2019年3月アーカイブ

4月から放送開始される第八章で、ファイナルを迎える大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。その出演キャストのひとりが、類似した番組のオーディションで門前払いになったことを明かしている。英Digital Spyが報じた。

【関連記事】セレブもこんなに夢中!『ゲーム・オブ・スローンズ』を愛する21人

第一章から第五章まで王の盾マーリン・トラント役を演じたイアン・ビーティーが、英バーミンガムで開催されたMCM Comic-Conに登場し、少し困った立場に立たされたと語っている。「申し訳ないが番組名は言えないんだけれど、珍しく他にオーディションを行っている番組があってね。AmazonかNetflixだったか思い出せないが、ビデオゲームをもとにしたシリーズで、そのオーディションは"『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャストはお断り"だったんだよ」と明かしている。

続けてイアンは、「こういうことが起こったのは、これが初めてじゃない。"『ゲーム・オブ・スローンズ』には良い俳優がいるのに何でだ?"って思ったけど、彼らはブランド化してほしくないと思ったんだろう。それって番組のアイデンティティに関わるし、間違いなく自分たちを、『ゲーム・オブ・スローンズ』系として見ているのは明らかだね」とも述べていた。

イアンが挙げたシリーズはまだリリースされていないとのことで、「その番組はまだ製作中なんだ。だから彼らは、どういう形であれクロスオーバーは望んでいないんだろう。それは構わないし、そのシリーズを私は観ないから別にいいよ」ともコメントしていた。

おそらくイアンが言っていたシリーズは、Netflixが人気ビデオゲームをドラマ化する『The Witcher(原題)』ではないかと思われる。ちなみに同シリーズの主役には、『マン・オブ・スティール』をはじめとするDC映画でスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィルが決定している。

あまりに影響力が大きい人気シリーズだけに、逆に煙たがられてしまった『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、4月15日(月)より BS10スターチャンネルにて放送スタート。作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:イアン・ビーティー
(c)JHMH/FAMOUS

昨今の世界情勢を鋭く描く社会派スパイサスペンス『HOMELAND』。最終シーズンとなるシーズン8に、ヒュー・ダンシーが数回にわたって出演することが決定した。

【関連記事】『ホームランド/HOMELAND』に描かれる戦争・テロ、そしてCIAとは?

ヒューといえば、『ハンニバル』で犯罪プロファイリングに精通したウィル・グレアム役や、『THE PATH/ザ・パス』で宗教団体の教祖カルヴィン・"カル"・ロバーツ役を演じたことで知られている。そして私生活では、『HOMELAND』の主人公で元CIA局員キャリー・マティソンを演じるクレア・デインズの夫でもある。

米TV Guideなどによると、今回、ヒューが演じるのは、ラルフ・ワーナー米国大統領(ボー・ブリッジス)の顧問として新しくホワイトハウスに勤務する外交政策コンサルタントのジョン・ザベル。国家安全保障担当補佐官となったソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)とは敵対する間柄だ。

シーズン8は、アフガニスタンにおけるタリバン勢力との戦いに終止符を打ちたい米国政府を描いていく。前シーズンにロシアで幽閉されていたことにより、キャリーは精神的にも不安定で健康状態も回復していない。キャリーの記憶が曖昧になっていることで、彼女とソールにも問題が生じている中、キャリーの専門知識を必要とするソールは、医師のアドバイスを無視して、彼女を危険な旅に誘う...というストーリー展開だ。

ヒューとクレアは、2007年に米国で公開された映画『いつか眠りにつく前に』での共演がきっかけで結婚。同映画以来となるヒューとクレアの夫婦共演が楽しみな『HOMELAND』最終シーズンは米Showtimeで2019年後半に放送予定。

作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒュー・ダンシーとクレア・デインズ夫妻
(c)NYKC/FAMOUS

大ヒットドラマ『グレイズ・アナトミー』のクリスティーナ役で知られるサンドラ・オーが主演したサスペンスドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』で雇われ暗殺者ヴィラネルを演じているジョディ・カマー。暗殺者らしくハードなシーンが多い彼女だが、シーズン2の撮影中に"あるもの"のせいで窒息死しかけていたという。彼女の身に一体何が?!

【関連記事】「即座にハマる」メディア絶賛、スパイドラマに新風吹き込む『Killing Eve』

ジョディはサンドラとともに米Entertainment Weeklyのカバーに登場。そのインタビューの中で、"とても異様な方法でパスタを食べる"シーンがあったことを明かした。

「あることについて説明しようとしていたところよ。いつもの彼女らしい、子供っぽい感じでやっていたら、パスタがとても乾燥していて、尚且つとても太い麺だったの。それを勢いよく食べていたら喉に詰まっちゃって、完全に息ができなくなったのよ」

現場の担当医が麺を取り出してくれたことで九死に一生を得たが、その時のジョディには白い光が見えていたそう...。涙を流すほど、彼女にとっては文字通り"苦しい"思い出になったわけだが、兄弟にこの話を共有したことで、トラウマを笑い話に昇華させることができたという。

「彼は、"(その話を)気に入ったよ。ヴィラネルを殺せるのは、一口のパスタだったわけだ"と言ってくれたの」

ドラマのシリアスさとは裏腹に、お茶目な状況でヴィラネルの最も危険な瞬間を経験してしまったジョディ。彼女の奮闘を見ることができる『キリング・イヴ/Killing Eve』シーズン2は、BBC Americaにて4月7日(日)より放送開始。作品見どころやレビューは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『キリング・イヴ/Killing Eve』
(c)Parisa Taghizadeh/BBCAmerica

NYを舞台に、恋に仕事に奔走する4人の女性を描いた大ヒットドラマ『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)。今までにも何度か同作の復活や映画版などの話が出ているが、今度は別の形で物語が続いていくようだ。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】【妄想企画】29歳アラサー独身女子が『Sex And The City』のパワー系女子な毎日を東京で再現できるのか!?

3月27日(水)、パラマウントTVらが、『SATC』原作者であるキャンディス・ブシュネルの近刊書「Is There Still Sex in the City?(原題)」のTV化権を獲得したことを発表。本作は、ニューヨークを舞台に50代以上の女性の友情、恋愛、セックスを物語ったノンフィクションで、『SATC』とはキャラクターも異なる別物、だという。

パラマウントTV社長のニコール・クレメンズは「オリジナル小説、そして『SATC』は、私自身も含め、どの世代の女性にとっても画期的な作品となりました。今度は、あまり表立って語られることのない50代の女性から見た視点のストーリーですが、"ニューヨーク、まだセックスってあるの?(原題のIs There Still Sex in the City?)"という疑問に"ええ!まだまだあるわよ!"と答えられる作品を製作できることをとても嬉しく思っています」と、コメントした。

この新作は、グローヴ・アトランティック社から8月に出版される予定。『SATC』の続編という位置付けではないが、マンハッタンのアッパー・イースト・サイドに住む中年たちの恋愛模様をはじめ、彼女らのカジュアル・セックスなどの交友関係、結婚生活や子ども、離婚、そして若さをキープしないといけないという社会からのプレッシャーなどを物語っていく。

原作者のブシュネル自身も「以前は、50代といえばもう定年間近で、仕事量を減らし、もっと趣味や友人との時間に費やすような人生でした。端的に言うと、何をするわけでもなく、ただ老いて太っていくだけというものでした。体型を維持することや、ベンチャー企業を立ち上げるなんてこと、見知らぬ人との一夜や、人生をやり直すこと、違う州への引っ越しさえも考えられないことだったのです。ですが、現代の50~60代女性の多くは、本作で描くような人生を実際に送っているのです。そんな女性たちの複雑で豊かな現実を本に、そしてTVでお伝えできることにとても興奮しています」と述べている。

ブシュネルは、新作パイロット版の脚本を担当し、ライザ・チェイシン(『ジプシー』)やロビン・マイジンガー(『クリスマス・クロニクル』)とともに、製作総指揮にも名を連ねる。

ブシュネル原作でTVシリーズ化したその他の作品には、『リップスティック・ジャングル』、そして『SATC』の前日譚である『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』がある。この新作のキャストなどの続報が入り次第、お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『セックス・アンド・ザ・シティ2』プレミアより
(C)FAM002/FAMOUS

いよいよ4月より放送がスタートする第八章でファイナルを迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。ファンにとっては楽しみな反面、終焉を迎えるということで残念な気持ちもあることだろう。そんな方に朗報が入ってきた。『GOT』ファイナルシーズンのドキュメンタリーが放送されることが発表された。米TV Lineなどが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章についてわかっている11のこと

『Game of Thrones: The Last Watch(原題)』というタイトルの2時間構成のこのドキュメンタリーは、米国で本編の最終話がオンエアされた翌週の5月26日(日)に米HBOで放送予定。内容は、英国出身のドキュメンタリー映画監督ジャニー・フィンレイが、ファイナルシーズン全6話の撮影現場を捉えたもの。北アイルランドの駐車場、畑、そしてスタジオがどのようにあのウェスタロスのファンタジーの世界となったのか、製作者の血と汗ならぬ、血と泥が製作者の涙と勝利へと実を結んだのかが見られるという。

さらに、夜間での撮影に55日以上も要したという最後の戦いのシーンを、ローアングルから戦いの場である撮影現場を見れるかもしれない。北アイルランドという土地柄、天候にはあまり恵まれず日数もかかったわけだが、そのような予期せぬ悪天候の対応や、キャストや製作者を追いながら、ネタバレ情報に飢えているファンに内容が漏れないよう、いかに気をつけていたかなども語られるという。

ティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジが以前、「最後の戦いは、まるでテーマパークのようなんだ」と語ったほど大掛かりなもののようで、その現場の様子をドキュメンタリーにした本放送にも期待できる。このドキュメンタリーも、本編同様にクリエイターのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスがプロデューサーを務めている。

本編の放送が待ち遠しいところではあるが、終わった後にもそのようなネタバレが2時間たっぷり楽しめるようだ。日本でのこのドキュメンタリー放送に関しては、情報が入り次第お伝えしたい。いよいよ終幕を迎える『ゲーム・オブ・スローンズ:最終章』は、4月15日(月)よりBS10スターチャンネルにて日本独占放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
The Final Season.
View exclusive photos from #GameofThrones Season 8.
Photo: Helen Sloan/HBO

2009年から6シーズンにわたり放送された大ヒット青春ミュージカル『Glee/グリー』。放送スタートから10周年を迎える今年でもまだまだ人気の作品だが、そんな同作のキャストが再集結した。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】2019年は放送開始から10周年!『Glee』キャストたちのこの一年の活躍は?

今回の再会はドラマではなく、「Drop The Mic」という米TNTのラップバトル音楽番組の舞台。この番組の司会は、歌手ジャスティン・ビーバーの妻であるヘイリー・ボールドウィン。そして『Glee』から出演したのは、メルセデス役アンバー・ライリー、マイク役ハリー・シャム・Jr、キティ役ベッカ・トビン、ブリタニー役ヘザー・モリス、ティナ役ジェナ・アシュコウィッツ、アーティー役ケヴィン・マクヘイル。彼らは二つのチームに分かれて、ラップを披露するのだが...。

現地時間3月27日(水)に放送されるシーズンフィナーレの予告動画で、まずジェナが相手チームのアンバー、ハリー、ベッカの三人をコケ下ろす。「ハリー、アジア人であることを誇りに思ってるわよね。『クレイジー・リッチ!』では15秒しか映ってないけど!」と名指し続けて、アンバーのホイットニー・ヒューストン・トリビュートにケチをつけた。ベッカについては「Instagramに犬の写真ばかり載せるのはありきたりすぎ。あなたってとっても白人! きっと血液型もマヨネーズ(白)ね」とリズムに乗せてディスった。

それに対抗したのは、「スパイシー・マヨネーズがやるわよ」と言ったベッカ。リズムに乗ってラップを披露し始めたベッカは突如「ビートストップ!......黙祷したわ。ジェナのTVキャリアにね。ケイティ・ペリーの有名じゃない友だちになれておめでとう!」と反撃した。

ちなみに、ハリーは『クレイジー・リッチ!』ではカメオ出演だったので、確かに少ししか登場していないが、それはその続編につながるためのもの。ジェンマ・チャン(『ヒューマンズ』)が演じるアストリッドというキャラクターとの恋愛模様が描かれる予定だ。そして犬のInstagramばかり載せていると言われたベッカだが、実は犬の写真は数えるほどしかなく、ほとんどはベッカや友人らの写真だ。

本当にディスっているわけではないので、ご安心を。だが仲の良い元キャストらが、お互いにどういうことを言ったのが気になるところだ。『Glee』の見どころや視聴記録は、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『Glee/グリー』
(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

サム&ディーン・ウィンチェスター兄弟が活躍する大人気の超常現象アクションドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』が、シーズン15で終了することはお伝えしたとおり。このビッグニュースに、ウィンチェスター兄弟の父親ジョン役のジェフリー・ディーン・モーガンがコメントした。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『スパナチュ』ジェフリー・ディーン・モーガン、「第300話は主役二人を無しにはあり得なかった!」

現地時間3月27日(水)、ジェフリーは自身のTwitterに想いを投稿した。「素晴らしい長寿番組だった。最終シーズンは、最高の終幕のストーリーになることを願っているよ。キャストやスタッフ、ファンに愛を。そしてジェンセン、ジャレッド、君たちのことを誇りに思うよ」

現在は、大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』でニーガンを演じ、その悪役ぶりで人気を博しているジェフリーは、サム(ジャレッド・パダレッキ)&ディーン(ジェンセン・アクレス)兄弟の父親ジョン・ウィンチェスターとして、2005年に開始したシリーズのパイロット版より出演していたが、シーズン3で番組を去っていた。そして、それ以来となるシリーズ通算300話記念エピソードに久々に登場した。このエピソードは、シーズン14の第13話「Lebanon(原題)」で、父ジョンと再会を果たした兄弟が綴られている。またTV Lineの今週のベスト演技として、ジェフリーのパフォーマンスが選ばれた。

先日、ジャレッドとジェンセン、そしてカスティエル役のミシャ・コリンズの三人が映ったビデオメッセージで、同作が幕を閉じることが発表された。ジェンセンが「私たちは撮影クルーに、15シーズン目に入ることをとても嬉しく思いますが、これが最後になるだろうと伝えました」と語り、ジャレッドが「この作品は、私の人生を確実に変えた15年間で、二人の人生も変わったことを私は知っています。私たちは、次を迎えることにワクワクしているが、それがフィナーレになります」と述べていた。

約10年ぶりに戻ってきた兄弟の父親ジョンは、ファイナルシーズンへの出演もあるのだろうか。『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』シーズン14は、米CWで毎週木曜日に放送中。日本では、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントにてデジタルセル(字幕版)で配信中。視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』
(c) Warner Bros. Entertainment, Inc.

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリア・クラークが、シリーズ初期の撮影中に2度も脳動脈瘤の手術を経験して、生死の境をさまよっていたことがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】海外ドラマスターを追え!エミリア・クラーク

2011年に第一章を撮影していた頃、ジムでのトレーニング中に頭に激しい痛みを感じてMRI検査を受けたところ、脳動脈瘤を患っていることが発覚したと、米New Yorkerに掲載された手記で明かしている。

その後、脳の手術を受けたエミリアは失語症と呼ばれる症状により、一時期は自分の名前すら思い出すことが出来ない状態になったという。退院後に仕事に復帰するも、今度は反対側の脳に見つかっていた小さな動脈瘤も、破裂する可能性があることが明らかに...。そして、2013年のブロードウェイの舞台『ティファニーで朝食を』にも出演していた第三章の撮影中、二つ目の動脈瘤の大きさが倍になっていることが分かり、2回目の手術を受けたとのこと。しかし、施術が失敗して今度は開頭手術が必要となり、手術後のリハビリは前回よりも困難を極め、エミリアはパニック発作を起こしたことも綴っている。

その経験について、「デナーリスが体験した、どんな戦争よりも恐ろしい経験をしたように思えました。頭から液体を流しながら手術室から出て来て、頭蓋骨の一部がチタンに置き換えられていました。最悪の時にはプラグを引っこ抜きたいという思いに駆られ、医療スタッフに死なせてほしいと頼んだこともありました」とも書かれており、壮絶な体験をしたようだ。

そんな大変な手術を2度も克服したエミリアは現在100パーセント回復し、脳の損傷や脳卒中で苦しむ人々を支援する慈善団体「SameYou」を立ち上げて活動を行っている。

まるで、自身が演じるデナーリスのように壮絶な体験をしたエミリアが出演する『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、4月15日(月)よりBS10スターチャンネルにて放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
Game of Thrones (C) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related service marks are the property of HomeBox Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

『クリミナル・マインド』のシェマー・ムーア主演。1970年代に放送された『特別狙撃隊S.W.A.T.』をリブートしたアクションドラマ『S.W.A.T.』。そのシーズン2が、2019年6月にスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】『S.W.A.T.』シェマー・ムーア直撃インタビュー

米CBSで2017年秋に放送をスタートした本作。ロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった、凶悪事件の収拾にロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く。緊迫感ある銃撃戦や臨場感溢れるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンが視聴者の注目を集め、放送直後から人気を博している。

シーズン2では、ホンドー率いるS.W.A.T.は、人身売買の容疑がある二人組がハイチから密輸してきた9人の子どもたちがいるという廃墟となっているアパートを家宅捜査する。しかし、チームがアパートに突撃しようとした時、巨大地震がロサンゼルスを襲い、子どもたちと容疑者の一人、そしてディーコンが建物内に閉じ込められてしまう。ディーコンはその容疑者に力を合わせて瓦礫の山から抜け出そうと説得を試みるが...。

また今シーズンより、ホンドーの母親役として『グレイズ・アナトミー』で監督&製作総指揮を務める一方、キャサリン・エイヴリーを演じるデビー・アレンが出演する。また、『GRIMM/グリム』のアダリンド役で知られるクレア・コフィーも登場。

主人公ホンドーを演じるシェマーをはじめ、ステファニー・シグマン(ジェシカ・コルテス役)、アレックス・ラッセル(ジム・ストリート役)、ジェイ・ハリントン(ディーコン役)、ケニー・ジョンソン(ドミニク・ルカ役)、リナ・エスコ(クリス役)、デヴィッド・リム(ヴィクター・タン役)、ピーター・オノラティ(ジェフ・マムフォード役)、パトリック・セント・エスプリト(ロバート・ヒックス役)らが続投する。

『S.W.A.T.』シーズン2は、6月に海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『S.W.A.T.』シーズン2
(c) 2018, 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios, Inc. All Rights Reserved.

ラッセル・クロウ(『グラディエーター』)が主演を務める米Showtimeの新作リミテッドシリーズ『The Loudest Voice(原題)』に、人気法廷ドラマ『グッド・ワイフ』のウィル役で知られるジョシュ・チャールズが出演することがわかった。米The Hollywood Reporterが報じた。

【関連記事】本家『グッド・ワイフ』を見たことがなくても100パーセントハマる!怒涛の展開の連続『グッド・ファイト 華麗なる逆転』でアメリカの今を目撃

全8話の構成になるという本作は、2017年5月に77歳で亡くなった米大手テレビ局FOXニュース初代CEO、ロジャー・エイルズを題材にしたもの。彼は常に共和党と密接な関係にあり、過剰な演出で同局を盛り上げ、熱心な視聴者を掴むようにした人物。本作はそんなエイルズの周囲の人々にインタビューし執筆されたガブリエル・シャーマンによるニューヨーク・タイムズのベストセラー「The Loudest Voice in the Room(原題)」を原作としている。

ラッセルが主人公ロジャーに扮し、FOXニュースの元キャスター、グレッチェン・カールソン役でナオミ・ワッツ(『ジプシー』)も出演する。

ジョシュが演じるのはグレッチェンの夫ケーシー・クロース。元野球選手のスポーツエージェントで、日本では田中将大投手のニューヨーク・ヤンキースへの移籍を実現させた敏腕代理人としても知られている。ケイシーはFOXニュース内で居心地の悪い思いをしていたグレッチェンに対し、彼女が置かれている環境がそこまで悪いものだとは考えていない。

グレッチェンは2016年に、ロジャーから性的関係を迫られたが、それを断ったために番組を解雇されたとして、ロジャーとFOX Newsに対して訴訟を起こした。グレッチェンに続いて複数の女性たちが訴訟を起こしたことで、ロジャーはCEOの座を辞任することとなった。

他に、シエナ・ミラー(『アメリカン・スナイパー』)、セス・マクファーレン(『宇宙探査機オーヴィル』)、サイモン・マクバーニー(『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』)、アナベル・ウォーリス(『ピーキー・ブラインダーズ』)、アレクサ・パラディノ(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)らが出演する。

シャーマンはショーランナーのトム・マッカーシー(『スポットライト 世紀のスクープ』)とともに第1話の脚本を共同執筆する。製作総指揮を務めるのは、ラッセル、ジェイソン・ブラム(『KIZU-傷-』)、アレックス・メトカーフ(『ゴッド・タウン』)、マーシー・ワイズマン(『KIZU-傷-』)、ジェレミー・ゴールド(『KIZU-傷-』)、ライザ・チェイシン(『ジプシー』)、カリ・スコグランド(『ウォーキング・デッド』監督)。スコグランドは最初の2話でメガホンを取る予定で、現在ニューヨークでの制作が進行中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョシュ・チャールズ
(C)FAM020/FAMOUS

FBIの最強プロファイラー・ユニット、通称"BAU(行動分析課)"のメンバーが様々な凶悪犯罪に挑むロングラン大ヒットの犯罪捜査ミステリー『クリミナル・マインド』。そのシーズン12が、5月27日(月)よりスーパー!ドラマTVにてCSベーシック初放送となる。

【関連記事】『クリミナル・マインド』A・J・クック、ファイナルシーズン&初監督ついて語る!

FBI(アメリカ連邦捜査局)に実在する機関"BAU"を舞台に、犯罪者の心理を知り尽くした一流のプロファイラーたちが、全米各地で起きる凶悪な犯罪の謎にプロファイリングで迫り、次なる犯行を阻止して犯人を追い詰める一話完結の犯罪捜査ドラマ。米CBSで2005年より放送がスタートし、現在本国アメリカではシーズン14までの放送が終了している本作。世界中で人気を博しているが、残念ながらシーズン15をもって幕を閉じることが決定している。

シーズン12は、3つの刑務所から13人のシリアルキラーが脱獄するという大事件が起きる。そのうちの1人は、かつてホッチナーに薬物を吹き付けたシリアルキラー"ひっかき男"ことピーター・ルイスだった。この捜査で逃亡者特捜班からルーク・アルヴェス捜査官がBAUに出向してくる。共に捜査するうちにロッシはアルヴェスの手腕を見込み、正式にBAUに異動するよう招き入れる。

一方で、モーガンに続きホッチナーが特別任務でチームから緊急離脱することとなり、かつてメンバーだったエミリー・プレンティスが復帰。さらに、ベテランFBI特別捜査官であるスティーヴン・ウォーカーも新メンバーとして迎え入れられ、一変するBAU。新体制のチームで難事件に挑む彼らだったが、ある日リードが謎の事件に巻き込まれ、逮捕されてしまう...。

今シーズンは、新たなメンバーが二人もBAUに加わる。一人目は、『CSI:マイアミ』のエリック・デルコ役でお馴染みのアダム・ロドリゲスが、ルーク・アルヴェス捜査官を演じる。『ザ・プレイヤー ~究極のゲーム~』や『ブラックライトニング』のデイモン・ガプトンが、ベテランFBI特別捜査官スティーヴン・ウォーカーとして登場する。

また、前シーズンでBAUを去ったシェマー・ムーア演じるデレク・モーガンが、1話だけカムバック。パジェット・ブリュースターが扮するエミリー・プレンティスも復活と、これまでとはガラッと変わるBAUメンバーたちに注目のシーズンとなる。

■『クリミナル・マインド』シーズン12 放送情報


スーパー!ドラマTVにて、5月27日(月)22:00スタート!
[二カ国語版] 毎週月曜22:00
[字幕版] 毎週月曜24:00

『クリミナル・マインド』シーズン12を見た後は、海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録やレビューを付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド』シーズン12
(c) ABC Studios

1960年代のニューヨークを舞台に広告業界で生きる男たちを描く人気ドラマ『MAD MEN マッドメン』で敏腕クリエイティブ・ディレクター、ロジャー・スターリング役を演じたジョン・スラッテリーが、米FOXのAIをテーマにした新作SFドラマ『neXT(原題)』に出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『MAD MEN』ジャニュアリー・ジョーンズ、Netflixフィギュアスケート・ドラマに出演

『neXT』の主人公は国土サイバーエキュリティ・エージェントに加わった、頭は切れるが被害妄想が激しい元テクノロジー企業のCEOポール・ルブラン。AIによる危機を阻止する世界初のチームを率いる彼の活躍が描かれ、本作には人類にとって脅威になりかねない、今まで誰も目にしたことがないような"悪役"が登場するという。

ジョンは、知性が高く周りから社会病質ではないかと思われているが、単に裕福なナルシストだというポール役を演じ、他にもイヴ・ハーロウ(『The 100/ハンドレッド』)とマイケル・モーズリ(『運命の7秒』)の出演が決定している。パイロット版で脚本を務めるのは、『スター・トレック エンタープライズ』、『デクスター ~警察官は殺人鬼』や『24 TWENTY FOUR』で製作総指揮を務めたマニー・コト。

ジョンは、サスペンスコメディドラマ『デスパレートな妻たち』で主要キャラクターの一人ガブリエルと結婚するビクター役でも知られ、『SEX AND THE CITY』で主人公キャリーと交際する政治家ビル役でもお馴じみだ。ドラマシリーズだけでなく数多くの映画作品にも出演しており、マーベル映画『アイアンマン2』と『アントマン』ではトニー・スタークの父親ハワードを演じ、アカデミー賞作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』では記者ベン・ブラッドリー・Jr.役で出演している。ジョンのそのほかの出演作はこちらより。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・スラッテリー
(C)NYKC/FAMOUS

(※本記事は第七章のネタばれを含みますのでご注意を!)

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第一章でエダード・"ネッド"・スタークを演じたショーン・ビーンが、ジョン・スノウの両親について何も知らなかったと明かしていることがわかった。

【関連記事】死亡率が高い俳優ショーン・ビーン、『GOT』&新作ゲームの声優について語る!

ジョン・スノウはネッドの落とし子としてシリーズに登場したが、第七章でジョンはネッドの妹リアナ・スタークと、"ドラゴンの母"と呼ばれるデナーリス・ターガリエンの兄レイガーの息子であることが明かされていた。

米Entertainment Weeklyのインタビューで、その事実を知っていたのかと尋ねられたショーンが、「『ゲーム・オブ・スローンズ』については全てがそうだけど、秘密が伏せられていたんだ。それはシリーズの一種の魔法というか輝かしい部分だと思う。だからこそ、そういった秘密が明かされた時に驚嘆して、息を吞んでしまうんじゃないかな」と、ジョンの出生について何の知識もなかったと述べている。

そして、自分が取り残されたと感じるどころか、視聴者と一緒に番組の展開を見届けることを楽しんでいるのだという。クリエイターのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスの秘密主義を称賛し、「彼らはファンに知って欲しいことだけ明かしてるけど、それって良いことだと思うよ。そうしたら、何が起きるかわかったときにワクワクできるからね」とも付け加えていた。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのボロミア役でも知られるショーンは、『ゲーム・オブ・スローンズ』を降板後,英犯罪推理ドラマ『フランケンシュタイン・クロニクル』や時代劇ドラマ『メディチ』『ローマ帝国』、本人役を演じた英コメディドラマ『ウェイステッド』などに出演している。

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章は、4月15日(月)より BS10スターチャンネルにて世界同時放送スタート。作品見どころやレビューは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2011 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』で6シーズンにわたりイジー・スティーヴンスを演じたキャサリン・ハイグルが、米CBSの新作コメディドラマ『Our House(原題)』に主演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】【あの人は今!?】大人気ドラマを彩った女優たちの現在を追跡

『Our House』は、ブリジットとショーンという夫婦を中心に描かれるファミリーコメディドラマ。子ども時代に両親からないがしろにされていたブリジットは、夫と一緒に惜しみない愛とサポートを子どもたちに与えて育てようと決意するが、彼女の両親と兄弟が現れ、そんな決意を実行するのが困難になってしまう...というストーリー。

キャサリンはブリジットを演じ、夫ショーン役にはタイムトラベルをテーマにしたドラマ『タイムレス』でルーファスを演じたマルコム・バレットがキャスティングされている。ブリジットは、セラピストの夫のように余裕のある今時な親になれるようベストを尽くすが、自分の親のような子育てを実行してしまうという設定だ。

パイロット版の脚本を手掛けるのは、コメディ映画『ネイバーズ』シリーズで脚本&キャラクター構造&製作総指揮を務めたブレンダン・オブライエン。

キャサリンは、『グレイズ・アナトミー』出演の合間をぬって映画作品に出演するようになり、同作降板後は映画界を拠点に活躍していた。全米でサプライズヒットとなったコメディ映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』や、ロマンチック・コメディ映画『幸せになるための27のドレス』、アンサンブル恋愛映画『ニューイヤーズ・イブ』などに登場。久しぶりにドラマ界にカムバックした政治サスペンスドラマ『ザ・ブック/CIA大統領特別情報官』は、視聴率が振るわずシーズン1でキャンセルとなったが、最近は人気リーガルドラマ『SUITS/スーツ』にシーズン8から弁護士サマンサ役で姿を見せている。

そんなキャサリンの活躍が見れる『SUITS/スーツ』にシーズン8は、4月23日(火)よりWOWOWプライムにて日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:キャサリン・ハイグル
(c)NYKC

人気犯罪捜査ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』で、ジョーン・ワトソンを演じるルーシー・リューが製作総指揮を務める新作アンソロジードラマが、米ABCで進行していることがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ハリウッドで活躍するアジア系女優、注目したい出演作6選!

ルーシーが指揮を執るアンソロジーシリーズ『Unsung Heroes(原題)』は、その時代の先駆者になるために逆境を乗り越え、目標を達成した女性たちの語られずに終わった人生が描かれるという。第1話では、ハリウッドで有名になった初の中国系アメリカ人女優、アンナ・メイ・ウォンの活躍が綴られるとのこと。エキゾチックな美貌のアンナは"チャイニーズ・ヴァンプ"と呼ばれ人気を博し、ヨーロッパでも活躍した人物。『ピカデリィ』(1929)、『龍の娘』(1931)『朱金昭』(1934)などに出演し、1961年に56歳で亡くなった。現時点では、ルーシーがアンナを演じるのかどうかは不明だ。

ルーシーと共に、彼女の製作会社Framework Entertainmentを管理するマーイレン・マウカヒーと、ルサンヌ・セクンダ(『Sleepwalk with Me(原題)』)も製作総指揮に名を連ねている。

ルーシーが出演する米CBSの『エレメンタリー』は、今年放送予定のシーズン7で幕を閉じることが明らかになっているが、彼女はすでに同局の配信サービスCBS All Accessで製作される新作ドラマ『Why Women Kill(原題)』への出演が決まっている。同作は、異なる3つの時代を生きる3人の女性が、結婚生活における不貞行為に直面していく姿を描くシリーズで、ルーシーは80年代に生きるエレガントでオシャレで、自信に溢れたシモーンを演じることになっている。

ルーシーは、法律恋愛コメディドラマ『アリー・myラブ』のリン・ウー役で注目され、その後は『シャンハイ・ヌーン』や『チャーリーズ・エンジェル』、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』など話題作に数多く出演し、アジア系女優を代表する存在になった。

ファイナルとなる『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン7は、米CBSで2019年内の放送を予定している。見どころや視聴記録は、の海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーシー・リュー
(c)NYKC/FAMOUS

貴族と使用人が繰り広げる愛憎劇を描き、世界中で大ヒットを記録した英ドラマシリーズ『ダウントン・アビー』。現在、映画版の制作が進んでいる本作について、主人公メアリー専属の侍女アンナ・ベイツを演じたジョアン・フロガットは「TVシリーズの進化バージョン」と明かしている。アイルランドのRTEが伝えた。

【関連記事】『ダウントン・アビー』アンナ・ベイツ役ジョアン・フロガット オフィシャルインタビュー

ジョアンは「TVシリーズを愛してくれた人たちこそが、映画を見たいと思ってくれている人たちだから、みんなが大好きなダウントンがそのまま、ただレベルが上がった状態になっていると思っているわ」と英The Timesのインタビューでコメント。

続けて、「とても映画的に見える、大きくて美しいセットがあるわ」と明かした。

また、今後さらに映画版が続く可能性については、「もしみんなが望んでくれるなら。一歩一歩進んでいくことだけど、もし本当に質の高いものを作ることができるのなら、YESね。決してありえないなんてことはないわ」と希望を含ませた。

映画版『ダウントン・アビー』には、オリジナルキャストのグランサム伯爵役のヒュー・ボネヴィル、グランサム伯爵夫人コーラ・クローリー役のエリザベス・マクガヴァン、先代グランサム伯爵夫人バイオレット役のマギー・スミス、マシューの母イザベル・クローリー役のペネロープ・ウィルトン、長女メアリー役のミシェル・ドッカリー、次女イーディス役のローラ・カーマイケル、トム・ブランソン役のアレン・リーチ、元執事チャールズ・カーソン役のジム・カーターらがカムバックする。

新キャストとしてイメルダ・スタウントン(『ハリー・ポッター』シリーズ)、ジェラルディン・ジェームズ(『アンという名の少女』)、サイモン・ジョーンズ(『OZ/オズ』)、デヴィッド・ヘイグ(『キリング・イヴ/Killing Eve』)、タペンス・ミドルトン(『センス8』)らが出演することになっている。

映画版は、イギリスで今年9月13日(金)より劇場公開予定で、日本でのリリースは未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ダウントン・アビー』よりソフィー・マクシェラ、ミシェル・ドッカリー、レズリー・ニコル、ジョアン・フロガット、アレン・リーチ
(C)NYNR/FAMOUS

都会出身の医師が田舎で奮闘する『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』や大ヒット青春ドラマ『The O.C.』でお馴じみのレイチェル・ビルソンが、結婚をテーマにした新作ドラメディ(ドラマ+コメディ)に出演することが明らかになった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『The O.C.』放送から15年...レイチェル・ビルソンが当時を振り返る

レイチェルが出演する『Lovestruck(原題)』という仮タイトルが付けられている本作は、米FOXによるもので、2017年のフランスドラマ『Quadras(原題)』を元にしたもの。レイチェルは、2003年から2007年まで出演した『The O.C.』以来となるFOX作品だ。

本作は、結婚式の夜の様子を物語ったドラメディ。結婚式のパーティーに居合わせた人々の外側からは判断できない過去と現在が明らかになっていき、人生の色々な場面で絡み合った愛情劇、友情、そして家族の姿を発見していくことになるというストーリー。

レイチェルは、花嫁デイジー・ヴァレンタインを演じる。音楽教育業界で働くデイジーは、優しく、思慮深く、積極的で、瞳には深い魂を宿したようなキャラクター。フランスのオリジナル版では、アリックス・ポワソン(『ザ・コレクション』)が演じていた役。

レイチェルの相手役新郎のアレックス・フレッチャーには、『シェイムレス 俺たちに恥はない』や『ウォーキング・デッド』などにゲスト出演しているスティーヴ・カジーが決まった。アレックスは、チャーミングで思い遣りのある音楽ジャーナリスト。またデイジーの両親役に、アンディ・マクダウェル(『グリーン・カード』)とリチャード・ロクスバーグ(『ヴァン・ヘルシング』)がキャスティングされている。その他、キャスリーン・ターナー(『マッド・ナース』)、ウスマン・アリー(『ブラインドスポット タトゥーの女』)らが名を連ねている。

本作の脚本を手掛けるのは、『カリフォルニケーション』や『LUCIFER/ルシファー』で知られるトム・カピノス。監督は『Empire 成功の代償』『シェイムレス 俺たちに恥はない』のサナー・ハムリが務める。

レイチェルは、昨年の6月より米ABCの新作ドラマ『Take Two(原題)』に出演していたが、視聴率は低下し続け、シーズン1でキャンセルになった。刑事ドラマに出演していた落ち目の女優エマ・スウィフト(レイチェル)が、次作で演じる探偵役の役作りのために、私立探偵エディ・ヴァレティック(エディ・シブリアン『CSI:マイアミ』)とタッグを組んで難事件に挑む様子が描かれていた。

前作は残念な結果になっていたが、また新たな作品でレイチェルに再会できることを期待して続報を待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:レイチェル・ビルソン
(c)NYKC/FAMOUS

大人気シカゴ・シリーズ第2弾! ボイト率いる特捜班が街にはびこる悪に挑む、大人気ポリスアクション『シカゴ P.D.』。そのシーズン5が、5月10日(金)よりAXNにて日本初放送となる。

【関連記事】「正直なところ、ボイトはとても誠実」『シカゴ P.D.』ジェイソン・ベギー(ハンク・ボイト役)インタビュー

正義のためなら手段を選ばない男ハンク・ボイトを主人公に、シカゴの街を凶悪犯罪から守る特捜班を描き、先日シーズン7への更新も決まったく大人気シリーズ。

特捜班は、新たな困難に直面する。ハルステッド(ジェシー・リー・ソファー)が犯人に向けて発砲した銃弾が、事件と無関係の少女に当たり、少女は意識不明の重体に。この事を機に、ボイト(ジェイソン・ベギー)の因縁の相手で、新たにシカゴ市警の監査官となったデニー(ミケルティ・ウィリアムソン)がチームの前に立ちはだかる。市議会議員のプライス(ウェンデル・ピアース)も市民を扇動し、ハルステッドの免職を要求! さらに、殺人容疑でオリンスキー(イライアス・コティーズ)が逮捕。厳しい状況に陥った特捜班...。そこへ、希望の光がごとく、元特捜班メンバーのアントニオ(ジョン・セダ)がチームへ帰ってくる。

今シーズンより、新たなキャラクターが登場する。シカゴ市警の監査官となったデニー役には、『HAWAII FIVE-0』のクレイ・マックスウェル役や、『CSI:ニューヨーク』シンクレア役のミケルティ。市議会議員のプライス役には、『SUITS/スーツ』でメーガン・マークルが演じたレイチェルの父ロバート・ゼインウェンデル役で知られるウェンデルが扮する。

また、第16話は『シカゴ・ファイア』(シーズン6第13話)とのクロスオーバーエピソード。マスコミを狙った爆発事件が発生。捜査を進める中、連続爆破事件へと発展し、さらに特捜班の元に爆発物が届く...。捜査が難航する中、特捜班はシカゴ消防局51分署のメンバーに協力を要請。果たして爆弾魔を捕まえることはできるのか?

■『シカゴ P.D.』シーズン5 放送情報


AXNにて(全22話)
[字幕版] 5月10日(金)11:00PMスタート《DRAMAX 11》
[二カ国語版] 5月13日(月)11:00AMスタート

(海外ドラマNAVI)

Photo:『シカゴ P.D.』シーズン5
(c) 2017 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

1990年代に大ヒットした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)のディラン役で知られるルーク・ペリーが急逝で、世界中のファンや関係者が悲しみにくれた。そんな中、同作のデビッド役のブライアン・オースティン・グリーンが、初めてコメントを発表した。米Hollywood Reporterが報じている。

【関連記事】【追悼】ルーク・ペリーよ、永遠に。『ビバヒル』『OZ』『クリマイ』『リバーデイル』...その俳優人生をふり返る

3月14日(木)に始まったブライアン自身のポッドキャスト配信で心情を述べた。「ルークは特別な人だった。僕はまだ今も悲しみに暮れているよ。亡くなったことでルークについて話すなんて、今でもショックを受けている。誰でも、いつかは友だちや共演者の死に向き合う時が来ることはわかっていたはずだ。だが、こんなに早くなんて。52歳でなんて。こんな突然になんて」

続けて、「誰もルークのことを悪く言う人はいなかった。ただ素晴らしい人間だった。どこでだろうと、いつだろうと、どんなつらいことの最中であろうと、ルークはいつでもルークだったんだよ。彼は最高だった」と話した。

さらに、ルークの携帯にメッセージを送ったことも告白。「彼が亡くなった後に、テキストメッセージを送ったんだ。もちろん、返事が来ないことはわかっていたよ。だけど、どこかで返事をしてくれるんじゃないかって。まだ本当は生きているんじゃないかって。ルークはどこかにいると思うんだ。僕たちを天から見下ろしていて、笑っていることを僕は知っているよ」

ブライアンはこれまで、主要キャストがSNSでコメントを発表する中、沈黙を貫いていた。だが、このポッドキャストのローンチイベントのために、Instagramにプロモーションのイベントビデオを掲載したことでファンから批判されていた。ファンの中には、ルークについて何も言わないブライアンに失望したと書き込むものもいた。

このイベントは、奇しくも『ビバヒル』の舞台、ビバリーヒルズ高校のロケ地となったトーランス高校で開催されるものだった。そんなコメント欄に、ブライアンは「みんな、コメントありがとう。サポートしてくれたみんなありがとう。ルークの死はショックだ。多くの人が言ってくれているように、悲しみをどうやって消化するかは人それぞれだ。もし、楽しい夜に出席するのは時期尚早と思うなら、しないほうがいい。みんな、それぞれの感情の経過を尊重するべきだ」と返信する形で書き込んだ。

ブライアン同様に沈黙していたケリー役のジェニー・ガースも批判を受けていた。彼女は、3月8日(金)の国際女性デーの日にちなんで、娘たちの写真を掲載。ルークの逝去から数日経っても何もなかったため、ファンにはこの掲載を疑問に思うものがいた。ジェニーはそんなファンのコメントに対し、「今日は女性を尊重する日だからこの娘たちの写真を掲載したの。何だとしてもお祝いなんてする気分ではなかったのよ。だけど、私の大事な友だちは、わかってくれると知ってるからそうしたの。彼だって子どもが全てだった。それに、彼のことを知ってる人ならわかるけど、ソーシャルメデャアなんてどうでもいいと思っている人だったわ」と書き込んでいた。

『ビバヒル』は米FOXにて今夏リバイバル版が放送予定。ブライアンやジェニーをはじめ、ジェイソン・プリーストリー、アイアン・ジーリング、トーリ・スペリング、ガブリエル・カーテリスらが復帰する予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブライン・オースティン・グリーン&ルーク・ペリー
(c)FAM020/FAMOUS

NYに蔓延するレイプや性的虐待など、衝撃的な性犯罪をリアルに、そしてセンセーショナルに描く1話完結のクライム・サスペンス『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』。全米で現在放送中のシーズン20が、FOXにて5月17日(金)より早くも日本最速放送となる。

【関連記事】『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』でセレブのDV騒動を描く!モデルは、クリス・ブラウンとリアーナ!?

本作は、大ヒットシリーズ『LAW & ORDER』のスピンオフ。シーズン20に突入し、ついに本家と肩を並べ、アメリカ地上波における最長寿ドラマの仲間入りを果たした。レイプ、性的虐待、児童ポルノ、同性愛、人種差別などによる、社会的弱者が被害者となってしまう性犯罪を専門に捜査するNY市警の性犯罪特捜班が扱う事件を、様々な人物の角度からリアリスティックに描いている。シリーズの特徴でもある、前半は警察による犯罪捜査(Law)、後半は法廷での審議(Order)という2部構成を軸にして、アメリカ社会の隠れた現実や、システマティックな裁判制度なども丁寧に表現。1話完結のストーリーで各エピソードのクオリティーも非常に高く、被害者の生い立ちや、加害者たちが抱える闇など、事件の背景にある人間ドラマにも重きを置いた、感情移入のしやすい作品として大きな魅力を放つ。

これまでに、ロビン・ウィリアムズやジェニファー・ラブ・ヒューイット、ウーピー・ゴールドバーグなど、多くの大物俳優たちがゲスト出演している本作品。シーズン20では、『スキャンダル 託された秘密』のジョージ・ニューバーンと『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のジェニファー・エスポジートが出演することでも話題となっている。ジョージは、アマンダ・ロリンズ刑事(ケリー・ギディッシュ)の元恋人で、魅力的かつ裕福なアル・ポラック医師役として第1話に登場。ジェニファーは、ハージティたちの率いるチームと協力して、売春宿チェーンを摘発するヴァイス・スクワッドのフィービー・ベイカー捜査官役として第15話に出演する。米CBSの『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』でジャッキー・クラトーラを演じていたジェニファーが再びNY市警に戻ってくる姿が見られる、ファン必見のエピソードだ。

また、『LAW & ORDER』の新作スピンオフ作品として、NYに実在するヘイトクライム(憎悪犯罪)専門タスクフォースチームの活躍が描かれる「ヘイトクライム特捜班」の製作も決定。このシーズン20のストーリー内で、「ヘイトクライム特捜班」が初お目見えすることでも注目のシーズン。

主人公は母がレイプされたことで生まれた女性刑事オリビア・ベンソン。シーズン1からオリビアを演じるマリスカ・ハージティは、昨年6月のインタビューで、同作を降板する気はなく引き続き長期に渡って出演したいと発言。シーズン25も夢ではないと更なる更新に意欲を見せている。

『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン20は、FOXチャンネルにて5月17日(金)より放送スタート。作品見どころやレビューは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン20
(c) 2018 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.

1999年に公開された映画『ボーン・コレクター』のドラマ版となる『Lincoln(原題)』で、人気ドラマ『ヴァインパイア・ダイアリーズ』で5シーズンにわたりレクシー・ブランソンを演じたアリエル・ケベルが、主人公の一人を演じることがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ボーン・コレクター』のドラマ化が決定!

ジェフリー・ディーヴァーの同名小説が原作となる映画版は、事故により左人差し指と頭部しか動かせなくなった科学捜査官リンカーン・ライムと、若き女刑事アメリア・ドナヒーがタッグを組み、古書「ボーン・コレクター」を再現して犯罪を繰り返す連続殺人鬼を追う作品。映画版ではデンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』)がリンカーンを演じ、アメリア役でアンジェリーナ・ジョリー(『マレフィセント』)が出演していた。

アリエルは、リンカーンの相棒となるアメリア・サックスを演じ、キャラクターの名前は映画版の"ドナヒー"ではなく、原作と同じ"サックス"になるようだ。そしてアリエルは、今回の報道を受け自身のInstagramで、「私は『ボーン・コレクター』の大ファンです。アメリアを演じられることは、名誉でもあります。ラッセル・ホーンズビーとマイケル・インペリオリと一緒に仕事できることにワクワクしています」と意気込みを語っている。

すでにリンカーン役には、ホラーファンタジードラマ『GRIMM/グリム』でハンク・グリフィン刑事を演じたラッセルが決定している。『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』のクリス・モルティサンティ役で知られるマイケルは、NYPDの刑事リック・セリットに扮する。

脚本・製作を務めるのはVJ・ボイド(ドラマ版『S.W.A.T』)とマーク・ビアンクリ(『グッド・ネイバー』)。アヴィ・ニール(『HOMELAND』)、アロン・シュトルツマン&レイチェル・カプラン(『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』)、ピーター・トラゴッド(『サマンサ Who?』)も製作総指揮に名を連ねる。

ヴァンパイアをテーマにした作品に数多く出演しているアリエルは、『ヴァインパイア・ダイアリーズ』を降板後、米NBCのホラードラマ『Midnight, Texas(原題)』にオリヴィア・チャリティ役でレギュラー出演。ヴァンパイアと人間が共存する世界を描くドラマ『トゥルーブラッド』にも姿を見せている。ほかにも、映画『フィフティ・シェイズ・フリード』や、米CBSの『HAWAII FIVE-0』、米HBOによるアメフト界の裏側を描くコメディドラマ『Ballers/ボウラーズ』にも登場している。

『Lincoln』は、米NBCで放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アリエル・ケベル
(c)FAM020/FAMOUS

高校教師が麻薬王にまで上り詰める姿を描いた大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』。同作の映画版が製作され、ドラマシリーズの主人公ウォルター・ホワイトの相棒だったジェシー・ピンクマンが主役になると当サイトでもお伝えしてきた。しかし、ジェシー役で続投すると見られているアーロン・ポールが、「映画版の話なんて聞いてない」とコメントしていることが明らかとなった。米Deadlineほか複数のメディアが報じている。

【関連記事】ヴィンス・ギリガンの恩返し!?『ブレイキング・バッド』映画版は米Netflixで先行配信!

3月15日(月)にアイダホ州で開催されたサンバレー映画祭に姿を見せたアーロンが、映画版『ブレイキング・バッド』について意味深な発言をした。「噂って面白いよね。俺がハン・ソロにキャスティングされたって噂も一度聞いたことがあるよ。映画版『ブレイキング・バッド』の話なんて聞いてないけど、もしあるなら関わりたいし、実現するなら出演したい。TVシリーズを見てないなら言うけど、ウォルターは死んだからジェシーが主役だね」と語っている。

現在「Greenbrier」というコードネームで呼ばれている映画版では、ドラマシリーズの最後でネオナチグループに捕われていたが自由の身となったジェシーが主人公となり、その後の彼の人生が描かれると報じられていた。そして、ウォルター・ホワイト演じたのブライアン・クランストンは、映画化について認めている

映画版では、ドラマシリーズで共同クリエイターを務めたヴィンス・ギリガンが、脚本&監督&製作総指揮&クリエイターを担い、スピンオフ版『ベター・コール・ソウル』で製作総指揮を務めるピーター・グールドとメリッサ・バーンスタインもプロデューサーとして名を連ねている。

以前アーロンは英Digital Spyの取材に対し、「僕はジェシーがニュージーランドかカナダのどこかで、平和に暮らしているって思いたいね。だけど実際には、あの凄惨な現場に彼の指紋が付きまくっているんだから、きっと追われてるに違いないけどね」と話していた。

今回のアーロンの発言により、より一層謎のベールに包まれた『ブレイキング・バッド』の映画化。続報が入り次第、お届けてしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:アーロン・ポール
(c)Hubert Boesl/FAMOUS

今年1月に英Channel 4で放送され、大きな話題を呼んだベネディクト・カンバーバッチ主演最新作。英国EU離脱という一連の発端となった、是非を問う2016年の英国国民投票までを描いた実録ドラマ『ブレグジット EU離脱(原題:Brexit: The Uncivil War)』が、3月31日(日)にBS10スターチャンネルにて独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】英メディアが選ぶベネディクト・カンバーバッチの出演作ベスト7

3月14日(木)、英議会は今月29日に迫っていた欧州連合(EU)からの離脱"延期"を決定。ブレグジット(英国EU離脱)の見通しは一段と不透明に! そもそも「ブレグジット」とは何か。英国はなぜこのような状況に陥ってしまったのか―。本作は、ブレグジット決定の背後で繰り広げられていた「離脱派」と「残留派」のせめぎ合い、そして運命の国民投票までを描く。

タイトルにもなっている「ブレグジット」とは、英国(Britain)と離脱(Exit)を合わせた造語。「離脱派」の投票キャンペーンを指揮した選挙参謀ドミニク・カミングスは、いかにして国民投票を攻略したのか―。その驚くべき真相とは...!?

世論を離脱派に導いた実在の選挙参謀ドミニク・カミングスを、映画『ドクター・ストレンジ』や『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』、海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シリーズや『パトリック・メルローズ』などドラマ・映画界で活躍するベネディクト・カンバーバッチが熱演。そのほか、残留派のディレクターに『007』シリーズのロリー・キニアなど、物語の舞台となった英国の実力派俳優たちが出演する。

■『ブレグジット EU離脱』放送情報


BS10スターチャンネルにて
【STAR1 字幕版】3月31日(日)よる9時より 緊急≪無料≫放送

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブレグジット EU離脱』
(C) Joss BarrattChannel 4House Productions

隠蔽体質の病院で正義を貫く若き医師の姿を描く『レジデント 型破りな天才研修医』。全米で現在放送中のシーズン2がFOXにて5月7日(火)より日本最速放送となる。

【関連記事】実力派イケメン俳優マット・ズークリー ~『レジデント 型破りな天才研修医』でドラマ初主演を掴むまで~

米国現代医療の問題点や腐敗をえぐる野心的な内容が話題を呼び、シーズン1の平均視聴者数は750万人を記録した本作。シニアレジデント(研修医3年目)のコンラッドは、新人インターンのデヴォンの指導役。彼は患者の命を第一に考え、必要とあらば規則も破る。時に横暴に見える行動も、天才的な手腕を持つ彼ならでは。医療とは正義なのかビジネスなのか...。型破りな天才研修医が、金と欲にまみれた病院上層部に立ち向かうというストーリーだ。

前シーズンでレーン・ハンターが逮捕され一件落着かに見えたが、保険に加入している患者を優遇しようとしたり、責任を部下になすりつけるなど、金儲けと保身に走る経営陣の姿勢はシーズン2でも変わらない。さらにCEOに就任したベルは、現場の意見よりも利益を優先し、ある医療機器会社との取引を強化しようとする。一方、新しく会長の座に就いたコンラッドの父マーシャルの真意とは...。

『グッド・ワイフ』のマット・ズークリー、『リベンジ』のエミリー・ヴァンキャンプ、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のマニッシュ・ダヤルなどが引き続き出演。そして新キャストとして『ステップ・アップ』のジェナ・ディーワンが加わる。

『レジデント 型破りな天才研修医』はFOXにて、シーズン2が5月7日(火)よりスタート。またそれに合わせて、シーズン1が5月4日(土)より一挙放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レジデント 型破りな天才研修医』シーズン2
(c)2018 Fox and its related entities. All rights reserved.

人命救助に命をかけるシカゴ消防局51分署の消防士たちの活躍と友情をリアルに、そして感動的に描く『シカゴ・ファイア』。そのシーズン6が、5月30日(木)よりAXNにて日本独占初放送となる。

【関連記事】『シカゴ・ファイア』デヴィッド・エイゲンバーグの素顔に迫る5つの問答

衝撃的な展開で幕を閉じ、全米が騒然となったシーズン5の最終話。火のまわった建物で立ち往生したセブライド、マウチ、ハーマン、そしてケイシー。死を覚悟したケイシーは、妻のガブリエラ・ドーソンに愛の言葉を贈った。蒸し焼きになる危険性があるものの、大隊長のボーデンは苦渋の決断をして放水の指示を出すことに...。

シーズン6では、新たなチャレンジや恋愛関係を通して隊員の成長がエモーショナルに描かれる。中隊長として新たな責務を負ったケイシーは、火災時の救出方法を巡り、セブライドと意見が対立するなど、リーダーとしての難しさを痛感する。一方、ドーソンはケイシーとの関係ですれ違いが続く中、救急隊員としてプエルトリコに行く話が持ち上がる。セブライドはアパートから追い出されたキッドと暮らすことになり、いい雰囲気になるが、元恋人のレネーが現れ...。

前シーズンから引き続き、ジェシー・スペンサー(マシュー・ケイシー役)、テイラー・キニー(ケリー・セブライド役)、イーモン・ウォーカー(ウォレス・ボーデン役)、モニカ・レイモンド(ガブリエラ・ドーソン役)、カーラ・キルマー(シルビー・ブレット役)、デヴィッド・エイゲンバーグ(クリストファー・ハーマン役)、ミランダ・レイ・メイヨ(ステラ・キッド役)、ユーリ・サルダロフ(ブライアン・"オーチス"・スヴァナチェック役)、クリスチャン・ストールティ(ランディ・"マウチ"・マクホランド役)らが出演している。

また今シーズンも、第13話で『シカゴ P.D.』とのクロスオーバーエピソードが登場。テレビ局の番組収録中に爆発が起こり、軍用の爆薬を使ったプロ仕様の即席爆弾だと判明。ボイト(ジェイソン・ベギー)率いるシカゴ警察の特捜班は、ボーデンやセブライドたちと連携して次の爆破事件を阻止しようとする。

■『シカゴ・ファイア』シーズン6 放送情報


AXNにて
[字幕版] 5月30日(木)11:00PMスタート《DRAMAX 11》
[二カ国語版] 5月31日(金)11:00AMスタート

(海外ドラマNAVI)

Photo:『シカゴ・ファイア』シーズン6
(c) 2017 OPEN 4 BUSINESS PRODUCTIONS LLC. All Rights Reserved.

4月より放送が開始する第八章で、ファイナルを迎える世界的大ヒット作『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。その壮大なドラマでは、数多くのエキストラも出演している。そして、その星の数ほどいるエキストラが、本作のネタバレをしていることは一度も見たことがないかもしれない。そんな『GOT』エキストラたちの過酷な現場を、米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章についてわかっている11のこと

本作で長年、兵士やウェスタロスの住民、商人など様々な役を演じてきたエキストラたちは、俳優同様、もちろん内容をメディアに口外することは禁じられている。中には、役を演じた記念にタトゥーを入れるものもいるようだ。

そんな彼らの撮影日は、朝一番に最初に現場入りし、帰るのは一番最後。それで日給は100ドルだ。ショーランナーのデヴィッド・ベニオフは、述べている。「彼らは、"エキストラ"と呼ばれるだけあって、仕事としてはそんなに高くない金額で、尊敬もされるものでもない。だが、北アイルランドのエキストラたちは、ものすごくやる気に満ちていて、現実的に見せようとしているし、最高なんだ。ありえない労働時間なのに、本当に一生懸命頑張ってくれているよ。主要なシーンでの活躍も数え切れないくらいあったしね」

また、もう一人のショーランナー、ダニー・ワイスはこう続けた。「エキストラの多くの男性は、『GOT』のためだけに髪を伸ばし、髭を生やしている。彼らは勝手に自分たちが演じる役の名前や、幼い時のトラウマ体験など、本作では語られることのないキャラクター設定を考えているんだ。だから、そういうエキストラのおかげで、撮影シーンに真実味が出るんだ。黒の城やウィンターフェル、ジョン・スノウの後ろにいようがね」

例えば、第六章第9話の「落とし子の戦い」では、仲間意識や協調性、チームワークを発展させるために、エキストラそれぞれが所属する軍隊に分かれ練習もした。また20フィート(約6メートル)にも及ぶ、血みどろの死体の山を演じるということもあった。セットに行くと、その死体が作り物なのか、エキストラなのかは、"カット"の声と同時に死体が動き出すまでわからないほどだったという。

また本作には、音楽関係のセレブもエキストラとして登場している。北アイルランド人とスコットランド人で結成されているバンド、スノウ・パトロールのギャリー・ライトボディは、第三章で兵士を演じている。アイスランドのバンド、オブ・モンスターズ・アンド・メンは、第六章でブレーヴォスのバンドとして登場、メタルバンドのマストドンは、第五章第8話「堅牢な家」に。そして、コールドプレイのドラマーであるウィル・チャンピオンは、第三章第9話「キャスタミアの雨」で、本業と同じドラマーを演じている。

ショーランナーのワイスは、「バンドには、特に注意していたんだよ。ものすごくつまらない仕事だよとね。そしたらみんな、"いいんだ、最高だよ"と。そして6時間の撮影予定が、3日間になってしまって、(アイスランドバンドの)シガー・ロスなんて、"もう帰っていいかい?"と聞いてきたんだ。だから"ダメだよ、君らはこのシーンに映っているんだ。ここは、3日がかりのシーンなんだから全部いないとダメだ"と言ったんだ。その瞬間、彼らの中で何かが死んでしまったかのような表情になったよ。まだ2日半もあるのかっていう絶望の顔にね」

セレブにとっても何とも過酷な撮影現場だが、彼らのおかげで作品が成り立っているのかもしれない。そんなエキストラたちも活躍する最終章となる『ゲーム・オブ・スローンズ:第八章』は、今年4月に世界同時放送となり、日本でもスターチャンネルにて放送。『ゲーム・オブ・スローンズ』の見どころや視聴記録は、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc

ドラマ版『リーサル・ウェポン』で2シーズンにかけて主人公の一人マーティン・リッグス刑事を演じたクレイン・クロフォードが、新作ホラードラマ『Into the Dark(原題)』に出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】海外ドラマとして復活を果たした『リーサル・ウェポン』の魅力

『Into the Dark』の各エピソードは感謝祭やクリスマスなどの祝日がテーマとなり、毎月1話ずつ、一年かけて12話が配信される画期的なホラー・アンソロジーシリーズ。

クレインが出演するのは、父の日をテーマにした「They Come Knocking」と題されたエピソード。最近妻を亡くした父親が娘二人を連れてロードトリップへ旅立つが、恐ろしい超自然的な存在と遭遇する展開になるという。本エピソードでクレインの脇を固めるキャストして、ジョセフィン・ラングフォード(『Wolf Creek(原題)』)、ロビン・ライヴリー(『ゴーティマー・ギボン ~ふしぎな日常~』)、リア・マクヒュー(『トーテム 呪いの首飾り』)、ドワイト・ヒックス(『アルマゲドン』)が名を連ねる。

2018年5月にクレインは撮影現場での態度に問題があるとして、シーズン2をもって『リーサル・ウェポン』を解雇されたと報じられていた。彼の後任として、シーズン3からは映画『アメリカン・パイ』シリーズなどで知られるショーン・ウィリアム・スコットが出演している。

クレインは、ヒューマンドラマ『レクティファイ 再生』で4シーズンにわたりテッド役を演じ、『24 TWENTY FOUR』や『ザ・グレイズ ~フロリダ殺人事件簿』、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』といった人気ドラマシリーズに数多くゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『リーサル・ウェポン』クレイン・クロフォード
(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

1990年代に大ヒットした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)のディラン役で知られるルーク・ペリーが急逝してから1週間が経ったが、未だにそのショックを受けているセレブも多いようだ。俳優トム・ハンクスの息子であるコリン・ハンクス(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)もその一人で、長年メディアに語らなかったルークとの秘話をファンのために話してくれた。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】【追悼】ルーク・ペリーよ、永遠に。『ビバヒル』『OZ』『クリマイ』『リバーデイル』...その俳優人生をふり返る(前編)

ルークとは偶然遭遇した1度きりの出会いだったそうだが、それが衝撃的だったようで、その当時のことを語ってくれた。「あれは、妻と一緒に行ったメキシコからの帰りの機内でのことだよ。数列前に殴り合いをしている子どもがいてね。兄弟だったんだけど、泣くわ叫ぶわでね。両親はなすすべがないという状態で諦めている感じだったんだよ。親だったら気持ちは分からなくはないよね」

その後の機内での状況を思い出しながら、「2時間くらいこの状態が続いていていたんだけど、着陸態勢に入る10分前くらいにもっとひどくなってね。そしたら、ファーストクラスから帽子をかぶった髭面のサングラスをかけた男性が風船をふくらましながら出てきたんだ。そして、まるで王様に剣を差し出すかのように、その子どもたちの前で首を垂れ、跪いて風船をあげると、彼ら一瞬で静かになったよ。その瞬間、機内が拍手で包まれたんだ。あと15分放置していたら、酷いことになっていたけど、その人のおかげで着陸前に収まったんだよ」

その謎の男性は一体誰だったのか。コリンは、飛行機から降り、その髭面の男性との対面を果たした。「入国審査に並んでいるところで、その彼をやっと見ることができて、妻に言ったんだ。"信じられない! さっきのヒーローはルーク・ペリーだよ!"って。そしたら、ルークは急に僕の方を向いて『FARGO/ファーゴ』を褒めてくれたんだ。いきなりゲスト出演作を褒められたのにも驚いたよ。だから、彼の行動を賞賛して、風船のことを聞いてみたんだ。"あれはまるでプロだよ! 習ってできるようなことじゃない!"と言ったら、ルークは飛行機に搭乗する時は、ああいう子どものためにいつも風船を持っていると答えたんだ」

見知らぬ子どもを落ち着かせただけでなく、初めて会ったコリンにもすぐに出演作の話を出して賛辞を送ったと言うルーク。そんなルークをコリンは、「彼は本当の紳士だった。早すぎる死だ。僕もこれからは風船を持って旅するようにしないと」と綴った。

ルークの人柄が表れているこの話。コリンを含め、ルークの思いが今後も人々の間で伝わっていくことを願いたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ルーク・ペリー(C) NYKC/FAMOUS
コリン・ハンクス(C) NYPW/FAMOUS

『ブレイキング・バッド』や『ウォーキング・デッド』を放送する米のケーブル局AMCが、クローン人間として生まれた女性たち描くサスペンスドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』を甦らせる企画を進行させているという。米Varietyが報じている。

【関連記事】フィナーレを迎えた『オーファン・ブラック』、その後を映画化する可能性も!?

『オーファン・ブラック』は、自分がクローンの一人であることを悟ったサラを中心に、複雑な陰謀が徐々に解き明かされていくシリーズ。主人公サラをはじめとするアリソンやコジーマといった個性が異なるキャラクターを、主演のタチアナ・マズラニーが一人七役で演じ分け、その演技力が絶賛された。

現時点で、浮上しているプロジェクトはスピンオフでもリブートでもなく、『オーファン・ブラック』と同じ世界を舞台にした全く新しい物語になるとのこと。

オリジナル版を製作したTemple Street Productionsが新シリーズも手掛け、現在プロデューサーは脚本家を探しており、どんなシリーズにするかアイデアを出し合える人材を集めていると伝えられている。

オリジナル版でクリエイターを務めたグレーム・マンソン(『CUBE』)とジョン・フォーセット(『スパルタカス』)が、新シリーズに続投するのかどうかは不明だ。

オリジナル版にはサラを演じたタチアナのほか、義弟フェリックス役でジョーダン・ガヴァリス(『追憶の森』)、サラの恋人ポール役でディラン・ブルース(『アメリカン・ゴシック ~偽りの一族~』)、ヴィク役でマイケル・マンド(『ベター・コール・ソウル』)、アート・ベル役でケヴィン・ハンチャード(『ブルーに生まれついて』)、ミセスS役でマリア・ドイル・ケネディ(『THE TUDORS ~背徳の王冠~』)らが出演していた。

『オーファン・ブラック』が正式に甦ることが決定した際には、キャスティングや内容などの続報をお伝えしていきたい。『オーファン・ブラック』の作品概要やユーザーレビュー、視聴記録はこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『オーファン・ブラック』
(C)Ken Woroner/BBC AMERICA

大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第四~七章までエラリア・サンド役で出演していたインディラ・ヴァルマが、"50セント"として知られるラッパー、カーティス・ジャクソンが手掛ける米ABCの新作法律ドラマに出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』で2018年最も読まれたニュース&コラムTOP10

タイトル未定の本プロジェクトは、弁護士になった受刑囚アーロンを主人公にした法律ファミリードラマ。他の受刑者のケースを法廷で争うだけでなく、犯していない罪で言い渡された自身の終身刑を覆そうと、愛する家族の元へ帰りたい一心で奔走するアーロンの姿が描かれる。

インディラが演じるのは、主人公アーロンが収監されているペンシルバニア州立刑務所で刑務所長を務めるケイト。タフで自信家、古い考えには捉われないが現実的で、刑務所制度を改革することで、自身のキャリアを向上させることを望んでいるという役どころ。妻のアーニャと子ども二人を育てており、司法長官候補のアーニャとアーロンを支援するケイトの間に溝ができてしまうという設定だ。

アーロン役には、『女刑事マーチェラ』やスパイドラマ『カウンターパート/暗躍する分身』などに出演している、英俳優ニコラス・ピノックがキャスティングされている。

脚本を手掛けるハンク・スタインバーグ(『ザ・ラストシップ』)が、カーティス・ハンセン(『POWER/パワー』)と共同でクリエイターを務め、パイロット版でメガホンを取るのはジョージ・ティルマン・Jr(『THIS IS US/ディス・イズ・アス』)。その3人は、ドラマの原案となった人生を歩んだアイザック・ライト・Jr、ダグ・ロビンソン(『それいけ!ゴールドバーグ家』)、アリソン・グリーンスパン(『旅するジーンズと16歳の夏』)らと製作総指揮にも名を連ねる。

イギリス出身のインディラは、『刑事ジョン・ルーサー』や『Silk 王室弁護士マーサ・コステロ』といったイギリスのドラマをはじめ、ベネディクト・カンバーバッチが主演したミニシリーズ『パトリック・メルローズ』や、中世を舞台にしたドラマ『ROME [ローマ]』などにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)2014 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

米アーチー・コミックスのキャラクターをもとにした、米CWの人気青春サスペンスドラマ『リバーデイル』。そのスピンオフ版となる『Katy Keene(原題)』のパイロット版に、『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)のアリア・モンゴメリー役で知られるルーシー・ヘイルが出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『リバーデイル<シーズン1>』インタビュー【5】ルーク・ペリー(フレッド・アンドリュース役)「父親業は大変だよ」

同じくアーチー・コミックスのキャラクターを下敷きにした『Katy Keene』は、主人公ケイティ・キーンをはじめとする20代のメインキャラクター4人が、ブロードウェイやファッションデザイナー、ミュージシャンになるために、NYで夢を追いかけるミュージカル・ドラメディになるという。

ルーシーが演じるのは主人公のケイティ。大胆で心が広く、自立した20代のニューヨーカーであるケイティはファッションデザイナー志望で、高級デパートでパーソナルショッパーとして働いていない時は、恋と友情に勤しんでいるという役どころだ。

すでに、『リバーデイル』でプロの歌手を目指すジョシー・マッコイ役のアシュリー・マーレイの出演が決定しており、パイロット版で脚本を手掛けるのは、『リバーデイル』でクリエイターを務めるロベルト・アギーレ=サカサと、『SUPERGIRL/スーパーガール』でペンを執ったマイケル・グラッシ。二人は、本家で指揮を執るグレッグ・バーランティとサラ・シェクター、アーチー・コミックスのCEOジョン・ゴールドウォーターと共同製作総指揮も担い、マギー・カイリー(『9-1-1:LA救命最前線』)が監督を務める。

『PLL』がシーズン7で幕を閉じた後、ルーシーは米CWの新作コメディドラマ『Life Sentence(原題)』に主演したが、残念ながらシーズン1でキャンセルに。これまでには、『ママと恋に落ちるまで』や『プライベート・プラクティス』などの人気ドラマにゲストとして登場し、『旅するジーンズと19歳の旅立ち』や『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』などの映画作品にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーシー・ヘイル
(C)NYKC

政治サスペンスドラマ『サバイバー:宿命の大統領』で、キーファー・サザーランド演じるトーマス・カークマン大統領の側近アーロン・ショア役を演じたイケメン俳優エイダン・カントが、米ABCの新作ドラマでヘザー・グラハムと共演することがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『サバイバー:宿命の大統領』エイダン・カント(アーロン・ショア役)インタビュー「キーファーのことをじっと見てるよ。よく観察してるんだ」

エイダンとヘザーが共演する『Hypnotist's Love Story(原題)』は、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の原作者リアン・モリアーティによる同名小説のドラマ化。何度も恋愛で痛い目に遭ってきた催眠療法士のエレンは、現恋人パトリックの元カノがストーカーで彼を付け回していることを知るが、なぜかその事実にスリルを感じてしまう...というストーリー。

すでに出演が決定しているヘザーがストーカーの元恋人を演じ、エイダンはパトリック役にキャスティングされている。シングルファーザーのパトリックは温かい人柄でロマンチック、そしてカリスマ性を備えた男性で、エレンが待ち焦がれた理想の恋人。同じ職場でエレンと働いているパトリックは彼女との恋愛を望んでいるが、常に自分を監視しているストーカーの元恋人に邪魔されるのではないか...と心配しているという役どころ。

エイダンとヘザーの他に、コメディドラマ『23号室の小悪魔』にロビン役で出演していたライザ・ラピラもキャストに加わっているが、彼女がエレンを演じるのかどうかは不明だ。 

ケイティ・ウェシュ(『リゾーリ&アイルズ』)が脚本を手掛け、彼女はヘザーとデヴィッド・ホバーマン(『美女と野獣』)、トッド・リーバーマン(『ダイバージェント』シリーズ)、ローリー・ザックス(『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』)と共同製作総指揮も兼任する。パイロット版で監督を務めるのは、フランチェスカ・グレゴリーニ(『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』)。

メキシコ出身のエイダンは、Netflixの麻薬をテーマにした『ナルコス』で流暢なスペイン語を披露し、映画『X-MEN:フューチャー&パスト』では太陽光を吸収してエネルギーに変換する能力を持つサンスポット役を演じた。その他の出演作に、カルト教団を描くドラマ『ザ・フォロイング』やTV映画『セカンド・チャンス』などがある。(海外ドラマNAVI)

Photo:エイダン・カント
(c)ABC/Ben Mark Holzberg

大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』のブリー・ホッジ役で知られるマーシア・クロスが、米CWの人気コメディシリーズ『ジェーン・ザ・ヴァージン』のスピンオフに出演することがわかった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】"バン・デ・カンプ家"終了から5年!『デスパレートな妻たち』の出演者は今?

スピンオフドラマ『Jane the Novela(原題)』は、本家の主人公ジェーン(ジーナ・ロドリゲス)が執筆した架空の小説を基に、ソープドラマにインスパイアされたアンソロジーシリーズになるだろうと伝えれられている。オリジナル版のキャラクターは劇中には登場しないが、ジーナがナレーターを務める。

本家で脚本&共同製作総指揮を担ったヴァレンティナ・ガーザがスピンオフでもペンを執り、オリジナルのクリエイター、ジェニー・スナイダー・アーマンとベン・シルヴァーマン、ブラッド・シルバーリングが、ジーナとガーザと共同製作総指揮に名を連ねている。シルヴァーマンはパイロットで監督も務める。

第1シーズンの舞台はカリフォルニア州ナパ・バレーのぶどう園。平穏に暮らしていた新進気鋭のアートクリエイターのエステラは、あるショッキングな秘密によって生活が一変し、二重生活を送ることを余儀なくされる。

スピンオフには、本家の設定が反映されており、主人公エステラは恋人ルンとリッチでハンサムな男性フェリックスの間で揺れるラテン系の20代女性。フェリックスは母親のレナータとワイナリーを共同所有している。

マーシアが演じるのはレナータで、たとえ息子の幸せを邪魔することになったとしても、彼の遺産を守るために手段を選ばない人物だという。エステラを演じるのはジャクリーン・グレース・ロペス(『East Los High(原題)』)。

本家『ジェーン・ザ・ヴァージン』のファイナルシーズンは、米CWにて3月27日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーシア・クロス
(c)PF/FAMOUS

大人気ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』でエマ・スワンを演じたジェニファー・モリソンが、米CBSの新作医療ドラマ『Under the Bridge(原題)』に出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ワンス・アポン・ア・タイム』ジェニファー・モリソン、子役時代に共演したリチャード・ギアが大物俳優だと知らなかった!

『Under the Bridge』は、夫と友人と一緒に医院を経営する心臓外科医のケイトが、あるスキャンダルに見舞われて夫が医院での立場を失った時に、自分の仕事と結婚生活を修復しようとリードを取るようになる...というストーリー。ジェニファーは、主人公ケイトを演じる。彼女は他の人の気分を害することなく野心を維持できるタイプで、好奇心が強くて心が広く、世の中を知っているというキャラクターだ。

ケイトの友人の一人で一緒に医院を経営するダン役に、デヴィッド・アヤラ(『フォーリング・ウォーター』)がキャスティングされている。ダンは、ハンサムでサッパリとした性格だが、どこか壊れたところがあり、かつてケイトと結ばれることを願っていたが、彼女は親友のマイケルと結婚してしまった...という設定。

クリエイターを務めるリナ・ミモウン(『溺れる女たち ~ミストレス~』)が脚本も手掛け、ジェリー・ブラッカイマー(『LUCIFER/ルシファー』)、ジョナサン・リットマン(『CSI:サイバー』)、クリスティー=アン・リード(『アルマゲドン』)らと共同製作総指揮も務める。パイロット版でメガホンを取るのは、『YOU -君がすべて-』や『ジプシー』でエピソード監督を務めたヴィクトリア・マホニー。

ジェニファーは人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で6シーズンにわたりアリソン・キャメロン医師としてレギュラー出演したほか、『ママと恋に落ちるまで』『CHASE チェイス/逃亡者を追え!』といったドラマにゲストとして登場。また『スター・トレック』や『ミッション:15』をはじめとする映画作品にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・モリソン
(c)NYKC/FAMOUS

2013年秋より米NBCにて放送スタートして以来、同局の看板番組として人気を博している大人気ドラマ『ブラックリスト』。サスペンスアクションの同作が、シーズン7へ更新されることが明らかになった。米TV Lineなどが一斉に報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『ブラックリスト』シーズン6でレッド&リズに待ち受けるものとは?

エミー賞3度受賞のジェームズ・スペイダー主演の本作。現在米国ではシーズン6が放送され、前シーズンで主要キャストのショッキングな死と驚愕の事実が判明したところから、物語は始まっている。

NBCの脚本番組部門で共同部長を務めるリサ・カッツとトレイシー・パコスタは、「『ブラックリスト』を弊社の看板番組に押し上げてくれた素晴らしいプロデューサー、キャスト、そして製作スタッフに祝辞を述べたいです」とコメントを発表している。

また今回のシーズン7への更新は、実は昨年5月に発表されたシーズン6への更新と2シーズンセットのリニューアルの一環であり、今回改めてシーズン7へ続くことが確定となったわけだ。なお、このシーズン7が最終シーズンかどうかは現時点では発表されていないが、レディントン役のジェームズの契約は、シーズン7まででしか交わされていないという。

また今回の朗報を受けて、リズを演じるメーガン・ブーンが自身のInstagramで喜びのコメントを綴っている。「もう1シーズン更新のニュースを聞いた時に撮った写真よ。もう一年、みんなと一緒にいられるわ。TV業界で最高のファンでいてくれて、シーズン7までたどり着かせてくれて、みんなありがとう!」と、共演者のディエゴ・クラテンホフ(ドナルド・レスラー役)、ハリー・レニックス(ハロルド・クーバー役)、アミール・アリソン(アラム・モジタバイ役)とメーガンが肩を組んで、笑顔を見せている写真を掲載した。

米国では現在毎週金曜日に放送されている本作だが、各話平均0.6レーティングで400万人の視聴者を記録している。録画視聴を含むと、1.2レーティングで730万人と視聴者数は増加している。

まだまだ物語が続く『ブラックリスト』。日本でもシーズン6が、4月30日(火)22:00よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送される。シーズン6を見て、視聴記録&レビューを付けよう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラックリスト』シーズン6より
(C) 2019 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

4月から放送される第八章をもって終幕を迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』で、シオン・グレイジョイ役を演じるアルフィー・アレンが、英 ITV Encoreの『Harlots(原題)』シーズン3に出演することが明らかとなった。

【関連記事】アルフィー・アレン『ゲーム・オブ・スローンズ』での拷問シーンについて語る

『Harlots』は18世紀のロンドンを舞台に、マーガレット・ウェルズ(サマンサ・モートン『ウォーキング・デッド』)とリディア・クイグリー(レスリー・マンヴィル『ファントム・スレッド』)という売春宿の女主人が、縄張りをめぐって権力争いを繰り広げるシリーズ。

シーズン3でアルフィーは、ソーホー地区の女性たちを敵に回すアイザック・ピンチャー役を演じ、彼の兄弟ハル役にアッシュ・ハンター(『The Secret Agent(原題)』)がキャスティングされている。

アイザックは富と権力を得るためなら手段をいとわない、野心に突き動かされたキャラクター。7年にわたる戦争から帰郷した彼はロンドンを乗っ取ることを目論み、飲み屋を隠れ蓑に売春ビジネスを拡大させているという役どころだ。

『Harlots』にはサマンサとレスリーの他、リヴ・タイラー(『LEFTOVERS/残された世界』)、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『ダウントン・アビー』)、ドロシー・アトキンソン(『ターナー、光に愛を求めて』)、ダニー・サパーニ(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)、セバスチャン・アルメストロ (『ブロードチャーチ3 ~殺意の町~ 最終章』)らが出演。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン役で注目されたアルフィーは人気歌手リリー・アレンの弟としても知られ、映画『ジョン・ウィック』ではロシアンマフィアのボスの息子ヨセフ・タラソフ役を演じた。アカデミー賞作品賞にノミネートされた『つぐない』や、リブート版『ザ・プレデター』にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:アルフィー・アレン
(c)JHMH/FAMOUS

4月に放送開始される第八章で、ファイナルを迎える大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズの原作「氷と炎の歌」の作者ジョージ・R・R・マーティンが、誰が最後に鉄の玉座に就くのか知らないと語っていることがわかった。米Colliderが報じている。

【関連記事】でも実はこの人は知っている!? 『GOT』ソフィー・ターナー、「最終章の結末を周囲にネタばれしちゃった!」

『GOT』は「氷と炎の歌」シリーズのドラマ化となるが、原作は2011年に刊行された第5部「竜との舞踏」を最後に止まった状態で、ついにはドラマシリーズが原作を追い抜いてしまった。小説は、「The Winds of Winter(冬の狂風)」と「A Dream of Spring」の出版を予定しているが、執筆は大幅に遅れているようだ。

マーティンは、ドラマシリーズでクリエイターを務めるデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスに、どのように原作の物語を展開させて完結させるつもりなのか概要を伝えたとのこと。しかし、かなり原作から逸脱してしまった『GOT』の結末を知らないと、次のように明かしている。

「ファイナルシーズンの脚本を読んでいないし、"冬の狂風"に取り組んでいるから撮影セットも尋ねていない。内容のいくらかは知っているが、そのほとんどはドラマシリーズのスタッフが生み出した、マイナーなキャラクターについてだからね。数年前にドラマが原作を追い越してしまったから、(これから出版される)原作と大きな相違があるかもしれない」とコメントしていることから、どのキャラクターが最終的に鉄の玉座に就くかも知らないことになる。

さらに、原作シリーズを執筆し終える前に、ドラマに先を越されたことに複雑な思いを抱いていることも吐露したマーティン。「この上ない経験で、そのほとんどが素晴らしかった。だがシリーズに追い抜かれないよう、もっと早く原作を仕上げたかったね。こうなるとは予想もしなかったよ」とも付け加えていた。

一体誰が鉄の玉座を手に入れるのか、その結末が待ち切れない第八章は、4月15日(月)よりBS10スターチャンネルにて世界同時放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

DCコミックスの人気ヒーロー、グリーン・アローが巨悪に立ち向かう姿を描く『ARROW/アロー』がシーズン8で幕を閉じるとのニュースは、先日当サイトでもお伝えした通り。その知らせを受け、"アローバース"と呼ばれるエピソードで何度も本作とクロスオーバーしている『THE FLASH/フラッシュ』に主演するグラント・ガスティンがコメントしていることがわかった。米Deadlineをはじめとする複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ARROW/アロー』のスピンオフ、『The Flash』に主演するグラント・ガスティンが心境を語る!

全10話構成となるシーズン8でファイナルを迎える『ARROW』について、グラントは次のようなコメントをInstagramに投稿。「今朝、『ARROW』が来年で終わってしまうということを急に実感したんだ。『THE FLASH』に出演し始めてから、常に"Flash&Arrow"という図が存在していた。だけど、1年に9カ月半は違う番組で似たようなスケジュールで動いてたから、お互いに顔を合わせることはあまりなかった。それでもクロスオーバーエピソードで一緒に撮影すると、いつも特別な何かが出来上がったよ」と、複数回にわたりタッグを組んだシリーズの終了を残念に思っているようだ。

続けて投稿の最後は、「永遠に生き続けるカッコいい番組を祝福したい。シーズン1をイッキ見して、(アローバースの)撮影初日にセットでスティーヴン・アメルやみんなと対面することにビクビクしてたのを忘れない。スティーヴンはレジェンドだ。これって、僕たちもっと一緒に遊べるようになるってこと?」と綴り、感謝と祝福の言葉で締め括っている。

『ARROW』と『THE FLASH』の両シリーズでキラー・フロストことケイトリン・スノーを演じたダニエル・パナベイカーは、「信じられないほどの長寿シリーズとなった『ARROW』の友人たちにおめでとうと伝えたい。8シーズンはかなりの業績だけれど、これが最後になるなんて今でも信じられないわ! 『ARROW』がなければ『THE FLASH』は存在していなかったし、この旅に少しでも関われたことに感謝しているの」とTwitterに投稿している。

そして、『ARROW』でフェリシティ・ スモーク/オーバーウォッチ役を演じるエミリー・ベット・リッカーズも、「ずっと、この7年間を表現する言葉を探していたけど、この写真が全てを語っているわ! ここに写っているみんな、疲れていても笑顔なの。自然体でしょ」とキャスト8人で仲良く写っている写真をInstagramに投稿。「このショーがなければ、ここに写っている刺激的な人たちにも、毎日仕事でご一緒できた人たち、私にとって"家族"となった人たちに出会うことがなかった。私たちが作ってきたこのストーリーの結末に何が待ち受けているのか、ドキドキわくわくしているの。言うまでもないけど、この7年がなければフェリシティにだって出会うこともなかった...。みんなの多大なサポート、愛情、そしてこの長い旅路について来てくれたことに感謝しているわ」と綴った。

『ARROW』シーズン7はCWにて毎週月曜に放送中で、5月13日に終了予定。現時点でシーズン8の放送開始日は未定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:グラント・ガスティン
(C)NYPW/FAMOUS

大人気青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のダンスが得意なマイク・チャン役で知られるハリー・シャム・Jrが、人気シンガーソングライター、ジョン・メイヤーの曲をもとにした米ABCの新作ドラマ『Heart of Life(原題)』に出演することがわかった。米TV Insiderほか複数のメディアが報じている。

【関連記事】『Glee』『シャドウハンター』ハリー・シャム・Jr、その才能を証明する7つの真実

ジョン・メイヤーのヒット曲「Heart of Life」にインスパイアされた本作。全く違う世界に住みながらも、実は兄弟姉妹であることを知った3人が主人公となる。3人は、父親が同じであると知り、子ども時代の謎を探求する。そのうちに、過去における罪の克服が困難であると悟りながらも、家族と再会する喜びを見出していく...というストーリー。

その3人にキャスティングされているのがハリーと、『殺人を無罪にする方法』のレベッカ役や、米版リメイクとなる犯罪サスペンスドラマ『THE KILLING ~闇に眠る美少女』でロージーを演じたケイティー・フィンドレイ、ファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』でジャスティンを演じたデイヴ・アナブル。現時点では、デイヴが演じるキャラクターの名前はウェズリー・"ウェス"・リードだと明かされているが、ハリーとケイティーが演じる役名については不明だ。

アニメ映画『カーズ2』で脚本を手掛けたベン・クイーンがパイロット版でペンを執り、映画『幸せになるための27のドレス』や、ダンス映画『ステップ・アップ』を手掛けたアン・フレッチャーが監督を務める。クイーンは、ジョン・メイヤーとポール・ワイツ(『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』)、メルヴィン・マー(『フアン家のアメリカ開拓記』)とともに、製作総指揮も担う。

ハリーは『Glee』の終了後、ファンタジーアクションドラマ『シャドウハンター: The Mortal Instruments』でマグナスを演じ、米Freeformでファイナルとなるシーズン3が放送中だ。その他にも、YouTubeの恋愛ミニシリーズ『Single by 30(原題)』に主演し、全米で大ヒットとなったロマンチック・コメディ映画『クレイジー・リッチ!』にも姿を見せている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ハリー・シャム・Jr
(c)NYKC

米USAの犯罪サスペンスドラマ『The Sinner -隠された理由-』がシーズン3へ更新され、大人気犯罪ドラマシリーズ『ホワイトカラー』の主演で知られるマット・ボマーが出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】マット・ボマー、舞台にかける熱い想いとキャリアスタートのきっかけを語る

『The Sinner』は、ハリー・アンブローズ刑事(ピル・プルマン『インデペンデンス・デイ』シリーズ)が、各シーズンで異なる事件の解決に挑むアンソロジースタイルの犯罪サスペンスドラマ。

新シーズンでは、アンブローズ刑事がニューヨーク州ドーチェスターの郊外で起きた悲惨な交通事故を捜査し、隠された犯罪を暴こうとする。だが、彼の刑事のキャリアにおいて最も危険な事件に巻き込まれることになるという。

シーズン3の更新と同時にマットの出演が発表され、マットはもうすぐ父親になるドーチェスターの立派な住民ジェイミーを演じる。彼は事故が起きた後に、アンブローズ刑事に助けを求めるという役どころだ。マットが主演した『ホワイトカラー』もUSAで製作されており、久しぶりに『The Sinner』で古巣に戻って来ることになる。

シーズン3には、シーズン1となる『The Sinner -隠された理由-:コーラ』で主演を務めたジェシカ・ビール(『トータル・リコール』)が引き続きプロデューサーとして名を連ね、デレク・シモンズ(『君の名前で僕を呼んで』)がクリエイターとして続投する予定だ。

『ホワイトカラー』のスタイリッシュな詐欺師ニール・キャフリー役でブレイクしたマットはシリーズ終了後、『ラスト・タイクーン』で実在の映画プロデューサーをモデルにしたモンロー・スターを演じ、『アメリカン・ホラー・ストーリー』にも出演。現在は、DCドラマ最新作『Doom Patrol(原題)』でスーパーヒーローに扮している。その他にも、男性ストリップの世界を描く映画『マジック・マイク』と続編『マジック・マイク XXL』のケン役でも知られ、スパイコメディドラマ『CHUCK/チャック』や『Glee/グリー』にもゲストとして登場している。

『The Sinner』の見どころや視聴記録は、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!

マット・ボマー
(c)NYPW/FAMOUS(海外ドラマNAVI)

大人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で主人公グレゴリー・ハウスを演じたヒュー・ローリーが、宇宙を舞台にした米HBOの新作コメディドラマ『Avenue5(原題)』に出演すると以前に当サイトでお伝えした。そんななか、ヒュー演じるキャラクターと一緒に、宇宙を旅する仲間が決定したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】スパイ小説原作のドラマ『ナイト・マネジャー』でのヒュー・ローリーの右腕は...陰のあるトム・ヒドルストン

『Avenue5』は、宇宙船"アベニュー5"と未来の宇宙が舞台となるSFコメディで、ヒューの仲間となるのは、オタクITコメディドラマ『シリコンバレー』でジャレッド役を演じるザック・ウッズ。彼は顧客窓口で責任者を務めるマット・スペンサー役を演じ、ニヒリストでありながらもイイ奴な彼は、現在の仕事で昇進する前に最後の冒険に旅立つのが待ち切れないでいるという役どころ。これまでに舞台に立ちパフォーマンスの経験があるが、何年も前にエンターテイナーになるのを諦めたという背景を持っている。

ヒューは、宇宙船"アベニュー5"の艦長ライアン・クラークを演じることが決定しており、パイロット版でクリエイター&製作総指揮を務めるのは、ホワイトハウスを舞台にしたコメディドラマ『Veep/ヴィープ』を手掛けたアーマンド・イアヌッチ。彼は、来年公開を予定している英国映画『The Personal History of David Copperfield(原題)』でヒューとタッグを組んでいる。

その他のキャストにはジョシュ・ギャッド(『アナと雪の女王』オラフの声、『美女と野獣』)、レノーラ・クリッチロウ(『ビーイング・ヒューマン』)、ニキ・アムカ=バード(『刑事ジョン・ルーサー』)、レベッカ・フロント(『オックスフォードミステリー ルイス警部』)、スージー・ナカムラ(『恋のからさわぎ』)らが名を連ねている。 

ザックは、『シリコンバレー』で5シーズンにわたりジャレッド役でレギュラー出演し、ファイナルとなるシーズン6にも続投。リブート版となる2016年公開の『ゴーストバスターズ』にも出演し、アニメ映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』ではゼン役で声優を務め、『ブル~ス一家は大暴走!』や『グッド・ワイフ』などの人気ドラマシリーズにもゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ヒュー・ローリー (c)FAM013/FAMOUS
ザック・ウッズ (c)FAM020/FAMOUS

エミー賞3度受賞のジェームズ・スペイダーが主演を務めるアクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』。同作で超高身長のブラックリスターを演じたロン・パールマン(『ハンド・オブ・ゴッド』)と、スーザン・スコット"スコッティ"・ハーグレイヴを演じたファムケ・ヤンセン(『殺人を無罪にする方法』)が、英BBCの新作ドラマで共演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ブラックリスト リデンプション』ファムケ・ヤンセン(スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役)インタビュー

二人が共演する『The Capture(原題)』というタイトルの新作は、世界で最も監視下に置かれていると言っても過言ではないロンドンが舞台。フェイクニュースが膨大に流れるこの情報社会で、監視カメラに映った映像は常に真実なのかを問うサスペンスドラマ。

現時点では、ロンとファムケの役どころについて明らかになっていないが、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のカラム・ターナーが主演を務めることが決定している。カラムが演じるのは元軍人で、アフガニスタンで殺人を犯した罪に問われるが、それは偽の映像証拠のせいだった。そして、彼は、ロンドンで起こったある事件を映していたセキュリティー監視カメラCCTVの批判をしている際に、自分の無実のために再び戦う決意をする。

また、『パトリック・メルローズ』や『私立探偵ストライク』のホリデイ・グレインジャーが、監視カメラの残された映像以上のものが、実際にあったのではないかと捜査する刑事を演じる。その他に、ローラ・ハドック(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)、ベン・マイルズ(『ザ・クラウン』)、リア・ウィリアムズ(『ドクター・マーティン』)、ソフィア・ブラウン(『女刑事マーチェラ』)、ポール・リッター(『ヴェラ ~信念の女警部~』)、ラルフ・アイネソン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)らが出演する。

全6話構成となる本作の脚本と監督を手掛けるのは、ベン・チャナン(『ザ・ミッシング』)。「素晴らしいキャストとスタッフで、本作を製作できることに大変ワクワクしております。これほど才能のある人々と毎日仕事ができることは、とても光栄なことです」とコメントしている。チャナンは、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるデヴィッド・ハイマン、『パディントン』のロージー・アリソンらと共に、製作総指揮にも名を連ねる。

『The Capture』は、すでにロンドンで撮影が始まっている。本作の続報が入り次第、引き続きお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ファムケ・ヤンセン&ロン・パールマン
(c)FAM020/FAMOUS
(c)NYKC/FAMOUS

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)で、シーズン6から14までエイプリル・ケプナー医師を演じたサラ・ドリューが、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のスタッフが手掛ける新作ドラマで市長を演じること明らかとなった。米TV Lineほか複数のメディアが報じている。

【関連記事】『グレイズ・アナトミー』シリーズ降板のサラ・ドリュー、「もう吹っ切れたわ!」

サラが主演する米CBSによる『The Republic of Sarah(原題)』で舞台になるのは、貴重な資源が発見されたニューハンプシャー州。豊かな資源を武器に、サラ・クーパー市長に率いられる都市が独立国になることを宣言し、世界中の注目を集めることになるが...というストーリー。

サラはサラ・クーパー市長役を演じ、典型的なニュー・イングランド人で頭が切れ、知的で忠実、人助けに尽力する彼女は、最初は脚光を浴びることに躊躇していた。しかし、自分の生き方とコミュニティが外部の力により脅かされそうになった時、秘めた強さとリーダーシップを発揮するようになるという役どころだ。

カルロス・レアル(『コバート・アフェア』)、ジョナサン・スレイヴィン(『Major Crimes ~重大犯罪課』)が、サラの脇を固めるキャストとして名を連ねている。

『エレメンタリー』で脚本・プロデューサーを担ったジェフリー・ポール・キングがパイロット版で脚本を手掛け、監督を務めるのは、ミュージカルコメディドラマ『クレイジー・エックス・ガールフレンド』で製作総指揮を務めたマーク・ウェブ。

サラはシーズン14で『グレアナ』を降板後、CBSのリブート版『女刑事キャグニー&レイシー』でギャグニー役を演じたが、残念ながら本シリーズはシーズン1でキャンセルされてしまった。青春ドラマ『エバーウッド 遥かなるコロラド』のハンナ・ロジャースでも知られる彼女は、『MAD MEN マッドメン』や『Glee/グリー』などの人気シリーズにもゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:サラ・ドリュー
(c)NYPW/FAMOUS

シアトルの大病院を舞台に、恋に仕事に忙しいドクターたちの日常を描く全米大ヒットのメディカルドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)。2005年の放送開始時には、医療ドラマの金字塔と謳われていた『ER 緊急救命室』を超える作品になるとは、誰にも想像できなかっただろう。

【関連記事】LAスクリーニング2018:消防署が舞台の『グレアナ』スピンオフ、『Station 19』

英Digital Spyによれば、『グレアナ』は本国アメリカで2月28日(木)に放送されたシーズン15第15話でシリーズ通算332話を記録し、アメリカのプライムタイムの医療ドラマとしては『ER』の331話を抜き、最多エピソード数を更新した。

しかし、14年という月日はやはり長いもの。クリスティーナ役のサンドラ・オー、レクシー役のカイラー・リー、ジョージ役のT・R・ナイト、イジー役のキャサリン・ハイグルら、主要キャストたちが次々に新たな道へ進む決断を下してきた。

その中で、今なおメレディス・グレイを演じ続けている主演のエレン・ポンピオ。これまで、他の道を検討したこともあったというが、それでも『グレアナ』を離れなかった理由について、米The Hollywood Reporterに次のように語った。

「この番組が、世界的な社会現象を起こしているという事実を無視することはできないでしょ?」とエレン。「ものすごい大金を生みだすような何かの象徴的な存在になる、そんなことを成し遂げたと言えるのは、極少数の人だけなの。運良くネットワークに何十億ドルもの利益をもたらすような"顔"になれたとしたら、それは誇りに思うべきことよ」

現在、エレンはシーズン16まで製作スタジオと契約を結んでいる。製作側はシリーズの継続に積極的なようで、エレン自身も作品への情熱を失ってはいないが、プライベートでは3人の子を持つ母でもあり、子どもたちと過ごす時間を増やしたいという思いから、シーズン17以降の去就については現段階では定かにしていない。

『グレイズ・アナトミー』は、米ABCにてシーズン15が放送中。日本では、4月3日(水)よりWOWOWプライムにて初放送となる。

■『グレイズ・アナトミー』シーズン15放送情報
WOWOWプライムにて4月3日(水)スタート(全25話)[第1話無料放送]
毎週水曜 夜11:00 [二][字]
毎週木曜 深夜0:00 [字]

<関連特集>
『グレイズ・アナトミー』シーズン14一挙放送(全24話)
3月11日(月)から15日(金)[二][字]

『グレイズ・アナトミー』作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グレイズ・アナトミー』
(C)ABC Studios

"ホラーの帝王"スティーヴン・キング初のミステリー小説をドラマ化! 元刑事VS凶悪な殺人鬼の攻防戦を描くクライムサスペンス『ミスター・メルセデス』が、4月7日(日)よりAXNでCS初放送となる。

【関連記事】スティーヴン・キング×デヴィッド・E・ケリーの最強タッグが贈る戦慄のミステリー『ミスター・メルセデス』とは?

ミステリー小説界最高の名誉であるエドガー賞最優秀長編賞を受賞した「ミスター・メルセデス」を完全ドラマ化した本作は、すでにシーズン3の製作も決定している話題作。『アリー・myラブ』や『ボストン・リーガル』など人気ドラマを手掛けたデヴィッド・E・ケリーが、脚本&製作総指揮を担当している。

警察を引退したビル・ホッジスは平日の昼間からテレビを眺めたり、アルコールを飲んだりと、一人寂しい日々を過ごしていた。ある日、彼の元に「Mr.M」と書かれた1通のメールが突然届く。それは、数年前に高級車メルセデスを暴走させて猛スピードで群衆に突っ込み、多くの命を奪った殺人鬼からだった。当時、事件の捜査に関わりながらも解決できぬまま定年退職したビルは再び真相究明に乗り出す。犯人の目的とは? 元刑事と殺人鬼の闘いが始まる...。

主人公ビル・ホッジスを演じるのは、映画『ハリー・ポッター』シリーズのマッドアイ・ムーディ役で知られるブレンダン・グリーソン。共演は、ハリー・トレッダウェイ(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)、ジャハール・ジェローム(『ムーンライト』)、ケリー・リンチ(『チャーリーズ・エンジェル』)、ホランド・テイラー(『ハーパー★ボーイズ』)、メアリー=ルイーズ・パーカー(『Weeds ~ママの秘密』)など。

■『ミスター・メルセデス』放送情報


AXNにて、4月7日(日)0:00(6日深夜)スタート

視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ミスター・メルセデス』
(c) 2017 Sonar Entertainment Distribution, LLC. All Rights Reserved.

多くのファンに惜しまれながらも『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン15にて、アビゲイル・"アビー"・シュート科学捜査分析官役を降板したポーリー・ペレット。「早くまたポーリーに会いたい!」と彼女の活躍を待ちわびていたファンに朗報が届いた。

【関連記事】誰もが愛してやまない究極の癒しキャラ『NCIS』アビー!15年間ありがとう!

米Deadlineによると、『ジェーン・ザ・ヴァージン』の製作総指揮者ジェニー・スナイダー・アーマンと、『ふたりは友達?ウィル&グレイス』の製作総指揮者アレックス・ハーシュラグという人気コメディシリーズを手掛ける二人がタッグを組むコメディ『Broke(原題)』のパイロット版で、ポーリーが女性リード役を演じることが決定した。

マルチカメラで撮影されるこのコメディで、ポーリーが演じるジャッキーは、9歳になる息子のシングルママで子育て奮闘中。バーのマネージャーを務めていて、頭の切れるタフな性格で、愛情にあふれていて活気があり、何事にも簡単に屈しない女性とのことだ。ときどき怒りっぽくなるが、工具を使用して壊れた物なども自分で修理してしまうような頼りになるタイプである。

一方、対する男性リード役には、『ジェーン・ザ・ヴァージン』のジェーンの父親ロヘリオ役で知られるハイメ・カミルが決定している。ハイメ演じるミゲルは、超大富豪の父親のおかげで小さい頃から金銭に困らない人生を送ってきた男性。しかし、父親に勘当されたことによって無一文になり、疎遠になっていた妻の姉ジャッキーの暮らすコンドミニアムに妻(キャスト未定)と一緒に転がりこむ。突然、自分の家に上流気取りの金持ち妹と義弟が現れた時はうれしくなかったジャッキーだが、昔は仲良し姉妹だったことを思い出して、次第に彼女の人生に彼らを受け入れていくストーリーだ。

『Broke』は米CBSで製作されるが、撮影開始日は未定。ポーリーファンには楽しみなコメディとなりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポーリー・ペレット
(C)FAM020/FAMOUS

DCコミックスの人気ヒーロー、グリーン・アローが巨悪に立ち向かう姿を描く『ARROW/アロー』が、更新が発表されたシーズン8で幕を閉じることが発表された。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】 DCコミックスのヒーロードラマの魅力に迫る!

同作は、以前からシーズン8で終了するのではと言われていたが、その通りになったようだ。最終シーズンは、これまでよりも少ない全10話構成で、2019から2020年に放送される予定。

米CWで最も視聴率を稼いでいるドラマといえば以前は『ARROW』だったが、現在は『THE FLASH/フラッシュ』がその地位についている。その他にも『レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』などが、"アローバース"の世界を共有し、クロスオーバーエピソードなども人気を博している。

今年1月に行われた冬のテレビ批評家協会のプレスで、放送局であるCWの社長マーク・ペドウィッツは、「物事には終わりが来るものだし、できるだけ長く、さらなるDCユニバースの作品も製作したい」と述べていた。

ショーランナーのベス・シュワルツ、プロデューサーのグレッグ・バーランティとマーク・グッゲンハイムは、今回の報道を受けて以下のような共同コメントを発表した。「これは苦肉の決断でした。ですが、過去7年間にも下した厳しい判断のように、本作にとっては、これは最善の策だと思ってのことなのです。『ARROW』が生み出したアローバースから派生した作品が、今後も長く続くことに、我々は元気づけられています。『ARROW』のキャラクター、そしてその伝説の素晴らしいエンディグに興奮しています。脚本家、プロデューサー、キャスト、そして何よりも最高の製作スタッフたちに、この7年間の感謝の気持ちを述べたいと思います」

そして、主人公アローことオリバーを演じるスティーヴン・アメルと、ロイことアーセナルを演じるコルトン・ヘインズは、それぞれ自身のTwitterでコメントを投稿した。

「オリバー・クイーンを演じたことは、私の最高のキャリアとなりました。『ARROW』は今秋、10エピソードの最終シーズンで終了します。言いたいことはたくさんありますが、今はただありがとうとだけ述べたいです(スティーヴン)」

「シーズン8の10話で『ARROW』が終了するのは、残念です。ファンの皆さん、ありがとうございました。この素晴らしい作品に出演できたことを光栄に思っています。なんと美しい旅路だったことでしょう(コルトン)」

アローバースを作り上げた作品がなくなってしまうのは残念だが、今後の他の作品でその世界は受け継がれていくだろう。日本では、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントにてシーズン7が、デジタルセル(字幕版)配信中。見どころや視聴記録は、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』
ARROW and all related pre-existing characters and elements TM and (c) DC Comics. Arrow series and all related new characters and elements TM and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(※本記事は、『ウォーキング・デッド』シーズン8のネタばれを含むのご注意を!)

大ヒットドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』で、主人公リック・グライムズの息子カールを演じ、シーズン8で降板したチャンドラー・リッグスが、回想シーンでカムバックする話があったと明かしている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』チャンドラー・リッグス、スパイダーマンを演じていたかも

米TV Lineのインタビューに答えたチャンドラーが、「シーズン8の撮影中に、カールを回想シーンでカムバックさせる話が2~3度浮上したんだ。結局は実現しなかったけどね。完全に新しいアンサンブル・キャラクターがキャスティングされて、あれだけ時間が経っていたし、物語の筋を通すためにはカールはそのままにして、彼の物語は完結させたほうが合理的だと感じたんだ」と、『ウォーキング・デッド』にカムバックする可能性があったことを述べている。

シリーズを降板後、チャンドラーは1年近く仕事をしていなかったとのことだが、今年1月に米ABCのアンサンブル・ドラマシリーズ『A Million Little Things(原題)』第16話&17話にゲスト出演することが報じられた。『A Million Little Things』は、諸々の事情で人生に行き詰まっている友人グループが、仲間の死にショックを受けて、自分の人生を見つめ直し始めるというストーリー。チャンドラーは、主要登場人物の一人、ローム(ロマニー・マルコ)と出会うPJという青年を2話にわたり演じ、同じく暗い過去を持つ二人の出会いが大きな意味をもつ展開になるという。

その他にチャンドラーは現在、ジョシュ・ハートネット(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)と共演する犯罪スリラー映画『Inherit the Viper(原題)』と、フリーダ・ピント(『スラムドッグ$ミリオネア』)が主演するSF映画『Only(原題)』が待機中だ。

『ウォーキング・デッド』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャンドラー・リッグス『ウォーキング・デッド』
(c)Jackson Lee Davis/AMC

米CBSの犯罪サスペンスドラマ『パーソン・オブ・ インタレスト』で、巨大な監視システムを構築した大富豪ハロルド・フィンチ役を演じたマイケル・エマーソンが、同局が製作する新作ドラマ『Evil(原題)』のパイロット版に出演。古巣にカムバックすることがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『LOST』、出演者たちのその後の活躍ぶりは?

『Evil』で物語の中心となるのは、懐疑論者である女性臨床心理学者と修業中の神父、労働者階級の建設業者。そんな一見共通点がなさそうな3人組が、奇跡のような出来事や悪魔的な現象が科学で説明がつくことなのか捜査していく...という、科学と宗教の戦いを描く作品。

マイケルが演じるのは、大量事件を起こした被告人の証人となるタウンゼント役。悪魔の代理人にもなり得る役柄を演じる彼のほか、Netflixオリジナルシリーズ『Marvel ルーク・ケイジ』に主演したマイク・コルターが修業中の神父デヴィッド・ダ・コスタ役に決定。臨床心理学者には、SF大作ドラマシリーズ『ウエストワールド』でエミリー/グレイス役を演じるカーチャ・ヘルダースがキャスティングされている。

『Evil』で指揮を執るのは、人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のクリエイターとして知られるロバート&ミシェル・キング夫妻。彼らと共に『グッド・ワイフ』のスピンオフドラマ『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』や、映画『ビフォア・ミッドナイト』『ショーシャンクの空に』などを手掛けたリズ・グロッツァーも製作陣に名を連ねている。

マイケルは、米ABCの大ヒットドラマ『LOST』で悪役ベンジャミン・ライナスを演じて注目され、『パーソン・オブ・インテレスト』では5シーズンにわたり主演。映画『レジェンド・オブ・ゾロ』やホラー映画『ソウ』などにも姿を見せ、『X-ファイル』や『ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル』などにもゲストとして登場している。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・エマーソン
(C)NYPW/FAMOUS

大ヒット超常現象ドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』で、シーズン5からシーズン12まで悪魔クラウリーを演じたマーク・シェパードが、米DC Universeが製作する新作ヒーロードラマ『Doom Patrol(原題)』に出演することが明らかとなった。米Screen Rantが報じている。

【関連記事】【日本未上陸】『デッドプール』ファンおすすめ!無頼のアンチヒーロー集団が大暴れのDCドラマ『Doom Patrol』

DCコミックスのはみ出し者で結成されたスーパーヒーローグループ「ドゥーム・パトロール」を主役にした本シリーズは、すでに2018年10月よりDC Universeで配信スタートした『Titans/タイタンズ』のスピンオフ。ドゥーム・パトロールが、世界征服を目論むスーパーヴィラン"ミスター・ノーバディ"(アラン・テュディック『デッドプール2』)と戦いを繰り広げることになる。

マークが演じるのはテンプル騎士団のエージェントで、自称オカルトの専門家だというウィロウビー・キプリング。臆病で怒りっぽく、腹黒いアル中との汚名を着せられているキプリングだが、時折チームを助けて活躍する役どころとなるようだ。

すでにドゥーム・パトロールのメンバーとして、透明人間のラリー役に『ホワイトカラー』のマット・ボマー、機械の肉体に人間の脳を宿したクリフ役にブレンダン・フレイザー(『ハムナプトラ』シリーズ)、体を柔軟に変形させるリタ役にエイプリル・ボウルビー(『私はラブ・リーガル』)、64の人格が共存するクレイジー・ジェーン役にダイアン・ゲレーロ(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)、そしてサイボーグのヴィクター役にジョイバン・ウェイド(『ドクター・フー』)、チームのリーダーでもあるチーフ役にティモシー・ダルトン(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)がキャスティングされている。

製作総指揮を務めるのは、『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『Titans/タイタンズ』など、DCドラマシリーズ多数に携わっているグレッグ・バーランティ

『X-ファイル』のゲスト出演で注目されたマークは、大ヒット・アクションドラマ『24-TWENTY FOUR-』ではテロリストのイワン・アーウィック役を演じ、悪役で良く知られている俳優だ。詐欺師チームを描くドラマ『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』や、犯罪ミステリードラマ『ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル~』などにもゲストとして登場している。

『Doom Patrol』は、DC Universeにて毎週金曜に新エピソードを配信中。『Titans/タイタンズ』シーズン1は、日本ではNetflixで配信されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』
(c)Warner Bros. Entertainment, Inc.

4月より放送が開始する第八章でファイナルを迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)で、サーセイ役を演じるレナ・ヘディとアリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズが、ミュージックビデオ(以下PV)でコラボしていることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『GOT』メイジー・ウィリアムズ、撮影終了後に唯一受け取った思い出の品とは?

レナとメイジーのコラボが実現したのは、英出身のシンガー・ソングライター、フレイヤ・ライディングスによる曲「You Mean The World To Me」のPV。

レナが初メガホンを取ったPVでメイジーは髪の毛を部分的にピンク色に染め、『GOT』とはかなり異なる姿で登場。この曲は、フレイヤの母親が病を患っていた時期に経験した"回復の力"がテーマとなっており、メイジーは父親役の俳優と親子の触れ合いを見せている。

レナはインタビューで自身が監督を務めたPVについて、「この曲は家族の要素が鍵となっているの」とコメント。「フレイヤの声と歌が心に訴えてきたわ。このPVには複数のバージョンがあって、そのなかにはダークすぎるものもあった。製作チームは、感情を露わにしたパフォーマンスを見せた、フレイヤのバージョンを実現できたと思う」とも付け加えている。

『GOT』ファイナルシーズンの撮影終了後にレナは、元レスラーで現在は俳優として活躍する、"ザ・ロック"ことドウェイン・ジョンソン(『Ballers/ボウラーズ』)の人生を描く映画『Fighting with My Family(原題)』に出演。そして、『GOT』のジョラー・モーモント役のイアン・グレンと再共演する、『The Flood(原題)』、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)と共演の『Gunpowder Milkshake(原題)』をはじめとする映画が待機中。

対するメイジーは、配信サービスRooster Teethのアニメシリーズ『Gen: Lock』でキャメロン役の声を務め、『X-MEN』シリーズの新作スピンオフ映画『The New Mutants(原題)』の公開が控えている。

レナとメイジーが出演し、いよいよ終幕を迎える『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』は、4月15日(月)よりBS10スターチャンネルにて日本独占放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:
メイジー・ウィリアムズ(c)JW/Famous
レナ・ヘディ(c)NYPW/FAMOUS

スーパーヒロインの活躍を描く人気ドラマシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』でサマンサ・アリアス/レイン役を演じたオデット・アナブルが、米FOXのシングルカメラコメディ『Adam & Eve(原題)』のパイロット版で主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じた。

【関連記事】『SUPERGIRL/スーパーガール』カーラ/スーパーガール役の小松未可子にインタビュー!

本作は、アダムとイヴ(オデット)というカップルの、情熱ある青年期、子育ての中年期、老後という人生の3ステージにおける二人の関係にフォーカス。結婚を長続きさせる秘訣は? 人は本当に変わる? といった重要な疑問を投げかけていくコメディドラマで、カナダで製作されたフランス語ドラマがオリジナルだ。

脚本を執筆するのは、トム・キャヴァナー(『THE FLASH/フラッシュ』のハリソン・ウェルズ役)主演の『エド〜ボーリング弁護士』で製作総指揮を務めたジョン・ベッカーマン。監督は、『ブルックリン・ナイン-ナイン』、『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』、『フアン家のアメリカ開拓記』などでメガホンを取ったクレア・スキャンロン。

オデットは『SUPERGIRL』でシーズン3のメインのヴィランとなる、DCコミックスでは悪名高いクリプトン星の科学者グループ「ワールドキラー」のメンバーであるレインを演じていた。他にも『ピュア・ジーニアス ハイテク医療の革命児』、『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』、『ブラザーズ&シスターズ』といったTVドラマに出演している。

オデットが出演した『SUPERGIRL/スーパーガール』のユーザーレビュー、視聴記録はこちらからチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:オデット・アナブル
(c)PAULINE FRENCH/FAMOUS

ニューヨークのタイムズスクエアで見つかった正体不明の美女。"ジェーン・ドウ"と名付けられた彼女の体に彫られた多数のタトゥーは、これから起こる凶悪犯罪を解き明かす鍵だった...。全米大ヒットクライムアクション『ブラインドスポット タトゥーの女』のシーズン4が、4月5日(金)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。

【関連記事】『ブラインドスポット タトゥーの女』ボイスキャスト座談会!

2015年から米NBCで放送がスタートした本作は、現在本国アメリカでシーズン4が放送中で、早くもその最新シーズンが日本上陸する。前シーズン、ジェーンの弟ロマンは死に、夫のカートは南アフリカで被弾した傷が原因で手術を受ける。ジェーンは意識を失い、病院のベッドで目覚めるとテロリストの"レミー"に戻っていた。

今シーズンは、弟ロマンが亡くなってから3カ月後から始まる。ジェーンは引き続きFBIのミッションをこなす一方、"ジェーン・ドウ"になってここ数年間の記憶を失い、"ジェーン"になる以前のテロリスト"レミー"に戻っており、しかもロマンの幻影を見るようになっていた。カートは意識を取り戻して退院し、リハビリに励んでいた。また、姿を消したザパタは、ロマンを殺したHCIグローバルのブレイクと行動を共にする。ジェーンらFBIのチームは、ロマンが残したデータの回収のため、日本のヤクザの縄張りの中立地帯に保管されたデータを手に入れようとしていた。だがジェーンは、いつしかカートらFBIの仲間たちに復讐を誓うように...。

シリーズ4の第1話では、新宿・歌舞伎町で撮影したのも話題に。ヤクザのアイコ役には、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』や『ゲーム・オブ・スローンズ 第五章:竜との舞踏』などに出演し、ハリウッドで活躍している日本人女優、福島リラ。東京タワーの見えるビルでのジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)とのアクションは必見だ。

■『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン4 放送情報


WOWOWプライムにて
4月5日(金)スタート(全22話)[第1話無料放送]
 毎週金曜 夜11:00 [二][字]
 毎週火曜 夜10:00 [字]

<関連番組>
「花ひらく、海外ドラマ 第1話すべて見せます」で第1話先行無料放送
4月6日(土)午後3:00 [無][二][字]

<関連特集>
『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン3一挙放送(全22話)
4月1日(月)から5日(金)[二][字]

『ブラインドスポット タトゥーの女』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ブラインドスポット4 タトゥーの女』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

90年代に社会現象を巻き起こした大ヒット青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下、『ビバヒル』)のディラン役で知られるルーク・ペリーが、現地時間3月4日(月)入院先の病院で亡くなった。享年52。米CNNなど複数メディアが一斉に報じている。

【関連記事】『ビバヒル』ルーク・ペリー、癌の恐怖と闘っていた!

先日『ビバヒル』シリーズのリバイバル版が今年の夏に放送予定であることが話題になった直後、現地時間2月27日(水)午前9:39に、ルークの自宅があるカリフォルニア州シャーマンオークスより911の連絡が入り、重度の脳卒中のため病院に緊急搬送されていたルーク。その後、鎮静剤を施され監視下に置かれ、『ビバヒル』共演者からの激励の言葉もソーシャルメディアで投稿されていたが、その声も届かず帰らぬ人となってしまった。

ルークの関係者は以下のような声明を発表した。

「本日、俳優ルーク・ペリーは、重度の脳卒中のため、52歳で永眠しました。彼の長男ジャック(21歳)、長女ソフィー(18歳)、婚約者のウェンディ・マディソン・バウワー、元妻のミニー・シャープ、ルークの母親であるアン・ベネット、義理の父親であるスティーヴ・ベネット、そして兄弟のトム・ペリーにエイミー・コーダー、そして親しい親族友人らに囲まれて、看取られました」

「ルークのご家族は、世界中からのサポートの声と祈りに大変感謝しております。今は悲しみに暮れる残された遺族のプライバシーを尊重し、見守って頂けますことをお願い申し上げます。現時点では、これ以上お伝えすることはございません」

また前日の3月3日には、ブレンダ役のシャナン・ドハティがインタビューに答え、搬送後にルークと連絡を取っていると言い、「ルークのことはこれ以上話せないわ。だって涙が出そうになるから。彼のことを愛しているし、ルークも私のその想いを知っているわ。だって、ルークよ。私のディラン・マッケイなんだもの」とだけ答えていた。

ルークは、『ビバヒル』で世界中のアイドルとなったのち、映画『フィフス・エレメント』『エイト・セカンズ/伝説の8秒』やTVドラマ『OZ/オズ』『ウィル&グレイス』『クリミナル・マインド FBI行動分析課』『Major Crimes ~重大犯罪課』『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』など数多くの作品で活躍。現在は、米CWで放送中の『リバーデイル』で、主人公アーチーの父親フレッド・アンドリュース役でレギュラー出演していた。

残念なことに、ゲスト出演も噂されていた『ビバヒル』リブート版では、ディランの姿は見られないことになってしまったようだ。また、レギュラー出演中である『リバーデイル』の今後の詳細などは現時点では不明。世界中で愛されたルーク・ペリーの冥福を祈りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーク・ペリー
(c)FAM020/FAMOUS

昨年11月、大ヒット映画『アベンジャーズ』のその後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』が、シーズン6が放送される前にシーズン7への更新が決定した。だが、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.のフィル・コールソンを演じるクラーク・グレッグが、「シーズン7がファイナルになるだろう」と語っている。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』クラーク・グレッグ直撃インタビュー in LA

米Den of Geekのインタビューでクラークは、「それが、私が聞いた言葉だ。私が読んだ声明には、"6&7の2シーズン"とあった」と、シーズン7がファイナルとなる可能性について明かしている。

しかし、それ以上の詳細は知らないというクラーク。「ファンにシーズン6を見てもらえるのが待ち切れないよ。私とフィル・コールソンと一緒にこの旅を共にし続けているファンは、かなり違った展開を目にすることになるだろう」とも付け加えている。

また、米ABCにて今年7月より放送開始予定のシーズン6は、シーズン5最終話の1年後が舞台になることもわかっている。そして、ジェマ・シモンズを演じるエリザベス・ヘンストリッジが、「これまでにチームが成し遂げてきたことからの旅立ち」と述べていた。

シーズン6には、クラークとエリザベスの他に、レオ・フィッツ役のイアン・デ・カーステッカー、アルフォンゾ・"マック"・マッケンジー役のヘンリー・シモンズ、デイジー・"スカイ"・ジョンソン役のクロエ・ベネット、メリンダ・メイ役のミンナ・ウェン、ヨーヨー役のナタリア・コルドバ=バックリーが続投する予定。

シーズン1からレギュラー出演しているクラークが演じるコールソンは、2008年公開の映画『アイアンマン』で初登場。その後、『アイアンマン2』と『マイティ・ソー』を経て『アベンジャーズ』に。また、3月15日(金)より日本公開されるマーベル最新映画『キャプテン・マーベル』にも同役で出演し、マーベル・シネマティック・ユニバース作品にとって欠かせない存在となっている。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン6とシーズン7は、全13話となる予定。見どころや視聴記録は、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)ABC Studios & Marvel

天才的な能力を持つ自閉症でサヴァン症候群の青年が、仲間とともにドクターとして成長していく、全米で大ヒットのヒューマンメディカルドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』。そのシーズン2が、4月18日(木)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる。

【関連記事】『グッド・ドクター 名医の条件』フレディ・ハイモア直撃インタビュー

本作は、2013年に韓国で製作された『グッド・ドクター』をリメイクし、2017年から米ABCで放送され大ヒット。昨年には、日本版も放送された。製作総指揮には『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』のデイヴィッド・ショアや、『HAWAII FIVE-0』ダニエル・デイ・キムが名を連ね、シーズン3への更新も決定されている。

主人公ショーン役は、映画『チャーリーとチョコレート工場』などの映画で名子役と呼ばれ、ドラマ『ベイツ・モーテル』シリーズでも好演したフレディ・ハイモア。シーズン2の第15話「Risk and Reward(原題)」では、フレディ自身が脚本&監督を担当し、ダニエルがキャストとして登場する。

舞台は、カリフォルニア州サンノゼの聖ボナベントゥラ病院。前シーズン、若き外科レジデントのショーン・マーフィーは、自閉症で他者とのコミュニケーションがうまくできないが、天才的な記憶力や空間認知能力を持つサヴァン症候群でもあり、医学書から得た膨大な知識を駆使することで徐々に周囲に認められていく。そんな中、周囲の反対を押し切って彼を病院に招いたグラスマン院長(リチャード・シフ『ザ・ホワイトハウス』)が脳腫瘍で余命わずかと判明し、ショックを受けたショーンはある手術でミスをしてしまう。

新シーズンでは、グラスマンに代わってアンドリュース(ヒル・ハーパー『CSI:ニューヨーク』)が院長に就任。ショーンは、レジデントの仲間たちとともに良きドクターとなるための試練に立ち向かう日々を送るが、ある日突然、元隣人のリア(ペイジ・スパラ『ホーム・アゲイン』)が戻ってきて...。

■『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン2 放送情報


WOWOWプライムにて
4月18日(木)スタート(全18話)[第1話無料放送]
 毎週木曜 夜11:00 [二][字]
 毎週金曜 夜10:00 [字]

<関連番組>
・「花ひらく、海外ドラマ 第1話すべて見せます」で第1話先行無料放送
4月6日(土)夜7:00 [無][二][字]

・4月スタート!『グッド・ドクター2 名医の条件』ガイド
3月1日(金)夜9:25ほか [無]

<関連特集>
『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン1一挙放送(全18話)
4月8日(月)から15日(月) [二][字]

『グッド・ドクター 名医の条件』の視聴記録やレビューは、海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!

(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ドクター2 名医の条件』
(c) 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

スティーヴン・キングの原作をドラマ化したSFミステリー『アンダー・ザ・ドーム』で謎めいたバービーを演じたマイク・ヴォーゲルが、米ABCの新作ミステリードラマで主演を務めることが決定した。米Varietyが報じている。

【関連記事】最後は一体どうなる!? 最終章へ向けて、これまでの『アンダー・ザ・ドーム』シーズン1、2を振り返る!

マイクが主演する『Triangle(原題)』は、「バミューダ・トライアングルが海の墓場ではなく、同域を旅する旅行者を閉じ込める島だったら...?」とのコンセプトで、不思議な島で遭難した一家を描くシリーズ。彼らは生き残るために、過去にバミューダ・トライアングルに閉じ込められた"住民"グループと、生き残りをかけて結託せざるを得なくなる...という展開で、ABCの大人気サバイバル・ミステリードラマ『LOST』を連想させる作品のようだ。

マイクが演じるのは、子ども時代に里親を転々とする複雑な環境で育ったデヴィッド・ローマン。山あり谷ありの人生を送ってきたデヴィッドが、娘ナタリーと婚約者アレックスと一緒に休暇へ旅立った時に船が遭難。そして一家は危険と謎に満ちた島に辿り着き、帰路への道を失ってしまう...。

政治サスペンスドラマ『サバイバー:宿命の大統領』で脚本・製作を担ったジョン・ハーモン・フェルドマンがペンを執り、ソニー・ポスティリオーネ(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、ジェニファー・グウォーツ(『リーサル・ウェポン』)と共同製作総指揮も務める。

マイクは、アカデミー賞にノミネートされた『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』や、J・J・エイブラムスが製作を手掛けた『クローバーフィールド/HAKAISHA』などに出演。1960年代の航空業界を描く『PAN AM/パンナム』や『ベイツ・モーテル』にも姿を見せている。

『Triangle』のパイロット版はニュージーランドで撮影される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイク・ヴォーゲル
(C)AVTA/FAMOUS

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のウィル・シュースター先生役で人気を博し、トニー賞ノミネートを誇るブロードウェイミュージカルスターであり、シンガーソングライターとしても活動するマシュー・モリソン。彼の来日ソロコンサートがWOWOWにて5月に放送されることが決定した。

【関連記事】初ソロコンサートで日本語を披露!?『glee』マシュー・モリソン インタビュー

2017年3月の「トニー賞コンサート in TOKYO」、2018年2月の初の来日ソロコンサート「マシュー・モリソン in コンサート」に続き、マシューにとって日本で行う3度目のコンサート。本日東京オペラシティ コンサートホールにて2度に分けて開催される公演を凝縮した内容となる。

楽曲は、『Glee』からの「Don't Stop Believin'」をはじめ、『ウエスト・サイド・ストーリー』メドレー、『アラジン』の主題歌「A Whole New World」、エド・シーランの「Thinking Out Loud」などが予定されているほか、新曲も数多く組み込まれる。さらに、ファンからのリクエストで「Singin' in the Rain」も追加された。

本場ブロードウェイで『ヘアスプレー』『ファインディング・ネバーランド』といった多くの作品に出演してきたマシュー。磨き上げられたセクシーでエネルギッシュな歌と踊りをご家庭で楽しめる機会をお見逃しなく!

詳しい放送予定は分かり次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・モリソン

90年代に社会現象を巻き起こした大ヒット青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下、『ビバヒル』)のディラン役でおなじみのルーク・ペリー。先日、本シリーズのリバイバル版が今年の夏に放送予定であることを報じたばかりだが、ルークが脳卒中で病院に搬送されたという心配なニュースが入ってきた。米USA Todayなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】伝説の青春ドラマ、元祖「ビバヒル」キャストたちは今何してる!?

ルークの代理人によると、現地時間2月27日(水)午前9:39に、ルークの自宅のあるカリフォルニア州シャーマンオークスより911の連絡が入り、近くの病院に搬送されたとのこと。ゴシップサイトTMZの情報では、ルークは"重篤な発作"に襲われたと翌日正午頃に伝えられており、病院に到着後、鎮静剤を施され監視下に置かれているという情報が入っている。

この報道を受け、『ビバヒル』のキャストや関係者はルークに祈りのコメントを次々と投稿している。

・アイアン・ジーリング(スティーブ・サンダース役)
「今日のショッキングな報せを聞いた心情は言葉では表すことができない。ルークの早い回復を皆で祈ろう」

・シャナン・ドハティ(ブレンダ・ウォルシュ役)
「私の友よ。あなたをぎゅっと抱きしめて私の力を送っているわ。あなたなら大丈夫」

・ディーン・ケイン(リック役)
「ルークのために一生懸命祈っているよ。完全かつ迅速な回復をしますように」

昨日正式に報じられた全6話構成の『ビバヒル』リバイバル版は、オリジナル版と同じ米FOXが製作を手がけ、タイトルも同じ『90210(原題)』。現在公表されている出演者は、ジェイソン・プリーストリー(ブランドン・ウォルシュ役)、ジェニー・ガース(ケリー・テイラー役)、アイアン・ジーリング(スティーブ・サンダース役)、ブライアン・オースティン・グリーン(デビッド・シルバー役)、トーリ・スペリング(ドナ・マーティン役)、ガブリエル・カーテリス(アンドレア・ザッカーマン役)の6人。ルークは『リバーデイル』に出演中のため、スケジュールを調整する必要があるとのことだったが、体調が安定し出演が決まることを願うばかりだ。

心配な状況が続いているが、続報が入り次第お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーク・ペリー
(C)FAM020/FAMOUS

英国政治史上最も物議を醸したとされるスキャンダルをスリリングかつユーモラスに描いた『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』がAXNミステリーにて4月20日(土)22:00より全3話一挙放送されることが決定した。

【関連記事】英国俳優File #1:『モーリス』から『英国スキャンダル』まで。人間臭い役ならおまかせのヒュー・グラント

時は1960年代後半、同性愛が合法化されたばかりの頃。自由党の党首であり、この100年で最も若い院内総務でもあるジェレミー・ソープは、何としても隠したい秘密を抱えていた。若き馬丁のノーマン・スコットと激しく愛し合っていたのだ。しつこく付きまとう元恋人のスコットがいる限り、彼の輝かしい経歴は台なしにされかねない。そう思ったソープは、スコットの口を永久に封じるしかないという考えに行き着く。ソープにまつわる裁判によって、長きにわたり体制側が悲惨な事実を隠そうとしていたことが明らかになり、政界の力関係は一変した。ノーマンとの関係をもみ消すため、彼の殺害を計画したとされる衝撃的な実話を描く――。

主人公ジェレミー・ソープ役をヒュー・グラント、彼の元恋人ノーマン・スコット役をベン・ウィショーが演じる。共演は、『ザ・クラウン』のアレックス・ジェニングス、『ダウントン・アビー』のパトリシア・ホッジなど。3話すべてで、『グリフターズ/詐欺師たち』と『クィーン』でアカデミー賞に2度ノミネートされたスティーヴン・フリアーズが監督を、『ドクター・フー』などでBAFTA(英国アカデミー賞)を獲得したラッセル・T・デイヴィースが脚本を担当する。二人の美しき英国男優たちの共演はもちろん、クラシカルでエレガントな衣装なども見どころだ。

『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』はAXNミステリーにて4月20日(土)全話一挙放送。見終わったら作品データベースにてユーザーレビューを投稿しよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』
(c) 2018 Scandal Productions LTD. All Rights Reserved.

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

次のアーカイブは2019年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。