【速報】スター・ウォーズ最新作『アソーカ』の配信日が決定!8月23日にDisney+で配信開始

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。ジョージ・ルーカスが生んだ銀河は未だ広がり続け、『オビ=ワン・ケノービ』や『キャシアン・アンドー』、『マンダロリアン』など正史と繋がる数々の完璧な「スター・ウォーズ」の物語を送り出し続けている。そんなオリジナルドラマシリーズの最新作『アソーカ』の配信日がついに決定した。

Disney+『アソーカ』の主人公アソーカ・タノとは

本作の主人公アソーカ・タノは、かつてアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)の唯一のパダワンでありSWファンから絶大な人気を誇るキャラクター。『マンダロリアン』シーズン2で実写作品に初登場し、二刀流のライトセーバー(白)で圧倒的な強さを見せファンを熱狂させた。

続く『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』では、後の伝説のジェダイである若きルーク・スカイウォーカーとの“完璧”な共演が実現。マンダロリアンからグローグーを託されたルークが、まるで「エピソード5/帝国の逆襲」でヨーダから受けたフォースの訓練をグローグーに受け継ぐようなファン感涙の姿を、アソーカもまた優しく見守った。

アソーカ・タノはジョージ・ルーカスからの「アナキンにパダワンが欲しい!」という強い希望を受け、スタジオジブリの長編アニメーション『もののけ姫』のヒロインであるサンをモデルにして生まれた日本に深い縁のあるキャラクター。アソーカの名もまたジョージ・ルーカスが名付けた事を本作の監督も務めるデイヴ・フィローニが公言している。

そんな彼女はアニメーション作品『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』でルーカスの指示通り、アナキン・スカイウォーカーのパダワンとして初登場。ジェダイだったアソーカはその後、正義の守護者たちであるはずの組織ジェダイ・オーダーへの信頼を失い、ジェダイの道を捨てアナキンとも決別する。

そして、ダークサイドに堕ちたアナキンがダース・ベイダーとなった姿で再会を果たし、変わり果てた姿のかつての師と死闘を繰り広げた壮絶な過去を持つ。

Disney+『アソーカ』予告編

Disney+『アソーカ』キャスト・スタッフ情報

アソーカを演じるのはもちろん、ロザリオ・ドーソン(『Marvel デアデビル』)。

ほか、サビーヌ・レン役のナターシャ・リュー・ボルディッゾ(『ザ・ソサエティ』)、ヘラ・シンドゥーラ役のメアリー・エリザベス・ウィンステッド(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』)、そして、アニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』でスローン大提督の声優を務めたラース・ミケルセン(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)が同役を続投。

さらに、『ドクター・フー』や『グッドオーメンズ』で知られるデヴィッド・テナントが、ドロイドのヒュイヤン役でカムバックすることが明らかになっている。

本作の製作総指揮を務めるのは、ジョージ・ルーカスから「スター・ウォーズ」のアニメーションシリーズ作品の制作を任されたデイヴ・フィローニ。ルーカスからもSWファンからも信頼が厚い人物だ。

ジェダイがほぼ残っていない暗黒の時代に、徐々に迫りくる暗い闇とは一体何のことなのか? アソーカを中心に描かれる未だ誰も見たことがない「スター・ウォーズ」の新たな歴史を刻む超重要作となることは間違いない。

Disney+『アソーカ』配信日

全世界待望の『アソーカ』は2023年8月23日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:(C)2023 Lucasfilm Ltd.