2016年7月アーカイブ

世界中の女性たちを虜にした映画『トワイライト』シリーズでブレイクしたクリステン・スチュワートが、以前から噂されていたアリシア・カーガイルとの交際を公に認めた。米E!Onlineが報じている。

英国版ファッション誌ELLEのインタビューに応じたクリステンは、「今、彼女に本当に恋しているの。私たちは何度か別れては付き合うことを繰り返してきたけど、今回は本当にこう感じているの、"やっと、感覚を取り戻すことができたんだ"って」と、アリシアとの交際を初めて認めた。二人はこれまでに何度も一緒にいるところを撮られてきたが、どちらも正式なコメントをすることはなかった。

「男の人と付き合っていた時は、すべてを隠してきたの。みんなに、どうせすぐ飽きるだろうと思われていたから表には出さないようにしていたわ。コミックの世界に入れられて、自分ではないキャラクターにされてしまうのよ。だから"私のことは私自身が決めるもの。自分の人間関係は誰かに決められることじゃない"って思うようにしていたの。でも、女の人とデートするようになって変わったのよ。隠してしまうことは、真剣じゃないと思われたり、恥じているのではないかと誤解されたりするって。だから、公でのアプローチの仕方を変える必要があったの。そうしたことで自分の人生が開かれて、もっと幸せになれたわ」

5月に米Varietyのインタビューを受けた際には、「男の人とデートしていた時は、自分の恋愛について話したことなんてなかった。それは今も同じよ。(セクシャリティについて)今すぐ決めることじゃないわ。もし、それがみんなの期待に沿えない答えだとしても、そのために時間をかけて考えたりしないわ」と、当時はまだ恋愛についてオープンに話すことはなかったクリステン。

素敵な女性と出会い、考え方が変わった彼女はパパラッチに撮られてしまっても、若いファンに二人の姿を見せたいと思っているので、誌面に載っても気にしないと語り、「自分を守りたいと思えば思うほど、いくつもの壁を作ってしまって、自分のことが見えなくなってしまうの。そうすると、孤立してしまって素直になれなくなるわ。居心地よく思える相手を見つけることができたけど、それは私一人でできたことじゃないのよ」と、自分の壁をなくすことでいい関係を築くことができたと明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリステン・スチュワート
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

米CBSでのシリーズ化が決まっているリブート版『冒険野郎マクガイバー』が、キャストとスタッフの一部を変更して第1話を撮り直すことは以前お伝えした通りだが、このほど新たに参加する出演者が明らかとなった。米Varietyが報じている。

この『MacGyver(原題)』の主要キャストに名を連ねることになったのは、トリスティン・メイズ(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)と、サンドリーヌ・ホルト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)。トリスティンが演じるのは、頭の中がコンピューター・コードで埋め尽くされているハッカーのライリー・デイヴィス。マクガイバーのチームにリクルートされて多少なりとも喜んではいるが、怒りっぽい性格で感謝の気持ちをうまく示せないタイプのようだ。一方、サンドリーヌが演じるのは、元は現場に出ていたエージェントで、現在は対外諜報機関DXSの代表になっているパトリシア・ソーントン。指揮するためというよりも自分が楽しむために常にチームと一緒に現場に出ていく人物だ。

新キャストとしてはほかに、ジャスティン・ハイアーズ(『ラッシュアワー』)の出演がすでに発表されている。パイロット版で主演を務めたルーカス・ティル(『X-MEN』シリーズ)と、元CIAエージェントのリンカーンを演じたジョージ・イーズ(『CSI:科学捜査班』)は続投する。

ある情報によると、製作陣はオリジナルシリーズに主演したリチャード・ディーン・アンダーソンにも出演してほしいと考えているようだが、いまだ正式な交渉には至っていないという。

キャスト、スタッフの一部を変更した『MacGyver』は、米CBSにて9月23日(金)より放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:サンドリーヌ・ホルト
(C)Jun Matsuda/www.HollywoodNewsWire.net

2007年から6シーズンにわたって放送され、世界中で若い女性を中心に大ヒットとなった『ゴシップガール』。ニューヨークに暮らすセレブな若者の恋愛模様を描いた本作に対してはファンからリブート版を望む声が多く寄せられているが、その可能性についてシリーズのクリエイターが口を開いている。米E!Onlineが報じた。

テキサス州オースティンで開催された「ATX TV Festival」に登場した『ゴシップガール』のクリエイター、ジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージが、リブート版についてコメントした。「シリーズを復活させることについて、特に会話を持ったことはない。分からないけど可能性はある。ただ、そこまで本当に考えたことがなかったんだ」と述べており、可能性がゼロというわけではなさそうだ。そして、番組開始以降にインターネット上で大きな変化があったため、Instagram、Snapchatといったアプリがリブート版で使用されたら面白そうだとも語っている。

本作で主役のセリーナを演じたブレイク・ライヴリーは、最新映画『ロスト・バケーション』のプロモーション中のインタビューでリブート版について聞かれると、「楽しそうね。撮影ではみんなで素晴らしい時を過ごしたし、リブート版でも楽しめるんじゃないかしら」と、ポジティブな意見を口にした。また、カーター役のセバスチャン・スタンは以前のインタビューで、復活版にやる気満々だと答えた上、「エド・ウェストウィック(チャック役)とジェシカ・ゾー(ヴァネッサ役)も乗り気だよ」と明かしている。

『X-ファイル』『ギルモア・ガールズ』『プリズン・ブレイク』といった人気シリーズが復活を遂げる中、『ゴシップガール』のリブート版も実現することを期待したいところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゴシップガール』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

英国貴族と使用人の人間模様を描いた英人気ドラマ『ダウントン・アビー』の長女メアリー役で知られるミシェル・ドッカリーが、『トラフィック』でアカデミー賞監督賞を受賞したスティーヴン・ソダーバーグが手掛けるNetflixの新作ミニシリーズ『Godless(原題)』に出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

同作は、威嚇的なアウトローの主人公フランク・グリフィン(『ニュースルーム』のジェフ・ダニエルズ)が、息子のような存在のパートナーから仇敵へと変わったロイ・グッド(『マネーモンスター』のジャック・オコンネル)を追い詰め、西部を恐怖に陥れていくという、1880年代を舞台にした西部劇。ミシェルが演じるのは、追い込まれたロイが逃げ込むニューメキシコ州にある静かな町の牧場主アリス・フレッチャーという役だ。

ソダーバーグは、ケイシー・シルヴァー(『かけひきは、恋の始まり』)とともに製作総指揮を務める。彼はすでに、ニューヨークのコールガールを主人公にした2009年の自身の映画をTVシリーズ化した『ガールフレンド・エクスペリエンス』でも同役を担っている。監督と脚本を担当するのはスコット・フランク(『ウルヴァリン:SAMURAI』)。

ミシェルは、『ダウントン・アビー』で3度ノミネートされたエミー賞をはじめ、ゴールデン・グローブ賞でも候補に挙げられるなど、高い評価を得ていた。また、女泥棒を演じた米TNTの『Good Behavior(原題)』が秋に放送がスタートとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミシェル・ドッカリー
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

オーストラリア出身のミュージシャンであり俳優としても活動するリック・スプリングフィールドが、米CWの大ヒット超常現象アクション『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のシーズン12で、新たなルシファーを演じることが明らかになった。米Varietyが報じている。

このキャスティングは、製作総指揮のロバート・シンガーとロバート・ダブが、サンディエゴのコミコンで発表した。同イベントに参加していたリチャード・スパイト・Jr(トリックスター/ガブリエル役)も、「リック・スプリングフィールドが新しい悪魔を演じるよ」と、新しい仲間の参加を報告している。いろんな人の体を自分の器として利用しているルシファーについて、製作総指揮のシンガーは、「強い器が必要になったルシファーは、ロックスターに目をつけるんだ」と発言。ダブは、「"演じることができる人"を求めていた。『幸せをつかむ歌』や『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』での演技は素晴らしかった」と、本物のミュージシャンであり映画やTVシリーズにも出演するリックを起用した理由を説明している。

全米ナンバー1を獲得した「Jessie's Girl」でグラミー賞にも輝いたリック。俳優としては、前述した作品以外にも、『宇宙空母ギャラクティカ』『カリフォルニケーション』『HAWAII FIVE-0』『私はラブ・リーガル』などに出演している。

『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン12は米CWにて10月13日(木)スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』
(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

米FOXのダーク・ファンタジードラマ『スリーピー・ホロウ』で、主人公イカボッド(トム・マイソン)の親友エイブラハムを演じていたニール・ジャクソンが、米CWの超自然ホラーシリーズ『オリジナルズ』のシーズン4に出演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

このニュースは、先週末サンディエゴで開催されたコミコンにて、『オリジナルズ』の主人公クラウスを演じるジョセフ・モーガンから発表された。ニールが演じる役についても少しだけ紹介されており、クラウスと関わることになるアリステアという名前の吸血鬼の役になるようだ。このシーズン4は、今年5月に本国アメリカで放送されたシーズン3ファイナルから5年後が舞台となるという。

TVシリーズでの活動が多いニールは、これまで『ホワイトカラー』『跳べ!ロックガールズ ~メダルへの誓い』『CSI:マイアミ』などに出演してきた。最近では、『ブラインドスポット タトゥーの女』『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』にも登場している。

『オリジナルズ』シーズン4は米CWにて2017年にスタートとなる予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ニール・ジャクソン
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

トータルIQ700の天才チームが頭脳と最新テクノロジーを駆使して難事件に挑む痛快犯罪捜査ドラマ『SCORPION/スコーピオン』で共演しているウォルター役のエリス・ガベルとペイジ役のキャサリン・マクフィー。かねてから交際が伝えられていた美しすぎるカップルだが、破局していたことが分かった。

米E!Onlineなどによると、正式に破局したのは今年の6月。シーズン2の撮影を終えた後、二人の関係にも終止符が打たれたようだ。関係者によれば、「二人は話し合って別れました。今も友達で、これからもほぼ毎日一緒に働くことになるでしょう。お互い愛し合っていたのですが、関係を続けていくのは難しいと判断したのです」と円満破局を強調している。

二人の関係が公になったのは、2014年8月半ば。『SCORPION』の撮影の合い間にエリスに抱きついて甘えるキャサリンの姿がパパラッチされたのだ。まだドラマのオンエア前だったが、美男美女の二人は撮影開始後まもなく恋に落ちていたのだった。

その後も、愛し合う二人の微笑ましい様子はあちこちで報告されていたが、それもこの春までだったらしい。今年の6月14日(火)、『SCORPION』でモンテカルロTV祭に参加した際には、連れだって歩く二人の表情から笑顔が消えていた。そして、極めつけは破局後、初の公の場となる予定だったイベント、コミコン・インターナショナル。大勢のファンが埋めた同作のパネルに、なんと主演のエリスの姿がなかったのだ。

円満破局したとされる二人だが、もうじきスタートするシーズン3の撮影や彼らが演じるウォルターとペイジの関係にどんな影響を及ぼすのだろうか...。

『SCORPION/スコーピオン シーズン2』はスーパー!ドラマTVにて毎週火曜日22:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SCORPION/スコーピオン』
(C) 2016 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

誰もが知るおとぎ話と現実が交差する世界を描く米ABCのファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のシーズン6に登場する、アラジン、ジャスミン、ジャファーというディズニーのアニメーション映画『アラジン』でおなじみのキャラクターたちを演じる俳優が発表された。米Entertainment Weeklyなどが報じている。

先週末サンディエゴで行われていたコミコンで明かされたキャスティングは、アラジン役にデニス・アクデニス(『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』)、ジャスミン役にカレン・デヴィッド(『エージェント:ライアン』)、ジャファー役にオデッド・フェール(『コバート・アフェア』)。

実はカレンにとって『ワンス・アポン・ア・タイム』に出演することは念願だったようだ。昨年、ソーシャルニュースサイトRedditのQ&A企画に参加した彼女は、同シリーズのオーディションを受けたことがあるかを聞かれると、「ぜひ参加したいと思っているの! もし、エスメラルダかポカホンタスかジャスミンが登場するのなら、やりたいわ!」と返していたのだ。

彼ら3人以外の新キャストとしては、ギリシャ神話の夢の神モーフィアス役のジャイルズ・マッシー(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)と、モンテ・クリスト伯役のクレイグ・ホーナー(『レジェンド・オブ・ザ・シーカー』)がすでに決定している。

『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン6は米ABCにて9月25日(日)よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:オデッド・フェール
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

2005年から4シーズンにわたって放送されたアクションドラマ『プリズン・ブレイク』。オリジナルの続編となるミニシリーズが製作されることは幾度となく当サイトでも取り上げてきたが、復活版は主人公マイケル役のウェントワース・ミラーと兄リンカーン役のドミニク・パーセルのアイデアだったことが明らかとなった。

米Varietyによると、先週末にサンディエゴで開催された映画とドラマの祭典「Comic-Con International: San Diego」(以下、コミコン)で、ウェントワースとドミニクが、復活版のプロモーションのためパネルインタビューに登壇。DCのヒーロードラマ『THE FLASH/フラッシュ』で再共演を果たした二人は、撮影セットで再会した時に『プリズン・ブレイク』を復活させるアイデアについて話し合ったとのこと。ドミニクが、「撮影で再会した時、何年も会っていなかった気がしなかった。それから二人で『プリズン・ブレイク』続編のアイデアを温め始めて、リバイバルの可能性についてオリジナルシリーズのプロデューサーに話を持ちかけたんだ」と経緯について説明。そしてウェントワースが‟オリジナルの世界観を失わないのなら"という条件を出し、具体的にプロジェクトが動き出したのだという。

復活版の製作総指揮を務めるフォウン・ウィルモットは、「(オリジナル版が持つ)家族と兄弟の絆というテーマは、続編の核になっている。‟愛する者を助けるためなら何でもする"という想いは普遍的だからね」と述べている。ウェントワースは「ファンが記憶に留めている通りにシリーズを甦らせるとともに、新しく革新的な要素も付け足したかった」と、続編の方向性について明かしている。

コミコンで公開された続編の最新映像では、イエメンの刑務所に収監されたマイケルがある囚人と会話を交わす、およそ2分間のシーンが展開された。

9話構成となるミニシリーズは米FOXにて2017年に放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『プリズン・ブレイク』
(C)2010 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『スティーブ・ジョブズ』で本年度のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』で同じく本年度のアカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシア・ヴィキャンデルが二人でディナーに出掛けたとして、映画界のビッグカップル誕生かと注目が集まっている。

米Peopleによると、マイケルとアリシアは、ニューヨーク市マンハッタンのトライベッカにある人気の日本食レストラン、Nobuを訪れてディナーを楽しんだという。アリシアは黒いベルベット素材のロングドレスを身にまとい、マイケルはネイビーのスラックスに青のジャケット姿と、ともにシンプルで上品な装い。

二人は、9月2日(金)に全米で公開される映画『The Light Between Oceans(原題)』での共演がきっかけでデートをする関係になったようだ。ともに本年度のオスカーにノミネートされていた二人は、実はその授賞式では隣同士に座っており、彼女が助演女優賞で名前を呼ばれた際には祝福のキスを交わしている。この件について、以前英国版VOGUEから聞かれたアリシアは、「当然のことのように感じていたわ。私たちは単純に隣同士に座りたかったの。あそこに行くことがなければ一緒に座ることもなかったと思うわ」と答えている。

大ヒットゲーム、アサシン クリードの主人公役や『エイリアン』シリーズの新作も待機しているマイケルと、人気スパイ映画の新作『ジェイソン・ボーン』や『トゥームレイダー』リメイクの出演が決まっているアリシア。飛ぶ鳥を落とす勢いの二人の今後に注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・ファスベンダー
(C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

グリム童話の世界をモチーフに物語が綴られるダーク・サスペンスドラマ『GRIMM/グリム』で主役ニックを演じるデヴィッド・ジュントーリが、ジュリエットを演じる共演者のビッツィー・トゥロックと婚約していたことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

7月21日(木)から4日間にわたって、サンディエゴで開催されたオタクの祭典「Comic-Con International: San Diego」(以下、コミコン)にて、インタビューに応えたビッツィーが、左手の薬指にダイヤモンドの婚約指輪をはめて登場。今年4月にデヴィッドと婚約したという彼女が「初めて公の場で婚約指輪をはめるのは、コミコンにすることにしたの」と語ると、隣にいたデヴィッドが「二人でひそかに婚約を楽しんでいたんだ」と付け加えた。

『GRIMM』でも恋人同士を演じるデヴィッドとビッツィーは、2014年に交際をスタート。同年12月、メディアのインタビューに応えたビッツィーが、デヴィッドと恋人同士の関係にあることを告白し、「私がデヴィッドと交際していることは、かなり知られているから秘密でもなんでもないわね。長い間隠してきたけど、今は皆が知っていることなの」と話している。

ビッツィーは画像共有サイトInstagramに、コミコンの写真撮影で、婚約指輪をはめて『GRIMM』の共演者ブリー・ターナーと一緒に、写真に収まった様を投稿している。

婚約者同士となった二人が出演する『GRIMM』シーズン6は、米NBCにて10月28日(金)より放送予定。デヴィッドとビッツィー、本当に婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:デヴィッド・ジュントーリ
(C)2014 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

米CWで放送されるDCの大人気ヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』でブラックキャナリーことローレル・ランスを演じていたケイティ・キャシディが、同局の他のDCドラマでもレギュラー出演する契約を結んだことが明らかになった。米TV Lineが報じている。

『ARROW』では2012年に始まったシーズン1からレギュラーを務めていたケイティだが、新シーズンからは『THE FLASH/フラッシュ』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』にも出演することになった。『THE FLASH』ではシーズン2に、ローレルのドッペルゲンガーである悪役ブラック・サイレンとして登場していた。また、『ARROW』の新シーズンでは初回から登場する予定だという。

CWが放送するDCドラマではこれまで、『THE FLASH』でレナード・スナート/キャプテン・コールド役として初登場し、その後『レジェンド・オブ・トゥモロー』のレギュラーとなったウェントワース・ミラーが、同作降板後に他のDCドラマに出演できるようになったとして話題を集めていた。今月初めには、『ARROW』でマルコム・マーリン/ダーク・アーチャーを演じるジョン・バロウマンが、ケイティのように複数のDCドラマにレギュラー出演する契約を結んだことが発表されている。

『ARROW』の新シーズンでは、ローレルがかつて主人公のオリバー・クイーン/アロー(スティーヴン・アメル)と交わした約束の内容が明らかになるようで、「この約束は、シーズン5の初回だけじゃなく、これから2、3シーズン先まで影響が続いていく、僕らのドラマにとってはかなり重要なことなんだ」と、サンディエゴでのコミコンでスティーヴンが明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケイティ・キャシディ
(C)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

世界中で爆発的なヒットを記録しているパニック・サバイバルドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン7が、FOXにて10月24日(月)21:00より日本最速放送となる。これはアメリカを含む世界125以上の国と地域でほぼ同時放送。

リック(アンドリュー・リンカーン)たちの前に、冷酷かつ恐ろしい敵ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)が登場したシーズン6が衝撃的な展開で幕を閉じたため、続く最新シリーズがどんな展開となるのかは、シーズン6終了直後から大きな注目を集めてきた。全世界が待望するシリーズ7をほぼ同時放送で味わえるこのチャンスをお見逃しなく!

なお最新シーズン放送開始に先駆けて、FOXでは過去シーズン全話のイッキ見を9月4日(日)13:00より毎週土日に放送。さらに、同シリーズのスピンオフである『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』も、9月12日(月)よりスタートとなる。

■放送情報
・『ウォーキング・デッド』シーズン7
 FOXチャンネルにて10月24日(月)スタート
 毎週月曜 21:00~ ほか

・『ウォーキング・デッド』シーズン1~6 完全放送
 FOXチャンネルにて9月4日(日)スタート
 毎週土曜&日曜 13:00~

・『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』
 FOXチャンネルにて9月12日(月)スタート
 毎週月曜 20:00~(※毎週2話連続放送)ほか

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン7
(C)2016 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved

(本記事は、ネタばれとなる情報を含みますのでご注意ください)

米CWの大人気ヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』でスティーヴン・アメル演じる主人公オリバー・クイーン/アローが、同局の手掛ける『レジェンド・オブ・トゥモロー』に再び登場することが明らかになった。英Digital Spyが報じている。

過去や未来を行き来して世界を救おうとするヒーローたちの活躍を描く『レジェンド・オブ・トゥモロー』。スティーヴンは、昨年放送された同作のシーズン1で年を重ねたアローとして出演していたが、この秋から始まるシーズン2にも登場することが決定。今度は若く元気なオリバーとして登場することになるようだ。このニュースは今月23日(土)、サンディエゴにて開催されていたコミコンにて発表され、そのパネルに登場した製作総指揮のフィル・クレマーは、「彼の登場は最初の短い時間だけなんだ。アローが出てくるまでそんなに時間はかからないから、最初のCMまではTVの前から離れない方がいいだろう」と述べている。

CWでは、『ARROW』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』のほか、『THE FLASH/フラッシュ』『SUPERGIRL/スーパーガール』も加えた4作品によるメガ・クロスオーバーが行われることがすでに発表されており、今後もヒーロー同士がお互いの世界を行き来し合う姿を目にする機会が度々ありそうだ。

さらに今回のパネルでは、シーズン1にゲスト出演していたリップ・ハンター(アーサー・ダーヴィル)の友人ジョナ・ヘックス役のジョナサン・シェック(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)の再登板も発表された。

アローも再び登場する『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2は、米CWにて10月13日より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:スティーヴン・アメル
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

人気ドラマシリーズ『デスパレートな妻たち』(以下『デス妻』)でイーディ・ブリットを演じたニコレット・シェリダンが、結婚半年で離婚を申請していたことが明らかとなった。米E!Onlineなどが伝えている。

ニコレットは半年前にアーロン・ファイパーズという男性と密かに結婚したものの、1ヵ月ほど前から別居を開始。米メディアがロサンゼルス裁判所で入手した書類によると、彼女は、アーロンさんが扶養料を要求した場合は拒否するようにと主張しているとのこと。2014年12月にニコレットはアーロンさんと一緒にいるところを初めてキャッチされているが、二人の馴れ初めや結婚については報道されていなかった。

ニコレットは、1960年代の広告業界を舞台にしたドラマ『MAD MEN マッドメン』でジム・カトラーを演じたハリー・ハムリンと1991年に結婚したが1993年に離婚。2004年には自身のパーソナル・トレーナーだったニクラス・ソダーブロムさんと婚約するも破局に至り、2006年には歌手のマイケル・ボルトンと婚約したが2年後に婚約を解消している。

先月、5年前に『デス妻』の製作総指揮者マーク・チェリーと放送局の米ABCを相手に起こした裁判が、再開されるとのニュースが報じられたばかりのニコレット。同シリーズのメインキャストだったエヴァ・ロンゴリア(ガブリエル役)、テリー・ハッチャー(スーザン役)、マーシア・クロス(ブリー役)、フェリシティ・ハフマン(リネット役)の4人も、被告側証人として証言台に立つ可能性があるとも伝えらえている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ニコレット・シェリダン
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

長年に渡りファンに愛され続けている犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のシーズン12に、エミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターが複数のエピソードに復帰することが発表された。

ファンに惜しまれながらもシーズン7にて降板して以来、シーズン9とシーズン11にそれぞれ1回ずつゲスト出演しているが、米TV Lineなどによると今回はシーズンを通して数回登場するそう。シーズン11のストーリーの流れから、英国・ロンドンのインターポール(国際刑事警察機構)に勤務しているエミリーの助けが必要となってくるようだ。

製作総指揮者を務めるエリカ・メッサーは、「シーズン12にパジェットが戻って来てくれるなんて本当にエキサイティングよ! 今シーズン、BAU(行動分析課)チームは名前が割れている犯人や氏名不詳の容疑者などを追跡するため、多大な協力が必要だからエミリーにも活躍してもらうわ」と語っている。

エミリー出演の話が公になったことを受け、パジェット自身もTwitterで「その通りよ! 今年は沢山のエピソードに出演するわ! ずっとファンの皆に言いたくて仕方なかったの」とつぶやいている。

今春までパジェットは、ジョン・ステイモス(『フルハウス』)共演のコメディ『Grandfathered(原題)』にレギュラー出演していたが、同作が残念ながらシーズン1で打ち切りとなったため、『クリミナル・マインド』により多く出演できることになったようだ。

エミリーの復帰が楽しみな『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン12は、米CBSにて9月28日(水)に放送開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:パジェット・ブリュースター
(C)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

ナショナル ジオグラフィック チャンネルと英国のチャンネル4がタッグを組み、過激派組織のイスラム国(ISIS)をテーマにしたTVシリーズを製作することが明らかになった。米Hollywood Reporterが報じている。

本作は、シリアでイスラム国に参加する4人のイギリス人の男女を中心に描かれるドラマシリーズになるとのことで、脚本/監督を務めるのは、政治家トマス・クロムウェルの視点から描く英BBCの歴史ドラマ『ウルフ・ホール』で昨年度のエミー賞にノミネートされたピーター・コズミンスキー。製作総指揮は、リザ・マーシャル(『リピーテッド』)とクリス・サイキエル(『ワン チャンス』)が務める。2017年に放送開始となる予定。

チャンネル4ドラマ部門代表のベス・ウィリスは、「ピーターは、1年間幅広く調査し、未知で想像もできない世界に光を投げることができるようなとても面白いフィクションのストーリーを書いています。これは、非常に複雑で、対立を生み、切迫している国際問題について我々に問いかけ、直面させることのできる深いドラマです。ナショナル ジオグラフィック チャンネル、アーチェリー・ピクチャーズと組んで、ピーターの素晴らしい作品をイギリスや世界中の視聴者に届けられることをとても嬉しく思います」と声明の中で述べている。

コズミンスキーはこれまでにも、アメリカ同時多発テロ事件の影響を受ける英国人のイスラム教徒一家を描く『Blitz(原題)』、イスラルとパレスチナの対立の中で生まれるラブストーリーがテーマのミニシリーズ『The Promise(原題)』を手掛けている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウルフ・ホール』
Ed Miller (C) Company Pictures/Playground Entertainment for BBC 2015

現在、俳優で夫のアシュトン・カッチャーとの間に第二子を妊娠中の人気女優ミラ・クニス(『テッド』)が、『ホーム・アローン』で一躍有名子役スターとなった元恋人、マコーレー・カルキンのファンについて苦言を呈している。米Peopleなどが報じた。

7月19日(火)、米ラジオ番組『The Howard Stern Show』に出演したミラが、マコーレーとの交際当時のことについて語っている。「彼は大スターだったから一緒に大通りなんて歩けなかったわ。マコーレーは、彼を見かけるとどう反応していいか分からず、すぐに叫び声を上げるような変なファンを惹きつけていた。あれは、セレブを見かけた時のまともな反応じゃないもの。彼のファンのリアクションは、すごく異常だった」と当時を振り返った。

マコーレー自身、以前のインタビューで、街に出るとすぐに気づかれてしまうため「夜中の2時から4時くらいの間に出掛ける夜型の生活を送っている」と述べていたことがある。ミラが語ったように、彼を見て過剰な反応を示すファンを避けているのかもしれない。

2011年にマコーレーとの長年の交際に終止符を打ったミラは、2014年2月にアシュトンと婚約。同年9月に第一子となる娘ワイアット・イザベルちゃんを出産し、2015年7月に結婚した。一方のマコーレーは、米TV Land局のコメディドラマ『The Jim Gaffigan Show(原題)』に本人役でゲスト出演したり、The Pizza Undergroundというバンドで活動しており、現在はアルバム制作に取り掛かっているという。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミラ・クニス
(C)Ima Kuroda / www.HollywoodNewsWire.net

『ブリッジ ~国境に潜む闇』のソニア・クロス役で知られるダイアン・クルーガーと、『FRINGE/フリンジ』でピーター・ビショップを演じていたジョシュア・ジャクソンが、約10年の交際の末に破局していたことが明らかとなった。

米Peopleによると、ダイアンとジョシュアは恋人関係を解消し、友人になることを決心したのだという。2006年、ダイアンはフランス人俳優のギョーム・カネとの5年間の結婚生活に終止符を打った後、ジョシュアとの交際をスタートさせた。カナダ出身のジョシュアとドイツ出身のダイアンは、バンクーバーとパリにそれぞれ家を持っていたが、今年3月からはニューヨークで同棲を始め、同地を一緒に歩く姿がたびたび目撃されていた。

二人が一緒に公の場に現れたのは、今年2月にジャクソンが出演したブロードウェイの舞台『Smart People』のオープニングの日が最後だった。友人関係を保ちたいという友好的な別れは事実のようで、今月15日に40歳の誕生日を迎えたダイアンを祝うため、週末は一緒に過ごしていたことも確認されている。

ジャクソンは『FRINGE』が2013年に終了して以降は、『アフェア 情事の行方』や『アンブレイカブル・キミー・シュミット』に出演。一方のダイアンは、2014年の『ブリッジ』終了後は、フランス、ドイツ、イギリスといったヨーロッパの映画を中心に活動している。(海外ドラマNAVI)

Photo:(左から)ダイアン・クルーガー&ジョシュア・ジャクソン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

米ABCの大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)でジョージを演じていたT・R・ナイトが、同作のクリエイターであるションダ・ライムズが手掛ける『The Catch(原題)』のシーズン2にゲスト出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

ABCは、T・Rが演じる役や登場回数、ストーリーについては詳細を伝えていないが、今回の役は彼のために特別に用意されたようだ。ライムズは、「この秘密を貫くことはスリリングだった。大好きな家族の一人が帰ってきたわ!」と喜びを表明。『The Catch』のショーランナーで、かつて『グレアナ』に参加していたアラン・ハインバーグも、「ションダと(製作総指揮者の)ベッツィ(・ビアーズ)と僕は、T・Rがションダ・ライムズのファミリーに戻ってきてくれたことがとても嬉しいよ。『The Catch』の役は、彼のために特別に用意したものなんだ」と述べた。

『グレアナ』のオリジナルキャストの一人として、5シーズンにわたって出演していたT・Rは、「ションダ、ベッツィ、アランとまた一緒に仕事ができるなんて本当に楽しみだ。チームに戻ってこられてワクワクしているし、素晴らしいキャストと共演できて嬉しいよ」とコメント。彼は最近、J・J・エイブラムスが手掛けるSFミステリードラマ『11/22/63』でジェームズ・フランコと共演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:T・R・ナイト
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

DCのスーパーヒーロー、バットマンの前日譚を描く米FOXの人気シリーズ『GOTHAM/ゴッサム』。そのシーズン3に悪役マッドハッターが登場することは以前お伝えしたが、このほど、『ウォーキング・デッド』のウルフ役で知られるベネディクト・サミュエルが同役を演じることが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。

数多くのキャラクターが登場する「バットマン」のコミックの中でも、長年登場し続けているマッドハッターことジャービス・テッチは、狂気に満ちた天才的な電子工学の科学者で、催眠術で人の心を操るヴィラン。彼は、数年前にゴッサム・シティで行方不明になった妹アリスを探すために街にやってくるという設定だ。

この有名なヴィランを演じることになったベネディクトはオーストラリア出身の若手俳優で、大ヒットサバイバル・パニック『ウォーキング・デッド』にシーズン5から出演。ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『(500)日のサマー』)主演の映画『ザ・ウォーク』にも出演している。

このシーズン3は、「ゴッサム・ガゼット」紙に新しく入った記者ヴァレリー・ヴェイル役としてジェイミー・チャン(『ワンス・アポン・ア・タイム』)の出演も決まっている。また、植物好きの少女アイビー・ぺッパー(後のポイズン・アイビー)がキャラクターの成長を受けて、クレア・フォーリーからマギー・ゲハ(『テッド2』)へと交代する。

『GOTHAM/ゴッサム』シーズン3は米FOXで9月19日(月)放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『GOTHAM/ゴッサム』シーズン2
(C)GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics. Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

誰もが知るおとぎ話と現実が交差する世界を描く米ABCのファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のシーズン6で、ジャイルズ・マッシー(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)がギリシャ神話の「夢の神」モーフィアスを演じることが明らかになった。米Entertainment Weeklyが報じている。

新たに登場するこのモーフィアスは、ギリシャ神話において夢の世界で人々を導く「夢の神」として知られており、自分のことは隠したまま、人の心を読むのが得意という設定。このシーズンには、『アラビアン・ナイト』の主人公シンドバッドとヒロインのシェヘラザードも登場する。

ジャイルズは、『NCIS』のシーズン12からダニエル・バッドを演じているほか、『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』では情報分析官のジョーダン・リードに扮していた。また、『トゥルーブラッド』『グッド・ワイフ』といった人気TVドラマにゲスト出演している。

『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン6は、米ABSにて9月25日(日)より放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ワンス・アポン・ア・タイム』
(C)2015 ABC Studios.

音楽業界で起きる熾烈な後継者争いを描いた大ヒットドラマ『Empire 成功の代償』のシーズン3に、『プライベート・プラクティス』のサム役で知られるテイ・ディグスが出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

テイが演じるのは、ハーバードのロースクールを卒業し、私営企業で財産を築いたアンジェロ・デュボア。バラク・オバマ大統領に感化されて地方政治や地域社会の問題に関心を持っているという設定だ。シーズン3には、シンガーのシエラ・マクレイン、ラッパーのフレンチ・モンタナとバードマンも出演。また、前シーズンにゲスト出演した人気ラッパーのイグジビットがレギュラーに昇格することも決まっている。

テイは『プライベート・プラクティス』でメインキャラクターの一人を演じた後、犯罪ドラマ『Murder in the First(原題)』をはじめ、『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』『グッド・ワイフ』『NCIS ~ネイビー犯罪捜査』にも登場。過去には、『シカゴ』『RENT/レント』といったミュージカル映画にも出演している。

『Empire 成功の代償』シーズン3は米FOXにて9月21日(水)から放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:テイ・ディグス
(C)Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net

アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』)がクリエイターを務めた社会派ドラマ『ニュースルーム』でマギー・ジョーダンを演じ、米ABCのミステリードラマ『ウォーレン・ファミリーの秘密』にも出演していたアリソン・ピルが、第一子を妊娠中であることが明らかとなった。米Peopleなどが報じている。

7月18日(月)、アリソンが画像共有サイトInstagramに、病院で超音波検診を受けながら、赤ちゃんのエコー写真を見せて微笑む写真を投稿。「いよいよだわ。2016年に生まれる女の子の赤ちゃんよ」というコメントを添えて懐妊を報告した。

アリソンは2015年1月、ドラマシリーズ『SCORPION/スコーピオン』や『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』に出演した俳優のジョシュア・レナードと婚約。二人は婚約から4ヵ月後、ロサンゼルスで家族や友人に見守られる中、結婚の誓いを立てて夫婦となった。ジョシュアも妻の妊娠に嬉しさを隠しきれない様子で、Instagramにアリソンが投稿した同じ写真に、「今年の11月に生まれるよ。女の子だ!」との言葉を添えて喜びを表現している。

カナダ出身のアリソンは、10代の頃からTVシリーズやTV映画に出演するようになり、社会派映画『ミルク』からラブコメ映画『ミッドナイト・イン・パリ』まで、幅広いジャンルで活躍している。残念ながら『ウォーレン・ファミリーの秘密』は1シーズンで打ち切りとなってしまったが、今後は『Miss Sloane(原題)』と『Goon: Last of the Enforcers(原題)』という映画2本が待機中だ。

第一子の懐妊、本当におめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:アリソン・ピル
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

"地上最速のスーパーヒーロー"が活躍する米CWの人気ヒーロードラマ『THE FLASH/フラッシュ』の主人公バリー・アレン/フラッシュ(グラント・ガスティン)は、シーズン1ではリバース・フラッシュ、シーズン2ではズームと、これまでも超高速で移動する悪役と戦ってきたが、本国アメリカで10月からスタートする新シーズンでも新たな超高速のヴィランと対決することになるようだ。英Digital Spyが伝えた。

撮影スタジオを訪れたファンの情報によると、シーズン2から登場するウォリー・ウェスト役のキーナン・ロンズデールの隣を歩く、真っ黒なコスチュームに身を包んだトッド・ラサンス(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)の姿が目撃されたという。ファンの中には、まだ正式発表のないこのキャラクターについて、1971年にDCコミックスに初めて登場したブラック・レーサーと推測する向きもある。このブラック・レーサーは、"神々の死神"と呼ばれ、スピード・フォースに順応している相手を探して一度触るだけでその命を奪うことができるというキャラクターだ。

フラッシュの新たな宿敵の存在も気になる『THE FLASH』シーズン3は米CWにて10月4日(火)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『THE FLASH/フラッシュ』
(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

地上最速で走る特殊パワーを武器に悪と戦うヒーローを描く人気シリーズ『THE FLASH/フラッシュ』で、科学者のケイトリン・スノーを演じるダニエル・パナベイカーが婚約したことが明らかとなった。米Peopleなどが報じている。

ダニエルは、エンターテイメント業界を専門とする弁護士ヘイズ・ロビンスさんと、6月下旬にバケーションで訪れたギリシャにて婚約。二人は共通の友人を介して2年ほど前に知り合い、順調に関係を育んできたとのこと。ダニエルは、画像共有サイトInstagramにギリシャ旅行の画像をいくつか投稿しており、地中海を見渡せるプールのそばにたたずんでいる写真には、「ギリシャでの最後の夜を楽しんでいるところよ。決して忘れない旅になったわ!」とコメントが添えられている。

ダニエルは、『MAD MEN マッドメン』『BONES』『GRIMM/グリム』といった人気ドラマシリーズにゲスト出演したこともあり、『JUSTIFIED 俺の正義』シーズン5にペニー役で準レギュラーを務めた後、『THE FLASH』のケイトリン役で注目されていた。

婚約ホヤホヤの彼女が出演する『THE FLASH』シーズン3は、米CWにて10月4日(火)より放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・パナベイカー
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

(本記事は、ネタばれとなる情報を含みますのでご注意ください)

ウォーカー(ゾンビ)がはびこる世紀末的な世界を描く、サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン1からシーズン3までアンドレア役で出演していたローリー・ホールデンが、本来は8シーズン分の契約を結んでいたという。英Digital Spyが報じた。

7月9日(土)と10日(日)にニュージャージー州で開催されたイベント「the Walker Stalker Convention」に登場したローリーが、契約秘話について語っている。「8年契約を結んでいたから、最後まで出演するはずだったの。最終的にリックと結ばれて、馬に乗ってウッドバリーの街を救い、アトランタに家を持つことになっていたのよ」と、アンドレアが生きていた場合のストーリー展開を明かした。

彼女は続けて、「撮影中だったある夜の10時に、『ウォーキング・デッド』のショーランナーだった人から"(アンドレアの)エピソードを製作側が書けなくなったから、彼女を殺すことになった"と言われたの。だから、セットで脚本を受け取った時、みんな泣いていたわ。私は、銃で撃たれたように感じてしまった。こんなことが起こるはずではなかったのに...」と事の経緯を説明。ローリーが言う"ショーランナーだった人"とは、シーズン3をもって降板したグレン・マザラのことだと思われる。アンドレアは同シーズンの最終話で命を落としていた。

ちなみに、『ウォーキング・デッド』降板後のローリーは、『Major Crimes ~重大犯罪課』や『シカゴ・ファイア』といった人気シリーズにゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン5
(C)2014 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

第68回エミー賞のノミネートが発表された。世界中のファンを熱狂させている『ゲーム・オブ・スローンズ』が最多23ノミネート、ハリウッドで問題になっているダイバーシティ(多様性)面、注目の新シリーズも賞レースに参戦など気になるポイントが多い今年のエミー賞。ドラマ・シリーズ主要部門のノミネートをさっそく紹介しよう。

■ドラマ・シリーズ部門
・作品賞
『ベター・コール・ソウル』
『ダウントン・アビー』
『ゲーム・オブ・スローンズ』
『HOMELAND』
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』
『ジ・アメリカンズ』

・主演男優賞
カイル・チャンドラー『ブラッドライン』
ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』
ボブ・オデンカーク『ベター・コール・ソウル』
マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』
リーヴ・シュレイバー『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』
ケヴィン・スペイシー『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

・主演女優賞
クレア・デインズ『HOMELAND』
ヴィオラ・デイヴィス『殺人を無罪にする方法』
タラジ・P・ヘンソン『Empire 成功の代償』
タチアナ・マズラニー『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』
ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』
ロビン・ライト『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

・助演男優賞
ジョナサン・バンクス『ベター・コール・ソウル』
ピーター・ディンクレイジ『ゲーム・オブ・スローンズ』
キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』
マイケル・ケリー『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
ベン・メンデルソーン『ブラッドライン』
ジョン・ヴォイト『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』

・助演女優賞
エミリア・クラーク『ゲーム・オブ・スローンズ』
レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』
マギー・スミス『ダウントン・アビー』
モーラ・ティアニー『アフェア 情事の行方』
メイジー・ウィリアムズ『ゲーム・オブ・スローンズ』
コンスタンス・ジマー『UnREAL』

その他の部門についても当サイト編集部トピックスにて引き続きお伝えしていく予定。また、第68回エミー賞授賞式の模様は、AXNにて9月19日(月・祝)に日本独占生中継される。感動のスピーチやスターたちのファッションもお見逃しなく!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

この秋、米CWで放送がスタートする人気ヒーローアクションドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』の新シーズンで、二人の新キャストが決まったことを、米Entertainment Weeklyなどが報じた。

一人目は、『クーガータウン』『フェリシティの青春』のイアン・ゴメスで、主人公カーラ(スーパーガール)の新たなボス、スナッパー・カーとして、シーズン2の第2話から準レギュラー出演する。スナッパーは、キャリスタ・フロックハート演じるキャットが、キャットコー誌の編集長として任命した人物で、頑固だが頭の切れるジャーナリスト。原作コミックでは、スーパーヒーローのチーム「ジャスティス・リーグ」の支援者として登場する。

キャットは前シーズンで人気キャラクターに成長したが、シーズン2の撮影地は、ロサンゼルスからカナダのバンクーバー市へ移されることから、同役を演じるキャリスタの出番は減ることが予想されている。そんなキャリスタの助っ人役としてイアンは起用されたのではないかとの推測も、一部メディアからは出ている。

そして、新キャストの二人目は、『ウォーレン・ファミリーの秘密』のフロリアナ・リマ。ナショナル・シティ警察の刑事として、エイリアンの関わる事件を扱うマギー・ソーヤーの役でレギュラー出演する。同キャラクターは、DCコミックの原作では、スーパーマンやバットマン、グリーン・アローの活躍する複数の都市で犯罪を捜査してきた警部。大手コミックの中では初めて同性愛者として設定されたキャラクターの一人で、のちにバットウーマンと恋に落ちている。『ヤング・スーパーマン』では同役をジル・ティードが演じた。

シーズン2にはこのほか、『ティーン・ウルフ』のタイラー・ホークリンが、カーラの従兄弟であるスーパーマン/クラーク・ケントを、また、1970年代ドラマ『ワンダーウーマン』で主演を務めたリンダ・カーターが、アメリカ大統領を演じることでも話題になっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERGIRL/スーパーガール』
(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc.

大人気青春ミュージカル『Glee/グリー』のフィンで人気を博すも、2013年7月13日に薬物の過剰摂取により31歳の若さで帰らぬ人となったコーリー・モンテース。本作での共演がきっかけで交際していたリー・ミシェルをはじめとする元キャストが、3回忌に彼へのメッセージを発信している。米Entertainment Weeklyなどが報じた。

リーは、海岸に背中を向けてたたずむコーリーの写真に、「毎日あなたが微笑みながら私を見守ってくれていることを知っているわ。コーリー、あなたを思っているし恋しいわ。それは毎日だけど、今日はもうちょっと強く...ね」との言葉にハートの絵文字を添えてツイート。

そして、アーティ役のケヴィン・マクヘイルは、コーリーと一緒に写ったGIF動画を投稿し、「今日、どれほどコーリーの笑顔に影響力があるかを考えながら目覚めたよ。君は、いつも僕たちを笑わせて、毎日愛されていると感じさせてくれた」というメッセージを添えている。

シュー先生役のマシュー・モリソンは、「時間が日になり、日が年になっていく...。でも、いつも君はそばに居続けるし、恋しく思っているよ、ブラザー」と追悼の意を表した。

また、ティナを演じたジェナ・アシュコウィッツは、画像共有サイトInstagramに、ドラムセットと一緒にポーズを取るコーリーの写真を投稿。「時は経っていくかもしれないけど、コーリーの寛大で温かい魂と、コミカルで人間味あふれるキャラクターは決して色褪せることはない。あなたはいつでも私たちのクウォーターバックよ。あなたが恋しいわ」と、友人を忍ぶ気持ちを綴っている。

このほか、サンタナ役のナヤ・リヴェラ、サム役のコード・オーヴァーストリートなども、コーリーへの想いを発信している。(海外ドラマNAVI)

Photo:コーリー・モンテース(写真は2012年のもの)
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

人気コメディ『モダン・ファミリー』のグロリア役で知られるソフィア・ベルガラ。7月10日(日)に44回目の誕生日を迎えた彼女が、レモン尽くしのバースデーパーティーを行ったことが分かった。米E!Onlineが伝えている。

レモンをテーマにしたこのパーティーで、レモンをイメージした帽子やトップスを自らまとっていたソフィア。レモンの木々に囲まれたレストランで、レモン柄のテーブルクロスや黄色い花を飾り、バーにはレモンを使ったお酒が用意されるなど、まさに会場はレモン一色。夫のジョー・マンガニエロ(『トゥルーブラッド』)をはじめ、23歳の息子マノロ、ソフィアによく似た姪のクラウディアなども出席した。

ジョーは、画像共有サイトInstagramに、昨年11月に行われた自分とソフィアの結婚式の写真を投稿。向かい合いながら微笑んでいる二人の写真に「ハッピーバースデー、私の大切な人」とスペイン語でキャプションを添え、結婚して初めて迎える妻の誕生日を祝った。

また、『モダン・ファミリー』の共演者であるミッチェル役のジェシー・タイラー・ファーガーソンは、Instagramにソフィアと笑い合っている写真を投稿し、「ハッピーバースデー、面白くて美しいソフィア! 僕以上にケーキを好きな人は君だけだよ! 今日はたくさん食べられるといいね」と、祝福のメッセージを送っている。アレックス役のアリエル・ウィンターも、まだ幼い頃の自身とソフィアのツーショット,写真に、「あなたのように素晴らしい人と知り合えて幸せ! 大好きよ」と温かい言葉を添えている。

アットホームで素敵なパーティーだったようだが、ソフィアによると直前に慌てて決めた企画なのだとか。当初は出掛けている予定だったがそれが取り止めになったため、派手なことはせずにシンプルなパーティーにしたのだと、後日明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ソフィア・ベルガラ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

大都会ニューヨークで金欠女子コンビが成功を目指すコメディドラマ『NYボンビー・ガール』。本作で主役コンビの一人、キャロラインを演じるベス・ベアーズが、『MAD MEN マッドメン』のマイケル・グラディスと婚約したことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

7月11日(月)、ベスが画像共有サイトInstagramにマイケルと一緒に写っている写真を投稿し、「"YES"と答えたわ! 6年交際した後は生涯一緒よ」というコメントにハートとダイヤの指輪の絵文字を添えている。マイケルは、マンハッタンを見渡せる友人宅の屋上で、空が夕日に染まる中、ベスが大好きなマイルス・デイヴィスとジョン・コルトレーンの曲を奏でるジャズバンドをバックに、ベスにプロポーズ。ベスは、魔法にかかったような素敵なプロポーズに感動して、泣いてしまったそうだ。

海外メディアでベスとマイケルの交際が初めて報じられたのは2012年だが、彼女のInstagramによれば、6年の交際を実らせて婚約したとのことなので2010年からの付き合いとなる。

ベスは、オフ・ブロードウェイの舞台『A Funny Thing Happened on the Way to the Gynecologic Oncology Unit』への出演を終えたばかりで、『NYボンビー・ガール』シーズン6は米CBSにて10月10日(月)より放送スタート予定。一方マイケルは、レストランを舞台に繰り広げられる新作ドラマ『Feed the Beast(原題)』にマフィアのボスとして出演中だ。本作は米AMCにて毎週火曜22:00より放送中。

ベスとマイケル、本当に婚約おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・グラディスとベス・ベアーズ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

世界中で大旋風を巻き起こしているサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。登場人物が多く複雑な人間関係が繰り広げられる本作で、どのコンビが最高なのか、米TV Lineがベストカップルを選出しているので、いくつか紹介したい。

・グレンとマギー
グリーン農場で知り合い仲間となったグレンとマギーは、シーズン2から恋人関係に。ウォーカー(ゾンビ)の指を切り落として、ダイヤモンドの指輪を手に入れたグレンはマギーにプロポーズし、後に夫婦となる。どんな時でもお互いの安全を一番に考え、片方が窮地に陥ったら、自分の命もいとわぬ覚悟で助けに走る二人は、最高にロマンチックなカップルと言えるだろう。

・ダリルとベス
シーズン4で、グループ一行とは別行動となったダリルとベス。年齢差はあるが、視聴者の間では「二人の間に恋心が芽生えているのでは!?」との意見が飛び交っていた。彼らが住処にしていた家で、ベスが切なくピアノを弾きながら歌うシーンでは、この関係にもどかしさを感じてしまったファンも多いのではないだろうか。

・リックとミショーン
一匹狼だったが、リックの一行に加わって以来、共にグループを引っ張ってきたミショーン。戦友のような絆で結ばれた二人は、どちらかと言うと親友同士なイメージが強く、互いを異性として意識している描写はほぼなかった。そのため、二人がいきなりベッドインして驚いたファンもいたようだが、心から信頼し合える者同士として、起こるべくして起こったと言えるかもしれない。

・ダリルとキャロル
シーズン2でキャロルの娘ソフィアが行方不明になり、落ち込む彼女にダリルが花を贈るシーンでは、深まりつつある友情に感動しつつも、恋が始まるのではないかと思ったファンも多いはず。シーズン3でキャロルが「体の関係を楽しまない!?」と冗談半分でけしかける場面があったものの、二人はベスト・バディの関係を維持し続けている。

・リックとローリ
リックが死んだと思っていた妻のローリはシェーンと恋仲になるが、夫が生きていることを知り、シェーンを捨てリックの元へ。最後には、どちらの子どもか分からないまま赤ちゃんを出産し、命を落としてしまう。妻を失ったリックは、幻覚を見たり幻聴が聞こえるほど精神的にダメージを受けていたことから、どれほどローリを愛していて彼女の死がこたえたかが伺える。

そのほかにも、アーロンとエリック、ボブとサシャ、デールとアンドレア、タラとデニースなどの組み合わせが挙げられている。

『ウォーキング・デッド』シーズン7は米AMCで10月9日(日)に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン5
(c)2014 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

ディック・ウルフ(『LAW & ORDER』)が手掛ける米NBCの人気シリーズ『シカゴ・ファイア』の新作スピンオフ、『Chicago Justice(原題)』のパイロットに出演していたナズニーン・コントラクター(『コバート・アフェア』)が、『Chicago Justice』を降板し、米CBSの新作ドラマに出演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

ナズニーンは、『Chicago Justice』のパイロット版として製作された『Chicago P.D.(原題)』シーズン3第21話に出演、副検事のドーン・ハーパーとして出演していた。しかし、これから始まるシリーズには続投せず、『X-ファイル』の製作総指揮フランク・スポトニッツが手掛けるCBSの新シリーズ『Ransom(原題)』に出演するという。

『Chicago』シリーズは、これまでも同様のキャスト交代を経験している。『Chicago Med(原題)』のパイロットとなる『シカゴ・ファイア』シーズン3第19話に出演したローリー・ホールデン(『ウォーキング・デッド』)は、"家庭の事情"を理由にパイロット版で降板。加えて、スコット・イーストウッド(『スーサイド・スクワッド』)、タニア・レイモンド(『LOST』)、ケリー・ブラッツ(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)、メリッサ・サージミラー(『LAW & ORDER:犯罪特捜班』)らも、『Chicago P.D.』のパイロットに出演していたが、シリーズへの続投はなかった。

残念ながらナズニーンは他のドラマへと移ってしまったが、主演のフィリップ・ウィンチェスター(『ストライクバック:極秘ミッション』)をはじめ、カール・ウェザース(『ロッキー』)、ジョエル・カーター(『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』)といった他のキャストは、来年1月から始まるシリーズに出演する。(海外ドラマNAVI)

Photo:ナズニーン・コントラクター
(C)Hanako Sato/www.HollywoodNewsWire.net

ワーナー・ブラザース×DCコミックスによる「DCフィルムズ」の第2弾、『スーサイド・スクワッド』には、DCコミックスに登場する名立たるヴィラン(悪役)たちが集結しており、『バットマン』シリーズに登場する最も代表的な悪役ジョーカーも姿を見せる。そんなジョーカーを演じたジャレッド・レトー(『ダラス・バイヤーズクラブ』)が、象徴的な悪役を演じた感想を語った。英Digital Soyが伝えている。

役作りに没頭するあまり、共演者にアダルトグッズや豚の死体を送っていたというジャレッド。そんな彼は、ジョーカーという役を演じたことについて、「霊地を歩いているような気分になって、自分にできるベストなものが出せたと思うよ。人生も乗っ取られて、僕自身の行動にも変化が必要だった」と、まさにジョーカーというキャラクターが憑依していたことを、米Entertainment Weeklyのインタビューで明かした。

以前、ジョーカーを超えるヴィランは悪魔しかいないと語っていたジャレッドは、そのようなキャラクターを演じることは俳優としてスリルのある経験だったと話す。「みんな、ジョーカーが次にどんなことをするかなんて想像できないんだ。絶対にね。先の分からない、ルールなんて関係ないっていうことは、何かにハマってしまうような、まるで酔ったような気分だったよ」

そんな彼と接していたデヴィッド・エアー監督は、型破りな方法で役作りをしていたジャレッドの変化について、「俳優として、彼は底知れない深い穴に飛び込んだんだ。撮影中のジャレッドは恐ろしかったよ。"おい、お前メチャクチャ気味悪いな"って感じで現れるんだ」と、監督ですら怖く感じたことを明かしている。

監督をも震え上がらせたジャレッド版ジョーカーが登場する『スーサイド・スクワッド』は、9月10日(土)から全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スーサイド・スクワッド』ジョーカー
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』のハンク役で知られるディーン・ノリスが、オンラインショップ「ナスティ・ギャル」の創設者ソフィア・アモルーソの自叙伝を元にしたNetflixの新コメディ・シリーズ『Girlboss(原題)』に出演することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

本作は、学歴もない不良少女から一転、企業価値が1億3000万ドル(約133億円)とも言われ絶大な人気を誇るカリスマ・オンラインショップ「ナスティ・ギャル」を創設し、CEO兼クリエイティブ・ディレクターを務めるアモルーソの自叙伝をベースに彼女の人生を描くコメディ。全13話構成となる。脚本兼製作総指揮を務めるのは、『ピッチ・パーフェクト』や『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』の脚本を担当したケイ・キャノン。監督は、『あと1センチの恋』を手掛けたクリスティアン・ディッター。

主人公ソフィアを演じるのは、『アンダー・ザ・ドーム』のブリット・ロバートソン。ファッション販売の一大帝国を築くソフィアだが、企業の上に立つ者としての価値や難しさにも気づくようになり、人間としても成長していく。そんなソフィアとは正反対な父ジェイをディーンが演じる。

これまでの数多くのドラマや映画で活躍してきたディーンは、『ブレイキング・バッド』で大きく注目を集め、その後『アンダー・ザ・ドーム』にビッグ・ジム役で出演。9月に米国で公開されるナオミ・ワッツ(『ザ・リング』)主演の映画『The Book of Henry(原題)』や来年2月に米国と英国で公開されるコメディ映画『Fist Fight(原題)』も控えている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ディーン・ノリス
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

大人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン13をもって、アンソニー・"トニー"・ディノッゾを演じてきたマイケル・ウェザリーが降板したニュースは当サイトでもお伝えしたが、その後任として、新たにシーズン14に二人の俳優がレギュラー加入することが決定した。

米TV Lineによると、ニューヨーク市警察の活躍を描いたドラマ『ブルーブラッド』のジャッキー・クラトーラ刑事役などで知られるジェニファー・エスポジートが、特別捜査官アレクサンドラ・"アレックス"・クインを演じるという。機知に富み、頭の回転が速く、計り知れない才能を持つクインは、現場対応の経験豊富な捜査官で、近年は法執行に関する訓練センターで講師を勤めていたが、NCISチーム・リーダーであるリロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)に勧誘されてチームに加わるとのことだ。

『NCIS』製作総指揮者のゲイリー・グラスバーグは、「ジェニファーが私たちのチームに加入してくれて、これ以上ハッピーなことはない。私たちが期待する"クイン"というキャラクターのすべてを彼女が具体化してくれるだろう。今からもう待ち切れないよ!」と語っている。

そして同時に、シーズン13のラスト2話で、MI6(英国情報局秘密情報部)諜報員クレイトン・リーヴスを演じたデュアン・ヘンリー(『LAW & ORDER: UK』)も、同役でレギュラー出演することが決まった。また、以前に当サイトでお伝えした通り、ウィルマー・バルデラマ(TVシリーズ『マイノリティ・リポート』)も特別捜査官役で出演することが決定している。これにより、マイケルの降板を受けて、シーズン14から3人の俳優が新しくNCISチームにレギュラー加入することになった。なお、デュアンと同じくシーズン13のラスト2話にFBI捜査官役で登場していたサラ・クラーク(『24 -TWENTY FOUR-』)のレギュラー入りに関しては今回は見送られたとのことだ。

新たなメンバーの存在も楽しみな『NCIS』シーズン14は、米CBSにて9月20日(火)に放送開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・エスポジート
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

米CWで放送中のアメコミヒーロー・ドラマ『ARROW/アロー』で、マルコム・マーリン/ダーク・アーチャーを演じているジョン・バロウマン。その彼が、同局で放送されている他のDCコミック原作のドラマでも、シリーズ・レギュラーに昇格したことを、米TV Lineが報じた。

新たな出演契約により、ジョンは『ARROW』で引き続きシリーズ・レギュラーを続けるだけでなく、同じくグレッグ・バーランティが製作総指揮を務める『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』でも、頻繁に活躍する可能性が高くなった。

『ARROW』の主人公オリバーの宿敵として登場したジョンは、シーズン1~2では準レギュラーとして出演し、シーズン3からシリーズ・レギュラーに昇格。そして、シーズン4の間に放送された『THE FLASH』とのクロスオーバー・エピソードにも出演している。

今年の5月には、『レジェンド~』でレナード・スナート/キャプテン・ゴールドを演じていたウェントワース・ミラーが、同作品を降板するとともに、DCコミックを原作とする他のドラマに出演できるようになったことが話題になった。製作総指揮者のバーランティは当時、「ほかのキャラクターも、すべての番組に登場できるよう道を探り続けたいと思っています」と話していたことから、今回のジョンの新契約はまさにそれが実現した形となる。

なお、ジョンの新契約に、やはりバーランティ製作総指揮の番組で、シーズン2からCWで放送されることになった『SUPERGIRL/スーパーガール』が含まれているかどうかは分かっていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW/アロー』
(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

米AMCの大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』の今年4月に放送が終了したシーズン6で初登場した4人のゲストが、秋から始まる新シーズンでレギュラーに昇格することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

新たにレギュラーとなるのは、ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン、ジーザス役のトム・ペイン、ドワイト役のオースティン・アメリオ、グレゴリー役のザンダー・バークレイ。

シーズン7には、アンドリュー・リンカーン(リック役)、ノーマン・リーダス(ダリル役)、スティーヴン・ユァン(グレン役)、ローレン・コーハン(マギー役)、チャンドラー・リッグス(カール役)、ダナイ・グリラ(ミショーン役)、メリッサ・マクブライド(キャロル役)、マイケル・カドリッツ(エイブラハム役)、レニー・エームズ(モーガン役)、ソネクア・マーティン=グリーン(サシャ役)、アラナ・マスターソン(タラ役)、クリスチャン・セラトス(ロジータ役)、ジョシュ・マクダーミット(ユージーン役)、セス・ギリアム(ゲイブリエル役)、ロス・マーカンド(アーロン役)、オースティン・ニコルズ(スペンサー役)といったレギュラーメンバーも出演する。

『ウォーキング・デッド』シーズン7は米AMCで10月に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(C)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

米CWにて2003年から2012年にかけて放送され、若い世代に高く支持された青春ドラマ『One Tree Hill/ワン・トゥリー・ヒル』のキャストが、今年の秋にシカゴにて開催されるコンベンションで再集結することが決まった。米Entertainment Weeklyが報じている。

『One Tree Hill』は、ノースカロライナ州にあるトゥリー・ヒルという小さな町が舞台。バスケットボールが好きという点以外は正反対で、異母兄弟ではあるが育った環境もまったく異なる二人の若者、ルーカス(チャド・マイケル・マーレイ)とネイサン(ジェームズ・ラファティ)、そして彼らを取り巻く女性たちを中心に描き、人気を博した。

シカゴで行われるこのコンベンションには、ルーカス役のチャド、ネイサン役のジェームズのほか、アレックス役のジャナ・クレイマーやスキルズ役のアントウォン・タナーがパネリストとして登場し、サイン会や、カントリーシンガーとしても活躍しているジャナによるパフォーマンスが行われる予定だという。シリーズは2012年に終了しているが、キャストたちは昨年8月にもコンベンションで集まっており、その時は開催されたモントリオールのバーで再会を楽しんだことを、ブルック役のソフィア・ブッシュが画像共有サイトInstagramで報告していた。

今回のイベントは、11月11日から13日までの3日間、シカゴ・マリオット・ダウンタウン・マグニフィセント・マイル・ホテルで開催される。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャド・マイケル・マーレイ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

今年5月に交際が明らかになった『Glee/グリー』のリー・ミシェルと『One Tree Hill』のロバート・バックリーが、早くも破局してしまったことが分かった。米Peopleが報じている。

リーとロバートは、二人でのデートはもちろん、リーと仲の良い『Glee』の元共演者ベッカ・トビンと彼女の婚約者であるザック・マーティンさんとのダブルデートを楽しむなど、順調に交際を続けているように思われていた。最近は、Huluで配信される新ドラマ『Dimension 404(原題)』でも恋愛関係になる設定で共演することになるなど、公私にわたって一緒に過ごす時間が多く、7月4日の独立記念日も一緒にお祝いし、リーはその様子を画像共有サイトInstagramに投稿していた。Peopleに伝えられた情報によると、破局が明らかになった二人だが、現在は友人として仲良くしているのだという。

リーは最近、Peopleのインタビューで「仕事に戻る前に素晴らしい旅行をしてきたの。本当に最高の夏を過ごしているわ。家族や友達と運動したり一緒に過ごしていて、何の不満もない日々よ」と語っていた。

新しい恋は長く続かなかったリーだが、仕事は順調そのもの。前述の『Dimension 404』のほか、米FOXのホラーコメディ『Scream Queens(原題)』にも出演しており、同作はシーズン2が9月20日(火)よりスタートとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:リー・ミシェル
(C)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

『CSI:科学捜査班』の第1弾スピンオフとして、2002年から10シーズンにわたって放送された『CSI:マイアミ』が、AXNにて7月22日(金)より全232話一挙放送となる。

アメリカ有数のリゾート地でありながら、観光客目当ての犯罪や、中南米からの麻薬・武器密輸の中継地として全米屈指の犯罪都市でもあるマイアミを舞台に、CSIチームが凶悪犯罪に立ち向かう人気シリーズ。輝く太陽や、青い海の中で繰り広げられるストーリーは、アクション満載でスピード感もあり、好評を博した。また、悪党には容赦しないが子どもには優しい主任のホレイショ(デヴィッド・カルーソー)をはじめ、銃犯罪のスペシャリストであるカリー(エミリー・プロクター)、水中捜査が得意のデルコ(アダム・ロドリゲス)といった魅力的な捜査官が揃う。

AXNでは、この一挙放送を記念してプレゼントキャンペーンも実施中。絶大な人気を誇るキャラクター、ホレイショにちなんだアイテムの数々が用意されている。ホレイショモデルのサングラスをはじめ、ホレイ(保冷)ショバッグ、ホレイショバスタオル、ホレイショうちわと、これからの季節に大活躍すること間違いなしの本企画オリジナルグッズが総勢200名以上に当たるこのチャンス、気になる方はAXN公式ホームページ(http://axn.co.jp/)へどうぞ。

『CSI:マイアミ』シリーズ全232話一挙放送は、AXNにて7月22日(金)深夜0:00よりスタート(6週連続放送)。石塚運昇によるホレイショの名ゼリフの数々が聞ける二ヵ国語版となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『CSI:マイアミ』
(C)2000-2009 CBS Broadcasting Inc.and Entertainment AB Funding LLC.All Rights Reserved.

『スタートレック』50周年を記念し、米スミソニアン博物館が提供するSmithsonian Channelで特別番組が放送されることを、米Entertainment Weeklyが報じた。

『Building Star Trek(原題)』と題されるこの番組は、有名博物館で行われた二つの復元作業を紹介する2時間枠のドキュメンタリー。スミソニアン国立航空宇宙博物館において、宇宙船USSエンタープライズのミニチュアモデルを1960年代の放送当時の状態に復元する作業と、米シアトルのEMP博物館において、撮影セットのパーツや小道具を用いてエンタープライズのブリッジを再現する作業が紹介される。

オリジナルシリーズの特殊視覚効果で用いられた、全長11フィート(約3.35メートル)、重さ250ポンド(約113キログラム)のミニチュアモデルを復元する作業は、2年間に及んだ。作業はすでに完了し、スミソニアン博物館にて先週から装いを新たにした展示が始まっているが、復元の模様をとらえた映像はファンの関心を呼びそうだ。

さらに同番組では、『スタートレック』世界におけるテクノロジーの開発に取り組んでいる科学者やエンジニアも紹介されるとのこと。

『Building Star Trek』は米Smithsonian Channelで9月4日に放送予定。日本での放送も期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:エンタープライズ
(C) Mary Evans/amanaimages

心理術を用いて難事件を解決していく新感覚のミステリードラマ『メンタリスト』で、テレサ・リズボン刑事を演じたロビン・タニーが、第一子となる男の子を出産したことが明らかとなった。

米E!Onlineによると、7月6日(水)にロビンは、画像共有サイトInstagramで赤ちゃんの写真を公開し、第一子が生まれたことを報告。揺りかごの中で眠る愛らしい赤ちゃんの写真には、「私が成し遂げた最高の仕事、オスカー・ホリー・マーメットよ。妊娠していたことを伝えていなくてごめんなさい。妊娠については伏せていたかったの」というコメントが添えられ、ママになった喜びを表現している。写真を撮影したフォトグラファーによると、オスカーくんは2週間前に生まれたとのこと。

現在44歳のロビンは、ロサンゼルスを拠点に活躍するインテリア・デザイナー、ニッキー・マーメットさんと、2012年のクリスマス、リオデジャネイロを旅行中に婚約している。

2015年に『メンタリスト』がシーズン7で幕を閉じた後、ロビンは、アメリカンフットボールを題材とした映画『My All-American(原題)』に出演し、米Netflixのドラマシリーズ『Love(原題)』にも登場。このほか、『プリズン・ブレイク』のベロニカ・ドノバン弁護士役でも知られ、映画『エンド・オブ・デイズ』『ハリウッドランド』などにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ロビン・タニー
(C) Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

DCのヒーロードラマ『ARROW/アロー』でオリバー・クイーン/アローを演じているスティーヴン・アメルが、シーズン4には出演しなかったロイ・ハーパー/アーセナル役のコルトン・ヘインズの復帰を望んでいることを明かした。英Digital Spyが報じている。

コルトンが演じたロイは、貧困地区で育った不良ではあるものの、家族思いの優しさと正義感の強さを兼ね備え、後にチーム・アローの一員になったキャラクター。ファンからの人気も高く、シーズン1からシーズン3まで出演していたが、昨年降板してしまった。コルトンは以前、『ARROW』から去った理由について同性愛者であるという噂が広まったことでリハビリ施設への入所が必要なほど心のバランスを崩してしまっためだと明かしている。今年の5月に同性愛者であることを正式にカミングアウトしたコルトンは、現在は安定した日々を過ごしているようだ。

Facebookのライブチャットでファンから「『ARROW』のシーズン5に、バットマンの相棒として活躍していたナイトウィングに登場してほしい?」と尋ねられたスティーヴンは、「僕はロイ・ハーパーが好きなんだ。ロイを呼び戻そうよ」と、コルトンとの再共演を待ち望んでいることを明かした。コルトンの『ARROW』復帰については、彼自身も以前のインタビューの中で「もっとやりたいと思っているよ。ドラマのみんなも僕がみんなのことを大好きだって知っているからね。すぐにでも戻りたいくらいだよ」と、熱望していた。

シーズン5には新メンバーとして、ヴィジランテ(自警団員)のエイドリアン・チェイス役のジョシュ・セガーラ(『ザ・フォロイング』)と、エイドリアンとは別のヴィジランテ、ワイルド・ドッグ役のリック・ゴンザレス(『REAPER デビルバスター』)、警察署に新たに赴任してくるマーロン刑事役のタイラー・リッター(『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』)の出演がすでに決まっている。また、元WWEのプロレスラーでスターダストことコーディ・ローデスが、ゲスト出演することが発表されたばかりだ。コーディは2015年のWWEサマースラムでスティーヴンと対戦している。

コルトンの復帰が期待される『ARROW/アロー』シーズン5は、米CWにて10月5日(水)から放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:
スティーヴン・アメル (C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net
コルトン・ヘインズ (C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

全米視聴率であの『クリミナル・マインド』や『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』を超えた大ヒットのサスペンスドラマ、『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』。そのシーズン2に、『SEX AND THE CITY』など多くのドラマで活躍してきたブレア・アンダーウッドが出演することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

ブレアが演じるのは、オーウェン・ホールというCIAの職員。魅力的で、まっすぐな性格の彼は、知性もあり、人に影響を与えるキャラクターで、どのアカデミー候補生にも自分からしっかり学んでほしいと願っている。しかし、彼が取る行動には、どうやらほかの理由が隠されているという設定のようだ。

「ブレア・アンダーウッドは、彼のために書きたいと思わせてくれるような俳優だ。ロマンティックコメディでも、ダークなドラマでも、スリラーでも、演じられないジャンルはない。彼の可能性とカリスマ性を披露する役を創り上げていくことを楽しみにしているよ」と、製作総指揮のジョシュア・サフランはブレアへの期待を語っている。

最近のブレアは、『グッド・ワイフ』のシーズン7にゲスト出演して番組のファイナルを盛り上げたほか、『エージェント・オブ・シールド』にも登場。過去には、ミランダの恋人を演じた『SATC』や『ダーティ・セクシー・マネー』『THE EVENT/イベント』にも出演。また、『L.A. LAW/7人の弁護士』などで2度ゴールデン・グローブ賞にノミネートされている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブレア・アンダーウッド
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

今月開催されるオタクの祭典「サンディエゴ・コミコン」において、『スタートレック』50周年を記念するパネルトークが実施されることになった。米Varietyなどが報じた。

このパネルトークは、7月23日(土)、サンディエゴ・コンベンションセンターの中でも最大の会場となるホールHで行われ、以下の豪華なゲストが予定されている。

・ウィリアム・シャトナー(カーク役:オリジナルシリーズ)
・マイケル・ドーン(ウォーフ役:『新スタートレック』『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』)
・ブレント・スパイナー(データ役:『新スタートレック』)
・ジェリ・ライアン(セブン・オブ・ナイン役:『スタートレック:ヴォイジャー』)
・スコット・バクラ(アーチャー船長役:『スタートレック:エンタープライズ』)

パネルトークの司会を務めるのは、2017年1月にスタートする新シリーズの製作総指揮者ブライアン・フラー。同シリーズのプロモーションの一環として新情報が明かされる可能性も高く、注目を浴びそうだ。

なお、今年のサンディエゴ・コミコンでは、新作映画『スター・トレック BEYOND』のワールド・プレミア上映も実施される。屋外でのIMAX上映やオーケストラの生演奏に加えて、出演者やスタッフの舞台挨拶が予定されている。さらに、上記のパネルトークの他にも、『スタートレック』をテーマに様々なイベントやパネルトークが実施されることになっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィリアム・シャトナー
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒット中の大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』は、衣装や美術も高い評価を受けているが、同作に登場するジュエリーが一般販売されることになった。

同作の衣装デザイナーを務め、エミー賞も2回受賞しているデザイナーのミシェル・クラプトンが、ロンドンに拠点を置くジュエリーデザイナーのユヌス・アスコット、イライザ・ヒギンボトムと組み、HBO Global Licensingとパートナーシップを結んで、MEY Designsを創設。同ブランドでは、"ドラゴンの母"ことデナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)が劇中で身に着けている、ドラゴンがデザインされたネックレスをはじめ、リングや腕輪、ピアスなど、『ゲーム・オブ・スローンズ』からインスパイアを受けたジュエリーの数々を販売している。

クラプトンは米Pret-a-Reporterのインタビューで、「この作品の衣装デザインを担当するうちに、"カリーシ"(デナーリス)自身や、物語における彼女のポジションをビジュアル的に表現するため、ユニークなジュエリーを作りたいと思ったの。ユヌスとイライザが私と似たアイデアを持っていると思ったアシスタントの一人が、彼らを紹介してくれたわ。私たちはすぐに意気投合して、美しいドラゴンネックレスを作るために懸命に働いたのよ」と、ブランドを立ち上げた過程について説明。

気になるお値段は、最も低いものが95ドル(約9500円)のリング、最も高いものが2730ドル(約27万3000円)のドラゴンがデザインされたネックレスとなっている。ジュエリーの多くはデナーリスがイメージの源だそうで、クラプトンは「これらは、デナーリスの大胆さや反骨精神、そして美しさを反映しているの」と語っている。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』の二ヵ国語版がスターチャンネルにて毎週金曜23:30よりオンエア。また、第一章~第五章も一挙放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2012 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

「ミステリーの女王」と呼ばれる英国出身の推理小説家、アガサ・クリスティーの誕生日(9月15日)を記念し、女王が生み出した2大探偵、ミス・マープルとエルキュール・ポワロが主人公のドラマのベストエピソードを選ぶキャンペーンがAXNミステリーにて実施されている。

対象となるのは、『アガサ・クリスティー ミス・マープル』(全23話)と『名探偵ポワロ』(長編全34話)。その投票結果は、AXNミステリーで9月と10月に、ランキング形式のカウントダウン放送にて発表される。投票者には、ミス・マープルの愛用品を彷彿とさせる英国王室御用達ブランドのレザー手袋や、ポアロのように髭のお手入れができる世界最古の理髪店、TRUEFITT & HILLの本格シェービンググッズ、ポアロも好物の高級チョコレートといった豪華賞品の当たるチャンスがあるのでぜひご応募を!

キャンペーンの概要は以下の通り。

【投票締切】
『アガサ・クリスティー ミス・マープル』...8月15日(月)
『名探偵ポワロ』...9月15日(木)
(※どちらか1作品の投票も可能)
【賞品】
<ミス・マープル賞>
・英国スタイル ピクニックバスケット...1名様
・英国王室御用達 コーネリアジェイムス レースアップレザー手袋...1名様
<名探偵ポワロ賞>
・TRUEFITT & HILL エドワーディアンセット...1名様
・ショコラ・ド・ヴィタメール(2段BOX)...3名様
<ピーターラビット賞>
・ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展ご招待券...5組10名様
<参加賞>
・AXNミステリー クオカード 500円...100名様

対象作品のタイトルといったキャンペーンの詳細・応募はAXNミステリー公式サイト(http://www.mystery.co.jp)からどうぞ。

■「アガサ・クリスティー生誕特集
  あなたが選ぶ!ミス・マープル&名探偵ポワロ ベストエピソード」放送情報
AXNミステリーにて9月10日(土)10:00スタート
毎週土曜日 10:00~
9月10日、9月17日、9月24日...『アガサ・クリスティー ミス・マープル』編
10月1日、10月8日、10月15日、10月22日、10月29日...『名探偵ポワロ』編

(海外ドラマNAVI)

Photo:
『アガサ・クリスティー ミス・マープル』 (C) Carnival Film & Television Limited 2010. All Rights Reserved.
『名探偵ポワロ』 (C)ITV PLC

人気俳優オーランド・ブルーム(『ロード・オブ・ザ・リング』)と交際中の歌姫ケイティ・ペリーが、デート中に、元恋人でシンガーソングライターのジョン・メイヤーと鉢合わせしていたことが明らかとなった。米E!Onlineが伝えている。

ウェストハリウッドにあるサンセット・タワー・ホテルのレストランで、ケイティがオーランドとロマンチックなディナーを楽しんでいた時のこと。その場に居合わせた目撃者の情報では、レストランにはジョンの姿もあり、ケイティは彼と談笑していたとのこと。何度も引っついたり離れたりを繰り返していたジョンとケイティは、2014年3月に完全に破局したと報じられたものの、その後も復縁説が絶えなかった。今年1月にオーランドとの噂が立ち始める直前まで、彼女はジョンと会っていたとも言われている。自分たちのデート中に、ケイティが元恋人と会話を交わしていても、オーランドは気にする様子もなく大人な態度を見せていたのだとか。

ケイティが新しい恋人のオーランドと順調に関係を育む一方で、ジョンは特にデートしている相手もおらずシングルだという。米Bravo局のトーク番組『Watch What Happens Live』に出演したジョンが、「恋愛をする準備はできているよ。今までにないぐらい大人になれたと思うし、準備は万端だ。いつかはキュートな子と出会えたらと期待しているし、今はシングルだけど未来にワクワクしているよ」と語り、新しい恋をしたいと思っているようだ。

これまでにジョンはケイティのほか、女優のジェニファー・アニストン(『フレンズ』)やジェニファー・ラヴ・ヒューイット(『クリミナル・マインド』)、歌手のテイラー・スウィフトやジェシカ・シンプソンと交際していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ケイティ・ペリー (C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
オーランド・ブルーム (C)Izumi Hasegawawww.HollywoodNewsWire.net

『プラダを着た悪魔』で、恋との両立に悩みながらもニューヨークのファッション業界でキャリアアップしていく女性を等身大で演じ、世界中の女性の憧れの的となったアン・ハサウェイ。2006年6月30日に全米で公開された同作が先日10周年を迎えたことを受けて、アンがお祝いのコメントを画像共有サイトInstagramに投稿した。米Peopleが伝えている。

アンは、「人生が変わったってこと以外に言えることがあるかしら? ありがとう。そして10周年記念おめでとう!!」と、メリル・ストリープが演じた上司ミランダの動画にメッセージを添えて、代表作の10周年を祝った。

10周年記念に米Varietyからインタビューを受けたアンは、「オーディションを受けてはいないの。辛抱強くいる必要があったわ。第1候補ではなかったから」と舞台裏を明かした。実際、制作サイドは『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスを第1候補に考えていたようだ。

その分、選ばれたことをマネージャーから電話で聞いた時は大喜びだったようで、「ニューヨークのアパートにいた時にエージェントから電話がかかってきたことを今でも覚えているわ。シャツを着ている途中で、腕を通しながら"どうしたの?"と尋ねたら、"あなたに決まったわ"と言われたの。着替えている途中だったけどリビングを走り回って、"『プラダを着た悪魔』の役を得られたわ!"と叫んでいたの」と、当時を振り返っている。

アンはその後、2008年の『レイチェルの結婚』でアカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされ、2012年の『レ・ミゼラブル』で同助演女優賞を受賞。さらには『アリス・イン・ワンダーランド』『ダークナイト ライジング』『インターステラー』『マイ・インターン』などの注目作に出演し、押しも押されもせぬ人気女優となった。

アンも出演する大ヒット映画の続編『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は大ヒット上映中。(海外ドラマNAVI)

Photo:アン・ハサウェイ
(C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

大人気ホラーアンソロジードラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』(以下『アメホラ』)でゴールデン・グローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画部門女優賞を獲得するなど、女優としても活躍中の歌姫レディー・ガガ。私生活ではイケメン俳優テイラー・キニー(『シカゴ・ファイア』)と婚約中と、公私で全てを手にしているような彼女だが、今まで運転免許を持っていなかったのだという。そんなガガが30歳にして、ついに免許をゲットしたことが分かった。米E!Onlineなどが報じている。

ガガは7月1日(金)、画像共有サイトInstagramに車を運転中の自身の画像を投稿し、「テルマ&プリーズ(そうよ。何年も助手席に大人を乗せて、許可証がないと運転できなかったけど、やっと運転免許を取得したの!)これで自由に運転できるわ。友達とドライブ中よ」とコメントを添え、免許証を手にした喜びを報告。アメリカでは筆記試験に合格し、‟Learner's Permit"という許可証を貰えば、21歳以上の成人を助手席に乗せて普通に運転することができるのだ。

2011年に米ラジオ番組『Elvis Duran's Z100 radio show』に出演したガガは、車を貰っても免許がないので運転できないと告白。その翌年、車の運転を路上で練習している彼女にパパラッチが群がり、「運転の練習中に私に忍び寄って、動いている車に大きなカメラのレンズを向ける必要はないわ」と、パパラッチの行動を皮肉るツイートを投稿。今まで免許証は持っていなかったものの、Instagramに黒のピックアップトラック、シボレー社のアルカミーノに乗っている写真も投稿していた。

念願の運転免許をゲットしたガガは、『アメホラ』最新シーズンにも続投が決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:レディー・ガガ
(C) Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

米HBOの刑事ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』や『ダラス・バイヤーズ・クラブ』の演技で数々の賞に輝き、その演技力が高く評価されているマシュー・マコノヒー。彼が、母校の大学で教鞭を執ることが明らかとなった。

米Varietyによると、今秋にマシューは、テキサス大学オースティン校で、映画のプロデュースを教えるコース「Advanced Producing: Script to Screen」の教鞭を執ることになるという。同大学のスコット・ライス教授が率いる講習で、マシューとゲイリー・ロス監督がアシスタント役を務めることになり、マシュー主演でロス監督がメガホンを取る南北戦争映画『Free State of Jones(原題)』の舞台裏を紹介する。

同作の撮影で実際に使われた脚本や撮影リスト、ストーリーボード、撮影スケジュール、特殊効果、最終編集に至るまで講習で学べることができ、特別に舞台裏の映像も披露されるという。マシューとロス監督は、録画された動画にて講習に参加する形となるが、マシューは実際に一度キャンパスを訪れる予定だとのこと。

彼は同大学のラジオ・テレビ・映画学部で学び、1993年に学士号を取得して卒業している。マシューの講習を受けた生徒の中から、将来ハリウッドで活躍する人材が生まれる可能性もありそうだ。

マシューが主演する『Free State of Jones』は、全米で6月24日(金)より公開がスタートしたばかり。現在、彼はスティーヴン・キング原作の同名小説を映画化する『The Dark Tower(原題)』を撮影中で、ストーリーの鍵を握る"黒衣の男"を演じている。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・マコノヒー
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

世界中で一大旋風を巻き起こしている大ヒットファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』。先日シーズン6の放送が終了したばかりの同シリーズは、かねてから噂されていた通り、シーズン8をもって幕を閉じるようだ。

ショーランナーのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスは以前のインタビューで、シーズン7は7話構成、シーズン8は6話構成という合計13話で物語を完結させることを検討しているとほのめかしていた(シーズン6までは各シーズン全10話構成)。この度、ベニオフは米Deadlineに対し、「僕らは、あと2シーズン製作することについて話していたよ。ドラマのスタート当初から、僕らは70~75時間くらいを目途にしていたんだけど、73時間で終わることになりそうだ」と、73時間分の放送をもってシリーズ終了となる考えを明かした。その理由について、「あえて長居しないようにしたわけではないんだ。僕らは、始まり、中盤、結末をつながりのある物語として伝えたいんだ」と説明したベニオフ。

また、シリーズ途中でジョージ・R・R・マーティンによる原作小説をドラマが追い越してしまったことについては、「本に頼ることができない領域に来るという、変な現象が起きてしまった。でも、僕らはこの6年間で明確なアイデアを持つことができたから、物語の終わりにたどり着けるよ」と、結末を描くことに支障はないと請け合っている。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7は米HBOにて2017年に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

会員のほとんどが白人男性であると、ダイバーシティ(多様性)の欠如を指摘されていたアカデミー協会が、問題改善に向けて新たに683人の会員候補をリストアップしたことが明らかになった。これは昨年度(322人)の倍以上の数字となり、そのうち46%は女性で、41%は有色人種で構成されているという。米Varietyが伝えた。

アメリカ以外の59ヵ国から283人が選出された新たな会員候補により、女性会員は25%から27%、有色人種は8%から11%へと、ともに増加。その中には、今年2月にアカデミー賞を受賞したブリー・ラーソン(『ルーム』)、アリシア・ヴィカンダー(『リリーのすべて』)、マーク・ライランス(『ブリッジ・オブ・スパイ』)をはじめ、イドリス・エルバ(『刑事ジョン・ルーサー』)、ケイト・ベッキンセイル(『アンダーワールド』)、マイケル・B・ジョーダン(『クリード チャンプを継ぐ男』)、エマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』)といった人気俳優、レニー・アブラハムソン(『ルーム』)、フィリダ・ロイド(『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、ジェームズ・ワン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』)ら監督も名を連ねている。

ダイバーシティ問題は、本年度のアカデミー賞の俳優候補が全員白人だったことで批判が高まり、ハリウッドの大きな問題点の一つとしてあらためて世間に認識されていた。アカデミー協会のシェリル・ブーン・アイザックス会長は、「新しいメンバーを迎えられることを嬉しく思っています。彼らは、これをただの招待ではなく一つの機会として、自分たちはただの会員ではなく任務を持った者であると考えてくれるでしょう。広くドアを開け、誰にとってもこの素晴らしい業界で働くことが面白いと感じられる機会を創り上げましょう」と声明で述べた。

これまでのアカデミー協会の会員は、90%が白人、75%が男性という非常に偏った組織だったことが最近の調査で明らかにされていた。協会は今後5年間で、有色人種500人、女性1500人の増加を目指すとのこと。また、会員の高齢化も問題視されてきたため、この度、若いメンバーも数多く招き入れられた。最年少は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役で知られる24歳のジョン・ボイエガだという。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ボイエガ
(C)Kazuki Hirata/HollywoodNewsWire.net

英出身の人気ボーイズグループで、今年3月から活動を休止しているワン・ダイレクション(以下、1D)。そのメンバーの一人であるルイ・トムリンソンに、今年1月、第一子となる長男が誕生したニュースは当サイトでもお伝えしたが、彼が息子の共同親権を申請していることが明らかとなった。

2015年7月、ルイの友人でヘアスタイリストのブリアナ・ユングウィルが彼の子どもを妊娠していることが判明し、今年1月に息子フレディーくんが誕生。当時二人は恋人関係にある訳ではなかったが、ルイは彼女と一緒に子育てをしていく意思を表明していた。

米E!Onlineによると、最近ルイは、フレディーくんと定期的に過ごせていないことに不満を感じ、共同親権の申請に踏み切ったとのこと。息子への愛情をオープンに語っているルイは、しっかり父親業をこなしているという。英ラジオ局Capital FMの番組に出演した彼は、「妹の赤ちゃんの世話をしたことがあるから、何百回もオムツを替えたことがあるし、フレディーのオムツも替えたよ」と言い、仕事でフレディーと会えない時は、寂しくて仕方がないのだとか。また、息子の誕生で、どれだけ自分が変わったかについても述べている。

6月に初めて迎えた父の日には、画像共有サイトInstagramに、息子の手を握った写真を投稿。「子どもを持つラッキーな全てのパパたちへ。父の日おめでとう! 最初の父の日を楽しんでいるよ。息子のフレディー、愛してるよ。キスを」と、フレディーくんへ愛を伝えるコメントを添えている。Instagramにはこのほかにもフレディーくんとの時間を楽しむ写真が投稿されており、すっかりルイは息子に夢中のようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルイ・トムリンソン
(C) Pacific Coast News/amanaimages

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。