キーファー・サザーランド、『24』復活は常に話題に!“ロシアから脱出”が有力?

『24 TWENTY FOUR』のリバイバル版についてよく考えるというキーファー・サザーランド。最も復活版として有力なのはジャック・バウアーが“ロシアから脱出”するというシナリオと話しているとTV Lineが伝えている。

『24』続編として復活のシナリオは…

2001年から2010年にかけて放送され、社会現象を巻き起こすほどの人気を得たクライム・アクションシリーズ『24 TWENTY FOUR』。主人公ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドは、再び『24』を始動させる方法はいくつもあると話している。

1話あたり1時間で起こるストーリーを描き、1シーズン24話で進む秒刻みのリアルタイムさが話題を呼んだ『24』。2010年に放送されたシーズン8で1度幕を下ろすものの、2014年に全12話のミニシリーズ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』で復活。しかし最後にジャックはロシアに拘束されてしまった。その後、コーリー・ホーキンズ(『ウォーキング・デッド』)演じるエリック・カーターを新たな主人公にした2017年に新シリーズ『24:レガシー』が製作されるものの、キーファー不在のまま新キャラクターを中心に物語が展開した。

今でもジャックの姿をもう一度見たいという声は大きいが、キーファーもどのようにそれを実現できるか製作総指揮のハワード・ゴードンといつも話しているという。「ただブレストしているだけだけど、ジャックを連れ戻すアイデアは面白いものだと思う。ロシアから脱出させようとする新しいキャラクターのキャストが紹介されて、その時点から生きている。それを活かす方法はたくさんあるよ」

3年以上前、Fox entertainmentのマイケル・ソーンは『24』に関する二つの新シリーズの計画があるとTV Lineに明かしており、一つは若かりし頃のジャックを描く前日譚のようなシリーズだった。しかし企画は進行せず、一時中断。2021年にまだ実現の可能性はあると話し「いくつかの活発な話し合いが行われている」と述べていた。

キーファーがEW.comに話したところによると、ジャックありでも、なしでも『24』復活の方法はたくさんあると考えているようだ。そのリアルタイム形式の作品スタイルを活かすこともその一つだという。「誰かの人生で絶望的な24時間の瞬間をとらえるのは素晴らしいアイデアだと思う。それは消防士でもできる。色々な状況が考えられる」

できることならキーファーが再びジャックを演じる姿を見たいが、どのような形を取ったとしても『24』が復活することに期待したい。(海外ドラマNAVI)

『24 TWENTY FOUR』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中!

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

通常のHulu(月額1,026円税込)とDisney+のプレミアムプラン(月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば856円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン

Photo:『24 TWENTY FOUR』 (C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.