今見るべき一押しドラマ!
イギリスEU離脱後の未来を描く『2034 今そこにある未来』日本上陸が決定!

英国マンチェスターに住む一般家庭の視点で、2019年から2034年まで15年間の社会情勢をブラックユーモアたっぷりに風刺した家族ドラマ『2034 今そこにある未来』の日本上陸が決定! 「スターチャンネルEX」にて初配信され、「BS10 スターチャンネル」でも放送されることとなった。

英BBCと米HBO共同製作の『2034 今そこにある未来』は、EU離脱後の未来社会を辛口予測する超過激な問題作。「トランプ大統領二期目に再選」「IQスコアの低い国民から選挙権を剥奪する法案」など、英国流ブラックジョーク満載の過激な展開で世間を驚かせ、中国では放送禁止になるほど物議を呼んだ。クリエイターを務めるのは『ドクター・フー』『IT"S A SIN 哀しみの天使たち』を手がけた脚本家ラッセル・T・デイヴィース。

このたび、本作の日本上陸が決定。同時に、今回解禁された予告映像では、エマ・トンプソン(『クルエラ』)演じる経済界出身の政治家が過激なスピーチを繰り広げる姿と、不安定な社会情勢の影響を受けながらも生き延びようとする一家の様子が映し出されている。

<あらすじ>
2019年、ライオンズ家では、末妹でシングルマザーのロージーが第2子を出産。彼女の兄ダニエルは「こんな世の中に生まれてくるなんて」と生後間もない甥の将来を危惧する。それから5年経った2024年の冬、祖母の誕生日祝いに集合した一家を、世界を揺るがす驚愕のニュースが襲う...。

過激な発言が人気のビジネスパーソンがイギリス首相に上り詰めるという、いかにもトランプ元大統領を彷彿とさせるキャラクターをエマがコミカルに演じているのも大きな見どころだ。ほかには、ロリー・キニア(『ブレグジット EU離脱』)、タニア・ミラー(『ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー』)、ジェシカ・ハインズ(『ドクター・フー』)、ラッセル・トーヴィー(『クワンティコ』)、リディア・ウェスト(『IT"S A SIN』)、アン・リード(『サンディトン』)らがキャストに名を連ねている。

世界が混乱に陥るなか家族を待ち受けるのは、お先真っ暗な世の中なのか、果たして栄光の未来は来るのか...!? 現代の日本にも通じるような、リアルな社会情勢を描き切った話題の家族ドラマをお見逃しなく!

『2034 今そこにある未来』(全6話)配信・放送情報

■配信:「スターチャンネルEX」
<字幕版>1月7日(金)より配信開始
※1月7日~2月5日(土)は第1話を無料配信
<吹替版>3月より全話配信開始

■放送:BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】1月26日(水)より 毎週水曜日23:00ほか
※1月23日(日)18:00に第1話を先行無料放送
【STAR3 吹替版】1月25日(火)より 毎週火曜日22:00 ほか
※第1話は初回無料放送

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『2034 今そこにある未来』© Years and Years Limited 2019