トム・ヒドルストン『ロキ』への熱い想いを語る!「14年間で関わった人全員を考えていた」|東京コミコン2023

幕張メッセで開催中の「東京コミコン2023」。2日目となる12月9日(土)に行われたセレブステージのうち、トム・ヒドルストンが登壇した回をレポート!

「東京コミコン2023」トム・ヒドルストン セレブステージレポート

観客の「トム・ヒドルストーーン!」の呼びかけで登場するトム。MCが「2018年の東京コミコンに来てくれたときに、必ずまた来るよって言ってくださったんです。今日、ほんとに来てくれて嬉しいです。どうもありがとうございます」と迎えると「ロキがありがとう、と言っています」と流暢な日本語で挨拶。

ロキの角を初めて被ったときのことを聞かれると「最初は、2009年だから14年ぐらい前ですが、素晴らしいなと思いました。それまで二次元だったものを三次元にしたから、“これからやるんだ”って気合が入ったんです。当時はヘルメット型だったから、耳が覆われて何も聞こえませんでした」と明かした。

ファンがトムと写真を撮るときの定番“ロキ・ポーズ”を今ここでやるのはどうでしょうか、とリクエストされると元気に「YES!」と答えて立ち上がり、合図に合わせて笑顔でロキポーズを披露。

MCに、最近の角はどうなの?聞かれると、「今は本物の冠みたいなんだ。ロキは王として生まれてオーディンに王になるべくして生まれたのだと言われるんです。シーズン2で冠をかぶるんですが、孤独な王という彼の持っている運命を象徴しているようですね。とても気高いです」

また、ロキとの出会いは人生のターニングポイントだったか、そしてロキがここまでファンに愛される理由について聞かれると「ロキとの出会いは私の人生を変えました。私の人生にとっても、とても意味のあることでした。これだけ愛されているのも、この役を長く演じられているのも、皆さんのおかげです。また、ロキは神でもあるけれど、人間でもある、というキャラクターなんです。彼は複雑で、遊び心もあるし、弱いところもあれば、チャーミングさもあって、多面的なところが彼の人気の理由だと思います」とロキというキャラクターが愛される理由を分析。

ここで、MCが「『ロキ』シーズン2のフィナーレは最高でしたよね?」と客席に問いかけると拍手喝采で答えるファンたち。

そのファイナルシーンを演じたときになにを思っていたか、と聞かれると「感動的でした。彼は自分がなにをしたいのか分かっているし、みんなの神になりたい、というセリフがあるんです。『ソー』の映画でもその“for you, for all of us”と同じ言葉が出てくるんですが、今回は意味が違うんですよね」

「最後のそのシーンでは、ロキを演じてきたこの14年間で関わった全ての人を思い描きながら演じていました。関わった全ての人いうのは、俳優だけでなく、監督やクルーも全員です。作品によっては、6カ月~8カ月、あるいは1年半ぐらいかかりましたが、私にとって非常に意味のあるものだったんです。クリス・ヘムズワース、ケネス・ブラナー、アンソニー・ホプキンスなど、全ての人を思い浮かべました。旅路の最後で、ロキは孤独だったかもしれないけど、私はそうではなかったんです」と作品に対する熱い想いを語る。

「トムがロキを演じてなかったら、単なるヴィランで終わってて、ここまで続かなかったんだと思うんです」とMCが伝えると、感激した様子で握手。

続いて、お気に入りのセリフを教えてほしいと言われたトムは、「いくつかあるなー」と考え、4つのセリフをピックアップ! お気に入りのセリフを話す様子は下記をチェックしよう。

最後は、マーベルキャラクターの衣装を着たコスプレイヤーたちとのフォトセッションでステージを締めくくった。

(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由
HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円 or 1,740円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

Hulu(月額1,026円税込)とDisney+(スタンダードプラン月額990円税込 or プレミアムプラン月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば最大606円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン

こんな記事も読まれてます

Photo:©海外ドラマNAVI