『グッド・ドクター』マーカス役ヒル・ハーパー、上院議員選に出馬で降板か?

米ABCの大ヒット医療ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』でシーズン1よりマーカス・アンドリュース役を演じるヒル・ハーパーが、上院議員選に出馬するために降板する可能性があるようだ。

輝かしい学歴を持つ超エリート

米Puck Newsによると、4月にヒルは、ミシガン州の民主党上院議員選挙への出馬を正式に表明する予定だという。ミシガン州の現上院議員であるデビー・スタバノウが退任の準備を進める中、その座を勝ち取るべく、すでに下院議員のエリッサ・スロットキンが立候補を表明しており、ヒルはスロットキン下院議員と一騎打ちとなる予定。一方、ブレンダ・ローレンス下院議員も出馬する可能性があるとの情報も伝えられている。

名門ブラウン大学を卒業したヒルは、ハーバード大学の法科大学院(ハーバード・ロー・スクール)も卒業した輝かしい学歴の持ち主で、若い頃はオバマ大統領と一緒にバスケットボールをプレイしたこともあるという。

そんな超エリートのヒルが正式に出馬を表明した場合、『グッド・ドクター』への出演にどのような影響が及ぶのかは分かっていない。もし、ヒルが降板する運びとなったら、シーズン1よりレギュラーとして出演しているキャストは、主人公ショーン・マーフィー医師役のフレディ・ハイモア、アーロン・グラスマン医師役のリチャード・シフのみとなる。

将来的な不在を説明できる展開

2022年11月に放送されたシーズン6の前半エピソードでは、ヒル演じるマーカスが元妻イゾベル(ゴールデン・ブルックス)と再会する可能性が予告されており、ヒルが番組から一時離脱・降板する場合に準備されたかのような、将来的な不在を説明できる展開が示唆されていた。

『グッド・ドクター』に出演する前にヒルは、犯罪捜査ドラマ『CSI:ニューヨーク』で9シーズンにわたり、ジェルドン・ホークス役で出演。スパイドラマ『コバート・アフェア』や『HOMELAND』などでも活躍した彼が、政治家へ転身となるだろうか。今後の動向に注視しておきたい。

『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン6はABCにて毎週月曜日に放送中。日本ではHuluU-NEXTAmazonプライムビデオにてシーズン1~4が、Disney+(ディズニープラス)ではシーズン1~3が配信中。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

通常のHulu(月額1,026円税込)とDisney+のプレミアムプラン(月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば856円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン



Photo:『グッド・ドクター 名医の条件』©Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.