2018年1月アーカイブ

"ディズニー・キャラクターに子孫がいて10代だったら?"という設定で描かれるディズニー・チャンネルのTV映画『ディセンダント』。本作で、「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントの一人娘マル・バーサを演じたダヴ・キャメロンが、人気ドラマ『エージェント・オブ・シールド』シーズン5に出演することは、昨年に当サイトでもお伝えした通り。そんななか、ついに彼女が演じる役が明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ディセンダント2』ダヴ・キャメロン&ソフィア・カーソン直撃インタビュー 

大ヒット映画『アベンジャーズ』後の世界を描くシリーズでダヴが演じるのは、聡明な女性ルビー役。デイジー・ジョンソン(クロエ・ベネット)に不思議なほど執着する彼女は、冷徹なヘイル将軍(キャサリン・デント)の娘という設定だ。

『ディセンダント』で大ブレイクして人気沸騰中のダヴは、これまでにディズニー・チャンネルのドラマ『うわさのツインズ リブとマディ』に主演して子役として活躍。『シェイムレス 俺たちに恥はない』や『メンタリスト』などの人気ドラマシリーズにもゲスト出演している。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5は、米ABCにて毎週金曜日21:00より放送中。ダヴは第11話から15話にかけて出演し、第11話は3月2日(金)に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダヴ・キャメロン
© NYPW/FAMOUS

大人気ミュージカルコメディ『Glee/グリー』のパック役で知られるマーク・サリングがこの世を去ったことが分かった。米Hollywood Reporterなどが一斉に報じている。

【関連記事】2017年に惜しまれつつ亡くなった海外スターたち

米TMZによれば、1月30日(火)の午前、マークはカリフォルニア州サンランドの自宅周辺にある川のほとりで、木に首を吊って自殺したという。彼が行方不明になったと家族から通報を受けて付近を捜索していたロサンゼルス警察当局が遺体を発見した。マークは35歳だった。

2015年にノートパソコンやハードドライブ、USBフラッシュドライブから児童ポルノの画像や動画が発見され、児童ポルノ所有で逮捕されていたマーク。昨年10月に容疑を認め司法取引をしたことにより、当初は5年から20年と言われていた服役期間が、4年から最長で7年になる予定となっていた。今回の自殺は、その懲役刑が3月7日に言い渡される矢先に起きた形だ。

マークは2013年には、元恋人でモデル兼DJのロクサンヌ・ゴルゼラから、彼に性的暴行を受けたとして訴えを起こされていた。この件は2015年3月に、マークがロクサンヌに270万ドル(約3億円)の賠償金を支払うことで示談が成立していた。

マークの弁護人であるマイケル・プロクターは、「マークは穏やかで愛情深い人で、自分の過ちを償うために最善を尽くしていました」とコメントしている。

『Glee/グリー』の重要なキャストの一人として6シーズンも活躍したマーク。冥福を祈りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーク・サリング
(C)NYPW/FAMOUS

人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で、主人公ハウスの上司リサ・カディを演じたリサ・エデルスタインが、Netflixの新作コメディシリーズ『The Kominsky Method(原題)』に出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】『Dr.HOUSE』リサ・エデルスタイン、『SATC』のあの役に落ちていた!

本作はM.E.トーマス著の「ソシオパスの告白」を基にしたドラメディで、主演はマイケル・ダグラス(『アントマン』)。数年前にハリウッドで成功し、現在は演技コーチをするサンディ・コミンスキーという役を演じる。また、彼の友人ノーマン役でアラン・アーキン(『ジーサンズ はじめての強盗』)も出演する。

リサは臨床的にソシオパス(社会病質者)と診断された、ノーマンの娘フィービーを演じる。彼女は自分自身について新しい理解を持ち、どのように生きていくかを考えていくことになるようだ。彼女は頑固で衝動的で、しばしば自虐的な決断を下し、愛する人を遠ざけてしまう。彼女の薬物中毒は彼女自身だけでなく、彼女の両親にとっての戦いでもあるようだ。

『Dr.HOUSE』で7シーズンにわたり主要キャラクターのリサ・カディを演じたリサは、その後『グッド・ワイフ』や『スキャンダル 託された秘密』、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』など、大人気シリーズに次々とゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』
(C) 2005 NBC, Inc. All rights reserved.

昨年、アメリカで幕を閉じた大人気ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)。アリソン役のサーシャ・ピーターズとモナ役のジャネル・パリッシュが主演を務める本作のスピンオフ『The Perfectionists(原題)』に『ディセンダント』のソフィア・カーソンが出演することが明らかになった。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】『ディセンダント2』ダヴ・キャメロン&ソフィア・カーソン直撃インタビュー

ビーコン・ハイツという名の町が舞台の『PLL』スピンオフ。そこの住人は、なんでも完璧主義で、大学もトップレベル。そんな完璧が求められる住人たちのストレスが、最初の殺人事件を引き起こす。町は秘密で溢れ、住人は嘘やアリバイをやむを得ず語ることになっていくが...というストーリー。

この度出演が決まったソフィアは、最新の流行を発信するブロガー/プログラマーで、ファッション・アイコンでもある美しい女性エヴァを演じる。30日(火)に『PLL』の公式Twitterは、キングとソフィアが映っている動画を投稿。キングが「新たに加わるプリティ・リトル・ライアーのソフィアよ」と紹介し、役柄を説明しようとしたところで「シー! ダメよ! 秘密なの」とソフィアが止めに入り、口に指を当てる『PLL』のあの"お決まりポーズ"をやってみせた。

シンガー&女優として活躍するソフィアだが、TV界での活躍の場はますます増えているようで、キングが手掛け、シーズン2への更新が決定したばかりの米Freeformの『Famous in Love(原題)』にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ソフィア・カーソン
©JESUS APARICIO/FAMOUS

『SHERLOCK/シャーロック』や『ドクター・ストレンジ』での活躍で知られる人気俳優のベネディクト・カンバーバッチが、2月27日(土)にモナコで開催されたローレウス世界スポーツ賞で司会を務めた。南アフリカのスポーツ情報サイトSport 24が報じている。

【関連記事】2018年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.7>ベネディクト・カンバーバッチ主演のリミテッド・シリーズ『Patrick Melrose』

ローレウス世界スポーツ賞は各年にスポーツの各分野で活躍した選手及び団体を称える賞であり、その規模の大きさから"スポーツ界のアカデミー賞"との二つ名で呼ばれることもある。ベネディクトが同賞で司会を務めるのは2014年のクアラルンプール、2015年の上海に続いて3度目となる。

ベネディクトは「私は俳優として、伝説的な探偵からエニグマ暗号を解読する天才まで、様々なキャラクターを演じることが求められます。しかし、この中のどのキャラクターも、今年のローレウス世界スポーツ賞で誰が選ばれるかを知るのに役立ちません」とジョークを交えてコメント。

続けて「ノミネートされた全員が素晴らしい選手で、あの有名なモナコグランプリ(F1世界選手権のレース)の本拠地であるモナコの素晴らしいロケーションとともに、とても特別な夜になることは間違いないでしょう。ぜひ参加してください!」と呼びかけた。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
(C)JHMH/FAMOUS

世界中で大ヒットを放っている大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本作でラムジー・スノウを演じたイヴァン・リオンが、メタルバンドの自伝映画に出演することが分かった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ラムジー役の元ネタはあのヴィランや人気歌手!

彼が出演する映画『The Dirt(原題)』は、1980年代に全盛を極めたヘヴィメタルバンド、モトリー・クルーの歴史を描く作品。イヴァンはギタリストのミック・マーズを演じ、ベーシストのニッキー・シックスにダグラス・ブース(『ジュピター』)、ドラマーのトミー・リーにラッパーで俳優のマシン・ガン・ケリー(本名コルソン・ベイカー)が決定しており、ボーカルのヴィンス・ニールについては、ダニエル・ウェバー(『Marvel パニッシャー』)に出演交渉中だという。

本作は、バンドメンバーと作家ニール・ストラウスによる同名自叙伝の映画化となり、著書ではバンドがスターダムを駆け上がった過程やメンバーのドラッグ問題、個人が抱えていたトラブルなどが赤裸々に綴られている。

監督候補として、『ジャッカス』のTVシリーズ&映画版を手掛けたジェフ・トレメインの名が浮上しているとのこと。バンドメンバーは、ジュリー・ヨーン(『赤ずきん』)とエリック・オルセン(『ザ・ウォーカー』)、アレン・コヴァック(『Jet: Live in the USA 2009(原題)』)と共にプロデューサーとして名を連ねている。

『GOT』を降板後、イヴァンはマーベルコミックスのドラマシリーズ『マーベル インヒューマンズ』にマクシマス役で出演。2月2日(金)から8日(木)までの1週間、IMAXカメラで撮影された第一章がIMAXにて先行上映。その後、ドラマシリーズの全エピソードが、3月3日(土)よりDlifeで放送、1週間後の3月10日(土)よりHuluにて配信スタートとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:イヴァン・リオン
©JHMH/FAMOUS

米CWの人気スーパーヒーロードラマ『THE FLASH/フラッシュ』でウォリー・ウェストを演じるキーナン・ロンズデールが、アローバース仲間の『レジェンド・オブ・トゥモロー』にレギュラーとして加わることが分かった。米Entertainment Weeklyが報じた。

【関連記事】『レジェンド・オブ・トゥモロー』マット・レッシャー、『ナルコス』シーズン4へ出演

(以下は、『レジェンド・オブ・トゥモロー』に関するネタばれを含みますのでご注意ください)

『レジェンド・オブ・トゥモロー』では、シーズン3の第8話でマーティン・シュタイン博士(ヴィクター・ガーバー)が死に、彼と合体することで炎を操るヒーロー、ファイヤーストームとなっていたジェファーソン・ジャクソン(フランツ・ドラメー)もチームを去ることを決意。今シーズンで主要なキャスト二人が降板してしまった。

キーナンはそんな同作のシーズン3初回にゲスト出演しチームを助ける活躍を見せていたが、今後は正式なメンバーとして加わる。製作総指揮のフィル・クレマーは、「僕らはシーズンプレミアでキーナンと仕事できたことが本当に楽しかった。ウォリーというキャラクターは『レジェンド・オブ・トゥモロー』に完璧にハマるだろうと分かっていたよ」とコメント。

続けて、「結局、僕らのショーは自分が誰なのか、どこにいるべきなのかを探しているヒーローたちの集まりで、時間旅行をして変わった冒険をしながらその答えを見るけるんだ。だから、これからのウォリーは前から知るアローバースの仲間の元に戻ってきただけでなく、元は敵だったヒート・ウェーブことミック・ローリー(ドミニク・パーセル)とも一緒に戦うことになるんだ。ウォリーは今シーズンの終わりまでに、チーム・レジェンドがヒーローとして異なる定義を持っていることを学ぶことになるだろう」と、ウォリーの今後を明かした。

また、キーナンが新たに加わる同作シーズン3の後半では、今でも国民に愛されているバラク・オバマ前大統領のティーン時代にタイムスリップし、オクシデンタル大学時代の彼の姿が描かれるという。現在はヤング・オバマ役のキャスティングが行われている真っ最中だ。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、米CWにて2月12日(月)からシーズン3の後半戦に突入。(海外ドラマNAVI)

(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

米Huluがマーベルとタッグを組んだ10代の若者たちを中心に描く新作『Marvel's Runaways(原題)』。同作で、フランク・ディーンを演じているキップ・パルデュー(『タイタンズを忘れない』)が、米ABCの大人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』に出演することが明らかになった。米Entertainment Weeklyらが報じている。

【関連記事】2018年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.5>米Huluがマーベルとタッグを組んだ新作『Marvel's Runaways』

キップが出演するのは、同作の150話記念エピソード。キップはチャドという名前の、レベッカ・メイダー演じるゼリーナと関係の深い謎の女性ケリーのフィアンセを演じる。チャドは、聡明で、ロマンティックかつ、堂々とした振る舞いをする男性であり、苦境に立たされることがあっても、冷静さを保ち、忍耐強く熱心でいられるキャラクターになるという。このエピソードは、レジーナ役のラナ・パリーヤが監督を務め、4月の放送が予定されている。

同作ではシーズン6で、主人公エマを演じるジェニファー・モリソン、ジニファー・グッドウィン(白雪姫役)とジョシュ・ダラス(チャーミング王子役)、エミリー・デ・レイヴィン(ベル役)とジャレッド・S・ギルモア(ヘンリー役)、レベッカ(ゼリーナ役)の6人が降板

代わりに、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』でフィオナを演じたガブリエル・アンウォー、『デビアスなメイドたち』でロージーに扮したダニア・ラミレス、『REIGN/クイーン・メアリー』に主演したアデレイド・ケイン、ローズ・レイノルズ(『風の勇士 ポルダーク』)、そして『新ビバリーヒルズ青春白書』のメキア・コックスがキャスティングされている。

現在放送中のシーズン7では、成長したヘンリーと彼の娘ルーシーを中心にストーリーが綴られる。『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン7後半は、米ABCにて3月2日(金)より放送予定。

Photo:キップ・パルデュー
(C)Hubert Boesl/FAMOUS

第66回エミー賞で監督賞を含む5部門を獲得した米HBOの『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』。本作のシーズン3に、スクート・マクネイリー(『ゴッドレス -神の消えた町-』)が重要な役どころで出演することがわかった。米Screen Rantが報じた。

【関連記事】『TRUE DETECTIVE』シーズン3について分かっていること

新シーズンでストーリーの軸となるのは、米中央部に広がるオザーク高原で起きた、身も凍るような犯罪事件。3つの異なる時代が同時に進行する形で、年を追うごとに深まる事件の謎が描かれていくようだ。『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリが州警察の刑事ウェイン・ヘイズ役で主演を務め、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のセラフィーナ役で知られるカーメン・イジョゴがもう一人の主人公となるアーカンソーの教師アメリア・リアドンを演じる。

本作でスクートが演じるのはシーズン3のメインとなる事件によって、何かを失い苦しんでいるトムという名前の父親役だという。彼が一体何に苦しんでいるのかは明かされていないが、マハーシャラ演じるヘイズ刑事と、スティーヴン・ドーフ(『ブレイド』)演じるアーカンソーの捜査員ローランド・ウェストとは大きく関わることになるようだ。

スクートは近年では、ジェイミー・フォックス主演の『スリープレス・ナイト』、飛行機同士の衝突事故を描いたサスペンス『アフターマス』、ブラッド・ピット主演・プロデュースの戦争アクション・エンターテイメント映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』と映画や、Netflix初のオリジナル西部劇シリーズ『ゴッドレス』や、『FARGO/ファーゴ』シーズン3、そして日本では未放送だが2014年から続いている『American Period Drama(原題)』といったシリーズにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:スクート・マクネイリー
© NYPW/FAMOUS

残る1シーズン、第八章で幕を閉じることが決定している大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』。本作でティリオン・ラニスターを演じるピーター・ディンクレイジが、「シリーズを終える最高の時期だ」と語っている。米Varietyが報じた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』日米同時放送記念! 第一章から第五章までの主要キャラ振返り大特集-第一章編

ピーターの発言は、1月18日(木)から1月28日(日)にかけて開催されているサンダンス映画祭に姿を見せた時に飛び出したもの。「その時期なんだ。キャストの生活のためだけでなく、ストーリー的にも終わらせる潮時だと思う。時にドラマシリーズは長く続けすぎて人気が下降してしまうことがあるしね」とコメント。

とはいえ、ファンの間で特に人気が高いティリオンを演じられなくなると思うとほろ苦い気持ちになるようで、「この業界で辛いのは、素晴らしい人たちと仕事をできる時間が限られ、別れを告げなければならないところだ。特に、数ヵ月以上一緒に過ごした人に会えなくなるのは悲しいね」とも述べている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の終幕に関しては、すでにほかのキャストも発言している。ジョン・スノウ役のキット・ハリントンは「ファイナルシーズンは壮大なスケールになる」と言い、サンサ・スターク役のソフィー・ターナーは、最終章の読み合わせの際にスタンディング・オベーションが起きたことを明かしていた。

第八章の放送開始は2019年となることが放送局の米HBOより発表されている。しかし、2019年のいつ頃になるかは不明だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

化学教師のウォルター・ホワイトが高純度のドラッグ"ブルーメス"を精製し、裏世界でのし上がっていく姿を描いた衝撃作『ブレイキング・バッド』。今月20日(土)に放送開始から10周年を迎えた大ヒットシリーズでクリエイターを務めたヴィンス・ギリガンが、製作当時に自分が出したアイデアに他の脚本家が猛反対したエピソードを語っている。米Varietyが報じた。

(本記事は、『ブレイキング・バッド』シーズン2のネタばれを含みますのでご注意ください)

【関連記事】2018年に終了する海外ドラマ12選(まとめ)

シーズン2第12話で、ウォルターの相棒ジェシーの恋人ジェーンが薬物過剰摂取で喉に嘔吐物を詰まらせ、その場にウォルターが居合わせるシーンがあった。劇中では、ジェーンからブルーメス精製のことで脅迫されていたウォルターは彼女を助けず、そのまま嘔吐物で彼女が窒息するところを黙視していた...というシナリオになっていた。

ところが、その展開について、ギリガンは違う案を考えていたのだとか。「ウォルターがジェーンの腕にヘロインを打ち込んで、自ら彼女を殺してしまうのはどうか」と彼が言うと、過激なアイデアに他の脚本家たちが猛反対。その意見に怖気ついたような表情を浮かべていたそう。

結局、劇中に描かれた通りの筋書きでスタッフの意見がまとまったようだが、このように製作スタッフがアイデアを出し合い、意見をぶつけ合いながら傑作シリーズが誕生した様子が伺えるエピソードではないだろうか。

ギリガンは、スピンオフ版『ベター・コール・ソウル』でもクリエイターを務め、米AMCにてシーズン4が今年中に放送される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』
(c)2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

七王国が鉄の玉座を巡り熾烈な戦いを繰り広げる『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)でサンサ・スターク役を演じ、昨年婚約を発表したソフィー・ターナー。劇中で妹アリア役を演じるメイジー・ウィリアムズが、彼女の結婚式でブライズメイドになることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】あの人も⁈『ハリー・ポッター』に出ていた『ゲーム・オブ・スローンズ』キャスト10人

昨年10月、ソフィーは元ジョナス・ブラザーズのメンバーで歌手のジョー・ジョナスと婚約したことを発表。彼女の結婚式でブライズメイドを務めることをインタビューで語ったメイジーは、「結婚式が楽しみでワクワクしている」とのこと。

ソフィー演じるサンサは、シリーズでラニスター家のティリオン(ピーター・ディンクレイジ)と、ルース・ボルトンの落とし子ラムジー(イヴァン・リオン)と結婚するが、妹であるアリアはどちらの式にも参列していない。劇中で顔を出せなかった"姉"の結婚式に、ついに実生活で"妹"が出席できることになる。

プライベートでも大の仲良しだという二人は、揃ってマーベルコミックスの映画化作品にも出演。メイジーは、映画『X-MEN』シリーズのスピンオフとなる『The New Mutants(原題)』で、変身能力を持つウルフスベーン役を演じることが決定。対するソフィーは、『X-MEN:アポカリプス』で演じたフェニックスことジーン・グレイ役で、『X-Men: Dark Phoenix(原題)』に続投する。

ソフィーとサンサが姉妹を演じる『GOT』第八章は、米HBOにて2019年に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:メイジー・ウィリアムズとソフィー・ターナー
©FAMEFLYNET PICTURES/amanaimages

郊外の小学校に子どもを通わせる母親たちの裏の顔を描き、第69回エミー賞で8冠に輝くなど、高い評価を得ている米HBOの『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』。そのシーズン2に、3度のアカデミー賞受賞歴のある大女優メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』『マダム・フローレンス!夢見るふたり』)が出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2についてわかっていること

シーズン2でメリルが演じることが決定したのは、ペリー・ライト(アレキサンダー・スカルスガルド)の母親メアリー・ルイーズ・ライト。孫たちを心配し、モントレーにやってくるという設定だ。

クリエイターのデイビッド・E・ケリー(『弁護士ビリー・マクブライド』)は以前、「トム・ハンクスと、メリルに出てほしい」と語っていたが、どうやらそれが叶ったようだ。ちなみに、メリルの本名は、同作での役名と同じ、メアリー・ルイーズでもある。

原作は、オーストラリアの作家リアン・モリアーティによるベストセラー小説で、様々な事情を抱える母親たちを中心に、保護者会の夜に起きた殺人事件を描くミステリー。ニコール・キッドマン(セレステ役)とリース・ウィザースプーン(マデリン役)、シェイリーン・ウッドリー(ジェーン役)とローラ・ダーン(レナータ役)といった実力派女優が共演していることでも話題を呼んだ。

シーズン2は、第1シーズンと同様に全7話構成で、原作の一部を元に、ケリーが脚本をすでに執筆済みだという。あらすじの詳細は不明だが、シーズン2では「嘘の悪性、友情の耐久性、結婚の脆弱性、そして堅実な育児の残忍性」について描かれ、「人間関係はぶつかり、忠誠心も崩れ、精神的にも身体的にもダメージを受ける」ことになるようだ。

メリルのような大物女優の参加も決まり、次シーズンも気になる同作。更なる情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:メリル・ストリープ
(C)NYNR/FAMOUS

『ディセンダント』『ハイスクール・ミュージカル』などの人気作を生み出してきたディズニー・チャンネルが贈る新ドラマ『アンディ・マック』の主演ペイトン・エリザベス・リーが、ディズニーの子ども向けアニメ『ライオン・ガード』で声優を務めることがわかった。米Varietyが報じた。

【関連記事】意外と知られていない!? ディズニーアニメの声の主は海外ドラマでおなじみの俳優たち!

『ライオン・ガード』は『ライオン・キング』のシンバとナラの息子カイオンが、王国の伝説のガーディアン「ライオン・ガード」のリーダーとして奮闘し、仲間とともに成長していく姿を描いたアニメ。

ペイトンが演じるのはラニという名前の新しいライオンのキャラクターで、シーズン3の第7話から9話に登場するという。『アンディ・マック』でサイラス役を演じているジョシュア・ラッシュも、バンガというキャラクターの声優で同番組にレギュラー出演している。

現在ペイトンは、ディズニー・チャンネルで放送されているティーンドラマ『アンディ・マック』で主人公アンディを好演中。このドラマはワケあり家族や親友たちに囲まれたアンディが、ティーンならではの恋や友情、家族の悩みを経験し、自分らしい生き方を模索し成長していく様子を描いている。

『ライオン・ガード』はディズニー・チャンネルにて毎週日曜日の7:30から放送中。ペイトンが出演する『アンディ・マック』も同チャンネルにて毎週月曜日21:00に放送されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アンディ・マック』(左がペイトン・エリザベス・リー)
©Disney

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの小説「わたしたちが孤児だったころ」が、『ピーキー・ブラインダーズ』のスタッフによりTVシリーズ化されることが分かった。米Varietyが報じている。

【関連記事】日本人セレブリティシェフが活躍する、セレブ御用達の高級レストラン

本作の主人公は、20世紀前半に上海で相次いで両親が謎の失踪を遂げ、10歳で孤児となったクリストファー・バンクス。ロンドンに帰国し寄宿学校に入った彼は、両親の行方を突き止めるために探偵を志す。やがて、いくつもの難事件を解決して社会的に名声を得たクリストファーは、戦火にまみれる上海へ舞い戻るが...。

『ピーキー・ブラインダーズ』で共同製作総指揮を手掛けるカリン・マンダバックとジェイミー・グレイズブルクがドラマ版を手掛け、イシグロは共同製作総指揮に名を連ねることとなる。

イシグロは、「多くのことが可能となるTVシリーズは、物語を伝えるエキサイティングな方法になりました。『ピーキー・ブラインダーズ』の製作チームが上海とロンドンを舞台にした私の探偵小説を映像化してくれることを嬉しく思っています」とコメント。

彼の小説では「日の名残り」と「わたしを離さないで」が映画化されており、イシグロは後者で製作総指揮を手掛け、映画『上海の伯爵夫人』ではオリジナル脚本も担当している。(海外ドラマNAVI)

Photo:カズオ・イシグロ
(C)JMVM/FAMOUS

大人気犯罪アクションドラマ『HAWAII FIVE-0』のサン・ミン役で知られるウィル・ユン・リーが、新たな医療ドラマ『The Good Doctor(原題)』に出演することが明らかとなった。米TV Guideが報じている。

【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キムがプロデュース、韓国ドラマのリメイク『The Good Doctor』は、今までの医療ドラマとは違う!

本作は、2013年に韓国で大ヒットを記録した『グッド・ドクター』のアメリカ版リメイク。主人公は、サヴァン症候群と自閉症を抱えながらも、外科で有名な聖サン=ホゼ・ボナヴェンチャー病院に配属された若手外科医ショーン・マーフィー。"自閉症を患う医師の採用"という前代未聞の決断に反発する病院上層部の声にも屈することなく、患者の命を救おうと全力を尽くすショーンが、メディカルチームの心を徐々に動かしていく様子が描かれる感動作だ。

ウィルが演じるのは、シーズン1後半に複数話にわたって登場する元警官のアレックス・パク。警官から医師へ大きなキャリアの転換を果たした彼は、警察で培った人を読む能力を医師の仕事に活かしているという役柄だ。

本作は、『HAWAII FIVE-0』で7シーズンにわたってチン・ホー・ケリー役でレギュラー出演していたダニエル・デイ・キムがプロデューサーを務めており、ダニエルとウィルは違う形で再びタッグを組むことになる。

ウィルは『HAWAII FIVE-0』のほか、SFミステリードラマ『フォーリング・ウォーター』や映画『カリフォルニア・ダウン』『ウルヴァリン:SAMURAI』などに出演。2月2日からNetflixで配信されるSF大作ドラマ『オルタード・カーボン』にも姿を見せている。

ウィルも出演する『グッド・ドクター』シーズン1は、米ABCにて放送中。日本ではWOWOWプライムにて4月より放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィル・ユン・リー
(C)FAM020/FAMOUS

温厚な化学教師が、余命わずかと宣告されたことから、家族に遺産を残すためにドラッグ精製に手を染め、裏世界でのし上がっていく姿を描いた大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』。2008年1月20日より全米で放送された本作のスタート10周年を祝い、キャストがメッセージを寄せている。英Radio Timesが報じた。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』ヴィンス・ギリガンが語る。「最後の台本を書きながら泣いたというのは本当」

主人公ウォルター・ホワイトを演じたブライアン・クランストンは、「ようビッチ!  君の台詞を盗んでしまったよ、アーロン。だが、"Say my name:俺の名前を言ってみろ"だ! 卓越したキャスト&スタッフと一緒に過ごした6年間を思っていたところだ。みんなが恋しい。殺さなければならなかったハイゼンバーグさえもね。ヴィンス、君は天才で素晴らしい人間だ。一生の思い出をありがとう!」と、内輪ネタ満載のツイートを投稿。

「ようビッチ!」とは、アーロン・ポールが演じたウォルターの相棒ジェシーの口癖で、「Say My Name」とはシーズン5第7話のタイトルで、このエピソードの中でウォルターが何度も口にした台詞。そして、ハイゼンバーグはウォルターの裏社会での通称で、ヴィンスは同シリーズのクリエイターであるヴィンス・ギリガンのこと。

ジェシー役のアーロンは、「10年前の今日、ミスター・ホワイトとジェシー・ピンクマンがクリスタルメスを"クック"し始めた。ヴィンス、クレイジーなコンセプトを思いついてくれてありがとう。俺たちの道のりを簡単な動画で分かち合いたい。10周年おめでとう」と、シリーズのあらすじを紹介したアニメーション動画を添えてツイート。

そのほかにも、ウォルターの義弟で麻薬捜査官ハンク役のディーン・ノリスとその妻マリー役のベッツィ・ブラント、麻薬王ガス・フリング役のジャンカルロ・エスポジートらが、続々と10周年を祝うコメントを投稿していた。

『ブレイキング・バッド』の放送開始から早10年。そのスピンオフとなる『ベター・コール・ソウル』は、米AMCにてシーズン4の放送が2018年に予定されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレイキング・バッド』
© 2008-2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

『Glee』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』のクリエイターであるライアン・マーフィーが手掛ける米FOXの新シリーズ『9-1-1(原題)』が、早くもシーズン2へ更新されることが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】【お先見】こんなの今までなかった!鬼才ライアン・マーフィーが贈る、有名人の不仲を題材にしたドラマ『Feud』

同作は1月3日に放送開始となったばかりなので、わずか2話放送後に更新が決定したことになる。『スピン・シティ』のコニー・ブリットン、『シックス・フィート・アンダー』のピーター・クラウス、『アメホラ』のアンジェラ・バセットをメインキャストに迎えた本作では、極限状態の中で捜査や治療に当たらなければならない警官や救急医療隊員、消防士が、さらにショッキングかつ恐ろしい状況を切り抜けていく姿が描かれる。

FOXテレビジョングループのCEOを務めるダナ・ウォルデンとギャリー・ニューマンは、「大胆な発想を元に、受賞歴のある実力派のキャストとライアン・マーフィー、ティム・マイナー(『アメホラ』『ドールハウス』)がまたもやってくれました。彼らクリエイターは、アンジェラ、ピーター、コニー率いるドリームキャストとともに、この時代に合った現実を素晴らしく表現しています。最高の物語が視聴者の心をつかんだことを嬉しく思っています。関係者全員に感謝を述べるとともに、次のシーズンも大変楽しみにしております」という共同声明を発表した。

『9-1-1』は米FOXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ライアン・マーフィー
(C)FAM008/FAMOUS

推理小説家リック・キャッスルが、女刑事とタッグを組んで事件を解決していく人気ドラマ『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』でケヴィン・ライアン刑事を演じたシーマス・デヴァーが、DCコミックスの新シリーズ『Titans(原題)』に出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】2018年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.5>10代の少年少女で結成したヒーローチーム米Huluがマーベルとタッグを組んだ新作『Marvel's Runaways』

『Titans』は、"ティーン・タイタンズ" として知られる10代のスーパーヒーローチームの活躍を中心に描く実写ドラマ。シーマスは数話にわたって出演するが、役名や設定などの詳細は現時点では明らかにされていない。

チームは、のちにナイトウィングとなるバットマンの相棒ロビンことディック・グレイソン(『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のブレントン・スウェイツ)を中心に結成され、悪魔の娘レイヴン(『OSIRIS/オシリス』のティーガン・クロフト)、様々な大きさの動物に変身できるビーストボーイ(『ベイマックス』のライアン・ポッター)、稲妻を放つスターファイア(『24:レガシー』のアナ・ディオプ)らがメンバー。そして、ディックの新パートナーとしてエイミー・ロバック刑事(『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』のリンジー・ゴート)も協力して、悪に立ち向かうこととなる。

長寿昼メロドラマ『General Hospital(原題)』のデヴリン医師役でも知られるシーマスは、『アーミー・ワイフ』『CSI』『ゴースト ~天国からのささやき』といった多数の人気ドラマでゲストを務めた。『キャッスル』終了後は、『X-MEN』を元にした新作ドラマ『レギオン』、マーシャ・トマソン(『ホワイトカラー』)共演の映画『The Extraordinary Farewell(原題)』に出演している。

シーマスが登場する『Titans』は、米CWが立ち上げる配信サービスでストリーミング予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:シーマス・デヴァー
(C) FAM020/FAMOUS

世界中で大人気の超常現象ドラマ『X-ファイル』でダナ・スカリーを演じてきたジリアン・アンダーソンが、復活版の新シーズン(通算シーズン11)で同役を演じるのはこれが最後だと、衝撃発言をしたことはお伝えしてきた。だが、劇中のパートナーであるフォックス・モルダーを演じるデヴィッド・ドゥカヴニーは、同じような決意をしているわけではないようだ。

【関連記事】FOXクラシック名作ドラマで蘇る伝説のドラマ『X-ファイル』! モルダー役・小杉十郎太&スカリー役・相沢恵子に突撃インタビュー

豪News.comのインタビューに応じたデヴィッドは、「前のシーズン10で6話だけだった時より、今のシーズン11で10話やる方がとても幸せだったよ。前のシーズンでは(2002年に放送が終了してから)あまりに間が空きすぎていたし、エピソード数が少なすぎて、最高の出来だったとは言えないと思うんだ」と復活版の2シーズンを比較してコメント。

一方のジリアンは、「これが最後のスカリーなの。今は、色んな役を定期的にオファーされているわ。そういう自由のない状況に自分を縛り付けるのは、非生産的で、自分の気持ちに反していると感じるの」と同作を卒業する理由を語った。

それを聞いたデヴィッドは苦笑いを浮かべ、「フォックス・モルダーに、何度も別れを告げようとしたんだけど、できなかったね。今後、作品が続いても続かなくても、私はどちらでもいいんだ。どうなるか予測なんてできないしね」と、まだ終わりだとは思ってはいないことを示唆。

もし、シーズン12の製作が実現するとしたら、モルダーだけで話は進んでいくのかもしれない?! 『X-ファイル』シーズン11は毎週水曜日、米FOXで放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『X-ファイル 2016』
(c) 2016 Fox and its related entities. All rights reserved.

大ヒットミュージカルドラマ『Glee/グリー』のブレイン役で知られるダレン・クリスが、長年の恋人であるミア・スワイアーと婚約したことが明らかになった。米Entertainment Weeklyなどが報じている。

【関連記事】『Glee』に出演していたキャストのその後

30歳のダレンは、自身のInstagramに、日本庭園を背景にしたミアとの写真を掲載。「僕とミアは、楽しくて、素晴らしく、クレイジーな7年半の冒険をともに歩んできました。今ここで、二人でさらなる冒険を続けていくことを報告します。僕たちはやってみせます。二人が今まで行ったことのない未知の場所へ。ワープ起動! 発進!(婚約!)」というメッセージを添えている。最後に「Engage !」と締めくくり、ロケット、婚約指輪、スタートレックのバルカン星人の挨拶の手という3つの絵文字を残したダレン。「Engage」には、婚約という意味があるほか、『新スタートレック』でワープ起動後発進する際にピカード船長が発するセリフでもあり、二つを引っかけた粋な投稿でファンを沸かせた。

関係者によると、実は二人は今回の発表よりかなり前に婚約していたようだが、ダレンが主演する米FXの『アメリカン・クライム・ストーリー』のプロモーションが終わるまで内密にしておく意向だったという。ダレンは2013年のインタビューで、「ミアとは長い付き合いになるよ。交際当初は、僕がテレビに出るようになるかどうかも分からなかったんだ」と、二つ年上のミアが自分の成功を支えてくれていたことを述べている。ミアは、ニューヨーク大学でメディア&テレビ製作を専攻し、FOXやShowtimeで働いたことがあるという。

公私ともに充実しているダレンが、連続殺人鬼のアンドリュー・クナナンを演じる『アメリカン・クライム・ストーリー:ジャンニ・ヴェルサーチ殺害事件』は、米FXにて毎週水曜に放送中。ダレン&ミア、ご婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:ダレン・クリス
(C)NYPW/FAMOUS

シーズン8後半の放送が来月よりスタートする大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。本作でダリル・ディクソンを演じるノーマン・リーダスは、劇中のある登場人物が命を落とすことに強く衝撃を受けている。本人のコメントを米Entertainment Weeklyが伝えている。

(以下は、『ウォーキング・デッド』シーズン8第8話のネタばれを含む上、第9話以降の展開を示唆する内容ですのでご注意ください)

【関連記事】『ウォーキング・デッド』で2017年最も読まれたニュース&コラムTOP10

シーズン8の第8話は、リック・グライムズをはじめとした生存者たちが、ウォーカーにカールが噛まれたことを悟り、絶望に打ちひしがれるところで幕を閉じた。カールが辿る運命を知ってノーマンは、「絶望的なほどにみじめな気持ちだった」とコメントしている。

「(カール役の)チャンドラー(・リッグス)が小さな男の子の時から、成長を見守ってきたんだ。この番組で家族の一員を失うのはいつも胸が痛む。チャンドラーは間違いなく俺にとって家族の一員だから、悲しかった。正直言って、チャンドラーが最後まで生き残る一人になるものだと、ずっと思っていた」と率直に話したノーマン。

さらに、「俺に言わせると、この番組が始まった時からいた人たちが作品の核心なんだ。彼らを失えば番組やファン、俺たち出演者にとって大きな痛手になる。もう数人しか残っていないよ。番組をまったく別物に変えるつもりならまだしも、作品の特別な要素を大切にするなら、彼らの扱いには注意しなくてはいけないはずだ」と述べており、番組初期からのコアメンバーが残りわずかであることに危機感を抱いているようだ。

とはいえノーマンは、俳優業と音楽業に精を出すチャンドラー本人には明るい将来が待っていると確信しているようだ。「チャンドラーのことは大好きだよ。才能に恵まれているし、やる気もあるから、素晴らしいことをやってのけるだろう」と言っている。

『ウォーキング・デッド』シーズン8後半(第9話~第16話)は、FOXチャンネルにて2月26日(月)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ノーマン・リーダス(『ウォーキング・デッド』)
(c) AMC Film Holdings LLC.

CIAのキャリー・マティソン捜査官の活躍を描く『HOMELAND』で、ピーター・クイン役を演じたルパート・フレンドが、米CBSの新作ドラマ『Strange Angel(原題)』に出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】<英国①イングランド&ウェールズ編>イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

本作は、ジョージ・ペンドルによる同名小説のドラマシリーズ化で、主人公のモデルとなったのは、1952年に実験中の爆発事故で亡くなった実在のロケット工学者ジャック・パーソンズ。表向きは工学者で通っていたジャックだが、裏の顔は熱心なオカルト信仰者として知られ、当時は黒魔術と誤解されていた東方聖堂騎士団に属していた人物だ。ドラマでは1930年代のロサンゼルスが舞台となり、化学工場の用務員として勤務していたジャックが、自分が見た夢をもとにロケット工学を生み出す様子が描かれる。

ルパートが演じるのは、ジャックの隣人アーネスト・ドノヴァン。後に科学者となるジャックをオカルト宗教やセックスマジックの儀式など、ロサンゼルスの暗部に導く役どころとなるようだ。主役のジャックには、『トランスフォーマー/ロストエイジ』『マクベス』に出演しているジャック・レイナーがキャスティングされており、製作総指揮を務めるのは、『エイリアン』『ブレードランナー』でメガホンを取った巨匠リドリー・スコット監督

イギリス出身のルパートは、映画『プライドと偏見』『ヴィクトリア女王 世紀の愛』『5デイズ』、『ゼロの未来』『名もなき塀の中の王』にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルパート・フレンド
© FAM008/FAMOUS

海外ドラマNAVIでは、編集部がおすすめする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週は降板が決まっているアビー役のポーリー・ペレットの出演が最後となる『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン15をはじめ、『エクソシスト 孤島の悪魔』、『トップ・オブ・ザ・レイク』の最新シーズン、『インポスターズ 愛しの結婚詐欺師』など日本初放送作品が揃った。お見逃しなく!

【関連記事】降板が決まった『NCIS』ポーリー・ペレット、"送別"エピソードが製作されることに

1月22日(月)から1月28日(日)スタートのおすすめドラマは以下の通り。

■1月25日(木)
・22:00~『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン15(FOX)
クリフハンガーで終わった前シーズンからの続きとなる今シーズン。米国のSEAL隊員の切断された遺体の一部がパラグアイで見つかり、同地に向かったギブスたち。最後のシーンで敵に追われて窮地に陥ったギブスとマクギーがどうなったのか、第1話から注目!

『インポスターズ 愛しの結婚詐欺師』(Hulu)
危険で美しく魅惑的な結婚詐欺師のマディと、全く違う人格の彼女に騙された3人はひょんなことから出会い、一緒にマディの居所を付き止め盗まれた金を取り戻そうとする。人生をかけた一世一代の追いかけっこに、あなたは騙されることなくラストを見届けられるか?

■1月26日(金)
・23:00~『エクソシスト 孤島の悪魔』(スターチャンネル)
世界を震撼させた名作映画『エクソシスト』のTVシリーズ版の最新シーズンが日本初放送。心に闇を抱える子どもたちを預かるファミリーホーム。彼らを保護する謎めいた管理人と子どもたちを守ろうとする児童相談所職員に、巻き起こる数々の怪現象...。その裏には悲しい真実が隠されていた――。

・『ワンデイ -家族のうた-』シーズン2(Netflix)
ジャスティナ・マシャド(『シックス・フィート・アンダー』)演じるシングルマザーのペネロペが風変わりな母親と共に手のかかるティーンエイジャーの子どもたちを育てるキューバ系アメリカ人家族の様子を綴るシットコムの新シーズンがスタート! 

■1月28日(日)
・16:00~『トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール』(AXNミステリー)
第65回エミー賞で作品賞をはじめ全8部門にノミネートされた衝撃作『トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女』。待望の新シーズンにあたる『トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール』がついに日本初放送! シーズン1の事件から数年後が描かれる新シーズンでは、主人公ロビンがオーストラリア・シドニーに移り街の警察署へ配属となる。そんなある日、スーツケースに入れられた若いアジア人女性の死体が浜辺に打ち上げられ――。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン15
(c)2017 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

米CWで大ヒット中の『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』を手掛けたクリエイターのアンドリュー・クライスバーグ。そのセクハラ疑惑による解雇を受け、米Varietyが『SUPERGIRL』で主演を務めるメリッサ・ブノワの発言を伝えている。

【関連記事】ウェントワース・ミラー、メリッサ・ブノワ...DCドラマのスターたちの始まりはFOXドラマだった

正義のために戦うスーパーガールを描く作品の制作現場でセクハラ問題が取り沙汰されたことについて、メリッサは「大きな失望でした」と、TV批評家協会の冬のプレスツアーにてコメント。「でも、キャストとクルーの団結のおかげで、番組は元の調子を取り戻しています。撮影現場の雰囲気をすごく誇らしく思います。この番組では大勢の素晴らしい男性が働き、大勢の素晴らしい女性が強いポジションに就いています」と話した。

そしてメリッサは、番組の陣頭指揮を執っている女性として、製作総指揮を務めるジェシカ・クエラーとサラ・シェクターの名前を挙げ、「職場での平等と安全な環境のため、みんなが戦っている」と続けた。

また、今後のエンタメ業界がどうあるべきかについて、「大切なのは共感。お互いに耳を傾けること。性別や性的指向など、とにかくどんな事柄でも、一度相手の立場になって、じっくり考えることに尽きると思います」と述べるメリッサ。

さらに、「まだ問題の真っ只中で、頭が混乱している時に意見を述べるのは難しいのですが、希望は本当にあります。これまでに比べて人々は向上していると思います」と、楽観的な見通しを示している。

関係者の証言によると、クライスバーグは『THE FLASH』の制作スタート当初から、若い女性脚本家に対して不適切な行為をしていたとされている。また、19人の男女が、クライスバーグにセクハラを受けるか、不適切な行為を目撃していたことが判明したため、昨年12月にクライスバーグの解雇が決まった。大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ・性暴力報道をきっかけとするハリウッドの波乱は今も続いているが、メリッサの言うように意識改革が進むことを期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:メリッサ・ブノワ
(C)NYPW/FAMOUS

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』の前日譚にあたるスピンオフ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』。そのシーズン4に、ダナイ・ガルシア演じるルシアナがカムバックすることが明らかとなった。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』メインキャストが降板&スピンオフに出演へ(ネタばれ)

ルシアナは、主要登場人物マディソン(キム・ディケンズ)の息子ニック(フランク・ディレイン)と恋仲になり行動を共にしていたが、シーズン3第5話でオットー家の牧場を去ってからというもの、消息が分からなくなったままだった。

ファンの間では、SNSなどで「いつかルシアナが再登場するはず」だと囁かれていたようだが、今月15日(月)にダナイが、シリーズのタイトルが刺繍されたキャップを被った自身の写真をInstagramに掲載。「正式に発表するわね。世紀末的な世界でクレイジーに過ごしていて、4月15日に戻るわよ」とコメントを添えてカムバックを報告している。

シーズン3最終話では、メインキャストのニックらが存命しているのか分からないラストとなっていて、新シーズンに彼らが再登場するのかも不明だ。そんななか、新シーズンにはマギー・グレイス(『LOST』)ジェナ・エルフマン(『ふたりは最高! ダーマ&グレッグ』)ギャレット・ディラハント(『ハンド・オブ・ゴッド』)が新キャストに加わることが発表されている。

どのようにルシアナが再登場するかも気になるシーズン4は、米AMCにて4月15日(日)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン2
(c)2016 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

米Huluは、人気医療ミステリードラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』の風変わりで型破りな天才医師ハウス役で知られるヒュー・ローリー主演の心理スリラー『Chance(原題)』がシーズン2を持って終了となることを発表した。米Varietyが報じた。

【関連記事】イングリッシュマン・イン・アメリカ 英国俳優の勢いがとまらない!

原作はケム・ナンによる同名小説。主人公のエルドン・チャンス医師は、多重人格の疑いがある魅惑的な患者と肉体関係を持ってしまうが、彼女の元夫は無慈悲で危険な性格の殺人課刑事だった。さらには係争中の彼自身の離婚やティーンエイジャーの娘の言動などの問題も絡んで、エルドンはサンフランシスコという都会の裏に隠れている暴力的で危ないダークな世界に不本意ながら足を踏み入れていく...というストーリー。Fox21は2016年に2シーズン分の制作を発表し、シーズン1は2016年10月、シーズン2は2017年10月にHuluにて配信された。

製作総指揮はブリー・ラーソン主演の『ルーム』でメガホンを取りアカデミー賞にノミネートされたレニー・アブラハムソンをはじめ、アレクサンドラ・カニンガム(『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』)、マイケル・ロンドン(『マジシャンズ』)、ブライアン・グレイザー(『Empire成功の代償』)そして主演のヒューと原作者のナンらが務めた。

Varietyのモーリーン・ライアンは「『Chance』よりも陰気で暗いドラマを見つけるにはかなりの広範囲から探さなければならないだろう」と辛辣に批評し、長年『Dr.HOUSE』で活躍したヒューであっても、本作独自の"重さ"を引き上げることができなかったとコメントしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒュー・ローリー
©MINAS KEUKAZIAN/FAMOUS

海外ドラマをより多くの人に楽しんでもらうため、人気シリーズの吹替を担当する声優が出演するミニ番組「声優たちの語りBAR」が、Dlifeの公式サイトにて無料配信されている。

【関連動画】『クリミナル・マインド』のリードとガルシアが作品と声優界を語る!

同番組は、女装家ナジャ・グランディーバ扮する"ママ"が経営するバーに、常連客の『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』(Dlifeでも放送中)のドクター・スペンサー・リード役で知られる森久保祥太郎をはじめとした人気声優が集まり、自身の出演作や声優界の裏話を披露するというトーク番組。

今回のゲストは、『クリミナル・マインド』でペネロープ・ガルシアを担当する斉藤貴美子と、『クワンティコ』でシェルビー・ワイアットを担当する森千晃。それぞれが森久保とともにママの待つバーを訪れ、ディープなトークを展開する。

森久保の後輩となる斉藤が、アニメや海外ドラマ・洋画の吹替のほか、テレビ番組のナレーションなど多岐にわたる声優の仕事を紹介すると、森久保が最近は家電の声も声優の仕事になっているだろうと発言。そこから、二人が炊飯器用のボイスを披露するといった一幕も見ることができる。さらには、『クリミナル・マインド』の声優陣による毎シーズンの恒例行事が明かされるなど、ファン必見のコンテンツだ。

森久保とゲストがディープな裏話を披露する「声優たちの語りBAR」はDlife公式サイトhttp://dlife.disney.co.jp/program/variety/kataribar.html)で公開中。そして『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン8は毎週月曜21:00から、『クワンティコ』シーズン2は毎週土曜23:00からDlifeにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:「声優たちの語りBAR」
(C) Dlife

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のメレディス・グレイを演じるエレン・ポンピオが、製作会社ABCスタジオとの契約を更に2年延長したことが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。

【関連記事】『グレアナ』『ゴシップガール』『ホワイトカラー』...あの人気ドラマスターのその後

女性ヒットクリエイター、ションダ・ライムズが手掛ける『グレアナ』自体の更新は、現在放送中のシーズン14以降は未定の状態だ。だがエレンが契約を更新したことにより、同作は少なくともシーズン16まで続く可能性が高くなった。今回交わされた契約では、エレンが現在放送されているシーズンの途中から、プロデューサーとしても名を連ねることと、タイトル未定の『グレアナ』スピンオフ・ドラマでも同じようにプロデューサーになることが条件に入っている。

エレンは、「『グレアナ』は、ABC局にとって大成功を収めている作品よ。ティーンエイジャーのような新たな世代の視聴者が、まだ番組を見ていなかった自分の両親と一緒に視聴してくれて...。そういうふうに新たな視聴者を獲得し続けているの」と同作の成功の秘訣を語っている。

更に、「今は、製作や監督に関することを学んでいるわ。(女優業については)もし『グレアナ』以外で私に合う役柄のオファーがあれば受けるかもしれないわね。でも、子どもが3人いるし、今のところ"仕事で世界を飛び回りたい"という思いもあまりないわ」と俳優業よりも、製作業に興味がシフトしていることを示唆している。

そんなエレンは、同作シーズン13で監督デビューを果たしたばかり。ライムズは、作品に出演している俳優に監督をさせる機会を与える方針を持っていることで有名だが、ライムズ自身は、「我々の目標は、最高の人材を採用して、その人たちを成長させること。だからこそ、監督業を学ぼうとしている俳優や、次のステップを模索しているプロダクションアシスタントは、自分が情熱を持てることを学んでいかなければならないのです。私は皆が成長し、成功していく過程を見たいと思っています」と以前語っている。

あと2年は継続しそうな『グレアナ』。ファンにとっては嬉しいニュースとなった。製作側としても活躍し始めたエレンが出演、そして監督デビューも果たした『グレイズ・アナトミー』シーズン13は、WOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:エレン・ポンピオ(『グレイズ・アナトミー』)
(c) ABC Studios

英国が生んだ人気キャラクター「モース警部」の若き頃を描く大ヒットミステリー『刑事モース~オックスフォード事件簿~』。英ITVで2月より放送されるシーズン5に出演するゲストが発表された。

【関連特集】シャーロック・ホームズを凌ぐ人気を誇る「モース警部」の若き日を描く!『刑事モース~オックスフォード事件簿~』

シーズンあたりの話数が4話から6話に増えたこのシーズン5に出演することが分かったのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のメイスター・ルーウィン役で知られるドナルド・サンプター。合わせて、『名探偵ポワロ 複数の時計』のフィル・ダニエルズ、『千年医師物語 ~ペルシアの彼方へ~』のエマ・リグビーが参加することも明らかになった。彼らがどういう役を演じるのかは不明。

なお、『ゲーム・オブ・スローンズ』から出演するのはドナルドだけではない。すでに、ラムジーに忠実だったミランダ役のシャーロット・ホープ、〈王都の守人〉の総帥ジャノス・スリント役のドミニク・カーターもシーズン5に登場することが決まっている。ほかには、『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のキャロライン・グッドオール、『刑事フォイル』のエリー・ハディントン、『ロンドン警視庁犯罪ファイル』のリチャード・ダーデン、『LOST』のスティーヴン・エルダー、『ウルフ・ホール』のリリー・レッサーなどもキャスティングに名を連ねる。また、新たなレギュラーとして、『風の勇士 ポルダーク』のルイス・ピークが加わる。

1968年を舞台にするこのシーズンでは、よりバラエティ豊かなストーリーが展開するようだ。製作総指揮を務めるトム・ミュレンズは「今回は6つのエピソードを通して、華やかなハリウッドから、エジプトの呪い、ヨーロッパのスポーツイベントまでいろいろな世界を描くことになる」と述べている。

『刑事モース~オックスフォード事件簿~』はシーズン1の二ヶ国語版が2月10日(土)16:30よりNHK BSプレミアムにて、字幕版が3月からシネフィルWOWOWにて放送開始となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事モース~オックスフォード事件簿~』
(C)Mammoth Screen Limited 2016

(本記事は、『ウォーキング・デッド』シーズン8第8話のネタばれを含む上、第9話以降の展開を示唆する内容ですのでご注意ください)

米AMCにて、来月よりシーズン8後半の放送がスタートする大人気サバイバルパニックドラマ『ウォーキング・デッド』。シーズン1から主人公リックの息子カールを演じ、もうすぐ本作を卒業することとなったチャンドラー・リッグスが、ミュージシャンとして活動を始動させるようだ。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』印象的な"死に方"ランキング10

チャンドラーは、音声ファイル共有サービスSoundCloudにて、eclipseというアーティスト名で楽曲を公開。現時点ではインストルメンタルの「lunar」と、ヴォーカルがフィーチャーされた「hold on」の2曲しか登録されていないが、EDM調の楽曲は本格的な作りとなっている。

今年19歳になるチャンドラーは大学進学を控えているが、まずはロサンゼルスで音楽と演技の勉強をしたいと以前のインタビューで語っていた。8シーズンにわたって出演した『ウォーキング・デッド』を去ることはかなり辛かった模様で、最後の撮影の日は気持ちが高ぶり、今まで一緒に仕事をしたスタッフやキャストに別れを告げることが悲しかったという。

しかし、これからはシリーズに縛られることなく、他のプロジェクトに携わったり、新しい分野に挑戦できる機会も広がるため、「嬉しいような悲しいような、ビタースイートな気持ちになった」とも付け加えている。

次なるチャンドラーの出演作は、ジョシュ・ハートネット(『ブラックホーク・ダウン』)と共演する映画『Inherit the Viper(原題)』。

残りわずかとなったチャンドラー演じるカールの姿を見られる『ウォーキング・デッド』シーズン8後半(第9話~第16話)は、FOXチャンネルにて2018年2月26日(月)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
THE WALKING DEAD TM & ©2017 FOX and its related entities. All rights reserved.©2017 AMC Networks Inc.

大人のファンタジー・ロマンス巨編 『アウトランダー』で、主役クレアを演じるカトリーナ・バルフが交際していたトニー・マクギルさんと婚約したことが分かった。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】『アウトランダー』カトリーナ・バルフ、シーズン1撮影中のハプニングを明かす

1月7日(日)に開催された第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式に姿を見せたカトリーナが、左薬指にゴージャスなダイヤの指輪をはめていたことで婚約が明らかに。トニーさんの職業や二人の馴れ初めなどについては不明で、2年にわたる交際を実らせて婚約に至ったとのこと。

カトリーナは彼との交際をオープンにしないよう努めていた模様で、今までに彼らが一緒に公の場に姿を見せたのは過去に2回のみ。2016年に、ジョディ・フォスター(『パニック・ルーム』)の名前がハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに刻まれるセレモニーと、2017年に開催されたオスカー・ワイルド賞の授賞式で二人の姿が目撃されている。

ゴールデン・グローブ賞では、ドラマ部門主演女優賞にノミネートされていたカトリーナ。惜しくも受賞は逃してしまったが、『アウトランダー』はシーズン4へも更新され、まさに公私共に絶好調だと言えそうだ。

『アウトランダー』シーズン3の最終話は米Starzにて昨年12月に放送されたばかりで、シーズン4は今年中にカムバックする予定。

カトリーナ、婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:カトリーナ・バルフ
©FAM020/FAMOUS

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でイレブンを演じるミリー・ボビー・ブラウン。昨年にはエミー賞にノミネートされた13歳が、名探偵シャーロック・ホームズの妹を映画で演じることになった。

【関連記事】『ストレンジャー・シングス』ミリー・ボビー・ブラウンのファンを公言しているセレブ6人

米Deadlineが報じたところによると、この映画はナンシー・スプリンガー作のミステリー小説「エノーラ・ホームズの事件簿」を原作とするシリーズ作品で、ミリーは主演に加えて製作を務める契約を、制作会社のレジェンダリー・エンターテインメントと結んだとのこと。

原作小説の「エノーラ・ホームズの事件簿」は、アメリカでは2006年からスタートしたシリーズ。シャーロック・ホームズとその兄マイクロフトにとって、年の離れた妹にあたるエノーラが、シャーロックゆずりの推理力で活躍するという内容で、全6巻のうち第1巻と第5巻は、アメリカ探偵作家クラブ主催のエドガー賞にノミネートされた。日本では翻訳版が小学館より刊行されている。

ミリーはこのほか、レジェンダリー&ワーナー・ブラザース製作の映画『Godzilla: King of Monsters(原題)』(マイケル・ドハティ監督)の撮影を終えたところ。『ストレンジャー・シングス』を含めてドラマ界での活動が目立つ彼女だが、今後は映画を主な舞台としていくようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミリー・ボビー・ブラウン
(C)NYPW/FAMOUS

ハワイを舞台に繰り広げられる犯罪捜査ドラマ『HAWAII FIVE-0』。現在、アメリカではシーズン8が放送中だが、そのシリーズに新たなキャストが登場することが明らかになった。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】『HAWAII FIVE-0』シーズン8、ダニーの叔父役に『ザ・ソプラノズ』のあの人が決定!

今回キャスティングされたのは中国系アメリカ人俳優のクリスチャン・コウ(『The Great Indoors(原題)』)。クリスチャンは、ジェシーという名前の元犯罪者を演じる。彼女はハワイ最大の凶悪販売組織を取り締まるために、スティーヴ・マクギャレット(アレックス・オローリン)の元で結成される新たなチームに、アダム・ノシムリ(イアン・アンソニー・デイル)から誘われる役どころだ。

クリスチャンが初登場するエピソードは、1月19日(金)に放送予定。『HAWAII FIVE-0』といえば、チン・ホー・ケリーを演じるダニエル・デイ・キムとコノ役のグレイス・パークが7月に降板を発表し、その後『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』のメイ役などで知られるインド系フレンチ・カナダ人女優のメーガン・ラスと、ニュージーランド出身でサモア族の血を引く俳優ビューラ・コアレが新たに加わることになった。

ダニエルやグレイスの降板でシリーズの行く先が心配されていたが、米CBSにて現在放送中のシーズン8の視聴率は、これまでシーズンとそれほど変わらず安定しているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリスチャン・コウ
(C)NYKC/FAMOUS

英国王室ハリー王子の婚約者である『SUITS/スーツ』のレイチェル役で知られるメーガン・マークル。そんなメーガンとハリー王子の出会いからを描いたテレビ映画が、米Lifetimeで製作されることが明らかになった。米Deadlineらが報じている。

【関連記事】『SUITS』メーガン・マークル、次のボンドガールの候補だった

同社のプログラム部門長であるリズ・ゲイトリーは、TV批評家協会(TCA)冬のプレスツアーにて、昨年11月に婚約を発表した二人を描いた『Harry & Meghan:The Royal Love Story(原題)』というタイトルの物語を準備していると発言。

このTV映画では、二人が共通の友人を介して出会ったところから、内密にしていた交際期間、そして交際が公になってからを中心にストーリーが展開。離婚歴のあるアメリカ人女優が王子の交際相手ということで、我先にとメーガンを取り囲んだ世界中のメディアの動きも描かれるようだ。

放送日は未定だが、同社は以前にハリー王子の兄であるウィリアム王子とキャサリン妃の交際を描いた『William & Kate: The Movie(原題)』を二人の挙式日の11日前に放送した実績があるため、今回もハリー王子とメーガンが結婚する今年5月19日(土)の前に放送されると推測されている。

ハリー王子とメーガンは2016年7月に出会い、イギリスや『SUITS』のロケ地であるカナダ、アフリカなどで愛を育んでいた。すでに正式に本シリーズから卒業することが決定しているメーガンだが、先日、王室入りへの準備の一環として自身のTwitterやInstagramアカウントを削除したことも話題になった。

映画では『TOWER タワー』のミンハジ・フーダがメガホンを取り、『ファイティング×ガール』のスカーレット・レイシーが脚本を担当、『私の中のあなた』のメリデス・フィンと『親愛なるきみへ』のミシェル・ワイスが製作総指揮を務める。メーガンの役を誰が演じるのかなどは、情報が入り次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:メーガン・マークル
(C)FAM009/FAMOUS

米Starzが、キアヌ・リーヴス主演のアクションサスペンス映画『ジョン・ウィック』のスピンオフをTVシリーズとして製作することが明らかになった。米Rolling Stoneが報じた。

【関連記事】キアヌ・リーヴスも憧れる! ハリウッドが惚れ込んだ"存在感"、三船敏郎は今も世界を圧倒する。

TVシリーズ版のタイトルは『The Continental(原題)』。ジョン・ウィックや他のヒットマンたちが安全地帯として頻繁に利用する秘密のホテルが舞台となる。キアヌは製作総指揮を務め、ジョンとしても登場するが、本作の主人公とは対立するようだ。

Starzのクリス・アルブレットCEOは、「このシリーズは他のTV番組とは全く違う作品になります。『The Continental』では、映画シリーズのファンが期待するような、プロの殺し屋とそのターゲットたちの間で嵐のような戦いが次々と巻き起こることを約束します。そして、この闇世界で生きる新たな魅力的なキャラクターも登場させる予定です」とコメントしている。

2014年の1作目と2017年のシリーズ2作目、そして2019年に公開が予定されている第3作目で監督を務めたチャド・スタエルスキがTV版のパイロットでもメガホンを取る。また、映画版の脚本家デレク・コルスタッドと、1作目では共同監督を務めたデヴィッド・リーチも製作総指揮として参加する。

映画版ではイアン・マクシェーンがコンチネンタルホテルのオーナー、ウィンストン役を演じているが、現在『アメリカン・ゴッズ』に出演している彼が本作にも登場するかは、明らかになっていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:キアヌ・リーヴス
(C)NYPW/FAMOUS

米HBOの大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)から、現在5本のプリクエル(前章)の企画が進んでいることはすでにお伝えした通り。そしてこのほど、同局のケイシー・ブロイズ社長がスピンオフの展開について、米TVLineの取材に応じた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章の放送時期、HBOより公式発表

昨年、HBOはカーリー・レイ(『MAD MEN マッドメン』)、ジェーン・ゴールドマン(『X-MEN』シリーズ)、ブライアン・ヘルゲランド(『ダレン・シャン』)、マックス・ボレンスタイン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、ブライアン・コグマン(『GOT』)らTVや映画で活躍する5人の脚本家を迎え、原作「氷と炎の歌」シリーズの広大な世界を舞台にした異なる時代の新たな物語を制作することを発表。これらの企画のスケジュールは決まっておらず、作家たちの執筆次第だという。

しかし、彼らを急かすことはせず、十分に時間をかけて納得のいくように進めていくようだ。ブロイズ社長はスピンオフに非常に期待していることも明かしながら、スピンオフの放送は早くても『GOT』の最終章となるシーズン8が終了してから1年後になることも認めている。(シーズン8は2019年に放送予定)

「パイロット版を作ってシリーズ化が放送されるとしたら、それは『GOT』の最終回から少なくとも1年後になることでしょう。なぜならば、『GOT』の最終章は『GOT』のための特別なイベントにしたいと思っています。最終章を使って新しいシリーズを発表することはしたくないのです。私たちは本家とスピンオフを離して考えたいと思っています」

また、スピンオフには本家『GOT』に登場するキャラクターを出演させる予定はないと明かしているが、ブロイズ社長によれば「馴染み深い家系が登場する」ことになるようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

イケメン兄弟が大活躍する大人気の超常現象ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』で、兄ディーン・ウィンチェスターを演じるジェンセン・アクレスが、妻のダニールと共にテキサス州オースティンでクラフトビールを楽しめるレストランをオープンさせた。

【関連記事】『スーパーナチュラル』の熱い兄弟愛、ジェンセンとジャレッドが紡いできた12年

米Entertainment Weeklyによれば、このお店「Family Business Beer Co.」はジェンセンと妻のダニールのほか、ダニールの両親であるエドワードさんとデボラさん、そして彼女の兄弟のジノさんと一緒に経営するという。このブルワリーはジェンセンとダニールの長年の夢だったようで、お客さんにおいしいビールと食事、そして素敵な音楽を提供したいとのこと。

ジェンセンによれば、「Family Business Beer Co.」という店名は元々覚えやすい名前が思いつくまでの仮の名前としてつけていたのだという。しかし、『SUPERNATURAL』の精神などにも通じるものだと気付き、そのままこの名前を適用したそう。

昨年春に建設が始まったFamily Business Beer Co.は音楽ライブ用のステージや子どもの遊び場なども設備しており、さらに、ビールが苦手な人のためにノンアルコールのドリンクや地方の地元のワインなども提供するという。オースティンに旅行をする予定のある人は、ぜひ足を運んでみて欲しい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェンセン・アクレス
©NYKC/FAMOUS

X-MENシリーズの設定をベースに実写化され、『ダウントン・アビー』のダン・スティーヴンスを主演に迎えた初のTVシリーズ『レギオン』。本作のシーズン2に、人気ドラマ『HOMELAND/ホームランド』でアブ・ナジールを演じたナヴィド・ネガーバンが出演することがわかった。米TVLineが報じた。

【関連記事】ダンもランクイン!女子限定投票による海外TVドラマ界のイイ男イイ女ランキング、2017年度の結果発表!

主人公デヴィッド・ハラーは、十代の頃から精神障害に悩まされ、統合失調症と診断されたことから、病院の入退院を繰り返してきた。しかし、別の患者との奇妙な出会いを通して、今まで幻覚・幻聴と思っていたものは、実は現実だったのではないかと思い至るようになる。実は彼こそが他人の精神を自由に操ることのできるチャールズ・エグゼビア(=プロフェッサーX)の息子だったのだ。

クリエイターのノア・ホーリー(『FARGO/ファーゴ』)は現地時間の1月5日(金)に開催されたTV批評家協会(TCA)冬のプレスツアーにて、ナヴィドの出演を発表。本作でナヴィドが演じるのは、シーズン1でデヴィッドに取り憑いていたシャドウキングことアマール・ファルーク。強力なテレパシーの能力の持ち主で、過去の戦いにより肉体を失いながらも、精神のみで生存している悪役だ。

昨夏のコミコンでは、サイード・タグマウイ(『ワンダーウーマン』)が同役を演じると発表されていたが、11月に降板が決まり、ナヴィドが引き継ぐことになった。イラン出身のナヴィドはこれまで数多くのTVシリーズに登場しており、『クローザー』や『24 TWENTY FOUR』、『SCORPION/スコーピオン』などの人気ドラマにゲスト出演している。

『レギオン』シーズン2は米FXにて4月より放送開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レギオン』
(c)2016, FX Networks. All rights reserved.

人気クリエイター、J・J・エイブラムス製作の超大作アクションサスペンス『ウエストワールド』。本作のシーズン2に、前作で来場客ウィリアムを演じたジミ・シンプソンがカムバックすることがわかった。英Digital Spyが報じた。

(本記事は、シーズン1の重要なネタばれを含みますのでご注意ください)

【関連記事】『ウエストワールド』シーズン1におけるサプライズ展開の整理と、シーズン2に持ち越された謎(ネタばれ)

このニュースは、ジミ本人が現地時間の9日にカリフォルニア州のパサデナにて開催されたTV批評家協会(TCA)の冬のプレスツアーで発表した。「僕はとっくに戻っている気でいたよ」とジョークで言ったジミだが、「でも、実際に尋ねられると言わないでおきたくなるね」と、復帰が確定していることを認めた

ヒーロー的な存在のウィリアムは、シーズン1の最後で実は、エド・ハリスが演じる黒服の男の若い頃の姿だったという驚愕の展開が話題になった。

ジミは、ウィリアムが極悪非道な男(黒服の男)になるまでに一体何があったのか、シーズン2ではその点にもフォーカスして欲しいとコメント。「ウィリアムの心が壊れてしまった時と、その結果彼がどうなったのかが判明する時の"間"が描かれることを願っているよ。僕は彼がそうなってしまうまでにどれだけの時間がかかったのか、そうならないために彼がどれほど苦悩したのか、知りたいんだ」

一方、その黒服の男を演じているエドは最近のインタビューの中で「僕らはシーズン2の真っ只中だ。すでにかなりひねりが効いているよ。彼ら(ショーランナーのジョナサン・ノーランとリサ・ジョイ)は今年さらに調子がいいね。さらにしっかりと用意してくれているよ」と明かしていた。

『ウエストワールド』シーズン2は米HBOにて2018年に放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

X-MENの創始者チャールズ・エグゼビア(=プロフェッサーX)の息子デヴィッドを主人公に据えた、米FXのドラマ『レギオン』。そのシーズン2の制作が進む中、『X-MEN』シリーズを長らく手掛けてきた監督・製作者のブライアン・シンガーが、本作の製作総指揮者のポジションから降りることになった。

【関連記事】『ダウントン・アビー』のイケメン俳優がスーパーヒーローに!? 全米騒然! 脳ミソに強烈な揺さぶりをかける『レギオン』

米Deadlineが報じたところによると、TV批評家協会のプレスツアーで行われたパネルトークの後、『レギオン』の企画・製作総指揮を担うノア・ホーリーが、「ブライアン(・シンガー)の求めに応じ、番組のクレジットから彼の名前を外した」と同メディアに伝えたとのこと。また同メディアが関係筋から得た情報でも、シンガーの性的暴行疑惑が浮上したことを受けて、シンガー本人がFXに連絡を取り、自分の名前を外すよう求めたということだ。

シンガーの本作への関与の度合いについて、ホーリーは「構想を練っているごく初期の段階で、ブライアンとは何度か会いました。彼はパイロットの監督を担当することに関心を持っていましたが、私がやることになってからは彼と話していません。実のところ、ブライアンはクレジットに名前が出ていたに過ぎません」と、制作にシンガーはほとんどタッチしていないと話している。

なお、先日シーズン2への更新が発表された米FOXの新作ドラマ『The Gifted ザ・ギフテッド』でも、シンガーの製作総指揮としてのポジションは危うくなっている。FOXエンターテインメントのマイケル・ソーン社長によれば、同局の重役はシンガーの性的暴行疑惑を大変深刻にとらえており、彼を同ポジションから降ろすべきかどうか検討しているところだという。ただし、シンガーは同作品のパイロットで監督を務め、契約上、製作総指揮のクレジットは保証されているために状況が複雑になっているとのこと。

シンガーは昨年12月、2003年当時に17歳だった少年に性的暴行を加えたとして、訴訟を起こされた。また、イギリスの伝説的なロックバンド、クイーンを題材にした伝記映画『Bohemian Rhapsody(原題)』の監督を務めていたが、撮影現場に姿を現さなかったことから20世紀フォックスに解雇される(後任は『イーグル・ジャンプ』のデクスター・フレッチャー)など、トラブルの渦中にある。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブライアン・シンガー
(C) LTVM/FAMOUS

昨夏、大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』の撮影現場でスタントマンを務めていたジョン・バーネッカーがセットから落下し死亡してしまうという悲しい事故が起きてしまったが、ジョンの遺族がTVや映画の製作現場における安全性の強化を求め、呼びかけている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』のスタントが事故死。キャストも追悼のコメントを寄稿

米Deadlineによれば、ジョンの母スーザンさんは過去10年間、ジョン本人や彼のスタント仲間から、映画やTVの撮影現場では常に安全性に問題があったと聞かされ続けてきたという。「私には50人から60人ほどのスタント関係の友人がいますが、いつも彼らから現場の安全が確保されていないことを聞かされていました」

昨年は、ハリウッドの重鎮ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題が大々的に取り上げられたが、勇気を出して発言した女性たちの話を耳にした時、スーザンさんはスタント界にも同様の問題があると感じたという。

「彼らは(セクハラ被害や現場の安全性について)公にしたら、2度と仕事がもらえなくなるかもしれない、周りの人から好奇の目で見られるかもしれない、という圧力や恐怖心と戦っています。だから声高に訴えることができないのです」とコメント。さらに深刻なことに、スタントウーマンにはセクハラと安全性、両方の問題が付きまとうとのこと。仕事をもらうために、彼女たちはセクハラに耐えなければならないとも述べている。

スーザンさんは、同じような事故が2度と繰り返されないようにすることが今の自分の使命だと感じているそうで、映画やTVの撮影における安全問題を解決するための団体を、亡き息子の名前で設立しようとしている。

今月1月5日(金)、労働安全衛生管理局OSHA(オーシャ)は、『ウォーキング・デッド』の制作会社に対し、"雇用者を落下の危険から守ることができなかった"として最大級の罰金となる12,675ドル(約140万円)の支払いを命じた。しかしスーザンさんは、罰金を科してもルールを守らせることには繋がらないと主張。「50万ドル(約5600万円)だったら注意を引くことができたかもしれません。しかし、今回提示された罰金の額では、誰も気にかけはしません」

スーザンさんは、OSHAの代表が電話をかけてきたことも明かしている。「彼はずっと謝っていましたし、きまりが悪そうでした。"どうか罰金の額にショックを受けないでください。金額は損失の大きさと同等には設定されていないのです"と言っていました」と語った。彼女は設立する財団の事業の一環として、罰金額の更新に取り組むつもりだと明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(c)AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

マーベル制作のドラマは多岐に渡り、Netflixで展開中の『デアデビル』を筆頭とするオリジナルドラマの数々のほか、Huluの『Runaways(原題)』、米FOXの『The Gifted ザ・ギフテッド』、米FXの『レギオン』などが人気を呼んでいる。そんな中、米ABCにおけるマーベルドラマの今後の動向について、米Deadlineが報じている。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』のロサンゼルスにあるシールド本部を訪問取材!

ABCでは現在、諜報機関シールドのエージェントたちが活躍するアクションドラマ『エージェント・オブ・シールド』のシーズン5が放送中。TV批評家協会の冬のプレスツアーにおいて、米ABCエンターテインメントのチャニング・ダンジー社長は、「クリエイティブな観点から見て、本シーズンはこれまで以上に力強い内容だと心から思います。シーズン後半について製作者たちが持つ展望にも、本当にワクワクしているところです」と話している。

『エージェント・オブ・シールド』の製作陣は、ABC重役と会合を持ち、シーズン6に向けてのプランを披露する予定。その結果を踏まえて同局は、シーズン更新の是非について検討するということだ。

一方、インヒューマンズ(超人類)が住む王国のロイヤルファミリーが経験する壮大な冒険を描く作品として、同局で昨年秋に放送された『マーベル インヒューマンズ』は、シーズン2が制作される見込みはほぼない模様。IMAXシアターでパイロットが上映されるなど、鳴り物入りでスタートした本作だが、批評家筋の反響は思わしくなく、視聴率も振るわなかった。ダンジー社長は本作について「視聴成績は私たちが求めていた水準には達しませんでした。まだ正式決定は下していませんが、望んでいた数字に至らなかったとは言えます」と話している。

同局において現在、マーベル制作のTVパイロットは予定されていないので、今秋に放送されるマーベル作品が『エージェント・オブ・シールド』だけになる可能性もありそうだ。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5は米ABCにて放送中。また、『マーベル インヒューマンズ』は、日本では2月2日(金)から8日(木)まで、第一章がIMAXにて先行上映。その後、ドラマシリーズの全エピソードが、3月3日(土)よりDlifeで放送、3月10日(土)よりHuluにて配信スタートとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)2016 MARVEL & ABC Studios.

英国王室ハリー王子の婚約者である『SUITS/スーツ』のレイチェル役で知られるメーガン・マークル。正式に本シリーズから卒業することが決定している彼女だが、王室入りへの準備の一環として自身のTwitterやInstagramアカウントを削除したことが明らかになった。米TeenVogueが報じている。

【関連記事】『ザ・クラウン』マット・スミス、英王子と婚約のメーガン・マークルに同情する理由とは?

ウィリアム王子、キャサリン妃、そしてハリー王子も上記のSNSは使用していないのだが、ファンがメーガンの姿をSNS上で見られなくなるわけではない。ケンジントン宮殿のInstagramアカウントには、ロイヤルファミリーの写真や動画が掲載されるからだ。

メーガンが自身のアカウントを削除したのとほぼ同時期に、王室のアカウントには、ハリー王子と共に英ブリクストンのラジオ局に姿を現した時の仲睦まじい写真が掲載された。また、昨年12月31日(日)には同アカウントに、"2017年家族のハイライト"と称したビデオが投稿され、その中には二人の婚約のニュースも掲載されていた。

メーガンのプライベートがなかなか見られなくなるのは残念だが、今後は王室アカウントで新しい環境に身を置く彼女の姿を見られるようだ。メーガンが演じるレイチェルの登場が最後となる『SUITS/スーツ』シーズン7の最終話は、アメリカでは今春の放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:メーガン・マークル
©JMVM/FAMOUS

超大型歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』で"大英帝国の母"と呼ばれた女王ヴィクトリアを演じるジェナ・コールマンが、英BBCの新ドラマ『The Cry(原題)』に出演することが分かった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ジェナ主演『女王ヴィクトリア 愛に生きる』シーズン3へ更新

本作でジェナが演じるのは赤ちゃんを拉致されてしまう若い母親。ユエン・レスリー(『ブレイキング・ゴッド』)が夫役となり、二人は悲劇に立ち向かう夫婦を演じる。本作の出演にあたり、ジェナは「私は飛行機の中で初めてジャクァリン・パースキー(『リトル・フィッシュ』)の脚本を読んだわ。私はこの挑戦に立ち向かい、スクリーンに持ち込むことを楽しみにしているの」とコメント。

一方ユエンも「複雑なキャラクターたちと、スリリングなストーリーを映像にするために集められた素晴らしいチームの一員になることができて、本当に楽しみだよ」と、期待を寄せている。本作は全4話構成で、スコットランドとオーストラリアで製作される予定。スコットランドの製作会社もこのプロジェクトを支援していく模様だ。

本作は2013年に出版されたヘレン・フィッツジェラルドの小説が原作。監督を、罪を犯した父親と幼い息子の絆と葛藤を描いた『ラスト・ライド〜最後の旅立ち〜』で知られるグレンディン・イヴィンが務める。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェナ・コールマン
(C)Lia Toby/FAMOUS

アメコミ出版社の米アーチー・コミックスが所有するキャラクター、サブリナを主人公に、1時間枠のホラードラマ企画が米CWにおいて進行していることは以前お伝えした通りだが、このほどサブリナ役に『MAD MEN マッドメン』のサリー・ドレイパー役で知られるキーナン・シプカが抜擢されたことが分かった。

【関連記事】元祖『サブリナ』キャスト集結!リブート版について語る

新しいサブリナは、半分人間半分魔女の力を持った高校生で、バクスター高校に通いながら普通の高校生活を送ろうとするも、魔女としてのダークな教育も受けることになることに。賢明で思いやりがあり、無謀と言っていいほど勇敢なサブリナは、世界を脅かすダークサイドと、人間との間に立つことになるようだ。

この新シリーズは元々、『リバーデイル』のショーランナーであるロベルト・アギーレ=サカサにより、米CWのために企画されていたが、現在はNetflixにて制作が進められている。

サカサは、「私たちはキーナンの作品のファンで、新サブリナを誰に演じてもらうか話し始めた時から、すでに名前が挙がっていたよ。今回の作品はよりダークで、より奇妙な『サブリナ』になっていて、キーナンがこの象徴的なキャラクターを演じてくれることがとても楽しみなんだ」とコメントしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:キーナン・シプカ
(C)NYPW/FAMOUS

ディズニー・チャンネルのオリジナルムービー『ディセンダント』のマル役で大ブレイク中のダヴ・キャメロン。彼女が、驚きのヘアカラーの写真をInstagramに投稿し話題になっている。米Just Jared Jrが伝えた。

【関連記事】ダヴ・キャメロン、あのマーベルドラマの最新シーズンに出演決定!

先月初めにヘアエクステンションメーカーのイベントに出席したダヴは「2016年の初めに短い期間だけどベイビーピンクにしていた時があったの」と、昨年のコーチェラ・フェスティバル(カリフォルニア州で行われる大規模の音楽フェス)に参加した時の髪色を振り返り、「かなり淡い色にしたいの。しばらくはシャンパングレーラベンダーのような色にしたいわ。そのうち見せられると思うわ」と願望を明かしていた。

そしてこのほど、ダヴは自身のInstagramで新しい髪色を披露。願望通り、ピンク色に仕上げていた。「マニック・ピクシー・ドリームガールは、"感傷的な若い男性に人生とその無限の謎と冒険を受け入れることを教えるために、感受性の鋭い作家&監督の想像上にだけ存在する"と定義されているわ」と映画評論家が名付けた妖精的な魅力を持つ映画の中の女性キャラクターについてのコメントと共に写真を2枚掲載。しかし、米Hollywood Lifeによればこの髪はウィッグのようだ。現地時間の7日(日)に開催されたゴールデン・グローブ賞には、見慣れた綺麗なブロンド姿で登場していた。

ダヴが自分の髪を染められる日がやってくるのか、今後も注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダヴ・キャメロン
©NYPW/FAMOUS

第66回エミー賞で監督賞を含む5部門を獲得した大ヒットTVシリーズ『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』。そのシーズン3のキャストが続々と決まる中、新たに1998年のホラーアクション映画『ブレイド』で悪役フロストを演じたスティーヴン・ドーフも出演することが分かった。米TV Lineが報じた。

【関連記事】完璧。圧倒的な水準でテレビドラマ界を席巻!!! 『True Detective/トゥルー・ディテクティブ』の深みに迫る(前編)

新シーズンでストーリーの軸となるのは、米中央部に広がるオザーク高原で起きた、身も凍るような犯罪事件。3つの異なる時代が同時に進行する形で、年を追うごとに深まる事件の謎が描かれていくようだ。『ムーンライト』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリが州警察の刑事ウェイン・ヘイズとして主演を務め、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のセラフィーナ役で知られるカーメン・イジョゴがもう一人の主人公となるアーカンソーの教師アメリア・リアドンを演じる。スティーヴンは、アーカンソーの捜査員で30年以上にわたってオザークで起きた事件の影響を受けてしまうローランド・ウェストという役柄になるとのこと。

過去2シーズンでクリエイターを務めたニック・ピゾラットが脚本&監督を務める。放送日程は明かされていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:スティーヴン・ドーフ
(C)Pauline French/FAMOUS

大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者・製作総指揮者として知られる小説家ジョージ・R・R・マーティン。その彼が1980年に手掛けた中編小説「ナイトフライヤー」をもとに、TVシリーズが制作されることが正式に決まり、出演陣も合わせて発表された。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じた。

【関連記事】あの人も⁈『ハリー・ポッター』に出ていた『ゲーム・オブ・スローンズ』キャスト10人

『Nightflyers(原題)』と題された本シリーズは、はみ出し者の8人の科学者と強力なテレパスが、異星生命体と接触するため、「ナイトフライヤー」という宇宙船に乗り込んで太陽系外縁へと探査に向かう物語。だが、緊密な少人数クルーと世捨て人の船長がいる船内で、恐怖と暴力に満ちた事件が発生。クルーは疑心暗鬼に陥り、予想以上に困難な旅を続ける。原作小説は、1987年に『デーモン・ギャラクシー/魔女伝説』という邦題で映画化されている。

ドラマ版の主演は、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』のグレッチェン・モル。ほかに、オーエン・マッケン(『ナイトシフト 真夜中の救命医』)、デヴィッド・アヤラ(『ワイルド・スピード EURO MISSION』)、サム・ストライク(『タイムレス』)、マヤ・エシェット(『ティーン・ウルフ』)、アンガス・サンプソン(『インシディアス』)、ジョディ・ターナー=スミス(『ザ・ラストシップ』)、ブリアン・F・オバーン(『ミリオンダラー・ベイビー』)などが出演する。

パイロットの脚本と製作総指揮を担当するのは、ジェフ・ブーラー(『ミッドナイト・ミート・トレイン』『ゾンビ・ホスピタル』)で、ショーランナーを務めるのはダニエル・セローン(『ブラックリスト』『メンタリスト』)。また、映画版で製作を務めたロバート・ジャッフェも製作に再び参加する。なお、原作者のマーティンは製作総指揮に名を連ねているが、『ゲーム・オブ・スローンズ』原作小説の執筆と、米HBOで準備中の後継作品で多忙なため、本作の制作にはほとんどタッチしないと見られている。

本シリーズはユニバーサル・ケーブル・プロダクションズとNetflixの共同制作で、アメリカではSyfyで放送、アメリカ国外ではNetflixで配信されることになっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:
グレッチェン・モル (C) Chris Black/FAMOUS
オーエン・マッケン (C) Peter West/ACE Pictures

人生の岐路に立つ36歳の男女を描いた、切なく心温まるヒューマンドラマ『THIS IS US 36歳、これから』でランダル役を演じるスターリング・K・ブラウンが、ニューヨークのブルックリン警察署を舞台にしたコメディ『ブルックリン・ナイン-ナイン』にゲスト出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ザ・ホワイトハウス』復活版製作なら、『THIS IS US』あの人が大統領を演じる?

2013年より米FOXにて放送がスタートした『ブルックリン・ナイン-ナイン』は、長寿番組になることが難しいと言われているシットコムの中でも高評価を得ており、その年のゴールデン・グローブ賞ではTVドラマ・コメディ部門の作品賞と主演男優賞に輝いている。

スターリングが出演するのはこの春より放送が再開するシーズン5の後半。殺人を目撃してしまうフィリップ・デヴィッドソンという役で登場し、ジェイク(アンディ・サムバーグ『俺たちポップスター』)とホルト署長(アンドレ・ブラウアー『ホミサイド/殺人捜査課』)に一晩中尋問を受けてしまうという。

『THIS IS US』で日本での知名度を上げたスターリングだが、O・J・シンプソン事件を扱った『アメリカン・クライム・ストーリー』では第68回エミー賞のミニシリーズ/テレビ映画部門で助演男優賞を受賞。その翌年には『THIS IS US』の演技で同賞ドラマシリーズ部門主演男優賞を獲得し、2年連続でエミー賞に輝く快挙を果たしている。また、今年は映画界へも本格的に進出予定で、異色のヒーロー、ブラックパンサーを主役としたマーベル映画『ブラックパンサー』や、『プレデター』シリーズ最新作『The Predator(原題)』といった出演作の公開が控えている。

スターリングが出演する『THIS IS US 36歳、これから』シーズン1は毎週日曜日23:00~NHK総合にて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:スターリング・K・ブラウン
(C)NYPW/FAMOUS

映画『アイアンマン』シリーズなどで知られるグウィネス・パルトローが、恋人であるプロデューサーのブラッド・ファルチャック(『Glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』『アメリカン・クライム・ストーリー』)と婚約したことが分かった。

【関連記事】大ヒット青春ミュージカル『Glee/グリー』の出演者たちはどうしてる?キャストのその後をご紹介!

これは、グウィネスとファルチャックが8日に発表した共同声明で明かしたもの。グウィネスが何度かゲスト出演した『Glee』で出会った二人は、2014年に交際を開始。2015年4月、『アイアンマン』の共演者であるロバート・ダウニー・Jrの50回目の誕生日パーティで公式では初めてツーショットを披露していた。

2014年、英人気バンドのコールドプレイのクリス・マーティンとの10年におよぶ結婚が破綻していたグウィネス。それによって一時は自信を失っていたようで、Goopのインタビューで「これ(離婚)は失敗のように感じられていたの。そうじゃないんだと思えるようになるまでしばらく時間がかかったわ」と打ち明けている。

なお、グウィネスはクリスとの間に13歳の娘アップル、11歳の息子モーゼスがいる。一方のファルチャックも離婚歴があり、2013年に別れたプロデューサーのスザンヌ・ブキニクとの間に二人の子どもをもうけている。

クリスの前には、ブラッド・ピットとも一時婚約していたグウィネス。その時はゴールインまで至らなかったが、ファルチャックとは晴れて夫婦となれるだろうか。(海外ドラマNAVI)

Photo:グウィネス・パルトロー
(C)NYKC/FAMOUS

残すところ1シーズンとなった、大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。その最終章の放送時期を放送局の米HBOが公式に発表した。

【関連記事】権力争い、濃厚な人間ドラマ、歴史大作、ドラゴンや魔法使いの登場...。『ゲーム・オブ・スローンズ』中断期間に見るべきドラマ13選

昨年12月の時点で、サンサ・スターク役のソフィー・ターナーが最終章は2019年に放送されると発言していた。それに対してHBOはこれまで沈黙を保ってきたが、今月4日(木)、放送時期が来年になることを初めて認めている。

とはいえ、2019年のいつになるかは明かされていない。第一章から第六章まではすべて10話構成で春から初夏にかけて放送されたが、7話構成となった第七章は7月から8月にかけてのオンエアだった。これまでよりさらに少ない6話構成となる第八章が、いずれかの開始時期と被るのかどうかは不明だ。

撮影は昨年10月から開始しており、今年半ばまでかかる見込み。話数が最少ながらシリーズ最大規模のスケールになると言われる最終章については、ジョン・スノウ役のキット・ハリントンが「今まで見たことないくらいの凄さなんだ! 深いところにまで入り込んでいて、かなり感動的だよ」と太鼓判を押している。さらにはソフィーが、台本の読み合わせでスタンディング・オベーションが起きたと明かすなど、大いに期待が持てる内容のようだ。

最終章の放送時期の詳細については分かり次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

米FOXにて2017年10月よりスタートした映画『X-MEN』シリーズを元にした新作ドラマ『The Gifted ザ・ギフテッド』が、シーズン2へ更新されることが明らかになった。同放送局が冬のプレスツアーで発表している。

【関連記事】NAVIライター&編集部による2017年おすすめ海外ドラマ総括(後編)

『X-MEN』シリーズの生みの親、ブライアン・シンガーがシーズン1第1話の監督およびシリーズの製作総指揮を務める本作は、ミュータントが危険視される世界で、子どもがミュータントであることが判明したことから政府機関に追われることになったストラッカー家が、政府機関とミュータントとの戦いに巻き込まれていくというストーリー。

シーズン1の放送は1月15日に終了予定だが、それに先駆けて新シーズン製作が決定した。ここまでに第11話まで放送され、各エピソードの視聴者数は830万人。これは、2017年~2018年シーズンの新作ドラマとして3番目に高い数字だ。

そういう意味でシーズン更新は想定内だが、昨年12月、FOXはディズニーに50億ドル超で買収されると報じられていた。FOXがマーベルから権利を獲得していた『X-MEN』コンテンツの所有権がどうなるのかは不透明だが、今回の更新発表を受けて、少なくともあと1年はFOXが同作関連の権利を所有するだろうと、米Deadlineは論じている。

『The Gifted ザ・ギフテッド』はFOXチャンネルにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『The Gifted ザ・ギフテッド』
© 2017 Fox and its related entities. All rights reserved. MARVEL TM & ©2017 MARVEL

英国王室のハリー王子と婚約し、大注目のメーガン・マークル。女優としては米USAの人気リーガルドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役で知られている彼女だが、実は大ヒット映画『007』シリーズの最新作でボンドガールの候補にリストアップされていたことがわかった。英Dailymailが伝えた。

【関連記事】ハリー王子と婚約の『SUITS』メーガン・マークルに、共演者が祝福コメント

ある映画関係者は「メーガンはボンドガールの役に完璧に合っている。グラマラスでセクシーで、良い女優だ。(次のボンドガールは)"新進気鋭女優"という条件で、メーガンはハリー王子との交際が発覚するまでは確かに候補の一人だった。特にアメリカ人かカナダ人のグラマラスなライジングスターを探していたんだ」と英The Sunに明かしている。

報道によれば、メーガンはシリーズ最新作『Bond 25(原題)』でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの恋人役として、イルフェネシュ・ハデラ(『ベイウォッチ』)らと共に5人の最終候補者の一人に残っていたが、ハリー王子との交際が明らかになったため除外されたのだという。

メーガンとハリー王子は2016年夏に知人の紹介で出会うと程なくして交際を始め、2017年11月末に婚約を発表。ロイヤルファミリーのプロトコルでは王室メンバーが結婚する際には女王の許可を取らなければいけないが、無事にエリザベス女王からも認めてもらい、今年の5月19日にウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で結婚式を行う。(海外ドラマNAVI)

Photo:メーガン・マークル
(C)FAM009/FAMOUS

ワシントンD.C.を舞台に政治家のトラブルを揉み消すフィクサー集団の活躍がスリリングに描かれる『スキャンダル 託された秘密』と、どんな手を使ってでも依頼人を無罪放免に導く敏腕弁護士を取り巻くサスペンス『殺人を無罪にする方法』がクロスオーバーすることが明らかになった。米TV Lineなどが報じている。

【関連記事】『グレアナ』『スキャンダル』を生み出したヒットメーカー、今後はNetflixと番組製作へ

1月3日(水)に、『スキャンダル』で主人公オリヴィア・ポープを演じるケリー・ワシントンは、『殺人を無罪にする方法』で頻繁に登場する裁判所で撮られた写真と「ヴィオラ・デイヴィス、この場所どこだかわかるでしょ? あなたはどこにいるの?」というメッセージを自身のInstagramに掲載。一方、『殺人を無罪にする方法』の主人公のアナリーズを演じるヴィオラ・デイヴィスは『スキャンダル』のセットにある大統領執務室の机に腰掛け、「ケリー・ワシントン、私今どこにいると思う?」とコメント入りの写真をInstagramに投稿した。

更に同日、両作品のクリエイターであるションダ・ライムズが、オリヴィアとアナリーズが出会うシーンの台本の写真と「皆さん、本当なのよ。(製作総指揮の)ピーター・ノーウォーク、準備はできてる?」と投稿しファンを沸かせている。

放送局である米ABCによると、この2作品のクロスオーバーエピソードは今年後半に放送予定。同日にそれぞれ1話ずつ放送され、『スキャンダル』の脚本はラームラ・モハメド、監督はトニー・ゴールドウィン、『殺人を無罪にする方法』の脚本はモレニケ・バログンとサラ・L・トンプソン、監督はゼトナ・フエンテスが担当。

以前、『グレイズ・アナトミー』のスピンオフ作品『プライベート・プラクティス』での派生クロスオーバーはあったが、ライムズにとって別々の作品による初の正式なクロスオーバーエピソードとなる。『スキャンダル』と『殺人を無罪にする方法』は共に、1月18日(木)より年明け最初の放送がスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『スキャンダル6 託された秘密』 (c)ABC Studios
『殺人を無座にする方法』シーズン2 (C) 2017 ABC Studios

米ABCで人気を博したコメディシリーズ『アグリー・ベティ』で主演を務めブレイクしたアメリカ・フェレーラが第一子を妊娠したという嬉しいニュースをInstagramで発表した。米Los Angeles Timesが報じた。

【関連記事】『アグリー・ベティ』の同窓会を、製作総指揮のサルマ・ハエックが熱望!

夫のライアン・ピアーズ・ウィリアムズと共に"2018"のメガネをかけている写真を投稿したアメリカは、「Más Besos(もっとキスを)」というロゴが入ったベビー服を手に持ち「私たちは2018年にもう1つのキスする顔を迎えることになるわ!」とファンに報告した。ウィリアムズも彼女と同じ写真をInstagramにアップし、「2018年にやってくる新たな美しい子どものために場所を作らないとね」と綴った。かつて南カリフォルニア大学に在籍していたアメリカはウィリアムズが手がけた学生映画に出演。それがきっかけで出会い、長年交際を続けた二人は2011年に結婚した。

またアメリカは『旅するジーンズ』シリーズで共演して以来10年以上の仲であるブレイク・ライヴリー(『ゴシップガール』)、アレクシス・ブレデル(『ギルモア・ガールズ』)、アンバー・タンブリン(『Dr. HOUSE -ドクター・ハウス-』)らから祝福されている写真も投稿。「姉妹たちから祝福されて新年をスタートさせたわ。私たちは次の世代に向けてやるべきことがある。始めましょう。#TIMESUP」と、報告した。

彼女がここで綴っている"やるべきこと" "TIMES UP"とは、現地時間の元日に発足が発表され、セクハラ被害や男女差別を受けた女性を支援する基金「Time's Up Legal Defense Fund」のこと。同基金にはハリウッドで活躍する女性300名が参加しており、アメリカも名を連ねている。

アメリカ、第一子の懐妊おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:ライアン・ピアーズ・ウィリアムズ&アメリカ・フェレーラ
(C)NYKC/FAMOUS

大ヒットファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)でジョン・ブラッドリーが演じるサムウェル・ターリーは彼らの世界の気候の研究に情熱を注いでいる研究者だ。そんなサムが、我々の住む世界で『GOT』の天候について論文を発表したことがちょっとした話題を呼んでいる。米CNETが伝えた。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』史上最も"旅した"キャラクターランキング

実はこの論文は、ある研究者のグループがサミュエルの名を借りて冗談半分で発表したもの。この科学者チームはもちろんウェスタロスの人間ではなく、英国のブリストル大学に籍を置いている。

大学のスーパーコンピューターで行われたシミュレーションによれば、氷で覆われた壁のあるエリアは、ヨーロッパ最北にあるフィンランドのラップランドに、黄金が取れたラニスター家の居城キャスタリー・ロックはアメリカのテキサス州ヒューストンと似た天候なのだとか。さらにこのシミュレーションでは、ドラゴンの活躍の増加や武器の使用が地球温暖化に与える影響まで幅広く調べることができるようだ。

ブリストル大学の気候科学の権威ダン・ラント教授は「気候モデルは基本的な科学的プロセスに基づいているため、現代の地球の気候をシミュレートできるだけでなく、大陸の位置や標高の高さ、海の深さなどが分かれば、実在していない世界でも簡単に適応させることができるのです」とコメントしている。

この論文はサイエンス好きと『GOT』ファン両者の関心を引いている。惑星の傾きは季節にどのように影響を与えるのか、ホワイトウォーカーは夏の間どこで冬眠する必要があるのか、研究家たちはそんな疑問を探求しているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
© 2014 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。