MENU

殺人者への道

Making a Murderer

2015年 / アメリカ
Netflix

あらすじ

実在の凶悪犯や殺人事件を検証するドキュメンタリーシリーズ。とある殺人事件の報道をベースに、最初の誤審から殺人事件に発展した経緯、さらに司法制度改革が本当に信頼のおけるプロセスなのかを検証する本作が取り上げたのは、2005年にフォトグラファーのテレサ・ハルバッチさんを殺した罪で収監されているスティーヴン・エイヴリー受刑者。彼はかつて犯していない暴行罪で有罪判決を受け、18年服役した後にDNA検査で無罪が証明されて2003年に釈放されていた。しかしその2年後、今度はテレサさんを殺害したとして逮捕され、仮釈放なしの終身刑になっていた。

見どころ

今回のドキュメンタリー放送後、テレサさんの件も冤罪なのではないかという声が強まり、エイヴリーと共犯として同じく収監中の甥の二人に対して大統領恩赦を求める署名活動が起きていた。エイヴリーや家族のインタビュー映像を交え、当時を再現しながら進むスリリングなストーリーは一度見始めると止まらなくなってしまい、これが実話だとは思いたくないほど残酷な運命が明らかになっていく。

Netflixオリジナル  イッキ見間違いなし  実話  刑務所  アメリカ 

シリーズ作品

殺人者への道の関連ニュースを見る

人気海外ドラマニュース

海外ドラマニュースを見る