2018年12月アーカイブ

海外ドラマは日本のドラマとは違い、1シーズンで終わらず何シーズンも続くことが多い。またシーズンの最後には続きが絶対に観たくなるクリフハンガーの手法をとることが多く、一度ハマると次々と観てしまう...。日々忙しくてなかなかドラマをまとめて観る時間が取れない人にとって年末年始の休みは絶好の機会だ。全話制覇も夢じゃない⁉ 完結済みの海外ドラマをご紹介しよう。

【関連記事】『メンタリスト』を支えるナイス☆サブキャラたち

女子におすすめ!『プリティ・リトル・ライアーズ』


人気ドラマ『デスパレートな妻たち』の製作スタッフが手掛けた『プリティ・リトル・ライアーズ』は女子におススメのドラマだ。本国で2010年に放送がスタートし、シーズン7まで製作されて2017年に完結。ハラハラ&ドキドキのサスペンス要素と、ガールズドラマの要素をあわせ持つミステリードラマ。メインキャストはアリア、スペンサー、ハンナ、エミリーという4人の女子高生たち。物語は仲良し5人組のリーダー的存在だったアリソンが失踪して一年後、アリソンの遺体が発見される。それから残された4人にアリソンを思わせる「A」という人物からの脅しが始まる。謎の存在「A」の嫌がらせや脅迫は実に巧妙で4人を何度もピンチに陥れる。毎エピソードに何かしらのトラブルやピンチがあり、視聴者を飽きさせない。4人と一緒にハラハラしながら、途中で見るのを止められない作品だ。

キャスト4人はそれぞれタイプが違う魅力的な女の子ばかり。彼女たちのファッションやガールズトークも楽しみの一つだ。

『プリティ・リトル・ライアーズ』は、Amazon Prime Video、U-NEXTなどで配信中。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

気分爽快の一話完結型ドラマ『メンタリスト』


本国アメリカで驚異の視聴率をたたき出した『メンタリスト』は、カリフォルニア州捜査局、通称CBIを舞台にした犯罪捜査ドラマ。数ある犯罪捜査ドラマの中で『メンタリスト』が他の作品と一線を画している点は、主人公パトリック・ジェーンの優れた人間観察力と推理力によって事件が解決するところだ。基本的には一話完結で事件は解決するが、最後まで見ないと犯人が分からないのが本作の魅力。捜査官ではなく、コンサルタントとして捜査に協力するジェーンを演じるのは『堕ちた弁護士~ニック・フォーリン~』のサイモン・ベイカー。マイペースでスタンドプレーが目立つパトリックだが、そのさわやかなイケメンぶりと笑顔で誰からも好かれる存在である。そんな彼が事件を一気に解決する姿は観ていて爽快だ。

もう一つ注目したいのがエピソードごとのタイトル。シーズン6の8話まではすべて「赤」に関連するタイトルが付けられており、それ以降最終話までも色に関するタイトルとなっている。こういった遊び心も海外ドラマの魅力かもしれない。

『メンタリスト』はAmazon Prime Video、U-NEXT、Huluなどで配信中。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

独特の世界観に大ハマりする『LOST』


海外ドラマをあまり観ない人でも名前は聞いたことがあるのでは? 2004年から6シーズンに渡り放送され、エミー賞やゴールデン・グローブ賞など数多くの賞を受賞し、世界中で社会現象とも言える大反響を引き起こしたドラマ『LOST』。ジェニファー・ガーナー主演のスパイアクションドラマ『エイリアス/2重スパイの女』でその才能が認められたヒット・メイカー、J・J・エイブラムスが手掛けた作品として有名だ。物語はシドニー発ロサンゼルス行きの航空機が無人島に墜落するところから始まる。生存者は48名おり、助けを待ちながら島で生き延びていくために団結していく。だが、彼らがいる島には不思議な現象が次々と起き...。

『LOST』の特徴は島での生存者たちのドラマを描きながら、各キャストの過去やバックグラウンドが随所に入るところである。物語が進むたびに次々と明らかになる彼らの過去は興味深く、視聴者はどんどん物語に引き込まれていく。それと同時に謎の多い島の正体は何なのか? という疑問はファイナルシーズンまで続き、最後まで見ないと気が済まない! 複雑なストーリー展開が魅力の本作は、1シーズン欠かしたり、見てから時間がたってしまったりするとストーリーがわからなくなることも...これでは十分な醍醐味が味わえない。だからこそ、全121話とエピソード数はかなり多いが、『LOST』は年末年始などまとまった休暇が取れる時にじっくりその世界観に浸ることをおススメしたい。

『LOST』はAmazon Prime Video、Huluなどで配信中。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

これまで紹介してきたおススメの海外ドラマは、それぞれタイプが違う作品だが、中毒性のあるドラマばかり。優れた作品は、2度見ても十分に楽しめる。年末年始などの長い休みには、普段なかなか見られない長編もの海外ドラマを見て過ごすのも楽しいもの。改めて海外ドラマの魅力を実感するだろう。

※上記各番組の放送・配信情報は変更となる場合もございます。予めご了承ください。

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『プリティ・リトル・ライアーズ』(c)Warner Bros. Entertainment Inc.
『メンタリスト』(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
『LOST』© Touchstone Television

英ITVにて1989年から2013年まで放送された、ベルギー人の名探偵エルキュール・ポワロが数々の事件を解き明かす大人気ミステリ―ドラマ『名探偵ポワロ』。主演のデヴィッド・スーシェが高い評価を受けた一方、現在ドラマや映画で活躍する人たちがゲスト出演していたのはご存知だろうか? のちに出世した、あるいはさらに知名度を高めた人々を2回に分けてご紹介しよう。

【関連記事】【ネタばれ】まさかあの人も...。『24』に実は出ていたスターたち

■マイケル・ファスベンダー(シーズン10第3話「葬儀を終えて」)
『それでも夜は明ける』と『スティーブ・ジョブス』(2015)で2度アカデミー賞にノミネートされたマイケル。2005年に放送された本作では、亡き大富豪リチャード・アバネシーの息子ジョージを演じていた。

■デヴィッド・モリッシー(シーズン12第4話「オリエント急行の殺人」)
2012年から『ウォーキング・デッド』で総督に扮したデヴィッドは、その2年前に本作でオリエント急行の乗客の一人、ジョン・アーバスノット大佐を演じていた。

■ジェシカ・チャステイン(シーズン12第4話「オリエント急行の殺人」)
2011年の『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』と2012年の『ゼロ・ダーク・サーティ』で2年続けてアカデミー賞にノミネートされたジェシカ。本作では元家庭教師のメアリー・デベナムを演じていた。

■ヒュー・ボネヴィル(シーズン12第4話「オリエント急行の殺人」)
『ダウントン・アビー』のグランサム伯爵役や『パディントン』シリーズのブラウンさんのような、いいお父さんキャラで知られるヒュー。『ダウントン・アビー』開始と同時期に放送された本作では、アメリカ人の富豪ラチェットの執事エドワード・マスターマンを演じていた。

■マーク・ゲイティス(シーズン11第4話「死との約束」)
『SHERLOCK/シャーロック』のマイクロフト・ホームズ役でおなじみのマークは、本作では考古学者ボイルトン卿の連れ子レイモンドを演じていた。また、脚本家でもある彼は『名探偵ポワロ』の他のエピソード、「鳩のなかの猫」(シーズン11第2話)と「ハロウィーン・パーティー」(シーズン12第3話)と「ビッグ・フォー」(シーズン13第2話)の3話で脚色を担当している。

■ラッセル・トヴェイ(シーズン8第2話「白昼の悪魔」)
『クワンティコ』のハリー・ドイル役や『SHERLOCK/シャーロック』のヘンリー・ナイト役で知られるラッセル。2001年の本作では、ポワロと同じホテルに滞在しているマーシャル一家の息子ライオネルを演じていた。

■エリオット・グールド(シーズン10第1話「青列車の秘密」)
『M★A★S★H マッシュ』のトラッパー・ジョン・マッキンタイア役や『フレンズ』のロスとモニカの父ジャック役、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』のエズラ・ゴールドマン役などで知られるエリオット。2005年の本作では、アメリカ人の石油王ルーファスを演じていた。

■ジェームズ・ダーシー(シーズン10第1話「青列車の秘密」)
『エージェント・カーター』でエドウィン・ジャーヴィス、『ダンケルク』でウィナント大佐に扮していたジェームズ。本作では、エリオット・グールド演じるアメリカ人の石油王ルーファスの娘婿、デレックを演じていた。

■クリストファー・エクルストン(シーズン4第3話「愛国殺人」)
『LEFTOVERS/残された世界』のマット・ジェイミソン役や『ドクター・フー』の9代目ドクターで知られるクリストファー。1992年の本作では、自殺したとされた歯科医の秘書グラディスの恋人であるフランク・カーターを演じていた。

■ピーター・カパルディ(シーズン3第4話「スズメバチの巣」)
『ドクター・フー』の12代目ドクターであり『官僚天国!~今日もツジツマ合わせマス~』ではマルコム・タッカーを演じていたピーター。1991年の本作では、ポワロの友人ジョン・ハリソンの婚約者モリーの元恋人クロードを演じていた。

■ショーン・パートウィー(シーズン1第9話「クラブのキング」&シーズン13第3話「死者のあやまち」)
『GOTHAM/ゴッサム』のアルフレッド役や『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のレストレード役でおなじみのショーンは、『名探偵ポワロ』で複数の役を経験した一人。一つは、殺人が起きた家の近所に住むオグランダー家の息子ロニーを演じた1989年の「クラブのキング」。もう一つは、殺人推理ゲームを催したナス屋敷の主ジョージ卿を演じた2013年の「死者のあやまち」。

■トム・エリス(シーズン13第3話「死者のあやまち」)
『LUCIFER/ルシファー』でタイトルロールを演じているトム。2013年の本作では、ブランド刑事を演じていた。

気づいていなかった俳優はいただろうか? 『名探偵ポワロ』の全70話(二カ国語版)がAXNミステリーにて12月29日(土)より一挙放送となるので、そういったゲストたちに目を光らせておくのも面白いかもしれない。『ゲーム・オブ・スローンズ』や『シャーロック・ホームズの冒険』の面々が登場する後編もお楽しみに!(海外ドラマNAVI)

Photo:
マイケル・ファスベンダー (C) FAM008/FAMOUS
ジェシカ・チャステイン (C) HUBERT BOESL/FAMOUS
ヒュー・ボネヴィル (C) FAM008/FAMOUS
デヴィッド・モリッシー (C) JMVM/FAMOUS

2018年も多くの海外ドラマ・映画スターのおめでたいニュースを報じてきたが、今年パパになったスターたちをまとめて紹介しよう。

【関連記事】スティーヴン・ユァン、マシュー・モリソンも!2017年、パパになったセレブ12人

ジェシー・プレモンス(『ブレイキング・バッド』)
『FARGO/ファーゴ』が夫婦役を演じたキルステン・ダンストとジェシー。2016年に交際を開始し、今年婚約していた二人の間に5月3日、長男となるエニス・ハワード・プレモンス君が誕生している。

ジョン・ステイモス(『フルハウス』)
2017年10月にモデル・女優のケイトリン・マクヒューと婚約していたジョン。昨年12月に第一子の懐妊を発表していた二人の間には今年の4月、長男ウィリアム・"ビリー"・クリストファー君が誕生。ビリー君の名前は、ジョンの亡くなった父親から受け継いだものだそうだ。

パトリック・J・アダムス(『SUITS/スーツ』)
10月8日、『プリティ・リトル・ライアーズ』のスペンサー役で知られるトローヤン・ベリサリオとの間に第一子となる女児が誕生。それぞれのInstagramには、新生児の小さな手がしっかりとパトリックの指を握りしめ、トローヤンの指がそこに重ねられている写真を掲載し、娘が誕生した喜びをファンに報告していた。

アルフィー・アレン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
10月22日、DJ兼モデルの恋人アリー・テイルズとの間に第一子が誕生。「うれしくて胸が張り裂けそうな状態で、僕とアリーの新しい家族を紹介するよ。娘はパーフェクトなんだ」とハートマークと共にコメントを添えた写真をInstagramに投稿している。

ノーマン・リーダス(『ウォーキング・デッド』)
今年11月、2015年の映画『Sky(原題)』で知り合ったダイアン・クルーガーとの間に第一子が誕生していたノーマン。残念ながら、性別を含む赤ちゃんの詳細は明らかにされていない。ノーマンには2003年に別れたスーパーモデルのヘレナ・クリステンセンとの間にもうけた19歳の息子ミンガス・ルシアンがいる。

アーロン・ポール(『ブレイキング・バッド』)
2013年に結婚したアーロンと妻でプロデューサーのローレン・ポール。昨年9月にそれぞれのInstagramで懐妊のニュースを発表した二人には、今年2月に第一子となる娘のストーリーちゃんが誕生。7月に行われたサンディエゴコミコンでは、5カ月になったストーリーちゃんに『ブレイキング・バッド』のコスプレをさせて登壇していた。

(海外ドラマNAVI)

Photo:ノーマン・リーダス
© NYKC/FAMOUS
アーロン・ポール
©Hubert Boesl/FAMOUS

海外ドラマには、高身長で鍛えられた肉体のイケメンが大勢登場するが、優しくて頼もしい「心のイケメン」にも、女性はグッとくるもの。そこで、「心のイケメン」キャラクターが出演する海外ドラマ3作品をご紹介。慌ただしい年の瀬に是非、目だけでなく心の癒しも見つけて欲しい。

【関連記事】【まとめ】あなたは誰がお好み? 海外ドラマで人気のイケメン俳優たち

『プリズンブレイク』マイケル・スコフィールド


♦愛する人のために自己犠牲もいとわない知性派

2005年から米国で放送開始された『プリズンブレイク』は、冤罪で逮捕され死刑判決を受けた兄リンカーンを救おうと立ち上がる弟マイケルの姿を描いたTVドラマ。IQ200の頭脳を持つマイケルが立てた計画は、自ら兄と同じ刑務所に入り脱獄させるというものだった。また、刑務所に投獄された恋人サラを助けるため、自分は刑務所内に残るという判断を下す。つまり、マイケルは大切な人を守るためなら、自己犠牲をいとわない男なのだ。服役囚の中から信頼し合える仲間を作り、刑務所内にいる敵との心理戦・頭脳戦に打ち勝っていくマイケルは、頼もしくて非の打ち所がない男である。しかも、高身長でイケメンなのだから、女性視聴者の心を騒がせるのも当然だろう。劇中で坊主頭だったマイケルからは爽やかな中にもセクシーさが感じられる。内面・外見ともにイケメンのキャラクターだ。

『プリズンブレイク』は、dtv、Hulu、U-NEXT、Amazon Prime Videoなどで配信中。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

『リベンジ』ノーラン・ロス


♦ナイトのようにヒロインに寄り添う

高級住宅地ハンプトンで幸せに暮らしていた少女アマンダの人生は、父親が無実の罪で投獄され、獄死してしまったことで一変する。10年後、アマンダは"エミリー・ソーン"と名前を変えて、父親を陥れた地元の有力者グレイソン家への復讐《リベンジ》を心に固く誓い、ハンプトンへと戻ってくる。『リベンジ』はその名のとおり、父親を陥れた相手にリベンジ(復讐劇)するヒロインを描いたドラマで、2011年から4シーズンにわたって米国で放送された。そんなエミリーを応援し、手助けするのがノーラン・ロスという、IT長者で、同時に優秀なハッカーとしての側面を持つ男性だ。かつて事業を起こす際にアマンダの父親から投資を受けたことに深い恩義を感じているノーランは、エミリー(アマンダ)の復讐計画を知り全面的に手助けを決意。エミリーから邪魔者扱いされてもめげずにグレイソン家の攻撃から必死に彼女を守ろうとする。その姿はまるでナイトのようだ。また、ノーランは復讐に燃えるエミリーに対し、女性としての幸せを手に入れて欲しいと苦悩する。そんなノーランの想いに気づいたエミリーは彼に信頼を寄せるようになり、最終的には兄妹のような信頼関係を築きあげていく。エミリーにとっては守護神のような存在のノーランだが、彼自身は常に孤独で愛に飢えており、そんな一面からは愛おしさが感じられる。幸せになって欲しいと願わずにはいられないキャラクターだ。

『リベンジ』は、Amazon Prime Video、U-NEXT、Huluなどで配信中。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

『ウォーキング・デッド』ダリル・ディクソン

♦外見とのギャップが心を揺さぶる

『ウォーキング・デッド』は2010年から米国で放送されたTVドラマで、ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、生存者たちが安住の地を求めて恐怖に立ち向かう姿を描くヒューマン・ドラマ。本作で人気を集めるのは、クロスボウの使い手、ダリル・ディクソンだ。無口でクール、強面でアウトローな雰囲気を持つダリルだが、実は兄思いで周囲の人々に優しい。このギャップが視聴者の心を捉えて離さない。仲間の一人、キャロルの娘が行方不明になった時も、最後まで諦めずに探しに行き、絶望するキャロルに花を渡して慰めようとする。ダリルは無骨だが、優しさあふれる男なのだ。キャロルとは良好な関係を築くものの、それ以上の仲には進展しないという点もなかなか良い。恋多き男リックよりも誠実なイメージを持てるという声もある。悲惨な生い立ちもあって孤独を好んでいたが、リックたちと触れ合ううちに仲間のために行動する男に変化していき、皆から信頼される存在となっていく...。

『ウォーキング・デッド』はAmazon Prime Video、U-NEXT、Hulu、Neflixなどで配信中。なお、最新シーズンであるシーズン9後半は、FOXチャンネルにて2019年2月11日(月)22:00より放送スタート。見た後は海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう!

大切な人を守ろうとする強さと深い愛


今回ご紹介した3人は、大切な人を守ろうと奮闘する男性ばかり。それぞれタイプの異なるキャラクターで、とにかくカッコいい! 年の瀬だけでなく、疲れた時やネガティブ思考に陥りそうになった時は、彼らの姿を見て心に栄養補充をおススメしたい。(海外ドラマNAVI)

※上記各番組の放送・配信情報は変更となる場合もございます。予めご了承ください。

Photo:
『プリズンブレイク』ウェントワース・ミラー(マイケル・スコフィールド役)(c) 2005-2006 Fox and its related entities. All rights reserved.
『リベンジ』ガブリエル・マン(ノーラン・ロス役)© 2013 Disney | ABC Television. All rights reserved.
『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン役)(C) Frank Ockenfels 3/AMC

感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』で、主人公の一人ケヴィン(ジャスティン・ハートリー)の元妻ソフィーを演じるアレクサンドラ・ブレッケンリッジ。彼女が、人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』シーズン12からネイサン・リッグス役で出演しているマーティン・ヘンダーソンと、Netflixの新作恋愛ドラマで共演することがわかった。米TVLineが報じている。

【関連記事】【まとめ】2018年 Netflixで配信される新作海外ドラマ23選(最終更新日:11月26日)

アレクサンドラとネイサンが共演する『Virgin River(原題)』は、ロビン・カーによる同名ハーレークイン小説シリーズのドラマ化。‟ハーレークイン"とは女性向け大衆恋愛小説の総称で、ドラマで主人公になるのは、カリフォルニア州郊外の街ヴァージン・リバーで看護師として働くことになったバツイチになったばかりのメリンダ・モンロー。辛い思い出を忘れるために新天地にやって来たメリンダだが、小さな街での生活は思ったほどシンプルではなく、ヴァージン・リバーを故郷と呼べるまでに心の傷を癒す方法を見つけなければならなかった――。

アレクサンドラが主人メリンダを演じ、マーティンが扮する元海兵隊員ジャック・シェリダンは、退役後に静かな暮らしを求めてヴァージン・リバーに引っ越して来たという役どころ。その他にはダニエル・ギリス(『オリジナルズ』)、ティム・マシスン(『CSI 科学捜査班』)、アネット・オトゥール(『ヤング・スーパーマン』)、レクサ・ドイグ(『コンティニアム CPS特捜班』)、ベンジャミン・ホリングスワース(『コード・ブラック 生と死の間で』)、ジェニー・クーパー(『グレイズ・アナトミー』)、コリン・ローレンス(『タイムレス』)、 イアン・トレイシー(『ウェイワード・パインズ 出口のない街』)の出演も決定。ファンタードラマ『グッド・ウィッチ』でクリエイターを務めたスー・テニーが、ショーランナー&製作総指揮を務めることになっている。

アレクサンドラは、『ウォーキング・デッド』シーズン5&6でジェシー・アンダーソン役を演じ、『アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団』や『トゥルーブラッド』などにも出演。対するマーティンは、サバイバルドラマ『OFF THE MAP ~オフ・ザ・マップ』でベン役を演じ、『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』や『天国からの奇跡』『デビルズ・ノット』など映画作品にも多数出演している。

そんな二人が共演する『Virgin River』は、Netflixにて2019年より配信開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:
アレクサンドラ・ブレッケンリッジ(C) NYVA/FAMOUS
マーティン・ヘンダーソン(C)ABC/Richard Cartwright

2018年もTVドラマ内では、数々のカップルが登場している。感動ドラマ『THIS IS US』のジャックとレベッカ、ミステリードラマ『リバーデイル』のベティとジャグヘッドなど。そんな中、TVドラマの好きなカップル20組のランキングが発表された。年齢や性別もバラバラの組み合わせが面白いリストになっている。米Popsugarが以下のように報じた。

【関連記事】2018年、Netflix作品出演スターで注目度急上昇はこの10人!<前編>

1位:アレク&マグナス『シャドウハンター: The Mortal Instruments』
2位:クレア&ジェイミー『アウトランダー』
3位:ジャクソン&マギー『グレイズ・アナトミー』
4位:ベティ&ジャグヘッド『リバーデイル』
5位:フェリシティ&オリバー『ARROW/アロー』
6位:リック&ミショーン『ウォーキング・デッド』
7位:バリー&アイリス『THE FLASH/フラッシュ』
8位:アディナ&キャット『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』
9位:ルーファス&ジヤ『タイムレス』
10位:ジャック&レベッカ『THIS IS US』
11位:シェリル&トニ『リバーデイル』
12位:リザ&チャールズ『Younger(原題)』
13位:アーチー&ヴェロニカ『リバーデイル』
14位:イアン&ミッキー『シェイムレス 俺たちに恥はない』
15位:ジェーン&ラファエル『ジェーン・ザ・ヴァージン』
16位:ランダル&ベス『THIS IS US』
17位:イレブン&マイク『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
18位:サブリナ&ハーヴィー『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』
19位:アンブローズ&ルーク『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』
20位:エリザベス&フィリップ『ジ・アメリカンズ』

さて、あなたの好きなカップルはこの中にいただろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『THIS IS US』
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
『シャドウハンター: The Mortal Instruments』
(C)Freeform/John Medland
『ウォーキング・デッド』
(C)Jackson Lee Davis/AMC
『リバーデイル』
(C)2018 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

海外ドラマを楽しむ上で欠かせないのがイケメン俳優の存在だ。もちろんストーリー展開も重要なポイントだが、そこにイケメンが出ているとますますドラマの魅力がアップする。数々のイケメン俳優の中から、キャラクターも魅力的で2019年も活躍が期待される3人をご紹介しよう。

【関連記事】イケメンだらけの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、あなたの推しメンは?

スーツ姿がクールでセクシー...ガブリエル・マクト


織田裕二主演でリメイク版が制作された『SUITS/スーツ』で、主人公ハーヴィー・スペクターを演じるガブリエル・マクト。184センチという長身でスーツをびしっと着こなす姿がクールなイケメン俳優だ。

過去には『ビバリーヒルズ高校白書』や『SEX AND THE CITY』などの人気ドラマにゲスト出演していたが、2011年に始まった本作で一気にメジャーになった。『SUITS』の作中で彼が着用しているのは、トム・フォードのスーツ。日本円にしてなんと40万円以上する超高級スーツだ。それを自然に着こなす姿は憧れてしまう。

歳を重ねるごとにセクシーさが増しているガブリエルは、2019年1月には47歳になる。『SUITS』の今後の展開とともにガブリエルからも目が離せない。

『SUITS/スーツ』見どころはこちら

ブロンドのチャーミングなイケメン...サイモン・ベイカー


『メンタリスト』でおなじみのサイモン・ベイカーは、オーストラリア出身。映画『マリー・アントワネットの首飾り』や『プラダを着た悪魔』など話題作に多数出演している。

だが彼の魅力が堪能できるのはやはり『メンタリスト』だろう。サイモン演じるパトリック・ジェーンは、人の心理を読み取り、人を操ることのできる天才。だが作中の彼は笑顔がチャーミングで、誰とでもフランクに付き合える、ピュアな心を持つ少年のようだ。

現在49歳のサイモンだが、美しいブロンドの髪とちょっとたれ目な容姿で年齢を感じさせない魅力がある。残念ながら『メンタリスト』は終わってしまったが、今後のサイモンの活躍に期待したい。

『メンタリスト』見どころはこちら

パーフェクトボディのイケメン...ジャスティン・ハートリー


話題のヒューマンドラマ『THIS IS US』で3兄妹の一番上の兄ケヴィン・ピアソンを好演しているジャスティン・ハートリー。端正な顔立ちと189センチの長身で女性ファンも多い。ボクシングで鍛えたというマッチョな体も魅力的だ。『THIS IS US』に出演する前も『ヤングスーパーマン』や『リベンジ』などの人気ドラマに出演している。「あのイケメンは誰?」という状態だったが、『THIS IS US』で大ブレイクした。

軽薄そうに見えて、実はナイーブな面を持つケヴィンは彼にぴったりの役だ。非の打ちどころがないパーフェクトな容姿と若さが魅力のジャスティンだが、2019年1月には42歳になるというから驚きだ。

『THIS IS US』見どころはこちら

それぞれタイプの違う3人のイケメン俳優たち。彼らの魅力を堪能するには、代表作の海外ドラマを観るのが一番。『SUITS』『メンタリスト』『THIS IS US』は作品的にも優れている。まだ観ていない人は早速観てみよう。きっとドラマにはまってしまうだろう。

Photo:
『SUITS/スーツ』(c)2017 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『メンタリスト』(c)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『THIS IS US』TM & (c) 2016-2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
Artwork (c) 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

(※本記事はシーズン4&5の重要なネタばれを含みますのでご注意を!)

『ブラックリスト』は、世界中の犯罪者と裏取引をしてきた"犯罪コンシェルジュ"と呼ばれるFBIの最重要指名手配犯のレイモンド・"レッド"・レディントン(ジェームズ・スペイダー)と、彼が指名した新人FBI捜査官エリザベス・"リズ"・キーン(メーガン・ブーン)がタッグを組み、事件を解決していく姿が描かれる大型犯罪サスペンスドラマ。そのシーズン6の予告編が公開され、驚きの展開が繰り広げられている。新シーズンで、一体レッド&リズに何が待ち受けているのだろうか? 米Cinema Blendが伝えている。

【関連記事・動画】全米を席巻した超人気ドラマ!『ブラックリスト』の魅力を解説

シーズン4で、ミスター・キャプラン(スーザン・ブロンマート)の裏切りにより、長年かけて築き上げたレッドの犯罪ネットワークが崩壊。シーズン5では、財産も失って無一文となった彼は、自身の"帝国"を一から建て直す姿が描かれた。一方リズは、レッドが父親であることが判明し、複雑な関係が新たな局面を迎え、戸惑いを覚えて始めていた...。

シーズン6第1話は前編と後編に分かれた2部構成となり、予告編では当局に捕まったレッドが刑務所に入れられるシーンが登場。しかも彼は死刑を宣告されてしまい、面会に来たリズに彼を裏切った人物を探すよう伝え、それが誰であろうと自分に近い人物だろうと告げている。前編でレッドが服役に至る経緯が描かれ、後編で出所もしくは脱獄する展開となるとも考えられる。

そしてシーズン5の最終話で、レッドが必死に守り続けた骨の正体が"本物"のレイモンド・レディントンの遺骨であることが明らかに。リズと妹ジェニファー(フィオナ・ドゥーリフ)はそれが自分たちの実の父親だと確信。その骨の真実を突き止める間には、リズの夫トム・キーン(ライアン・エッゴールド)が、レッドの敵によって殺されている。これまで一緒に組んで事件を解決してきたレッドが実の父親を殺害し、レイモンドに成りすましていると信じ始めていることから、リズがレッドを裏切る可能性も大いにありそうだ。

リズとレッドの関係が複雑になりそうなシーズン6第1話の前編は、米NBCにて1月3日(木)22:00から、後編は4日(金)21:00より放送スタート。

『ブラックリスト』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』
(c)2017 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

ハリウッドの舞台裏を描く犯罪サスペンス・ドラマシリーズ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』が、シーズン7へ更新決定したことが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『レイ・ドノヴァン』主演の敏腕フィクサー・レイを演じるリーヴ・シュレイバーとは何者か?

本シリーズの主人公は、ハリウッドのセレブたちが起こしたトラブルを秘密裏に解決する敏腕フィクサーのレイ・ドノヴァン。華やかなハリウッドの裏側と、レイの問題ありな兄弟や父親との複雑な関係が同時に描かれる。

シーズン5まではロサンゼルスが舞台になっていたが、シーズン6からはレイが東海岸へ移り、NYで起こる出来事を解決していく展開となっていた。そしてシーズン7でも、そのままNYが舞台になるという。シーズン6最終話は、米Showtimeにて2019年1月13日(日)に放送される予定で、今シーズンが終了する前に更新が決定したことになる。

以前に、シーズン3からショーランナーを務ているデヴィッド・ホランダーが、「このシリーズにとって、NYはファッションにメディア、金融や劇場、カルチャーなどクリエイティブ的な面でエキサイティングだ。レイにとっても新しいチャレンジになるし、我々クリエイターにも新たな機会となる」とコメントしていた。

主人公レイを演じるのは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でウルヴァリンの兄セイバートゥースを演じたリーヴ・シュレイバー。アカデミー賞作品賞に輝いた映画『スポットライト 世紀のスクープ』や『フィフス・ウェイブ』『大統領の執事の涙』などにも出演している。

シーズン5から映画スタジオの社長サマンサ・ウィンスロー役で登場し、シーズン6にも続投したスーザン・サランドンが、シーズン7にも出演するのかどうかは明らかになっていない。その他にレイの仕事のパートナー、レナ役でキャサリン・メーニッヒ(『Lの世界』)、レイの兄弟テリー役でエディ・マーサン(『デッドプール2』)、レイの父親ミッキー役でジョン・ヴォイト(『24 TWENTY FOUR』)も出演している。

現時点では、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』シーズン7が何話で構成されるかは明らかになっていない。見どころなどはこちらの作品データベースから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』
(C)2018 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.
(C)2018 "Ray Donovan" Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

メディア帝国を支配する一族が引き起こす、醜い後継者争いを描く米HBOの社会派ドラマ『キング・オブ・メディア』の演技で、ゴールデン・グローブ賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門助演男優賞にノミネートされたキーラン・カルキン。彼が、映画『ホーム・アローン』シリーズで知られる、兄マコーレーから贈られたメッセージを明かしている。

【関連記事】第76回ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品は?

『キング・オブ・メディア』でキーランは、メディア王の息子で生意気なローマン・ロイを演じてゴールデン・グローブ賞の候補となり、米Hollywood Reporterのインタビューでマコーレーから祝福を受けたことを語った。「ベッドに入る前に兄から、"金曜日一緒に「Toejam&Earl」をやるか?"ってメールが来たんだ。すごく面白いビデオゲームなんだけど、それには返信しなかった。そしたら次に、"おい、聞いたぞ。おめでとう"って送られてきたけど何て返していいのか分からなかったから、"ありがとう。「Toejam&Earl」をプレイしようぜ"って返信したんじゃなかったかな」と答え、マコーレーからはシンプルなお祝いの言葉を受け取ったようだ。

過去にもキーランは、2002年公開の映画『17歳の処方箋』で同賞映画部門主演男優賞にノミネートされたことがあるが、今回初めて候補になったように感じているとのこと。「6歳の時から継続的に作品に出演してきて、19か20歳の時にノミネートされて"一体どうなってるんだ? 大勢の人に囲まれて、いきなり俳優として認められたけど自分で求めた道じゃない"ってね。だからビビってる自分がいたんだけど、もう今は36歳だから、この仕事で成功できるかどうかやってみる心の準備が整っていると思う。年も取ったし心構えが出来たから、今回はビビったりはしないだろう」とコメントしている。

キーランはマコーレーが演じたケビンの従弟フラー・マカリスター役で『ホーム・アローン』に登場している。その後『花嫁のパパ』シリーズや『サイダーハウス・ルール』などに子役として出演。映画『イノセント・ボーイズ』や『ムービー43』にも姿を見せ、ドラマ版『FARGO/ファーゴ』シーズン2では、ギャングの息子ライ・ゲアハルト役でゲスト出演している。

キーランが初受賞となるか期待が掛かる第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式は、現地時間2019年1月6日(日)にロサンゼルスで開催される。

『キング・オブ・メディア』見どころはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:『キング・オブ・メディア』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

大人気シットコム『フレンズ』のロス・ゲラー役で知られるデヴィッド・シュワイマーが、米Sky Oneで映画『おかしな二人』の現代版ともいえる新作コメディ『Intelligence(原題)』を製作して主演することがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『フレンズ』レイチェル、デートのお相手ベスト10!1位はやっぱりあの人

6話構成となる新作シリーズでは、英政府の通信本部を舞台にデヴィッド演じる権力が大好きな米国家安全保障局捜査官と、不器用で融通が利かないコンピューター・アナリストが、サイバー犯罪を取り締まるべくタッグを組むことになるという。

そんな真逆な凸凹コンビが、ジャック・レモンとウォルター・マッソーが主演した『おかしな二人』の現代版といった趣だ。デヴィッドが演じるキャラクターの相棒を演じるのは、映画『オデッセイ』にティム・グライムズ役で出演し、ドラマシリーズ『ハンク ちょっと特別なボクの日常』でラブ校長を演じたニック・モハメッド。

二人は主演するだけでなく製作総指揮も務め、ニックは脚本も手掛けるとのこと。デヴィッドは新作シリーズについて、「この作品がどんな物語なのか全く知らないけど、‟Intelligence:知性"と呼ばれるからには、自分が関わることになったのは当然でしょう」と、『フレンズ』でインテリなロスを演じたことに引っ掛けてユーモアを交えつつコメント。

対するニックはデヴィッドと仕事で組むことについて、「夢が叶いました。デヴィッドは協力的なだけでなく率直で愉快で、彼がプロジェクトに関わってくれることを嬉しく思っています」と称えている。

『フレンズ』の終了後、デヴィッドはスピンオフ版となる『Joey ジョーイ』『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』、TV映画『リトル・ブリテンUSA』などで監督を務め、俳優としては『30 ROCK/サーティー・ロック』や、『ウィル&グレイス』などにゲスト出演。ライアン・マーフィー(『Glee/グリー』)が指揮を執った『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』でエリート弁護士団の一員、ロバート・カーダシアン弁護士役を演じ、シーズン1でキャンセルされてしまったが、レストランを舞台にした米AMCのドラマ『狼の食卓』にも主演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『狼の食卓』出演キャスト(左からジム・スタージェス、デニー・ゴードン監督、デヴィッド・シュワイマー)
(C) Ali Paige Goldstein/Lionsgate Television/AMC

英のベストセラー作家アガサ・クリスティーが生んだ有名な名探偵、エルキュール・ポワロの活躍を描く『名探偵ポワロ』の全70話が二カ国語版にて、AXNミステリーで12月29日(土)より一挙放送となる。

【関連記事】『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェが語る...「ポワロという役は、まさに神からの贈り物」

ギネスブックで「史上最高のベストセラー作家」と認定されたというクリスティーの人気シリーズを映像化した本作で主演を務めるのは、原作に最も忠実なポワロと言われるデヴィッド・スーシェ。徹底的な役作りのため原作を読み込んで研究した彼は、尊大さの中にも茶目っ気を秘めた魅力的なポワロ像を作り上げ、1989年から2013年までの24年にわたり全話で同役を演じた。

テンポ良く物語が進み事件が鮮やかに解決となる短編はもちろん、豪華キャストで贈る見ごたえたっぷりの長編も必見だ。また、原作を見事に映像化したものもあれば、大胆な脚色で犯人やエンディングを変えているものもあるため、原作ファンも楽しめる内容となっている。

ポワロを取り巻くおなじみの面々、ヘイスティングス大尉やジャップ警部、秘書のミス・レモンとの掛け合いも毎回の楽しみの一つ。さらに各話で出てくるゲストが、『アサシン クリード』のマイケル・ファスベンダー、『クワイエット・プレイス』のエミリー・ブラント、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン、『M★A★S★H マッシュ』のエリオット・グールド、『ゲーム・オブ・スローンズ』のエイダン・ギレン&イアン・グレン、『犯罪捜査官アナ・トラヴィス』のケリー・ライリー、『Black Sails/ブラック・セイルズ』のトビー・スティーヴンス、『ライアンの娘』のサラ・マイルズ、『シャーロック・ホームズの冒険』のデヴィッド・バーク&エドワード・ハードウィック、『私立探偵ストライク』のトム・バーク、『SHERLOCK/シャーロック』のマーク・ゲイティス&トビー・ジョーンズ、『ジャッカルの日』のエドワード・フォックス、『HOMELAND/ホームランド』のダニエル・ルイス、『ダウントン・アビー』のヒュー・ボネヴィル&フィリス・ローガン&ケヴィン・ドイル、『ウォーキング・デッド』のデヴィッド・モリッシー、『ドクター・フー』のピーター・カパルディ、『モーリス』のジェームズ・ウィルビーなど非常に豪華なのも見逃せない。

そして二カ国語版ということで、ポワロ役のデヴィッドから「最もポワロの声に合う」と賞賛されるほど、柔らかい雰囲気とユーモアの利いた新たなポワロの声を作り上げた熊倉一雄の声で楽しめるのもポイントの一つだ。

『名探偵ポワロ』二カ国語版は、AXNミステリーにて12月29日(土)よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『名探偵ポワロ』
© ITV PLC

画面を通して擬似体験できるのはドラマを見る楽しみのひとつ。今回おすすめするのは『ブラックリスト』。サスペンスでありアクションもある本作は、シーズンを増すごとに複雑さを増していき、その世界観に引き込まれると抜け出すのが難しいドラマだ。

【関連記事】『ブラックリスト』トム・キーン役ライアン・エッゴールド直撃インタビュー

『ブラックリスト』とは


"ブラックリスト"と聞くと、あまりいいイメージを思い浮かべることはないだろう。主に借金やローンなど、お金にまつわる事故情報や延滞情報で名を加えられるそのリストは、一般的には目にしたり、ましてや手に取ることもない。

本作に登場する"ブラックリスト"も個人情報が載せられているという点では認識は一致しているが、異なるのはそれが「FBIもCIAもその存在すら知らない凶悪犯罪者リスト」であるということ。このリストを作った人物はレイモンド・レディントン、通称レッド。FBIが指定する重要な指名手配犯の一人であった彼が、リストを持ち出頭してきたことで物語が始まる。

レッドはリストにある凶悪犯罪者たちに関する情報を提供し、彼らの逮捕に協力すると申し出るが、その条件として新人捜査官エリザベス・"リズ"・キーン(メーガン・ブーン)が担当することを指定する。そして、この"ブラックリスト"を元に、物語が展開してゆく。

犯罪者と関わり事件を解決するという展開は映画『羊たちの沈黙』を彷彿とさせ、レッドとリズの関係をレクター博士とクラリスの関係に重ねて見る方もいるだろう。犯罪者であるレッド自身も事件に積極的に関わり、さらにアクションの要素も多く盛り込まれている。さらに事件だけではなく、リズやレッド、リズの夫であるトム(ライアン・エッゴールド)に関する謎を解き明かして行く展開からも目が離せない。

見どころ1:ジェームズ・スペイダー演じるレッドの魅力


映画『セックスと嘘とビデオテープ』や『ボストン・リーガル』などで知られるジェームズが演じるレッドは、ためらいもなく殺人を行うなど、非道面な部分こそ魅力的な人物。一見犯罪者とは思えない紳士的な出で立ちや話し方などがミステリアスさを生み、ストーリーにより深みを与えている。

キャスティング段階では別の俳優を起用するといった話もあったが、ジェームズ以上のレッドはいないと言えるほど、キャラクターにマッチ。また、犯罪コンシェルジュと呼ばれる彼が身につける洋服や小物などにも注目。どれも一流のメゾンが仕立てたものであり、彼という人物を知る上では欠かせない。

見どころ2:世界を舞台に繰り広げられる展開


ブラックリストは世界各国の犯罪者が登場するため、舞台も世界中に広がっている。映画のようなスケール感に圧倒するだろう。1話完結形であるため、サスペンスが初めての方でも観やすいドラマと言えるだろう。エピソードタイトルが人名であるというのも、本作の特徴だ。

見どころ3:キャラクターそれぞれの関係性が深く面白い


そして本作の一番の見どころは、登場人物同士の複雑な関係性といえるだろう。レッドとリズ、レッドに忠誠を誓うデンベ(ヒシャム・タウフィーク)にトムとの意外な関わりまで、複雑に絡み合いながら、物語が進行するにつれて関係性も変わっていく。それぞれの心情描写も細やかで、どのキャラクターも愛さずにはいられない。

本国アメリカでは、2019年1月にシーズン6が放送開始予定。日本での放送スケジュールは未定であるが、それまでに未見の方は視聴を、すでに観た方もおさらいをしておくと新シーズンをより楽しめるであろう。そして、視聴したら記録を付けよう。『ブラックリスト』のデータベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描く英国発の人気ミステリードラマ『SHERLOCK シャーロック』に主演し、大ブレイクを果たしたベネディクト・カンバーバッチ。映画&ドラマ界を股にかけて活躍する彼の出演作の中から英THE WEEKがベスト7を選出しているのでご紹介したい。

【関連記事】1位はベネディクト・カンバーバッチ主演の...英誌が選ぶ!2018年上半期ドラマランキングトップ10

【ドラマ編】
『パトリック・メルローズ』
英作家エドワード・セント・オービンの半自伝的なベストセラー小説「パトリック・メルローズ」を原作とする5話構成のミニシリーズ。ベネディクト演じる主人公パトリック・メルローズは、上流階級育ちで破天荒なプレイボーイ。幼い頃の苦い記憶を消そうと酒とドラッグに溺れる日々を送るが、やがて再生への道をたどり始める...というストーリー。

『パレーズ・エンド』
英作家フォード・マドックス・フォードの同名小説をドラマ化した本シリーズの舞台は、第一次世界大戦が勃発した1900年代のイギリス。一度は美しい妻シルヴィアに裏切られたものの、結婚生活を再開させた主人公クリストファーは、いつしか純真な心を持つ女性参政権論者ヴァレンタインに心惹かれるようになってしまう...。激動の時代の中、それぞれの運命が大きなうねりに巻き込まれていく様子が、TVドラマのスケールを超えた美しさで描かれる。ベネディクトは以前、最も気に入っているキャラクターとしてこのクリストファーを挙げていた。

『SHERLOCK シャーロック』
言わずと知れた、ベネディクトのブレイク作。本シリーズは舞台を21世紀のイギリスに置き換え、ベネディクト演じる名探偵シャーロック・ホームズと相棒ジョン・ワトソンがスマホやGPSといった現代技術を駆使し、天才的な推理力で難事件を解決に導いていく大ヒット作。

【映画編】
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
本作の主人公は、第二次大戦時にドイツ軍が誇る世界最強の暗号"エニグマ"を解読し、"人工知能の父"として崇められた実在の数学者アラン・チューリング。天才的な頭脳を認められながらも戦後に悲劇的な運命を辿ったチューリングをベネディクトが熱演し、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

『それでも夜は明ける』
19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化した衝撃の伝記ドラマ。ある日、ニューヨークで自由な生活を送っていた主人公が何者かに誘拐され、南部の農園に売り飛ばされた末に体験する、想像を絶するような奴隷生活が描かれる。ベネディクトは奴隷としてソロモンを最初に購入する、信仰心が篤く温和な性格の農園主ウィリアム・フォードを演じた。

▪『ミスティック・アイズ』
幸せな結婚生活を送る夫デイヴィッドと妻ドーンの前に、彼の弟ニックが現れたことで優しい夫の秘められた過去が明かされ、夫婦関係に亀裂が入っていく様が綴られるインディ映画。ベネディクトはデイヴィッド役。Netflixの英王室ドラマ『ザ・クラウン』シーズン1と2でエリザべス2世を演じたクレア・フォイがドーン役で、『刑事モース~オックスフォード事件簿~』でモースを演じるショーン・エヴァンスがニック役で出演している。

▪『裏切りのサーカス』
東西冷戦下の英国諜報部"サーカス"を舞台に、ソ連の二重スパイをあぶり出すべく繰り広げられる緊迫の頭脳戦を、ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』)主演で贈る傑作スパイ映画。原作は『ナイト・マネジャー』などのスパイ小説の巨匠として知られる、ジョン・ル・カレ。裏切り者を捜す究極の頭脳戦を、ゲイリー、コリン・ファース、トム・ハーディほか豪華キャストで描くサスペンスミステリー。ベネディクトは、サーカスの中堅幹部ピーター・ギラムを演じている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『パトリック・メルローズ』 (C) Sky UK Ltd
『SHERLOCK/シャーロック』 ©Hartswood Films 2010
『イミテーション・ゲーム』 (c)2014 BBP IMITATION, LLC
『パレーズ・エンド』(C)Mammoth Screen Limited 2012

ロシアから亡命してきたマフィア一族を描いた問題作。メディアから<次世代のゴッドファーザー>と評され、現代のマフィア像も浮き彫りにしていく英国ドラマ『マクマフィア』。そのシーズン1が2019年2月17日(日)AXNミステリーにて日本初放送となる。

【関連記事】『ダウントン・アビー』映画化を待つ間に観たい英国ドラマ6選

英BBC Oneで2018年1月に放送され視聴者数860万人を獲得し、シーズン2の製作も決定している本作は、ジャーナリストのミーシャ・グレニーが、現代の犯罪組織の世界を描いたノンフィクションをベースに制作されたドラマ。世界各国の犯罪がリンクし、巨大な利権争いや、権力闘争...と国際犯罪の闇が渦巻く裏社会【"マクドナルド×マフィア=マクマフィア" グローバルに勢力を拡大するマフィアの世界】。現代のスマートな経済マフィアが血で血を洗う抗争ではなく、ITを駆使し"ビジネス"で抗争し、静かに深く勢力を広げていく。

ロシアからイギリスへ亡命した後、欧米の教育を受け英国人として生きる若きエリートのアレックス・ゴッドマンは家業である"マフィア"を嫌い、ビジネスマンとしての人生を歩んでいた。しかし、叔父を目の前で殺害されたことをきっかけに、犯罪の世界に足を踏み入れていく...。アレックスが犯罪組織の一員になっていく過程をスリリングに描く。

主人公アレックスを演じるのは、『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』のジェームズ・ノートン。また、映画『GODZILLA ゴジラ』や『ブラックリスト』のデヴィッド・ストラザーンや、『アメリカン・ゴシック ~偽りの一族~』のジュリエット・ライランス、『HOMELAND/ホームランド』メラーブ・ニニッゼらが出演する。

『マクマフィア』放送情報
AXNミステリーにて
・先行放送 全8話一挙放送
[字] 2019年2月17日(日)夕方4:00~

・レギュラー放送
[字] 2019年2月22日(金)夜10:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『マクマフィア』
(c)BBC Worldwide

クリスマスといえば多くの人にとって心を弾ませるものだが、実際にはサンタクロースにまつわる怖い逸話も。今回はそんなクリスマスのダークな面を見せるドラマのエピソードを、『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』『GRIMM/グリム』という人気ドラマ2作品からピックアップしてご紹介しよう。

【関連記事】今年のクリスマスは自宅で!Netflixで観られるクリスマスエピソード9選<前編>

◆『SUPERNATURAL』で悪いサンタが人を殺す?

本国アメリカで2005年に放送が開始され、現在シーズン12まで制作されている『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』。ディーンとサムのウィンチェスター兄弟が、車でアメリカ全土を旅しながら悪魔や霊、怪物、超常現象などに立ち向かっていくストーリー。アクションとホラー、サスペンスがメインではあるが、時には明るいエピソードもある。しかし、このドラマにおいてクリスマスは家族団欒の明るいだけものではないという印象を受けるのが、シーズン3の第8話「呪いのクリスマス」だ。

日本ではサンタクロースといえば、赤と白の服に身を包んだ人の良さそうな老人を思い浮かべるだろうが、「悪いサンタ」と呼ばれるサンタクロースもいて、悪い子どもは遠くに連れて行かれたり、お仕置きをされると言われている。本作でもクリスマスに事件が起き、調査する中で世界各国にある悪いサンタの伝承を知った兄弟は、その「悪いサンタ」が起こした事件として調査を進める。その過程で街のクリスマスムードに触れ、今年はクリスマスらしく過ごそうとディーンが提案するも、サムは今まで行わなかったのになぜ?と反発する。この話の見どころは事件解決に至るまでの経緯であり、ラストのシーン。血生臭さとは切っても切れない『SUPERNATURAL』だが、家族愛を垣間見れるのも特徴の一つ。本作らしいクリスマスと言えるだろう。

◆『GRIMM』のちょっぴり可愛い(?)小鬼の正体にビックリ

米NBCにて2011年から6シーズンにわたって続いたダークファンタジードラマ『GRIMM/グリム』は、「グリム童話」をはじめとした物語や昔話、伝承をモチーフにした事件を追う犯罪捜査ドラマだ。童話に登場するようなモンスター、通称"ヴェッセン"と、実は"ヴェッセン"ハンターであったグリム一族の末裔であるニック・ブルクハルトを中心に展開される。『SUPERNATURAL』と同じく主人公はハンターであり、「グリム童話」は実は戦いの記録だったという設定だ。そんな同作のシーズン4第7話「盗まれたクリスマス」では、クリスマスの時期にだけ現れる小鬼が登場する。

街中どこもクリスマスムード一色の中、パーティを行っていた夫婦の元に荷物が届き、夜中になるとその中から小鬼が出現して家の中を荒らすなどの行動を行い、他の家でも同様の被害が起きる。ニックは調査を進めていくうち、その"ヴェッセン"の意外な正体を知ることに。話の展開はもちろんだが、モンロー家の飾り付けのように、これぞアメリカのクリスマスという様子も感じられるため、装飾にも注目するといいだろう。

これらのエピソードは現在、Huluで「クリスマス・エピソード特集」としてもピックアップされている。明るい雰囲気の作品に飽きた時や、少しダークなクリスマスを楽しみたいならオススメ。どちらも最後はクリスマスらしい雰囲気を楽しめるので、安心して見られるのも特徴だ。

そしてエピソードを見終わったら視聴記録を付けよう! 作品データベースでは一体どのくらいの時間を海外ドラマに費やしたのかも一目で分かる。
『SUPERNATURAL』の作品データベースはこちら
『GRIMM』の作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』
© Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『GRIMM/グリム』
©2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ジュラシック・パーク』『インディ・ジョーンズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、数々の大ヒット映画シリーズを生み出してきたスティーヴン・スピルバーグ監督。彼の製作会社が、黒澤明監督の1950年の映画『羅生門』をミステリー・スリラードラマとして製作することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】Amblin Television社はヒラリー・クリントンとタッグを組んだ『The Woman's Hour』を製作

日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞した『羅生門』は、芥川龍之介の短編小説「藪の中」と「羅生門」を元に、黒澤監督がメガホンを取った作品。平安時代の乱世を舞台に、侍の妻への暴行、そしてその夫の侍殺人の事件を、侍の妻、盗賊、そして殺された侍の幽霊らが証言をする姿をそれぞれの視点から描いたもの。三船敏郎、森雅之、京マチ子らが出演している。

今回製作されるこのドラマは、通称"羅生門スタイル"とも呼ばれる登場人物それぞれの視点から見た物語が各10話ずつの構成で描かれるという。

スピルバーグ監督が創設者の一人であるプロダクション、米Amblin Television社により製作され、社長のダリル・フランク(『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』『ジ・アメリカンズ』)や、ジャスティン・ファルヴェイ(『BULL/ブル 法廷を操る男』『レヴェリー 仮想世界の交渉人』)、マーク・キャントン(『POWER/パワー』)、リー・アン・バートンらが製作総指揮として名を連ねている。スピルバーグは、1990年のアカデミー賞授賞式で黒澤監督が名誉賞を受賞した際、ジョージ・ルーカス(『スター・ウォーズ』)とともにプレゼンターを務めていたように、同監督に対して以前から深い尊敬の念を示していた。

フランクとファルヴェイは、以下のようなコメントを発表した。「この素晴らしい映画を、新たなミステリー・スリラードラマとして生み出すことに興奮しています。この作品を通して、それぞれの異なる視点で真実がどのように見えなくなるのか、そして真実の境界線というものを追求していけることでしょう。キャントンとバートンと共にこの作品に関われることを嬉しく思います」

キャントンは、「フランクとファルヴェイと協力して、この有名な作品をドラマ化するのを楽しみにしております。この物語の手法、そして真実と現実の追求の方法は、現代にぴったりな作品だと感じています」と述べている。

具体的な詳細は不明だが、日本の名作が70年近くもの時を超えて製作されるドラマ版に期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『羅生門』
(C)Everett Collection/amanaimages

今月見事ハリウッド殿堂入りを果たした、『Glee』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』など数々の話題作を送り出してきたライアン・マーフィーが手掛けるレスキュー・ヒューマン・ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』。そのシーズン2が、FOXチャンネルにて2019年2月26日(火)日本初放送となる。

【関連記事】全米大ヒット!"見たあと必ず気分が良くなる"救急救命ドラマ『9-1-1』

本作は、多様な事故や事件が頻発するロサンゼルスで救命オペレーターが受ける通報を軸に、その最前線で奮闘する消防士&警察官の姿を1話完結で描かれ、全米でのシーズン1の平均視聴者数は1400万人以上を記録。日本でもFOX新作ドラマ史上最高視聴率を記録したドラマ。

シーズン2では、あるメンバーが旅立って4カ月。バック(オリヴァー・スターク)はすぐに戻ってくると信じていた。一方、アシーナ(アンジェラ・バセット)は、消防・救命隊のキャプテンであるボビー(ピーター・クラウス)と急接近する。そんな中、LAの街では、今日も緊急通報ダイヤルが鳴り響く。煽り運転による交通事故やマンホールの爆発など、思いもよらぬ事故・事件が立て続けに発生する。さらに、大規模な災害が襲い掛かる...。

そして、今シーズンから新たな仲間が登場する。『ゴースト 〜天国からのささやき』『クリミナル・マインド』のジェニファー・ラヴ・ヒューイットが演じるバックの姉で元看護士のマディ。彼女は暴力的な夫から逃げ、弟の元へやってきた。バックの勧めで911の緊急オペレーターとして働くことに。さらに、『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』や、映画『スタンド・アップ』シリーズでブレイクしたライアン・グスマンが、新人消防士エディに扮する。病気の息子を最優先に考えているが、妻とは疎遠状態という役柄だ。

『9-1-1:LA救命最前線』放送情報
FOXチャンネルにて
・シーズン2(全18話)
[二] 2019年2月26日(火)22:00~
[字] 2019年2月27日(水)23:00~

・シーズン1(全10話) 全話一挙放送
[二] 2019年2月24日(日)12:00~

(海外ドラマNAVI)

Photo:『9-1-1:LA救命最前線』シーズン2
(c)2018-2019 Fox and its related entities. All rights reserved.

アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」を下敷きにした大ヒット復讐ドラマ『リベンジ』で共演し、劇中でも夫婦を演じていたエミリー・ヴァンキャンプとジョシュ・ボウマンが結婚したことが明らかとなった。

【関連記事】サスペンスとイケメンてんこ盛りの現代女性版『巌窟王』

米Comicbookによると、現地時間12月15日(土)にエミリーとジョシュは、カリブ海に浮かぶバハマ諸島で式を挙げ、結婚の誓いを交わしたとのこと。エミリーのInstagramには、結婚式の写真が投稿されており、「12.15.18♥」「私たちのお祝いに来てくれた友だち、家族みんな、ありがとう! 私たちは永遠に感謝しているわ。それから、私の夢のドレスを作ってくれた(デザイナーの)レラ・ローズと素晴らしいチームに感謝しています」と綴っている。

2011年に米ABCで放送スタートした『リベンジ』の共演をきっかけに交際をスタートさせた二人は、2012年に交際が明らかになり、2017年5月に婚約を発表。エミリーが、左薬指にゴージャスな婚約指輪をはめている画像を自身のInstagramに投稿し、幸せなニュースを報告していた。

以前のインタビューでエミリーは、「いずれは子どもを持ちたい」と語っていた。「姉妹がママになったから余計に母親願望がアップしてしまうけど、今のところは叔母でいることで満足しているわ」と、当時は『リベンジ』への出演で忙しく、母親になるのは先になりそうだともコメントしていた。

シーズン4で『リベンジ』がファイナルを迎えた後、エミリーはマーベルのヒーロー・アクション映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と、その続編『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にエージェント13ことシャロン・カーター役で出演。新作医療ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医』に、ニック役でレギュラーとして登場している。

英国出身のジョシュは、米ABCの時空を旅するドラマ『タイム・アフター・タイム ~H・G・ウェルズの冒険』に主演していたが、本シリーズはシーズン1でキャンセルに。ホラー・アンソロジーシリーズ『ロア ~奇妙な伝説~』シーズン2や、英国SFドラマシリーズ『ドクター・フー』などにゲスト出演し、2019年に放送されるスリラーTV映画『Escaping the Madhouse: The Nellie Bly Story(原題)』ではクリスティナ・リッチ(『スリーピー・ホロウ』)やジュディス・ライト(『アグリー・ベティ』)と共演している。

『リベンジ』見どころはこちら

エミリー&ジョシュ、結婚おめでとう。これからも末永くお幸せに!

(海外ドラマNAVI)

Photo:エミリー・ヴァンキャンプ&ジョシュ・ボウマン
(c)FAM020/FAMOUS
(c)FAM008/FAMOUS

シャーロック・ホームズと女性のワトソンが現代のニューヨークで難事件に挑む人気ミステリー『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』。米CBSで今年9月にシーズン6の放送が終了した本作が、次のシーズン7で幕を閉じることが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】原作のエッセンスをさらに取り込み進化する『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』

全13話構成のシーズン7の撮影は、12月14日(金)に全て終了している。CBSエンターテイメントのケリー・カールは、「経営サイドと製作サイドの関係者全員が集まって、この作品の今後を話し合いました。そして全員が、これまでとても素晴らしい貢献をしてくれたこの作品にお別れをしようと同意したのです」と、全員一致で終了させる結果になったことを述べた。

プロデューサーのカール・ベヴァリーは、「(クリエイターの)ロバート・ドハティは自分の思い描いたストーリーを生み出し、その全てをこの世に送り出した。キャストもスタッフも全員がそういう思いだ。これまでやり遂げたことに感謝しているし、今後を楽しみにしている」と語った。また今回の終了には、主演のジョニー・リー・ミラー(ホームズ役)とルーシー・リュー(ワトソン役)の契約満了も関係していると言われている。

シーズン3までは毎週木曜日に放送されていたが、シーズン4途中で日曜日に変更となり、シーズン6では月曜日と、放送スケジュールが頻繁に変わっていた本作。さらに秋の番組編成から夏の番組に移動となったシーズン6は当初13話構成でスタートしたが、シーズン途中で8話追加となり、結局21話でシーズンフィナーレを迎えていた。

なお本作は、Hulu Plusといった動画配信サービスとの契約により、一話につきおよそ300万ドル(約3億3750万円)がCBSに入る仕組みになっており、全世界での配信による利益が高いため、シーズン6の追加エピソードも決定したと見られていた

ファイナルシーズンの放送時期は現時点では未定だが、どのように終わりを迎えるのか楽しみだ。『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』見どころはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』
(C) MMXVIII CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

英ITVの人気ドラマ『ダウントン・アビー』の長女メアリー・クローリー役で知られるミシェル・ドッカリー。聡明で気高い貴族を演じた彼女が、一変して犯罪者を演じる話題の最新作『GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア』。米国では既にシーズン2の製作・放送されている本作が、AXNにて2月19日(火)より日本初放送。また、本放送に先駆けて2月3日(日)より2週連続で先行一挙放送されることが決定した。

【関連記事】新ドラマ『GOOD BEHAVIOR / グッド・ビヘイビア』で犯罪者役に挑むミシェル・ドッカリー!

刑務所から出所したてのレティは、今は自分の母エステルの元にいる息子と再び一緒に暮らすため生活を立て直そうとしている。しかし、彼女は窃盗の癖が直らず、高級ホテルの客室に盗みに入ってしまう。物色している最中、二人の男が部屋に入ってきて慌てて隠れ るレティ。なんと一人の男が自分の妻を殺すために殺し屋のハビエルと会話しているところを偶然聞いてしまう。レティはその計画を阻止しようと行動したことから、ハビエルと関わり合うことになるのだが...。

レティは息子の親権を取り戻すため"Good Behavior"として生きることを目指すが、堕落した生活からなかなか抜け出すことができない。さらに、魅力的なハビエルと出会ったことから危険で思わぬ方向に進んでしまう。クライムドラマの裏で描かれるレティの心の葛藤など、ヒューマンドラマの要素も見どころの『GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア』。

ミシェル演じるレティは、殺し屋との魅惑的で危険な関係に巻き込まれてしまう泥棒&詐欺師というキャラクター。ミシェルと出会う殺し屋ハビエルを演じるのは、アルゼンチン出身、43歳のファン・ディエゴ・ボト。ホラー・サスペンス映画『フリア よみがえり少女』など、主にスペインの映画界を中心に活躍してきた俳優だ。レティの保護観察官クリスチャン・ウッドヒル役に扮するのは、『メンタリスト』の捜査官サム・ボスコや『OZ/オズ』のエメラルドシティの責任者ティム・マクマナスで知られるテリー・キニー。レティの母親エステルに扮するのは、『ウェイワード・パインズ 出口のない街』や『ブルーブラッド』『モダン・ファミリー』など数々の人気ドラマにゲスト出演を果たすルシア・ストラス。

原作は、人気アメリカ人作家ブレイク・クラウチによって書かれた「Good Behavior」。製作総指揮もクラウチ自身が務めている。クラウチといえば、彼のベストセラー小説『パインズ-美しい地獄-』三部作を原作とした濃厚な脱出ミステリーが、映画『シックス・センス』の監督M・ナイト・シャマランによって『ウェイワード・パインズ 出口のない街』として実写化され、大ヒットを記録した。彼は以前、役の候補にミシェルの名前が挙がったとき配役に迷いはなかったと語り、彼女の演技力に対し、全幅の信頼を寄せていることを明かしている。

罪を重ねるたび、この愛に溺れる――女泥棒×殺し屋。魅惑的で危険な二人が織りなすオトナのサスペンスドラマ『GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア』はAXNにて2月19日(火)より日本初放送。本放送に先駆けて2月3日(日)より2週連続での先行一挙放送もお見逃しなく!

『GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア』放送情報


【先行一挙放送】HD字幕版:2月3日(日)&10日(日)2週連続10:00AM~3:00PM
【レギュラー放送】HD字幕版:2月19日(火)10:00PMスタート/毎週火曜10:00PMより2話連続≪DRAMAX 11≫

(海外ドラマNAVI)

Photo:『GOOD BEHAVIOR / グッド・ビヘイビア』
TM & ©2016 Turner Entertainment Networks, Inc. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.

2019年2月にシーズン9後半の放送が開始される、大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。どうやら、今のところシーズン9に登場していないあるキャラクターが、今後カムバックする可能性があるようだ。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』の完璧なラストは夢オチ!?「ウォーカー・ストーカー・コン(Walker Stalker Con)」in ドイツ

12月7日(金)から9日(日)まで米ニュージャージ州で開催された「ウォーカー・ストーカー・コン(Walker Stalker Con)」で、シーズン6からドワイト役で出演していたオースティン・アメリオがパネルインタビューに登壇。シーズン8最終話から約2年後にタイムジャンプしたシーズン9に、現時点でドワイトは姿を見せていない。その点について聞かれたオースティンが、「ドワイトは死んでないよ。言えるのはそれだけだが、彼は世界のどこかで生きている」とコメントした。

そして、ドワイトがカムバックする可能性については、「ドワイトの物語は、いろんな描き方が出来るだろう。原作コミックスの筋書きやシェリー(ドワイトの元妻)とのストーリーもあり得る。アレクサンドリアの住民と一緒にいるのかもしれないし、まったく分からないよ。脚本家に絶対の信頼を置いているし、彼らは素晴らしい仕事をしている。だから、きっとドワイトを思いもよらない方法でカムバックさせてくれるんじゃないかな」と答えている。オースティンの口調からすると、ドワイトが再登場する確率は高そうだ。

シーズン9前半では、主人公リックを演じたアンドリュー・リンカーンとマギー役のローレン・コーハンが降板し、レギュラーとして登場していたキャラクターが命を落とすなど数多くの大きな変化が起こった。

その後がどんな展開になるかは、 FOXチャンネルにて2019年2月11日(月)22:00より放送開始される後半エピソードを見て、自分の目で確認するしかないだろう。(海外ドラマNAVI)

あなたは海外ドラマに何時間費やしてる?視聴したら記録を付けよう!『ウォーキング・デッド』シーズン9の作品データベースはこちら

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン8
(C) Gene Page/AMC

70年代NYのポルノ産業の勃興を描き全米で絶大な人気と高い評価を得た米HBOのエロティックドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』。本国アメリカで9月に放送開始されたばかりのシーズン2が、早くも2019年1月31日(木)に、スターチャンネルにて日本初放送されることが決定した。

【関連記事】「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」Amazon Prime Videoチャンネルでスタート!

本作は、アメリカが抱える様々な社会問題を描く作風に定評のあるジョージ・ペレカノスとデヴィッド・サイモンら『THE WIRE/ザ・ワイヤー』の製作陣が手掛ける。それぞれの理由で娼婦の道を選んだ女性たちの生き様や、マフィアの管理のもと風俗店を経営する男たち、街の浄化を図りながらも風俗業を暗黙に許すため金を取る警察官らそれぞれが持ちつ持たれつ生計を立てている現実をリアルに描き、全米レビューサイトRotten Tomatoesで100パーセント、データベースサイトIMDbで8.1点の高得点をマークしている。

シーズン2の舞台は、前シーズンの5年後となる1977年のNYタイムズスクエア。マフィアをバックに事業を拡げていくヴィンセントと双子の兄フランキー(ジェームズ・フランコが一人2役)、ポルノ映画監督となったアイリーン(マギー・ギレンホール)、娼婦からポルノ女優に転じたローリー(エミリー・ミード)とヒモのCC(ゲイリー・カー)らお馴染みのキャラクターのその後を描く。

さらに第3話「Seven-Fifty」では一部のキャラクターがロサンゼルスを訪れ、極寒のNYと違い太陽が燦燦と照る青空の下、ヤシの木が立ち並ぶ開放的な景色とエンターテインメント業界に働く人々の様子が対照的に描かれている。まだ飛行機での移動が今ほど一般的ではなかった時代ならではのエピソードや、ヴィンセントの店の常連で、当時TVで大人気だった俳優ジョン・ベルーシが登場したり、『ウエストワールド』をパロディにしたポルノ映画のアイデアを話す会話が登場したりするなど、遊び心も見受けられる。

また今シーズンから新キャストとして、『レクティファイ 再生』のルーク・カービーが、タイムズスクエアの浄化を市長に任命された公務員役で、『Pepper and the Salt Sea(原題)』のカトリーナ・カニンガムがフランキーの新妻でバーレスクのショーガール役で加わっている。

『DEUCE/ポルノストリート in NY』放送情報
スターチャンネルにて
・シーズン2(全9話)
[字] 2019年1月31日(木)よる11:00~
[二] 2019年2月4日(月)よる10:00~

・シーズン1(全8話) 連日一挙放送
[字] 2019年1月12日(土)&1月13日(日)深夜
[二] 2019年2月2日(土)&2月3日(日)深夜

(海外ドラマNAVI)

Photo:『DEUCE/ポルノストリート in NY』シーズン2
(c) 2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

2019年4月にシリーズファイナルとなる第八章の放送を控える大ヒットファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本作の原作者であり、SFやファンタジーの分野で権威のあるヒューゴー賞や、文学賞のネビュラ賞を何度も受賞している、今年70歳を迎えた作家のジョージ・R・R・マーティンが、1996年から執筆している同作の原作を完結させることを明言した。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ジョージ・R・R・マーティン、ゾンビになっても小説は完結させる!?

「ジョージ、本を完結して」というフレーズは、すでにファンの合言葉のようになってきている。なぜならマーティンは『GOT』原作の小説シリーズ「氷と炎の歌」の6弾目であり、同ドラマの第6章の元になっている「冬の狂風」が未完となっているからだ。そのため、第6章は製作陣とマーティンでストーリーラインを話し合いながら製作を進めたという経緯がある。よって『GOT』最終章の原作となる7弾目の「A Dream of Spring(原題)」は、手付かずの状態だ。

原作のファンは、2018年11月に刊行されたターガリエン家の歴史を語る「Fire and Blood(原題)」を楽しみながら待ってもらうしかない状況だ。そんなファンに向けてマーティンは、以下のようにコメントした。

「"冬の狂風"を皆さんが待ってくださっていることは重々承知しています。ですから、ちゃんと完結させます。辛抱強く待っていてくれて本当に感謝しています。私はというと、孤独の壁の中に閉じこもり、ウェスタロスの世界に戻ります。明日、来週に出版できるという話ではありませんが、絶対に‟氷と炎の歌"をお届けします。『GOT』のフィナーレも近づいていますし、まだ公式ではありませんが、『The Long Night(原題)』というタイトルのスピンオフ新作はキャストが決まってきております。さらに他にも新作ドラマの計画があります。‟冬の狂風"以外にも、楽しみにしていただけるものがまだまだあるのです」

実は以前行われたインタビューでマーティンは、執筆が遅い自分についてこんな発言をしている。

「‟冬の狂風"が終わっておらず、ご立腹のファンがいることは知っています。私も自分に憤慨しています。4年前に終わらせることができていたら、今終わっていれば...と。キーボードの前に座り、"神よ、私がこれを完結させる日が来るのでしょうか。ドラマ版はどんどん先へ進み、私はどんどん引き離されていくばかりです。どうしてこんなことになってしまったのでしょう。なんとか執筆しなければ..."なんて思う暗い時期も経験しました。今年、ダグ・ウィートリーの素晴らしいイラストが描かれた傑作‟Fire and Blood"をついに出版することができました。久しぶりにウェスタロスの物語を書いた作品です。私の熱狂的なファンのお怒りも理解していますが、ずっと何かしら出版はしているのですよ。7年間休暇を取っていたわけではありません。"ワイルドカード(原題:Wild Cards)"も半年おきに出版しています。ただ、"ワイルドカード"と違って"氷と炎の歌"シリーズは全て私一人で執筆しているのです。ですから、誇りに思える最新作"Fire and Blood"を刊行できたことで、ようやく"氷と炎の歌"を完結させる気力が湧いてきたのです」

マーティンが執筆・編集に携わる「ワイルドカード」シリーズは、シェアード・ワールド(ユニバース)という複数の著者が同一世界設定で描き、元々1986年に始まり、現在まで49人もの著者が作品に携わっている。今年は「Wild Cards XXV:Low Chicago」と「Wild Cards XXVI: Texas Hold'em」の2冊が出版され、2019年には「Wild Cards XXVII:Knaves Over Queens」という最新作が発表される予定だ。その「ワイルドカード」シリーズは、米Huluにより2作品のドラマ化製作が決定している。

『GOT』ファンも、原作のファンも、どのようにストーリーが完結するか知りたいところだろうが、マーティンの公言どおりであれば、原作の最後を見届けられる日も近いかもしれない。『ゲーム・オブ・スローンズ』見どころはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』
Game of Thrones (c) 2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

大ヒットドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』で元主人公リックの息子カールを演じたチャンドラー・リッグスが、「リブート版『スパイダーマン』で主役を演じていたかもしれない」と語っていることがわかった。

【関連記事】【ネタバレ】『ウォーキング・デッド』シーズン8で卒業したチャンドラー・リッグス、自分の去り方について納得している

11月30日(金)~12月2日(日)にかけて、米サンノゼで開催されたSan Jose Fan Fest2018のパネルインタビューに登場したチャンドラーが、「『スパイダーマン』のオーディションを受けたんだ。クールだと思ってね。でも、(落選したのは)まあいいとしよう」と明かしている。

そして、一緒に登壇していた『ウォーキング・デッド』でアーロン役を演じ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にレッドスカル役で出演しているロス・マーカンドが、「君はスパイダーマンだよ。ピーター・パーカーだ」と励ますと次のように返答。「でも、トム・ホランドは素晴らしい仕事をしてるよ。本当にすごいし感嘆する。2週間ぐらい前に『スパイダーマン:ホームカミング』を見たんだけど、トムが超面白いんだ。彼はスパイダーマン役にパーフェクトだし、よくやってると思う」と、かつて役を競い合ったトムを称えていた。

続けて、「マーベルのスーパーヒーローで他に演じたい役があったり、マーベル・シネマティック・ユニバースに参加したいと思いますか?」との質問には、「演じたい役はたくさんあるし、チャンスも何度でもあると思う。これからだね」と答えている。

シーズン8で『ウォーキング・デッド』を降板したチャンドラーは、ジョシュ・ハートネット(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)が主演する犯罪スリラー映画『Inherit the Viper(原題)』と、フリーダ・ピント(『スラムドッグ$ミリオネア』)と共演するSF映画『Only(原題)』が待機中だ。

近い将来にマーベルやDC映画で、スーパーヒーローを演じるチャンドラーにお目にかかれる日が来ることを期待したい。『ウォーキング・デッド』見どころは作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン7(チャンドラー・リッグス)
(C) Gene Page/AMC

サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が活躍する米CWの大人気ドラマシリーズ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(以下『スパナチュ』)。本国アメリカではシーズン14が放送中だが、その第13話で記念すべき300話目を迎え、大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』の悪役ニーガンを演じるジェフリー・ディーン・モーガンが復帰することが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】天使と悪魔が『SUPERNATURAL』愛を語る!ミーシャ・コリンズ&マーク・シェパード直撃インタビュー

ジェフリーは元々、ディーン(ジェンセン・アクレス)とサム(ジャレッド・パダレッキ)兄弟の父親ジョン・ウィンチェスターとして、2005年に開始したシリーズのパイロット版より出演していた。今回は2008年放送のシーズン3以来、久しぶりの登場。約10年ぶりに息子たちと再会するようだ。

ジェフリーが出演するのは、2019年2月7日に放送予定の第13話「Lebanon(原題)」。このエピソードが通算300話目となるようだ。

共同ショーランナーのアンドリュー・ダブは、今回の記念エピソードでジェフリーが戻ってくることについて、「この記念すべきエピソードに、ジェフリーが復帰してくれてとても嬉しく思っています。ジェフリーの演じるジョンにどんなことが起こるのか、きっとファンも気に入ってくれる内容になっていると思います。それに、他にもサプライズのゲスト出演者もいるんですよ」と、喜びを伝えている。

『スパナチュ』以降ジェフリーは、『グレイズ・アナトミー』のデニー役、『マジックシティ 黒い楽園』アイク役、『エクスタント』JD役、『グッド・ワイフ』ジェイソン役、そして先述の『ウォーキング・デッド』と様々なドラマに出演。そして『ノー・エスケープ 自由への国境』や『タイム・トゥ・ラン』などにも登場し映画界でも活躍している。

ダブは以前、「300話目は素晴らしいものになるだろうと思う」とコメントしていたが、その発言どおり久しぶりのキャストとその他のゲスト出演者で盛り上がりそうなエピソードになりそうだ。

『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン14は、毎週木曜日に放送中。『SUPERNATURAL』シーズン14作品データベースはこちら(海外ドラマNAVI)

Photo:
ジェフリー・ディーン・モーガン (c) NYKC/FAMOUS
『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』 (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

現在米国で放送中のシーズン12をもって終了となることが発表されている大人気シットコム『ビッグバン★セオリー~ギークなボクらの恋愛法則』(以下『ビッグバン』)が、ある投票により全世代から最も支持されたTV番組に選ばれた。米Screen Rantが伝えている。

【関連記事】『ビッグバン★セオリー』、ジム・パーソンズがファンに向けて感謝のメッセージ

今年9月、Uniting Generationsは米国在住の2000人以上に各TV番組の好き/嫌いを調査。その結果、『ビッグバン』は47パーセントの人たちからの支持を得て、"最も愛されているTV番組"に選ばれた。(注意:この調査はTV放送されているものに限定し、動画配信サービスのオリジナル番組は含まれていない)

『ビッグバン』は、2007年に米CBSで放送をスタートし、視聴率ランキングでも常に首位の座を争うほどの人気番組。シーズン11の平均レーティングは2.7(18歳~49歳)、平均視聴数は1400万人。一般的に、この数字を記録していれば放送局は新シーズンへの更新を検討するはずだが、シェルドン役のジム・パーソンズがシーズン12をもって『ビッグバン』を卒業する意向であったため、彼に合わせた形で番組の終了も決定したと伝えられている。

ランキングTOP10は以下の通り
1.『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』(47%)
2.『クリミナル・マインド FBI行動分析課』(40%)
3.『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』(39%)
4.『NCIS』シリーズ(36%)
5.『ザ・ヴォイス』(27%)
6.『モダン・ファミリー』(24%)
7.『アメリカン・アイドル』(24%)
8.『グレイズ・アナトミー』(23%)
9.『グッド・ドクター 名医の条件』(22%)
10.『アメリカン・ダンシングスター』(22%)

興味深いことに、トップ10の内9作品が7年以上続いているロングラン番組。7年未満なのは韓国の大ヒットドラマをリメイクしたフレディ・ハイモア主演の医療ドラマ『グッド・ドクター』(2シーズン)だけだった。

全世代が対象であったことを考慮すると、『THIS IS US』や『ビッグバン』のスピンオフ作品『Young Sheldon(原題)』のような人気の高いファミリードラマがランクインしなかったことも不思議で、代わりに上位に並んだのは、シリアスな描写も多い犯罪捜査ドラマだった。

『クリミナル・マインド』、『LAW & ORDER』、『NCIS』に共通しているのは、直近2、3年の間にシリーズの主要キャストが降板するなどの、大幅なキャストの入れ替えが行われていること。このことから、多くの視聴者が長年見ている作品のキャラクターに愛着を持って見続けているわけではなく(もちろんそういう人もいるが)、ただ純粋にドラマのストーリーを楽しんでいるとも言えそうだ。

『ビッグバン』の放送終了まであと14話。CBSは、"全米No.1の愛されているドラマ"を視聴者が納得して送り出せるようなフィナーレを用意する。日本では、スーパー!ドラマTVにてシーズン10が放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

米ABCの大ヒットドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)の主人公メレディス・グレイ役のエレン・ポンピオが、2015年にシーズン11で降板したデレク・シェパード役のパトリック・デンプシーと、降板以来連絡を取っていないことを明らかにした。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】『グレイズ・アナトミー』アリゾナ&エイプリル降板に対するキャストの反応は?

ジェイダ・ピンケット=スミスがホストを務めるトーク番組「Red Table」に出演した際、エレンが語った。「パトリックが『グレアナ』を去ってから話してないの。彼のことを悪い風には思っていないわ。素晴らしい俳優で、一緒に最高のTVドラマを作り上げてきたの。彼はとても才能があるし、11年も出演していたのよ。通常、作品を降板する時、自分がその作品という肩書きなしで、どういう人間でいるのかを考える必要があるの。だって、ドラマ出演は生活の大半を占めるものだから。出演するドラマがなくなった時、自分がどういう存在なのか理解する時間がいるのよ。だから、彼と話をしていないの。でも私の心の中には、いつもパトリックの存在があるわ」

対して、10月にパトリックはインタビューでエレンとその他のキャストについて以下のように答えている。「特別な絆があったよ。元々はオリジナルキャストとの繋がりが強かったけれど、シーズンを追うごとに新たに加わったキャストたちとの繋がりも出てきたんだ。本当に多くの人の人生に影響を及ぼし続けた『グレアナ』は素晴らしいよ。私たちはテレビ業界の歴史の一部だったんだ。本当にすごいことだよ」と語っている。どうやらエレンは、仲が悪いということではなく、気をつかってあえて連絡を取っていないということのようだ。

また、エレンは以前同作のフィナーレが近づいているとインタビューで語っており、すべてをやりつくしたし、子育てのために仕事をセーブしたいと降板することを示唆していたが、もしかするとまだフィナーレを迎えないかもしれないとも発言している。

トーク番組に出演したエレンは、「イタリアでもフランスでも、ロンドンでもカンザスでも、どこに行ってもファンが私に近づいてきて涙目で、『グレアナ』がどれだけ大切な作品が語ってくれるの。だからシーズン16もあるでしょうね。終わりの兆しが見えないもの。だから私もこのまま頑張らないと。だって、『グレアナ』が世界の人々の人生を感化しているのだから」と話していた。

全世界に根強いファンがいる『グレイズ・アナトミー』シーズン15は、米ABCにて放送中。『グレイズ・アナトミー』見どころはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:エレン・ポンピオとパトリック・デンプシー
(c)ABC Studios

『ボディガード -守るべきもの-』『ナイト・マネジャー』『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』といったスパイを主人公にした作品や、諜報活動を描くドラマが好きな人におススめしたい『コンドル ~狙われたCIA分析官~』。本シリーズに主演しているのは、『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』のロドリーゴ役で知られるジェレミー・アイアンズの息子、マックス・アイアンズ。彼の素顔に迫る、英BTのインタビューの一部を紹介しよう。

【関連動画】『コンドル~狙われたCIA分析官~』第1話期間限定無料配信はこちらから(12月14日(金)23:59まで)

『コンドル ~狙われたCIA分析官~』あらすじ


本作は、ロバート・レッドフォード主演による1975年の名作スパイ映画『コンドル』と、その原作であるジェームズ・グレイディの小説「コンドルの六日間」をドラマ化した作品。CIAのフロント組織で分析官として働くジョー・ターナーが、同僚と開発したプログラムを使い生物兵器テロを未然に防ぐが、分析を進めるうちに製薬会社株の違法取引に気づき、陰謀に巻き込まれていく姿が描かれる。

マックス・アイアンズに直撃インタビュー


Q:映画『コンドル』を観たり、小説「コンドルの六日間」を読んだりしましたか?

マックス:子どもの時に映画を観たけど、当時は若すぎて映画の良さを理解できなかった。ジョー役に配役されてから映画を何度か観て本も読んだよ。ロバート・レッドフォードの演技が完璧で相変わらずスタイリッシュだから、映画の方が印象に残ってるよ。でも真似っ子やコピーじゃダメだから、自分なりに消化することが大切だと思う。

Q:次期ジェームズ・ボンド候補として名前が挙がっていることについて

マックス:どちらかというと、ジェイソン・ボーン(映画『ボーン・アイデンティティー』シリーズの主役)の方がいいな。もしボンドにキャスティングされたら、ビビって精神的におかしくなっちゃうと思う。事務所に電話して、"役をゲットしたって? じゃあカウンセリングを予約しといて"ってね。

Q:秘密を守るのと嘘をつくのは上手いですか?

マックス:どっちも苦手だよ。嘘をつくとストレスを感じるし、そのストレスをすぐに見せてしまう。ということは、生活のために嘘をつく必要はないのかもね。もし生きるために嘘をつかなくちゃいけなかったら、上手くなるかもしれないけど。もちろん本物のスパイは、いつも"嘘が下手だ"って言うんだろうけど。

Q:『コンドル』は『ボディガード -守るべきもの-』と類似点がありますよね? なぜ、現在パラノイア系スリラーがトレンドになっていると思いますか?

マックス:1970年代に、シドニー・ポラック監督による『コンドル』がリリースされた時はウォーターゲート事件が起きたばかりで、人々の政府に対する不信感が高まっていた。それって時代は関係ないからね。最近は、機密文書を公開したチェルシー・マニングやエドワード・スノーデン、個人データを不正入手したとされているケンブリッジ・アナリティカとか、国民を守るはずのインフラストラクチャーの実態について分かり始めている。『コンドル』の話に戻れば、映画と違ってドラマシリーズは10話に渡って、そういったテーマを掘り下げられるからね。

Q:シーズン2へ更新されましたが、何か新シーズンについて知っていますか?

マックス:僕が知ってるのは現在脚本を執筆中で、何かしらロシアが関わっているということだけだよ。ロシアに関するネタは至るところにあるから上手くいくだろう。どういう形になるかはわからないけど。現実世界では家から離れて家族にも会えないけど、製作チームが素晴らしいから、このキャラクターを発展させる余地はあると思う。

マックスが主演する『コンドル~狙われたCIA分析官~』は、WOWOWプライムにて2019年1月1日(火・祝)と2日(水)に一挙日本初放送。今なら海外ドラマNAVIで12月14日(金)まで第1話を無料配信中。WOWOWプライムでは、12月22日(土)夜10時から第1話を無料先行放送する。観た後はこちらの作品データベースで視聴記録を付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『コンドル~狙われたCIA分析官~』
(c) 2018 MGM Television Entertainment Inc. And Skydance Television, LLC. All Rights Reserved.

ニック・ピゾラットが書き下ろした渾身の脚本と、主演したマシュー・マコノヒー&ウディ・ハレルソンの演技が高い評価を得たシーズン1となる『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』。そのシーズン3で主人公ウェイン・ヘイズ刑事を演じるのは、映画『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリだが、なんとこのヘイズ刑事は白人俳優向けに書かれたものだったという。

【関連記事】『TRUE DETECTIVE』シーズン3の予告映像はこちら

米Varietyのインタビューに答えたマハーシャラは、このシーズンの主軸となるアーカンソー州のヘイズ刑事が白人で、もう一人の刑事がアフリカ系という設定だったことを理解していた上で、ショーランナーを説得しアフリカ系である自分がヘイズ刑事を演じることになったと語った。

「脚本を読んだんだよ。最初の4話分に目を通したんだが、素晴らしくて仰天したよ。二人目の刑事、つまりアフリカ系の刑事の方を演じることもできたんだが、心の中でこう思ったんだ。"助演はもう長年ずっとやってきた。主演はやったことがない"とね。その時40歳だったし、"今主演をやらないと、この先ずっとできないかもしれない"と思ってね。それに私の祖父は、州警察の警官だったんだ。そしてこの作品の主人公は州警察の二人だ。だから、いとこや親戚に電話をかけて、祖父の警察時代の制服姿の写真を送ってもらったんだ」と、その写真をショーランナーのピゾラットに送り、"見てくれよ。60年代も70年代も、アフリカ系の州警官は存在したんだよ。これはアーカンソーだよ"とメッセージしたという。

「"いい脚本だけど、もし主演のヘイズ役がアフリカ系だったらもっとストーリーが良くなると思うんだ"とニック(ピゾラット)に言ったんだよ。人種差別は、差別用語だけではないだろう。それよりも、目を見てくれない、ささっとありがとうと言って逃げ出していくというような日常の些細な人々の行動が差別的なことでもあるんだ。だから、例えば白人の容疑者が、アフリカ系の刑事に質問されても目を合わせず、サブの白人の警官の方の目を見て答えるというようなことが起こりえて、そういう方が面白い内容になると言ったんだよ。そしたら、数日してからニックが、"いいよ、やろうじゃないか"と返事をくれたんだ」と、元は白人のキャスティングの予定だったが、熱意を持ってアフリカ系の自分の変えてもらえるようにショーランナーを説得して得た役だったことを語った。

そんなシーズン3は、3つの異なる時代が同時に進行する形で、年を追うごとに深まる事件の謎が描かれるという。マハーシャラのほかに、もう一人の主人公となるアメリア・リアドン教師役にカーメン・イジョゴ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)、二人目の州警察ローランド・ウェスト刑事役にスティーヴン・ドーフ(『ブレイド』)がキャスティングされている。

『TRUE DETECTIVE』シーズン3は、米HBOにて2019年1月13日(日)より放送スタート。日本では、『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』と『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』がAmazon Prime Videoで配信中。

『TRUE DETECTIVE』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:マハーシャラ・アリ
(c)NYKC

ヒュー・グラント(『ノッティングヒルの恋人』)とアンディ・マクダウェル(『恋はデジャ・ブ』)が主演し、1994年に公開されて大ヒットしたロマンティック・コメディ映画『フォー・ウェディング』。米Huluで製作される本作のドラマ版の出演者が続々と決定しているが、ダークファンタジードラマ『スリーピー・ホロウ』で主人公イカボッド・クレーンを演じた、トム・マイソンらをはじめとする新キャストが加わることがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】ヒュー・グラント主演『フォー・ウェディング』のドラマ版、キャスト4人が決定!

映画版と同じくドラマシリーズでも、4つの結婚式と1つの葬儀を通じて複数の友人たちの人生が交差する様子が描かれ、主人公はニューヨークで議員選挙キャンペーンの広報責任者として働くマヤ。ロンドンに住む大学の同級生から結婚式の招待状を受け取った彼女が、仕事も私生活も後回しにしてイギリスへ向かうことにしたが、政治的なスキャンダルが暴露されるわ、恋愛でイザコザが起こるわで、昔の仲間の個人的な問題に巻き込れる展開になるという。

トムはクエンティンという役を演じることが決まっているが、現時点でキャラクターの詳細は不明。同時に、復讐ドラマ『リベンジ』でアシュレイ・ダヴェンポートを演じたアシュリー・マデクウィーがジュリア役で、トミー・デューイ(『カジュアル』)がテッド役で出演することも発表された。

主役マヤを演じるのは、大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、デナーリスに仕える通訳ミッサンディを演じたナタリー・エマニュエル。そして、映画版に主演したアンディ・マクダウェルが、マヤの友人アインスリーの母親ハワード夫人役でゲストとして登場することも決定。すでにアインスリー役でレベッカ・リッテンハウス(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』)、マヤの親友クレイグ役でブランドン・マイカル・スミス(『バーニー/みんなが愛した殺人者』)、ダフィー役でジョン・レイノルズ(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)、パテル役でニケシュ・ワイルドスピードパテル(『Indian Summers(原題)』)もキャストに名を連ねている。

ドラマ版で脚本を手掛けるのは、人気コメディドラマ『ザ・オフィス』でケリーを演じ、医療恋愛コメディドラマ『The Mindy Project(原題)』でクリエイター&主演を務めたミンディ・カリングと、マット・ウォーバートン(『コミ・カレ!!』)。

今年7月には、トムが米HBO製作によるドラマ版『ウォッチメン』で主役を演じることも明らかに。イギリス出身の彼は、恋愛映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』や、ベネディクト・カンバーバッチが主演する戦争ドラマ『パレーズ・エンド』などにも出演している。

ドラマ版『フォー・ウェディング』は、2019年にHuluにて配信スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:
トム・マイソン (C)FAM008/FAMOUS
アシュリー・マデクウィー(C)NYPW/FAMOUS

『デスパレートな妻たち』のガブリエル役で知られるエヴァ・ロンゴリアが、 "スペイン版ダウントンアビー"とも言えそうな『Grand Hotel(原題)』の米版リメイクを手掛けるとのニュースは、これまでにも当サイトでお伝えしてきた。そのリメイク版に『サンズ・オブ・アナーキー』のケイティ・セイガルと、『ハリー・ポッター』でコーマック役を演じたフレディ・ストローマが出演することがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】LAスクリーニング2018:『デビアスなメイドたち』ロゼリン・サンチェス主演!ホテルを舞台にドロドロの展開が繰り広げられる『Grand Hotel』

スペインで、2011年から2013年にかけて放送された人気ドラマ『Grand Hotel』のリメイク版は、フロリダ州マイアミ・ビーチに舞台を移し、ホテルを経営する一家のドロドロとした内情が描かれる昼メロ・ソープドラマだ。

ケイティは、ある理由からホテルに投資するテレサという女性に扮し、シーズン1のラスト3話に登場するとのこと。フレディが演じるオリヴァーはマイアミのフィン・ホテルでマネージャー補佐として勤務し、ビジネススクールの同級生で友人のアリシアと仕事で対立するという役どころで、オリヴァーは彼女に想いを寄せるようだ。

すでに、ホテルオーナーの2番目の妻で魅惑的な女性ジジ・カルデナス役に、サスペンス・ドラメディ『デビアスなメイドたち』でカルメンを演じたロゼリン・サンチェスが決定している。リメイク版で脚本を手掛けるのは、『デビアスなメイドたち』で脚本・プロデュースを担ったブライアン・タネン。『THIS IS US』で製作総指揮・監督を手掛るケン・オリンが、パイロット版でメガホンを取ることになっている。

ケイティは、大人気ファミリーコメディ『Married with Children(原題)』と『パパにはヒ・ミ・ツ』の母親役でお茶の間の人気者となり、『LOST』ではジョン・ロック(テリー・オクィン)の恋人ヘレンを演じていた。

フレディは、リアリティ番組の舞台裏を描くブラックコメディ『UnREAL』シーズン1でモテモテ独身男を演じ、シーズン1で打ち切られてしまったが、タイムトラベル・ドラマ『タイム・アフター・タイム ~H・G・ウェルズの冒険』に主演していた。

ケイティとフレディが出演する『Grand Hotel』は、米ABCにて2019年より放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Grand Hotel』
© 2018 Disney | ABC Television. All rights reserved.

大人気ドラマ『LOST』のクレア・リトルトン役で注目され、『ワンス・アポン・ア・タイム』でレイシー/ベルを演じたエミリー・デ・レイヴィンが、第二子となる男児を出産したことが明らかになった。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ワンス・アポン・ア・タイム』、キャストがお別れコメントを続々と投稿!

12月10日(月)、36歳のエミリーは自身のInstagramで、婚約者で監督・脚本家のエリック・ビリッチとの子どもを出産したことを告白した。「12月9日(土)、セオドア・キュブリック・デ・レイヴィン・ビリッチが自宅にて生まれました。私たちの美しい男の子、この世界へようこそ! やっと私たちと一緒に遊べるわね、嬉しいわ! とても愛してる、テオ。xoxoxo」とコメントした投稿には、寝ているセオドア君の写真が掲載されている。

二人の間には第一子となる娘ヴェラ・オードリーちゃんが2016年3月に誕生しており、今回のセオドアくんは第二子の長男となる。

エミリーは、2006年6月に俳優のジョシュ・ジャノヴィッツと結婚したものの、翌年1月にエミリーが離婚を申請したが、離婚手続きは一向に進まずにいた。だが、2013年から別居を開始した二人は、2014年7月にやっと離婚に落ち着き、その頃から現在の婚約者エリックとの交際が始まった模様。

今年の6月に、エミリーはInstagramで「秋には4人家族になるわ! エリックと私はとても幸せよ。そしてヴェラはお姉ちゃんになれるからとても喜んでいるわ!」と妊娠していることを発表していた。

米Peopleによると、長女のヴェラちゃんの時に続き、同じく自宅出産をしたエミリーは以前、自宅分娩について以下のように答えていた。「自宅出産という方法に前向きでいるの。この方法にとてもワクワクしているわ。でもちゃんと万が一に備えて素晴らしい医師にも付いていてもらうことも考えているの」

今年5月に『ワンス・アポン・ア・タイム』は終了してしまったが、2019年に放送予定のTV映画『Scorned(原題)』に出演している。

エミリー、おめでとう!

『LOST』作品データベースはこちら
『ワンス・アポン・ア・タイム』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:エミリー・デ・レイヴィン
(c)DARA KUSHNER/FAMOUS

『オレンジ・イズ・ニューブラック』プッセイ・ワシントン役や、『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』のモイラ役で知られ、今年のエミー賞最優秀ゲスト女優賞を受賞したサミラ・ワイリーが、米NBCの人気コメディドラマ『ウィル&グレイス』にゲスト出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterが報じている。

【関連記事・映像】デジャヴな近未来でたくましく生きる女性たち 『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』

サミラが出演するのは2019年放送のエピソードで、3話にわたってニッキーを演じる。ニッキーは、カレン(ミーガン・ムラリー)と同じビルで働く自信家のイケてる女性で、彼女の話を聞いてあげるという役どころ。

リブート版『ウィル&グレイス』は、現在シーズン2(オリジナルから数えるとシーズン10)が放送中だが、このシーズンにはすでに多くの豪華ゲスト陣が出演している。大人気シットコム『フレンズ』のロス役で知られるデヴィッド・シュワイマーが、グレイス(デブラ・メッシング)の恋愛対象となる役で、複数話にわたり出演。

また、スタイリッシュな犯罪捜査ドラマ『ホワイトカラー』で主人公の詐欺師ニール・キャフリーを演じたマット・ボマーは、ウィル(エリック・マコーマック)のデート相手で、口が達者で独りよがりなニュースキャスターのマッコイ役ですでに登場している。

さらに、人気犯罪捜査ドラマ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』で、ITオペレーターでありながらオタクのエリック・ビールを演じるバーレット・フォアも、ウィルの同僚である教師ポール役で、ウィルとロマンスが芽生える仲になるよう。

同作の出演が夢だったというバーレットは、「『ウィル&グレイス』全話見ているよ。セットに足を踏み入れた時、体が宙に浮くような感じがしたんだ。でも、セットの観客の拍手や笑い声を聞いて、自分のこれまでのキャリアはこの瞬間のためにあったんだと思ったよ」と話し、続けて「『NCIS:LA』での10年のTVドラマの経験と、「マンマ・ミーア!」などのブロードウェイ10年の舞台歴、そしてスペリング大会の経験と全部が合わさった感じの出演エピソードだったよ。それに、エリックはキスが上手なんだ。"もっと何回かテイクを撮って欲しい"って言っていたんだよ」とジョーク交じりに撮影秘話も語っていた。

同作はその他にも、カレンの義理の娘で宿敵でもあるロレイン・フィンスター役のミニー・ドライヴァー(『ザ・リッチズ』)や、アレック・ボールドウィン(『30 ROCK/サーティー・ロック』)、レスリー・ジョーダン(『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ)、ブライス・ダナー『パトリック・メルローズ』)、ロバート・クライン(『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』)らもオリジナル版から引き続き、カムバックを果たしている。

続々と豪華なゲスト陣が登場する『ウィル&グレイス』は、米NBCにて毎週木曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:サミラ・ワイリー
(c)NYNR

米CWで放送しているDCヒーロードラマ『ARROW/アロー』で、ブラックサイレンことダイナ・"ローレル"・ランスを演じるケイティ・キャシディが結婚したことが明らかとなった。米E!Newsをはじめとする複数メディアが報じている。

【関連記事・映像】最も"悪い"のは誰?米TVLineが格付け!アローバースのヴィランランキング

今月8日(土)に32歳のケイティは、フロリダ州サンセット・キーで家族と友人に囲まれる中、マシュー・ロジャースさんと結婚。彼の職業や二人の馴れ初めなどについて詳細は不明だが、ケイティは自身のInstagramで「あなたと恋に落ちずにはいられない...そうよ! ついにロジャース夫人になったの。夫を愛してるわ」とコメント添え、式の写真を投稿して結婚を報告している。

2017年6月にケイティは、左薬指にゴージャスな婚約指輪をはめた自身と、マシューさんとキスを交わしてる写真をInstagramに投稿して婚約を発表。「あなたと一生過ごすことが待ち切れない! 私は世界で一番ラッキーだわ。心から愛してる。ずっと忘れられないような素敵な夜をありがとう」と言葉を添え、パートナーへの愛を伝えていた。

過去にケイティは歌手で俳優のジェシー・マッカートニー(『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』)や、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のタートル役で知られるジェリー・フェレーラ、プロ・アイスホッケー選手のジェイソン・ギャリソンと交際していたことがある。

彼女は、大ヒット超常現象ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のルビー役でも知られ、リブート版『メルローズ・プレイス』や『ゴシップガール』などにゲスト出演。リーアム・ニーソン主演のアクション映画『96時間』や、ホラー映画『エルム街の悪夢』など映画作品にも姿を見せている。

ケイティが出演する『ARROW/アロー』シーズン7の後半は、クリスマス休暇を挟んで1月21日(月)にCWで放送スタート予定。日本では、シーズン6がAXNにて1月4日(金)より日本初放送。『ARROW/アロー』見どころはこちら

ケイティ、結婚おめでとう!

(海外ドラマNAVI)

Photo:ケイティ・キャシディ
(c)FAM020/FAMOUS

米CBSの配信サービスCBS All Accessで、リバイバル版の製作が決まったオムニバスドラマシリーズ『トライワイト・ゾーン』。本シリーズに、ファンタジードラマ『スリーピー・ホロウ』や、コメディ映画『アメリカン・パイ』シリーズで知られるジョン・チョーほかキャスト二人が決定したことがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】<アジア系編②>イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

1959年から1964年にかけてCBSで放送された『トワイライト・ゾーン』(日本では『ミステリー・ゾーン』というタイトルで放送)は、宇宙人やタイムトラベルなどのテーマをヒューマンタッチで描いた作品。1985年にはCBSで『新トワイライト・ゾーン』(3シーズン)、2002年にはフォレスト・ウィテカー(『ブラックパンサー』)がホストを務めるリメイク版(1シーズン)も製作された。

ジョンは、『FARGO/ファーゴ』シーズン1&2でモリー・ソルヴァーソン保安官を演じたアリソン・トルマンと、ジェイコブ・トレンブレイ(『ルーム』)と一緒に「The Wunderkind」というエピソードに出演。同エピソードにはジェイコブの妹エリカ(『バイバイマン』)も出演するが、キャストが演じる役柄の詳細は不明。

その他にはクメイル・ナンジアニ(『シリコンバレー』)、サナ・レイサン(『アメリカン・アサシン』)、アダム・スコット(『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』)の出演も決定している。

リバイバル版で指揮を執るのは、ホラー映画『ゲット・アウト』で監督・製作・脚本の3役を担ったジョーダン・ピール。同作でアカデミー賞作品・脚本・監督賞にノミネートされたピールは脚本賞に輝いている。

アジア系俳優を代表する存在のジョンは『アメリカン・パイ』で注目され、映画『スター・トレック』シリーズで演じたスールー役で人気を確固たるものに。今年公開されて話題となった、全編パソコンの画面上で展開される異色サスペンス映画『search/サーチ』では、突然姿を消した娘を必死に探す父親役を熱演している。

ジョンやアリソンをはじめとする豪華キャストが名を連ねるリバイバル版『トライワイト・ゾーン』は、CBS All Accessにて2019年より配信スタート予定。『トワイライト・ゾーン』作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・チョー
(C) JHMH/FAMOUS

2018年9月から10月にかけてBBC Oneで放送されたばかりの、新聞社が舞台の英国ドラマ『プレス 事件と欲望の現場』がAXNミステリーにて2019年1月より日本初放送となる。

【関連記事】『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェが語る...「ポワロという役は、まさに神からの贈り物」

毎日ニュースを発信し続けなければならないという使命を持つ新聞社で日々奔走する編集長と記者。自分の取材によって息子を自殺で失った夫婦を傷つけることに戸惑う記者、事実を脚色しセンセーショナルなニュースを作り上げる記者、いつか一面記事を飾りたいと意気込む新人記者、そして親友の死が絡んだ事件を追う編集者...。大手新聞社の「ヘラルド」とタブロイド紙「ポスト」という2つの巨大新聞社を舞台に、記者たちの終わりなき奮闘と葛藤をスリリングに、かつドラマチックに描く。

企画・脚本・製作総指揮を担当するのは『女医フォスター』で知られるマイク・バートレット。そして『女医フォスター』でバートレットと組んだほか、『名探偵ポワロ』『刑事モース~オックスフォード事件簿~』『女王ヴィクトリア 愛に生きる』など様々な英国ドラマでメガホンを取ってきたトム・ヴォーンが6話すべてで監督を担っている。

キャストは『TRUST』のシャーロット・ライリー、『アップル・ツリー・ヤード 裏通りの情事』のベン・チャップリン、『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』のアル・ウィーヴァー、『ゲーム・オブ・スローンズ』のエリー・ケンドリックなど。「ポスト」紙のCEO役で『名探偵ポワロ』のエルキュール・ポワロ役でおなじみのデビッド・スーシェが出演している点も見逃せない。

リベラル紙「ヘラルド」の副編集長ホリーは、パトカーによるひき逃げ事件を追っていた。大衆紙の「ポスト」が証拠映像を入手したことを知った彼女は、編集長のダンカンに掛け合う。一方「ポスト」の新人記者エドは、自殺したサッカー選手の実家に押しかけてインタビュー取材を敢行。息子がゲイであることを知らされた両親から取材をキャンセルされる。尊敬を集める女性大臣カーラは、30年前のトップレス写真の扱いをめぐってダンカンと駆け引きをするが...。

『プレス 事件と欲望の現場』はAXNミステリーにて2019年1月6日(日)18:00より全6話を先行で一挙放送、レギュラー放送は1月11日(金)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『プレス 事件と欲望の現場』
© Lookout Point

(本記事は『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のネタばれを含むのでご注意を!)

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』(以下『フィアー』)で、行方不明になっていたキャラクターがシーズン5にカムバックするようだ。英Digital Spyが伝えた。

【関連記事】【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』を語り尽くす『トーキング・デッド』!あの人の死ぬシーンは撮り直しだった...

シーズン3の最終話でダムが爆破された時に、川に流されてしまったダニエル・サラザール役のルーベン・ブラデスはシーズン4には登場しなかった。一体彼に何が起きたのか劇中で語られていなかったが、インタビューで「仕事の近況は?」と尋ねられたルーベンが、「そういえば、『フィアー』シーズン5の撮影でダニエル・サラザール役を演じているよ」と答えていたという。

10月にショーランナーのアンドリュー・チャンブリスがインタビューで、「詳細は明かしたくないが前にも言ったし、これからも言い続けるが、ダニエル・サルザールは生きている。いつか、『ウォーキング・デッド』ユニバースに登場するよ」と明かしていたが、その情報が正しいとルーベン本人によって確認される形となった。

そして、なぜかダニエルは劇中で消えたり再び現れたりする回数が多いのだが、その理由は演じるルーベンの本職が、何度かグラミー賞を受賞した著名なサルサ・ミュージシャンで、ツアーやレコーディングで多忙を極めているからなのだという。よってダニエルの登場回数は、ルーベンのスケジュールに左右されているという訳なのだ。ちなみに、ルーベンは1994年に母国パナマで大統領に立候補したこともあり、残念ながら当選はしなかったが18パーセントの票を獲得して、投票率では上から3番目だったそうだ。

元大統領候補でグラミーも受賞し、俳優としても活躍するルーベンがカムバックする『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン5は、米AMCにて2019年より放送スタート。『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』作品見どころはこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン3
(C) Richard Foreman Jr/AMC

過去と現在が交差しながら描かれるクライムサスペンス『クワンティコ』。そのクリエイターで『コード・ブラック 生と死の間で』も手掛けるマイケル・サイツマンが、『デトロイト 1-8-7』のジェイソン・リッチマンと、ベストセラー作家ジョン・グリシャムの小説2冊をドラマ化を進めていることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】【まとめ】人気小説が原作の海外ドラマ5選

ドラマ化されるジョン・グリシャ著の2冊とは?


今回のプロジェクトは、アメリカ出身のグリシャムが1995年、そして2015年にそれぞれ出版した「The Rainmaker(邦題:原告側弁護人)」と「Rogue Lawyer(原題)」の2作が原作となる。これらは別々のドラマとして製作される予定だが、同じ世界観を共有しているということで、「The Grisham」ユニバース作品になるという。

グリシャムはアメリカが誇る法廷作家の一人で、その小説の多くがすでに映像化されている。トム・クルーズ主演映画『ザ・ファーム/法律事務所』(1993)、ジュリア・ロバーツ主演映画『ペリカン文書』(1993)、スーザン・サランドン主演映画『依頼人』(1994)、マシュー・マコノヒー主演映画『評決のとき』(1996)。そして今回ドラマ化される作品の一つ「The Rainmaker」も、1997年に『レインメーカー』のタイトルでマット・デイモン、クレア・デインズを主演に迎え映画化されている。

サイツマンとリッチマンはともにショーランナーを担い、サイツマンが主に「The Rainmaker」を、リッチマンが「Rogue Lawyer」の脚本も担当。どちらの作品も全8話構成の予定だという。また、この2作品では悪役を共有するといい、それぞれのキャスト全員ではないが、両作品ともに出演をする可能性が高いと伝えられている。

小説版は20年の出版時期のズレがあるが、ドラマ版はどちらも時代設定を現代になるという。両作品ともある殺人事件を描き、事実が浮かび上がるに連れて、股にかけたより大きな陰謀へを物語はつながっていく。現時点ではドラマの舞台は未定だが、小説ではミシシッピ州の架空の都市クラントンが登場することが多い。

片方の作品を全話見終わってから、もう片方を見るという見方もできるし、2作品同時に見る方法もある。両作品の第一話を見てから、二話目を見るという視聴も可能だという。

グリシャムはドラマ化を応援しているといい、自身もプロデューサーとして名を連ねることが決まった。同作の更なる情報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クワンティコ』
(c)ABC Studios.

『ウォーキング・デッド』シーズン9で主人公リック・グライムズが退場した後、演じるアンドリュー・リンカーンが主演する映画版の製作が発表された。その映画版に、"あのキャラクター"が登場するようである。米Cinema Blendが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス、アンドリュー・リンカーンの撮影最終日を語る

12月1日(土)&2日(日)に、カリフォルニア州サンノゼで開催されたFan Fest San Jose2018のパネルインタビューに、ジェイディス役のポリアンナ・マッキントッシュが登壇。「映画版に出演するのですか?」との質問に、彼女が次のように答えている。

「そうね。今ギンプルと話をしていて、あくまで仮定という前提で、リックがどこにいるのかが映画で明かされるから、ジェイディスも登場するでしょうね。遠まわしな言い方だけど、"そう願うわ"ってところね。今製作が進行中で、すごく楽しみだわ。まだジェイデス役を卒業する心の準備は出来ていないもの」とコメントし、チーフ・コンテンツ・オフィサーのスコット・M・ギンプルと具体的に話を進めている模様で、ジェイディスが登場する確率はかなり高そうだ。

そして、ジェイディスが無線機で連絡を取っていたコミュニティの正体や、ヘリコプターの謎も明かされるとのこと。「映画版では間違いなく、コミュニティがどこにあるのかという説明があるし、"私が彼らと一緒にいるのか?"と聞かれたら"イエス"と答えるわ」とも回答している。

ポリアンナのインタビューから察するところ、映画版ではリックの居場所やヘリコプターがどこから来たのかといった、謎のコミュニティに焦点が当てられるのではないかと思われる。

アンドリューがカムバックする映画版はシリーズになる模様で、トリロジー編成になるとも言われている。以前に米AMCのチャーリー・コーリアー社長が、「『ウォーキング・デッド』ユニバースを拡大していく」と述べていたが、その世界は確実に広がっていると言えそうだ。

本家シーズン9前半の放送が終了し、後半エピソードはFOXチャンネルにて2月11日(月)22:00より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

あなたは海外ドラマに何時間費やしてる?視聴したら記録を付けよう!『ウォーキング・デッド』シーズン9の作品データベースはこちら

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン9
(c) Jackson Lee Davis/AMC

米HBOが、ホラーの巨匠スティーヴン・キングの小説「The Outsider」をドラマ化することになり、『ブラッドライン』で長男ダニー・レイバーンを演じたベン・メンデルソーンの出演が決定し、『オザークへようこそ』などで知られるジェイソン・ベイトマンが監督を務めることがわかった。米Varietyが報じている

【関連記事】スティーヴン・キングのベストセラーを映像化! ある殺人犯のドラマ『ミスター・メルセデス』の危うい魅力

熟練刑事と型破りな捜査官が簡単に解決できそうな地元少年の惨殺事件を担当するが、自然界では説明がつかない何かが事件に関わっていることを受け入れざるを得なくなるという。

ベンが演じる役柄は明かされていないが、おそらく刑事か捜査官のどちらかを演じると思われ、彼はプロデュースも兼任する。ジェイソンは第1&2話で監督を務め、俳優として出演するのかどうかは不明だ。

本シリーズでペンを執るのは、サスペンス映画『チャイルド44 森に消えた子供たち』で脚本を手掛け、米HBOの犯罪サスペンスドラマ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』でクリエイターを務めたリチャード・プライス。彼はマーティ・ボーウェン(『ローズウッド ~マイアミ私立検視ラボ』)、マイケル・コスティガン(『ゴースト・イン・ザ・シェル』)、ジャック・ベンダー(『アンダー・ザ・ドーム』)と共同製作総指揮にも名を連ねている。

オーストラリア出身のベンは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のオーソン・クレニック長官役でも知られ、ドラマ界よりも映画界での活躍が目立つ。『ダークナイト ライジング』や『エクソダス:神と王』などの大作映画に多数出演している。

子役出身のジェイソンは1980年から1890年代にティーン&青春映画などに数多く出演し、人気コメディドラマ『ブル~ス一家は大暴走!』のマイケル役でもお馴染み。『オザークへようこそ』では製作総指揮も兼任し、未公開映画『バッドガイ 反抗期の中年男』と『ファング一家の奇想天外な秘密』では製作・監督も務めている。

ここ近年、キングの原作が続々と映像化されて人気を博しており、昨年は映画『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』が公開されて大ヒット。先月ミステリー・スリラードラマ『ミスター・メルセデス』がシーズン3へ更新されたばかりで、2019年2月にはWOWOWで『キャッスルロック』が放送開始される予定だ。

ドラマ版「The Outsider」の放送開始日や新キャストの情報が入り次第、続報をお届けしていきたい。『ミスター・メルセデス』の見どころはこちら。『キャッスルロック』の見どころはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ベン・メンデルソーン(C) Hubert Boesl/FAMOUS
ジェイソン・ベイトマン(C) NYKC/FAMOUS

第69回エミー賞で8冠に輝いた『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ ~』で、弁護士として働き続けながらも愛娘に過干渉なキャリアママのレナータを演じるローラ・ダーンと、アラサ―女性の様々な苦悩を描くコメディドラマ『インセキュア』でクリエイター&主演を務めるイッサ・レイが、米HBOのミニシリーズで共演することがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】人気海外ドラマで描かれる強い女性キャラクター8人

二人が共演する『The Dolls(原題)』は、1983年のクリスマスイブに、アーカンソー州の2つの小さな町で勃発した暴動の余波を描く作品。この暴動は80代に大ヒットしたキャベツ畑人形が原因で起こり、シリーズでは階級や人種、特権に関する問題、"良い母親"でいるためには何をすべきかというテーマを掘り下げていくという。

それぞれが演じる役柄は明かされていないが、イッサはローラ・キトレルとエイミー・アニオビ(『マイケル・J・フォックス・ショウ』)と共同で脚本も手掛けるとのこと。ローラはイッサとキトレル&アニオビ、ジェイミー・レモンズ(『ジェニーの記憶』)、デニーズ・デイヴィス(『インセキュア』)と製作総指揮も務めることになっている。

文芸色が強いインディ作品と大作のバランスが取れた出演作が目立つローラは、映画『ランブリング・ローズ』と『わたしに会うまでの1600キロ』でアカデミー賞主演&助演女優賞にノミネート。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではアミリン・ホルドー中将役を演じ、『ジュラシック・パーク』シリーズにも出演している。米HBOのTV映画『ジェニーの記憶』では本年度エミー賞主演女優賞にもノミネート。同局製作の『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2は、2019年に放送を控えている。

日本公開作が『インセキュア』のみとなるイッサは、プロデューサー&クリエイターとしても精力的に活動し、恋愛ドラマシリーズ『First(原題)』や音楽ドラマ『The Choir(原題)』などをプロデュース。シーズン4へ更新された『インセキュア』は、2019年よりHBOにて放送スタートを予定している。

『ビッグ・リトル・ライズ』見どころはこちら『インセキュア』見どころはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ローラ・ダーン (C) PF
イッサ・レイ (C) PF

(※本記事は『エージェント・オブ・シールド』シーズン5最終話までのネタばれを含みますでご注意ください)

大ヒット映画『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』。国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描き、すでにシーズン7(全13話構成)の更新が決まっている本シリーズ。一足先に来夏放送されるシーズン6(全13話構成)では、新たな展開を迎える。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』シーズン6の放送を前に、シーズン7へ更新!

シーズン5の終わり、フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)は自分の人生のためにタヒチへ向かった。そして、アルフォンソ・"マック"・マッケンジー(ヘンリー・シモンズ)は、デイジー・"スカイ"・ジョンソン/クェイク(クロエ・ベネット)からチームの指揮を託された。

しかし、シーズン2で初登場したマックは、当初メカニック担当としてチームに加わっており、その彼が指揮官になる準備が整っているのだろうか。米TV Lineがそんな疑問をヘンリーにぶつけた。「個人的に、S.H.I.E.L.D.の指揮官という挑戦は気に入っているよ。これまでマックはみんなと並んで仕事をしてきたが、指揮官という仕事は今の彼のためになるはずだ。(リーダーになっても)チームの一員であることに変わりはないから」と前向きな見解を述べた。

ところが、「でも...」と続けるヘンリー。「マックのリーダーとしての能力を妨げかねないのが、彼の考え方で、自分の大切な人たちに危ないことをさせたくないという気持ち」と、マックの弱点も指摘。「結果としてこの考えは、リーダーとしてのマックに最も厳しい決定をさせることになるかもしれない。どんな犠牲が出るだろうか?」と、今後のチームの展開に含みをもたせた。

新リーダー"マック"の活躍が気になる『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は、2019年夏に放送スタート。

『エージェント・オブ・シールド』を見て視聴記録をチェック!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』マック
(C) ABC Studios & Marvel

映画『マジック・マイク』シリーズや『21ジャンプストリート』などチャニング・テイタムが、企画&製作総指揮を務める異色作『刑事★コムラッド ~同志に別れを~(原題:Comrade Detective)』が、2019年1月14日(月・祝)よりAXNにて日本独占初放送となる。

【関連記事】AXNでは『バーン・ノーティス』ジェフリー・ドノヴァン主演『シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲』がスタート!

全米で2017年8月に米Amazonで配信がスタートした本作は、米GQ誌が"最もクレイジーな番組"と評したブラックユーモアあふれる話題作。舞台は、冷戦真っ只中の1980年代。ルーマニア政府は共産主義の理想と愛国心を国民に浸透させるために数々のプロパガンダ(政治的宣伝)ドラマを製作していた。そんな当時のドラマを題材に、チャニングがプロデュース。演じるのはルーマニアの気鋭俳優陣。その英語の吹替えをするのは、豪華ハリウッドスター。

ルーマニアの首都ブカレストでは、米大統領ロナルド・レーガンのマスクを被った謎めいた殺人者によって、相棒ニキータを目の前で殺された刑事グレガー・アンゲル。彼は、ニキータの旧友で新たにブカレスト警察に配属された刑事ジョセフ・バチュウと渋々ながらタッグを組み、捜査を始める。犯行現場に落ちていた英語で書かれたタグを手掛かりに、米大使館で聞き込み調査を進めていくが、彼らは西側諸国から自国を転覆させるような巨大な陰謀と対峙することなるのだった...。

刑事グレガー・アンゲルをフローリン・ピエルジク・Jrが演じ、声をチャニングが務める。刑事ジョセフ・バチュウは、コーネリウ・ウリチ(声:ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ザ・ウォーク』)。米大使館に勤めグレガーに惹かれるジェインをオリビア・ニタ(声:ジェニー・スレイト)が演じる。ほかにもダニエル・クレイグ(『007』シリーズ)や、キム・ベイシンガー(『L.A.コンフィデンシャル』)、デブラ・ウィンガー(『The Ranch ザ・ランチ』)、クロエ・セヴィニー(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)など、そうそうたるハリウッドスターが声で脇を固める。

■『刑事★コムラッド ~同志に別れを~』放送情報
AXNにて日本独占初放送
【字幕版】2019年1月14日(月・祝)よる10:00スタート
【二カ国語版】2019年1月15日(火)よる11:00スタート

(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事★コムラッド ~同志に別れを~』
(C) 2017 Ministry of a Frozen World, LLC.

韓国で大ヒットした医療ドラマ『グッド・ドクター』をアメリカに輸入し、ハリウッド版『グッド・ドクター 名医の条件』を米ABCでプロデュースしたダニエル・デイ・キム(『HAWAII FIVE-0』)が、再び韓国ドラマをアメリカに持ち込むプロジェクトに関わっていることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『グッド・ドクター』を韓国・日本・米国で比較

今回ダニエルが再びABCとタッグを組み製作するのは、『Exhibit A(原題)』と呼ばれる法廷ドラマ。2016年に製作された韓国ドラマ『町の弁護士チョ・ドゥルホ』が元になるという。

韓国ドラマ『町の弁護士チョ・ドゥルホ』とは?


同作は、韓国最大の法律事務所の代表の娘と結婚し、検事として華やかな道を歩んできたチョ・ドゥルホが、ある日何者かの隠謀により突如家族や職を失う。ホームレスとなって3年が経ち、ドゥルホは職を失うことになった事件の真相を明らかにするため、そして庶民のために親身に慣れる弁護士として立ち上がるという物語。

アメリカ版では、主人公の名前をアンドリュー・チョに変更。『殺人を無罪にする方法』や『パーセプション 天才教授の推理ノート』『マーベル ランナウェイズ』の脚本家ウォーレン・シュー・レナードがペンを取る。彼は、ハーバード大学のロースクール卒で企業やロサンゼルス・ロジャーズ球団の弁護士だった台湾系アメリカ人。

『Exhibit A』がシリーズ化されれば、アメリカではアクションドラマ以外で初のアジア系俳優が主演するドラマになるという。ABCではアジア系アメリカ人俳優らを主演に迎えた『フアン家のアメリカ開拓記』も放送している。

『HAWAII FIVE-0』を降板後、俳優業よりプロデュース業に力を入れているダニエルだが、アジア系作品や人物のハリウッドでの躍進に尽力しているようだ。『グッド・ドクター 名医の条件』は、2017年秋から放送がスタートし、各エピソード平均視聴数が1700万人を超えるヒットを記録。現在米国ではシーズン2が放送されているが、その人気が衰えてはない。

『Exhibit A』のさらなる情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・デイ・キム
(c)FAM008/FAMOUS

人気オタクコメディドラマ『ビッグバン★セオリー』のシェルドン役で知られるジム・パーソンズが、ペニー役を演じるケイリー・クオコのためにサプライズで誕生日パーティーを計画していたのに、大失敗してしまったようだ。米Comicbookが報じている。

【関連記事】『ビッグバン★セオリー』、ジム・パーソンズの愛あふれる感謝のメッセージはこちらから

ジムは、11月30日(金)に33歳になったケイリーのサプライズ誕生日パーティーのために、「お誕生日おめでとう、ケイリー」とチョコレートでメッセージが書かれたケーキの写真をInstagramに投稿。しかし、画像に「もうすぐ時間だ@kaleycuoco。内緒だよ~」と、ケイリーをタグ付けしてコメントしてしまったのだ。

その後にジムは「おっとっと...」と愛嬌あるキャプション付きで、問題の投稿を開いたスマホを手にし、真顔のケイリーの画像もアップ。内緒のはずのパーティーが、本人バレてしまったことを伝えていた。

『ビッグバン★セオリー』は、今年8月にシーズン12で終了することが発表され、ジムはハートマークをつけたキャスト7人の画像と共に、次のような感謝のコメントをInstagramに投稿。「この写真が、『ビッグバン』最後のシーズンの、24エピソードを撮影する初日に撮った写真だと認めるのはとても辛い(正直不可能に近いよ)。今シーズン、まだ残り23エピソードがあることが幸運に思える...だって、キャストのみんなと一緒に、少しずつこの事実を受け入れていけると思うから。いつも僕の胸の中にある感謝の気持ちは日に日に大きくなっていて、特に幕閉じを発表してからは、番組を実際に観て応援してくれたみんなに対する感謝の気持ちがもう何倍にも膨らんでいるよ。みんなのおかげで、僕たちは12年もの間この役を演じきることができた」と、長きにわたり出演したシリーズの終了が受け入れ難いと綴っていた。

最長寿シットコムとなった『ビッグバン★セオリー』シーズン12の最終話は2019年4月30日(火)に撮影される予定で、その日は奇しくもラージ役のクナル・ネイヤーと、レナードを演じるジョニー・ガレッキの誕生日。撮影日は、色んな意味で感慨深い日になりそうだ。

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー~ギークなボクらの恋愛法則』
© Warner Bros. Entertainment Inc.

ヒットメイカーのライアン・マーフィー(『Glee/グリー』『アメリカン・クライム・ストーリー』)製作総指揮による、緊急通報ダイヤル(911番)から始まる過酷なミッションや救命の最前線で活躍するヒーローの奮闘を描く全米大ヒットのレスキュー・アクションドラマ『9-1-1 LA救命最前線』。本作と東京消防庁がタイアップした「東京消防庁救急相談センター」の啓発ポスターが誕生した。

【関連記事】全米大ヒット!"見たあと必ず気分が良くなる"救急救命ドラマ『9-1-1』

12月3日から都内で掲出され始めたこのポスターは、普段はスポットライトが当たりにくい電話交換手に焦点を当てた本作に合わせて、「あなたの一報が、命を繋ぐ――」というキャッチコピーが。今回タイアップをしたのは「東京消防庁救急相談センター」を告知するキャンペーン。これは急な病気やケガで「病院に行った方がいいか?」「救急車を呼ぶべきか?」と迷った時に、緊急性の有無や受診の必要性をアドバイスする「東京消防庁救急相談センター(#7119)」を告知する内容だ。「そばにいる あなたが最初の救急隊」という文はまさに『9-1-1 LA救命最前線』で描かれているメッセージと合致している。

これから本格的に寒さが厳しくなってくるこの季節、もしもの事態が目の前で起きた時は、ぜひ「911」ではなくこの番号「#7119」を思い出してほしい。

『9-1-1 LA救命最前線』をすでに見た方はこちらの作品データベースで視聴記録を付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『9-1-1 LA救命最前線』タイアップポスター
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画『シックス・センス』や脱出ミステリードラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』で知られるM・ナイト・シャマランが手がける新作ドラマに、大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズのロン役でおなじみのルパート・グリントが出演することがわかった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】『ハリポタ』ルパート・グリント、俳優引退を考えていた!

タイトル未定の本作については、具体的なあらすじも明かされていないが、赤ちゃんの世話頼むために若い乳母のリーンを雇うドロシー&ショーン・ターナー夫妻の話が中心になるという。ドロシー役でローレン・アンブローズ(『シックス・フィート・アンダー』)の出演が発表されており、ルパートはドロシーの弟ジュリアン・ピアース役で登場するという。ネル・タイガー・フリー(『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』)の出演も決定している。

この企画はすでにシリーズ製作が発注されており、『24:レガシー』でペンを取ったトニー・バスギャロップが脚本&製作総指揮を務める。シャラマンは製作総指揮を担うほか、第1話で監督を務める。製作総指揮には、アシュウィン・ラジャン(『ウェイワード・パインズ 出口のない街』)、ジェイソン・ブルメンタル(『31年目の夫婦原価』)、トッド・ブラック(『フェンス』)、スティーヴ・ティッシュ(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)らも名を連ねる。

『ハリー・ポッター』シリーズの終了後、ルパートは、米Crackleの『スナッチ・ザ・シリーズ』や英Sky Oneの『Sick Note ~診断書で人生復活?!~』、英BBC Oneの『The ABC Murders(原題)』といったTVシリーズで活躍。『スナッチ・ザ・シリーズ』では製作総指揮も務めている。

『スナッチ・ザ・シリーズ』見どころはこちら
『Sick Note ~診断書で人生復活?!~』見どころはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:ルパート・グリント
(c)Darren Brade

DCコミックス原作の『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』などを放送している米CWから新たなヒーロードラマが製作されることが決定した。米Comicbook.comなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】米CW、『スパナチュ』『ARROW』『FLASH』など10シリーズの更新を決定!

CWが新たに製作するタイトルは『Super Clean(原題)』。ヒース・アモーディオ&カレン・バン著の同名グラフィック・ノベルがベースとなる。

本作は、スーパーヒーローの戦い後に残った残骸やがれきを片付ける"後処理"クルーが中心となる物語で、スーパーヒーローの話を人間側の視点で探求する。主人公は、特殊能力を持たないベッキー・マスターズ。有能かつしっかりしている女性で、彼女が率いる"凡人"チームが、スーパーヒーローとヴィランの戦いの後片付けの任務を担う。彼女がこの仕事をするのには理由があり、スーパーヒーローである彼女の恋人がある事件の無実であることを証明するためだった。

本作のパイロット版で脚本を務めるのは、Netflixオリジナルドラマ『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』で共同製作総指揮を務めるサッシャ・ロスチャイルド。彼は原作者のアモーディオと、ジョン・バルデッチ(『X-ミッション』)らとともに製作総指揮も務める。もう一人の原作者であるバンもプロデューサーとして参加する。

CWでは、新たなヒーロードラマ DCコミックスのバットウーマンを主人公にした『Batwoman(原題)』の放送が来年スタートすることも決まっている。『Super Clean』のキャスティングなど続報が入り次第お届けしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』
©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. FLASH™ and SUPERGIRL™ ARROW™ and DC'S LEGENDS OF TOMORROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

大人気コメディ・サスペンスドラマ『デスパレートな妻たち』に続く作品として話題となったコメディドラマ『GCB ~キラめく女の逆襲バトル~』(以下『GCB』)のリブート企画が、米CWで進行していることがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】米CWでは『チャームド~魔女3姉妹~』もリブート

キム・ガトリン著の半自伝的小説「Good Christian Bitches」をドラマ化した『GCB』は、夫が詐欺事件を起こした挙句に事故死してしまい、妻のアマンダは故郷ダラスに帰るハメに。そして、高校時代に自分がいじめた元同級生たちに逆襲の標的にされてしまう...というブラックコメディ。

リブート版をプロデュースするのは、オリジナル版でも製作を務めたアーロン・カプラン(『Divorce/ディボース』)と、『SEX AND THE CITY』や『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のクリエイターとして知られるダーレン・スター

オリジナル版の製作総指揮には、ロバート・ハーリング(『ファースト・ワイフ・クラブ』)や、サラ・キャプラン(『LOST』)、グレッチェン・J・バーグ&アーロン・ハーバーツ(『リベンジ』)、ヴィクター・ネッリ・Jr(『デビアスなメイドたち』)らが名を連ねていた。

またオリジナル版のキャストには、主人公アマンダをレスリー・ビブ(『女検死医ジョーダン』)が演じ、カーリーン役にクリスティン・チェノウェス(『Glee/グリー』)、ヘザー役にマリソル・ニコルズ(『リバーデイル』)、クリケット役でミリアム・ショア(『グッドワイフ』)らが出演し、人気ドラマでお馴じみの顔ぶれが揃っていた。

2012年に米ABCで放送スタートしたオリジナル版は、シーズン1で打ち切りとなっている。リブート版がシリーズ化され、新シーズンへ更新されることを期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:オリジナル版『GCB ~キラめく女の逆襲バトル~』で主演を務めたレスリー・ビブ
(c)FAM020/FAMOUS

米CBSが新作ドラマ2本の打ち切りを発表し、それに伴い『フレンズ』のジョーイ役で知られるマット・ルブラン主演のコメディドラマ『Man with a Plan(原題)』が、キャンセルを免れる可能性が強くなってきた。

【関連記事】『フレンズ』終了からあの6人はどうしてる?【男優編】

米Hollywood Reporterによると、CBSが打ち切りを決定したのは、1980~90年代にかけて放送された『TVキャスター マーフィー・ブラウン』のリブート版と、デイモン・ウェイアンズ・Jr(『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』)が主演するコメディ『Happy Together(原題)』

リブート版『マーフィー・ブラウン』は、オリジナルに主演していたキャンディス・バーゲンがカムバックしたものの、木曜日の21:30枠というプライムタイムとなるプレミア放送の視聴者数が620万人と振るわず、シーズン2への更新には至らなかった。『Happy Together』の平均視聴者数は470万人で、こちらも十分な結果を残せなかったようだ。

2016年に放送スタートした『Man with a Plan』は、育ち盛りの子ども3人と仕事に復帰して絶好調の妻に挟まれ、家で子育てに奮闘する父親をマットが演じ、面白おかしく過ぎていく日常が描かれるファミリーコメディ。本シリーズについては、CBSで5月末にシーズン2の放送が終了してから更新のニュースが届いていない。

リブート版『マーフィー・ブラウン』の放送枠だった木曜日の21:30には、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』に出演していたニーナ・ドブレフが主演する新作コメディ『Fam(原題)』が2019年より放送スタート予定。

果たして、マット主演の『Man With a Plan』がシーズン4へ更新となるのか、続報が入り次第お伝えしていきたい。

『フレンズ』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ルブラン
(c)NYPW/FAMOUS

『スター・トレック』シリーズや『FRINGE/フリンジ』『SCORPION/スコーピオン』のアレックス・カーツマンと、『HAWAII FIVE-0』『MACGYVER/マクガイバー』のピーター・M・レンコフらが製作総指揮を務める米CBSのSFドラマ『サルベーション -地球(せかい)の終焉-』。同作がシーズン2で終了することが明らかになった。米Varietyなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『サルべーション -地球の終焉-』で吹き替えを務める宮内敦士さん&浪川大輔さんインタビュー

本シリーズは、マサチューセッツ工科大学(通称:MIT)の院生リアムは、わずか186日後に小惑星が地球に衝突することを研究データから発見するところから始まる。21世紀最大の起業家にして科学者のダリウスに助けを求め、二人はペンタゴンのハリス国防副長官を訪ねる。そこで報道官のグレースと共に小惑星"サムソン"から地球を救う極秘計画を知り、最先端の技術を駆使し、人類の運命を懸けた極秘計画を進めていくというストーリー。

シーズン2では、ロシアからアメリカに向けて発射された核ミサイルの行方や、ハッカー集団"レジスト"の動向、火星に脱出させるための巨大ロケット"サルベーション"をめぐっての混乱など、人類は様々な危機に直面していく。

『サルベーション』シーズン2の視聴率は?


シーズン2は、夏のシリーズとして今年6月に本国アメリカで放送スタート。18歳から49歳までの視聴者の間では1話あたり270万人、0.3レーティングを獲得していたが、このデータはシーズン1のレーティングと比較すると36パーセントと低い結果で、全視聴者数では24パーセントのダウンとなっていた。

主人公リアム役には、映画『わたしを離さないで』の英国俳優チャーリー・ロウ。天才ダリウス役には『マスケティアーズ/パリの四銃士』や『HEROS/ヒーローズ』で注目された俳優サンティアゴ・カブレラが。ハリス国防副長官役には大ヒットシリーズ『HAWAII FIVE-0』のアダム役で知られるイアン・アンソニー・デイル。

そのほかに、国防総省の報道官グレース役にジェニファー・フィニガン(『タイラント -独裁国家-』)、駆け出しのSF作家ジリアン役をジャクリーン・バイヤーズ(『タイムレス』)。アシュリー・トーマス(『24:レガシー』)、メリア・クライリング(『カンパニー・オブ・ヒーローズ バルジの戦い 』)らが出演している。

残念なニュースではあるが、本作は2018年SF・ファンタジー・ホラー作品のアカデミー賞とも呼ばれるサターン賞で、テレビ部門最優秀SFシリーズにノミネートされた良作。物理学者も顧問に迎え、実際に研究が進んでいるテクノロジーや宇宙開発の現実が詳細に盛り込まれている。全13話の『サルベーション2-地球の終焉-』はWOWOWプライムにて放送中。

『サルベーション2-地球の終焉-』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:『サルベーション -地球(せかい)の終焉-』
© 2018 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

大ヒットドラマ『フレンズ』のレイチェル役で知られるジェニファー・アニストン。今年2月に俳優ジャスティン・セロー(『LEFTOVERS/残された世界』)との離婚を発表したジェニファーだが、離婚後の現在も元気に暮らしていると報道された。米US Weeklyが報じている。

【関連記事】フィービーはゴス系女子になるはずだった?!『フレンズ』のトリビア19個

ある関係筋によるとジェニファーは、自分の好きなように暮らし人生を楽しんでおり、今後がどうなるかはわからないがなるようになると信じているという。

3年間の婚約期間を経て2015年に結婚した二人だったが、ジェニファーは49歳、ジャスティンは47歳で離婚。ジェニファーは、「まず最初に失礼のないように言っておきたいのだけど、私は全然落ち込んでいないわ。それから、(メディアに書かれていた妊娠報道などのことは)ただの推測でしかない。誰も私たち二人のことは知らないし、私やジャスティンにとって色々と報じられることがどれほど傷つくことなのか誰も理解していないの。精神的にも、身体的にも私がどういう状態でいたかなんて誰も知らないのだから」と述べている。

またジャスティンとの別れで、セラピーがとても助けになったとも告白し、「今ほど充実している時はないわ。子どもの頃から俳優になりたくて、その夢が叶って今も毎日その夢を叶えていられる、そんなことってないものね」と人生を謳歌していることを語った。

俳優として活躍し続けているジェニファーは、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』のリーズ・ウィザースプーンと、米NBCの『The Office』のスティーヴ・カレルと共演する米Apple製作の新シリーズに出演。『フレンズ』以来のTVドラマレギュラー復帰を果たす。また、Netflixの新作コメディ映画『First Ladies(原題)』で同性婚をしている米国大統領に扮することも決定している。

元気に俳優業に打ち込んでいるジェニファーの新たな情報が入り次第、お伝えしていきたい。

『フレンズ』作品データベースはこちら

(海外ドラマNAVI)

Photo:2017年当時のジェニファー・アニストン&ジャスティン・セロー
(c) NYPW/FAMOUS

大人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテイメントが送るクリスマス長編アニメ映画『グリンチ』。本作で主人公グリンチの声を担当しているのが人気俳優のベネディクト・カンバーバッチ(『SHERLOCK/シャーロック』)だが、実は彼自身もグリンチのように人のクリスマスプレゼントを壊してしまったことがあるという。英Mail Onlineが伝えた。

【関連記事】1位はベネディクト・カンバーバッチ主演の...英誌が選ぶ!2018年上半期ドラマランキングトップ10

「僕は他の人のクリスマスを台無しにしたことがあるんだ」と、ベネディクトは英The Sunday Telegraphに告白。子どもの頃のあるクリスマスを回顧した。

慣例通りの家族の平和なクリスマスの朝、早起きしてしまったため"退屈"だと感じた彼は、祖母の家であるいたずらをすることを思いついたそう。それは、しっくいの天井に向かってパーティークラッカーを破裂させるというもの。しかし、これが思わぬ事態を招いてしまった。

「クラッカーの騒音でみんなが起きただけじゃなく、僕と一緒に全てのクリスマスプレゼントが石膏で覆われてしまったんだよ」と子どもの時の思わぬ失態を明かした。

『グリンチ』は、1957年に出版されたDr.スースの児童向け絵本「いじわるグリンチのクリスマス」が原作。1966年にテレビ化、2000年に長編映画化されており、アメリカでは国民的に愛されている。物語は、一人ぼっちでひねくれ者のグリンチが幸せな雰囲気に包まれるクリスマスに我慢できず、村からクリスマスを盗むというとんでもない作戦を実行しようとする。

ベネディクトは、2000年にジム・キャリーが実写化したクリスマスのアイコンを演じることに、「チャレンジだった」とプレッシャーも感じていたことをCNNに明かしている。しかし、約60年前に世に出た物語ではあるものの、現代でも多くの人々が社会から「切り離されている」と感じているだろうと、今だからこそ共感できる話だと語っている。

グリンチがひねくれ者になるまでの背景が描かれている『グリンチ』は、12月14日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
© NYKC

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。