マイロ・ヴィンティミリア、韓ドラ『国民の皆さん!』アメリカ版で『THIS IS US』スタッフと再びタッグ

感動のヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』のジャック・ピアソン役や、『HEROES/ヒーローズ』のピーター・ペトレリ役で知られるマイロ・ヴィンティミリア。米ABC製作による新作ドラマで主演を務めることは以前お伝えしたが、なんと『THIS IS US』のほとんどのスタッフを引き連れて行ったことがわかった。米Yahooが報じている。

韓国ドラマ『国民の皆さん!』をベースにした作品

『The Company You Keep(原題)』という本作は、2019年に放送された韓国ドラマ『国民の皆さん!』をベースにした作品。公式概要では、「お互いの職業が相反することを知らずに、詐欺師のチャーリーとCIAの覆面捜査官エマは熱い夜を共にし、恋に落ちてしまう。チャーリーが "家族経営"の詐欺師の仕事から足を洗えるよう奔走している間、エマは彼の家族に借りがある執念深い犯罪者に近づくが…」と説明されている。マイロは主人公チャーリー役で主演し、製作総指揮も兼任する。

先日カリフォルニア州で行われたテレビ批評家協会のプレスツアーで、製作開始までの間およそ2週間の休暇を取り、『THIS IS US』のスタッフのうち9割を連れて行ったことを告白。「『THIS IS US』の制作の際に運用していた専門知識、レベルを引き継いでおり、みんながうまく機能しています。制作はとても楽しいです。この作品は、あっという間に自分の中でトップのプロジェクトに躍り出ました。私の会社Divide Picturesの初期の開発作品で、(製作総指揮の)ジョン・チューの招待で参加したものです。俳優として、次にどんな作品に出演するか、あまり関心なかったのですが、これだと思いました。適切なピースが組み合わさっており、さらに他のピースが持ち込まれて、僕自身にとっても、非常に充実した作品になったのです」

そんなマイロの相手役エマを演じるのは、『FBI:特別捜査班』のエミリー・ライダー役で知られるキャサリン・ハエナ・キム。『The Company You Keep』は、米国で2月19日に初放送される。『リバーデイル』や『クワンティコ』などを手掛けたジュリア・コーエンが、脚本を担当する。『THIS IS US』で共演したミゲル役のジョン・ウエルタスが本シリーズで監督を務める。

日本へ上陸する際には、当サイトでもお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

『THIS IS US/ディス・イズ・アス』シーズン1~6はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

Disney+ (ディズニープラス) で配信中!

【a】Disney+(ディズニープラス)dアカウント以外

Photo:マイロ・ヴィンティミリア©NYKC