2016年1月アーカイブ

(本記事は、『アウトランダー』シーズン2のネタばれを含みますのでご注意ください)

ダイアナ・ガバルドンによる世界的ベストセラー小説を原作とする米Starzのファンタジー・ロマンス『アウトランダー』。そのシーズン2に、主人公クレアと戦士ジェイミーの娘ブリアナが登場することはすでにお伝えしていたが、この度、ようやく同役のキャスティングが決定した。米Varietyなどが報じている。

【関連コラム】『アウトランダー』クレア役カトリーナ・バルフ インタビュー

原作ファンの人気が高いブリアナ役を射止めたのは、イギリスの若手女優ソフィー・スケルトン。『主任警部アラン・バンクス』『刑事フォイル』といった同国の人気シリーズに端役で出演した後、2015年にはアクションアドベンチャードラマ『Ren(原題)』で主役に抜擢された新星だ。

ジェイミー似で、背が高く赤毛で高い頬骨と青い瞳を持つというブリアナについては、以前、大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のサンサ・スターク役でおなじみのソフィー・ターナーが演じるとも噂されたが、違うソフィーが同役を手にしている。

また、このシーズン2では、ブリアナの将来に大きく関わることになるロジャーも青年役で登場。英ドラマ『法医学捜査班 silent witness』のルーク役で知られるリチャード・ランキンが演じる。

『アウトランダー』シーズン2は、米Starzにて4月2日(土)放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アウトランダー』
(C)2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

ホワイトハウスを舞台に、大統領の座に上り詰める野心家フランク・アンダーウッドの姿を描く、Netflixの政治ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。監督のデヴィッド・フィンチャー(『ゴーン・ガール』)と主演のケヴィン・スペイシー(『アメリカン・ビューティー』)をはじめ映画並みのキャストとスタッフがそろい、高い評価を受ける本作のシーズン5更新が決定。ただし、クリエイターのボー・ウィリモンが去ることも明らかとなった。米Varietyが報じた。

【関連記事】『ハウス・オブ・カード 野望の階段』ケヴィン・スペイシーインタビュー!

シーズン1からクリエイターと製作総指揮を務めてきたウィリモンは、初期の頃は脚本家も兼任。2004年の大統領選において民主党予備選の有力候補のキャンペーンスタッフを務めたこともある彼は、過去にはジョージ・クルーニー監督・主演の社会派映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』の原作・脚本も手掛けていた。ウィリモンは、降板の理由について「本作も4シーズンを数え、新しい挑戦に乗り出す時だと思った」と語っている。後任はまだ発表されていない。

なお、フランク役のケヴィンはシーズン5にも続投すると、Netflixは保証している。

ウィリモンにとって最後のシーズンとなるシーズン4は、米Netflixで3月4日(金)配信スタート。シーズン5は2017年配信予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
(C)2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

『トランスフォーマー』シリーズや『アルマゲドン』など数多くの大ヒット映画を手掛けたマイケル・ベイ監督が製作総指揮を務めた話題のドラマ『Black Sails/ブラック・セイルズ』。HuluとdTVが初めて手を組み、2社共同で本作を独占配信することは先日お伝えしたが、その日本版予告編が解禁となった。

【関連動画】『Black Sails/ブラック・セイルズ』予告編

『Black Sails』は、米国大手プレミアムチャンネルSTARZの人気ドラマ。2014年に全米でシリーズ1が配信されるやいなや瞬く間に評判となり、放送前にシーズン2の制作が決定した。2014年のエミー賞では視覚効果賞と音響編集賞の2冠を獲得。今年1月からはシーズン3の配信がスタートしている。

本作は、世界的に有名な人気冒険小説「宝島」の20年前を舞台にした、オリジナルストーリーの海賊アドベンチャー。美しく広大なカリブ海で海賊たちが荒々しくぶつかって争う。未来を掴むために"新世界の王"を目指す彼らが狙うのは"幻の財宝"。男も女も欲望をぶつけ合い、支配、裏切り、策略、誘惑の渦巻く世界が描かれる。

物語の舞台は、1715年の美しきカリブ海に浮かぶニュープロビデンス島。そこは海賊、売春婦、盗人など、富と力を求めて集まった無法者たちの欲望渦巻くパラダイス。そんな海賊の黄金時代に、カリブ海の荒くれ者たちの元に舞い込んできたのは、新しい人生を買うことができる幻の財宝を積んだ船、ウルカ・デ・リマ号の所在を示す地図だった。キャプテン・フリントによって率られた海賊たちは、荒れ果てた海を制するため、宝の船を探す一大計画を立てる。しかし、その財宝を狙っていたのは彼らだけではなかった。ルール無用の争いの中、壮絶なる権力争いが始まる――!

伝説の海賊フリント船長を演じるのは、『007/ダイ・アナザー・デイ』でダイヤモンド王グスタフ・グレーヴスを演じたトビー・スティーヴンス。ほかには『マレフィセント』のハンナ・ニュー、『新ビバリーヒルズ青春白書』のジェシカ・パーカー・ケネディ、『シェイムレス 俺たちに恥はない』のザック・マッゴーワンなどが出演している。

『Black Sails/ブラック・セイルズ』シーズン1(全8話)は、dTVとHuluにて、1月29日(金)にエピソード1~4、2月12日(金)にエピソード5~8を配信予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Black Sails/ブラック・セイルズ』
(C)2014 Starz Entertainment,LLC

現在、ブロードウェイで大ヒット中のミュージカル『Finding Neverland』。本作のコンセプトアルバムからの曲「Neverland」を歌う人気シンガー、ゼンデイヤのプロモ―ションビデオに、大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』で主演したブライアン・クランストンが出演していることが分かった。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』ヴィンス・ギリガンが語る。「最後の台本を書きながら泣いたというのは本当」

米BROADWAY.COMによると、ブライアンは、『Finding Neverland』で舞台は踏んでいないが製作を務めているため、ゼンデイヤのビデオに出演することとなったようだ。このプロモーションビデオは7分38秒にも及ぶ大作で、ブライアンはミステリアスな存在の男を演じている。劇場に入ろうとするもドアの鍵が施錠されていて困っているゼンデイヤに、ブライアンが声をかけると不思議と鍵が解錠され、彼女が振り返ると彼の姿はどこにもない...。劇場に入り、練習を始めたゼンデイヤが曲を歌い終えると、いつの間にか客席にブライアンが。すると、彼女のパフォーマンスを見ていた彼が、演劇の世界で成功するためのアドバイスを与えて終わる、という展開だ。

『Finding Neverland』のコンセプトアルバムでは、ゼンデイヤのほか、クリスティーナ・アギレラやジョン・ボン・ジョヴィ、ジェニファー・ロペスにニック・ジョナスといった、人気アーティストが本作からの楽曲を歌っている。

なお、演劇界でも活躍するブライアンは、2014年に舞台『All The Way』で第36代米大統領のリンドン・B・ジョンソンを演じ、トニー賞演劇部門で主演男優賞を受賞している。今月、本作を米HBOでドラマ化し、彼が同役でカムバックすることが発表された。また、来月授賞式が行われる第88回アカデミー賞で、新作映画『Trumbo(原題)』の演技で主演男優賞に初ノミネートされたブライアンが、受賞を果たすかにも注目したいところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブライアン・クランストン
(C)Kazuki Hirata /www.HollywoodNewsWire.net

複数の出来事をリアルタイムで描き、世界中で大ヒットした『24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフ企画『24: Legacy(原題)』で、オリジナルのジャック・バウアーに代わる主人公としてコーリー・ホーキンズ(『ウォーキング・デッド』『ストレイト・アウタ・コンプトン』)が起用されたことは昨日お伝えしたが、この度、彼とコンビを組むことになる相棒役も決定した。米Varietyが報じている。

【関連記事】よみがえる『24 -TWENTY FOUR-』―画面から離れられないあの瞬間が再び―

新たな主人公エリック・カーターの相棒役を演じるのは、オーストラリア出身のミランダ・オットー。大ヒットシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』のエオウィン役で一躍有名になり、昨年はスパイドラマ『HOMELAND』のシーズン5に出演していた。ミランダが本作で演じるのは、優秀なCTU(テロ対策ユニット)の元局長レベッカ・イングラム。現在は上院議員であるジョン・ドノヴァンと結婚しており、一度は去ったCTUに復帰するか悩んでいるという役どころだ。夫のジョンを誰が演じるのかは決まっていない。

このスピンオフでは、戦地で勲章を立てた軍人エリックが、母国アメリカに戻りトラブルに巻き込まれるものの、CTUに助けられた後、史上最大規模のテロから母国を守るため立ち向かっていく...という展開。オリジナルで主役を演じたキーファー・サザーランドをはじめ、ハワード・ゴードン、マニー・コト、エヴァン・カッツが製作総指揮者として復帰する。

『24: Legacy』は全13話構成予定で、今年の冬に撮影が開始される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミランダ・オットー
(C) Pacific Coast News/amanaimages

世界中で大ヒットした犯罪捜査ドラマ『CSI:科学捜査班』のグリッソム主任役で知られるウィリアム・ピーターセン。彼の"新作"は少し毛色の変わったものになるようだ。

【関連記事】グリッソム役の野島昭生をはじめ、銀河万丈×中村秀利×石塚運昇、そして関根勤が『CSI:』愛を語りまくる! 『CSI:TOP100スペシャル』収録現場に突撃!!

米Entertainment Weeklyの報道によると、イリノイ州出身で地元のシカゴ・カブスの大ファンであるウィリアムは、同球団のアナウンサーを長年務めたハリー・カレーの功績を称える特別番組でナレーションを担当するという。

ラジオやテレビでスポーツアナウンサーを務めたカレーは、セントルイス・カージナルス、オークランド・アスレチックス、シカゴ・ホワイトソックス、シカゴ・カブスと4つの大リーグ球団で50年以上にわたり勤務。名アナウンサーとして知られたが、1998年に83歳で亡くなった。

この特別番組『Holy Cow! The Story of Harry Caray(原題)』では、カレーの幼少期が彼の実況スタイルに与えた影響や、ホワイトソックスで11年、カブスで16年と計27年を過ごしたシカゴとの結びつきを取り上げるという。

昨年9月に全米で放送され、その2ヵ月後に日本でもお披露目された『CSI』完結編となる特別エピソードで、再びグリッソムに扮していたウィリアム。近作ではほかに、米WGN Americaのドラマ『Manhattan(原題)』に軍人役でゲスト出演していた。

ウィリアムがナレーターを務めるドキュメンタリー番組『Holy Cow! The Story of Harry Caray』は、米MLBネットワーク(MLBの専門チャンネル)にて2月2日(火)21:00より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィリアム・ピーターセン
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

米ABCが『エージェント・オブ・シールド』のスピンオフ、『Marvel's Most Wanted(原題)』のパイロット製作を決めたことはすでにお伝えした通り。『エージェント・オブ・シールド』にシーズン2から登場した二人のキャラクター、敏腕エージェントのボビー(エイドリアンヌ・パリッキ)と傭兵のハンター(ニック・ブラッド)という、元夫婦の男女を主人公にした本作に、トニー賞ノミネート経験もあるベテラン俳優のデルロイ・リンドーが出演することが分かった。英Digital Spyが報じている。

【関連お先見】『BELIEVE』(ビリーブ) ゴールデンコンビ!J.J.エイブラムス&アルフォンソ・キュアロン監督の新シリーズ!

彼が演じるのは、1975年にマーベルコミックスに初登場したキャラクターのドミニク・フォーチュン。『エージェント・オブ・シールド』で製作総指揮を務めるジェフ・ローブは、「ドミニクは悪賢くて魅力的であり、危険な一面もある。そんな彼に命を吹き込めるのはデルロイしかいない。彼がこの番組に参加てくれることに興奮している」とコメントしている。

スパイク・リー監督の『マルコムX』『クルックリン』といった作品で知られるようになったデルロイは、『サイダーハウス・ルール』で全米映画俳優組合賞(SAG)にノミネートされた。近年では、J・J・エイブラムスとアルフォンソ・キュアロンが手掛けるSFファンタジー『BELIEVE/ビリーブ』や、チェイス・クロフォード(『ゴシップガール』)主演の『Blood & Oil(原題)』といったTVシリーズにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:デルロイ・リンドー
(C)Kazuki Hirata/HollywoodNewsWire.net

大人気ファンタジー大河ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でジョン・スノウを演じて大ブレイクしたキット・ハリントン。彼が、ロンドンのウェストエンドで上演される舞台『フォースタス博士』に出演することが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連記事】<英国①イングランド&ウェールズ編>イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

クリストファー・マーロウによる戯曲『フォースタス博士』は、ファースタス博士伝説を下敷きにした悲劇。学問に行き詰まって魔術に手を出したファースタスは、善天使と悪天使との狭間で揺れ動いた後、擬人化した七つの大罪を呼び出した悪天使の言葉に負け、魂を売り渡す約束をしてしまう。こうしてファースタスは、24年の契約の間に、憤怒、怠惰、暴食、色欲、強欲、嫉妬、傲慢という七つの大罪で快楽をむさぼり、最後には地獄へ連れ去られてしまう...というストーリーだ。

これまでにキットは、2009年にロンドンで公演が行われた演劇『ウォー・ホース ?戦火の馬?』で主役アルバート・ナラコッタを演じ、『Posh』でもロンドンの舞台を踏んでいる。スクリーンでは、歴史大作『ポンペイ』に主演し、ファンタジーアニメ映画『ヒックとドラゴン2』で声優にも初挑戦している。

ブロードウェイの舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』を手掛けたジェイミー・ロイドが演出する『フォースタス博士』は、デューク・オブ・ヨーク劇場にて4月から公演がスタート。なお、キットが出演する『ゲーム・オブ・スローンズ』は、スターチャンネルにて3月14日(月)より第一章から第五章(全50話)が一挙放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:キット・ハリントン
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

マーベルコミックスと違い、映画とテレビの世界がリンクしていないDCコミックス。しかし、その傾向が変わるかもしれない。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】DCコミックスのヒーロードラマの魅力に迫る!

この情報の出どころは、映画監督のケヴィン・スミス。ベン・アフレックやマット・デイモンが出演する『チェイシング・エイミー』『ドグマ』などの監督・脚本を手掛けたことで知られる彼は、今月、DCコミックスを原作とする映画の舞台裏を紹介する米CWの特別番組『DC Films Presents: Dawn of the Justice League(原題)』でホストを務めていた。そんな彼が、自身のポッドキャスト番組『Fat Man on Batman』の中で耳寄り情報を明かしている。

スミスは、「どのくらい話していいのか分からないんだけど、あるアイデアが持ち上がったんだ。DC作品は、映画やTVの世界がつながっているわけではないけど、俺がジェフ・ジョンズ(『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』の脚本家)に『クロスオーバーできるんじゃないの?』って言ったら、彼が『そうだな』って答えてさ。だから、扉は開かれてるってことだよ」と述べている。

DCコミックスの作品を数多く映像化しているワーナーは、これまで同じキャラクターなのに映画とTVで違う俳優を起用しており、『THE FLASH』の主役フラッシュも、TVでグラント・ガスティンが、映画ではエズラ・ミラーが演じることに。この傾向については、現在アメリカでシーズン4が放送中の人気シリーズ『ARROW』のスティーヴン・アメルをはじめ、多くの反発を招いていた。

話題作が続くDCコミックス。今後どのようにそのプロジェクトを展開していくのか、注目だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケヴィン・スミス
(C)Shirlene Fregoza-Lau/www.HollywoodNewsWire.net

2006年にスタートすると、『24 -TWENTY FOUR-』を超える視聴者数を記録した全米をはじめ、世界中で大ヒットしたドラマ『HEROES/ヒーローズ』。その最新作『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』はHuluにて昨年10月より配信中だが、同シリーズも残すところあと3話。ラストスパートに入る中、これまでの物語をおさらいできる映像が解禁となった。

【関連動画】これまでの『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』おさらい動画

この映像には、すでに配信されたこれまでの展開はもちろん、本邦初公開となる最終エピソードの映像も。また、ジャック・コールマンを筆頭にオリジナルキャラクターの面々だけでなく、ザッカリー・リーヴァイ(『CHUCK/チャック』)、ロビー・ケイ(『ワンス・アポン・ア・タイム』)といった新顔も登場する。

本作から新たに参加した一人、カタナガール/ミコ役で大抜擢された祐真キキからのコメントも到着。「まもなく最終話を迎えます。『ヒーローズ』を見たことのない方にも楽しめるような作品になっていますので、まだ見たことない方も、見てくださっている方も今一度、第1話から見てみてください! そして是非、ミコのアクションシーンにも注目してください!!」と語っている。

能力者と普通の人々が共存する世界。この二種類の人類を結ぶ平和サミットが行われるはずが、会場は大規模な爆発に見舞われる。このテロ事件への関与を疑われた能力者たちは追われる身となり、姿を消した。そんな時、突然新たな能力を手に入れ、困惑する者たちが現れる。巨大な陰謀が迫る中、運命は新たな超能力者たちと、ヒロ・ナカムラら過去の偉大なヒーローたちをめぐりあわせようとしていた。果たして、テロ事件の真犯人は誰なのか? そして、何のために、能力者が増え続けているのか?

Huluで独占配信中の『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』は、本日1月26日(火)に第11話配信。2月2日(火)に第12話が、2月9日(火)に第13話(最終話)が配信される予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』
(C)2015 NBCUniversal. All Rights Reserved.

複数の出来事をリアルタイムで描き、世界中で大ヒットした『24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフ企画『24: Legacy(原題)』。オリジナルのジャック・バウアーに代わる主人公エリック・カーターには黒人俳優が起用されるとすでにお伝えしたが、そのキャスティングが決定した。米Deadlineなどが報じている。

【関連記事】キーファー・サザーランドに最も「つながる」男 小山力也インタビュー

新たな主役のエリックを演じるのは、『ウォーキング・デッド』のヒース役で知られるコーリー・ホーキンズ。現在公開中の映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』では、大物プロデューサー、ドクター・ドレーの若かりし頃に扮して高い評価を集めた若手俳優だ。

彼が演じるエリックは、戦地で殊勲を立てた軍人。妻のいる故郷のバージニアに帰還するが、トラブルに巻き込まれてCTU(テロ対策ユニット)に向かい、史上最大規模のテロから母国を救うために立ち上がることになる。

また、オリジナルではジャックが一人で主役を張っていたが、今回はエリックと女性のコンビとなる。元CTU局長の設定だという彼女の配役はまだ決まっていない。

ジャック役のキーファー・サザーランドは、ハワード・ゴードン、マニー・コト、エヴァン・カッツとともに製作総指揮者として参加する。

『24: Legacy』は今年の冬に撮影開始予定。本家のジャックは非常に強烈なキャラクターだったが、コーリーがどんな主人公像を見せるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:コーリー・ホーキンズ
(C)Kazuki Hirata /www.HollywoodNewsWire.net

米AMC製作の『MAD MEN マッドメン』で主人公ドン・ドレイパーを演じたジョン・ハム。彼は本作の演技で2度ゴールデン・グローブ賞を受賞しているが、なんと、その二つのトロフィーのうち一つで名前を間違えられたという。米Entertainment Weeklyが報じた。

【関連コラム】ショウビズ大国アメリカは、"賞"大国でもある!!

現在サンダンス映画祭で審査員を務めているジョンは、米ファッション雑誌VANITY FAIRの取材を受けた際に、ハリウッド外国人映画記者協会が彼のゴールデン・グローブ賞のトロフィーに名前を間違って刻印していたことを暴露。ジョンという名前の正しいスペルは"Jon"だが、トロフィーには"John"と、Hの文字が余計に入っていたそうだ。

ジョンは当時の心境について、「あの時の気分は、"まいったな。ねえ、みんな、このHっていらないんだけど"って感じだったね」と振り返っている。

『MAD MEN』は、1960年代のニューヨークである大手広告代理店を舞台にした人気シリーズ。2015年に7シーズンをもって終了した同作は、4年連続でエミー賞作品賞に輝くなど、高い評価を手にした。ジョンもドン役の演技を高く評価され、毎年エミー賞の主演男優賞にノミネートされ続けると、最終シーズンでようやく同賞を獲得して有終の美を飾った。

『MAD MEN』終了後は映画での仕事が相次いでおり、ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)共演のスリラー『High Wire Act(原題)』、人工知能を描いた舞台の映画化『Marjorie Prime(原題)』、ザック・ガリフィナーキス(『ハングオーバー』シリーズ)共演のコメディ『Keeping Up with the Joneses(原題)』といった作品が待機している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ハム
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

米FOXでついに放送がスタートした『X-ファイル』復活版。その制作にあたり、スカリー役のジリアン・アンダーソンが当初提示された報酬額は、モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーの半分だったことについて、ジリアン本人が感想を述べた。

【関連記事】『Xファイル』のジリアン・アンダーソンが体当たりで熱演! ナショナル・シアター・ライブ『欲望という名の電車』 女に取り憑く"ブランチ"という亡霊

二人に対する提示額に大きな差があったというジリアンの発言は、今月はじめ、米Hollywood Reporterで取り上げられ、少なからず波紋を呼んでいた。最終的には二人とも同じ額に落ち着いたということだが、ジリアンは米Daily Beastのインタビューの中で、最初の提示額を知った時の心境を話している。

「ハリウッドの業界で、賃金格差の現実を女性が指摘している今だからこそ、きちんと声に出して、耳を傾けるべきだと思う。(オリジナルのTVシリーズで)私たち二人が公平にギャラを支払われるまでに、自分がこなしてきたことを考えるとショックだったわ。本当に一生懸命働いたんだもの」と話すジリアン。

『X-ファイル』が始まった1990年代初期、ジリアンはドゥカヴニーに比べて俳優としての経験はたしかに浅かったかもしれない。それに、スカリーの役柄はもともと、モルダーの相棒として捉えられていたのだろうとジリアンは話している。それでも、シーズンを重ねるにつれて、モルダーとスカリーは対等のコンビであることが明らかになり、ジリアン自身も契約更新時に交渉を重ねて、デヴィッドと同等の報酬を得られるようになっていた。

「この数年間、インタビューに応じると"(二人の賃金格差は)信じられない話ですね、正気沙汰じゃないですよ"と言われていたんだけど、私はいつも"済んだこと。今は違うわよ"と答えていた。なのに、また同じことが繰り返されるなんて! 何て言ったらいいか分からない」とジリアンは語ったのち、しばし言葉を詰まらせてから「悲しいわ」とつぶやいている。

男女の賃金格差といえば、ジェニファー・ローレンス(『ハンガー・ゲーム』)が昨年10月、「男性共演者に比べて、なぜ私は報酬が少ないのか」というエッセーを書いて、注目を浴びたのは記憶に新しい。今回のジリアンの発言を見ても、男女の公平な扱いに関してハリウッドはいまだに遅れていると、メディアやファンに批判されても仕方のないところだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジリアン・アンダーソン
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

米NBCの大ヒットドラマ『HEROES/ヒーローズ』の新章となる『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』。アメリカで放送が終わったばかりの本作で、新たなシーズンは作られないことになったのは、先日お伝えした通り。ところが、クリエイターのティム・クリングは、まだまだ新しいシリーズを作る意欲を燃やしているようだ。

【関連コラム】『TOUCH/タッチ』ティム・クリング(プロデューサー)にインタビュー「僕はとても複雑なアイディアに惹かれるようなんだ」

米TV Insiderが伝えたところによると、クリングとNBCは、『ヒーローズ・リボーン』最終話が放送されたアメリカ時間1月21日(木)に、次のような声明を出したとのこと。

「"『ヒーローズ・リボーン』は打ち切りになった"という情報が出回っているのは知っています。でも今夜放送される最終話は、最初から計画した通りの結末なのです。今後も物語が作られるとすれば、それは『ヒーローズ・リボーン』としてではなく、まったく新たなストーリーになるということを、私はすでに話していました」と述べるクリング。

さらにクリングは、「今夜の最終話を見れば、『ヒーローズ』サーガで今後も物語を語る余地を残していることは分かっていただけると思います」と続けている。

さらに、NBCエンターテインメント社長のロバート・グリーンブラットも、「クリエイター/製作総指揮者のティム・クリングが手掛けた、愛すべきこのシリーズの物語を、将来新たに作る可能性は残しています」と述べている。

なお、グリーンブラット社長は先週の時点では、「(新たなシーズンを作らないのは)当初からの計画でした...ティムがある日起き上がって、まだ語るべき章があると言わない限りは。私の知る限り、『ヒーローズ』の番組が作られることはもうありません」と述べていた。

しかし、今回のクリングとグリーンブラット会長の発言からすると、『ヒーローズ』は完全に終止符が打たれたわけではなかったらしい。将来、本当に新企画は動き出すのだろうか? (海外ドラマNAVI)

Photo:『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』
(C) 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』を手掛けたショーン・ライアンと、『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』のエリック・クリプキ。二人のプロデューサーがタッグを組み、米NBCにおいて、時間旅行を題材にした犯罪アクションドラマ『Time(原題)』のパイロットを制作することになった。米Deadlineなどが報じた。

【関連記事】映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』で、"ドク"を演じた俳優クリストファー・ロイドに突撃インタビュー!

この企画が立ち上がったのは、時間旅行を用いてスケールの大きい冒険ドラマを作ろうと思い立ったクリプキが、ライアンに協力を呼びかけたのがきっかけ。意気投合した彼らは数週間のうちにストーリーと登場人物の設定を固めた。二人の敏腕プロデューサーが共同脚本/製作総指揮を務めるとあって、米4大ネットワークの間で本企画は引く手あまたとなっていたという。製作総指揮にはこのほか、『ブラックリスト』のジョン・デイヴィスとジョン・フォックスも名を連ねている。

"『バック・トゥ・ザ・フューチャー』+『ミッション:インポッシブル』"と言い表されている本企画は、不似合いな3人組が時間旅行をしながら、人類の歴史を変えて破滅をもたらそうとする大きな存在に立ち向かうストーリーになるとのこと。

なお米FOXでも、『LEGO(R)ムービー』の原案/脚本/監督を担当したフィル・ロードとクリストファー・ミラーにより、時間旅行を題材にしたコメディ『In Time(原題)』のパイロット制作が決まっている。また、米CWで放送が始まったばかりの『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、時間旅行が大きな要素。さらに、米Starzではやはり時間旅行が題材となる『アウトランダー』、米Syfyでは『12モンキーズ』が放送中。時間旅行は米ドラマ界の流行となっているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUPERNATURAL』
(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』の特別エピソードで、日本で劇場公開される『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』。その本予告がついに解禁となった。

【関連動画】『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』本予告はこちら!

21世紀のロンドンではなく、アーサー・コナン・ドイルの原作と同じ1895年のヴィクトリア時代に舞台を移して描かれる本作。ベネディクト・カンバーバッチ(シャーロック役)とマーティン・フリーマン(ジョン役)はもちろん、二人以外にもおなじみのキャラクターが数多く出演する。また、本編のほか、メイキング映像を含む劇場特典映像(約20分間)も上映される。

すでにアジアの他の国々では封切られており、中国、香港、韓国、台湾で合わせて約6000スクリーンにて上映され、総動員数500万人を突破。興行収入は、初登場ナンバーワンを記録した中国で約22億円、公開週に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を上回る成績を収めた韓国では約8億円を記録している(いずれも1月11日時点)。

また、本作の公開を記念し、公式サイト上(http://SHERLOCK-SP.jp/wallpaper/)では期間限定で2種類の壁紙をプレゼントしているので、こちらもお見逃しなく!

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』は2月19日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて期間限定公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』
(C)2015 HartswoodFilms Ltd. A HartswoodFilms production for BBC Wales co-produced by Masterpiece. Distributed by BBC Worldwide Ltd.

平凡な人々が突如としてさまざまな特殊能力を身につけ、待ち受ける運命に立ち向かう姿を描いて世界で大ヒットした『HEROES/ヒーローズ』。その5年後の世界を新たに描いたリミテッド・シリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』が、スーパー!ドラマTVにて4月から日本初放送される。

【関連記事】本家のあの人も登場! TVドラマからスーパーヒーローへ転身を遂げた俳優たち<後編>

本作では、『HEROES』の最終回から5年が経ち、能力者を取り巻く環境が激変した世界で新たな危機に立ち向かう彼らの活躍を描く。『CHUCK/チャック』で大ブレイクしたザッカリー・リーヴァイ、『ワンス・アポン・ア・タイム』のピーター・パン役で知られるロビー・ケイ、新鋭の日本人女優、祐真キキらが新たに加わるほか、ノア・ベネット役のジャック・コールマン、ヒロ・ナカムラ役のマシ・オカ、モヒンダー・スレシュ役のセンディル・ラママーシー、マット・パークマン役のグレッグ・グランバーグといったオリジナルキャストも続々登場する。

クレア(ヘイデン・パネッティーア)が特殊能力の持ち主であることを告白してから5年後。進化した人間、通称"EVO(イヴォ)"と呼ばれるようになった能力者たちは、危険な存在として扱われ、身を潜めて暮らすことを余儀なくされていた。"イヴォ"であることに苦悩しながらも、自分たちを取り巻く巨大な陰謀に立ち向かう能力者たち。その一方で、世界を破壊に導く何かが起ころうとしていた...。

ハリウッドの最先端テクノロジーによりアクションシーンもパワーアップし、ユニークでツッコミどころ満載の日本描写も健在と、新旧ファンが楽しめる内容だ。

スーパー!ドラマTVでは日本初となる吹替版と字幕版の両バージョンでオンエア。さらに、それに先駆けて、オリジナルシリーズを振り返る特別番組「HEROES/ヒーローズ 完全攻略SP」が3月に放送される。

全13話のこのリミテッド・シリーズは、本国アメリカで今月21日(木)に放送終了したばかり。『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』はスーパー!ドラマTVにて4月から放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』
(C) 2015 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

米FOXが製作する『ロッキー・ホラー・ショー』リメイクの出演俳優が次々と決まる中、米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身で、『Glee/グリー』にも出演したシンガー、アダム・ランバートがキャストに加わることが分かった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連記事】デーブさん、小倉さんと一緒に『アメリカン・アイドル』を語っちゃったよ!

世界中でカルト的な人気を誇ってきたロックミュージカルは、1975年にブロードウェイで初演され、同年に映画化もされている。リメイクでアダムが演じるのは、ブロードウェイと映画版でミート・ローフが演じた青年エディ。婚約したばかりのブラッドとジェネットが道に迷った末にたどり着いた古城は、城主のフランク・フルター博士が催す奇抜なパーティーで盛り上がっていた。戸惑いの色を隠せない二人に博士は人造人間ロッキーを紹介するのだが、ロッキーの美青年ぶりにジャネットが参ってしまう...というストーリー。

アダムの出演が決まったと同時に、ミュージカルと映画の両作でフルター博士を演じたティム・カリーが、ナレーターの犯罪学者役でカムバックすることも決定。このほか、ブラッド役にはライアン・マカータン(『救命医ハンク セレブ診療ファイル』)、ロッキー役には人気モデルのスタズ・ナイアーが名を連ね、リーヴ・カーニー(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)が博士の下僕リフ・ラフ役に、トランスジェンダー女優のラヴァーン・コックス(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』)がフルター博士を演じることとなっている。

2005年に、ミュージカル『ウィキッド』でブロードウェイデビューを飾ったアダムにとっては、舞台がルーツだ。大御所ロックバンド、クイーンにヴォーカリストとして迎え入れられ、シンガーとしての実力を認められた彼が、久々に復帰するミュージカル作品でどんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。

リメイク版『ロッキー・ホラー・ショー』は、米FOXにて今秋に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アダム・ランバート
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』(以下『アメアイ』)シーズン1の優勝者で、数々の大ヒットシングル&アルバムを生み出してきたケリー・クラークソン。シンガーとして揺るぎない業績を築いた彼女が、スターダムを駆け上るきっかけとなった同番組のファイナル・シーズンに、ゲスト審査員としてカムバックすることが明らかとなった。

【関連記事】歌いたがる女優たち――いつから歌唱力が女優たちの武器になったのか

米E!Onlineによると、今月上旬からロサンゼルスで行われたTV批評家協会の冬季プレスツアーにて、番組の製作総指揮者トリッシュ・キナヌが、ケリーがゲスト審査員を務めることを発表。「今シーズンにケリーを迎え入れることとなり、彼女も喜んでいます。最初の生放送10エピソードでゲスト審査員として参加し、パフォーマンスもする予定です」とコメントしている。現在、第二子を妊娠中のケリーの体に負担がかからないようにと、出演エピソード数が少なめに配慮されたようだ。

キナヌはケリー以外にも、シーズン15で幕を閉じることが決定した『アメアイ』で、審査員として貢献したサイモン・コーウェルらをゲストとして招きたいそう。「サイモンには、番組で重要な役割を担ってもらい感謝しています。おそらく、彼がファイナル・シーズンにカムバックすることを期待できると思います」と続けている。このシーズンは前シーズンに引き続き、ハリー・コニックJrとジェニファー・ロペス、キース・アーバンが本審査員を務める。

『アメリカン・アイドル』シーズン15はFOXにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:Photo:ケリー・クラークソン
(C)I.Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

アメリカで『X-ファイル』復活版の放送が間近に迫る中、クリエイターのクリス・カーターは、3作目となる映画の脚本をすでに書き終えていたことを、米Hollywood Reporterが報じた。

【関連記事】クリス・カーター監督来日インタビュー! 『X-ファイル:真実を求めて』制作のきっかけは!?

この情報は、TV批評家協会の冬季プレスツアーにて、カーター本人の口から飛び出したもの。「実は、3作目の映画の脚本を書いていたんだ。『X-ファイル』の先の展開に興味があったというだけの理由なんだけどね」と、彼は明かしている。脚本を書いたのは、今回の復活版に関するオファーを米FOXから受ける前のことで、復活版とは完全に独立した内容だったという。

カーターは当初、復活版を作るにあたって、その映画脚本をTV向けに書き直そうかと考えていた。しかし夫人に読ませたところ、「TV向きじゃないと思う」と言われ、新たに脚本を書き起こすことにしたようだ。

映画脚本の内容がどのようなものだったのか気になるところだが、カーター自身は、今後も『X-ファイル』をTVで続けたいという意向があるようで、「もっと作ってほしいとFOXに言われるのを待っている」と話している。

ただし、FOXテレビジョングループの代表・CEOのゲイリー・ニューマンは、「『X-ファイル』のプロジェクトを進めるにあたり、主演を務めるデヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンのスケジュール調整が大きな壁だった」と話している。そのため、復活版の視聴率が良好だとしても、実現までの道のりは今回と同様に厳しいだろうと予想される。

6話構成のイベント・シリーズとなる『X-ファイル』復活版は、米FOXで1月24日(日)より放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリス・カーター
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

24時間の出来事をリアルタイムで描き、大ヒットとなったアクションドラマ『24 -TWENTY FOUR-』。本シリーズ終了後に製作されたミニシリーズ『24:リブ・アナザー・デイ』でも、ジャック・バウアー役で主演したキーファー・サザーランドが、『24』への復帰を幾度も否定したことは当サイトでもお伝えしてきた。そんな中、キーファーが引退宣言を撤回するようなコメントを発したことが分かった。

【関連コラム】尾崎英二郎が斬る! 『24』のジャックと『TOUCH』のマーティン実際のキーファーに近いのは...?

英Digital Spyによると、トロント国際映画祭のQ&Aセッションに登場したキーファーが、スピンオフ『24: Legacy(原題)』について言及。その際、「ジャック・バウアーは、いつかエピソードに登場する道を見つけるかもしれない。最初から言っているが、本作の主役は、(24時間の出来事を1シーズンでリアルタイムに描くという)アイデアだ。それは、本気で心から思っていることなんだ」と発言している。

スピンオフの主役は、エリック・カーターという退役軍人。アメリカに帰国し、史上最大規模のテロ計画に巻き込まれた彼が、国を救うために活躍する姿が描かれる。キーファーは新シリーズで、オリジナルとミニシリーズで製作総指揮を務めたエヴァン・カッツとマニー・コト、ハワード・ゴードンとともに製作に参加。完全に『24』から足を洗うという訳ではないだけに、キーファーがジャック役でスピンオフに出演する可能性は十分にありそうだ。

そんなキーファーは、米ABCの新ドラマシリーズ『Designated Survivor(原題)』で、米国大統領を演じることが決定している。『24』では大統領を救出したり彼に協力する立場のジャックを演じていた彼が、どんな大統領像を作り上げるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:キーファー・サザーランド
(C) Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net

1990年代にギャングスタ・ラッパーとして絶大な人気を博したものの、1996年に銃弾に倒れた伝説のアーティスト、2パックことトゥパック・シャクール。『ジュース』に出演するなど映画俳優としても活躍した彼の伝記映画『All Eyez on Me(原題)』に、大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のローレン・コーハン(マギー役)とダナイ・グリラ(ミショーン役)が出演することが明らかとなった。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』キャスト、ブレイク前はどうしてた? <第1弾>

英Digital Spyが報じたところによると、ローレンが演じるのはのちに2パックが師と仰ぐこととなる、実業家でアーティストのレイア・スラインバーグ。一方ダナイは2パックの母親を演じるとのこと。また、主役の2パックには新人俳優ディミトリアス・シップJr、ラッパーのドクター・ドレーにはハロルド・ハウス・ムーア(『ダニーのサクセス・セラピー』)、そして、ヒップホップ東西抗争で2パックと対立していたビギー・スモールズ役にはジャマール・ウーラード(『ノトーリアスB.I.G.』)がキャスティングされている。

アメリカでは昨年、アイス・キューブやドクター・ドレーによって結成された伝説のヒップホップグループ「N.W.A.」の誕生から崩壊までを描いた『ストレイト・アウタ・コンプトン』が1億ドルを超える大ヒット。先日発表されたアカデミー賞でもノミネートを果たした。それだけに、『All Eyez on Me』も引き続き旋風を巻き起こす可能性がありそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ローレン・コーハン (C)Ima Kuroda/HollywoodNewsWire.net
ダナイ・グリラ (C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

1994年から10シーズンにわたって米NBCで放送された大ヒットシットコム『フレンズ』。主役の男女6人が、同局の特番で再会を果たすことは当サイトでもお伝えした通り。しかしロス役のデヴィッド・シュワイマーによると、この企画は『フレンズ』のファンが期待するものではないという。

【関連記事】『フレンズ』のあのカフェが期間限定でNYソーホーに出現!

米Peopleによると、デヴィッドは今月16日(土)にTV評論家協会の冬季プレスツアーで 「『フレンズ』の"同窓会"は誤った情報だ」と話したそう。当初、TVドラマ界に功績を残したジェームズ・バロウズ監督の功績を称えるNBCの2時間特番で6人全員が再会を果たすと報じられたが、この番組にチャンドラー役のマシュー・ペリーは参加することができないという。

6人がそろわないことについて、デヴィッドは「キャストの一人が国外にいる時に『フレンズ』の同窓会なんてあり得ない」と説明。実は特番の収録時、マシューはロンドンで舞台『The End of Longing』のリハーサルの真っ只中である。マシューはビデオで番組に登場するようだが、それでは完全な"同窓会"にはならないとデヴィッド。

しかしデヴィッドは特番自体について、「素晴らしいイベントだよ」と語る。「僕らはみんな、バロウズ監督が大好きだ。マシューもできることならその場にいたかったはずだ。だが彼はロンドンで仕事をしている。いつか同窓会があるかもしれないが、今回はそうじゃない」とコメント。

2004年に番組が終了して以来、TVで『フレンズ』のキャスト全員が再会を果たしたことはいまだかつてない。だがファンが熱望していることを理解しているデヴィッドは、「ファンのみんなが番組を大好きでいてくれて嬉しい。僕も6人が一緒にいるところをTVで見たいし、いつかその日が来るはずだ」と彼自身も期待していると述べた。(海外ドラマNAVI)

Photo:デヴィッド・シュワイマー
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

Netflixで配信されている話題のドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』のシーズン2が製作されることが決まった。米Varietyなどが報じた。

【関連コラム】『ジェシカ・ジョーンズ』クリステン・リッター、レイチェル・テイラーに直撃インタビュー!

『ジェシカ・ジョーンズ』は、Netflixと米マーベルが共同制作した実写TVシリーズ『デアデビル』に続く第2弾。主人公は、悲劇的な事件のためにヒーローを辞めて私立探偵となり、自分の生活を取り戻そうとするジェシカ。彼女はニューヨークに巣食う闇にとらわれ、様々な事件に巻き込まれていく。

昨年11月に配信がスタートして以来、アメコミを原作としたドラマとしては数少ない、女性を主人公にした作品であることや、地上波放送のドラマよりもダークな内容、そして、心に傷を負ったジェシカをはじめとするキャラクターの魅力が高い評価を受けている。主人公ジェシカを演じるのは『ブレイキング・バッド』『23号室の小悪魔』のクリステン・リッター。そして、『トワイライト・サーガ』シリーズで脚本を手掛けたメリッサ・ローゼンバーグが、製作総指揮とショーランナーを務めている。

シーズン2の話数は、前シーズンと同じく13話で、配信時期はまだ発表されていない。

なお、同じくマーベルコミックが原作となるドラマ『デアデビル』も、シーズン2が3月18日(金)に配信予定。また、『ジェシカ・ジョーンズ』の登場人物ルーク・ケイジ(マイク・コルター)を主人公とする新作ドラマ『Luke Cage(原題)』も、今年中に配信スタートの予定となっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ジェシカ・ジョーンズ』キーアート
(C)Netflix. All Rights Reserved.

2005年から放送されている大人気クライムドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でスペンサー・リードを演じるマシュー・グレイ・ギュブラー。彼が同シリーズの撮影現場で一番面白かったことを明かしている。米E!Onlineが伝えた。

【関連動画】マシュー・グレイ・ギュブラーがラップを披露! 『クリミナル・マインド』秘蔵映像

マイクロブログサービスTumblr上で行われたQ&Aで、数多くのファンからの3万を超える質問に答えたマシュー。その中で、「『クリミナル・マインド』のセットで一番楽しかったことは?」と聞かれた際にこう答えている。

「シェマー・ムーア(デレク・モーガン役)を引っかけた時だね。彼のファッションブランド『Baby Girl』に対抗して、(歌手の)クリス・ブラウンが『Baby Lady』ってブランドを立ち上げたって思い込ませたんだ。そしたら彼、キレちゃってさ。シェマーは最高だよ」と、共演者のシェマーをからかったことを振り返った。

マシューはほかにも様々な質問にひと味変わった返答をしていたので、その一部をご紹介しよう。

幸せな気分にしてくれるものは何かを聞かれると、「霧、風、コーヒー、浴槽、それとすごく小さいのに驚くくらい目が大きい猿だね。多分この猿はアメリカでは違法な生き物だと思うけど、一度抱っこしたことがあるんだ」と返答。また、俳優になっていなければなりたかった職業は「マジシャンかアーボリスト(傷ついた樹木を治療する専門家)」、一番好きな匂いは「かぼちゃが少し焦げた匂い」で、自分にあったらいいなと思う超能力は「自分の見た夢を録画する能力」、架空の生き物で相棒に欲しいのは「ケルベロス(冥界の入口を守る番犬で、3つの頭を持つ猛犬)」だという。

マシューが出演する『クリミナル・マインド』シーズン11は米CBSで毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・グレイ・ギュブラー
(C)Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.net

米Starzの人気ファンタジー・ロマンス『アウトランダー』で共演中のカトリーナ・バルフ(クレア役)とサム・ヒューアン(ジェイミー役)。愛し合う男女を演じ、大胆なラブシーンにも挑戦している二人は"実生活でも恋人同士なのでは?"とファンの間でささやかれているが、このたび本人たちが米E! Newsの取材で交際の可能性を否定した。

【関連記事】『アウトランダー』 女の願望を開拓する危険な冒険 ハマったら、引き返せないかも!?

カトリーナはインタビューで、「私たちは付き合っていないわ。ファンの期待を裏切ってごめんなさい。きっとみんな、クレアとジェイミーの物語を実現させたいのね」と噂を一蹴。「私たちは初めから常にいい友達だと言っていた。すばらしい友情があるおかげで、現場でもうまくいっているの」と、あくまでも共演者として仲がいいことを強調し、「仕事も私生活も一緒なのは、私たちにとっては難しいわ」と説明した。

一方のサムは、「試してみてもいいかも...」とジョークを交えつつ、「僕らの関係がリアルじゃないことで、番組のファンが騙されていると感じるとしたら、それはしっくりこないな。『フリをしていたのか? 騙したんだな!』って言われるのも、『ごめん!』って謝るのも変な感じだよね」といたずらっぽく笑いながらコメントした。

先日開催された第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式では、惜しくも受賞を逃したが、本作は作品賞、女優賞(カトリーナ)、助演男優賞(トビアス・メンジーズ)に候補入りという快挙を果たした。カトリーナはノミネートされた時の心境を「ノミネートされて驚いた。番組が認められたと知り、とても興奮したわ」と振り返っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アウトランダー』
(C) 2015 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved. (C) 2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

米FOXの人気ドラマ『BONES -骨は語る-』の製作者や出演者が、虚偽の財務報告や利益の過少報告が行われていたとしてFOX上層部を訴えたことは以前お伝えしたが、同番組と『スリーピー・ホロウ』の存続が危ぶまれていることが分かった。米E!Onlineが報じた。

【関連記事】なぜ秀作ドラマが打ち切られるのか?

今月15日(金)、TV批評家協会の冬季プレスツアーで、FOXテレビジョングループの会長を務めるダナ・ウォルデンが両作についてコメント。まず『スリーピー・ホロウ』に関しては、「今シーズンの出来に非常に満足しています。とてもクリエイティブで、ストーリーの肝である斬新な発想力を保ち続けています」と満足感を示したものの、更新については触れずじまい。同日、シーズン更新が発表されたFOX作品の中にもこの2本は含まれていなかった。

ウォルデンは一方で『BONES』の今後については言及。更新すべきか「本当に分からない」と迷っていることを打ち明けるとともに、現シーズンで終わらせるか来シーズンも続けるかについて近く製作者と話し合うことを説明している。ただし、2005年から続くこの長寿番組を終わらせることになった場合、性急な打ち切りにはしないようだ。「視聴者に満足してもらうことが大事なので、製作陣にはちゃんとしたエンディングを用意するための時間を十分与えたい」と語ったウォルデン。なお同番組の将来に関して、訴訟の影響は「まったくない」と主張している。

現在アメリカで『BONES』はシーズン11、『スリーピー・ホロウ』はシーズン3に突入。このシーズンは両作のクロスオーバーも実現していた。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『BONES −骨は語る−』 (c)2012 Fox and its related entities. All rights reserved.
『スリーピー・ホロウ』 (c)2013 Fox and its related entities. All rights reserved.

スーパー!ドラマTVで1月26日(火)より、いよいよ独占日本初放送されるアクション・サスペンス『ブラックリスト』シーズン3。第1話のゲスト声優として、女優・歌手として活躍する相田翔子が参加したことはすでにお伝えしたが、その特別吹替版の放送日が決定した。

【関連コラム】『ブラックリスト』レイモンド・"レッド"・レディントン役:大塚芳忠×エリザベス・キーン役:甲斐田裕子 "ドはまり"対談

このエピソード、「トロール・ファーマー」は、J:COMテレビにて1月20日(水)22:00より、ひかりTVチャンネル1にて1月23日(土)12:30より放送となる。

相田が演じたのは、主人公レッド(ジェームズ・スペイダー)をかくまう、バーで働くティファニー役。海外ドラマの声優は初挑戦だった彼女だが、アフレコ作業はほとんどミスなく、現場スタッフから絶賛されたという。「もともとドキュメンタリー番組のナレーションのお仕事が大好きなので、非常に良いチャンスでした。女優さんのイメージを崩さないよう、何度も何度も映像を再生して、ティファニーの苦しみや悲しみ、葛藤を理解しようと努めました」と収録秘話を明かしている。

■放送情報
<『ブラックリスト』シーズン3第1話「トロール・ファーマー」特別吹替版>
●1月20日(水)22:00 J:COMテレビ
...J:COM 地デジ10ch:関東・仙台・札幌/地デジ12ch:関西・九州/地デジ111ch:下関
●1月23日(土)12:30 ひかりTVチャンネル1
...ひかりTV Ch101(HD)/Ch106(SD)

<『ブラックリスト』シーズン3 レギュラー放送>
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
1月26日(火)22:00より独占日本初放送
【二カ国語版】毎週火曜22:00ほか 【字幕版】毎週火曜24:00ほか
『ブラックリスト』公式ホームページ www.superdramatv.com/line/blacklist

(海外ドラマNAVI)

Photo:相田翔子
(C)2015 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

大ヒット・ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の新章となる『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』。放送局の米NBCは、本作の終了後、新たなシーズンを作らないことを明らかにした。米Varietyなどが伝えた。

【関連コラム】『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』ミコ=カタナガール役の祐真キキにインタビュー!

TV批評家協会の冬季プレスツアーで、NBCエンターテインメント社長のロバート・グリーンブラットは、「私の知る限り、『ヒーローズ』の番組が作られることはもうありません」と述べ、当初から単シーズンの計画だったことも指摘している。

『ヒーローズ・リボーン』は、昨年9月のプレミア回当日における視聴率が2.0レーティング(18~49歳層)、視聴者数610万人と、まずまずの成績でスタートした。しかし、以降は下降を続け、年末年始の休止期間を挟んで放送された先週の回では、視聴率1.0レーティング(18~49歳層)、視聴者数370万人にまで落ち込んでいた。

グリーンブラット社長の言う通り、イベント/限定シリーズとして企画された本作だが、好成績を残していれば続編の可能性もあったかもしれない。だが現実は厳しかったようで、『ヒーローズ』の物語は、『ヒーローズ・リボーン』の13話をもって完全に幕を閉じることになりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』
(C)2015 NBC Universal. All Rights Reserved.

2005年から2009年まで米FOXで放映され、日本でも大ブレイクした『プリズン・ブレイク』。本作の復活版の製作が決定したことは当サイトでもお伝えしたが、この春からいよいよ撮影がスタートする見通しであることが分かった。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』ローリー役のサラ・ウェイン・キャリーズに直撃インタビュー!!

この情報は、本シリーズで主人公マイケルを演じたウェントワース・ミラーがインタビューで明らかにしたもの。今月10日(日)、TV評論家協会の冬季プレスツアーで、ウェントワースは米TV Lineの取材に対し、「流動的な部分が多いけど、この春には撮影を始められるだろう」と明かした。

現在、復活版の進行は一時中断されているが、それはウェントワースとドミニク・パーセル(リンカーン役)が、DCコミック原作の新ドラマ『Legends of Tomorrow(原題)』に出演しているため。「『Legends~』の撮影が優先だからね」とウェントワース。『Legends~』は米CWで放送中の『ARROW/アロー』と『THE FLASH/フラッシ』から生まれた新たなスピンオフドラマである。

『プリズン・ブレイク』復活版は10話限定のシーズンになることがすでに伝えられている。ウェントワースとドミニクのほか、サラ役のサラ・ウェイン・キャリーズも再出演する見込み。放送開始の時期はまだ明らかでないが、予定通り春に撮影が始まれば、今年後半からのオンエアになるだろうと英Digital Spyは予測している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウェントワース・ミラー&ドミニク・パーセル
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
(C)Fuminori Kaneko/www.HollywoodNewsWire.net

スパイとの戦いを描く人気ドラマ『HOMELAND』は、これまで南アフリカやドイツを舞台にしてきたが、最新シーズンでは母国に戻り、ニューヨークでストーリーが進行することになるという。

【関連コラム】『ホームランド/HOMELAND』に描かれる戦争・テロ、そしてCIAとは?

米Varietyによると、このシーズン6はニューヨーク周辺で撮影するとのこと。Showtimeの番組編成責任者であるゲイリー・レヴィンは、「(ショーランナー/製作総指揮者の)アレックス・ガンサと彼の脚本家チームが、シーズンが新しくなるたびに新しい物語を生み出す手腕は素晴らしい。彼らが再びアメリカを舞台にどんなドラマを紡ぐのか楽しみだ」と語った。

また、同局一番人気の本作はまだまだ続くようだ。レヴィンは、「(番組終了の時期は)未定だ。ガンサは多くのシーズンを見据えているよ」と続けている。

再びアメリカが舞台となる『HOMELAND』シーズン6の、全米での放送スケジュールは今のところ不明。ちなみに、過去5シーズンはすべて秋期(9・10月)にスタートしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HOMELAND』シーズン4
(C) 2014 Showtime Networks, Inc., a CBS Company. All rights reserved.

ニューヨークに住む男女6人の友情や恋愛を描き、1994年から10シーズンにわたって放送された大ヒットドラマ『フレンズ』。その6人が、番組終了から12年ぶりに全員そろってテレビカメラの前に登場することが明らかとなった。米TIMEをはじめ多くのメディアが報じている。

【関連コラム】日本に上陸してほしいコメディ! 『フレンズ』『ダーマ&グレッグ』『ふたりは友達? ウィル&グレイス』 気軽に楽しめる30分シットコムのススメ

彼らが再会を果たす場は、2月21日(木)にアメリカで放送されるNBCの特別番組。『フレンズ』のほか、『ふたりは友達? ウィル&グレイス』『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』『チアーズ』『NYボンビー・ガール』といった数々の人気ドラマを40年にわたって1000本以上手掛けてきたジェームズ・バロウズ監督の功績を称えるもので、2時間番組だという。

バロウズが『フレンズ』で担当したのは計15エピソードで、その中には、レイチェルとロスが冷却期間をもうけた間に、ロスが他の女性と関係を持ったのは浮気か否かで揉める、シーズン3の「恋の行方」(前・後編)も含まれる。

『フレンズ』の6人のうち数人が番組終了後に顔を合わせたことは過去にもあったものの、全員がそろうのは初となる。この番組は、今月下旬にロサンゼルスで収録され、2月21日(木)21:00から米NBCで放送される予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』

イギリス郊外の大邸宅を舞台に、貴族と使用人の人間模様を描く英人気ドラマシリーズ『ダウントン・アビー』。本作のクリエイター、ジュリアン・フェロウズが噂されるシリーズの舞台化について、「少しその気になっている」と口にしている。

【関連コラム】ナショナル・シアター・ライブ(NTL)をオススメする三つの理由!今、最高にノってる英国発の舞台を堪能しよう

米BROADWAY.COMよると、CNNのインタビューを受けたフェロウズが、舞台化について次のように語ったという。「まだ何も決まっていないんだ。少しやる気にはなっているけど熱を入れているという訳でもないし、かといって"絶対にやらない"とも言わない。ブロードウェイの開幕は大好きだし、それと比べられるものなんてないからね」と煮え切らない発言をしつつも、舞台への深い愛着をうかがわせた。

フェロウズは『ダウントン・アビー』のほか、アカデミー賞脚本賞を受賞した『ゴスフォード・パーク』や『ヴィクトリア女王 世紀の愛』といった作品でもペンを取り、映画『スクール・オブ・ロック』と『メリー・ポピンズ』のミュージカル版の脚本も手掛けている。映画・ドラマだけでなく、演劇界でも活躍している人物だ。

ちなみに、舞台版『ダウントン・アビー』について、BROADWAY.COMが夢のキャスティングを発表しているので、いくつか配役を紹介してみたい。グランサム伯爵役にはヴィクター・ガーバー(『エイリアス』)、長女メアリーにはローラ・ベナンティ(『SUPERGIRL/スーパーガール』)で、グランサム伯爵未亡人にはアンジェラ・ランズベリー(『ジェシカおばさんの事件簿』)、マシュー・クローリーにはスターク・サンズ(TVシリーズ『マイノリティ・リポート』)といった名前が挙がっている。

『ダウントン・アビー』シーズン4は、NHK総合にて毎週日曜23:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ダウントン・アビー』
(C)Carnival Film & Television Limited 2010. All Rights Reserved.

『リーサル・ウェポン』シリーズの刑事役などで知られるダニー・グローヴァーが、現在、米国で放送されている『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン11にゲスト出演することが決定した。

【関連記事】祝☆150話! 『クリミナル・マインド』シーズン7 アフレコBAUチーム大座談会

米TV Lineによると、ダニーが演じるのは、FBI特別捜査官デレク・モーガン(シェマー・ムーア)の父親役。今までデレクの父親は"デレクが子どもの頃に死亡した"と語られてきたが、実は...! という、ストーリーの鍵を握る重要な役割を担うとのことだ。

『クリミナル・マインド』製作総指揮者のエリカ・メッサーは、「ダニーは非常に興味深い役を演じることになるわ。シェマー演じるデレクは"ある重要な出来事"を解決するため、ダニー演じる父親に連絡せざるを得なくなったという設定よ」と語っている。

ダニーが出演するエピソードのタイトルはズバリ「Derek(デレク)」で、アーロン・"ホッチ"・ホッチナー役のトーマス・ギブソン自らが監督を務め、米国では3月に放送予定である。

これまでエミー賞に4回ノミネートされたことがあるダニーは、近年では『TOUCH/タッチ』『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』などにも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニー・グローヴァー
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『ブレイキングのバッド』のジェシー役で知られるアーロン・ポールが、同作のスピンオフである『ベター・コール・ソウル』へのカメオ出演に乗り気であることが分かった。米Varietyが報じている。

【関連コラム】空前のスピンオフ・ブームに沸く全米、そのメリットとデメリットとは?

新作ドラマ『The Path(原題)』のプロモーションのため、TV批評家協会のプレスツアーに出席したアーロンは、「いつか出演できたらいいね。それがいつになるかは分からないけど、参加することには大賛成だよ」と語った。

ウォルター・ホワイトの"犯罪弁護士"ソウル・グッドマンの誕生秘話を描く『ベター・コール・ソウル』は、『ブレイキング・バッド』より6年前の設定だが、当時まだ中学生か高校生の少年であるはずのジェシーが登場する場合、単なる顔見せといった扱いにはならないようだ。アーロンは「実際に出ることになったら、最も理想的な形で再登場すると約束するよ。ジェシー・ピンクマンを呼び戻す以上、彼のシーンは『ブレイキング・バッド』とつながるような内容にして、ファンの期待に沿うものにするつもりだ」と続けている。

再登場については、『ベター・コール・ソウル』の放送前から、製作総指揮のヴィンス・ギリガンと話し合っていたそう。「ヴィンスから出演する意思があるかを聞かれた時には、『もちろん』と答えたよ。『ヴィンスが関わっているなら、わざわざ台本とかを送ってくれなくていい。すぐに参加する。今の僕があるのはあなたのおかげだから』ってね。彼が僕を起用してくれた。ヴィンスの頼みなら何だってやるよ」と、恩返しする気満々なアーロン。

そんな恩返しは、アメリカで来月から放送開始となるシーズン2で早速実現するのかもしれない。出演時期は新シーズンなのかと聞かれたアーロンは「そうかもね」とニコリ。「シーズン2について言えることは、ビックリするような展開があるってこと。だからぜひ見てほしいね」と明言を避けた。シーズン2が驚きの展開になることは間違いないようだ。ソウル役のボブ・オデンカークも「ファンが歓喜する展開が待っているよ」と、アーロンに同調している。

ソウル役のボブ以外にも、マイク役のジョナサン・バンクスやトゥコ役のレイモンド・クルツが再登場しており、さらに設定や小道具にも『ブレイキング・バッド』の要素が盛り込まれている『ベター・コール・ソウル』。ジェシーが登場するかもしれないシーズン2は、米AMCで2月15日(月)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:アーロン・ポール
(C)Kazuki Hirata /www.HollywoodNewsWire.net

今月10日(日)にロサンゼルスで行われた第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、見事女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス。彼女が受賞後のインタビューで、携帯電話の画面を見ながら質問した記者に喝を入れるという一幕があり、話題となっている。

【関連コラム】『世界にひとつのプレイブック』でジェニファー・ローレンスが主演女優賞獲得! <第85回アカデミー賞授賞式レポート・前編>怒涛のレッドカーペット中継の裏側

主演映画の『Joy(原題)』でコメディ/ミュージカル部門女優賞の栄誉に輝いたジェニファー。受賞後、バックステージで記者たちのインタビューに応じた際、あるラテン系の記者が携帯電話で撮影しながらジェニファーに質問を行った。ジェニファーの顔を見ず、携帯越しに取材をする記者の態度にムッとしたジェニファーは質問を遮り、「常に携帯を見ながら生きることなんてできないの。あなたが生きているのは"今"なの」と真顔で記者に喝を入れ、直接顔を見ながら取材をするよう促した。

その記者は詫びたものの、彼の失態はここで終わらず、質問では"ゴールデン・グローブ賞"を"アカデミー賞"と言い間違えるというミス。するとジェニファーは「これはゴールデン・グローブ賞よ。携帯を見ていなかったら気づくはずでしょ」とさらなる一撃を加え、他の記者たちからは笑い声が。しかしジェニファーは表情を崩すことなく、毅然としていた。

ジェニファーがゴールデン・グローブ賞を受賞したのはこれで3度目。2013年には『世界にひとつのプレイブック』、2014年には『アメリカン・ハッスル』で栄誉を獲得。両作に引き続き、今回もデヴィッド・O・ラッセル監督映画での快挙となった。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・ローレンス
(C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

企画の存在が昨年明らかになったのち、棚上げになっていた『エージェント・オブ・シールド』のスピンオフ。この企画について、米ABCはパイロットの製作にゴーサインを与えたことを、米Deadlineが報じた。

【関連コラム】大胆予想! 『エージェント・オブ・シールド』に、 トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)が登場する日は来るのか?

『Marvel's Most Wanted(原題)』と題される同パイロットで主役を務めるのは、本家ドラマ『エージェント・オブ・シールド』に現在出演中の、エイドリアンヌ・パリッキとニック・ブラッド。

エイドリアンヌが演じているのは、"モッキンバード"(本名:ボビー・モース)と呼ばれるシールドの敏腕エージェント。2本のバトンを用いた格闘技を得意としている。一方、英国出身の俳優ニックが演じているのは、射撃の名手で傭兵のランス・ハンター。シーズン2からコールソン捜査官のチームに配属された二人は元夫婦という設定で、ときおり私情をあらわにしながらも任務に取り組む姿がファンの人気を呼んでいる。

昨年4月に浮上した本企画は、翌月には保留とされていたが、TCA(TV批評家協会)のパネルトークでABC社長のポール・リーが先日明らかにしたところによれば、8月にはすでに極秘裏にゴーサインが与えられていたのだとか。「今後数ヶ月のうちにパイロットを作ります。本当にいい脚本です」と、リー社長は本企画に向けて自信のほどをのぞかせている。

同企画を進めているのは、『エージェント・オブ・シールド』の製作総指揮者ジェフリー・ベルと、脚本家のポール・ズビゼウスキー。

なお、ABCでは、キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターが活躍する『エージェント・カーター』のシーズン2が1月19日(火)に放送スタート。続けて、3月8日(火)に『エージェント・オブ・シールド』のシーズン3後半部が放送される予定になっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:エイドリアンヌ・パリッキ(『エージェント・オブ・シールド』)
(C)2015 Marvel & ABC Studios.

米CBSの人気ドラマシリーズ『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』は、昨年に製作が決まったシーズン5で終了するのか? 昨年からファンをやきもきさせているこの問いについて、製作総指揮者のJ・J・エイブラムスが見解を述べた。米Hollywood Reporterなどが伝えた。

【関連コラム】ジョン・リースはコスチュームを着ないバットマン!? 空前のアメコミ人気を巧みに取り込んだドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』

エイブラムスは1月9日(土)、TV批評家協会主催の冬季プレスツアーにて「僕の推測では、これが最後のシーズンになる」と発言。「もし継続していたら、どんなに良質の物語がこの先待っていたかと思うと、それだけが残念でならない。(製作総指揮者/ショーランナーの)ジョナサン(・ノーラン)とグレッグ・プレイグマンは、素晴らしい仕事をしてくれた。二人が締めくくったエピソードの内容を僕は知っている」と続けた。

そして、シーズン5の最終話が作品全体の最終話となるように仕上げるのが目標だと述べ、「驚異的な視聴率が得られれば調整もできるけれど、基本的にはこれがファイナルだという考えでやっている」と語った。

シーズン5の製作が昨年5月に決定して以来、放送日程はいまだに発表されていないが、このことについてエイブラムスは「シーズン5が日の目を見るのは確か」と保証している。さらに、他の放送局などで本作を継続する可能性については、適切な時期に話し合いが行われるだろうと述べつつも、現時点では話し合いは行われていないと認めた。

なお、シーズン5は、22~23話で構成されていた過去シーズンと違い、話数をカットされ13話構成になることが分かっている。放送時期は前述の通り未定だが、今年の夏ごろになるものと各メディアは予想している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『パーソン・オブ・インタレスト』
(C)2012 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved

大人気アクション・ヒーロードラマ『ARROW/アロー』で、アーセナルことロイ・ハーパーを演じたコルトン・ヘインズ。「コルトンには秘密のゲイの過去がある」とSNSに投稿したファンに対する彼の意味深な返信がカミングアウトを意味するのではないかと話題になっている。

【関連コラム】トランスジェンダーとして生きる--テレビでようやく語られ始めた彼らのストーリー

米E!Onlineによると、1月9日(土)、コルトンのファンがマイクロブログサービスTumblrに、「コルトンに秘密のゲイの過去があるって知った時、メチャクチャ興奮した。だからって僕の人生に変化が起こる訳じゃないけど」と投稿。するとコルトンが、「それって秘密だったっけ? みんな人生を楽しんで、後悔のないように」と返信したのだ。

SNSに頻繁に投稿し数多くのフォロワーが付いているコルトンだが、恋愛関係については沈黙を守っているため、ファンの間では度々ゲイ疑惑が浮上していたようだ。そんな彼が意味深なコメントをしたことで、「コルトン・ヘインズがカミングアウトしたってこと!?」といったツイートが、数多く飛び交っている。

保守的なカンザス州で育ったコルトンの兄ジョシュアは、ゲイで同性婚をしている。果たして、イケメン俳優コルトンが本当に同性愛者なのか、それともファンのコメントにユーモアで切り返しただけなのか、気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:コルトン・ヘインズ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ボストンを舞台に繰り広げられる犯罪捜査ドラマ『リゾーリ&アイルズ』が、シーズン7にて終了することが決定した。

【関連記事】もしもリゾーリとアイルズ、吹き替える役が逆だったら? 朴路美&井上喜久子が『リゾーリ&アイルズ』を語りまくる!!

ボストン市警察に勤務する刑事ジェーン・リゾーリ(アンジー・ハーモン)と、ジェーンの親友でもある検視官モーラ・アイルズ(サッシャ・アレクサンダー)という正反対の性格の二人が活躍する人気ドラマも、いよいよ最後のシーズンを迎えることになった。

米Hollywood Reporterなどによると、米TNT社長のケヴィン・ライリーは「アンジーとサッシャは、このドラマの成功にとても満足している。彼女たちはもちろん、製作者も含めて全員が、次シーズンが終了となる時期として最適だろうということで合意した。 "よし! やるぞ! 最後の全13話を素晴らしい作品にして終わらせよう!"と皆で話したんだよ」と述べている。

米TNTにとって、『リゾーリ&アイルズ』は、キーラ・セジウィック主演の刑事ドラマ『クローザー』に続いて歴代視聴率第2位を誇るオリジナルドラマでもある。

『リゾーリ&アイルズ』ファイナル・シーズンは、今夏より米国で放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『リゾーリ&アイルズ5』
TM&(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

1987年から1995年にかけて放送され、世界中で大ヒットしたファミリードラマ『フルハウス』をNetflixがよみがえらせた『フラーハウス』。来月配信される話題作の場面写真がついに公開された。

【関連フォト】他の写真も見たい方はこちらをどうぞ!『フラーハウス』フォトギャラリー

今回公開された写真では、父親ダニー役のボブ・サミット、友人ジョーイ役のデイヴ・クーリエ、叔父ジェシー役のジョン・ステイモス、ジェシーの妻レベッカ役のロリ・ローリンの4人がソファに座る横で、ダニーの長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、そしてD.J.の友人キミー役のアンドレア・バーバーが抱き合っており、懐かしのオリジナルキャストが勢揃いしている。

オリジナルでは、妻を亡くしたダニーとその3人の娘たち、そしてジェシーとジョーイがメインキャラクターを務めていた。20年ぶりに復活する本作では、大人になったD.J.とステファニー、キミーを中心に物語が進行する。

先月公開された米国版の予告編が、公開初日だけで550万回以上も再生されるなど、非常に高い注目を浴びている本作。この場面写真も大きな反響を呼びそうだ。

13話構成の『フラーハウス』は、Netflix(Netflix.com/jp/)にて2016年2月26日(金)より全世界ストリーミング開始!(海外ドラマNAVI)

Photo:『フラーハウス』
(C) Netflix. All Rights Reserved.

ニューヨークで暮らす20代女子4人組の恋愛模様とリアルな現実をコミカルに描き出すドラマ『GIRLS/ガールズ』。世界中で絶大な人気を誇る"こじらせ"ドラマが、シーズン6で幕を閉じることが明らかとなった。

【関連お先見!】【海外ドラマ日記】『GIRLS』=(『Sex and the City』― 華やかさ)+赤裸裸 =「今」のNY女子コメディ!

米E!Onlineによると、1月6日(水)、2017年に放送予定の『GIRLS』シーズン6がファイナルシーズンとなることを、放送局の米HBOが発表。本作で脚本・監督・主演を兼ねるレナ・ダナムは、「シーズン6の製作が待ち切れないし、素晴らしいキャストとスタッフ、ファンに捧げるつもりよ。そして『GIRLS』の世界では、全てがキレイごとでは終わらないわ」とコメントし、"こじれた"エンディングになることを匂わせている。

以前のインタビューでもレナは、同番組をシーズン6で終わらせようと考えていることを打ち明けていた。「すごくワクワクするわ。23歳の時に本作に出演し始めて、もうすぐ30歳になる。私の20代と30代で、『GIRLS』をサンドイッチする形で終わらせることがベストだと思う」と語っており、どうやらレナの計画通りにシリーズは幕を下ろすようだ。

来月から全米で開始するシーズン5の舞台は、シーズン4の最終エピソードから半年後に設定されるとのことで、ハンナとマーニー、ジェッサとショシャンナの生活に劇的な変化が起きているのだとか。『GIRLS』シーズン5は、HBOにて2月21日(日)22:00より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『GIRLS/ガールズ』シーズン4
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBOR and related channels andservice marks are the property of Home Box Office, Inc.

人気ミュージカルコメディ『Glee/グリー』のパック役で知られるマーク・サリングが、昨年12月29日に児童ポルノ所持で逮捕されたという衝撃のニュースが各メディアで報じられた。米Us Weeklyが、その詳細や今後のマークの映画出演に関して伝えている。

【関連コラム】超濃密! 『Glee』撮影スタジオ潜入記 【序章】パックの衣装も発見!

12月29日、関係する市民の通報により、ロサンゼルス市警の児童に対するインターネット犯罪捜査班が令状を持ってカリフォルニア州サンランドにあるマークの自宅を捜索。米TMZによると、1000枚以上の画像が発見されたという。逮捕後、家族が2万ドルの保釈金を支払い、マークは留置場を後にした。翌30日には携帯電話のショップから出てくる彼の姿が激写されている。野球帽を被り、サングラスをかけ、黒いTシャツとハーフパンツといういでたちで、目立たないようにしていた。

マークの次回作はアディ・シャンカル監督の映画『Gods and Secrets(原題)』だが、児童ポルノ所持という重罪で有罪となれば、出演シーンをカットされる事態となる。シャンカル監督は、「マークが『Gods and Secrets』に出演するかどうか報道関係者に尋ねられ、事態を把握しました。事実が分かるまで待ちますが、もしも容疑が本当なら、作品から彼のシーンを除外することも含め、ただちにアクションを起こすつもりです」とコメントしている。

マークにとって、法に関するトラブルはこれが初めてではない。2013年には元恋人のロクサンヌ・ゴルゼラさんに性的暴行により訴えられていた。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーク・サリング
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

シャーロック・ホームズの冒険を、アーサー・コナン・ドイルの原作と同じくヴィクトリア時代の1895年のロンドンを舞台に描く『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』。ベネディクト・カンバーバッチが主演する人気ドラマの特別編は、日本で2月19日(金)より劇場公開されるが、先駆けて封切られた中国でナンバーワンのスタートを切ったことが分かった。

【関連動画】『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』予告編

米Varietyによると、中国で3万7000を超えるスクリーンで上映された本作は初日だけで527万ドル(約6億円)を稼ぎ、5日早く公開された自国のミステリーコメディ映画『Detective Chinatown(英題)』を抑えて興行収入第1位を記録したという。

本国イギリスとアメリカでは今月1日(金)にテレビ放送された本作。その両国でもあらためて劇場公開されるほか、20ヵ国以上でロードショー中だ。

すでに世界各地で話題となっている『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』は、日本では2月19日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて期間限定公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』
(C)2015 HartswoodFilms Ltd. A HartswoodFilms production for BBC Wales co-produced by Masterpiece. Distributed by BBC Worldwide Ltd.

1987年から1995年まで放送された大人気ファミリーコメディドラマ『フルハウス』のリブート版『フラーハウス』。オリジナル主要キャストの復帰が続々と決まる一方で、ダニーの三女ミシェルを演じたアシュレイ&メアリー=ケイト・オルセン姉妹は出演しないとのニュースを、当サイトでもお伝えしてきた。そんな中、オリジナルシリーズでジェシーを演じ、リブート版では製作総指揮を務めるジョン・ステイモスが、オルセン姉妹が出演しない理由について語ったことが分かった。

【関連コラム】アメリカンTVドラマスターからみる人気ファッション オルセン姉妹は子役スターからファッションデザイナーに転身!?

米Entertainment Weeklyによると、米Sirius XM局のラジオ番組『The Howard Stern Show』に出演したジョンが、オルセン姉妹がリブート版に出演しない理由を語っている。「二人とも『フラーハウス』に出たかったみたいだけど、演技するのが怖かったんだよ。二人はしばらく演技をしていないから、自分たちのことを女優だとは思っていないんだ」とコメント。実際のところ、メアリー=ケイトが女優として出演したのは2011年公開の映画『ビーストリー』が最後で、アシュリーは2010年の映画『I'm Still Here(原題)』が最後の出演作となっている。現在、女優活動は休止状態の彼らは、主にファッションデザイナーとして活躍している。

以前には、『フルハウス』時代に幼いオルセン姉妹をクビにしようとしたが、うまくいかなかったなどとも口にしていたジョン。姉妹がリブート版に出演しないのはジョンとの不和が原因だともささやかれていただけに、今回のジョンの発言で彼女たちとの間に波風が立たなければと懸念してしまう。

ダニーの長女DJと次女ステファニー、DJの友達キミーがメインキャラクターとなる『フラーハウス』は、Netflixにて2月26日(金)より世界同時配信。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ステイモス
(C)Hanako Sato/www.HollywoodNewsWire.net

ドラマが原作小説に事実上追いついてしまったことから、原作ファンをやきもきさせていた米HBOの大河ファンタジー・ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。"氷と炎の歌"シリーズの最新刊となる「冬の狂風(Winds of Winter)」は、ドラマのシーズン6開始時より前には刊行されないことが分かった。

【関連コラム】もはや、視覚では感知できない!? 本当に優秀な「CG」効果の実力<後編>

この情報を明らかにしたのは、原作者のジョージ・R・R・マーティン本人。自身のブログで1月2日(土)、執筆中の「冬の狂風」はまだ完成にこぎ着けていないとマーティンは述べた。「(刊行が遅れることを知らせる)この文を打つのはちっとも愉快じゃない。がっかりしているのはあなただけでなく、編集者や出版社、HBO、エージェント、海外の出版社や翻訳者たちも同じだ。誰よりも私自身ががっかりしている」と彼は記している。

マーティンによれば、執筆量はすでに何百ページにもわたるが、まだ書かなければならないことがたくさんあり、完成までは何ヵ月もかかるだろうとのこと。原稿がいつ完成し、刊行はいつになるのか分からないが、可能な限り最高の作品に仕上げたいということだ。

というわけで、ドラマが原作を追い越してしまうというファンの危惧は、ついに現実のものとなりそう。今後、ドラマを見ると原作の展開が分かってしまうのではないかと心配するファンに対して、マーティンは、「答えはイエスでありノーでもある。シーズン6では、小説ではまだ起きていない筋立ての転機や秘密の解明があるのは避けられない。これまで何年にもわたり、小説の読者はドラマの視聴者より先の展開を知っていた。今年はその逆が生じる。どう受け止めるかは、あなた次第です」と答えている。と同時に、「ドラマと小説はすでに分岐しているので、シーズン6で目にする展開は、原作のネタばれにはならない場合もある」とも述べている。

原作ファンも未見の物語が語られる『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6は、米HBOで4月にスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョージ・R・R・マーティン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

現代のニューヨークで稀代の名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大人気ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトスン in NY』。本国アメリカで現在放送中のシーズン4には、ホームズの恋のお相手が登場するようだ。

【関連お先見!】二つの現代版ホームズ、『SHERLOCK』と『エレメンタリー』の違いと魅力について(あるいは、新大陸の民がいかにして大英帝国の大ヒットドラマを迎え撃ったか)

米Entertainment Weeklyによると、演じるのは『ナース・ジャッキー』のベティ・ギルピン。彼女の役は、ホームズ(ジョニー・リー・ミラー)と相棒のジョーン・ワトソン(ルーシー・リュー)が殺人事件の調査中に知り合うソフトウェア・エンジニアのフィオナで、頭脳明晰ながら人付き合いは苦手というホームズと似たタイプで、二人は惹かれ合うことになるようだ。ベティは1月21日に放送されるエピソードで初登場し、その後も再び姿を見せるという。

ホームズがかつて真剣に交際した相手としてはアイリーン・アドラーがいたが、フィオナとの関係もシリアスなものに発展するのだろうか。

『エレメンタリー』シーズン4は米CBSで毎週木曜に放送中。日本ではシーズン3がWOWOWプライムにて毎週木曜に放送している。(海外ドラマNAVI)

Photo:『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』
(C)2015 CBS Broadcasting Inc All Rights Reserved.

2003年から続く大人気の犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』でアンソニー・"トニー"・ディノッゾを演じるマイケル・ウェザリーが、現在全米で放送中のシーズン13をもって降板することが分かった。米TV Lineをはじめ多くのメディアが報じている。

【関連コラム】『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』マイケル・ウェザリー&ショーン・マーレイのCBSジャンケット・インタビュー!

マイケルは今月6日(水)、ツイッターで「ディノッゾは信じられないくらい素晴らしいキャラクターで、彼を13シーズンにわたって演じてこられて最高だった。一生に一度と言える貴重なチャンスを与えてくれたCBSに感謝している。家族同然の素晴らしいスタッフ、キャストのことが恋しくなるだろうね。それから世界中のファンへ一言。ありがとう! 最高の経験だったよ」というメッセージを投稿し、番組からの降板を発表した。この一連のツイートには、アビー役のポーリー・ペレットとの2ショットを含む画像が添えられている。

また、CBS側は声明の中で、「マイケルはNCISファミリーにとって大切な存在です。彼がトニーを魅力的に演じてくれたおかけで、この番組は世界一のドラマに成長できました。これまでの貢献に感謝するとともに、今後も彼とともに仕事できるのを楽しみにしています」と述べている。マイケルは2014年にCBSと2年の契約を結んでいた。

マイケルの降板により、『NCIS』のオリジナルキャストで残っているのは、マーク・ハーモン(ギブス役)、ポーリー・ペレット(アビー役)、デヴィッド・マッカラム(ダッキー役)の3人となる。

トニーことマイケルが出演する最後となる『NCIS』シーズン13の最終話は、米CBSで1月19日(火)に放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・ウェザリー
(C) Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.net

英国ドラマ『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』。そのシーズン4が、NHK総合でいよいよ1月10日(日)より放送される。

【関連コラム】『ダウントン・アビー』~世界をとりこにする英国のオタク魂

衝撃のラストで幕を下ろしたシーズン3の放送終了からおよそ半年を経てスタートするこのシーズンは、物語の中でも6ヵ月が過ぎた設定の1922年から開始となる。第1話「動き出す時間」は72分の拡大版だ。新たな展開を見せるストーリー同様、キャストにも『カリフォルニア・ダウン』のポール・ジアマッティ、『シャーロック・ホームズ』のジェームズ・フォックスらが新鮮な顔ぶれが加わる。

本国イギリスでは、昨年のクリスマスをもって番組終了となった同シリーズ。その際に放送された特別エピソードも数多くの視聴者を獲得し、映画化としての復活が早くもささやかれるなど、相変わらず高い人気を誇っている。

『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』シーズン4は、NHK総合テレビにて1月10日(日)23:05より放送スタート。第2話以降は毎週日曜23:00開始となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』
(C)2013 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

来たる1月10日(日)にビバリーヒルズで開催される第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式。その司会に4年ぶりに返り咲くのは辛口コメントで知られるリッキー・ジャーヴェイス(『ザ・オフィス』)だが、彼が前もって式での無礼な振る舞いを謝罪していることが分かった。英Digital Spyが報じている。

【関連コラム】生中継のスリル、難しさ、そして報われる一瞬。映画やドラマとは、異なる醍醐味!!

2009年から2011年まで3年連続で同賞の司会を務めた際、きわどいジョークと毒舌が一部の出演者や視聴者の不評を買ってしまったリッキー。久々にその大役を務める彼は、授賞式まで1週間あまりとなった1月2日(土)、ツイッターにこんなメッセージを投稿。「僕は未来が見えるから、今のうちに来週のゴールデン・グローブ賞授賞式で自分が言ったことについて謝っておくよ。すっかり酔っぱらって、周りのことがどうでも良くなっていたんだ」と、未来を"予言"した上で自身の言動を謝罪している。

「ゴールデン・グローブ賞の司会はもうやらない」という2012年の宣言を撤回し、4度目のホスト役に臨むことになったリッキー。予言したようなホストぶりとなるのかどうか、注目だ。

リッキーの発言だけでなく、もちろん映画・テレビ各部門の受賞の行方も気になる第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式は、AXNにて1月11日(月・祝)21:00に同時通訳版を、1月17日(日)18:00に字幕版を放送する。(海外ドラマNAVI)

Photo:リッキー・ジャーヴェイス
(C)Izumi Hasegawa /www.HollywoodNewsWire.net

人気ドラマ『ホワイトカラー』のニール役で知られ、現在は大ヒットホラー『アメリカン・ホラー・ストーリー』の最新シーズン『American Horror Story: Hotel(原題)』(以下『Hotel』)に出演中のマット・ボマーが、共演者のレディー・ガガについて絶賛している。米Peopleが伝えた。

【関連コラム】「ホワイトカラー」ドラマの裏側に潜入! マット・ボマーに突撃インタビュー!

男性雑誌Men's Fitness最新号の表紙を飾ったマットは、同誌のインタビューの中で、『Hotel』で初共演したレディー・ガガからいろんなことを教わったと明かした。「彼女からは、逆境に立ち向かう方法や、アーティストとしてクリエイティヴであるために心をオープンにしておく必要性を学んだよ」

「彼女と一緒に仕事をする上で特に気に入っているのは、高い創造性をもたらしてくれることだね。これまでに出会った中で最も知的な人の一人だよ。さらに素晴らしい心の持ち主でもあるんだ」と、歌姫に対して称賛の嵐を浴びせている。

『Hotel』でレディー・ガガとベッドシーンを演じているマット。午前9時からその場面の撮影に臨むこともあったそうだが、彼女とはいい関係を築けていたようだ。

マットとレディー・ガガが出演する『American Horror Story: Hotel』は、米FXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:
マット・ボマー (C)Tom Gianakopoulos/HollywoodNewsWire.net
レディー・ガガ (C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。