マーベル新作ドラマ『シークレット・インベージョン』最新映像&キービジュアルが解禁!

マーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』が6月21日(水)よりDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信。この度、最新映像&キービジュアルが解禁となった。

『シークレット・インベージョン』最新映像

国際平和維持組織 S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官であり、アイアンマンらをアベンジャーズへと導き、スパイダーマンのスパルタ気味な保護者としても活躍してきたフューリー。彼がアベンジャーズを結成したのは地球外からの侵略を阻止するためだった。しかし、この最強チームが表舞台から消えた時、“シークレット・インベージョン”が訪れる…。

映像は、フューリーが「侵略がすでに始まった―。しかも敵が誰なのかも分からない」と語るように、不穏な空気に満ち溢れている。完全に人間にしか見えなかった存在が、実はスクラル人の“擬態”だったことが明らかになるシーンが随所で描かれ、不穏さは一層加速。
https://youtu.be/C_pqoxnKhNA
MCUお馴染みのキャラクターの中にも、彼らが擬態した“ニセ者”が存在するかもしれない…。そんなこれまでにない“MCU史上最大の脅威”に挑むフューリーだが、「なぜ“特別な友人たち”を呼ばない」とアベンジャーズに頼らないことを指摘されると、「私の戦争だ。ただ一人のな」と宣言。映像の後半でも、「世界を燃え上がらせたのは、あなたよ」「時間がないぞニック」「お前、狙われているぞ。世界中でだ」といった言葉がフューリーに浴びせられ、彼がMCUで見せてきた過去の行動が、“シークレット・インベージョン”の一因となっていることを予感させる。

マーベルの世界観と全く異なるジャンル

フューリーの協力者側にいるスクラル人・タロスを演じたベン・メンデルソーンが「『シークレット・インベージョン』がMCUのプロジェクトとして本当に面白いと思う理由の一つは、スリラーに近いということです。マーベルの世界観と全く異なるジャンルの感覚を味わうことができます」と語るように、スリルと謎に満ちた高度な心理戦が繰り広げられるに違いない本作。最強チーム・アベンジャーズなき今、フューリーはこの脅威にどう立ち向かうのか…?

『シークレット・インベージョン』は6月21日(水)よりディズニープラスにて独占配信。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:『シークレット・インベージョン』ディズニープラスにて6月21日(水)より独占配信©2023 Marvel