2019年12月アーカイブ

ゴードンがヴィランたちと共に戦う意味とは―。そして、ついにバットマンが誕生―。DCドラマ『GOTHAM/ゴッサム』のファイナルとなるシーズン5がAXNにて日本初放送となる。

2014年に米FOXで放送がスタートした、バットマン誕生前のゴッサム・シティを描いた本シリーズは最終章へ。口ひげを蓄えたジェームズ・ゴードンほか、ペンギンは突き出た腹に片眼鏡とシルクハット、コウモリのマスクとマントを纏い、あのダークナイトの姿となったブルース・ウェインなどメインキャラクターたちが映画やコミック、アニメに近いおなじみの姿で登場する。また、最恐最悪の宿敵ヴィラン"ベイン"が姿を見せ、ゴッサム・シティが崩壊の危機に。ベインを演じるのは、『NIKITA/ニキータ』のマイケル役で知られるシェーン・ウェスト。

シーズン4のラストで橋が爆破され、立入禁止が宣言されたゴッサム・シティは完全に孤立。これまで以上に犯罪者や殺人者たちが幅をきかせ、無法地帯となったゴッサム・シティでは、悪党たちが各エリアを縄張りにしている。市庁舎をアジトにしているペンギンは、工場で弾薬を製造し、誰も逆らえるものはいない。バーバラたちの縄張りはクラブ周辺、西側には毒ガスを持ったスケアクロウが。そしてジェレマイアの目撃情報はない...。そんな混沌の中、ゴッサム市警は本部の周辺を管理し、避難し遅れた住民を保護しているが、食料も水も不足し、争いは絶えない。

さらに、意味深なプロローグから幕を開けるファイナル・シーズン。ペンギンやリドラーといったヴィランたちと、ジェームズ・ゴードンをはじめとするゴッサム市警の警官たちが、手に銃を携え集結し、ゴードンの「ゴッサムのために」という号令のもと、激しい銃撃戦が始まるのだった。

『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5

AXNにて(全12話)
【字幕版】2020年1月9日(木)より毎週木曜日23:00~
【二カ国語版】2020年1月10日(金)より毎週金曜日11:00~

『GOTHAM/ゴッサム』を見て、視聴記録やレビューを【海外ドラマNAVI作品データベース】でチェックしよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5 GOTHAM and all related pre-existing characters and elements TM and (c) DC Comics. Gotham series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞に輝き、英スパイドラマ『ナイト・マネジャー』などに出演しているオリヴィア・コールマンが、米HBOと英Sky合作による実際に起きた事件を描く犯罪ドラマ『Landscapers(原題)』に主演することがわかった。米Varietyが報じている。

実際に起きた事件にインスパイアされ、犯人による何時間にもおよぶインタビューを基に制作される『Landscapers』。主人公は、有罪判決を受けた殺人犯のスーザン&クリストファー・エドワーズ夫婦。いかに温厚で献身的な夫婦がスーザンの両親を殺し、英マンスフィールドの自宅の裏庭に埋めるまでに至ったかが描かれ、夫婦の犯行は10年以上も暴かれなかったという。

オリヴィアがスーザン役を演じ、現時点で夫クリストファー役の俳優は未定。マット・デイモンが主演したヒューマン・コメディ映画『ダウンサイズ』で監督・製作・脚本を担ったアレクサンダー・ペインがメガホンを取り、エド・シンクレア(『One Day(原題)』)が脚本を務める予定だ。

オリヴィアと彼女の夫シンクレアが最近立ち上げた製作会社Sister and South of the River PicturesがHBOとSkyと提携し、オリヴィアとシンクレアがジェーン・フェザーストーン(『チェルノブイリ』)、クリストファー・フライ(『ヒューマンズ』)と製作総指揮も担う。

イギリス出身のオリヴィアは、英コメディドラマ『ピープ・ショー ボクたち妄想族』や『セレブになりたくて ~サイモンの青春日記~』などに登場した後、犯罪捜査ドラマ『ブロードチャーチ ~殺意の町~』にエリー・ミラー刑事役で出演。トム・ヒドルストンが主演したスパイドラマ『ナイト・マネジャー』で演じた英諜報機関のエージェント、アンジェラ・バー役でハリウッドでの知名度がアップし、『女王陛下のお気に入り』でオスカー女優に。英ブラックコメディドラマ『Fleabag フリーバッグ』や映画『オリエント急行殺人事件』などでも活躍している。(海外ドラマNAVI)

Photo:オリヴィア・コールマン&エド・シンクレアー (c)ABC/Rick Rowell

現在NHK BSプレミアムで放送中の、英国の大学都市オックスフォードを舞台にしたミステリードラマ『主任警部モース』の若き頃を描く『刑事モース~オックスフォード事件簿~』。その最新エピソードの日本初放送日が決定した。

本国イギリスでの人気はあのシャーロック・ホームズをしのぐとも言われるモース。今回WOWOWプライムで2020年2月24日(月)12:30より放送されるのは、2019年2月から英ITV系で放送された最新作、第6シーズン(全4話)の最初の1・2話に当たるシリーズ通算24・25話。モースたちが務めていたカウリー署が前シーズンでついに閉鎖されたが、それによって登場人物の立場や関係に大きな変化が訪れるのも見どころの一つだ。

カウリー署が閉鎖されたことで同僚とバラバラになってしまったモースは、ウッドストックの派出所の制服警官となり、ヒゲを生やしてイメージチェンジ。少しシニカルになったものの、刑事に復帰してからは強引なやり方を貫く新上司ボックス警部とぶつかり合いながら、難事件を解明していく。「Case20 殺意を誘う列車」で初登場したロニー・ボックス警部を引き続き演じるのはサイモン・ハリソン(『エベレスト 3D』『トランスフォーマー/最後の騎士王』)。

ファンにとっては、第25話でモース役のショーン・エヴァンスが番組初監督を務めたのも見逃せないだろう。シーズン7、8の製作がすでに決まっている。

「Case24 花飾りの少女」
1969年夏。カウリー署閉鎖後、モースと同僚たちは異なる職場にいた。ブライト警視正はキャッスルゲート署交通部、ストレンジはバンベリー署で働き、降格となったサーズデイはキャッスルゲート署で荒っぽいボックス警部のもとで苦労していた。キャッスルゲート署管内の派出所に配属されたモースは、10歳の少女の遺体を見つけ...。

「Case25 月の裏庭」
TVで人気の天文学教授ドレイクが車で単独事故を起こし、車内にいた身元不明の女性とともに遺体となって見つかる。検視によると女性は事故の前に死んでおり、教授が遺体を載せて自殺を図ったと考えられた。モースは女性の身元を探るが...。

『刑事モース~オックスフォード事件簿~』の最新エピソードはWOWOWプライムにて2020年2月24日(月)12:30スタート。それに先駆けて、過去のエピソード(Case18~23)が同年2月17日(月)9:20より一挙放送となる。また、WOWOWオンデマンドではモースの"新米"時代を含む本シリーズの過去エピソード全話(Case1~23)が配信中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事モース~オックスフォード事件簿~』
(c) Mammoth Screen Limited 2019 All rights reserved. Licensed By ITV studios global entertainment

米CWで放送されているDCコミックスのTVシリーズ、通称"アローバース"の史上最長作となるクロスオーバー『Crisis on Infinite Earths(原題)』が本国アメリカで始まった。『THE FLASH/フラッシュ』で主演を務めるグラント・ガスティンは、クロスオーバーが始まった当初を振り返った。

『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』、『Batwoman(原題)』のシリーズ内で放送される今回のクロスオーバーは、1985年から1986年に出版されたコミックス「クライシス・オン・インフィニット・アース」がベース。DCの多くのヒーローやヴィランが登場する壮大なエピソードとして知られ、アローバースでは史上最長作であり、新シーズンで幕を降ろす『ARROW』が参加する最後のクロスオーバーとなる。

クロスオーバーが始まったのは、2014年。最初は『ARROW』と『THE FLASH』の2作品で行われた。『THE FLASH』シーズン1第8話「フラッシュVSアロー」では、セントラル・シティを訪れたオリバー(スティーヴン・アメル)、フェリシティ(エミリー・ベット・リッカーズ)、ジョン(デヴィッド・ラムゼイ)が、視覚を介して人の感情を操るメタヒューマンと戦うチームフラッシュを助け、一方『ARROW』シーズン3第8話「アローVSフラッシュ」では、バリー(グラント)、ケイトリン(ダニエル・パナベイカー)、シスコ(カルロス・バルデス)がスター・シティを訪れ、チームアローが対峙するブーメラン使いの殺人犯の確保に協力する物語が描かれた。

米Entertainment Weeklyのインタビューで5年前のクロスオーバーを振り返ったグラント。撮影当時を振り返り、『THE FLASH』が始動したばかりの頃だったため、着用していたマスクも調整中の段階だったそう。そのため、常にマスクを着用していたそうで、リハーサルの写真では、カジュアルなジャンパーを着ているスティーヴンの横にマスク姿のグラントが立っている。

「(当時は)まだ僕のマスクをどうすべきか把握できていなかったんだ。だから最初の9話分では、毎日12時間はマスクをつけていたよ。ランチを食べる時でもね」

そのため、思わぬ悲劇も起きてしまった―。当時グラントは、いつもの通りマスクをつけたままホテルで第9話「黄色い閃光」の台本を読んでいたが、この回はバリーが両親を殺したリバース・フラッシュと初めて対峙する話で、感情的になったグラントは思わず泣いてしまったのだという。「僕のマスクは全体がスポンジ状になっていて、ひどいことになったよ。だから、クロスオーバーの撮影初日は素晴らしかったとは言えないね」

今年のクロスオーバーエピソード『Crisis on Infinite Earths』は、すでに『SUPERGIRL』『Batwoman』『THE FLASH』で放送され、年末の放送休止を経て1月14日(火)の『ARROW』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』で完結する。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』
(c)2019 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW(TM) and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.

『シャイニング』『キャッスルロック』などの原作を手掛けるホラー界の巨匠スティーヴン・キング作品が、また新たなドラマになることが明らかになった。米TV Lineが報じている。

今回米FXでリミテッドシリーズとして製作されるのは、時代を超え幾度となく映画化されてきた「キャリー」。原作はキングが1974年に執筆した最初の長編小説。テレキネシスを持つ冴えない女子学生キャリーが、クラスメイトのいじめなどによって精神的に不安定となり、その能力で残虐なリベンジを果たしていくという物語。

今回のドラマ版では、トランスジェンダーか有色人種の俳優が起用されると言われている。現時点ではキャスティングなどは決まっていない。

「キャリー」の映画化は、1976年公開の映画から始まった。1作目は、『悪魔のシスター』『アンタッチャブル』『ミッション:インポッシブル』など数々の映画を手掛けるブライアン・デ・パルマが監督を務め、『イン・ザ・ベッドルーム』のシシー・スペイセクが主人公のキャリー役でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。出演者には、若き日のジョン・トラボルタ(『サタデー・ナイト・フィーバー』)、ベティ・バックリー(『プリティ・リトル・ライアーズ』)、スティーヴン・スピルバーグの元妻で女優のエイミー・アーヴィング(『エイリアス』)らがいた。その後1999年に、新たなキャストとスタッフで製作された続編となる『キャリー2』もある。

2002年には、『ラストキングダム』シリーズや『ヤング・スーパーマン』の監督で知られるデヴィッド・カーソンがメガホンを執り、アンジェラ・ベティス(『DIG/聖都の謎』)主演でTVムービーとして製作。

さらに2013年には1976年の映画をリメイクする形で、クロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』)主演、ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)共演で映画化されている。また、2013年映画版でペンを執ったロベルト・アギーレ=サカサが製作を務める青春サスペンスドラマ『リバーデイル』のシーズン2で、『キャリー』をテーマにしたミュージカルエピソードも披露されている。

スティーヴン・キング原作の映像化は、この他にも新作だけでもまだまだある。来年1月12日(日)米HBOで放送される『The Outsider(原題)』は、2018年に発表された作品で、ベン・メンデルソーン(『キャブテン・マーベル』)、シンシア・エリヴォ(『ロスト・マネー 偽りの報酬』)らが出演する。

1978年に発表された「The Stand(原題)」のドラマ化も2020年開始予定で米CBS All Accessで進められている。同作には、ジェームズ・マースデン(『X-MEN』シリーズ』)やウーピー・ゴールドバーグ(『ゴースト/ニューヨークの幻』)、アンバー・ハード(『アクアマン』)らが出演。

また、『11.22.63』と『キャッスルロック』でタッグを組んだJ・J・エイブラムス(『LOST』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』)が新たに手掛ける『Lisey's Story(原題)』もある。同作は米Appleオリジナル作品となり、『アリスのままで』『ハンガー・ゲーム』シリーズのジュリアン・ムーアが主演を務める。

なお、『キャッスルロック』はシーズン2が、2020年2月18日(火)23:00よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。2020年もキング原作の映像作品から目が離せないようだ。(海外ドラマ NAVI)

Photo:1976年版『キャリー』 (c)Everett Collection/amanaimages

全国無料放送のBSテレビ局Dlifeが、年末年始に人気ドラマを一挙放送する特別編成「年末年始!ドラまつり」を12月30日(月)からスタートする。

人気ドラマを一挙放送でお届けするこの特別編成は、12月30日(月)19時の『ビッグバン★セオリー』シーズン3傑作選(4話)から幕を開ける。IQは高いけれど、ちょっとズレてる草食系オタク男子と美女が繰り広げるコメディで、豪華ゲストの登場も話題の人気ドラマ。本国アメリカでは今年5月、シーズン12で惜しくも幕を閉じた

続く21時からは、2017年秋の新作ドラマで全米視聴率全米No.1を記録した『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン1を2日にわたり一挙放送。天才的な能力を持つ、自閉症でサヴァン症候群の青年ショーンを『ベイツ・モーテル』のフレディ・ハイモアが熱演し、外科医として成長していくショーンの姿を描く感動のヒューマン医療ドラマだ。

その他、トータルIQ700の天才集団が、最新テクノロジーを駆使して難事件に挑む犯罪捜査エンターテイメント『スコーピオン』の見逃し放送や、2020年1月1日(水)からは『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』『SHERLOCK/シャーロック』シーズン1からシーズン3まで、『クリミナル・マインド 国際捜査班』などの一挙放送。『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン11と『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン6の見逃し配信も予定している。見逃していた方も、もう一度見たい方もこの機会をお見逃しなく!

「年末年始!ドラまつり」放送スケジュール

■12月30日(月)~1月5日(日)
19:00~21:00 『ビッグバン★セオリー』シーズン3傑作選/『ビッグバン★セオリー』シーズン4傑作選

■12月30日(月)、12月31日(火)
21:00~28:30『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン1一挙放送

■12月30日(月)~1月5日(日
28:30~30:00『スコーピオン』シーズン3 #1~#13見逃し放送

■1月1日(水)~1月3日(金)
10:00~16:00『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』一挙放送

■1月1日(水)、1月2日(木)
21:00~28:30『SHERLOCK/シャーロック』シーズン1~シーズン3一挙放送

■1月3日(金)
21:00~28:30『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン11 #1~#9見逃し放送

■1月4日(土)
10:30~14:00『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン6 #1~#4見逃し放送

■1月4日(土)、1月5日(日)
21:00~28:30、21:00~24:30『クリミナル・マインド 国際捜査班』シーズン1一挙放送

※詳しい放送時間等はDlife公式ホームページでご確認ください。

(海外ドラマNAVI)

Photo: 『ビッグバン★セオリー』& (c) Warner Bros. Entertainment Inc./『グッド・ドクター 名医の条件』(c) 2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved./『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン11© ABC Studios/『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン6 ©ABC Studios & Marvel/『クリミナル・マインド 国際捜査班』シーズン1 ©ABC

2009年に映画化もされたDCの人気コミック「ウォッチメン」を米HBOでTVシリーズ化した『ウォッチメン(原題:Watchmen)』。2020年注目の本作より、新旧ヒーローを演じるキャストたちのインタビューコメントの一部を初解禁。

本作は、原作から34年後のスーパーヒーローが存在するもうひとつの現代のアメリカを舞台に展開する。かつて人類は米ソ冷戦の情勢悪化で核戦争による地球滅亡の危機に直面したが、その危機を脱した後の2019年のアメリカで活動するヒーローたちの戦いや苦悩を描いた異色作。

新たなヒーローが活躍する模様が描かれるのも魅力だが、2009年公開の映画版でも登場した元ヒーローの現代の姿が描かれるのも本作の見どころの一つなのだ。

そんな本作で謎の老人"ウィル・リーヴ"を演じる名優ルイス・ゴセット・Jr(『愛と青春の旅だち』『エクスタント』)は、「僕らが育った環境での理想のヒーローは、『スーパーマン』『キャプテン・マーベル』 『バットマン』 『グリーン・ホーネット』などで、イタリア人が多く住んでいたコニーアイランドで育った僕は、それらに影響された」と、子どもの頃からヒーロー作品が好きだったと明かす。

20191224-00000007-dramanavi-1-00-view.jpg

だがその一方で、「ハリウッドに移った時に、様々な問題に出くわした。例えば、人種が黒人だというだけで、警官によって木に手錠をかけられたこともあった。木に手錠をかけられたら、自暴自棄にもなったり、かなり怒りを覚えた経験がある。その当時は"今に見てろ!"と思ったが、今ではそんな感情も湧かないね」とルイスは語った。本作は人種問題がテーマにもなっており、"ヒーローvs差別主義者"という構図の戦いを、ルイス実生活で経験していた。

続いて、顔全体を鏡のような銀色のマスクで覆い、表情は見えず主に尋問を得意とするニューヒーロー"ルッキングラス"役のティム・ブレイク・ネルソン(『オー・ブラザー!』)は、製作総指揮のデイモン・リンデロフについて語る。「デイモンは無謀にも思えるが、自信を持って、自分の描いたビジョンを現代に移し変え、コミック版「ウォッチメン」を歴史として描く。さらに冷戦による核戦争と同様なものを、現代の人種差別がもたらした恐怖に置き換えて、人々に想像させていることが、ある意味辛辣だが、原作に対しては崇高で、挑戦的なアプローチだったと思う」

20191224-00000008-dramanavi-1-00-view.jpg

そして、かつてウォッチメンのメンバーとして活動していた元ヒーロー"二代目シルク・スペクター"ことローリー・ブレイク役のジーン・スマート(『レギオン』)は、第三話からFBI捜査官として登場する。「彼女は、過去や家族に強制されたことを拒否してきたけれど、今では危険なヴィジランテ(自警団)を取り締まるFBIのエージェントとなり、次々にヴィジランテを刑務所に閉じ込めているの」と役柄を述べ、34年前の戦いの後、ヒーローを引退し、新しい身分を得たキャラクターを演じている。

20191224-00000009-dramanavi-1-00-view.jpg

『ウォッチメン』(全9話)情報

<放送スケジュール>
【STAR2 字幕版】1月31日(金)より 毎週金曜23:00ほか 
※1月31日(金)は第1話無料放送
【STAR3 二ヵ国語版】2月5日(水)より 毎週水曜22:00ほか

<配信スケジュール>
Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて
2月1日(土)より字幕版配信開始 
※1月1日(水・祝)より字幕版第1話無料配信開始

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォッチメン』(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

大人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のあのキャラクターが、米CBS All Accessのスピンオフドラマ『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』シーズン4にレギュラーとしてカムバックすることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

同作は、本家にもシーズン1から登場していた弁護士ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)と、シーズン7でレギュラーだった弁護士ルッカ・クイン(クシュ・ジャンボ『ヴェラ ~信念の女警部~』)をはじめ、ダイアンの名付け子で新人弁護士マイア(ローズ・レスリー『ゲーム・オブ・スローンズ』)を中心に展開する法廷ドラマ。

オリジナルシリーズに登場し、スピンオフのシーズン4からレギュラーで登場することになったのは、ダイアンの法律事務所で共同パートナーだったデヴィッド・リー弁護士を演じるザック・グルニエだ。

ザックは、『グッド・ファイト』のパイロット版にゲスト出演していたが、それ以降はスピンオフに姿を見せていなかった。どのような形でデヴィッドが登場して物語に絡んでくるのかは不明だが、ダイアン役を演じるクリスティーン・バランスキー、ルッカ役のクシュ・ジャンボ、調査員マリッサ役のサラ・スティールとジェイ役のニャンビ・ニャンビ、リズ役のオードラ・マクドナルド、エイドリアン・ボーズマン役のデルロイ・リンドーらとカムバック。マイア役のローズ・レスリーはシーズン3をもって降板している。

ベテラン俳優として数多くの作品で活躍しているザックは、『ファイト・クラブ』『フェイク』などの硬派な映画や、『シカゴ P.D.』『ブラックリスト』『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』などの人気ドラマシリーズでもバイプレーヤーとして重厚な演技を見せている。

『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』シーズン4は現在撮影中で、2020年春に米CBS All Accessより放送開始予定。全10話となるシーズン1は、NHK総合にて2020年1月5日(月)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:**作品名等** (c)**copylight**

大ヒットドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のシェマー・ムーアが主演する人気アクションドラマ『S.W.A.T.』。そのシーズン3で初のアジアロケとして東京で撮影が行われたことは以前お伝えした通りだが、そのエピソードにゲスト出演する日本人キャストが明らかになった。

ロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった、凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊、S.W.A.T.の活躍を描く本作。本国アメリカで2019年10月にスタートしたシーズン3は、スケールアップした緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決、さらに新キャラクターの登場など見逃せない内容となっている。

今回出演が発表されたのは、小澤征悦(『JUKAI-樹海-』)と福島リラ(『ウルヴァリン:SAMURAI』『ゲーム・オブ・スローンズ』)。詳細は不明だが、小澤は警察の情報提供者で、今回の事件でS.W.A.T.に協力することになるサトウ役、福島は事件のカギを握る人気女性レスラーのリオ役だという。すでにハリウッド進出を果たし、世界を舞台に活躍している二人が、シーズン3第13話(予定)でどんな演技を見せてくれるのか、日本を舞台にS.W.A.T.チームのどんなストーリーが展開するのか、今から期待が高まる。

なお、小澤は以前『クリミナル・マインド 国際捜査班』でも日本を舞台にしたエピソードでゲストを務めていた。同作にシェマーは登場しなかったものの、同じCBS作品ということもあり、『クリミナル・マインド』関連の仕事が続いていると言えるかもしれない。

スーパー!ドラマTVでは、日本ロケ&日本人キャストのゲスト出演決定を記念して、『S.W.A.T.』のシーズン1&2の全話を12月28日(土)11:00より年末一挙放送する。(海外ドラマNAVI)

Photo:『S.W.A.T.』小澤征悦&福島リラ
(C)2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios, Inc. All Rights Reserved.

数々の映画に出演し、自らメガホンを取った1990年公開の『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ではアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した名優ケヴィン・コスナーが、米ABCの新作クライムドラマシリーズで製作総指揮を務めることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じた。

ケヴィンが手掛ける『ISB(原題)』というタイトルの新作ドラマは、多様で雄大な国立公園内で起こる最も複雑で凶悪な犯罪の解決を任務とするISBの西海岸エリアの特別捜査官たちの活躍を描く。

ケヴィンは、米CWのDCドラマ『THE FLASH/フラッシュ』でショーランナーを務めたアーロン・ヘルビングとともに製作総指揮を担い、脚本も手掛ける。ヘルビングは、監督も務める。

ケヴィンは声明を発表し、「このプロジェクトはA+E Studiosのタナ・ジェイミソンとの長い友情から生まれました。私たちは以前にも一緒にプロジェクトに取り組んでいましたし、この企画を一緒にやろうと持ちかけてくれた時の彼女の情熱ですぐに決断をすることができました。新境地を開拓してきた歴史を持ち、創造的なビジョンをサポートしてくれるABCと作品を作れることを楽しみにしています」と述べている。

ケヴィンは現在、米Paramount Networkの『Yellowstone(原題)』に主演し、製作総指揮も兼任している。『ISB』の新たな情報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケヴィン・コスナー (c)NYRIV/FAMOUS

TBS系ドラマとして常盤貴子主演でリメイクされた『グッドワイフ』の原作となる米CBSを代表する本格法廷ドラマ『グッド・ワイフ』。その本家最終話から1年後という設定で物語がスタートするスピンオフ作品『グッド・ファイト』がNHKにて2020年1月5日(日)より放送スタートする。

『グッド・ファイト』は、シカゴの弁護士事務所を舞台に、逆境を乗り越え、次々と押し寄せる訴訟問題に立ち向かう、本家でも人気の高いクリスティーン・バランスキー(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)扮するダイアン・ロックハートを中心とした女性弁護士たちを力強く描く、本家に勝るとも劣らない人気ドラマだ。

弁護士引退を決めたダイアンは、事務所にアソシエイトとして採用されたマイア・リンデル(ローズ・レスリー『 ゲーム・オブ・スローンズ』)を最後の案件に関わらせる。これで悠々自適の生活を送れると思ったのもつかの間、ダイアンに衝撃の事態が訪れる。全財産を投資していたマイアの父ヘンリー( ポール・ギルフォイル『 CSI:科学捜査班』)が運営するファンドが突然閉鎖。ヘンリーは巨額詐欺容疑で逮捕されてしまう。一夜にして<犯罪者の娘>となってしまったマイア...。果たして二人の運命は?

◆次から次へと続く裏切り、思いもよらない罠...真実はいったいどこに?

逮捕されたマイアの父ヘンリーは無実を主張し、母レノア(バーナデット・ピータース『 モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』)も夫の無実を主張する。両親を信じていたマイアだったが、そこに次々と判明する衝撃の事実...。二転三転する展開に目が離せない。

◆アメリカの今を切り取った、リアルなストーリー展開

第1話のオープニングは、民主党支持者のダイアンがTVで「トランプ大統領の就任式を見ているシーン」から始まる。その後も、トランプ政権下の<今>のアメリカ社会が垣間見られる、リアルなストーリーが展開する。シーズンを通して描かれる「巨額詐欺投資事件」は実際の事件をもとにしている。さらに、警官による暴行事件やテロ組織との闘い、SNSを駆使した犯罪など、タイムリーなテーマを法廷で争う弁護士たち。『グッド・ワイフ』を見ていない人でも十分に楽しむことができる本格法廷ドラマだ。

◆『グッド・ワイフ』でおなじみの個性的なキャストが続々出演

ダイアンと共に仕事をしていた有能な弁護士ルッカ・クイン( クシュ・ジャンボ『 ヴェラ ~信念の女警部~』)は、マイアのピンチを救う救世主的な存在。さらにダイアンのアシスタントとなるマリッサ・ゴールド( サラ・スティール『ナース・ジャッキー』)は、『グッド・ワイフ』の主人公アリシア(ジュリアナ・マルグリーズ『ER 緊急救命室』)の夫の選挙参謀として活躍したイーライ(アラン・カミング『インスティンクト -異常犯罪捜査-』)の娘。

ほかにもダイアンの別居中の夫カート( ゲイリー・コール『 Veep/ヴィープ』)、弁護士のエルズベス・タシオニ(キャリー・プレストン『パーソン・オブ・インタレスト』)や多くの個性的な判事たち。イリノイ州の実力者マイク・クレスティーバ(マシュー・ペリー『 フレンズ』)、謎の人物コリン・スウィーニー( ディラン・ベイカー『ブラインドスポット タトゥーの女』)など、『グッド・ワイフ』ファンなら思わずニヤリとするメンバーが勢ぞろい。製作総指揮のリドリー・スコットが、本家に引き続き製作総指揮を務める。

全10話となる『グッド・ファイト』シーズン1は、NHK総合にて2020年1月5日(日)より放送スタート。以降、毎週日曜日午後11時より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ファイト』(c) 2016 CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved

本国アメリカでは、シーズン10が放送中の人気ドラマシリーズ。ニューヨークを舞台に、警察一家が難事件に挑むクライム・サスペンスドラマ『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』のシーズン1がFOXチャンネルにて放送スタートする。

本作は、3世代にわたりニューヨーク市警察官(NYPD)としての伝統を培うレーガン一家を描き、「正義」「伝統」「誇り」を胸に、巨大都市で起こる事件に彼らが立ち向かう本格派クライム・サスペンス。現実味のある事件が愚直に映し出され、マンハッタンを襲う自爆テロの恐怖、地下鉄の車両を占拠し乗客を恐怖に陥れるギャング団に、麻薬との闘い、そして拉致事件など、ニューヨークで続発する凶悪犯罪とNYPDの死闘を描く。

一家の大黒柱フランク・レーガンは、NYPDの本部長として凶悪犯罪から市民の安全を守る指揮を執り、型破りな長男のダニー刑事は正義のためにルールを越えて突進していく。弁護士志望だった末っ子のジェイミーもあることから警察を志し、街をパトロールする新米警官に。だが、刑事だった次男ジョーの死に絡んで、ジェイミーがNYPD内の秘密結社を追い始めてから、疑惑と危険が一家を襲う...。

フランクを演じるのは、1980年代に放送された人気探偵ドラマ『私立探偵マグナム』で人気を博したトム・セレック。ダニー役には、映画『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグの実兄で、『シックスセンス』や『ソウ』のドニー・ウォールバーグ。検事補の長女エレン役を、『ジョン・ウィック』シリーズのヘレン役で知られるブリジット・モイナハンが扮する。その他、『父親たちの星条旗』『スポットライト 世紀のスクープ』のレン・キャリオーや、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』『ザ・ボーイズ』ジェニファー・エスポジートらが出演。硬派な刑事ドラマの中で、それぞれがチャーミングで人間らしいキャラクターを演じている。

作品全体の軸となるミステリー要素にも注目の一話完結型『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』シーズン1は、2020年2月7日(金)22:00よりFOXチャンネルにて放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』シーズン1(c)2010 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved./(c)2011 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

エミー賞3度受賞のジェームズ・スペイダー主演で2013年秋より米NBCで大ヒットしているクライムサスペンス『ブラックリスト』。現在米国で放送中のシーズン7に、『NIP/TUCK マイアミ(ハリウッド)整形外科医』でジュリアナ・マクナマラを演じていたジョエリー・リチャードソンが出演することがわかった。その役どころについて米TV Lineが報じている。


本作は、世界中のあらゆる犯罪に裏で関与してきた国際的な最重要指名手配犯レイモンド・レディントン=通称・レッドが主人公。ある日突然、FBIに出頭してきた彼は自身が関わってきた様々な凶悪犯罪者たちの情報を提供すると申し出るのだが、新人捜査官のエリザベス・キーンを担当にしろという条件を付けてくる。それまで全く面識すらなかった二人の関係やレッドの狙い、過去と事件が交差するクライムサスペンスだ。

今回ジョエリーが演じるのは、カサンドラ・ビアンキという名の女性。優雅で魅力的だが冷酷なカサンドラは、抜け目のない犯罪者。人生で最大のだましを働こうとする。しかし友人を騙そうとしたことでそれまで調子の良かった人生がスローダウンしてしまい、未来を変えたいと願っている。だが、状況は悪くなる一方で、生き残るために昔に知り合いであり、恋仲とも言える関係だったレッドと協力せねばならないことになるという展開のようだ。

本作の脚本と製作総指揮を担うジョン・アイゼンドレイスは、レッドとカサンドラの関係を次のように語った。

「ジョエリーが演じるカサンドラは、レッドと過去に深いつながりがあります。この二人を、レッドにとって特別な関係だった人を描くことを楽しんでいます。カサンドラはレッドにとってそんな特別な人なのです。これは、『ブラックリスト』の本編に関わりのない余分な、(通称)ボトルエピソードというわけではありません。楽しく、毎週のエピソードのパターンとは異なる、そして信じられないくらい素晴らしい推理物語なのです。アガサ・クリスティーへのオマージュでもあるのです」

どうやら本編とはあまり関連のないエピソードで、レッドの過去の女性として描かれるカサンドラだが、推理小説のような物語になるという点も期待が持てそうだ。『ブラックリスト』シーズン7は、米NBCにて毎週金曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』(C) 2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

音楽業界を舞台に、家族の確執や権力争いを描く米FOXの大ヒットドラマ『Empire 成功の代償』。同作で、ジャマル・ライオンを演じていたジャシー・スモレットが、今年1月の事件により出演しないことになっていたが、ファイナルシーズンで復帰する可能性が出てきた。米TV Lineが報じている。

本シリーズにおいて、過去最高話数の全20話で構成されるシーズン6。ショーランナーのブレット・マホーニーはジャシーについて、「家族を題材にしているこのドラマで、その家族の重要なキャラクターだった彼が姿を見せずに終了するのはおかしいと感じています。この件に関しては、協議を重ねたことはお教えできます。まだジャシーが復帰するかは決まっていません」とコメントした。

この一連の事件は、今年1月29日に、ジャシーがヘイトクライムの被害に遭うという事件が起きたことから始まった。ジャシーはシカゴの自宅前で白人男性二人組に襲われ、首にロープを掛けられ漂白剤を浴びせられた。二人はMAGA(アメリカ合衆国を再び偉大にしようというトランプ政権のスローガン)信仰者と思われる言葉を発したと報じられていた。同作の共演者やその他の俳優にも衝撃を与えた。

ところが捜査が進むにつれ、驚くべき事実が発覚する。ジャシーを襲った二人は、彼に雇われて襲ったと証言。よって、この事件はジャシーの自作自演だったと報じられ、シカゴ市警はジャシーを逮捕するという衝撃の展開となった。しかしジャシー本人はこの疑惑を終始完全に否定。3月には不起訴が決定し、検察側がジャシーに対して申し立てていた治安びん乱行為および虚偽通報など16件もの罪状は全て取り下げられたが、シカゴ市は本件の捜査費用をジャシーに請求するという行為に出ていた。

このことにより、米FOXエンターテイメントは「製作スタジオとジャシー・スモレットは、次のシーズン6にジャマル・ライオンを登場させないことで合意しております」との声明を発表していた。

果たして、ファイナルでジャシー演じるジャマルの元気な姿を見ることができるのか―。ファイナルとなる『Empire 成功の代償』シーズン6は、2020年1月に後半が米FOXにてスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Empire 成功の代償』(c)2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

大人気シットコム『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』のペニー役でおなじみのケイリー・クオコが、米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」の新作ドラマ『The Flight Attendant(原題)』に主演するとのニュースは以前お伝えした通り。彼女が製作総指揮も務める本作に、ケイリーの妹ブリアナ・クオコが出演して姉妹共演を果たすことが明らかとなった。

クリス・ボジャリアンのスリラー小説をドラマ化する『The Flight Attendant』の主人公は、中東ドバイのホテルで二日酔いで目覚め、隣に横たわる死体を発見した客室乗務員のカッサンドラ・ボーデン。警察に通報せずに何もなかったフリをして同僚の客室乗務員たちとニューヨーク行きのフライトに乗り込んだ彼女は、FBI捜査官から乗り継ぎ地について質問される。何が起きたのか思い出せないカッサンドラは、もしかしたら自分が殺人を犯したのかもしれないと思い始める...というストーリー。

歌手で女優、ダンサーと振付師でもあるというブリアナは、組織の捜査に夢中で通話を盗聴する、風変わりで野心あふれるアシスタントのセシリア役を演じ、数話にわたり登場するとのこと。

ケイリーが主演し、『ゲーム・オブ・スローンズ』でダーリオ役を演じたミキール・ハースマン、ソノヤ・ミズノ(『ラ・ラ・ランド』)、コリン・ウッデル(『アンフレンデッド:ダークウェブ』)、ゾーシャ・マメット(『GIRLS/ガールズ』)、マール・ダンドリッジ(『グリーンリーフ』)、グリフィン・マシューズ(『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』)の出演も決定している。

ケイリーは、DCヒーロードラマ『ARROW/アロー』やサスペンスドラマ『YOU ―君がすべて―』などでタッグを組むグレッグ・バーランティとサラ・シェクター、そして脚本も兼任する『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のスティーヴ・ヨッキーらと共同製作総指揮も務める。

米HBOの社会派ドラマ『ニュースルーム』や『メンタリスト』などに端役で登場したブリアナは、『ビッグバン★セオリー』にもゲスト出演。米NBCの音楽オーディション番組『Voice』シーズン5に出場して注目されたブリアナは、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』や『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』などにも姿を見せている。

「HBO Max」は2020年にサービスがスタートする予定で、ケイリーとブリアナの姉妹共演が楽しみな『The Flight Attendant』の配信開始日は未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブリアナ・クオコのInstagramより

大人気サバイバル・パニック・ドラマ『ウォーキング・デッド』の原作者で、製作総指揮を務めているロバート・カークマンが、新たな映画製作の契約を結んだようだ。米Comicbookなど複数のメディアが報じている。

カークマンは、2020年3月11日に刊行される「Stealth(原題)」という新作コミックを、ユニバーサル・スタジオと映画化に向け、始動した。

「Stealth」は、主人公ステルスを描き、彼は何十年もの間、デトロイトで犯罪との戦いを繰り広げてきたが、今では正義を追求しすぎていた。だが、その理由はアルツハイマーを患っている彼の父親にあった。父親は、この街にはもはやステルスは必要なヒーローではないということを受け入れたがらないでいたから。そのことを知っているのはレポーターのトニー・バーバーだけで、敵はこのヒーローがリタイアするのを待っているという状況にあるという物語。

ストーリーをマイク・コスタ、イラストをネイト・ベレガルドとタムラ・ボンヴィリアン、そして表紙をジェイソン・ハワードが担当している。

そして、映画版の脚本を担うのは、『アイアンマン』や『カウボーイ&エイリアン』『エクスパンス -巨獣めざめる-』を手掛けているマーク・ファーガスとホーク・オストビーのペア。監督は、『大統領の執事の涙』や『Empire 成功の代償』のリー・ダニエルズ。製作総指揮には、カークマンと『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のデヴィッド・アルパート、『殺しのナンバー』や『デイブレイカー』のブライアン・ファーストとショーン・ファーストらが務める。現時点では新作コミックの映画版「Stealth」の公開予定日などは、決まっていない。

カークマンとユニバーサルがチームとなるのは今回が初めてではない。『ウォーキング・デッド』のシーズン9途中で退場した主人公リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)が登場する映画版の製作もチームとなり進めている。

映画版「Stealth」の新たな情報が入り次第順次お伝えしていきたい。カークマンが製作する『ウォーキング・デッド』シーズン10は、後半(9話目以降)が2020年2月24日(月)よりFOXチャンネルでスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:新作コミック「Stealth」

ついに幕を閉じることになった大人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。ファイナルとなるシーズン15が、米CBSにて2020年1月8日(水)より放送開始されるが、BAUチームに何が待ち受けているのか、米TV Guideが紹介している。(※本記事は、シーズン14最終話のネタばれ&シーズン15第1&2話の筋書きを含むのでご注意ください)

シーズン15の第1話と2話は、1月8日連続で放送される。第1話「Under the Skin」では、ロッシ(ジョー・マンテーニャ)を殺そうとしたカメレオンことエヴェレット・リンチ(マイケル・モーズリー)と驚くほどプロファイルが似ている犯人をチームが捜査するという。

そして、第2話「Awakenings」ではBAUメンバーの一人が病院送りになり、残りの捜査官がリンチと彼の娘グレイス(アレックス・ジェニングス)を捜索。一方、リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)は、母親ダイアナ(ジェーン・リンチ)の意識がしっかりしている間に意義ある時間を過ごすことに...。

また、シーズン14の最終話「肉と血」で、長年見てきたファンに衝撃を与えたその後にも大注目だ。まさかのJJ(A・J・クック)がリードに愛を告白! JJはウィル(ジョシュ・スチュワート)と結婚していて、子どももいるはず...。果たして、二人の関係は―。

現時点では、途中で降板したアーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソンやデレク・モーガン役のシェマー・ムーア、ジェーソン・ギデオン役のマンディ・パティンキンをはじめとする元レギュラーキャストが、ファイナルシーズンにカムバックするのかは明らかになっていない。

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン15は全10話構成となり、CBSにて1月8日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』(c)ABC Studios

今年で放送開始から25周年を迎えた大ヒットシットコム『フレンズ』で、もしかしたらフィービーは夫になったマイク・ハニガンではなく、"あのキャラクター"と結ばれる可能性があったことが明らかとなった。

『フレンズ』で共同クリエイターを務めたデヴィッド・クレーンが英Radio Timesのインタビューに応え、フィービー(リサ・クドロー)が最終的に結婚したマイク(ポール・ラッド『アントマン』)の前に交際し、シーズン1に登場したハンク・アザリア(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)演じるデヴィッドと結ばれるアイデアもあったと語っている。

「デヴィッドとの可能性は間違いなくあったね。ポールもハンクも抜きん出た俳優で申し分なかったし、リサとの共演も素晴らしかったから、どちらにするか試行錯誤を繰り返していたんだ。どうやって最終的な決断に達したのか全部は覚えてないが、違う選択になっていた可能性もある。フィービーはどちらとも上手くいっていたんだじゃないかな」と、異なるハッピーエンディングが描かれていたかもしれないと述べていた。

またクレーンは、10シーズンにわたり全236話放送されたシリーズが、予定よりももっと早く終了していた可能性があったことも明かしている。放送局のNBCからシーズン8が最後になると告げられたが新シーズンへ更新され、さらにはシーズン9のある時点で、局に「これが間違いなく最後になる」と伝えられた1週間後にシーズン10の製作が決定したそうだ。

そして、仮にシリーズが早く幕を閉じていたら、それでもロスとレイチェルは結ばれる運命にあったのか尋ねられ、クレーンは「エンディングは同じだっただろうね。各シーズンで描かれた筋書きは違っていたかもしれないけど、同じ場所に行き着いていたと思うよ」と答えている。

なお、2020年5月にサービスが開始する米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」にて『フレンズ』のリユニオンが計画されており、主要キャストとクリエイター陣が集結して、当時の思い出に花を咲かせる同窓会的な内容になると報じられていた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』TM & (c) Warner Bros. Entertainment Inc.

大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)のスピンオフとなる『House of the Dragon(原題)』のシリーズ化が決まったことはすでにお伝えしたが、『GOT』のあるキャストがこの新作に出演することについて前向きな姿勢を見せている。米Entertainment Weeklyが報じた。

『GOT』の300年前を舞台にしたこのスピンオフに姿を現してもおかしくはないと見られているのは、紅の女ことメリサンドル。推定年齢が数百歳と思われるメリサンドルを演じたカリス・ファン・ハウテンは『House of the Dragon』出演の可能性について以下のように語っている。「ストーリー次第ね。これまでの彼女とはまったく違う面を描くのなら、興味があるわ。これまでに見たことがない興味深い視点であるべきだと思う。でなければ、メリサンドルの運命が終わるとともに私の演技も自然な終わり方を迎えたと思っているから」

また、メリサンドルが紅の女と呼ばれるだけあって、北アイルランドでの寒い現場でも常に血のように赤い(そして薄い)衣装を身に着けていたカリスは、次に登場するなら別の衣装を着てはどうかと聞かれ、「そうね。多分、青の衣装をまとっていた時期もあるでしょうから」と答えている。

メリサンドルの初登場は10年近く前なので、外見の一貫性を保つためにCG加工が必要だとカリスはジョーク交じりに語っているが、メリサンドルの起源はほとんど明らかになっていない(原作では、彼女はもともと子ども奴隷で、光の王を信仰する神殿に売られて祭司として訓練されたとある)ので、新作ドラマで彼女のバックストーリーを掘り下げればいい、とEntertainment Weeklyは提案。そうすれば、カリスはメリサンドルが魔術やあの不思議なネックレスを得る前の姿を演じることができるかもしれない。

もちろん、この新作はターガリエン家の歴史と内紛に焦点を当てることを考えると、メリサンドルが登場する 必要はないのかもしれない。しかし、『House of the Dragon』のショーランナーであるミゲル・サポチニクは、『GOT』第八章でメリサンドルにとって最後となったエピソードを監督したため、カリスとはすでに一緒に仕事をした間柄だ。そんなメリサンドルも登場するのかも含めて、『House of the Dragon』に関して気になる情報が入り次第、またお伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

『ライン・オブ・デューティ』の製作会社が、再びBBCで、国中の注意を惹きつけた殺人事件の裁判の行方を描くフィクションドラマを製作することが明らかとなった。

『ボディガード』『ライン・オブ・デューティ』を製作したWorld Productionsが手掛ける全6話の『Showtrial(原題)』では、裕福な企業家の娘で傲慢なタリサ・キャンベルが、シングルマザーの娘で勤勉なハンナ・エリスの失踪について裁判にかけられる。シリーズでは逮捕の時点から判決まで両側の観点で物語が進められ、国民は富と政治、偏見に関わる裁判の詳細に取りつかれていく―。

クリエイターを務めるのは、北欧ミステリードラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』をリメイクした英社会派ミステリードラマ『トンネル -復讐の執行人』をはじめとする『トンネル』シリーズで脚本を手掛けたベン・リチャーズ。彼は、『ハリー・ポッター』の原作者J・K・ローリングが別名ロバート・ガルブレイスで執筆した小説「Cormoran Strike」のドラマ版『私立探偵ストライク』でもペンを執っている。

『トンネル』シリーズと『私立探偵ストライク』でリチャーズとタッグを組んだWorld ProductionsのCEOサイモン・ヒースが、「犯罪事件に取りつかれてしまう人間のDNAを使い、機能していない司法制度に光を当てながら、惹きつけられるような架空の殺人事件の裁判を描けるベン・リチャーズと再び仕事ができることを嬉しく思っています」とコメントしていた。

『ボディガード -守るべきもの-』は、BBCドラマとしては過去10年間で最高の視聴者数を叩き出すヒット作となり、以前のインタビューで主人公デヴィッドを演じたリチャード・マッデン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)が、シーズン2についてクリエイターと話を進めていることを明かしていた。また、『ライン・オブ・デューティ』は今年シーズン5がリリースされ、2020年にはシーズン6の放送を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ライン・オブ・デューティ』(c)BBC

シーズン11への更新が決定している米AMCの大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』にシーズン1から出演しているメリッサ・マクブライドが、自身が演じるキャロルについて驚きを感じる点を語っている。米Comic Bookが伝えた。

ドイツのドルトムントで行われたコミコンに登場したメリッサは、「以前からキャロルの運命について知っていましたか?」と質問されて次のように答えている。「いいえ、見当もつかなかったわ。シーズン1の撮影中、キャロルは3話も持たないだろうと思っていたから。シーズン2になっても、そのシーズンの最後まで生き延びられるか確信が持てなかった。それが今では10シーズンを迎えて...、そのことについてはまだ話せないんだけど。シーズン9でこそ死んじゃうかと思っていたのに、分からないものよね! だからとても驚いているの。でも、あのキャロルなら驚くことでもないのかも」と述べている。ちなみに、原作コミックのキャロルは2007年に出版された第41号で自殺している。

メリッサは2018年11月、ダリル・ディクソン役のノーマン・リーダスとともに、AMCと『ウォーキング・デッド』のフランチャイズ作品に出演する3年契約を結んだと報じられている。同契約は、彼らの演じるキャロルとダリルが何らかの形で本家シリーズを退場したとしても、スピンオフの『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』やリック・グライムズを主人公にした映画3部作にメリッサとノーマンが出演できることを意味している。

リックやモーガンが去ったことで、シーズン1から登場しているキャラクターはダリルとキャロルだけとなった。キャロルはファンの間で人気も高いため、当分の間は『ウォーキング・デッド』ユニバースで活躍する姿を目にできそうだ。本家ショーランナーのアンジェラ・カンも「ダリルとキャロルが一緒にいる姿を描くのは好きよ。二人の関係はとても素晴らしいの」と、キャロルファンにとって安心できるようなコメントを発している。

メリッサが続投する『ウォーキング・デッド』シーズン10後半は、2020年2月24日(月)22:00よりHuluのFOXチャンネルにて日本最速リアルタイム配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』でいまやノーマン・リーダス(145話)に続いて2番目に多くのエピソード(141話)に出演しているメリッサ・マクブライド
(C)Gene Page/AMC

今年5月に第八章をもって幕を閉じた大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でクリエイターを務めたデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが、アメリカの怪奇小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトを主人公にしたスリラー映画を製作するようだ。米Deadlineが報じている。

1920年代から1930年代にかけて活動したものの無名のまま46歳で亡くなり、死後に評価されるようになったラヴクラフト。1928年に出版された小説「クトゥルフの呼び声」をはじめとした、人類誕生以前に地球へ飛来した邪神たちがもたらす恐怖を描く〈クトゥルフ神話〉シリーズが有名で、浅浮彫を手がかりに謎の教団の幻影を追う「クトゥルフの呼び声」のほか、半人半魚の巨人との接触を描く「ダゴン」、クトゥルフを崇拝するダゴン秘儀教団の暗躍を曝いた「インスマスを覆う影」などを発表している。

1920年を舞台とするタイトル未定の映画は、そんなラヴクラフトを主人公にしたグラフィック・ノベル「Lovecraft(原題)」が元になるようだ。脚本を手掛けるのは、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』や『タイタンの戦い』でコンビを組んだフィル・ヘイとマット・マンフレディ。プロデュースを担当するのは、この脚本家コンビが執筆したサスペンス映画『インビテーション』や『イーオン・フラックス』で監督を務めたカリン・クサマ。現時点では、ベニオフとワイスが監督を務めるのかは不明だ。

ベニオフとワイスはNetflixと大規模な総体契約を結んだことが今年8月に伝えられていたが、本作はワーナー・ブラザースが製作するとのことで、Netflix契約前に進められていたプロジェクトと考えてよさそうだ。なお、二人は『スター・ウォーズ』シリーズの新作トリロジーでメガホンを取ることになっていた。(海外ドラマNAVI)

Photo:(左より)D・B・ワイスとデヴィッド・ベニオフ

米CWのDCドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン5に、ヴィランのミスター・ミクシィズピトルクが再登場することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

"ミクシー"の愛称で呼ばれるミスター・ミクシィズピトルクは、5次元世界からやって来た現実を捻じ曲げるトリックスター。本シリーズに登場するのは初めてではなく、スーパーガールことカーラ・ダンバースを口説くためにナショナル・シティに姿を表し、その過程で大混乱を引き起こしたキャラクターだ。1944年にDCコミックのスーパーマンコミックに初登場した。

シーズン2にミスター・ミクシィズピトルクが2話にわたり登場した時は、女麻薬王を描くドラマ『Queen of the South ~女王への階段~』のジェームス・バルディー役で知られるピーター・ガジオットが演じていた。

だが、シーズン5ではキャストが変わり、ドラマ版『リーサル・ウェポン』で弁護士レオ・ゲッツを演じ、映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』や『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』などに出演し、映画界でも活躍するトーマス・レノン。ミスター・ミクシィズピトルクは複数話にわたって登場する予定だ。

本国アメリカでは、『スーパーガール』を含め、CWのDCドラマシリーズの一大イベントとなる"アローバース"のクロスオーバーが繰り広げられている。

なお、このクロスオーバーには『スーパーガール』でスーパーマンに扮しているタイラー・ホークリン、映画『スーパーマン リターンズ』に主演したブランドン・ラウス(『レジェンド・オブ・トゥモロー』のアトムことレイ・パーマー役)、青年時代のクラーク・ケントがスーパーマンになるまでを描く『ヤング・スーパーマン』で主演を務めたトム・ウェリングが出演し、スーパーマンが3人揃うことでも大きな話題となっている。

新たなMr.ミクシィズピトルクはどんな姿を見せてくれるのか楽しみだ。『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン5は、CWにて2020年1月19日(木)より後半(第10話以降)がスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERGIRL/スーパーガール <フィフス・シーズン>』
(c)2019 Warner Bros. Entertainment Inc. SUPERGIR TM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.

誰もが知るおとぎ話と現代の世界が交差する米ABCのファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』。シーズン7をもって幕を閉じた本作のクリエイターが再集結し、新たなディズニーのおとぎ話を製作することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

『ワンス・アポン・ア・タイム』のクリエイターだったエドワード・キッツィスとアダム・ホロウィッツ、そして脚本家のブリジット・ヘイルズが『Epic(原題)』というタイトル新作ドラマを製作する。

『Epic』は、ディズニーのおとぎの世界を舞台にした恋愛アンソロジーシリーズとなり、ディズニー作品によく出てくるおとぎの森の中で、新たなヒーロー、敵、プリンスにプリンセス、そしてもちろん魔法に満ち溢れたストーリーになるという。だが、誰もが知る物語は道筋となり、新しいキャラクターを登場させ、様々な形の愛を描くようだ。

キッツィスとホロウィッツは製作総指揮と務め、ヘイルズは脚本を手掛ける。

キッツィスとホロウィッツのペアは、1980年代に放送されたSFファンタジードラマ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート版となるApple TV+の『Amazing Stories(原題)』のアンソロジーシリーズも手掛けている。全10話構成の同作には、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のケイト役や『リゾーリ&アイルズ』のモーラ・アイルズ役で知られるサッシャ・アレクサンダーが出演予定。

ディズニー傘下のABCが手がける『Epic』にどのキャラクターが登場するのか―。続報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ワンス・アポン・ア・タイム』(c)ABC Studios.

『新スター・トレック』のジャン・リュック・ピカード艦長のその後を描くスピンオフ『Star Trek: Picard(原題)』が、米国で来年1月に始まる配信を前に、シーズンに2更新されることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

パトリック・スチュワートがジャン・リュック・ピカードとしてカムバックする『Star Trek: Picard』は、『新スター・トレック』シリーズの最終章『ネメシス/S.T.X』の20年後が舞台となる。

全10話となるシーズン1は、2020年1月23日(木)より米CBS All Accessにて毎週1話配信される。シーズン2も全10話で構成され、2020年の終わりか2021年の初めに配信予定。撮影は、早ければ春頃開始と言われている。

そして、このセカンドシーズンの一環として、製作総指揮を務めるアレックス・カーツマンのプロダクションは、米カリフォルニア州から2040万ドル(約22億円)以上の税制優遇措置を受けるという。この額は、テレビ番組が同州で受ける措置としては最大額のもので、ジェリー・ブラウン知事は、この措置を3億3000万ドル(約362憶円)まで予算を拡大している。

本シリーズには、パトリックをはじめお馴染みのキャストたちがカムバックする。ウィリアム・T・ライカーを演じたジョナサン・フレイクスや、ディアナ・トロイ役のマリナ・サーティス、データ役のブレント・スパイナー、セブン・オブ・ナイン役のジェリ・ライアンらが姿を見せる。

『Star Trek: Picard』は、米国で2020年1月23日(木)より米CBS All Accessにて配信スタート。北米以外ではAmazon Prime Videoが配信する。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Star Trek: Picard』Instagramより

英サスペンスドラマ『刑事ルーサー』に主演し、近年はマーベルの『マイティ・ソー』シリーズや『ダークタワー』など映画界でも活躍しているイドリス・エルバが、兄弟愛をテーマにした小説をTVシリーズ化することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

イドリスの製作会社「Green Door Pictures」がドラマ化するのは、英作家デレク・オウスが近日出版予定の小説「Teaching My Brother To Read(原題)」。当初はドラマでなくポッドキャストシリーズになる話があったという。小説では、トラブルの絶えない弟と絆を結ぶため、彼が本を一冊読む度に50ポンド(約7300円)を渡すことにしたオウスの実体験が綴られている。

今回のドラマ化についてイドリスは、「デレクの本は、兄弟愛と文学が人生にどのような影響を与え、変えることができるかを考えるきっかけになるだろう。この小説をフィクション・ノンフィクションとして脚色できることにワクワクしているよ」と述べている。イドリスが出演するのかどうかは現時点では不明だ。

2013年に設立されたGreen Door Picturesは、映画やドラマだけでなくドキュメンタリーも製作。これまでには、イドリスが売れないDJから子守となる役で主演・企画・製作総指揮も務めたNetflixのコメディドラマ『ターン・アップ・チャーリー ~人生アゲていこう!~』、英Sky Oneと共同製作したコメディシリーズ『In The Long Run(原題)』、米ディスカバリーチャンネルと組んだドキュメンタリーシリーズ『Idris Elba: Fighter(原題)』などを生み出している。

俳優としてのイドリスは今後、2020月1月24日(金)に日本公開されるミュージカル映画『キャッツ』や、DCアンチヒーロー映画『スーサイド・スクワッド』のリブート版をはじめ、2020年以降に映画4本が待機中だ。(海外ドラマNAVI)

※jcom放送リストから情報を載せるのを忘れずに。

2009年に映画化もされたDCの人気コミックス「ウォッチメン」をアレンジした、米HBOのドラマシリーズ『ウォッチメン』では、「もしもロバート・レッドフォードが政権を取っていたら?」「ベトナムが米国の51番目の州になっていたら?」といった大胆な設定で物語が進行する。そして、そのドラマ版にはDCを代表する人気スーパーヒーローであるバットマンが密かに登場していたようなのだ。米Comicbook.comが報じている。(※本記事は、ドラマ版『ウォッチメン』のネタばれを含むのでご注意を!)

HBOの公式ウェブサイトにある『ウォッチメン』の関連サイト「Peteypedia」は、シリーズに登場するデイル・ピーティーFBI捜査官が捜査中に取ったメモを辞書風にまとめたページだ。

劇中では、元警官アンジェラ・エイバー(レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』)は、彼女が幼少時代に憧れた映画の女スーパーヒーロー、シスター・ナイトにインスパイアされて、マスクを付けた自警団員として活動しているとの説明がある。そして、「Peteypedia」によると、シスター・ナイトはDCコミックス「ミニッツメン」に登場するキャラクター、シルエットのパロディだと記されているのだ。

それだけでなくピーティー捜査官のメモには、HBOの『ウォッチメン』のユニバースにはドクター・マンハッタンを真似たアフリカ系スーパーマンが存在し、アフリカ系のバットマンがナイトオウル(コミックス版「ウォッチメン」のキャラクター)をパロディにしているとも書かれているとのこと。

また、コミックスでも一代目ナイトオウルのホリス・T・マイソンはファントムの模倣で、二代目のダン・ドレイバーグはバットマンのパロディとなっているそうだ。

本国で10月20日より放送中のドラマ版では、1921年5月31日から6月1日にかけてオクラホマ州タルサで実際に起きた、白人の住民たちが暴力行為によってアフリカ系アメリカ人を排除しようとした事件が大きくフィーチャーされており、白人至上主義グループの台頭など人種差別・問題が色濃く描かれている。

日本で『ウォッチメン』は、スターチャンネルで放送開始。【STAR2 字幕版】は2020年1月31日(金)から毎週金曜よる11時より、【STAR3 二ヵ国語版】は2月5日(水)から毎週水曜よる10時よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォッチメン』(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

クライム・サスペンスドラマ『クワンティコ』の主役アレックス・パリッシュ役で知られるインド出身の美人女優プリヤンカー・チョープラと、兄弟ポップロック・バンド、ジョナス・ブラザーズのメイン・ボーカルで俳優としても活動するニック・ジョナス夫妻。そんなスーパーカップルが、自分たちの結婚式を元にしたリアリティ番組を製作することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

現地時間12月11日(水)、二人の結婚式を元にしたリアリティ番組を製作することが明らかになった。タイトル未定のこの作品は、インドのサンギートと呼ばれる伝統的な歌やダンスを題材に、ニック&プリヤンカー夫妻の結婚式の前夜でも行われたような家族でパフォーマンスの素晴らしさを競い合うコンペティション形式の番組になるという。

各エピソードでは、婚約中のカップルが家族や友人と祝う結婚パーティーに焦点を当てたものになる。カップルは、結婚式の準備をするだけでなく、セレブ振付師やスタイリスト、そして演出家たちとチームを組んで、サンギートのパフォーマンス練習にも励まないといけない。

ニックとプリヤンカーは本作でプロデューサーを務め、2020年に撮影を開始するため、現在出演カップルのキャスティングを行なっている。製作にあたり、プリヤンカーは次のように語った。

「先週、結婚一周年の記念でサンギートのビデオを見ました。このイベントでの家族と友人の一体感は今見ても、結婚式当日と同じ温かさと興奮に溢れていました。サンギートは何百年も前からあるインドの結婚式の伝統であり、二人の門出を祝うだけでなく、結婚してひとつになる2つの家族の紹介と絆を意味するのです」

また、ニックも「サンギートに至るまでの日は、最も特別で思い出に残る週末でした。この番組に出てくれるカップルを通じて、人生で最もエキサイティングな門出に、この音楽のお祝いの概念を新しい方法で紹介できることを誇りに思っています」とコメントした。

ニックとプリヤンカーも番組に出演するかどうかは現時点では不明だが、今までにないインドの伝統を題材にしたリアリティ番組ということで、期待が持てそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:プリヤンカー・チョープラのInstagramより

米CWのDCドラマ『ARROW/アロー』で、主人公アローことオリーバー・クイーンを演じているスティーヴン・アメル。残念ながら同作は終了するが、新たにスティーヴンの姿が見られる新作ニュースが舞い込んできた。米TV Lineが報じている。

スティーヴンが出演するのは、配信サービスQuibiが手がけるSFスリラードラマ『Code 8(原題)』。本作は、2016年に短編映画として製作され、今年新たに長編バージョンで製作された映画のスピンオフ作品となる。

まず映画版は、人類の4パーセントが超人的な力を持って生まれる世界が舞台。だが、そのような超人たちに、普通の人間たちはやさしく接することができないのだったというストーリー。

ドラマの舞台は、それから数年後に設定を移し、危険な人身売買組織に制裁を加えるため、一緒に働くことを余儀なくされた元詐欺師とテレキネティック能力を持つドラッグディーラーを中心に描かれる。

スティーヴンは元詐欺師を演じ、ドラッグディーラーを彼のいとこで俳優のロビー・アメル(『THE FLASH/フラッシュ』『理想の男になる方法』)が扮する。二人は映画版にも出演している。映画でメガホンをとったジェフ・チャンがドラマでも監督を務め、映画版の脚本家クリス・パレと共同執筆する。

スティーヴンは今年の長編版を製作するために、クラウドファンディングで映画の製作資金調達を行い、2万7000人以上の投資家から250万ドル(約2億7300万円)近くを集めている。

『ARROW』終了後のスティーヴンが気になるところだが、本作以外にも米Starzが製作する独立系プロレス団体を描いた『Heels(原題)』というタイトルの新作ドラマに出演することも決まっている。『Heels』は小さな町のプロレス界で奮闘する男女が夢を追う姿を描いた物語で、プロレス団体を経営していた亡き父親の後を巡って、息子たちとライバルが遺産を巡る。スティーヴンは主人公ジャック・スペイドを演じる。

期待が高まるスティーヴンとロビーが共演する『Code 8』。続報が入り次第、お伝えしていきたい。そして、『ARROW/アロー』は、本国アメリカで2020年1月28日(火)に幕を閉じる。(海外ドラマNAVI)

Photo:スティーヴン・アメル&ロビー・アメル (c)NYPW/FAMOUS

キアヌ・リーヴス主演で1999年から2003年にかけて3作が作られた大ヒット映画シリーズ『マトリックス』。キアヌ続投のシリーズ4作目が製作されることは以前からお伝えしている通りだが、新たな出演者が決定した。また、その追加キャストの役柄についての気になる情報も入ってきている。

新キャストとして報じられているのは、本格スリラー『マインドハンター』のFBI捜査官ホールデン・フォード役や、ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』シリーズのクリストフ役で知られるジョナサン・グロフ。ブロードウェイ出身で舞台の経験も豊富な彼の役どころは明らかになっていないが、これまでのイメージを覆すような役柄になるかもしれない。

それを匂わせているのが、ジョナサンが2010年から数シーズンにわたってゲストを務めた青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』や、2006年から2008年にかけて出演していたブロードウェイの舞台『春のめざめ』の共演者であるリア・ミシェル。十年来の友人であり、誕生日を一緒に祝うなどジョナサンと親しい彼女は、『マトリックス』出演を「かなり前から知っていたので秘密にしておくのは大変だったわ!」と米Peopleの取材にコメント。彼がどんな役を演じるかについて聞かれると、「私は全部知ってるけど、これ以上、何も言わないわ」と口にチャックをする仕草をしたものの、「ジョナサンってナイスガイのイメージでしょ。だからダークな役をやったら楽しいんじゃないかしら」と、意味深な発言をしている。

彼以外で『マトリックス』4作目の新キャストに決定しているのは、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(『アクアマン』『グレイテスト・ショーマン』)ニール・パトリック・ハリス(『ママと恋に落ちるまで』『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』)、ジェシカ・ヘンウィック(『Marvel アイアン・フィスト』)、トビー・オンウメア(『センス8』)。彼らの役柄もまだ明らかになっていない。

そしてシリーズに続投するのは、キアヌのほか、トリニティ役のキャリー=アン・モス。さらに、シリーズ2&3作目でモーフィアスの元恋人で優秀なパイロットのナイオビを演じたジェイダ・ピンケット=スミスも同役で復帰すると言われている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Glee』のリア・ミシェル、マシュー・モリソンと一緒のジョナサン・グロフ(左)
(C)FAM009/FAMOUS

2017年7月12日、ジョージア州アトランタで『ウォーキング・デッド』シーズン8の撮影中に、スタントのジョン・バーネッカーが転落死するという痛ましい事故が起きた。彼の死の責任をめぐる裁判が始まり、放送局である米AMC側の弁護士が「事故は本人の過失」だと主張していることが分かった。米Deadlineが伝えている。

ジョンは、バルコニーから落ちる戦闘シーンのリハーサルでバランスを崩し、30フィート(約9メートル)の高さから転落。エアバッグを外れてコンクリートの地面に直接激突し、激しく頭部を強打したため直ちにアトランタ・メディカルセンターへ搬送されて集中治療を受けていたが、脳死状態に陥ったのちに死亡が宣告された

その翌年1月、ジョンの母親スーザンさんがAMCに対して訴訟を起こし、局側がスタントの予算削減のために安全性を怠り、バルコニーの下に適切にクッションを用意せず、しっかりとした予行演習を行うこともしなかった上、前もって現場に救急車を待機させてもおかなかったと主張していた。

今月10日(火)に始まった裁判の冒頭陳述で、AMC側の弁護士デヴィッド・A・ダイアルは「残念ながら、ジョン・バーネッカーは間違いを犯したと証拠が示しています」と、事故が起きたのは本人の過失だと論述。続けて弁護士は、なぜかジョンはレールを握り続けており、それによりジョン自身が設置したマットの安全性が確保できなくなったのだと判事と陪審員に説明していたという。

それに対して原告側の弁護士は、「彼の死は簡単に防ぐことができました」として、「落下シーンでそれまで17年間スタントの死者が出ていなかったのは確固たる安全策が確立されているから。にもかかわらず、AMCは彼の事故が起きた時はもちろん、それ以外のエピソードの撮影中も業界の安全方針に則っていません」と主張。また、現場となったバルコニーのセットが危ないことは以前から指摘されていたものの、適切な補修が行われていなかったとも述べている。

この訴訟でAMCは、ジョンが番組と直接契約を結んでいるわけでなく、『ウォーキング・デッド』の製作会社Stalwart Filmsの従業員だという書類を提出。ジョージア州の法律では、もしジョンが独立した契約者ではないと同時に、彼の雇用者がAMCではなくStalwart Filmsだと認められれば、訴訟は州の労働者補償機関の問題として扱われることになるという。

この裁判は、州裁判にて1週間以上にわたり続くものと予想されている。

2018年1月には、 労働安全衛生管理局OSHA(オーシャ)が『ウォーキング・デッド』の製作会社に対し、「雇用者を落下の危険から守ることができなかった」として最大級の罰金となる12,675ドル(約140万円)の支払いを命じていた

なお、裁判開始を受けてAMCは以下のような声明を発表。「これは悲劇的な事故であり、ジョン・バーネッカーの遺族と友人にはお悔やみを申し上げます。10シーズン、約150話にわたって『ウォーキング・デッド』の現場は安全であり、業界の基準と方針に沿っていると評価されてきました。にもかかわらず、このような非常に悲しい事故が起きてしまったのです」と述べている。(海外ドラマNAVI)

Photo:戦闘や落下のシーンも多い『ウォーキング・デッド』の撮影現場。画像は、リック役のアンドリュー・リンカーンと彼のスタント
(C)Gene Page/AMC/span>

『コミ・カレ!!』や『LOVE ラブ』『NYボンビー・ガール』などの出演などで知られるコメディアンで俳優のアンディ・ディック。彼はこの度、禁錮刑に処せられていたが、ある理由により予定より大幅に早く、たったの1日で出所したことが判明した。米Entertainment Weeklyが報じている。

性的暴行罪で14日間の禁錮刑を受けていた53歳のアンディは、12月6日(金)にロサンゼルス郡の刑務所に入所したものの、翌7日(土)に釈放された。米TMZによると、その理由は刑務所が受刑者で満員だったためだという。

アンディの禁錮刑は、ロサンゼルスの路上で通りすがりの女性に痴漢行為を働いたとする容疑で1年以上前に起訴された事件によるものだった。またアンディは見知らぬ人の臀部を2度にわたり触った上、相手の彼女にわいせつなコメントをしたと報告されており、公共事業へ従事するよう命じられていた。これまでにも何度も同じような被害に遭った人たちから訴えられているアンディ。2018年4月には、Uberドライバーに痴漢を働いた罪で告発されたが、アンディは法廷で無罪を主張している。

TMZによると、アンディを告発したUberのドライバーは、ライドシェアサービスを使用して車に乗っている間に、手を伸ばしてきた彼に性器を触られたと主張。アンディの弁護士は無罪を主張していた。だが2017年の10月にも、インディペンデント映画『Raising Buchanan(原題)』の撮影中、アンディは最低でも4人の頬を舐めたりキスしたり、痴漢行為を働いたりしたと報じられている。同じような問題のせいで、コメディ映画『Vampire Dad(原題)』からも解雇されたという。アンディは、頬を舐めたこと以外は否定しており、「誰にも痴漢などしていない。お別れの挨拶のために頬にキスをして、その後に舐めたかもしれない。そういう習慣なんだ。キャリー・フィッシャーにもジョークでしたことがある。セクハラしようとしているわけじゃなく、誰の身体も触っていない」と述べている。

さらに「私は独身で孤独で交際相手を探している。セクハラと交際相手を見つけようとする行為の違いが分からない。1970年代に付き合った相手とは、キスして頬を舐めたことで交際が始まった。思わせぶりなことをするものなのだ。ロケでもキスして、ディナーに誘ったりしたかもしれない」と、昔はこのような行為でも問題なかったとも主張している。

2007年には、トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』に出演した現トランプ大統領の娘、イヴァンカ・トランプの隣に座ったアンディが、突然イヴァンカの足や髪を触りホストのジミーからやめるように言われている映像も残っている。何度も同じようなことを繰り返しているようなアンディだが、一日で出所してしまったその後も気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Comedy Bang! Bang!(原題)』でのアンディ・ディック (c)IFC

大ヒット青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のディラン役や、青春ミステリードラマ『リバーデイル』のフレッド役で知られるルーク・ペリー。今年3月4日に52歳の若さで亡くなった彼が、SAG賞(映画俳優組合賞)にノミネートされたことがわかった。米E!Onlineなどが報じている。

現地時間12月11日(水)、アメリカ・フェレーラ(『アグリー・ベティ』)とダナイ・グリラ(『ウォーキング・デッド』)が、2020年のSAG賞ノミネーションを発表した。ルークはその中で、遺作となったクエンティン・タランティーノ監督による映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、他のキャストたちと共にアンサンブル演技賞にノミネートされた。

ハリウッドを代表するトップスター、レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットをダブル主演に迎えたこの映画では、彼ら二人もそれぞれ主演男優賞、助演男優賞でノミネートされている。

本作は、1969年のロサンゼルスを舞台に、TVの西部劇でかつて活躍していたリック(レオナルド)と彼のスタントダブルのクリフ(ブラッド)が、ハリウッドで生き残るためにもがき奮闘する様子が描かれる。ルークはその中で、西部劇を中心に活躍していた俳優、ウェイン・モウンダーを演じている。

TVドラマでの活躍のみならず映画にも出演していたルークだが、実はアワード関係には生前縁があまりなく、ピープルズ・チョイス・アワードに2度ノミネートされたことはあったが、今回初めて大きな賞でのノミネーションとなった。

同映画で、レオナルドとルークと同じシーンで共演し、同じくアンサンブル演技賞にノミネートされている子役のジュリア・バターズ(『ファミリー・マン ある父の決断』)は、ルークについての思い出として以下のように語っている。

「父親のような人でした。ロケの最中のことですが、岩場を下っていくと魚に餌をあげられる場所があったんです。そこで私は花の模様がついた陶器を見つけ、それをルークにあげたんです。彼は、"ああ、すごく綺麗だ! 一生大事にするよ"と言ってくれました。最後にルークに会ったのは、それから1年経った打ち上げパーティでした。彼に呼ばれて行ってみたら、ポケットからその陶器を出して、"言っただろう、一緒大事にするって"と言ってくれたんです。本当に素晴らしい出来事でした」

亡くなってからのノミネーションは残念でもあるが、彼の功績が認められたことはファンにとっても家族にとっても嬉しいことだろう。第26回SAG賞は、現地時間2020年1月19日(日)に開催される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーク・ペリー (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. & CBS Studios Inc. All rights reserved.

『スター・トレック』オリジナルシリーズのカーク船長役や、『ボストン・リーガル』のデニー役で知られるカナダ出身のウィリアム・シャトナー。その多才さで知られるウィリアムが、18年連れ添った妻との離婚を申請していることが明らかになった。米E!Newsが報じている。

現在88歳のウィリアムは、12月10日(火)に離婚を申請した。書類には、「和解しがたい相違」と記されているという。100万ドル(約1億円)もの資産を持つといわれているウィリアムは、妻エリザベスと婚前契約を結んでいたと米TMZは報じており、配偶者手当など生活費サポートもなしだと伝えられている。

2001年2月に元馬の調教師エリザベスとインディアナ州で結婚。ウィリアムにとって、エリザベスは4人目の妻でそれまでにグロリア・ランド(1956-1969)、その後マーシー・ラファーティ(1973-1996)、ネリーヌ・キッド(1997-1999)と結婚し3人の子どもがいる。エリザベスもまた、バツイチでマイケル・グレン・マーティンという元夫がいる。二人の間には子どもはいない。

3番目の妻ネリーンとは、死別だった。モデル出身の彼女は、アルコール依存症で苦しんでおり、1999年8月9日、ウィリアムが自宅に帰宅後、プールの底で沈んでいる妻を発見。検死の結果、飲酒しており、溺れたことが死因で事故死だったという。

今回の離婚に関しての理由などは明らかになっていないが、ウィリアムとエリザベスが友好的に人生を歩めることを願いたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:2010年頃のウィリアム&エリザベス・シャトナー (c)PHIL ROACH/FAMOUS

NYに暮らすセレブな高校生の友情や恋愛模様を描いて世界的な大ヒットなった『ゴシップガール』。HBO MAXでリブート版が製作されることはお伝えしたが、今回この新作の内容についての新たな情報が報じられた。米TeenVogueが伝えている。

オリジナル版でクリエイターを務めたジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージがリブート版でも製作総指揮を務め、脚本・製作総指揮を担ったジョシュア・サフランも続投するリブート版。本作は全10話となり、オリジナル版が終了してから5年後を舞台に、ソーシャルメディアとNYの状況がいかにして変わったのか、マンハッタンに暮らすゴージャスな高校生を新たに紹介し描かれる。

そんな本作にオリジナル版からあのダン・ハンフリーが戻ってくるかもしれないとサフランは語った。「ダンがどうなったかについて話をしています。ですので、演じたペン・バッジリー(『YOU ー君がすべてー』)に出演が可能かどうかを聞くため連絡しないといけないかもしれません。ペンは常に仕事を抱えていますが、なんとかこの作品に誘い込めないかと思っています。みんなカムバックしたいようであれば、ぜひ出演して欲しいですし、あの世界はまだ存在するのです。セリーナ、ブレア、チャック、ダンの世界が」

サフランは続けて、『ゴシップガール』の世界とマーベルユニバースと比較した。「続きという概念のものではありません。全く異なるアングルから見るものなのです。この新作で登場する新たなキャラクターたちも、"セリーナ"や"ブレア"といった名前を耳にするのです。オリジナルのキャラクターは、このリブート版の世界の一部なのです。ですから、戻ってきて欲しいですね。5年も間が空いているので、セリーナたちの現状はあの時と全く違うものになっていることも十分ありえます」

また、配信が2020年になることで、テクノロジーにも変化をつけることもコメント。「オリジナル版の時は、Facebookなどのソーシャルメディアでどこにいるかなどみんながチェックしていました。でも2020年になると変わっています。ダンが閉じてしまったゴシップガールですが、それ自体の意味、そしてゴシップガールが今の子どもたちとどのようにやりとりするのか、このリブート版を通して、現代の子がどのように影響されるのか見るのはとても面白いと思います」

ペンのスケジュールが空けば、ダンの登場の可能性は高そうだ。オリジナル版からはすでにゴシップブログの謎の管理人"ゴシップガール"として、全エピソードのナレーションを務めたクリステン・ベルが本作でも引き続き、ナレーションで復帰することが決定している。

ダンを始め、その他のオリジナルキャストは果たして復活するのか。リブート版『ゴシップガール』の情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ペン・バッジリー(c)Dara Kushner/FAMOUS

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン11に、シーズン9で降板したマギー役のローレン・コーハンが戻って来るだけでなく、あのキャラもカムバックするかもしれないとショーランナーのアンジェラ・カンが明かしていることがわかった。(※本記事は、『ウォーキング・デッド』シーズン10のネタばれを含むのでご注意を!)

米Insiderのインタビューに応じたカンが、シーズン11にはマギーと一緒にヒルトップを去ったキャラクターを登場させることを考えており、その一人がシーズン8以降に姿を見せていないピーター・ジマーマン扮するエデュアルドだと語ったという。

ロングヘアをまとめて槍を武器にするエデュアルド役のピーターは、シーズン6から8にかけて全16話に出演。カンいわく彼はまだ生きているそうで、「ヒルトップには大勢の人がいるし、いろんなキャラクターを登場させたいと考えているの。マギーと一緒に去った人もいるし、他の旅に出た人たちを将来的に目にすると思うわ」とコメントし、エデュアルド以外のキャラクターもカムバックする可能性を示唆していた。

原作コミックスでは、グレンの死後に誰も恋愛対象として意識することができずにいたマギーに、ドラマ版ではシーズン10で初登場したダンテ(フアン・ハビエル・カルデナス)が懸命にマギーにアピールし、最終的にマギーが彼にチャンスを与える展開になるとのこと。しかし、ダンテはシーズン10で命を落としたため、もしかしたらエデュアルドがダンテの代わりにマギーと恋仲になる展開も考えられそうだ。

これまでにピーターは、アクションドラマ『Banshee/バンシー』や恋愛コメディドラマ『The Game(原題)』などに端役として登場し、ドラマシリーズで複数エピソードにわたりゲスト出演したのは『ウォーキング・デッド』が初となる。2020年には、ドウェイン・ジョンソンが主演する冒険映画『Jungle Cruise(原題)』が待機中だ。

シーズン11でマギーがカムバックした後に何が起こるのか目にする前に、2020年2月24日(月・祝)よりFOXチャンネルにて最速放送される『ウォーキング・デッド』シーズン10の後半エピソード(第9話目以降)も見逃さないようにしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』Gene Page/AMC - (c) AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

『エージェント・オブ・シールド』や『パニッシャー』『ジェシカ・ジョーンズ』など数多くの作品を生み出したマーベルドラマシリーズ。これまで多くのファンを楽しませていたが、今後新たな作品は生まれないことが明らかになった。米Deadline他複数のメディアが報じている。

同社のTV部門は、12月10日(火)次のような声明を発表。「現在製作中のマーベルTVプロジェクトを終了することを決定しましたが、今後さらなる新作の製作は行いません」

今現在、撮影が行なわれている作品はそのまま残りも製作されるが、今後新たに製作されるものはないという。その結果として、スタッフも大量に解雇されたと関係者は語っている。その影響を受けた者の中には、『Spider-Man(原題)』や『アベンジャーズ・アッセンブル』などTVアニメシリーズを手掛けてきたコート・レーンやマーシャ・グリフィン、『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』『The Gifted』のマーク・アンブローズ、Netflixドラマシリーズ『Marvel デアデビル』『ルーク・ケイジ』のトム・リーバーと、『マーベル クローク&ダガー』エイミー・カールソンら管理職がいる。

先日、数多くのマーベルドラマを手掛けていたジェフ・ローブが、9年勤めたマーベル・テレビジョンを離れるというニュースをお伝えしたが、今回の製作中止は彼の退社に起因するところも大きく、マーベルTVに降りかかるドミノ倒しのドミノの1つとなった。この件で変更があるのは、ローブが引き継ぎのため予想より少し長くなるかもしれないということ。ただその引き継ぎは、手に大量の血がついたような痛ましいものとなる。

現在製作が進められている作品には、米ABC『エージェント・オブ・シールド』の最終シーズン、米Huluの『マーベル ランナウェイズ』と新作ドラマ『Helstrom(原題)』がある。これらは、マーベル・テレビジョンの上級副社長であるカリム・ズリークとそのチームが担当するが、『エージェント・オブ・シールド』に関してはすでに撮影は終了しており、『ランナウェイズ』についても終了することが決まっている。

このニュースは、マーベルTVを取り巻いたこの数カ月の混乱と不安定な状況に続き、多くのアニメーションや実写映画の製作が曖昧になったり、お蔵入りになったりしたことや、長年クリエイターを務めた立役者ローブの退社、そしてマーベル映画のボスであるケヴィン・ファイギの組織のさらなる拡大など様々な出来事の後の結果のようだ。

今年の9月には、米Huluで進められていた『エージェント・オブ・シールド』でガブリエル・ルナが演じた"ゴーストライダー"の単独ドラマシリーズが中止と発表され、米Freeformの『クローク&ダガー』もシーズン2で打ち切られることがローブの退社が明らかになったタイミングで明らかになっている。Netflixのドラマシリーズにおいては、『デアデヴィル』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』『ジェシカ・ジョーンズ』『パニッシャー』が終了してからマーベル作品は何も製作されていない。

ディズニーの新配信サービス「Disney+」で進められているマーベル映画の人気キャラクターの単独ドラマについては、ローブは関わっておらず、ファイギが10月にチーフ・クリエイティヴ・オフィサーに就任する前に、すでに彼のチームで製作することで決まっていた。

新作ドラマ『Helstrom』以外の既存のドラマシリーズ『ランナウェイズ』は米国で今週12月13日(金)よりスタートし、マーベルドラマ初の長編ドラマシリーズとして、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界観を共有した『エージェント・オブ・シールド』は2020年のミッドシーズンに放送される予定。

作品に影響があるマーベル社の動向を、今後も注意してみていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』(c)ABC Studios & Marvel

40歳のシングルマザーが、ワケあって26歳とサバよんで出版社に就職。 秘密がバレないかヒヤヒヤしながらも、NYのイマドキ女子として仕事に恋に大忙し。悩める女心をくすぐる、ちょっと刺激的なラブコメディ『サバヨミ大作戦!』がBSプレミアム にて2020年1月より放送スタートする。

シングルマザーになった40歳のライザは、留学中の娘の学費や生活費のためにNYで仕事を探すことに。ところが、15年ぶりに仕事復帰を目指す40代の主婦など雇ってもらえない厳しい現実に直面。そんなとき、バーで出会った20代のイケメン、ジョシュに同世代だと間違われたことをヒントに、年をサバヨミして若者のふりをする作戦にでる。見事、出版社に「26歳の新人アシスタント」として採用されたライザは、デジタル世代のイマドキ20代女子としての生活をスタート。さらに同世代(?)のジョシュともいい感じに...。オシャレな街NYのブルックリンでサバよんでサバイバル!? ライザはサバヨミの秘密をいつまで隠し通せるのか?

『Younger』という原題の本作は、2015年に本国で放送スタートし、現在までに全6シーズンが放送され、シーズン7の製作も決定している人気作。手掛けたのは、1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』シリーズや『SEX AND THE CITY』のクリエイター、ダレン・スター。

主役のライザを演じるのはサットン・フォスター。ブロードウェイの人気ミュージカル俳優で、トニー賞のミュージカル部門で主演女優賞を2度受賞(『モダン・ミリー』『エニシング・ゴーズ』)している実力派だ。そして、ジョシュに扮するのは、『ザ・フォロイング』のニコ・トルトレッラ、ライザの同僚ケルシーに『ゴシップガール』のヒラリー・ダフがキャスティングされている。そのほか、『グッド・ワイフ』のミリアム・ショア、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のデビ・メイザー、『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』のピーター・ハーマンらが出演する。

ライザの職場である出版社は流行に敏感な業界。SNS世代のNY事情と刺激的なライフスタイルをチェックできるのが本作の魅力のひとつ。また、本当は40歳のライザ は、流行語はとりあえず知ったかぶりで切り抜け、若いジョシュとの恋も年をサバよんでいるがゆえの悩みが尽きない。職場では同僚が40代上司をおばさん扱いするのを聞き、内心グサリな状態。ライザを取り巻く個性的な女性たちのリアルライフや女子トークにも注目だ。

悩める女心をくすぐる、女子トーク全開のちょっと刺激的なラブコメディ『サバヨミ大作戦!』はBSプレミアムにて2020年1月31日(金)夜11時45分スタート。世代ギャップのあるあるネタや、いくつになっても変わらぬ恋する乙女心、今のオシャレなNY事情や、デジタル化で変化する出版業界の裏側など、見どころ満載でお届け。(海外ドラマNAVI)

Photo:『サバヨミ大作戦!』(C) Hudson Street Productions Inc 2015

ひょんなことから魔女学校に入学した、ドジな少女ミルドレッドが、空飛ぶほうきや魔法がいっぱいの、不思議な世界で冒険を繰り広げる学園ファンタジードラマ『ミルドレッドの魔女学校』。イギリスで大人気の児童文学書をドラマ化したシリーズが2020年1月よりNHK Eテレにて放送スタート。主人公ミルドレッドを務めるのは『ゲーム・オブ・スローンズ』の迫力ある演技が印象的な子役ベラ・ラムジー。声を鈴木梨央が担う。

本作の原作は、世界的に高い評価を受ける英作家ジル・マーフィのベストセラー児童文学書「The Worst Witch」。「ハリー・ポッター」シリーズより歴史が古く、長く愛されてきた"魔法"シリーズ。これまで何度か映像化されてきた作品だが、本シリーズは特に評判が高く、すでにシーズン3まで製作されている。

主演のベラは、大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6からシーズン8までリアナ・モーモント役で出演。シーズン6でモーモント家を代表して北の諸侯たちを前に臆することなく演説する姿は、堂々としてカリスマ性さえ感じさせた。「モーモント家は覚えている」というセリフが記憶に残っている方も多いだろう。

そのミルドレッドの声を担うのは、ドラマ『明日、ママがいない』などで知られる子役、鈴木梨央。「ドラマの登場人物が"クラスにこんな子いるよね~"という感じで、みな個性的です。ミルドレッドがどんな学園生活を送ることになるのか、私も展開が楽しみです。ちなみに、もし私が魔法を使えたら、透明マントを使っていろんなところに行きたいです!」とコメントを寄せてくれた。

ミス・カックルの魔女学校を舞台に、見習い魔女のミルドレッド・ハブルの冒険を描く『ミルドレッドの魔女学校』はシーズン1全13話を2020年1月10日(金)よりNHK Eテレにて放送スタート。空飛ぶほうきや魔法のくすりと呪文が飛び交う本作は、「魔法が使えたら...」と願うすべての子どもたち、そして自分の個性を受け入れ、自身を好きになろうと頑張るすべての視聴者の共感を得られる、魔法の楽しさに満ちた学園ドラマだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ミルドレッドの魔女学校』(c)BBC Children's Productions Ltd & ZDF Enterprises 2015

エミー賞で監督賞を含む5部門を受賞した米HBOの刑事ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』に主演したウディ・ハレルソンと、ミステリードラマ『LEFTOVERS/残された世界』のジャスティン・セローが、実話に基づいたミニシリーズで共演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

二人が共演するのは、米HBOで製作される『The White House Plumbers(原題)』というタイトルの全5話構成の新作ドラマ。1972年にリチャード・ニクソン元米大統領が辞任するまでに起こった盗聴、裁判、捜査妨害などのスキャンダル"ウォーターゲート事件"を題材にしたもの。ニクソン元大統領のスタッフが誤ってその政権を終わらせてしまった事実を物語る。

タイトルの"Plumbers"は、鉛管工という意味だが、これは「情報漏れを防ぐ任務にあたっている秘密工作班」を意図している。

ウディは、元CIA職員のE.ハワード・ハントを演じ、ジャスティンは元FBI捜査官のG.ゴードン・リディを演じる。両者ともニクソン政権で働き、ウォーターゲート事件に関わり、最終的に有罪となり服役した人物。

クリエイターおよび製作総指揮を務めるのは、米女性副大統領のドタバタ政界活劇を描く人気コメディドラマ『Veep/ヴィープ』の脚本家であるアレックス・グレゴリーとピーター・ハイク。

HBOプログラミング部代表ケイシー・ブロイズは、コメントを発表した。「このような才能のあるチームを結集して、ニクソン元大統領のホワイトハウスを崩壊させた内部の陰謀を、この魅力的な視点でお届けすることを嬉しく思います。特に、ウディとジャスティンの二人が弊社にカムバックし、再び新たな作品に出演してくれることが楽しみです」

『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』『LEFTOVERS』共にHBOの作品だったため、この二人が古巣に戻ってくるこの新作には期待できるだろう。本作の続報が入り次第、お届けしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウディ・ハレルソン&ジャスティン・セロー (c)Hubert Boesl/FAMOUS/(c)NYKC/FAMOUS

ホラーの巨匠として知られるスティーヴン・キングが2014年に発表した本格ミステリーをドラマ化した『ミスター・メルセデス』。今年11月に本国アメリカで放送終えたばかりのシーズン3がスターチャンネルにて独占日本初放送される。

2017年に米Audienceで放送スタートした本シリーズは、ミステリー界最高の名誉であるエドガー賞最優秀長編賞を受賞し、キングがこれまでのホラー色を封印して、初めて挑んだ本格ミステリー小説が原作。

前シーズン、無差別殺人犯《ミスター・メルセデス》との対決についに終止符が打たれた後、ある大物小説家の殺人事件が発生。ビル・ホッジス率いる探偵社ファインダーズ・キーパーズは犯人を追うが、事件はある深い因縁と絡み合い驚愕の展開を迎える...。

シーズン1は第1作「ミスター・メルセデス」、シーズン2は第3作「任務の終わり」がベース原作となっており、今回のシーズン3では過去シーズンの流れを汲みつつ、満を持して第2作「ファインダーズ・キーパーズ」の事件が描かれる。

ビル・ホッジス役のブレンダン・グリーソンをはじめ、ホリー・ギブニー役のジャスティン・ルーペ、ジェローム・ロビンソン役のジハレル・ジェローム、ルー・リンクレイター役のブリーダ・ウールらレギュラーキャストの続投。

今シーズンより、新キャストとして『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のケイト・マルグルーが出演する他、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で知られるブルース・ダーンがゲスト出演している。

『ミスター・メルセデス』シーズン3は、12月24日(火)23:00よりスターチャンネルにて独占日本初放送。また、新シーズンの放送に先駆け、シーズン2が12月19日(木)からと、12月24日(火)から一挙放送される。『ミスター・メルセデス』を見て、視聴記録やレビューを【海外ドラマNAVI作品データベース】でチェックしよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ミスター・メルセデス』シーズン3 (c) 2019+ Sonar Entertainment Distribution, LLC. All Rights Reserved.

人気青春ドラマ『One Tree Hill』や犯罪ドラマ『ホワイトカラー』などに出演しているヒラリー・バートンが、米NBCの新作ドラマ『Counciil of Dad(原題)』で、『ウォーキング・デッド』のサラ・ウェイン・キャリーズらと共演することがわかった。米Deadlineが報じている。

『Counciil of Dad』は、米作家ブルース・ファイラーのベストセラー小説「The Council of Dads: My Daughters, My Illness and the Men Who Could Be Me」のドラマ化。末期がんを宣告されたスコットと妻ロビンを中心に描かれ、死に直面したスコットは、自分が亡くなっても妻と4人の子どもたちが人生の様々な試練を乗り越えられるよう、支援してくれる友人を入念に選びグループを結成する...というストーリー。

ヒラリーは、Gladwell Restaurant Groupという会社のエグゼクティブ・マネージャーで、美食家かつ知的なマーゴットを演じ、クライヴ・スタンデン(『ヴァイキング ~海の覇者たち~』)扮するスコットの友人という役どころ。

ロビン役には、『ウォーキング・デッド』で主人公リック・グライムズの妻ローリを演じ、『プリズン・ブレイク』や『COLONY/コロニー』などで知られるサラがキャスティングされている。その他に、J・オーガスト・リチャーズ(『エージェント・オブ・シールド』)、クライヴ・スタンデン(『96時間 ザ・シリーズ』)、トム・エヴェレット・スコット(『13の理由』)らが脇を固める。

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』でシーズン2からシーズン10まで製作総指揮・脚本に名を連ねたジョーン・レイターとトニー・フェランが脚本を執筆。この二人は、ジョナサン・リットマン(『LUCIFER/ルシファー』)、ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)と共同製作総指揮も担う。

ヒラリーは、『One Tree Hill』で6シーズンにわたりペイトン・ソーヤー役でレギュラー出演し、ドラマ版『リーサル・ウェポン』では麻薬取締局の捜査官カレン・パーマー役で登場。『グレイズ・アナトミー』や『エクスタント』といった人気ドラマシリーズにもゲストとして姿を見せている。また、10月には、長年のパートナーで『ウォーキング・デッド』のニーガン役でお馴じみのジェフリー・ディーン・モーガンと結婚して話題となっていた。

ヒラリーが新キャストに加わった『Counciil of Dad』は、NBCにて2020年3月のミッドシーズンに放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒラリー・バートン (c)Faye S/Famous

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、第三章から悪役のラムジー・ボルトンを演じたイヴァン・リオンが、米Starzの神をテーマにした『アメリカン・ゴッズ』シーズン3に出演することが明らかとなった。

英作家ニール・ゲイマンの小説をドラマ化した『アメリカン・ゴッズ』は、北欧神話やインド神話などに登場する古き神々と、現代文明から生まれたコンピューターやメディアといった新しい神々との戦いが描かれる異色ドラマシリーズ。

そのシーズン3でイヴァンは、魅力的で性格の良いレプラコーン(妖精)のリアム・ドイルというキャラクターを演じるが、現時点では詳細は明かされていない。イヴァンは、シーズン2で降板したレプラコーンのマッド・スウィーニーに扮したパブロ・シュレイバーの代わりに登場することになるという。

新シーズンにはイヴァンに加え、ゴス・ロックシンガーのマリリン・マンソンがオーディンに仕える北欧の猛戦士ヨハン・ウェングレン役で出演。また、グウィネス・パルトローの母親としても知られるブライス・ダナー(『パトリック・メルローズ』)がギリシャの収穫の女神デメテルを演じ、ミスター・ウェンズデーと過去に因縁があるという役どころ。そしてリーラ・ローレン(『POWER/パワー』)が、主人公シャドウ・ムーン(リッキー・ウィトル『 The 100/ハンドレッド』)の隣人マルグリット・オルセンに扮することが決定している。

イヴァンは、SFダークコメディドラマ『Misfits/ミスフィッツ - 俺たちエスパー!』のサイモン役で注目され、『ゲーム・オブ・スローンズ』を降板後は、米ABCによる『マーベル インヒューマンズ』でマクシマス役を演じるが、残念ながら本シリーズはシーズン1で打ち切りに。映画界でも活躍するイヴァンは、恋愛映画『ベルリン、アイラブユー』や戦争映画『バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦』などにも出演し、Netflixの音楽伝記映画『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』では、80年代の人気LAメタルバンド、モトリー・クルーのギタリストであるミック・マーズを演じていた。

イヴァンが新キャストとして加わる『アメリカン・ゴッズ』シーズン3は、米Starzにて2020年に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:イヴァン・リオン (c)Chris Floyd

毎年、年末にアガサ・クリスティー作品を放送してきた英BBCが2018年に放送した、名探偵エルキュール・ポワロが活躍する有名な事件の一つ「ABC殺人事件」。ある日ポワロの元に届いた、ABCと名乗る人物からの不気味な挑戦状。その手紙の示す通りに、アルファベットの順番に、Aの場所でAの名前を持つ人物が、Bの場所でBの名前を持つ人物が殺されていく...というストーリーだ。その字幕版が日本初放送となる。

本作でポワロを演じるのは、個性派俳優ジョン・マルコヴィッチ。これまでデヴィッド・スーシェやピーター・ユスティノフ、ケネス・ブラナーが演じてきたベルギー出身の名探偵役に、2度アカデミー賞にノミネートされた(『プレイス・イン・ザ・ハート』『ザ・シークレット・サービス』)演技派のアメリカ人が起用されたことは大きな話題を集めた。

ジョンが演じるポワロは原作にはない新たなキャラクター像を創り上げている。スーシェ版の「ABC殺人事件」と見比べると、プロットは同じであるのに、まったく違う作品であるかのような新鮮さを感じる作りとなっている。今回、AXNミステリーでは「一日まるごと名探偵ポワロ」と銘打って、12月22日(日)の本作の放送に合わせてスーシェ版『名探偵ポワロ』の傑作選11本も放送されるため、ミステリーファンは両方の「ABC殺人事件」を見比べて楽しむことができる。

脚本を手掛けるのは、『そして誰もいなくなった』『アガサ・クリスティー 検察側の証人』『アガサ・クリスティー 無実はさいなむ』など近年多くのクリスティー作品に新たな解釈を用いて高い評価を得ているサラ・フェルプス。ポワロがともに組む刑事を、『ハリー・ポッター』シリーズのロン役でおなじみのルパート・グリントが務めている。

1933年のロンドン。往年の名探偵エルキュール・ポワロのもとに差出人の名が「A.B.C.」と記された奇妙な手紙が届く。不吉に感じたポワロはロンドン警視庁に相談するが、取り合ってもらえない。次に届いた同じ人物からの手紙には「3月31日、アンドーバー」と書かれていた。ポワロは単身アンドーバーに向かうが、すでに事件は起きていた...。

■放送情報
『アガサ・クリスティー ABC殺人事件』(全3話)
AXNミステリーにて12月22日(日)20:00より一挙放送[字幕版]

・『名探偵ポワロ』(計11話)
AXNミステリーにて12月22日(日)6:00より一挙放送[二カ国語版]
6:00~「スタイルズ荘の怪事件」
8:05~「アクロイド殺人事件」
10:05~「ナイルに死す」
12:05~「白昼の悪魔」
14:05~「もの言えぬ証人」
16:05~「愛国殺人」
18:05~「ABC殺人事件」
23:00~「ポワロのクリスマス」
24:55~「オリエント急行の殺人」
26:40~「五匹の子豚」
28:15~「カーテン~ポワロ最後の事件~」

(海外ドラマNAVI)

Photo:『アガサ・クリスティー ABC殺人事件』
(c)アガサ・クリスティー・プロダクションズ2018

若きヒーローと人口知能搭載のドリームカーが巨悪を討つ! 直情的でワイルドな主人公と、その相棒である優秀で紳士的な人工知能。1982年に米NBCで放送がスタートし、4シーズン製作された『ナイトライダー』は、対照的かつ絶妙なコンビが多くの視聴者を虜にし、今なお愛され続けている1話完結型のヒーロードラマ。その人気作が、ささきいさお&野島昭生による名コンビの吹替版でAXNに初登場する。

犯人を追跡中、凶弾に倒れ意識不明となった刑事マイケル・ロング。目を覚ますと、彼は顔も身分も別人になっていた...。実は、病に倒れた大富豪ウィルトン・ナイトが巨悪を倒すという願いを込め、マイケルを救い出して正義の騎士に仕立てたのだ。ウィルトンの遺志を継いだマイケルは‟マイケル・ナイト"として人工知能K.I.T.T.(キット)を搭載した車‟ナイト2000"に乗り、悪に立ち向かっていく。

マイケルの相棒は高性能スーパーカー"ナイト2000"。銃弾を跳ね返す強固なボディで、最高時速は500kmを超え、ロケット・ブースターを噴射させる空中ジャンプや水上走行などの派手なアクション機能も持つ。さらに、人工知能 K.I.T.T.を搭載しているので自らの意思で走行し話すこともできる! 常に冷静沈着でユーモアのあるK.I.T.T.と自由気ままなマイケルとの掛け合いも本シリーズの見どころだ。

主演を務めるのは、『ベイウォッチ』や映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『シャークネード』シリーズなどで知られる、精悍な顔つきが印象的なデヴィッド・ハッセルホフ。実は本作がきっかけで一躍スターダムにのし上がったと言われている。声をささきいさおが担当する。

そのほか、ナイト財団の責任者デボン・シャイアー役にエドワード・マルヘア(声:中村正)、ナイト2000を開発したメカニックのひとりボニー・バスト―役にパトリシア・マクファーソン(声:小山茉美)、そしてドリームカーである"ナイト2000"の声を野島昭生が務める。

原案・製作総指揮は、『宇宙空母ギャラクティカ』シリーズや『私立探偵マグナム』など、数々のヒットドラマを手掛けたグレン・A・ラーソン。1980年代を代表する大ヒットシリーズをこの機会に堪能してみてはどうだろうか。

『ナイトライダー』放送情報

12月9日(月)18:00スタート(毎週月~土曜 18:00~)
シーズン1~4 HD二カ国語版
(シーズン1:21話/シーズン2:21話/シーズン3:20話/シーズン4:21話)

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ナイトライダー』(c) 1982 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

マンハッタンを舞台にしたスタイリッシュ弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』。記念すべきシリーズ通算100話目に到達し、シリーズ最大の節目となるシーズン7がAXNにて放送スタートする。

シーズン7の見どころは、2011年に米USA Networkでスタートした本作が第8話「模擬裁判」でシリーズ通算100話に到達。この記念すべきエピソードはマイク役のパトリック・J・アダムスが監督を務めている。さらに、ストーリー上でも大きな変化が。主人公の一人マイクとレイチェルが人生の転機となる大きな決断を下し、演じるパトリックとメーガン・マークル(現サセックス公爵夫人)が降板。メーガンにとっては最後の演技となる注目のシーズンだ。

事務所の代表だったジェシカ・ピアソンが事務所を去ったことで、ハーヴィーは新たに事務所のトップの座に就く。晴れて正式に弁護士資格を取得したマイクは、ハーヴィーのオファーを受け入れ、事務所に復帰する。一方、恋人にふられたばかりのルイスは、新人アソシエイトの教育に取り組むが、失恋のショックから新人たちに辛口で冷たく当たってしまう。そんな中、長い間ハーヴィーの秘書として勤めてきたドナがシニアパートナーになりたいと申し出る...。

ハーヴィーとマイクの最強コンビに運命の別れが訪れる―。『SUITS/スーツ』シーズン7は、2020年1月25日(土)22:00よりAXNにて放送スタート。本作の視聴記録やレビューは、【海外ドラマNAVI作品データベース】をチェック。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』シーズン7 (c) 2017 USA Network Media, LLC.

NCIS(海軍犯罪捜査局)のロサンゼルス支局を舞台に、数々の難事件に立ち向かう極秘捜査チームの活躍を描いた犯罪捜査ドラマ『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』。現在、本国アメリカで放送されているシーズン11でシリーズ通算250話目に到達し、その喜びをキャストたちが語った。加ET Canadaが伝えている。

本国では12月1日(日)に放送されたシリーズ通算250話目となるシーズン11の第10話「Mother(原題)」は、ディークス役のエリック・クリスチャン・オルセンが脚本を手がけたもの。そのエピソードの撮影現場の様子がこの度公開された。「250」という形のケーキを前に集合した出演者は、次々にインタビューに応じている。

■クリス・オドネル(G・カレン役)
「世界中のこの作品のファンは、とても忠誠心に溢れているよ。だって毎週毎週ずっと見続けてくれているんだからね」

■LL・クール・J(サム・ハンナ役)
「(視聴できる作品が多くある今の時代において)TVシリーズを250話目まで続けられるという事実には、本当に驚かされるよ」

■エリック・クリスチャン・オルセン(マーティ・ディークス役)
「キャスト、スタッフ、そしてファンにとっても今日は250話目ということで、とても特別な日だよ。脚本を書くのはアドレナリンが駆け巡るような体験だったね。ファンはこのエピソードを絶対に見るべきだよ。なぜなら、...(※超重要なネタばれですので、割愛させていただきます)」

■バーレット・フォア(エリック・ビール役)
「自分の、いやみんなの人生の10年という時を共に過ごしたことを思うと、ノスタルジックな気持ちになるよ。友だちで共演者であるエリックは、面白くて、ハラハラして読むのが止まらない素晴らしい脚本を書いたんだ。このエピソードに出演できて嬉しいし、こんなストーリーを考えられるなんて、エリックの頭はどうなっているんだろうって思うね」

■ダニエラ・ルーア(ケンジー・ブライ役)
「この記念すべき250話は、関わっている200名以上もの人たちが11年費やしたものすごい努力の賜物だと思うわ」

■レネー・フェリス・スミス(ネル・ジョーンズ役)
「(脚本を担当した)エリックとライターチームは、素晴らしいものを生み出したわ。アクションが盛りだくさんなのに、ハートが詰まった素晴らしい内容なのよ」

本家と同様に、まだまだ大人気の『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』。今後の展開にも注目していきたい。視聴記録やレビューを【海外ドラマNAVI作品データベース】でチェックしよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(c) 2018 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

英国ドラマ『風の勇士 ポルダーク』に主演したエイダン・ターナーがレオナルド・ダ・ヴィンチを演じる新作ドラマに、人気医療ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』で主人公ショーン・マーフィーに扮するフレディ・ハイモアが出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

『Leonardo』と仮題が付けられた新作ドラマはルネッサンス時代の天才を新しい視点で描く。全8話となる各エピソードでは芸術だけでなく、ダ・ヴィンチが様々な分野で成し遂げた偉業を中心に物語が綴られるという。

フレディは、ダ・ヴィンチを殺人事件の容疑者として捜査する架空のミラノ警察ステファノ・ジラルディ役を演じ、製作総指揮にも名を連ねる。

その他、ミラノの貴婦人でダ・ヴィンチのミューズだったカテリーナ・ダ・クレモナ役でイタリア人女優のマティルダ・デ・アンジェリス(『ゴッド・スピード・ユー!』)、レオナルドが師と仰いだルネッサンスの巨匠アンドレア・デル・ヴェロッキオ役でジャンカルロ・ジャンニーニ(『007』シリーズ)らが出演する。

本シリーズは、ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して2020年にリリースされる予定で、Amazon Prime Videoの歴史改変ドラマ『高い城の男』を手掛けるフランク・スポトニッツが製作総指揮を担う。またスポトニッツは、『SHERLOCK/シャーロック』の脚本家スティーヴ・トンプソンと共同でペンを執り、『高い城の男』で組んだダニエル・パーシヴァルが監督を務める予定だ。

映画『ネバーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』などに子役として登場したフレディは順調に出演作を重ね、映画『サイコ』にインスパイアされたドラマシリーズ『ベイツ・モーテル』では5シーズンにわたりノーマン・ベイツ役で主演。

最近、プロデューサー業にも進出しているフレディは、性別によって期待される"正常"とは何なのかを模索する新作ダークコメディ『Homesick(原題)』や、エリート海軍飛行学校を舞台にトップガン戦闘機のパイロットを目指す女性を描く米ABCの『Adversaries(原題)』を製作することも決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:フレディ・ハイモア『グッド・ドクター 名医の条件』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

元FBIのダニーと泥棒のレクシーという男女コンビが、全世界を舞台に繰り広げるアクション・アドベンチャー『ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝』。米CBSで今年5月に始まり、すぐさまシーズン2製作の決まった人気ドラマが早くも日本初上陸となる。

2020年1月1日(水・祝)からWOWOWプライムにて集中放送される『ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝』は正月三が日に見るのにぴったり。かつて恋人同士でもあった、元FBIのダニーと盗みの達人レクシーがコンビを組み、世界中を旅しながら失われたクレオパトラのひつぎの謎に迫る本作。『インディ・ジョーンズ』『ハムナプトラ』『ナショナル・トレジャー』といった冒険映画シリーズを彷彿とさせる内容で、家族が集まるお正月にふさわしい痛快作だ。

クリエイターは、『リミットレス』『ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル~』のマシュー・フェダーマン&スティーヴン・スカイア。製作総指揮には、彼ら二人のほか、『アグリー・ベティ』のベン・シルヴァーマン、『アメイジング・スパイダーマン』のマーク・ウェッブ、『ロア ~奇妙な伝説~』のハワード・T・オーウェンズ、『JUSTIFIED 俺の正義』のテイラー・エルモアなどが名を連ねる。

キャストは、『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』のマット・バー、『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』のソフィア・パーナス、『バトルスター・ギャラクティカ』のジェームズ・キャリス、『スリーピー・ホロウ』のカティア・ウィンター、『リミットレス』のマイケル・ジェームズ・ショウ、『コバート・アフェア』のオデッド・フェール、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』のアリシア・コッポラ、『ライブラリアンズ』のジョン・ラロクエットなど、ドラマファンにとっておなじみの面々が集結。また、小松史法、松井茜、井上和彦、野島昭生、宮本充といった人気声優が参加している点も見逃せない。

古代エジプトの女王クレオパトラとその恋人アントニー(アントニウス)のピラミッドが見つかる。だがそこにクレオパトラのひつぎはなく、調査隊の前に現われたファルーク率いる武装テロリスト集団は、発掘調査をしていたカスティヨ博士を拉致する。国際弁護士であり美術品を取り戻す仕事をしている元FBIのダニーは、恩人である大富豪のリースから博士の救出を依頼され、元恋人である盗みの達人レクシーに協力を求める。まずローマに向かったダニーとレクシーは、古美術品が取引されるブラックマーケットへ。その後も二人は、ファルークらを追って世界各地を飛び回る。

『ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝』(全13話)は、2020年1月1日(水・祝)~3日(金)15:00よりWOWOWプライムにて一挙放送(第1話無料放送)。

Photo:『ブラッド&トレジャー 伝説の秘宝』
(C) MMXIX CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

ホラーの帝王スティーヴン・キングの長編小説「リーシーの物語」をドラマ化するシリーズに、『アメイジング・スパイダーマン2』で主人公ピーター・パーカーの親友ハリー・オズボーンを演じたデイン・デハーンが新キャストとして加わることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『Lisey's Story(原題)』というタイトルのドラマ版の主人公は、有名作家だった夫スコットを2年前に亡くしたリーシー。悲しみにくれながらリーシーが夫の遺品の整理をしていると、夫が何かを自分に知らせようと「道しるべ」を遺品に忍ばせていたことに気づく。一体、スコットは何を知らせようとしているのか? 頻発する謎と怪事のさなか、スコットの未発表原稿を狙うストーカーが身辺に出現し始め、その魔の手はリーシーにも忍び寄る...というストーリー。

デインはスコットの大ファンであるジム・ドーリーを演じ、どうしてもスコットの未発表作を世界に送り出したいと強く願っているという役どころ。

リーシー役に、映画『アリスのままで』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーアを迎え、スコット役には20世紀を舞台にした医療ドラマ『The Knick/ザ・ニック』に主演していたクライヴ・オーウェンが扮する。

全8話となる本作の脚本はキングが担当し、キングとジュリアン、そして『11.22.63』と『キャッスルロック』でキングとタッグを組んだヒットメーカーのJ・J・エイブラムスらが共同製作総指揮を務める。パブロ・ラライン(『ナチュラルウーマン』)がメガホンを取る予定。

デインは、青春映画『ディーン、君がいた瞬間(とき)』でジェームズ・ディーンを演じて注目され、『欲望のバージニア』や『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』などに出演して主に映画界で活躍。最近は、Amazon Prime Videoのオリジナル・ドラマシリーズ『ZeroZeroZero(原題)』に出演し、新作映画『ビリー・ザ・キッド 孤高のアウトロー』では米西部開拓時代のアウトロー、ビリー・ザ・キッド役で主演している。

新たにデインがキャストに加わった『Lisey's Story(原題)』の配信開始日は、現時点では未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:デイン・デハーン (c)JHMH/FAMOUS

感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でケヴィンを演じるジャスティン・ハートリーと女優クリシェル・スタウス(『セリング・サンセット ~ハリウッド、夢の豪華物件~』)が2年の結婚生活の後、離婚することは先日お伝えしたばかり。だが、このことで妻のクリシェルが意味深なコメントを発している。米E!Onlineが報じた。

11月22日(金)にロサンゼルス裁判所に「和解しがたい相違」を理由に離婚を申請した42歳のジャスティンと38歳のクリシェル。提出した書類にジャスティンは、今年7月8日に別居を開始したと記載しているが、クリシェルは離婚申請日、つまり11月22日(金)に別居を開始したと主張している。

またクリシェルはジャスティンに対し、弁護士費用を含めたすべての裁判費用の支払いと生活費等のサポートを要求しており、離婚後は名字をハートリーではなく旧姓(スタウス)に戻すことも条件に加えている。

そして12月2日(月)、クリシェルは自身のInstagramに作家ニシャン・パンワーの言葉を引用したとみられる文章を投稿。それには「自分の目の前で人が変わっていく様を見るのは辛い。でも、その人がどんな人だったかを思い出すことはもっと辛い」と記載されている。

今年10月には結婚2周年を祝ったり、11月にも公の場に揃って姿を見せるなど仲睦まじい姿をたびたび披露していた二人だけに、ジャスティンに近しい人たちは、今回の離婚申請にショックを受けていると関係筋は明かした。夫妻は周りから見ても非常にうまくいっているように見えていたそうで、彼の友人らは、ジャスティンに起因する離婚申請ではないかと考えており、二人が元の鞘に納まることを願っているようだ。

2013年に交際をスタートさせたジャスティンとクリシェルは、2017年に結婚。2018年にはアメリカで公開されたロマンチック・コメディ映画『Another Time(原題)』で夫婦共演も果たしている。

ジャスティンは2004年に女優のリンジー・コーマン(『All My Children(原題)』)と8年の婚姻生活で娘を一人もうけたが離婚。以前インタビューで、『This Is Us』に出演することで娘への接し方が変わったと話していた。クリシェルとの間には子どもはいない。

一方クリシェルは、ハリウッド版『家売るオンナ』とも表されるNetflixのリアリティ番組『セリング・サンセット ~ハリウッド、夢の豪華物件~』にメインキャストとして出演している。ロサンゼルスで裕福層向けの豪邸を売買するオッペンハイム不動産に新人として入社した彼女は、一流女性エージェントたちの間で生じる軋轢に苦しみながらも奮闘していく様子をカメラが追う番組だ。

引き続き二人の動向に注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:こんなに仲睦まじかったのに...ジャスティン・ハートリーのInstagramより

すでにシーズン11への更新が決定している大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』でショーランナーを務めるアンジェラ・カンが、「リックは戻って来るか?」という質問に答えている。主人公リック・グライムズを演じたアンドリュー・リンカーンはシーズン9第5話で降板。その後、リックを主人公にした映画3部作の製作が発表され、アンドリューはドラマシリーズでなく映画版に出演することが明らかになっていた。

カンは米Deadlineのインタビューの中でリックが戻って来る可能性について尋ねられ、ファンに期待を抱かせるような答えを返している。「今シーズンの復帰はないけど、彼が戻って来たら最高ね。アンドリューに監督してほしくてここしばらく話をしているけど、彼が演技に集中したがっているの。でも可能性はあるかもしれない。最近、彼は(『ウォーキング・デッド』の)映画に出演しているしね。常にドアは開いているわ」と、「NO」とは答えなかった。

さらにカンは、シーズン10で降板するミショーンについても言及。「ミショーンはもうすぐ去るけど、彼女のストーリーを今シーズンもう少し綴るつもりよ。面白い内容になると思うわ」

また、10月に更新が発表されたシーズン11には、シーズン9で降板したマギー役のローレン・コーハンが復帰することも決まっているが、カンは「彼女はシーズン11でレギュラーに戻るけど、その前に姿を見せるかも」と、早目の復帰の可能性を匂わせている。

シーズン10前半の放送が終了した『ウォーキング・デッド』。シーズン後半はFOXチャンネルにて2020年2月24日(月)より放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』(C)Jackson Lee Davis/AMC

米CWのDCドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』でアトムことレイ・パーマーを演じるブランドン・ラウスが、今年のアローバースのクロスオーバーエピソードに映画『スーパーマン リターンズ』以来となるスーパーマン役で登場することになっている。その撮影でブランドの雄姿を見た共演者が「ギリシャの神みだいだった」と称賛した。米Cinema Blendが伝えた。

CWのDCドラマシリーズのキャラクターが集結する、12月から1月にかけて放送されるアローバースのクロスオーバーエピソード「Crisis on Infinite Earth(原題)」は、1985年から1986年に出版されたコミックス「クライシス・オン・インフィニット・アース」が基になっており、DCのヒーローやヴィラン多数が登場する壮大なエピソードとして知られ、アローバースでは史上最長作となる。

『ARROW/アロー』でスパルタンことジョン・ディグルを演じるデヴィッド・ラムゼイが、再びスーパーマンのコスチュームを身に着けたブランドンを目にした時のことをコメント。「スーパーマンのコスチュームを着た彼に...、みんながハっと息を呑んでいたよ。ブランドンはまるでギリシャの神みたいで、身長が2メートルぐらいに見えてムキムキでさ、ちょっと髪に白髪が混じってて完璧だった。それに彼には特別な何かがある。常に腰に手を置いて堂々としていて、彼は黄金時代のスーパーマンだったんだ。スーパーマンを思い描いたとして、それを言葉にしたのがブランドンなんだよ。もうブランドンに目が釘付けだったね」と語り、ブランドン演じるスーパーマンを絶賛した。

また、『THE FLASH/フラッシュ』でヴァイブことシスコ・ラモン役のカルロス・バルデスも、「レイ・パーマーから"スーパーブランドン"に変わるのは、楽しかった。彼が二人のキャラクターを演じているのを見るのはとても奇妙だけど、本当に嬉しい」とコメントした。

二人はブランドンのことしか言及していなかったが、今回のクロスオーバーエピソードには、『ヤング・スーパーマン』に主演したトム・ウェリングと、『SUPERGIRL/スーパーガール』でスーパーマンを演じているタイラー・ホークリングも登場し、3人のスーパーマンが勢揃い。

また同エピソードには、多数のアニメシリーズでバットマンの声を務めたケヴィン・コンロイがブルース・ウェイン役で登場し、1960年代に放送されたドラマシリーズ『バットマン』でロビンを演じたバート・ウォードが出演することも発表されている。

今年のクロスオーバーエピソードは、現地時間12月8日(日)に放送される『SUPERGIRL/スーパーガール』からスタートし、翌日9日(月)の『Batwoman(原題)』、10日(火)の『THE FLASH/フラッシュ』、2020年1月14日(火)にオンエアされる『ARROW/アロー』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』で起こる予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アローバース集結!「Crisis on Infinite Earth(原題)」

20世紀初頭の英国を舞台に、貴族クローリー家とその使用人たちの生活を6シーズンにわたって描いた英国ドラマ『ダウントン・アビー』。TVシリーズの続編となる映画版が日本でも来年1月に公開されるが、早くも続編の製作話が浮上しているようだ。米Popsugarが報じている。

映画版の舞台は、TVシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンと共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになる。

TV版と映画版の製作総指揮ギャレス・ニームが、続編の可能性について語った。「続編についての話は出ています。脚本やいつ頃できるのかも考えているのです。ですが、それは最初の時、つまり今回の映画製作の時と同じなので、みんなを再び呼び戻す必要があるのです。今回の時もそれがとても大変でした。映画の公開前に続編のことは漠然とですが考え始め、固唾をのんで待っていたのです。アメリカでのプレスツアー、公開への反応が非常に良かったので、真剣に考えるべきだと思っています」

クリエイターで脚本を手掛けるジュリアン・フェロウズは、今年の3月に英The Sun紙に対し、「(英ソープオペラシリーズ)『Coronation Street(原題)』のように登場人物の半分は生存しているから、今後も続く可能性はあるだろう」と続編の製作の可能性を話していた。

また、フェロウズはスケジュール調整が大変だったことについても触れている。「リリー(・ジェームズ/ローズ役)は今や大スター。我々と一緒に仕事をしていた時とは違う、別のステージにいる今の彼女のスケジュールの中で、ダウントンに来てローズを演じてもらう時間を見つけることはとても難しかったのです。結局のところ、僕らみんながローズはアメリカに残っていた方がいいだろうと感じたのです」と明かし、続けて「20人もの主人公がいる映画というものはあまりなく、映画版では限られた人物に焦点を合わせなければいけませんでした。多くのキャラクターを同等に取り上げることができるのが、TVシリーズのダイナミックなところだったのです」と本作ならでは苦労を語った。

実は映画化の話は、2015年にTVシリーズが終了してから何年もの間、映画化の噂が囁かれていた。時間が経過し、2018年7月に満を持して公式に映画化製作が発表された。

映画版のキャストには、オスカー女優のマギー・スミスが先代グランサム伯爵夫人バイオレットを演じるほか、グランサム伯爵役のヒュー・ボネヴィル、グランサム伯爵夫人コーラ・クローリー役のエリザベス・マクガヴァン、長女メアリー役のミシェル・ドッカリー、次女イーディス役のローラ・カーマイケル、マシューの母イザベル・クローリー役のペネロープ・ウィルトンらが続投している。

TVシリーズ『ダウントン・アビー』全6シーズンが、スターチャンネルにて一挙放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画版『ダウントン・アビー』(c) 2019 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

シーズン11でシリーズ初の女性ドクター(『ブロードチャーチ ~殺意の町~』のジョディ・ウィッテカー)が誕生し大きな話題となった、英BBCの長寿ドラマ『ドクター・フー』。本国で来年初めにスタートする新シーズンではあの"ドクター"が新たに登場することが分かった。英Digital Spyが伝えている。

本作は、"ドクター"と呼ばれる異星人が地球人の仲間と一緒に時空を自由に行き来し、旅の途中で遭遇する地球や他惑星で起こる外敵侵略や、タイムパラドックスなどを防ぐために奔走するSF冒険シリーズ。11月に公開されたシーズン12の予告編では、過去に登場した地球外生命体の種族ジュドゥーンが姿を見せるほか、ある時点でドクターとコンパニオンが第二次世界大戦真っ只中にある1943年のパリに辿り着く模様。またドクターが、「何かが私に向かってきているのを感じる」と言っているシーンがあり、ジュドゥーンと同じく地球外生命体でサイボーグの1種であるサイバーマンが登場するようだ。

新シーズンには、犯罪捜査ドラマ『BONES』の精神科医ゴードン・ワイアット役で知られるスティーヴン・フライ、ミステリードラマ『ブロードチャーチ』シーズン3でジョディと共演したレニー・ヘンリー、医療ドラマ『ER 緊急救命室』のルカ・コバッチュ医師役でおなじみのゴラン・ヴィシュニックが新たに出演。そして、1963年から26シーズンにわたって放送された『ドクター・フー』旧シリーズのシーズン21にサラーティーン役でゲスト出演していたロバート・グレニスターが35年ぶりにドクター・フーの世界へ戻ることも決まっている。彼らは予告編に登場したりもしているが、それぞれが演じる役柄はまだ明かされていない。

ゴランは「昔から『ドクター・フー』が大好きだったんだ。そんな作品で僕が敬愛する歴史上の人物を演じるというオファーが来るなんて、まさに夢のような仕事だったよ!」と喜びを語った。ショーランナーのクリス・チブナル(『ブロードチャーチ』)はシーズン12について、「昔のモンスターがカムバックするほか、かなり怖くて驚異的な新モンスターも登場して、シリーズのレベルをアップさせるだろう」と述べている。

『ドクター・フー』シーズン12は英BBCにて2020年初めに放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ER 緊急救命室』TM & (c) Warner Bros. Entertainment Inc.

NCIS(海軍犯罪捜査局)のロサンゼルス支局を舞台に、数々の難事件に立ち向かう極秘捜査チームの活躍を描いた犯罪捜査ドラマ『NCIS: LA 極秘潜入捜査班』。そのシーズン5がスーパー!ドラマTVにて放送スタート。

2009年より米CBSで放送スタートした『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフである本シリーズは、本国アメリカではシーズン11に突入し、本家同様に人気を博している。

シーズン5は、シリーズ通算100話目に到達する節目。メキシコの砂漠で核爆発が起き、捜査により爆発した核爆弾はロシア人の武器商人シドロフのものだということが判明する。犯人が持つ核爆弾3発のうち残り2発が売られてしまう前に探し出し、確保しなければならない状況の中、グレンジャーとヘティは、サムと彼の妻でCIAに所属するミシェルをシドロフの元へ潜入させ、ブローカーである宿敵ジャンヴィエを使って商談を持ちかける作戦を実行することに。ジャンヴィエの協力によりおとり捜査はうまくいくと思われたが、カレンに恨みを持つジャンヴィエはシドロフのもとに潜入しているサムの存在をばらしてしまう。そして、シドロフはサムと彼を助けようとしたディークスを捕らえ、拷問するのだった...。

メインの事件捜査以外にも注目すべき展開が多いシーズン。前シーズンから動き出したディークス(エリック・クリスチャン・オルセン)とケンジー(ダニエラ・ルーア)の恋の行方やカレン(クリス・オドネル)たちと"カメレオン"の決着、サム(LL・クール・J)とディークスの絆など見逃せない内容が盛りだくさん。そして、シリーズ通して描かれてきたカレンの出生の秘密について大きなターニングポイントを迎える。シリーズ100話目を迎える第4話「面影」で、カレンの父親と名乗る男が現れ、チームが危険な事件に巻き込まれてしまい、ついにカレンの本当の名前が明らかに。

製作総指揮のシェーン・ブレナンは、TV Fanaticのインタビューで100話目の構成について聞かれ、「とても説得力のある、感情に訴えるエピソードになった。これまで99話見てきた視聴者にとって特に重要な意味を持つエピソードで、満足させられるものになった。クリスの演技を見た人がシリーズで一番良い演技と口をそろえて言うだろう」と語った。また、カレンの父親役のキャストには実際にカレンを彷彿させるような、容姿が似ているキャストを選んだという。

20191202-00000018-dramanavi-1-00-view.jpg

『NCIS: LA 極秘潜入捜査班』シーズン5

スーパー!ドラマTVにて
【二カ国語版】2020年1月6日(月)より毎週月曜~金曜日 21:00~
【字幕版】2020年1月6日(月)より毎週月曜~金曜日 25:00~


『NCIS: LA 極秘潜入捜査班』を見て、視聴記録やレビューを【海外ドラマNAVI作品データベース】でチェックしよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS: LA 極秘潜入捜査班』シーズン5 (c)MMXIX CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

アカデミー賞主演男優賞に5度ノミネートされ、映画『フィラデルフィア』と『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続オスカーを獲得した実力派俳優のトム・ハンクス。アニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズでウッディの声を担ったり、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』では製作総指揮を務めるなど、様々なジャンルで活躍する彼が、実は大人気シットコム『フレンズ』に出演する予定があったことを、実際にその役を演じた俳優が明かした。米Entertainment Weeklyが報じている。

その俳優とは、『フレンズ』シーズン9にゲスト出演して、"マニー"なる男性ベビーシッター役でゲスト出演したフレディ・プリンゼ・Jr(『24 TWENTY FOUR』)。彼が、その役は本来トム・ハンクスが演じるはずだったと明かした。

シーズン9第6話「キュートなベビーシッター」で男性ベビーシッターのサンディを演じたフレディが、もともとトム・ハンクスが同役で出演するはずだったがスケジュールの都合がつかなくなり、撮影の前日に急遽フレディにオファーがあったと語っている。

フレディは、ジェニファー・アニストン演じるレイチェルとデヴィッド・シュワイマー扮するロスの娘エマの子守を演じるにあたり、縦笛で英民謡「グリーンスリーブス」を演奏しなければならず、これまでに一度も縦笛を吹いたことがなかったのに4時間で習得しなければならなかったと話した。

そして、フレディが笛を練習している様子を耳にしたデヴィッドに、「上手くやれるよ!」と励まされたとのことで、次のように当時を振り返っている。「楽器は演奏できないんだけど、3年生の縦笛は扱えたよ。すごく良い経験だったし楽しかったけど、僕が出演した回よりも感謝祭のエピソードの方が良かったね」とコメント。

また、2020年5月にサービスが開始する米ワーナーメディアの新配信サービス「HBO Max」で、『フレンズ』のキャストが再集結するニュースについては、ゲスト出演した自分にもリユニオンに参加するチャンスがあるかどうかはわからないと語った。「みんなに聞いてみないとね。リユニオンに出演できるほど、思い出深いキャラクターかどうかわからないし。ポール・ラッド(フィービーの夫マイク役)といったキャストがカムバックして、今までに彼がどうしていたか紹介する方が面白いだろうしね。もしくはブラッド・ピットや、気味が悪い役を演じたウィノナ・ライダーのパフォーマンスを振り返ったりとか...。二人は僕のお気に入りのゲスト出演者なんだ」と言っていた。

「HBO Max」で行われる『フレンズ』のリユニオンには、主要キャスト6人とクリエイター陣が集結して、当時の思い出を語る同窓会的な内容になるようだ。

最近フレディは、アニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』や『ロボットチキン』などで声優としての活躍が目立っているが、新作コメディドラマ『Punky Brewster(原題)』のパイロット版に出演することが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:トム・ハンクス (c) ABC/Randy Holme

米NBCの感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』でケイト・ピアソンを演じ、高い評価を得ているクリッシー・メッツが、回顧録『This Is Me』を執筆するのは癒しの過程だったと明かした。

米E!Newsのインタビューに応えたクリッシーは、幼少時代に経験した精神的・身体的な虐待を回顧録に綴ったことで、自分の中でさらなる強さを発見できたと語っている。「真実を言葉で表現して繰り返すときはいつでも、起きた出来事に対して強くはいられないし、どんな反応が返って来るのか心配になると思う。すごく怖いけど癒しにもなり、カルタシス的でもあるの」

回顧録でクリッシーは8歳の時に実の父親が家出し、その後、母親が結婚した義理の父親から肥満体型をからかわれたり、クリッシーが食べ物を手にできないようにするために、冷蔵庫に鍵を付けると冗談を言われたことなどを綴っている。

そして、言葉による嫌がらせが身体的な虐待へとエスカレートし、突き飛ばされたり叩かれたりしたという。その後も義理の父親はクリッシーに対して太りすぎだと言い続け、他の友だちよりも太目だったが肥満体というほどではなかったのに、義理の父の発言で自分が太りすぎだと思い込んでいたとも記している。

それ以外にもクリッシーは回顧録で、初めてできた恋人がクリッシーの体重を気にし、二人の関係を人前で認めたがらなかったことにも触れている。

そういった過去のつらい体験をケイト役に投影したクリッシー。『THIS IS US』の演技でエミー賞とゴールデン・グローブ賞のドラマ部門助演女優賞にノミネートされている。『THIS IS US/ディス・イズ・アス』はシーズン6まで更新されており、NBCにてシーズン4が毎週火曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリッシー・メッツ『THIS IS US』(c) 2016-2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. (c) 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. TWENTIETH CENTURY FOX, FOX and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.

海外ドラマNAVIでは、編集部がおすすめする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週は、待望の新シーズンに注目の新作ドラマと目白押し。 お見逃しなく!

12月2日(月)から12月8日(日)スタートのおすすめドラマは以下の通り。

12月2日(月)

■23:00~『THIS IS US』シーズン2(AXN)
字幕版が日本初放送。ケヴィン、ケイト、ランダルが37歳の誕生日を迎えるところからスタートするシーズン2。監督のロン・ハワード(『ダ・ヴィンチ・コード』)や俳優のシルベスター・スタローン(『ロッキー』)がゲスト出演する。

■22:00~『パッセージ』(FOXチャンネル)
リドリー・スコットが製作総指揮を務めるSFサスペンスドラマ。人類滅亡の危機が迫る近未来、謎のウイルスから新薬の開発を目指す"プロジェクト・ノア"が始動する。開発を急ぐ研究者たちは被験者として身寄りのない少女エイミーを選ぶ。だが、彼女を迎えに行った連邦捜査官ウォルガストは、子どもを実験台にすることに疑問を感じはじめ、その命を助けることを決意。こうして、少女と捜査官の壮絶な逃亡劇が始まるのだった。

12月3日(火)

■22:00~『カウンターパート/暗躍する分身』シーズン2(WOWOWプライム)
『セッション』のJ・K・シモンズが主演を務める新感覚スパイスリラー。前シーズン、表の世界と裏の世界の外交関係は終わり、二つの世界をつなぐ"交差点"のドアが閉じてしまった。裏の世界で監禁されてしまった表世界のハワードの運命は? 一方、表の世界で立場が危うくなった裏世界のハワード。ファイナルとなるシーズン2が日本初放送。

12月6日(金)

■22:00~『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン5(スーパー!ドラマTV)
シリーズ通算100話達成の新シーズン。何者かに撃たれ、そのまま意識を失い倒れてしまったプライド(スコット・バクラ)。そんなプライドに代わり、特別捜査官ハンナ・コーリー(ネカー・ザデガン)がチームに加わり、ラサール(ルーカス・ブラック)が指揮を執ることに。本部のギブスからの情報提供で、個人的な怨みからの犯行だと知ったチームは、犯人をおびき寄せるため「プライドは回復に向かっている」というニュースを流す...。

12月7日(土)

■21:00~『エージェント・オブ・シールド』シーズン6(Dlife)
次のシーズン7で終了が決まっているマーベルドラマ初の長編ドラマシリーズ。シーズン6は、衝撃の結末で幕を閉じた前シーズンから1年後を舞台に新しいリーダーとなったマックのもとで、フィッツを捜索する。そんな彼らの前に以外な人物が現れる。

■16:00~『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』シーズン4(AXNミステリー)
英国ミステリードラマの新シーズン。ウィスキーとジャズをこよなく愛する主人公の若き牧師探偵シドニー・チェンバースを演じるジェームズ・ノートンが今シーズンをもって降板。どのようにして村を去るのか―、そしてロックとボクシングをこよなく愛し、バイクを乗り回す新牧師探偵のウィルという新キャラクターが登場する注目のシーズン。


【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取って、今までに費やした"視聴時間"を数字で見てみよう! あなたは何日何時間を海ドラに費やしていますか?(海外ドラマNAVI)

Photo:『THIS IS US』シーズン2 (c) 2017-2018 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved./『パッセージ』(c) 2019 Fox and its related entities. All rights reserved./『カウンターパート/暗躍する分身』シーズン2 (c) 2018, 2019 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved./『NCIS:ニューオーリンズ』シーズン5 (c)MMXIX CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved./(c)MMXIX CBS Studios Inc. All Rights Reserved./『エージェント・オブ・シールド』シーズン6 (c)ABC Studios & Marvel/『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』シーズン4 (c)Kudos 2019

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2019年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。