホラー・ストーリー』の第8弾となる『アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録』。第1弾『呪いの館』、第3弾『魔女団』とのクロスオーバー作品となる最新シーズンの放送開始日が4月8日(月)に決定した。

【ネタバレ記事】『アメリカン・ホラー・ストーリー』第8弾 核戦争後の地下シェルターで、想像絶する恐怖体験

"共同体"という謎の組織により核戦争が勃発。世界中が核兵器により崩壊しているとニュースが流れ、街中がパニック状態に陥ってしまう。億万長者の娘ココは父親から手配した避難所へ逃げるよう連絡を受け、アシスタントのマロリー、美容師のミスター・ギャラント、そして彼の祖母を連れ自家用ジェットに乗り込む。辿り着いたのは共同体が建てた避難所のうちの一つ第3基地。そこは、組織に選ばれた"優秀な遺伝子を持つ者"と大金を支払った者のみが入ることを許された特別な場所だった。第3基地を支配するのは二人の女性。集められた生存者は、彼女たちが作った奇妙なルールの下で管理されることになる。エリートの「パープル」と使用人の「グレー」で着衣を色分けされ、外出や性行為などは全面禁止。安全に思われたこの基地は、彼女たちが暴力と恐怖で統率する恐ろしい場所だったのだ――。

第1弾「呪いの館」でヴィヴィアンとテイトの間に産まれた男の子、マイケル・ラングドン(コディ・ファーン)が本作で核戦争を起こした"共同体"という組織の代表者として登場。シーズンが進むと、組織が建てた避難所"第3基地"が、元々は魔術師の学校であったことが明らかになる。マイケルも実はここの生徒だったのだ。彼の魔力は誰もが認めるほど強く、在学中から最強の魔法使い"アルファ"なのではないかと考えられていた。当時より魔術師と魔女の間には派閥があり、最強の魔力を持つマイケルが現れたことは、魔術師たちにとって嬉しいニュースであった。ここで、第3弾の「魔女団」が絡んでくることになるのだ。

シーズンごとに時代、舞台、物語を一新しつつも、同じレギュラー陣が異なるキャラクターを演じわけるという斬新な手法で人気を集めてきた本シリーズだが、本国ではシーズン8放送前にシーズン10までの更新が既に決定していた。

『アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録』は4月8日(月)22:00よりFOXにて放送スタート。何話まで見たかわからくなっちゃう、人生で何日何時間を海ドラに費やしてるか知りたい!という人は【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取ろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録』
(c) 2018-2019 FX Productions, LLC. All rights reserved.

人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』で、7シーズンにわたり白雪姫ことメアリー・マーガレット・ブランチャード役を演じたジニファー・グッドウィン。続々と新作が決まっている彼女が、米CBS All Accessの『Why Women Kill(原題)』に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】おとぎ話の世界が現実に! 『ワンス・アポン・ア・タイム』ジニファー・グッドウィンとジョシュ・ダラスが婚約!

『Why Women Kill』は、1960年代の主婦と1980年代の上流階級の淑女、そして2018年を生きる弁護士という3人の女性が、結婚生活における不貞行為に直面していく姿を描くシリーズ。

生きる時代が異なる3人が、時を経てどのように女性としての役割が変わり、裏切り行為に対する女性としての思いは、いつの時代も変わらないのか...という二つの側面に焦点を当てる作品になるという。

ジニファーは1963年を舞台にしたバージョンで、その時代に理想的とされた典型的な主婦ベス・アンを演じるとのこと。ベス・アンについては、「優しく陽気で温かい人柄だが、彼女のことを知れば、心の痛みを隠すために仮面を着けていることが分かる。ベス・アンの生活は夫ロブを中心に回り、彼女が夫の浮気を知った時は自分を責め、現実から逃避するようになる。しかし、自身の惨めな部分を見直すために、ベス・アンは人生を覆すような変化を起こすことを決意する」と紹介されている。

すでに1980年代の女性シモーン役には、ミステリードラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のワトソン役で知られるルーシー・リューが決定。『デスパレートな妻たち』『デビアスなメイドたち』を手掛けたマーク・チェリーがクリエイターを務め、ブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』『ジーニアス』シリーズ)、フランシー・カルフォ(『運命の銃弾』)、マーク・ウェブ(『インスティンクト -異常犯罪捜査-』)らがチェリーと共同製作総指揮に名を連ねている。

最近ジニファーは、 CBSがリブートする『トワイライト・ゾーン』と、カントリーの女王ドリー・パートンの楽曲をテーマにした、Netflixのアンソロジーシリーズ『Dolly Parton's Heartstrings(原題)』への出演が決定したばかりだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジニファー・グッドウィン
(C)ABC/Troy Harvey

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』で主人公リックの妻ローリ役を演じたサラ・ウェイン・キャリーズが、米NBCの新作ドラマ『Council of Dads(原題)』に出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』ローリ役のサラ・ウェイン・キャリーズに直撃インタビュー!!

アメリカ人作家ブルース・ファイラーの同名ベストセラー小説のドラマ化となる『Council of Dads』は、末期がんを宣告されたスコットと妻ロビンを中心に描かれる。死に直面したスコットは、自分が亡くなっても妻と4人の子どもたちが試練を乗り越えられるよう、支援してくれる友人を入念に選びグループを結成する...というストーリー。

サラは妻ロビンを演じ、『エージェント・オブ・シールド』のデスロックことマイク・ピーターソンで知られるJ・オーガスト・リチャーズが腫瘍学者のオリバー・ポスト役に扮し、スコットとロビンの長女ルリー役にはミシェル・ウィーヴァー(『ラバランチュラ2』)がキャスティングされている。

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』をシーズン2から10まで手掛けたジョーン・レイターとトニー・フェランが脚本を担い、二人はジョナサン・リットマン(『LUCIFER/ルシファー』)、ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)と共同製作総指揮も務める。

サラは、大ヒット脱獄ドラマ『プリズン・ブレイク』のサラ・タンクレディ医師役で人気を博し、『ウォーキング・デッド』降板後は、SFドラマシリーズ『COLONY/コロニー』で『LOST』のジョシュ・ホロウェイと一緒に主演。『イントゥ・ザ・ストーム』や『スーサイド・ライブ』など映画作品にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:サラ・ウェイン・キャリーズ
(c)FAM020/FAMOUS

数々のヒット作を生み出してきたヒットメイカーのスティーヴン・キングとJ・J・エイブラムスがタッグを組んだダーク・ミステリードラマ『キャッスルロック』。同作にジャッキー・トランス役で出演するジェーン・レヴィが、米NBCの新作ミュージカルコメディに主演することが明らかになった。米Hollywood Reporterが報じている。

【関連記事】スティーヴン・キング原作『Castle Rock』ショーシャンク刑務所に現れた謎の青年が...

ジェーンが主演するこの新作は、主人公の役名ゾーイからとった『Zoey's Extraordinary Playlist(原題)』というタイトル。ゾーイは他人の心の中を聞くことができる能力を持っているという。しかしそれだけではなく、彼女はその内容を歌にして表現するというキャラクターだ。

ゾーイは能力を用いて、人の心を歌にする。時には、1曲まるまる歌うこともあるが、そうすることにより他人を理解するようになるだけでなく、彼女の周囲の人々の役に立つようになるというファンタジーとミュージカル、そしてコメディを組み合わせたような革新的な作品だ。

『GIRLS/ガールズ』や『クリミナル・マインド FBI行動分析課』などで知られるリチャード・シェパードがパイロット版の監督と製作総指揮を務める。元々監督予定だったポール・フェイグ(『ゴーストバスターズ』『シンプル・フェイバー』)はスケジュールが合わず、プロデューサーにとどまるという。脚本は『ゴシップガール』のオースティン・ウィンズバーグ。

楽曲サイドでは、レディー・ガガやテイラー・スウィフトなど多くの大物アーティストが所属するユニバーサル・ミュージック・グループも製作に携わる。その他のプロデューサーには、ジェシー・ヘンダーソン(『SPY/スパイ』)、エリック・タネンバウム(『ハーパー★ボーイズ』)、キム・タネンバウム(『ハーパー★ボーイズ』)らが名を連ねる。

レヴィは『キャッスルロック』の他に、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの主演で知られるレニー・ゼルウィガーが主演するNetflix新作ドラマ『What/If(原題)』にも、出演することが決まっており、旬の俳優の一人だ。そんな彼女が出演する『キャッスルロック』は、WOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェーン・レヴィ『キャッスルロック』より
(C) Warner Bros. Entertainment Inc.

『LAW & ORDER ロー&オーダー』シリーズや、『シカゴ』シリーズなどでクリエイターを務める敏腕プロデューサーのディック・ウルフが手掛け、2018年秋に米CBSで放送スタートした犯罪捜査ドラマ『FBI(原題)』。そのスピンオフ版が早くも登場するとのニュースは当サイトでもお伝えしたばかりだが、『ゲーム・オブ・スローンズ』第五章で、オバラ・サンドを演じたケイシャ・キャッスル=ヒューズが出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章についてわかっている11のこと 

『FBI』はFBIのニューヨーク支局を舞台に、テロや組織犯罪と日夜闘う捜査チームを描くシリーズ。ミッシー・ペリグリム(『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』)演じるFBI特別捜査官のマギーを中心に、ジェレミー・シスト(『LAW & ORDER ロー&オーダー』)、ジーコ・ザキ(『SIX アメリカ海軍特殊部隊』)らがメインキャストとして出演している。

『FBI:Most Wanted(原題)』と題されたスピンオフは、FBIの最重要指名手配者を捕らえるために奮闘する特別チームに焦点を当てたシリーズ。ケイシャはテキサス州ダラスの保守的な一家出身で、カウボーイブーツを履いたFBI分析官のリン・カナ役を演じるという。タフだが遊び心を忘れないリンは、データマイニングとソーシャルエンジニアリングの達人で、シャープかつ素朴なユーモアのセンスを持っているという役どころ。

すでにシリーズ化が決定しているスピンオフには、『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』でクリスチャン・トロイ医師を演じたジュリアン・マクマホンの出演も決まっている。ウルフと共に製作総指揮に名を連ねるのは、ルネ・パルサー(『LAW&ORDER クリミナル・インテント』)、アーサー・W・フォーニー(『シカゴ・ファイア』)、ピーター・ジャンコウスキー(『シカゴP.D.』)。

ニュージーランド出身のケイシャは当時最年少となる13歳という若さで、『クジラの島の少女』(2002年)の演技でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。『ウォーキング・デッド』シーズン5にジョーン役でゲストとして登場し、実録犯罪ミニシリーズ『マンハント』ではタビー捜査官役を演じ、映画『マリア』や『ヴァンパイア』などにも出演している。

オリジナル版『FBI』シーズン1は、CBSにて毎週火曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
(c) NYPW/FAMOUS

ヒットメーカーのJ・J・エイブラムスのクライムサスペンス『パーソン・オブ・インタレスト』天才ハッカーのルート役や、マーベル『X-MEN』の最新TVシリーズ『The Gifted ザ・ギフテッド』で看護師の母親ケイトリンを演じているエイミー・アッカーが、長寿医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』に出演することが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】スティーヴン・モイヤー&エイミー・アッカー出演『The Gifted』を見るべき5つの理由

現在本国アメリカでシーズン15が放送中の『グレイズ・アナトミー』だが、エイミーはこれまで名前こそ出ていたものの、登場していなかったデレク・シェパードの4番目の女兄弟キャサリン・シェパード役、通称ケイトで出演する。ケイトは、カテリーナ・スコーソンが演じている脳外科医でシーズン7から現在も登場している姉妹アメリアに焦点を当てたエピソードに姿を見せるという。

カテリーナは以前、「アメリアと一緒にラボに行こう!とかそういう感じの密着エピソードではないの。もっとアメリアという女性の深い部分、あたかも映画一本分で彼女を描いたかのようなものなのよ。だいたい舞台も病院ではないの。長いことこの作品に関わっているけれど、次のエピソードのことを聞くだけで、緊張と興奮が入り混じった気持ちになるのよ」と、期待感溢れる展開だと語っている。

デレク役のパトリック・デンプシーはシーズン11で同作を去っているが、これまでアメリアを含め、産婦人科医の姉ナンシー(エンベス・デイヴィッツ)と、デレクが負傷した際に駆けつけた姉リジー(ネーヴ・キャンベル)ら3人の女兄弟が登場していた。

今回エイミーは、アメリア中心のエピソード1話限りの出演にとどまるが、姉妹役ということで今後再登場する可能性もないわけではないだろう。エイミーの演じるケイトがどのように姉妹と絡むのか、心待ちにしたい。

『グレイズ・アナトミー』シーズン15は、米ABCにて放送中。見どころは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:エイミー・アッカー
(c) NYPW/FAMOUS

エミー賞3度受賞のジェームズ・スペイダー主演。アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のシーズン6が、4月30日(火)にスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】【ネタばれ】『ブラックリスト』シーズン6を前に振り返る レッド&リズに待ち受けるものとは?

2013年秋より米NBCにて放送をスタートして以来、同局の看板番組として人気を博している本シリーズ。前シーズンで主要キャストのショッキングな死と驚愕の事実が判明したことから、期待が高まるシーズン6。

シーズン5でエリザベスは、ミスター・キャプランが残した人骨を異母姉妹のジェニファーと共にその謎の解明に尽力。そして、人骨の正体は二人の実の父親であるレイモンド・"レッド"・レディントンのものだと判明する。実父と信じていたレイモンド・"レッド"・レディントンが、本物ではなかったという驚くべき事実を知ったエリザベスは、偽レディントンの正体を探るため、ジェニファーと火事の夜について調査を開始。ジェニファーが昔家族で訪れていた別荘が火事の現場だったことを突き止める。

主人公レディントンを演じ、プロデューサーも務めるジェームズがシーズン6の驚くべき展開を語っている。「シーズン6の前半では、あらゆることに変化が訪れる。全てが突如ひっくり返り、これまでとは異なったものになるんだ。これまでレッドが生き延び、打ち勝とうとしてきた環境は全く新しいものになる。さらに、キャラクター間の関係性も劇的に変化し、それぞれが置かれた新な状況にどのように対処していくかも、新しいものになる。パイロット版の最初の脚本を読んだ時、"この作品はどんなものにもなり得る"と感じたのを覚えているが、本当にそうなっているよ」と、予想を覆す怒涛のストーリー展開に大注目だ。

■『ブラックリスト』シーズン6 放送情報


海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
4月30日(火)22:00より独占日本初放送!
【二カ国語版】毎週火曜22:00 ほか 【字幕版】毎週火曜24:00 ほか

シーズン6を見て、視聴記録&レビューを付けよう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』シーズン6
(C) 2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

ついに記念すべき通算300話を迎えた人気ドラマシリーズ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が超常現象や魔物に挑むシリーズに出演するキャストが、お気に入りエピソードを選出しているのでご紹介しよう。

【関連記事】『スパナチュ』ジェフリー・ディーン・モーガン、「第300話は主役二人を無しにはあり得なかった!」

■ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター役)


エピソード:シーズン6第15話「もう1つのスーパーナチュラル」
大天使ラファエルが、天使カスティエルとその仲間たちに攻撃を開始し、ディーンとサムの身を案じたバルサザールが二人を別の世界に送り込むことに。その世界で兄弟は、ジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキという俳優だった...という、コミカルな設定になったエピソード。

■ジェンセン・アクレス(ディーン・ウィンチェスター役)


エピソード:シーズン7第10話「死の扉」
リバイアサンの秘密を知り、頭を撃たれて昏睡状態に陥ったボビーが、リバイアサンの恐るべき計画をサムとディーンを伝えようとしていた。そんななか亡き親友ルーファスが夢に現れ、昏睡から目覚めるための条件をボビーに提示するが、ボビーが二度と思い出したくない過去を追体験しなければならなかった。

■ミシャ・コリンズ(カスティエル役)


エピソード:シーズン8第13話「ユダヤの旗手」
ミシャの1番のお気に入りはシーズン6第15話「もう1つのスーパーナチュラル」で、その次に好きなエピソードとして「ユダヤの旗手」を挙げている。本エピソードは、サムとディーンが「ユダヤの狩人」というグループに所属するラビ(ユダヤ教の師)の事件を調査しているうちに、ネクロマンサーと呼ばれるナチスの魔法部隊がかかわっていることを突き止め、事件が思わぬ方向へ向かうことになる。

■マーク・シェパード(クラウリー役)


エピソード:シーズン5第10話「死の天使」
サムとディーン、カスティエルの3人は、ルシファーを探し出して地獄へ戻そうと奔走し、ボビー、そしてハンター仲間のエレンとジョーを招集するが、思わぬ犠牲を出してしまうことに...。

■マーク・ペルグリノ(ルシファー役)


エピソード:シーズン5第19話「神々の集い」
サムとディーンは神々の集団に捕らえられ、ホテルに人質として監禁されてしまう。カリやオーディンといった神々は、世界の終焉を阻止するために兄弟を利用しようとしていたのだが、そこへガブリエルが現れ、ルシファーの手に落ちてしまう...。果たしてガブリエルは本当に絶命してしまったのか、その辺が見どころとなったエピソードだ。マークもシーズン6第15話「もう1つのスーパーナチュラル」を、お気に入りエピソードに挙げている。

■リチャード・スパイト・Jr(ガブリエル役)


エピソード:シーズン5第8話「異次元へのチャンネル」
なぜかTV番組の中に迷い込んでしまったサム&ディーン。一体何が起きているのか分からず戸惑う二人の前にカスティエルが現れ、「早くTVの世界から抜け出さないと大変なことになる」と警告されるが...。

リチャードはもう一つお気に入りエピソードを挙げた。シーズン5第22話「世界の終末」。世界の終末を救う手立てはないと悟ったサムとディーンは究極の決断を迫られた上、ルシファーとミカエルの戦いで、ある人物の死に直面することになる...。

■ロブ・ベネディクト(チャック・シャーリー役)


エピソード:シーズン4第18話「神の預言者」
チャックが初登場した本エピソードは、サム&ディーンが「スーパーナチュラル」というコミックスシリーズを発見し、その作品には魔物ハンターとして生きた兄弟の人生が描かれていた。二人の幻覚を見てコミックにしたという原作者のチャックに、「リリスがサムに、ある計画を知らせるために現れる」と予言され...。

■オスリック・チョウ(ケヴィン・トラン役)


エピソード:シーズン7第21話「神の言葉」
雷に打たれたケヴィンは、預言者としての力を持つようになる。リバイアサンを倒すためのカギを握っているのは、彼ではないかと判断したサムとディーンがケヴィンの元へ向かったが、同時に大天使も同じ目的でケヴィンに近づこうとしていた...。

■ジム・ビーヴァー(ボビー・シンガー役)


エピソード:シーズン6第4話「危険な週末」
クラウリーに魂を貸したボビーは、クラウリーに魂を返す意思がないことを悟り、自分で解決すべく動いているうちに彼の最大の秘密を知ってしまう...。果たしてボビーは魂を取り戻すことができるのか...!? ジェンセン・アクレス監督エピソード。

お気に入りのエピソードはありましたか? シリーズ通算第300話では、サム&ディーンの父親ジョン役で出演していたジェフリー・ディーン・モーガンもカムバックし、その記念すべきエピソードは米CWで2月7日(木)に放送されたばかり。そして、最近シーズン15へ更新が決定したばかりの本シリーズが、今度は400話目を達成できるよう応援していきたい。

『SUPERNATURAL』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。

(翻訳/Nami)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』
(c)Warner Bros. Entertainment, Inc.

オーストラリアの作家リアン・モリアーティによるベストセラー小説を原作に、第69回エミー賞で8冠に輝くなど高い評価を得た米HBOのドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』(以下『BLL』)。本作のクリエイターが、現段階ではシーズン2以降の製作予定はないことを明らかにした。米Entertainment Tonightが報じている。

【関連記事】『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2についてわかっていること

現地時間の8日(金)、クリエイターのデヴィッド・E・ケリーがTCA(TV批評家協会)のプレスツアーに参加。そこで、今年6月にスタートするシーズン2を越えて、先のシーズンに展開される可能性について聞かれると、「今のところその予定はない」とコメント。「シーズン1と2(のみ)のつもりだ。私たちはシーズン2の結末を気に入っているし、おそらくそこで終わるのがいいだろう」と続編の製作は考えていないことを明らかに。

ケリーはシーズン1が放送される前の2017年1月にも同様の発言をしており、ともにプレスツアーに参加していた主演・製作総指揮のリース・ウィザースプーンは、「あなたは前にもここに座って同じことを言っていたわよ」と笑いかけた。

その一方で、同じく主演・製作総指揮のニコール・キッドマンは、シーズン2の結末は流動的であるとコメント。「具体的に作品の終わりは決まっていないわ。私たちにとっては長い撮影期間で、膨大な仕事があって、今ここにいることにただ驚いているの」

続けて、シーズン1が大ヒットしたことを受け、改めてシーズン2の製作に思い切って挑んだとし、「シーズン1はシーズン1、シーズン2はシーズン2。上手くいけば、ヒットするかもしれない。ものすごく沢山の愛情で作られたのだから」と新シーズンに自信を見せた。

『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』シーズン2は、米HBOにて今年6月に放送開始予定。作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグ・リトル・ライズ』 
(c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO(R)and related service marks are the property of Home Box Office, Inc.

米CWの人気ヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』に出演する主要キャストが、本国アメリカで現在放送中のシーズン7で降板することが明らかになった。米Entertainment Weeklyなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ARROW』を降板したイケメン俳優がシーズン7で再びレギュラーに!

今回同作を去っていくのは、シーズン4から登場しているカーティス・ホルト役のエコー・ケラム。彼はシーズン5からレギュラーに昇格し、現シーズンまで4シーズンにわたりチームに愛されるキャラクターだ。

2月11日(月)に放送された第13話「Star City Slayer(原題)」の登場が最後となった。彼が開発していたテクノロジーをきっかけに、ワシントンDCでの新たな仕事をオファーされ、チームを離れることに。チームの一人が殺人鬼に狙われ危険な目にあったことにより、このテクノロジーがあれば人々を救えると思い新天地に向かうという展開だ。

演じるエコーの降板理由は、家族との時間を大切にしたい、また音楽や監督業にも注力したいからだという。エコーは、シーズン6の初期に降板のことを製作側とすでに話し合っていたという。「自分の希望だったんだ。子どももいるしね。もっと家にいてやらないと、と思うようになってきたんだ。家族とは何か、父親業はどういうことかと。ショーランナーのマーク・グッゲンハイムとたくさん話したよ。彼は私の言うことにすごく理解を示してくれた」と語ったエコー。

続けて「この作品に携わることは本当に大好きだよ。キャストもプロデューサーも、スタジオも全て最高の環境が揃っているんだ。みんな、私のことをちゃんと考えてくれているし、シーズン1からみんなといるような錯覚をするくらいだよ。だからこの作品を去るのはとても複雑な思いだよ。離れるのはつらい、でも家族が結局のところ一番なんだ。それから今後の人生で何か他にクリエイティヴなことにも挑戦したいと思っている。音楽や監督業、脚本執筆にも興味があるんだ。もちろん演技も大好きだけど、今は、俳優業は少しお休みでもいいかなと思っているよ」と述べた。

また、同作に復帰する可能性については、「100パーセントもちろんある」と答え、もしかするとカーティスが戻ってくることも大いにあるとファンには喜ばしいコメントも残した。

残念なニュースではあるが、再登場の可能性もありそうなカーティス。またエコーが戻ってくる日を期待して待ちたい。シーズン7は、日本ではワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントにてデジタルセル(字幕版)配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』
ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics. (c)2017 WBEI. All rights reserved.

大ヒット映画『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』。記念すべきシリーズ通算100話を迎えるシーズン5が、Dlifeにて3月に無料初放送となる。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』クラーク・グレッグ直撃インタビュー in LA

シーズン7の製作も決まっているマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のTVドラマの本シリーズ。前シーズン、シールドが悪のヒドラに敗北した仮想世界"フレームワーク"から現実の世界を守ろうと、ゴーストライダーと取引したシールド。その結果、米軍から追われそうになったコールソンたちは、突然現われた男たちによって拉致されてしまった。

新シーズンでは、目を覚ました彼らが、宇宙ステーションのような場所にいるところから始まる。そこでは"ゴキブリ"と呼ばれる生物が、敵とみなしたものを襲ってくる世界だった。そんな中、シールドが人類を助けると信じる者たちがいて...。

シーズン5には、『ディセンダント』や『うわさのツインズ リブとマディ』で知られるダヴ・キャメロンがルビー役で登場し、『メンタリスト』のジェフ・ウォードがディーク役で出演する。また、第6話「残酷なゲーム」では、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグがメガホンを取っている。

クラークをはじめとするお馴染みのシールドメンバー、クロエ・ベネット(デイジー・"スカイ"・ジョンソン/クェイク役)、ミンナ・ウェン(メリンダ・メイ役)、イアン・デ・カーステッカー(レオ・フィッツ役)、エリザベス・ヘンストリッジ(ジェマ・シモンズ役)、ヘンリー・シモンズ(アルフォンソ・"マック"・マッケンジー役)、ナタリア・コルドバ=バックリー(エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス役)らは、続投している。

また全国無料のBSテレビ局・Dlifeでは、2月25日(月)よりシーズン4の字幕版が再放送される。よって、シーズン4から引き続き、シーズン5が楽しめそうだ。『エージェント・オブ・シールド』シーズン5は、3月に無料初放送。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5を見た後は、海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録&レビューを付けよう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』シーズン5
(c)ABC Studios & Marvel

大人気ミステリードラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』(以下『エレメンタリー』)のワトソン役で知られるルーシー・リューが、米CBSの新作ドラマに出演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】ルーシー・リューも! ディズニーアニメの声の主は海外ドラマでおなじみの俳優たち

CBSで昨年9月にシーズン6の放送が終了した『エレメンタリー』。次のシーズン7で幕を閉じることは以前お伝えした通りだが、ルーシーはそのまま同局の作品で主演を張ることになったようだ。

この新作は、『デスパレートな妻たち』『デビアスなメイドたち』のクリエイターとして知られるマーク・チェリーが手掛ける『Why Women Kill(原題)』という女性を中心に描いたドラマ。同作は、1960年代の主婦、1980年代の上流階級の淑女、そして2018年を生きる弁護士という3人の女性が結婚生活における不貞行為に直面していく姿を描いたもの。

生きる時代が異なる3人が、女性としての役割がどのように時を経て変わり、裏切り行為に対する女性としての思いは、いつの時代も変わらないのかという二つの側面に焦点を当てる。

ルーシーは、80年代の女性シモーンを演じる。シモーンは、エレガントでおしゃれで、自分が映画の主人公のような自信を持つ生き生きとした女性。買い物やパーティーに明け暮れ、外見が全てだと思い優越感に浸っているようなタイプの女性だ。だが、ある時彼女の悪い予感が的中し、夫カールの浮気を知ることになる。その結果、これまでの彼女の生活が一変してしまうという。

製作陣にはチェリーの他に、ブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』『ジーニアス』シリーズ)、フランシー・カルフォ(『運命の銃弾』)、マーク・ウェブ(『インスティンクト -異常犯罪捜査-』)らが名を連ねている。

『Why Women Kill』は、CBSの配信サービスCBS All Accessで配信予定。また、ルーシーが出演する『エレメンタリー』ファイナルシーズンの放送時期は現時点では未定だが、こちらも情報が入り次第お伝えしていきたい。『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』見どころはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』より
(C) MMXVIII CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

DCコミックスの大人気アクションドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』で、主人公スーパーガールことカーラ・ダンバース(ゾー=エル)を演じているメリッサ・ブノワ(『Glee/グリー』)と、シーズン2から登場するモン=エル役のクリス・ウッド(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)が、婚約したことが明らかになった。米Entertaiment Weeklyが報じている。

【関連記事】メリッサ・ブノワ...DCドラマのスターたちの始まりはFOXドラマだった

現在30歳のメリッサは2月10日(日)に自身のInstagramで、左手の薬指に大きなダイヤモンドの指輪をしながら微笑むクリスとのツーショット写真を掲載。写真とともに「イエス! イエス! イエス! 答えはいつだってイエスよ!」とコメント。プロポーズを受けての喜びに満ちた返答を投稿した。

二人は2017年3月に、本作のロケ地であるカナダのバンクーバーで仲良く犬の散歩をしているところが目撃され、実生活で交際しているという噂が流れた。メリッサと同じ年のクリスは以前、「メリッサと僕は、お互いのキャラクターにとって居心地がいい場所を見つけたんだよ。演じるのはすごく簡単なんだ。彼女は、女優としてとてもゴージャスだし、どんどん前に進んでいく感じだ」と、メリッサのことを褒めるコメントを残していた。

メリッサは、出世作でもある『Glee/グリー』で共演したブレイク・ジェナー(『スウィート17モンスター』『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』)と2015年3月に結婚したが、翌年2016年12月に離婚を申請。クリスとの交際はその直後からと見られている。

クリスは、『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』や『ヴァンパイア・ダイアリーズ』などにゲスト出演し、『Containment(原題)』では主演を務めている。また、メリッサとカルロス・バルデス(『THE FLASH/フラッシュ』)が共演するショートムービー『The Stew(原題)』では、メガホンを取っている。

AXNでは、現在『SUPERGIRL』シーズン3が放送中。モン=エルとの別れの悲しみを紛らわせようと、スーパーガールとしての任務を全力でこなしていくカーラ。だが、彼女の前に過去最強のヴィランが現れる。何度も立ち上がり、戦い続け、スーパーガールとしてさらに成長していく姿が描かれている。

作品の中では別れを経験している二人だが、実生活では幸せの絶頂のようだ。メリッサ&クリス、ご婚約おめでとう!

(海外ドラマNAVI)

Photo:メリッサ・ブノワ&クリス・ウッド
(c) NYKC/FAMOUS
(c) FAM008/FAMOUS

(※本記事は、『ウォーキング・デッド』シーズン8&9の重要なネタバレを含みますでご注意ください)

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』(以下『TWD』)で、ミショーンを演じるダナイ・グリラが、シーズン10をもって降板することが明らかになった。米Screenrantほか複数のメディアが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』のあの人が降板!「自分の役に不満を感じていた」とコメント

シーズン10に更新されたばかりの同作だが、ダナイは全話ではなく、そのうちの5話ほどだけの出演にとどまるようだ。

シーズン3から登場したミショーン。アンドリュー・リンカーン演じるリックの息子カール(チャンドラー・リッグス)にとって、ミショーンは第2の母のような存在でとても親しかったが、カールがシーズン8で殺され、ミショーンは失意のどん底に落ちていた。演じていたダナイ自身もカール不在の同作で、しばらくは落ち込んでしまったとも伝えられている。

ダナイは同作の出演をきっかけにブレイクし、本年度アカデミー賞で作品賞を含む7部門にノミネートされているマーベル映画『ブラックパンサー』や、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエを演じている。大作映画への出演に引っ張りだこの人気俳優ゆえに、『TWD』への継続出演が難しくなったとも言われている。

ダナイの降板は、シーズン9でのアンドリュー(リック役)、ローレン・コーハン(マギー役)に続く主要キャラクターの降板となるが、リックもマギーも殺されて退場するという展開ではなく、ただ去ってしまうという設定。アンドリューに関しては、『TWD』から派生する映画3本のうち1つに出演することが発表されている。

映画版の脚本も手掛けるギンプルは、「まずはリックのストーリーから始めていくが、『TWD』では見せられなかった過去の話や、新しいキャラクターを含んだものを複数製作する予定」だと述べていた。もしかすると、映画版ではリックとミショーンの再会が描かれるかもしれない。

またマギーも、映画版での復活も可能性がないわけではない。演じるローレンも、「話は色々と出ているかもね。でもまだ何もかもが初期段階で明白じゃないわ。どうなるかしらね」と答えている。

主要キャラクターの降板が相次ぐが、映画版もあるため、まだまだファンには期待できることが多くあるようだ。『ウォーキング・デッド』シーズン10は、今年秋にFOXチャンネルで日本最速放送予定。その前にシーズン9後半が、FOXチャンネルにて放送中。『ウォーキング・デッド』の見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)Gene Page/AMC

昨年のエミー賞で作品賞を受賞した大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』。その待望の新シーズンであり、幕引きとなる第八章がついに4月から放送開始となる。しかし、前シーズンの第七章が放送されたのは1年半も前のことであり、製作サイドがありとあらゆる策を使って情報漏洩防止に尽力してきたこともあり、明かされていない情報も多い。このほど、米Popsugarが最終章についてわかっている11のことを紹介しているので、放送開始を前に知り得る情報をチェックしておこう。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』で2018年最も読まれたニュース&コラムTOP10

1.エピソード数
2018年3月、テキサス州オースティンで行われたサウスバイサウスウェスト(以下SXSW)フェスティバルのパネルに登場したショーランナーのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスは、かねてから伝えられていた通り、最終章がシリーズで最も短い全6話構成となることを発表した。「初めから、僕らは70時間の話を作りたいと思っていたんだ」とベニオフ。続けて、「もし、途中で核となる出演者たちを失っていたら、本当に大変なことになっていただろう。みんなで続けてこられて、望んだように終わりまでたどり着くことができて、本当に幸せに思う」とコメントした。

2.製作費
米Varietyによれば、最終章では各話の製作費が1500万ドル(約16億円)にまで及んでいるという。

3.新キャラクターの登場
第八章では、二人の新キャラクターが加わることがわかっている。現時点では、キャスティングを含め、詳細は明らかにされていないが、どちらのキャラクターも若い人物になるとのこと。1人目は、兵士の家に生まれた8〜10歳の「北の少女」。北のアクセントで率直にものを言う、精悍かつ清廉な女の子のようだ。2人目は、健康的で機敏、そして人目をひく容姿をしている1人目の少女と同年代の男の子。貧しい家の出身。最終章において重要な役どころとなるようで、選ばれた俳優にとっても単なるカメオ出演では終わらない程度に登場しているという。

4.各話の放送尺
サウンドデザイナーのポーラ・フェアフィールドによれば、シーズン7は最終回だけが82分もの長さとなっていたが、シーズン8は各話が80分前後になっているという。

5.監督
米Hollywood Reporterによれば、最終章ではミゲル・サポチニク(『ゲーム・オブ・スローンズ』『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』)とデヴィッド・ナッター(『ゲーム・オブ・スローンズ』『シェイムレス 俺たちに恥はない』)、そしてショーランナーのベニオフとワイスの4人がメガホンを取ったという。サポチニクはシーズン5・6で4回、ナッターはシーズン2・3・5で6回、それぞれ監督を務めた経験がある。

6.脚本
第1話はデイヴ・ヒル、第2話はブライアン・コグマンが担当。両者とも過去に『GOT』脚本を手がけたことがある。第3話〜6話はベニオフとワイスが執筆している。

7.展開
ジョン・スノウ役のキット・ハリントンは米The Huffington Postのインタビューの中で、シーズン8は(今までよりも)焦点が当てられるキャラクターは少ないものの、より複雑な物語になっているとコメント。「より少ないエピソードに、より多額の費用を費やしたのだから、より大きなスケールになるだろうね。僕らは新しいことを試していて、新しいカメラ技術を取り入れているんだ。それは境界を壊して、過去の境界も押し広げる、ということなんだと思う」と、明かしている。

8.バトルシーン
シーズン8では、シリーズ最大規模のバトルシーンが描かれる。<夜の王>を演じているウラジミール・ファーディックによれば、その壮大な戦いは第3話で見ることができるという。「第3話には、クリエイターがテレビの歴史的瞬間になることを意図した戦いがあった。第3話はまるまる1時間使って、その戦いを描くだろう」これはウェスタロスの軍隊が亡者の軍に対抗する戦いのことであり、このバトルシーンのために、野外で55日間かけて撮影が行われた。スタジオの中での撮影日数についてはカウント不可能だったという...。

9.撮影の苦労
キットによれば、彼はファイナルシーズンの撮影に情熱を注ぐあまり、何度も涙を流すことになってしまったという。「最後のシーズンは、僕らを壊そうとしているかのように思えた」と、キットはオーストラリア版GQ誌のカバーストーリーで告白。「誰もが最後には壊れていたよ。僕らは終わることが悲しくて泣いたのか、信じられないくらい疲れていて泣いたのか、わからないくらいさ。とにかく皆、寝不足だったよ」と明かしていた。

10.予告編

11. プレミア放送日
待望の第八章の放送開始日は、現地時間の4月14日(日)夜9時に決定!
日本では、 BS10スターチャンネルにて4月15日(月)より世界同時放送となる。

『ゲーム・オブ・スローンズ』見どころや作品レビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

ドラマ版『リーサル・ウェポン』で精神科医のモーリーン・ケイヒルを演じているジョーダナ・ブリュースターが、米CBSのリブート版『Magnum P.I.(原題)』に主人公の元恋人役で出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】ジョーダナ・ブリュースターも出演『リーサル・ウェポン』の魅力

『Magnum P.I.』は、1980年から8シーズンにわたって放送された人気アクションドラマ『私立探偵マグナム』のリブート版。軍人から探偵になった主人公トーマス・マグナムが、オリジナル版にも登場した戦友TCカルヴィンとナイトクラブの経営者リック、新キャラクターとなる英諜報機関MI6の元捜査官ジュリエット・ハギンスと一緒に、誰も捜査しようとしない様々な事件を解決していくアクションシリーズ。

ジョーダナが演じるハンナは、元CIAの情報分析官。過去にマグナムと深い仲だったが、実はその振りをしていたたけで、後にマグナムと彼のチームが捕虜として捕らえられる原因となった人物だという。ジョーダナは、2月15日(金)放送予定のシーズン1第15話に登場することになっている。

先日、『Magnum P.I.』はシーズン2への更新が決定したばかり。マグナムを演じるのは、DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』のエル・ディアブロ役や、『ギャング・イン・LA』のダニエル・アコスタ役で知られるメキシコ系アメリカ人俳優のジェイ・ヘルナンデス。カルヴィン役にはスティーヴン・ヒル(『マニアック』)、リック役でザカリー・ナイトン(『フラッシュフォワード』)、ジュリエット役でパーディタ・ウィークス(『リベリオン』)らが出演している。

ジョーダナは、2001年公開の大人気カー・アクション映画『ワイルド・スピード』のミア・トレット役で注目され、計5作品のシリーズに出演。2020年公開予定の『ワイルド・スピード9(仮題)』にも出演予定。その他にリブート版『ダラス』や、オタク・スパイコメディドラマ『CHUCK/チャック』などでも活躍している。

『Magnum P.I.』シーズン1は、CBSにて毎週月曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョーダナ・ブリュースター
(c) FAM020/FAMOUS

常夏のハワイを舞台に知事直轄のFIVE-0メンバーの活躍を描く『Hawaii Five-0』に、往年の人気ドラマ『ダイナスティー』に出演していたベテラン女優ジョーン・コリンズが、『HAWAII FIVE-0』のメインキャラクターを嫌う役でゲスト出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『アメホラ』シーズン8に『魔女団』5人組が同役でカムバック!ジョーン・コリンズも出演!

ジョーンはシーズン9第18話で、ダニー(スコット・カーン)の元妻レイチェル(クレア・ヴァン・ダー・ブーム)の母親アマンダ・サヴェージ役を演じることが決定。作家であるアマンダが著書の宣伝で町にやって来た際、土壇場でダニーとスティーヴがイベントの警護に当たることに。今までアマンダはダニーのことを快く思ったことがないのに対し、スティーヴ(アレックス・オローリン)のことは瞬く間に気に入る展開になるという。

ジョーンは、スーツに身をまとったスコットとアレックスと一緒に写った画像に、「素晴らしいキャストとスタッフと一緒に、『HAWAII FIVE-0』で仕事をできて楽しかったわ!」とTwitterに投稿している。

1950年代から映画に出演しはじめたジョーンは、『ダイナスティー』で9シーズンにわたり演じたアレクシス・キャリントン役で大ブレイク。全米で"コリンズ旋風"を巻き起こすほどの人気を博し、映画&ドラマ界をまたにかけて活躍。85歳になった今も精力的に女優として活動しており、架空の英王室のスキャンダルを描くドラマ『The Royals ザ・ロイヤルズ』や、大人気ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン8にも出演。映画『Unforgettable』で、メラニー・グリフィス(『ワーキング・ガーリ』)の母親としても知られるティッピー・ヘドレン(『鳥』)と共演することも決定している。

『HAWAII FIVE-0』シーズン9の後半エピソードは、CBSにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョーン・コリンズ
(C) FAM020/FAMOUS

大ヒットヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でジャック役を演じ注目を集めているマイロ・ヴィンティミリアが、ハーバード大学のヘイスティ・プディング・シアトリカルズにより、「ヘイスティ・プディング賞マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。米The Hollywood Reporterが報じた。

【関連記事】『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア~顔面麻痺という障害を乗り越え歩んだ俳優人生~

現地時間の1月30日、英国で最も古い演劇団体は「マン・オブ・ザ・イヤー」にマイロを選出したことを発表。選考の決め手は、「TVや映画で大きな印象を残したこと」だと説明している。

2017年から2年連続でエミー賞ドラマ部門主演男優賞にノミネートされた彼は、2月8日にハーバード大学にて行われるイベントに出席する予定で、その後、同部の新作『France France Revolution(原題)』を観劇するとのこと。新作では、同部の歴史の中で初めて女性が出演する。

ヘイスティ・プディングは、1967年からマン・オブ・ザ・イヤーの選出を始め、過去にはクリント・イーストウッド(『運び屋』)や、トム・ハンクス(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高の機密文書』)、クリストファー・ウォーケン(『ヘアスプレー』)らが選ばれており、昨年の受賞者は『アントマン』のポール・ラッドだった。

「マン・オブ・ザ・イヤー」と同時に選出される「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」には、ブライス・ダラス・ハワード(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)が選ばれた。

『THIS IS US/ディス・イズ・アス』作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:マイロ・ヴィンティミリア
(C) NYNR

人気アクション映画シリーズのドラマ版『リーサル・ウェポン』で、ロジャー・マータフ刑事を演じているデイモン・ウェイアンズ。昨年突然、ビデオインタビューで12月で同作を辞めると発言していたが、やはり降板することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『リーサル・ウェポン』マータフ役のデイモン・ウェイアンズが突然の降板宣言!

現地時間2月6日(水)、テレビ批評家協会冬のプレススアーで、FOXエンターテイメントCEOのチャーリー・コリアーは、デイモンが降板する可能性があることを述べた。「(昨年のデイモンの降板発言は)私が発するよりも先に発言されてしまっていますが、プロデューサーやワーナー・ブラザースと話したところ、この件に関してはスタッフらは歩調を合わせて進んでいると報告を受けています。同作は非常に人気のシリーズだと思っており、シーズン4への更新に関しては、ここ数週間の視聴率には満足しているとだけは言えます」

また、プロデューサーのマット・ミラーは、「デイモンと話して交渉しないといけないと思う。だが、彼はきっと戻ってきてくれると強く信じているよ」と前向きな発言をしている。

デイモンは、昨年10月米Electronic Urban Reportのビデオインタビューで、「とりあえず決まっている13話分の撮影は終えたよ。その後は辞めるつもりだ。私は糖尿病持ちの58歳だ。一日16時間労働は体力的にもきつい。それに、孫も7人いるが、全然誰にも会えてないんだよ。そこまでしてこの仕事をする価値は、私にとってないと思っているんだ」とコメントしていた。

その直後、製作側はデイモンの要求に応えるように、撮影時間も短縮し、ロケ現場で糖尿病患者向けの食事を用意するようにした。その代わりにデイモンは、追加で2話分に出演することに合意し、シーズン3は合計15話になった。「デイモンは我々が色々と改善した瞬間から、とても喜んでいたよ。彼とはとても仕事がしやすいし、セットで皆に愛されているんだ」とミラーは述べていた。

以前報じられたように、同作主役の降板劇は今回が初めてではない。シーズン2まで、主役コンビの一人であるマーティン・リッグスを演じてきたクレイン・クロフォードは、撮影中の態度が問題で最終的には解雇された。その後、昨年の9月よりスタートしたシーズン3から加入したショーン・ウィリアム・スコットは、ウェスリー・コールというキャラクターで、マータフの新パートナーとして活躍している。

シーズン1から出演している主役二人が姿を消してしまうと、今後のシリーズ継続への影響が心配されるが...。注目の『リーサル・ウェポン』シーズン3は、AXNにて3月4日(月)より日本独占初放送。デイモンの今後が分かり次第、続報をお届けしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『リーサル・ウェポン』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

2013年に韓国で大ヒットを記録した『グッド・ドクター』を、米ABCが手掛けたハリウッドリメイク版『グッド・ドクター 名医の条件』。放送直後より話題になった同作が、シーズン3へ更新されることが決定した。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『グッド・ドクター 名医の条件』フレディ・ハイモア、最初は主演オファーを断っていた

同作は、サヴァン症候群と自閉症を抱えている若手外科医ショーン・マーフィー(フレディ・ハイモア)が、カリフォルニアの権威ある病院に外科研修医として採用され、成長していく姿を描いている。

シーズン2は、平均680万人の視聴者数、1.1レーティング超えを記録。シーズン1と比較すると30から40パーセントの減少となっているが、昨年秋にスタートした前枠の『ダンシング・ウィズ・スターズ』が低視聴率だったことからつられた結果とみられている。だが、それでもABCにとってはドラマ枠の中で2番の高視聴率をキープしている人気作。当日放送と1週間後までの録画放送の視聴を合算すると、ABCの全シリーズ内で6番目に視聴されている作品へと一気に順位が飛躍している。

現在本国アメリカで放送中のシーズン2では、同作のプロデューサーであり『HAWAII FIVE-0』で知られるダニエル・デイ・キムが、新たに聖ボナベントゥラ病院に着任したジャクソン・ハン医師として登場する。ハン医師は、ショーンのキャリアの妨げになる驚異的な存在だ。

またABCは、リアリティ番組の「シャーク・タンク」をシーズン11に、そして新作ドラマ『A Million Little Things(原題)』もシーズン2に更新することを発表した。「シャーク・タンク」は、日本で放映されていた「マネーの虎」という番組をモチーフにしたもので、選抜された視聴者たちが、審査員である資産家たちから投資を得るべく自分のアイデア商品を売り込むというもの。

一方の『A Million Little Things』は、昨年9月から放送が始まったヒューマンドラマ。ビジネスパーソンとして成功を収めていた人物の死をきっかけに、人生に悩む友人たちがもう一度生きる意味を見つめ直すというドラマ。奇しくも、『HAWAII FIVE-0』のコノ役だったグレイス・パークが同作に出演しており、ダニエルと共に作品は違えど、二人共ABCで活躍している。

『グッド・ドクター 名医の条件』は、毎週月曜日、米ABCにてシーズン2が放送中。日本では、Dlifeにてシーズン1が放送中。『グッド・ドクター 名医の条件』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ドクター 名医の条件』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

平凡な町で起きた刺殺事件。現行犯で逮捕されたのは、夫と幼い息子を持つ一見幸せそうな女性だった...。映画『テキサス・チェーンソー』や『ステルス』で知られるジェシカ・ビールが、主演&製作総指揮を務める衝撃サスペンス『The Sinner-記憶を埋める女-』が、3月24日(日)と31日(日)の2日間にわたって、WOWOWプライムにて一挙放送される。

【関連記事】WOWOWプライムでは、J・K・シモンズ主演『カウンターパート/暗躍する分身』が日本初放送

2017年8月に米USAで放送がスタートし、第75回ゴールデン・グローブ賞ミニシリーズ/テレビ映画部門で、作品賞と主演女優賞の2部門にノミネートされ、シーズン2の製作もされている本作。

物語の主人公は、夫メイソンと幼い息子レインと暮らすごく平凡な女性コーラ。彼女は、家族でニューヨーク州郊外の湖を訪ねるが、恋人とじゃれ合う男性を突然、果物ナイフでめった刺しにして殺害してしまう。その場で逮捕されたコーラは、自分は有罪であると認め、弁護士も要らないと主張。しかし、取り調べでは混乱した様子で、「なぜ自分が突然見知らぬ男性を殺したのかは分からない」と答える。地元警察のベテラン警部補アンブローズは、コーラの動機を突き止めようと捜査を始める。やがて、コーラの失われた記憶の中に事件の真相があると睨むアンブローズは、彼女の消えた記憶を回復させようとする。そして、次第にコーラの衝撃的な過去が明らかになり...。

主人公コーラをジェシカが演じ、夫メイソン役には2月8日(金)より公開となる映画『ファースト・マン』に出演しているクリストファー・アボット。また、事件を捜査する警部補アンブローズ役を映画『インデペンデンス・デイ』とその続編で米大統領役を演じたビル・プルマンが扮する。その他にも、ドーン・ノーウッド(『ブルース・オールマイティ』)や、アビー・ミラー(『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』)らが登場する。

『The Sinner-記憶を埋める女-』放送情報


WOWOWプライムにて(全8話)
・第1話から第4話 3月24日(日)午前11:00~ [二][字][第1話無料放送]
・第5話から第8話 3月31日(日)午前11:00~ [二][字]

・「24日(日)&31日(日)2週連続一挙放送!第1話先行無料放送」で第1話先行無料放送
3月2日(土)午後4:00 [二][字]

(海外ドラマNAVI)

Photo:『The Sinner-記憶を埋める女-』
(c)2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

シアトルの大病院で働く外科医を描いた大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)。本国アメリカでは現在シーズン15に突入しており、すでに大ヒット長寿ドラマの代名詞でもあるが、さらにシーズン16に更新される線が濃厚になってきたようだ。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『グレイズ・アナトミー』メレディスの恋のお相手、ベスト6

2月5日(火)、同作の放送局である米ABCエンターテイメント社長キャリー・バークは、テレビ批評家協会冬のプレスツアーで、"最低でもあと1シーズンはある"と口を滑らせてしまったことが噂の発端だ。バークは、『グレアナ』の更新について交渉中だと話し、主人公メレディス・グレイの未来を描き続けるため、まだこの先のシーズンも検討していると話した。

また、メレディスを演じるエレン・ポンピオがシーズン14が放送中だった昨年に、製作会社ABCスタジオとの契約をさらに2年延長しており、その期限はちょうどシーズン16までになることから、実質シーズン16はかなり確定に近いと思われる。

現在、本国で放送中のシーズン15は、先日当初より3話追加されて合計25話構成となった。医療ドラマとしては、1994年から15シーズン続いた米NBCの『ER 緊急救命室』の全331話を、この2月下旬に総エピソード数で超え、新たな記録を打ち立てるのも目前だ。

エレンは昨年に更新について、「クリエイターのションダ・ライムズと私が一緒に決断することなの。長年この作品に関わってきているし、おやすみしたい気持ちもあるわ。でもファンが、この作品にまだとても情熱を注いでくれているの。だからファンが(いつ終わるのかを)教えてくれると思うわ。もし、視聴率が落ちてきて情熱的じゃなくなったら、ファンでいてくれなくなったら、それがやめ時だということよね」と答えていた。

さらに、トーク番組に出演した際には、「イタリアでもフランスでも、ロンドンでもカンザスでも、どこに行ってもファンが私に近づいてきて涙目で、『グレアナ』がどれだけ大切な作品が語ってくれるの。だからシーズン16もあるでしょうね。終わりの兆しが見えないもの。だから私もこのまま頑張らないと。だって、『グレアナ』が世界の人々の人生を感化しているのだから」とも語っていた。

どうやらファンがいる限り、製作側もエレンも『グレアナ』を継続していくつもりでいるようだ。同作正式な更新発表があり次第、お伝えしていきたい。新たな記録を樹立する医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』シーズン15は、米ABCにて放送中。『グレイズ・アナトミー』見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(c) ABC Studios

米ABCで放送している個性豊かな3つの家族が織りなす大ヒットコメディ『モダン・ファミリー』。10年目を迎えなおも高視聴率をキープしている同作が、シーズン11への更新発表と同時に、シリーズフィナーレとなることが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】2018年に最も稼いだTV女優は、7年連続首位ソフィア・ベルガラ

同作は、両親と子ども3人の典型的なアメリカ人一家、ラテン系の子連れ美女と裕福じいちゃんの年の差夫婦、養子を迎えたゲイのカップルという、3つの家族が繰り広げるドタバタコメディ。大家族アメリカン・ファミリーのおかしな日常を温かい笑いをテンポよく描き、シリーズ開始以来、エミー賞5年連続作品賞受賞という歴史的快挙を成し遂げた作品でもある。

2月5日(火)ABCのエンターテイメント社長のキャリー・バークが、テレビ批評家協会冬のプレスツアーで発表した。「最終シーズンは記念すべき内容になり、ファンなら必見のストーリーになる」とコメントした。

同作プロデューサーのクリストファー・ロイド(『そりゃないぜ!? フレイジャー』)は、更新発表を受けて以下のようなコメントを述べた。「この10年、本作のキャラクターは人生で直面するターニング・ポイントに勇敢に立ち向かい、そしてそれを自分の成長へと繋げていった。もう1シーズン続けることで、違う道を進んで行くことになるよ」

また、同じく製作総指揮のスティーヴン・レヴィタンは、「10年も一緒にいるのに、まだ脚本家たちはお互いの性生活について知らないんだってわかったんだよ。(だからもっと仕事をして親密になるため更新することになった)」とジョークを飛ばした。

本国アメリカで現在放送中のシーズン10は、シーズン9に比べて10から15パーセントの視聴率ダウンとなっているが、それでも1.4デモレーティングで平均510万人の視聴者数を記録している。この数字は、放送局のABCにとってコメディ作品の中で2番目に良いものだという。

シーズン10のキャストには、お馴染みのエド・オニール(ジェイ役)、ソフィア・ベルガラ(グロリア役)、ジュリー・ボーウェン(クレア役)、タイ・バーレル(フィル役)、ジェシー・タイラー・ファーガソン(ミッチェル役)、エリック・ストーンストリート(キャメロン役)らに加え、ベン・シュワルツ(『ザ・ウォーク』)、ダニエル・レヴィ(『シッツ・クリーク』)、ミラ・ソルヴィノ(『コンドル ~狙われたCIA分析官~』)がゲスト出演する。

ファイナルシーズンに向け、最後まで見逃せない展開になりそうだ。そんな『モダン・ファミリー』シーズン10が、FOXスポーツ&エンターテインメントにて3月3日(日)22:00より放送スタート。見どころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『モダン・ファミリー』
(c) 2018-2019 American Broadcasting Companies. All rights reserved.

大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』のウォルター・ホワイト役で知られるブライアン・クランストンが、リーガル・ドラマ『グッド・ワイフ』のクリエイターによる米Showtimeの新ミニシリーズに出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】型破りな闘う男の生き様を体現!『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ブライアン・クランストンのインタビュー映像

『グッド・ワイフ』でクリエイターを務めたロバート&ミッシェル・キングが贈るミニシリーズ『Your Honor(原題)』は、ルイジアナ州ニューオーリンズを舞台にした法律スリラー。ブライアンは尊敬を集める判事役を演じ、息子がひき逃げ事故に遭ったことで嘘と騙し合いのゲームに巻き込まれ、不可能な選択を責められることになるという。

英ドラマシリーズ『Silk 王室弁護士マーサ・コステロ』や『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』で製作総指揮と脚本を担ったピーター・モファットが、今作で製作総指揮・脚本・ショーランナーの3役を担う。キング夫妻は製作総指揮を務め、現時点でブライアン以外のキャスティングは決まっていない。

Showtimeのエンターテイメント部門のゲイリー・レヴァイン番組局長は、「ピーターとミシェル、ロバートは鬼気迫るサスペンスと剥き出しの感情、そして道徳観の複雑さを描くオリジナル・スリラーを作り上げました。そして、世界で最高峰の俳優であるブライアン・クランストンが我々の情熱を分かち合い、主演することに同意してくれたことを嬉しく思っています」とシリーズにかける意気込みを語っている。

ブライアンは、現在製作が進んでいる『ブレイキング・バッド』の映画版にも出演することが決定している。

2018年から5シーズン続いた『ブレイキング・バッド』終了後は、詐欺師を主役にしたAmazonのドラマシリーズ『スニーキー・ピート』に出演するだけでなく、クリエイター・製作総指揮も兼任。ハリウッドの赤狩りを描いた映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』では、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされ、映画版『パワーレンジャー』では悪役ゾードン役で出演。『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』では出演・製作総指揮をこなすなど、目覚ましい活躍を続けている。

各作品の見どころやレビューなどは、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!『ブレイキング・バッド』はこちら、『スニーキー・ピート』はこちら、『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』はこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブライアン・クランストン
(C) Mark Peterson

世界中で大人気の犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。シーズン15をもってシリーズが終了するというニュースは、すでに当サイトでもお伝えした通りだが、現在ファイナルシーズンに向けて、どんなキャストが再登場するか注目されている。

【関連記事】『クリミナル・マインド』A・J・クック、ファイナルシーズン&初監督について語る!

そして今回、マシュー・グレイ・ギュブラーが演じるドクター・スペンサー・リードの母親ダイアナ役でお馴染みのジェーン・リンチが、撮影現場の写真をTwitterに投稿したことで、シーズン15に同役でゲスト出演することが明らかになった。

ジェーンがダイアナ役で最後に登場したのはシーズン12の最終話「レッドライト」で、現在撮影中のシーズン15のエピソードで9回目の出演となる。

米TV Lineのインタビューに答えた製作総指揮のエリカ・メッサーは、「今後意外な新事実が判明することに関連して、ダイアナが戻ってくるの! 彼女は相変わらず予測不可能な行動に出ることもあるけど、明確に物事を認識できる時もあり、リードにとって本当に良き母親でもある。彼らが再び一緒に登場することはとても素晴らしいわ」と語っている。

なお『クリミナル・マインド』シーズン14は、米CBSにて2月6日(水)にシーズンフィナーレが放送される。また、通常より少ない全10話となるシーズン15の放送開始日は、現時点では未定。ファイナルに向け、他のお馴染みのキャストがカムバックすることを望みたい。『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c) ABC Studios

マーベル「X-MEN」シリーズの設定をもとにドラマ化された米FXの『レギオン』が、シーズン3をもって幕を閉じることが明らかになった。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】全米騒然! 脳ミソに強烈な揺さぶりをかける『レギオン』

本シリーズの主人公は、幼い頃から続く幻覚や幻聴に悩まされ、統合失調症の疑いから精神科病院で治療を受けていたデヴィッド・ハラー(ダン・スティーヴンス『ダウントン・アビー』)。実は彼こそが、地上最強のテレパスで他人の精神を自在に操る、"X-MEN"の創始者チャールズ・エグゼビア(通称プロフェッサーX)の息子にして、最強のミュータント"レギオン"だった。デヴィッド自身さえ知らなかったその事実により、彼は巨大な陰謀に巻き込まれていく...というストーリー。

クリエイターのノア・ホーリーは、「結末こそが物語の意味そのものだと思うんだ。『レギオン』は3つで完璧な物語になるとずっと思っていたよ」と2月4日(月)に行われたテレビ批評家協会冬のプレスツアーで述べた。

続けて、「この物語はデヴィッドの精神的な状態を描いているものなんだ。最初の頃の彼は、自殺しようとするほど精神的に追い詰められていて、そしてシド(レイチェル・ケラー『FARGO/ファーゴ』)に出会い平常心を取り戻していく。薬もちゃんと飲んでいたしね。一時はそれで良い状態だったが、デヴィッドは"薬なしでも大丈夫なんじゃないか"と思ってやめてしまうんだ。するとまた悪化してしまう。今、視聴者が見ているのはその状態の彼だね。問題は、最終的にデヴィッドは落ち着けるのか、それとももう永久にダメになってしまうのかということだよ。これを描くと、また物語の始めに戻ってしまうような気がする」と語った。

数値をみるところシーズン2は、シーズン1に比べて視聴率が半分以下に落ちており、その平均視聴者数は43万人。放送日から1週間後までの視聴者数も100万人に留まり、シーズン1の半数にしかすぎなかった。

また、終了の発表とともに、デヴィッドの父プロフェッサーXがシーズン3に登場することが明らかとなった。演じるのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のヴィセーリス・ターガリエン役で知られるハリー・ロイド。さらに『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のジョアンナ・ウェリックを演じるステファニー・コーネリアセンが、デヴィットの母ガブリエル・ハラーとして出演することも分かった。

シーズン3では、原作「X-MEN」で描かれた同名キャラクターがもとになっているミュータント"スウィッチ"が登場することも明らかになっている。スウィッチ役に抜擢されたのは、Netflixのリアリティ番組『テラスハウス ALOHA STATE』に出演しているアジア系のローレン・サイ

終了するとはいえ、最後まで豪華な顔ぶれで期待ができそうな『レギオン』シーズン3は、FXにて今年6月から放送予定。『レギオン』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レギオン』
(c)2018 FX Networks, LLC. All rights reserved.

大都市シカゴの治安が悪いエリアで暮らす、常識外れのギャラガー家を描くシニカルな家族ドラマ『シェイムレス 俺たちに恥はない』のシーズン10への更新が発表された。米Varietyが報じた。

【関連記事】ダメ親父だけじゃない!『シェイムレス 俺たちに恥はない』ギャラガー家の"シェイムフル"な所業まとめ

本作は酒やドラッグに依存し、6人の子どもを振り回すダメ親父フランクを中心とするギャラガー家が、格差社会をたくましく生き抜く姿を描くコメディドラマ。

現地時間の1月31日、米ShowtimeはTCA(TV批評家協会)冬のプレスツアーにて、本作を同局のTVシリーズ最長となるシーズン10に更新することを発表。さらに、ウィリアム・H・メイシー(フランク役)、ジェレミー・アレン・ホワイト(リップ役)、イーサン・カトスキー(カール役)、エマ・ケニー(デビー役)らお馴染みのメンバーに加え、昨年10月にシリーズから降板することを発表していた次男イアン役のキャメロン・モナハンも再びレギュラー出演することが明かされた。

当時、キャメロンは「このイアン役はとても刺激的で特別なものだった。演じるのが楽しかったよ。『シェイムレス』と、そのファンの皆、そしてイアンを応援してくれた皆、ありがとう。イアン・クレイトン・ギャラガー、さようなら。また会えるかな?」と復帰の可能性もほのめかしてはいたものの、ファンにとっては想像以上に早い復帰となったに違いない。

米Showtimeの共同社長ゲイリー・レヴィンは、「ギャラガー家は自然力であり、再び戻ってきます。ファンが増え続けている『シェイムレス』は、異色のTV番組です」と、ロングランシリーズとなった本作への期待を語った。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シェイムレス 俺たちに恥はない』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

本国アメリカで現在放送中のシーズン12をもってファイナルを迎える大人気コメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』に、オリジナル版『スター・トレック』シリーズのジェームズ・T・カーク船長役で知られるウィリアム・シャトナーが出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】ジム・パーソンズ、『ビッグバン★セオリー』終了について"やり切った"

ウィリアムは、世界初となるロールプレイングゲーム、"ダンジョンズ&ドラゴンズ"をテーマにしたエピソードに登場するとのこと。実は2016年にウィリアムは、『ビッグバン★セオリー』へのゲスト出演を打診されていたという。だが、大袈裟な自分を演じることに乗り気ではなく、オファーを断ったのだという。彼が今回、どのような役を演じるかは現時点では、明らかにされていない。

ウィリアムは『スター・トレック』出演後は、2004年から5シーズンにわたって出演した法律ドラマシリーズ『ボストン・リーガル』、原作・製作総指揮・監督・出演の4役を務めた『サイバードラッグ/テクウォー』などがある。

なお、『ビッグバン★セオリー』にゲスト出演した『スター・トレック』のキャストは、ウィリアムが初めてではない。オリジナルシリーズのスポック役でお馴じみのレナード・ニモイとスールー役のジョージ・タケイ、『新スター・トレック』のデータ役ブレント・スパイナーと、ジョーディ・ラ=フォージ役のレヴァー・バートンも登場している。

また、この回に出演する他のゲストも豪華だ。映画『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』などで監督を務め、俳優としても活動しているケヴィン・スミスや、元NBA選手のカリーム・アブドゥル・ジャバー、ヴァンパイア・ドラマ『トゥルーブラッド』のイケメン俳優ジョー・マンガニエロが出演することも決定している。

ついにファイナルを迎える『ビッグバン★セオリー』シーズン12は、米CBSにて毎週木曜に放送中。『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィリアム・シャトナー
(c)Dara Kushner/FAMOUS
『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』シーズン5でゲスト出演したレナード・ニモイ
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

4月に放送開始される第八章でファイナルを迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)で、サンサ・スターク役を演じるソフィー・ターナーが、「最終章の結末を周囲にネタばれしちゃった!」と告白していることがわかった。

【関連記事】ホワイトハウス並みのセキュリティ対策!?『ゲーム・オブ・スローンズ』最終話の撮影がついに終了!

過去に、放送局の米HBOがハッキングされて『GOT』の脚本が流出したため、HBOと製作チームは情報漏えい対策について、万全の体制を取っていることでも知られている。よって、ネタばれしてしまったというソフィーは大丈夫だったのだろうか。

米ファッション誌「W Magazine」のインタビューに応えた彼女が、その点について明かしている。「秘密を守るのが苦手なの。製作チームはそのことを知っているから、もう私に"ネタばれするな"とは言わないと思う。すでに『GOT』の結末を何人かに言っちゃったし。"ねえ、知りたいなら教えてあげるわよ"って感じだったわ」と語っていることから、スタッフからは暗黙の了解を得ていたようだ。

以前にHBOの番組編成局長ケイシー・ブロイズは、誰にも最終章の結末が分からないよう、複数のバージョンが撮影されると述べていたことがあった。また、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター=ワルドーは、デジタルデータで受け取った脚本が、撮影後に『ミッション:インポッシブル』のように自滅すると明かしていたとも伝えられている。

どこまで詳しくソフィーがネタばれしたのかは不明だが、以前に彼女は、「ファイナルシーズンはファンを失望させるかもしれない」と言っていたこともある。さらにジョン・スノウ役のキット・ハリントンも、「全員を喜ばせることなんてできないよ。僕の大好きなドラマシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』や『ブレイキング・バッド』も、ファンを満足させるような終わり方じゃなかったしね」とコメントしていただけに、ハッピーエンドは期待しないほうがよさそうだ。

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章は4月15日(月)より、 BS10 スターチャンネルにて世界同時放送が決定している。作品の見どころやレビューは海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:*ソフィ・ターナー
(c) AVTA/FAMOUS

ニューヨークの大手法律事務所を舞台にしたスタイリッシュな弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』。同作は、シーズン9への更新とともにファイナルを迎えることが発表されたばかりだが、シーズン7まで主要キャストだったマイク(パトリック・J・アダムス)が、最終シーズンに戻ってくるかもしれないという。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】『SUITS』も最終シーズンへ、シーズン9に更新&終了が発表!

シーズン7で卒業したマイクとレイチェル(メーガン・マークル)の二人。終了してしまう前に、今一度パトリックとメーガンが演じるマイクとレイチェルが見たいというファンの声が多く聞かれているが、そのことでクリエイターであるアーロン・コーシュは、以下のようにコメントした。「英国王室入りしたメーガンへの出演依頼はしていないよ。出てもらえたら素晴らしいけど、可能性はほぼ0に近いね。だがパトリックは、降板するときに、戻ってくる可能性についても話していたよ。もしタイミングがあって彼がそれを望むのなら、マイクが見られると思うよ」

また最終シーズンは10話構成ゆえ、どのような展開にするのかも脚本家たちと話し合わなければならないと話すコーシュ。「普通に考えて、マイクの再登場というのは物語ではないんだ。だから登場するとしたら、"どういう理由でどうしたらいいのか"と考えないといけない。パトリックに、"こういう感じなんだけど、出演できるかな"と、出演依頼する前にストーリーの計画がないとね。(まだ最終シーズンの構成が)始まったばかりだからここからだね。頭の中にはあるよ」

さらにコーシュは、それぞれのキャラクターたちをどういう形で終了させるかまだ決めていないとも語った。「話し合いを始めたところだよ。それぞれが色々な状況に置かれた状態だ。話数は限りがあるし、話が進むにつれて、変更することもある。フィナーレが迫っているね。2日前に思っていたエンディングと違う形になったりもする。撮影をするまでわからないんだ。だから今はまだ模索状態だよ」

今月の初めのインタビューでは「今この瞬間では、過去のどのキャストが再登場するかわからない。まだ始まったばかりだからね。ジェシカ(ジーナ・トーレス)は出るけど、まだどういう展開にするか決まってないから、キャストの誰にも連絡も取ってない状態なんだよ」と答えていた。

メーガンは現在妊娠中でもあるため、出演は現実的には難しいと思われるが、何らかの形で、レイチェルと幸せな生活を送っているマイクの姿が見られることを期待したい。『SUITS/スーツ』シーズン8後半は、米USAにて放送中。『SUITS/スーツ』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』
(c)2017 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

米CBSは、人気ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』や『BULL/ブル 法廷を操る男』のクリエイター、ポール・アタナシオが新たに手がける新作ドラマ『Nancy(原題)』のパイロット版を発注した。米Varietyが報じた。

【関連記事】ポール・アタナシオが手掛ける『BULL/ブル 法廷を操る男』は実生活で役立つ心理術も満載

アタナシオが脚本&製作総指揮を務める『Nancy』は、ロサンゼルス警察にとって初めての女性署長となる元NYPDの高官が主人公となる物語。彼女は、自身の揺るがない正直と強硬な戦略とともに、社会的・政治的な国家安全保障の問題を解決していく。

アタナシオは、1993年から1999年まで放送されエミー賞も受賞した『ホミサイド/殺人捜査課』を企画。2004年から2012年は製作総指揮として『Dr.HOUSE』を手がけた。現在は、2016年にスタートしたマイケル・ウェザリー主演の法廷ドラマ『BULL』でクリエイターを務めている。

CBSは、『エバーウッド 遥かなるコロラド』や『溺れる女たち ~ミストレス~』のリナ・ミモウンが製作総指揮を務める新作医療ドラマ『Under the Bridge(原題)』のパイロット版も同時に発注。今回の2作品に加え、CBSではロバート&ミシェル・キング夫妻(『グッド・ワイフ』)が手がける『Evil(原題)』と、ソフィア・ブッシュ(『シカゴP.D.』)が出演する『Surveillance(原題)』のパイロット版製作も決定している。

アタナシオが手掛けている『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。『BULL/ブル 法廷を操る男』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BULL/ブル 法廷を操る男』
(c)MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

2013年秋より米NBCにて放送をスタートして以来、同局の看板番組として人気を博している大人気ドラマ『ブラックリスト』。今年1月よりアメリカで放送が開始したばかりのシーズン6が、スーパー!ドラマTVにて4月より独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】ネタバレ:『ブラックリスト』シーズン6でレッド&リズに待ち受けるものとは?

※以下、シーズン5の重要なネタバレを含みます。

シーズン5で最愛の夫トムを失い、ミスター・キャプランが残した人骨がレディントンのものであることを知ったエリザベスは、レディントンを名乗る男の正体を暴くべく、異母姉妹のジェニファーと共に真相究明に奔走する。偽レディントンとエリザベスが繰り広げる熾烈な心理戦をはじめ、婚約したアラムとナヴァービの関係、またFBIメンバーのそれぞれのドラマからも目が離せない! 

第1話と第2話にはフランスの名優クリストファー・ランバート(『ハイランダー』シリーズ、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』)が出演。毎シーズン登場する豪華ゲストも見どころの一つである。

■『ブラックリスト』シーズン6放送情報
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
2019年4月より独占日本初放送!
特別番組『ブラックリストの舞台裏 シーズン6』 ホームページ
http://www.superdramatv.com/lineup/SN0000001022.html

『ブラックリスト』視聴記録を取って、ユーザーレビューを投稿しよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』シーズン6
(C) 2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のニーガン役で知られるジェフリー・ディーン・モーガンが、『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(以下『スパナチュ』)の記念すべき第300話に復帰するとのニュースは当サイトでもお伝えしたが、彼が「第300話が最後じゃないかもしれない」と明かしていることが分かった。

【関連記事】『SUPERNATURAL』ジェフリー・ディーン・モーガンのインタビュー完全版はこちら

ジェフリーは、サム(ジャレッド・パダレッキ)&ディーン(ジェンセン・アクレス)・ウィンチェスター兄弟が魔物と対決するシリーズで、シーズン1から2にかけて二人の父親ジョン役でゲスト出演していた。米Entertainment Weeklyのインタビューでジェフリーは、「再びジョンが戻って来れるよう、製作チームが配慮してくれたらいいんだけどな。俺の夢は年末にカムバックして、最後のエピソードもしくはラスト2話ぐらいのエピソードでも何でもいいけど、小さいながらもしっかりした役割を演じることなんだ」とコメントし、第300話へのカムバックだけでは物足りないと感じている様子。

今回の『スパナチュ』の撮影に2日間参加したというジェフリーは、さらにジョンのキャラクターが発展することを願っているとのことで、「じっくりと時間を掛けて、役割を掘り下げていくのは楽しいよ。第300話がジョンの最後にはならないかもしれない。いつも俺がみんなに言っているように、『スパナチュ』は何でも起こり得るからね」と、ファンにとって嬉しい言葉を残している。

サムとディーンが住む地下壕がある街の名前「Lebanon(原題)」をタイトルにした第300話には、ジェフリーのほかにも、シーズン4&5に出演していた天使ザカリア役のカート・フラー(『グッド・ワイフ』)もカムバックする予定だ。

第300話にあたる『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン14第13話は、米CWにて2月7日(木)に放送。日本では、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントにてデジタルセル(字幕版)で配信中。なお、ジェフリーが出演中の『ウォーキング・デッド』シーズン9の後半エピソードは、FOXチャンネルにて2月11日(月)22:00より放送スタート。

『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。
『ウォーキング・デッド』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。

(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェフリー・ディーン・モーガン
(c)Darren Brade

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。