今見るべき一押しドラマ!
マーベルドラマ『ムーンナイト』誕生の瞬間を捉えた最新映像が解禁!

Disney+(ディズニープラス)製作による新マーベルドラマ『ムーンナイト(原題:Moon Knight)』の新映像&キービジュアルが公開された。

全6話となる『ムーンナイト』の主人公は、エジプトでの任務中に瀕死の重傷を負ってしまった元傭兵マーク・スペクター。命と引き換えに彼は古代エジプトの月の神コンシューと契約を結び、特殊なパワーを得た彼がムーンナイトとして悪と闘う姿が描かれる。

「現実か夢か、区別がつかない―」意味深なセリフを放つ彼は、国立博物館のギフトショップで働く温厚で、うだつの上がらない主人公のスティーヴン・グラント。睡眠障害を持ち、夢の中で度々白いスーツを着た何者かと対峙するが、それが現実で起こっていることか、ただの夢か区別がつかない。

夜通し何度も脳内にささやく声、悪夢にうなされ、自分で足を縛り付けたベッドから飛び落ちる朝。仕事場では「役立たず」と罵られ、スティーヴンは幻覚に怯える日々を過ごしていた。ある日、自室の見知らぬ携帯電話が鳴り響き、"マーク"と知らない名前を呼ばれ困惑する― 自分は誰なのか、何に怯えているのか。

そして、ついには無意識の内に銃を握っていたり、戦いに巻き込まれたり、自分の中に"自分以外の誰か"が潜んでいることに気づき始める。そして、スティーヴンは、彼の内に残酷なもう一人の人格<マーク・スペクター>が潜んでいることをやがて知ることとなる―。

コントロールできない残虐な"もう一人の自分"の存在...。そして、「狂気を受け入れろー」その声が聞こえた瞬間、真っ白なスーツが身を包む。暴力と残虐性に満ちた、もう一つの人格<マーク・スペクター>が現れ、彼に狂気が宿る―。

新たなヒーロー、ムーンナイトを演じるのは、『スター・ウォーズ』シリーズのポー・ダメロン役をはじめ、『DUNE/デューン 砂の惑星』『ある結婚の風景』などに出演するオスカー・アイザック。ムーンナイトに立ちはだかるヴィランを務めるのは『トレーニング・デイ』『ストックホルム・ケース』のイーサン・ホーク。

その他、原作コミックスにも登場するアントン・モガート役でフランス人俳優のギャスパー・ウリエル(『サンローラン』)が出演し、『ラミー:自分探しの旅』のメイ・キャラマウィも参加する。

本作で脚本を務めるのは、Netflixドラマ『アンブレラ・アカデミー』でクリエイターを務めるジェレミー・スレイター。エピソード監督には、ジャスティン・ベンソン(『シンクロニック』)やモハメド・ディアブ(『護送車の中で』)、アーロン・ムーアヘッド(『アルカディア』)が名を連ねている。

マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーローによるアクション・ミステリー『ムーンナイト』は3月30日(水)17:00よりディズニープラスにて配信開始。(海外ドラマNAVI)

Disney+ (ディズニープラス)

Photo:

『ムーンナイト』© 2022 Marvel