ゴジラ実写ドラマ版『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』予告編&配信日が解禁!

レジェンダリーの「モンスター・ヴァース」をベースにした待望のSFアクションドラマシリーズ『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』(全10話)が、11月17日(金)よりAppleTV+にて配信決定! この度、初のティーザー予告編が公開となった。

AppleTV+『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』概要

レジェンダリー・エンターテインメントの「モンスター・ヴァース」は、人気の高い様々な巨大生物が登場し、相互につながった物語が展開する壮大なエンターテインメント・ユニバース。神話や伝説のモンスターが実在するという破滅的な新事実に直面した人々が世界のために立ち上がり、生き残りをかけて人類最大の戦いに挑む姿を描く。


2014年の『GODZILLA ゴジラ』から始まり、2017年の『キングコング:髑髏島の巨神』、2019年の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、そして2021年の『ゴジラ vs コング』まで、「モンスター・ヴァース」の興行収入は全世界で合計20億ドル近くに達し、待望の続編『Godzilla x Kong: TheNew Empire』でさらに拡大が続く。

『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』は、ゴジラとタイタンの壮絶な戦いによってサンフランシスコが破壊され、モンスターが実在するという衝撃の事実が発覚した後の世界を舞台に、父親の足跡をたどり、自分たちの家族と特務機関「モナーク」との関係を探る2人のきょうだいを描く。

手がかりを追ううちにモンスターの世界へと足を踏み入れた2人は、陸軍将校のリー・ショウへとたどり着き、1950年代の出来事と、半世紀を経て、ショウが知る事実によりモナークが脅威に直面する状況へと迫っていく。

3世代にわたるドラマチックな物語から、隠されていた秘密、そして驚愕の出来事が、人々の生活に影響を及ぼす可能性があることが明らかになる。

AppleTV+『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』キャスト&スタッフ

カート・ラッセル、ワイアット・ラッセル、アンナ・サワイ、カーシー・クレモンズ、渡部蓮、山本真理、アンダーズ・ホーム、ジョー・ティペット、エリサ・ラソウスキが出演する。

共同開発を担当するのは、クリス・ブラック(『セヴェランス』『スター・トレック エンタープライズ』『アウトキャスト』)とマット・フラクション(『ホークアイ』)。マット・シャックマン(『ワンダヴィジョン』)が最初の2エピソードの監督を務める。

レジェンダダリ―・テレビジョンが手がけるこのシリーズは、ブラック、フラクション、シャックマンとともに、Safehouse Picturesのジョビー・ハロルド(『オビ=ワン・ケノービ』『トランスフォーマー/ビースト覚醒』)とトーリー・タネル(『栄光へのスピン』『Underground』)、アンディ・ゴダード(『カーニバル・ロウ』『ダウントン・アビー』)、ブラッド・ヴァン・アラゴン(『イエロージャケッツ』『カーニバル・ロウ』)、アンドリュー・コルヴィル(『セヴェランス』『スター・トレック:ディスカバリー』)がエグゼクティブプロデューサーを務める。

ゴジラのキャラクターを所有する東宝株式会社からは、松岡宏泰と有田武将がエグゼクティブプロデューサーとして参加する。東宝は、映画フランチャイズでの長期にわたる連携から『モナーク:レガシー・オブ・モンスターズ』の権利をレジェンダリーに許諾した。

(海外ドラマNAVI)

Photo: AppleTV+