マーベル新作ドラマ『シークレット・インベージョン』豪華キャスト陣が物語を解説する特別映像解禁!

世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ、破格のメガヒット超大作によって次々とエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』が6月21日(水)よりDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信。この度、サミュエル・L.ジャクソンら豪華キャスト陣が、緊迫感満載な物語を解説する特別映像が解禁!

『シークレット・インベージョン』とは

“アベンジャーズの創設者”ニック・フューリー(サミュエル・L.ジャクソン)が、あらゆる人物に“擬態”できる能力を持つスクラル人の“シークレット・インベージョン(地球侵略計画)”の阻止に挑むサスペンス・スリラー。

主人公は国際平和維持組織 S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官ニック・フューリー。アイアンマン、キャプテン・アメリカらをアベンジャーズへと導き、スパイダーマンのスパルタ気味な保護者としても活躍してきたフューリーだが、彼がアベンジャーズを結成したのは地球外の侵略を阻止するためだった。しかし、この最強チームが表舞台から消えた時、マーベル史上最大の脅威“シークレット・インベージョン”が訪れる…。最強チームなき今、フューリーはこの脅威にどう立ち向かうのか? MCUの歴史の裏で暗躍してきた男の戦いが描かれる。

豪華俳優陣が物語を解説!

解禁された映像では、サミュエルを筆頭に、エミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』)ら豪華俳優陣が緊迫感溢れる物語を解説。

ドン・チードル

“アベンジャーズ”の一員ウォーマシンことジェームズ・“ローディ”・ローズ役のドン・チードルは「様々な視点を通してMCUの世界を見ることでキャラクターの違う側面も見えてくる。彼らの本質もさらに深掘りできる」とMCUの歴史さえ揺るがすかもしれないストーリーであることを示唆した。

エミリア・クラーク

そんな重大な物語のカギとなるのは、誰にでも姿を変えられる“擬態”能力で侵略計画を企むスクラル人。彼らの“擬態”がフューリーらをかく乱し、誰が敵か味方かわからない危機的状況へと追い込んでいく。重要人物とされるガイア役のエミリア・クラークは「本当に信頼できるのは誰なのか?という疑問は、この作品の肝。全くの予測不能で先読みすることも想像もできない」

コビー・スマルダーズ

フューリーの右腕マリア・ヒル役のコビー・スマルダーズは「親しいと思っていた人と話していても、実は思っているのと違う人だったりする。スパイとスパイの戦いよ」と語っており、視聴者すら混乱するほどに高度な心理戦が繰り広げられる予感。MCUお馴染みのキャラクターの中にも、スクラル人が擬態した“ニセ者”が存在するかもしれない…。

サミュエル・L.ジャクソン

今回が初の主人公となるフューリー。トレードマークである眼帯を外している姿もあり、これまでとは違うフューリーの姿も描かれる。サミュエルは「帰ってきたニック・フューリーはかつての権力を失っているんだ。そんなこともあってこの作品ではあまり超人的な方法で問題解決しない」と変化を解説。これまで“アベンジャーズ”のようなヒーローたちをまとめ上げ、幾度も世界を救ってきたフューリーが、今回は自らが先陣を切って“脅威”と対峙していく。

ベン・メンデルソーン

フューリーの協力者側にいるスクラル人・タロスを演じたベン・メンデルソーンが「舞台、空気感、脚本、すべてにおいてスリラーだ」と語るように、豪華キャスト陣が彩るスリルと謎に満ちた重厚なストーリーに期待したい。

MCUに欠かせない男の〈最後の戦い〉

壮大なミッションに挑むにつれ、絶体絶命の状況へと追いやられていくフューリー。これまで、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーらと比較してもほぼ同数のMCU作品に出演し、“キャプテン・マーベル”の新たな物語『マーベルズ』(11/10公開)にも登場する、MCU に欠かせない男フューリーが魅せる〈最後の戦い〉に注目したい。

『シークレット・インベージョン』は6月21日(水)よりディズニープラスにて日米同時配信開始。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:『シークレット・インベージョン』ディズニープラスにて6月21日(水)より独占配信©2023 Marvel