「夫婦とは何か?」を問う『Why Women Kill』と『メイド・フォー・ラブ』Huluで独占配信中!

Huluでは世界中から集めた選りすぐりの話題作を配信中。今回は、一見幸せそうに見える夫婦の、一筋縄ではいかない結婚生活を描いた二つのドラマをご紹介! 誰より愛していた相手が、誰より憎く、恐ろしい―。夫の裏切りによって幸せな結婚生活から一転、逆境に立たされる妻の姿を通じて「夫婦とは何か」を問いかける『Why Women Kill ~ファビュラスな女たち~』と『メイド・フォー・ラブ』はHuluにて独占配信中。

『Why Women Kill ~ファビュラスな女たち~』

『Why Women Kill』概要

1 軒の豪邸で巻き起こる3つの時代の女性たちの復讐サスペンスコメディ。エミー賞、ゴールデン・グローブ賞など数々の賞を受賞しアメリカで社会現象を巻き起こした、主婦たちのスキャンダラスな日常を描くサスペンスコメディ『デスパレートな妻たち』シリーズのマーク・チェリーが製作総指揮を務め、メインキャストにはハリウッド殿堂入りを果たしたルーシー・リューら実力派女優たちが集結した注目の話題作。同じ家に住む3組の夫婦。しかしその関係性はそれぞれ全く異なっている。3組の夫婦を通して、夫婦とは何か、良き妻であるか否かを誰が決めるのか―。三者三様の人生が巧妙に交錯した先に、果たしてどんな結末が待っているのか?

『Why Women Kill』あらすじ

1960年代の専業主婦ベス・アンは、ロケット開発に携わる夫ロブと二人、カリフォルニアの豪邸で何不自由ない暮らしを送っていた。しかし近所に住むシーラからロブの浮気を知らされ、浮気相手の女エイプリルに会いに行くことに。ロブと別れるよう迫るつもりだったベス・アンだが、エイプリルの思わぬ優しさに触れ、正体を隠したまま親交を深めていく。
1980年代、上流階級に生きる社交家のシモーヌは、裕福な暮らしぶりに優しい夫カールと順風満帆な生活を送っていたが、カールが男性と浮気していることが発覚。ショックを受けたシモーヌは近所に住む18歳の青年トミーに癒しを求め、一夜を共にしてしまう。カールの浮気を咎めつつ、自身も許されざる関係から抜け出せなくなっていく。
2010年代のテイラーは敏腕弁護士で、脚本家である夫イーライとはオープンマリッジの関係を築いている。自分以外に恋人を作ってもいいが家には連れ込まないこと。これが二人のルールだったが、ある夜、元彼から危険な目に遭わされそうになった恋人のジェイドを守るため、テイラーは少しの間だけジェイドを家に泊めてほしいとイーライに頼む。渋々承諾したイーライだが、美人で気立ての良いジェイドにすぐに心惹かれ、二人のオープンマリッジに変化が生じ始める。

『メイド・フォー・ラブ』

『メイド・フォー・ラブ』概要

アリッサ・ナッティングの同名小説を映像化したブラックコメディ。とんでもない計画を企てるIT企業社長の夫の元から逃れようとする妻の脱出サバイバルをコミカルに描く。「愛し合う二人が人生を本当に共に歩き、考えや感覚を分かち合えるよう、脳を完全につなげて二人のネットワークを構築。なぜなら人は、愛のために作られた生き物だから」と謳う本作では、追う夫と追われる妻を通して、脳にチップを埋め込んで、考えや感覚を全て共有しなければ、人は本当に愛すことができないのか、二人が愛し合うとはいかなることなのかを問う。

『メイド・フォー・ラブ』あらすじ

超巨大IT企業の社長バイロン・ゴーゴルの妻であるヘイゼルは、結婚以来ハブと呼ばれるVR空間で暮らしている。つねに栄養バランスの取れた食事が用意され、日中は備え付けのプールサイドでゆったりと過ごす。見優雅で何不自由ない生活を送っているヘイゼルだが、実際は全ての行動を管理されることに嫌気が差していた。ある日ビジネス関係者を集めたパーティーで、バイロンは脳内に埋め込んだチップで夫婦同士の感覚を共有する「メイド・フォー・ラブ」の実用化を宣言。何も知らされていなかったヘイゼルは、チップを埋める手術の前夜、決死の覚悟でハブから脱出する。

Huluで独占配信中

3組の夫婦を描くサスペンスコメディ『Why Women Kill ~ファビュラスな女たち~』シーズン1と、すでにシーズン2への更新も決定している話題のブラックコメディ『メイド・フォー・ラブ』シーズン1はHuluで全話独占配信中!

(海外ドラマNAVI)

Hulu-affiliate_728×90

Photo:『Why Women Kill ~ファビュラスな女たち~』©2022 Paramount+, Inc. All Rights Reserved. / 『メイド・フォー・ラブ』©2022 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved