2019年1月アーカイブ

現在、本国アメリカでシーズン14が放送中の大ヒット犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』(以下『クリマイ』)が、シーズン15をもって幕を降ろすことはすでにお伝えしている通り。『クリマイ』も他のロングラン番組同様に、カメラの裏側で起こる数々のドラマを乗り越えて、14年続けてきた。シリーズファイナルに向けて、米TV Insiderはファンに衝撃を与えた同作の7大ニュースを紹介している。

【関連記事】『クリミナル・マインド』A・J・クック、ファイナルシーズン&初監督について語る!

1.マンディ・パティンキン(ジェーソン・ギデオン役)の降板


本作のオリジナルキャストであり、シリーズスタート時の主演でもあるマンディ・パティンキン。BAU(行動分析課)チーム最高のプロファイラーと言われていたジェイソンがシリーズを去ったのは2007年、シーズン3が始まってすぐのことだった。製作総指揮のエドワード・アレン・バーネロによれば、それはあまりにも突然のことだったという。「彼は私たちに何が間違っていたとか、このキャラクターがいなくなった後どう進めればいいとか、他に誰かを探したほうがいいとか、私たちが(マンディが去ることで)すでにできていた7話分の脚本を書き直すことになることとか、何も教えてはくれなかったんだ」と、バーネロはファンブログに綴った。

2.マンディ・パティンキンの批判


2012年、マンディは米ニューヨーク・マガジンのインタビューの中で「私がこれまでに犯した最大の過ちは、第一に『クリミナル・マインド』を選択したことだ」とコメント。「(思っていたものと)全然違うと思った。毎晩、毎日、毎週、毎年、女性がレイプされ、殺害されるなんて考えていなかったんだ。このことは私の精神や人格にとって非常に悪影響だった」と、同作を激しく批判したのだった。

3.シーズン6のA・J・クック&パジェット・ブリュースター


2010年のシーズン6をもってA・J・クック(JJ役)が降板し、バジェット・ブリュースター(エミリー・プレンティス役)も大幅に出演話数がカットされることが報じられた。これを受けファンは、彼女たちの続投を求めるため、オンラインで署名運動を開始。その願いが通じ、二人はシーズン7にもレギュラーとして続投することが決まった。

4.トーマス・ギブソン(アーロン・ホッチナー役)の解雇


2016年、トーマス・ギブソンはシーズン12第2話の撮影中に、脚本家ヴァージル・ウィリアムズとストーリーのことで激しい論争になり、彼の足を蹴ったことで2エピソードの出演停止を言い渡されたが、その後いきなり製作者側から解雇が通達された。彼の空いた穴を埋めるべく、デイモン・ガプトン(スティーヴン・ウォーカー役)が新レギュラーに抜擢されたが、わずか1シーズン、15エピソードで去っている。

5.キャスティング担当スコット・デヴィッドの追放


2016年、米The Hollywood Reporterは、長年にわたりキャスティングディレクターを務めてきたスコット・デヴィッドが、オーディションという名目で有料ワークショップを行っているというニュースが報じられたことを受け、彼の職を解かれたと伝えた。

6.『クリミナル・マインド 国際捜査班』の世界観


各国で凶悪犯罪に巻き込まれたアメリカ人を救うためのFBI特別チーム(IRT)の活躍が描かれた『国際捜査班』。大ヒットドラマのスピンオフとして大きな期待が寄せられていたが、2シーズンでの幕を閉じることに。米メディアのAV Clubのライターは、「設定上、このドラマの前提は、アメリカ人は常に救助を必要とする罪のない被害者となり、外国人は常に自分の国に来る人々に害を与える悪の存在となることを意味する」と批評していた。

7.撮影監督グレッグ・セント・ジョンズの起用


昨年10月米Varietyは、撮影監督のグレッグ・セント・ジョンズが、19人の元・現スタッフから「男性スタッフの体を触り、身体的に彼らを脅迫し、不満を言えば解雇するなど、現場の環境を劣悪なものにしている」と告発されたにも関わらず、未だに『クリマイ』の現場で仕事を続けていると報じた。

ただ、最大のショックなニュースは、『クリミナル・マインド』が終わることだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c)ABC Studios

スタイリッシュな人気リーガルドラマ『SUITS/スーツ』でハーヴィー(ガブリエル・マクト)の上司だったジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレス)を中心にしたスピンオフドラマのトレーラーがついに公開された。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】シカゴ、女性弁護士、スピンオフと言えば...怒涛の展開の連続で本家『グッド・ワイフ』を圧倒する『グッド・ファイト 華麗なる逆転』

ジェシカの苗字から名付けられた『Pearson(原題)』というタイトルのこの新ドラマは、弁護士ドラマではなく、腐敗したシカゴの政治社会でジェシカが奮闘する姿を描くもの。今回公開された1分のトレーラーは、『パーソン・オブ・インタレスト』や『HOMELAND』で知られるモーガン・スペクター演じるシカゴ市長が、自分の右腕としてジェシカを記者会見で紹介するところから始まる。

「私の過去をご存知の方もおられるでしょう。ですが、何らかの形で恩返しできることを願っております」と堂々と挨拶をするジェシカ。その後ジェシカに「NYでは、"殺し屋"の異名で知られていたな」という人物には、「だったら、あなたが相手にしている私がどういう人間かよくお分かりね」と返答。また市長から、「君は政治を知らない」と言われても「そうね。でも権力というものは熟知しているわ。何も行動しないなら、そういう権力は得られないわね」と答え、市長をも言い負かすパワフルなジェシカが見られる。更には、政治を取り巻く殺人事件も起こるようで、ジェシカも事件に関わっていくようだ。

1月29日(火)に行われたテレビ批評家協会のパネルで、ジェシカを演じるジーナは、この作品に着手することになったきっかけを語っている。

「実は他の仕事を手掛けていたの、製作にとりかかっていたのよ。私のキャリアにおいて、新たなステップとなる予定だった。でも一方で、2016年のアメリカ大統領選の結果で、これほど世界が変わるなんて! と政治の世界に夢中になったわ。そこで、ジェシカのことを思ったの。もしジェシカがこういう政治世界にいたら、どうするかってね」

また、ハーヴィーを演じるガブリエルは以前、「ジーナの作品がシリーズ化されてとても嬉しいよ。飛行機に乗って、別の都市に気軽に行けるんだし、NYからシカゴに舞台が移ってもおかしなことではないね。ストーリー的には『SUITS』とは別の作品になるけど、オリジナルのキャストが出る可能性もあるかな」とファンにとっては喜ばしいコメントを述べていた。

『SUITS』の製作チームが集結する『Pearson』は、アーロン・コーシュとダニエル・アーキンが脚本を執筆、主演のジーナは、ダグ・リーマン、デヴィッド・バーティス、ジーン・クラインと共に製作総指揮に名を連ねる。

その他、弁護士ケリー・アレン役に、青春ドラマ『One Tree Hill』のヘイリー役で知られるベサニー・ジョイ・レンツ。ジェシカの従姉妹アンジェラを演じるシャンテル・ライリー(『ワイノナ・アープ』)、ジェシカの気が強いアシスタント、ヨリ役にイザベル・アライザ(『The Oath(原題 )』)、そして市長の報道官デリック役にイーライ・ゴリー(『The 100/ハンドレッド』)、市長と強い結びつきのあるミステリアスなタフガイ、ニック役でサイモン・カシアニデス(『エージェント・オブ・シールド』)らがレギュラーキャストとして名を連ねている。

ジェシカのクールな姿が見られるスピンオフ『Pearson』は、現在本国で放送中の『SUITS/スーツ』シーズン8の最終話でバックドア・パイロットとして放送予定。残念ながら本家はシーズン9で幕を下ろすことになってしまったが、新たにに始まるジェシカのストーリーを期待して待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』シーズン5
(c) 2019 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ニューヨークで暮らす男女6人の恋や友情を描く大ヒットシットコム『フレンズ』。2004年に終了してから今年で15年が経とうとしている。そんな本作でジョーイを演じたマット・ルブランが、ジョーイとチャンドラー(マシュー・ペリー)のアパートからある小道具を持ち帰っていたことを告白した。米Popsugarが伝えている。

【関連記事】あの二人は脇役のはずだった! 『フレンズ』トリビアをご紹介

1月25日(金)に出演したトーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』でマットは「まず、現金をいっぱい取ったよ(もらったよ)」とジョークを飛ばし、その後「フーズボール(テーブル・フットボール)の小さいボールを取って帰ったよ。なぜかわからないけど、家の道具箱に入れている」と告白した。

また、「あと、セットで使ってたマグネットボードをとったね。ロケ現場に電気関係のスタッフがいてね、なぜか彼はものすごく絵が上手だったんだ。いつもその日のエピソードに合っている絵をボードに描いてくれていたから、彼にそのボードをあげたんだよ」とマットらしい紳士的なエピソードも語った。

また、番組の司会者ジミー・ファロンから、「『フレンズ』がNetflixから消えると言われていたけど、継続になってよかったね。最高だよ、あの作品は」と言われると、「無くなる予定だったのを知らなかったんだよ。でも、このまま配信するらしいね、よかったよ。でももう僕は、あまり見ないけどね。あれを見ると、自分が100歳くらいになった気になるからね」と今はあまり見ていないと発言。

さらに、オーディションの時についても語っている。ジョーイの最終オーディションには、マットの他にもう一人俳優がいたが、その人物はカウボーイの格好をしていたという。「けなしているわけじゃないよ。でも、ちょっとカウボーイは違うんじゃないかな、と思ったんだよ。結果、僕が受かったけどね」と最終オーディションの様子も明かした。

そんなマットは、現在米CBSで放送されているシットコム『Man with a Plan(原題)』にアダム役で主演を務めている。同作は、三人の子どもを持つ父親アダムが、妻アンディ(ランディ・シュナイダー)が仕事復帰したことにより奮闘する羽目になるというコメディ。そのシーズン3が、アメリカで2月4日(月)よりスタートする。未だに根強いファンがいる『フレンズ』。作品データベースはこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』
ジョーイとチャンドラーが遊ぶテーブル・フットボール
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

大ヒット音楽ドラマ『Empire/成功の代償』で、ジャマル・ライオンを演じているジャシー・スモレットが、ヘイトクライムの被害にあい、業界の仲間たちから激励を受けるという事態が発生した。米Indiewireが報じている。

【関連記事】全米大ヒットドラマ! 『Empire 成功の代償』の魅力をさぐる

1月29日(火)未明、シカゴの自宅から出てきたジャシーは、白人男性二人組に襲われた。二人はジャシーに暴行を加えた上に、首にロープを掛け、漂白剤を浴びせながらMAGA(アメリカ合衆国を再び偉大にしようというトランプ政権のスローガン)信仰者と思われる言葉を発した。

犯人たちは、同性愛者・人種差別者だったことが暴言から分かっている。アフリカ系アメリカ人のジャシーは、2015年に自身が同性愛者であることを告白していた。今回の事件で、業界関係者が怒りと激励の言葉をInstagramやTwitterなどで述べている。そんなコメントの一部を紹介しよう。

・リー・ダニエルズ(『Empire』クリエイターで自身も同性愛者)
「君はこんな目にあうべきじゃない。誰もがだ。首にロープをかけられるなんて。漂白剤を浴びせられるなんて。暴言を吐かれるなんて。アメリカはこんなことが許される国ではない。性的指向に関係なく、お互い思いやるべきだ。人種差別主義者は存在するべきではないし、彼らが君にしたことも許されることではない。ジャシー、顔を上げるんだ。君と共にいるよ。すぐに駆けつけるよ。またアメリカの最悪な日になってしまった」

・ヴィオラ・デイヴィス(『殺人を無罪にする方法』

「なんてこと! これがまさに、LGBTQコミュニティが守られるために、戦い続けなければならない理由そのものよ。差別に対する暴力は、自分のことのように真剣に考えないといけないわ。ジャシー、あなたを抱きしめているわ。あなたは愛されているのよ」

・ウィルソン・クルーズ(『スター・トレック:ディスカバリー』
「言葉では足りないけど、このことを知っておいてほしい。ジャシーは私たちの子ども、兄弟で、"LOVE"という言葉だけではとても表すことができない。君と一緒に立ち向かうし、早く回復することを願っている。絶対に無視で終わらせられないことだ。私たちの仲間を攻撃したら、絶対に我々全員で返すから。覚えておけ」

・ケリー・ワシントン(『スキャンダル 託された秘密』
「神様! ジャシーのために祈りと正義を!」

・ミンディ・カリング(『ザ・オフィス』)
「昨晩ジャシーの身に起こったことを聞いて、恐ろしく思っているし、気分を害しているわ。残念なことに、このようなヘイトクライムはあまりにも頻繁に起こりすぎている。犯人を必ず見つけないと。ジャシー、愛を込めて」

・オリヴィア・マン(『ザ・プレデター』)「ジャシーは、白人男性二人組に漂白剤をかけられ、首をロープで絞められた。彼がアフリカ系で同性愛者だから標的にされたの。これこそが、同性愛者、人種差別者を容認してはいけない理由よ。ジャシーの命こそが大切だから」

・サラ・ラミレス(『グレイズ・アナトミー』
「ジャシーがこんな目に合うのはおかしい。誰の身にも起こってはダメよ。目に見えて、褐色系で、バイセクシャルで、移民で、世間に素性が知られている私はこう言うわ。"ヘイトクライムも、同性愛者差別も、クィア差別も人種差別も、MAGAも全部最低!」

ジャシーは肋骨を一本折ったが、幸い大事には至らなかったという。2月2日(土)にロサンゼルスで予定されていたコンサートも一度はキャンセルとなったものの、予定通り開催される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジャシー・スモレット©FAM008/FAMOUS

音楽のアカデミー賞ともいえるグラミー賞。2019年(第61回)のグラミー賞のノミネート作品が発表され、日本時間の2月11日(月・祝)には授賞式が行われる。実は、海外ドラマとグラミー賞は意外に密接な関係にある。グラミー賞がより楽しめる海外ドラマをご紹介しよう。

【関連記事】昨年はなんと『ゲーム・オブ・スローンズ』がグラミー賞にノミネートされました!

■まずは観ておきたい『Glee/グリー』
洋楽ファンならまず観ておきたいドラマといえば『Glee/グリー』。2009年から2015年にかけて放送された大ヒットミュージカルドラマだ。オハイオ州にある高校のさえないグリー部(合唱部)が紆余曲折を経て、全国大会に出場するまでにレベルアップしていく青春ドラマ。秀逸なストーリーもさることながら、キャストたちが実際に名曲をカバーするパフォーマンスも素晴らしく、観ていて元気をもらえるドラマでもある。曲のジャンルもスタンダードな名曲から最新のヒット曲まで多岐に渡り、洋楽ファン垂涎のドラマだ。

『Glee/グリー』の劇中音楽に使われたことがブレイクのきっかけになったバンドもいる。2013年(第55回)のグラミー賞で最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の2部門を受賞した「Fun(ファン).」だ。シーズン3でキャストが彼らのシングル曲「We Are Young」をカバーしたところ、放送後、同曲のセールスが劇的に上昇して話題となった。「Fun.」の実力もさることながら、『Glee/グリー』の効果も大いにあるだろう。

■グラミー賞ノミネート! ドナルド・グローヴァー主演ドラマ『アトランタ』

チャイルディッシュ・ガンビーノというラッパー名で今年のグラミー賞4部門にノミネートされている俳優、ドナルド・グローヴァー。彼が主演・監督・脚本を手掛ける『アトランタ』は、エミー賞やゴールデングローブ賞を受賞し話題となった、ファン必見のドラマだ。ジョージア州アトランタを舞台に、大学を中退したその日暮らしの"ダメ男"の主人公がラッパーとして活動する従兄弟のマネージャーになろうと決意するところから物語は始まる。歌手だけでなく、コメディアン・俳優、脚本家など多才な顔も持つドナルドのセンスが光るコメディな要素も見ものだ。

また劇中音楽はもちろんのこと、ドナルドとタッグを組む日本人監督、ヒロ・ムライが作り出す映像美にも注目したい。

素晴らしい劇中音楽は海外ドラマの魅力のひとつ。グラミー賞授賞式を前に話題のドラマを観て、音楽とともに楽しむのもおすすめだ。『Glee/グリー』は、U-NEXTやHuluでシーズン1からシーズン6まで配信、『アトランタ』はNetflixでシーズン1が配信されている。

過去に15度グラミー賞の受賞歴を持つアリシア・キーズが初めての司会を務めることでも話題となっている第61回グラミー賞授賞式は、2月11日(月・祝))午前9:00より、WOWOWプライムにて独占生中継。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『Glee/グリー』(c)2009-2010 Fox and its related entities. All rights reserved.
『アトランタ』(c)2016 FX Productions, LLC. All rights reserved.

いよいよ幕閉じを迎えることが決定し、日本では4月15日(月)よりファイナルシーズンとなる第八章が放送されることが決定した『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。シリーズでスターク家の長女サンサを演じるソフィー・ターナーが、「撮影中に髪を洗ってはいけなかった」と明かしていることがわかった。

【関連記事】【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』衣装と物語の密接なつながりとは?

米Entertainment Weeklyによると、米ファッション誌「InStyle」のインタビューに応えたソフィーが、撮影中の大変だった経験について語っている。「最初の1からの2シーズンは、サンサは貴族の少女だったから髪の毛を洗えたけど、シーズン5に向かうにつれて製作チームから髪を洗わないように言われて、本当に困ったわ。ファイナルシーズンではかつらを着用したから好きなだけシャンプーできて良かったけど。でも最初の数年はベタベタの髪で過ごさなくてはいけなくて、すごく痒かったの! それに雪を作るマシーンが作動してたから、紙製の小さな雪が頭に引っ付いて気持ち悪かった」とコメントし、かなり役作りで苦労したようだ。

もともとソフィーはブロンドだがサンサ役を演じるにあたり髪を赤毛に染めており、物語の展開に合わせてヘアスタイルにも大きな変化が。スターク家が領主を務めるウィンターフェルにいる時はシンプルな三つ編みヘアで、王都へ移ってからは髪を大きく結ったゴージャスなスタイル、リトルフィンガーことピーター・ベイリッシュと一緒に過ごした時期はダークに染め、状況によりヘアスタイルが異なっているとのこと。

そして、サンサは第七章で作り上げたアイデンティティを第八章でも保ち、ヘアスタイルについても自分の好みを通して、人によって動かされるのではなく自分が影響を与える側になるとも述べている。再び『GOT』を見直す機会があれば、サンサのヘアスタイルの変化に注目してみてはいかがだろうか。

『GOT』第八章は、BS10スターチャンネルにて4月15日(月)より世界同時放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

NYを舞台に、4人の女性の恋、仕事、友情を描いた大ヒットドラマ『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)。同作で主人公キャリーを演じ、大ブレイクを果たしたサラ・ジェシカ・パーカーが、キャリーが何らかの形で復活すると発表したことはお伝えしたが、その詳細が明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『SATC』サラ・ジェシカ・パーカー、再びキャリーがカムバック

このプロジェクトは、ベルギーのビール会社ステラ アルトワが、2月に開催される米スーパーボウルの日のためのTVコマーシャルとして、キャリーを採用したもののようだ。しかもそのコマーシャルには共演者がおり、1998年公開の『FARGO/ファーゴ』『ノーカントリー』コーエン兄弟が手掛けた映画『ビッグ・リボウスキ』で、ジェフ・ブリッジスが演じた主人公ザ・デュード。

すでに公開されている二人の共演コマーシャル動画では、まずキャリーがゴールドのゴージャスなドレスに身を包み、レストランに登場する。いつものコスモポリタンを注文するかと思いきや、「今日はステラ アルトワにするわ」というと、バンドが驚いて演奏を止め、ウエイターは皿を割ってしまい、厨房はあわや火事に。『SATC』のテーマ曲が流れるなか、ステラ アルトワがテーブルに運ばれキャリーは何事もなかったかのように笑顔に。

するとジェフ演じるザ・デュードがレストランに登場。床に割れた皿の破片を見ていると、バーテンダーに「ホワイトロシアン?」と聞かれる。だが「いや、ステラ アルトワを頼む」とオーダー。するとまたもウエイターが皿を割るほど驚く。

キャリーの隣のテーブルに座ったザ・デュードに、キャリーが「これ(ビール)、いいチョイスね!」と言うと、ザ・デュードは「変化もいいよな。これは俺認定だよ」と答えると言うストーリー仕立てになっている。

『ビッグ・リボウスキ』のザ・デュードは、ホワイトロシアンというカクテルを好むことで知られている。そんなカクテル好きの二人が、ビールを楽しむという異色の豪華共演が実現したコマーシャル。『SATC』のファンたちも、このような展開でのキャリー復活は予想していなかっただろう。『SEX AND THE CITY』の見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:
サラ・ジェシカ・パーカー (c)DARA KUSHNER/FAMOUS
ジェフ・ブリッジス (c)FAM008/FAMOUS

大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』で主人公リックの息子カールを演じ、シーズン8で降板したチャンドラー・リッグスが、米ABCのアンサンブル・ドラマシリーズ『A Million Little Things(原題)』に出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】 LAスクリーニング2018:デヴィッド・ジュントーリとグレイス・パークが夫婦役『A Million Little Things』をご紹介!

ボストンが舞台となる本シリーズは、諸々の事情で人生に行き詰まっている友人グループが、ある仲間の死にショックを受けて自分の人生を見つめ直し始めるというストーリー。

現時点で2話にわたって登場することになっているチャンドラーが演じるのは、PJという青年。主要登場人物の一人ローム(ロマニー・マルコ)と知り合ったPJは、彼と同じく暗い過去を抱えており、そんな二人の出会いが後に大きな意味をもつようになるという。

今月22日(火)にチャンドラーは、「4日前、あと少しで1年間も失業の身になるところだった。仕事の初日、ちょうど今素晴らしい番組のシーズン1の撮影セットにいるよ。本当に人生って、瞬く間に、急激に変化するものだね」とツイートしている。

そして、本作メインキャストの豪華なところも注目したい。『A Million Little Things』の顔ぶれは、ホラーファンタジードラマ『GRIMM/グリム』の主演でお馴じみのデヴィッド・ジュントーリ、『HAWAII FIVE-0』のコノ役で知られるグレイス・パーク、『セックス・アンド・ザ・シティ』でバーガー役を演じたロン・リヴィングストン、コメディ犯罪捜査ドラマ『サイク/名探偵はサイキック?』に主演したジェームズ・ロデイ、アリソン・ミラー(『インコーポレイテッド』)、クリスティーナ・モーゼス(『NIKITA/ニキータ』)、ステファニー・ショスタク(『理想の夫婦の別れ方』)となっている。

チャンドラーは、2019年にジョシュ・ハートネット(『ナイトメア ~血塗られた秘密~』)と共演する犯罪スリラー映画『Inherit the Viper(原題)』と、フリーダ・ピント(『スラムドッグ$ミリオネア』)が主演する映画『Only(原題)』も待機中。『ウォーキング・デッド』卒業後の彼の活躍にも期待したい。

『A Million Little Things』は、ABCにて毎週木曜22:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン7(チャンドラー・リッグス)(C) Frank Ockenfels 3/AMC
『A Million Little Things』(C) ABC/Matthias Clamer

『THE EVENT/イベント』や『パーソン・オブ・インタレスト』などで知られるジェイソン・リッターと、ダーク・ミステリードラマ『キャッスルロック』の不動産屋モリーを演じるメラニー・リンスキーに、女児が生まれたことが明らかになった。米Peopleが報じている。

【関連記事】スティーヴン・キング原作『Castle Rock』 ショーシャンク刑務所に現れた謎の青年が...

メラニーは、2017年2月に米TV番組『Hollywood Today Live』でジェイソンと婚約したことを発表。プロポーズは全く予想していなかったといい、ソファの上に座っているときに、言われたのだと笑って答えていた。映画で共演を通して出会った二人は、約4年の交際を経て婚約。二人の第一子となる女児の名前など詳細は明らかにされていない。

Netflixで今年配信予定のSFドラマ『Raising Dion(原題)』ジェイソンと共演しているニーマ・バーネット(『ギルモア・ガールズ』)は、自身のInstagramで「共演者のジェイソンと奥様に、可愛らしい女の子が生まれたわ! おめでとう! 赤ちゃんは最高ね! ジェイソンもよ! ジェイソンは素晴らしい才能の持ち主で、人間としても素晴らしいわ。共に創作活動ができて嬉しく思っているの。素敵な演技をありがとう!」とコメントしている。

プライベートなことはあまり語らない二人だが、お互いの作品に関してはツイートしているようだ。ジェイソンは、メラニー主演映画『Hello I Must Be Going(原題)』について「美しい映画だよ。おすすめだから見てみて」と赤いハートの絵文字と共にこの作品を見るようにファンに勧めている。

母となったメラニーの出演する『キャッスルロック』は、2月9日(土)にWOWOWプライムにて日本独占放送。本放送に先駆けて2月2日(土)と3日(日)に全10話一挙放送する。

ジェイソン&メラニー、本当におめでとう!

(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェイソン・リッター&メラニー・リンスキー
(c)FAM020/FAMOUS
(c)NYKC/FAMOUS

先日ついに米HBOが、大ヒット大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)第八章を、4月14日(日)より放送開始することを発表。すでに撮影は終了しており、ジョン・スノウ役を演じるキット・ハリントンが記念品として持って帰った物を明かし、「ナルシストだろ」とコメントしているという。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』プロデューサー、「最終章はストーリーが頭からひっくり返る」と語る

英BBCラジオ2の『The Zoe Ball Breakfast Show』にゲスト出演したキットが、『GOT』出演の記念に、ジョン・スノウの実物大の石像を持って帰ったと打ち明けている。その石像は第八章のティーザー予告編のひとつで、ジョンがサンサ&アリア・スタークと一緒に、地下の礼拝・納骨堂を訪れるシーンに登場する。

キットは、「その石像を自宅に配送してもらったんだ。それって何か悲しいよね。だって像を貰ったのは僕だけで、どれだけ自分がナルシストかってことを表してるだろ」と、冗談を交えながらコメント。そして、今のところ石像は自宅に飾らずに倉庫に保管していて、水が流れる仕様に変えようかとも言っていたとのこと。

記念品のことは明かしたももの、最終章の展開については固く口を閉ざしていたキット。「ファンに観てもらえるのが待ち切れないよ。素晴らしい内容になっていると思う。これまでのように『GOT』が常識を覆して、TV界に革命を起こしてくれることを願ってるんだ。きっとそうなるんじゃないかな」と詳細には触れなかったが、かなりの自信作に仕上がっていることは間違いないようだ。

ついにシリーズが終幕を迎えることについては、「本を読み終えた時って悲しいだろう? シリーズに出演した9年が終わって、まったく同じ気持ちになった。どんな結末になろうとも、終わったことへの悲しみは少しつきまとうと思う。でもハッピーじゃないかもしれないけど、僕は満足しているよ」とも述べている。

どんな展開になるのか気になる『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、 BS10スターチャンネルにて4月15日(月)より世界同時放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

頭脳明晰ながら人付き合いはちょっと苦手なオタク4人を主人公にしたコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』が、現在放送中のシーズン12をもって幕を閉じることは既にお伝えしている通り。このほど、米Entertainment Weekly(以下EW)の表紙に登場したメインキャストたちが、ドラマの終わり方についてそれぞれの理想を明かした。

【関連記事】シェルドンことジム・パーソンズ、『ビッグバン★セオリー』終了について"やり切った"

「みんながこのショーの理想の終わり方についてアイディアを持っている。僕らはどこを目指すか、どこに着陸したいのかわかっているよ」と話したのは製作総指揮のスティーヴ・ホランド。EWは、ペニー役のケイリー・クオコ、シェルドン役のジム・パーソンズ、レナード役のジョニー・ガレッキの3人に、それぞれが描くエンディングについてインタビューした。

予想通りというべきか、ケイリーとジムはファンの多くと同じことを考えていた。「エレベーターは絶対だね。それが、最終回での僕の願いの一つだ」とジム。「少なくとも1分間、エレベーターが直って、僕らみんながその中で動けなくなっちゃうんだ」と故障したままのエレベーターが直って、みんなでハッピーエンドを迎えることを願った。これにケイリーも「それが私にとっても最高の終わり方よ」と賛同。

一方でジョニーは、最終回には感情的な場面を沢山盛り込んで欲しいという。それは、「僕らみんな、最後の瞬間は泣かずにはいられないだろうからね。泣いていることを正当化できる脚本にしてほしい」というのが、本音のようだ。

『ビッグバン★セオリー』はシリーズファイナルとなるシーズン12は米CBSにて放送中。見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ビッグバン★セオリー』シーズン1 
いつから故障中?エレベーターの前で
© Warner Bros. Entertainment Inc.

本国アメリカで現在放送されているシーズン14で、シリーズ通算300話を迎えた人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。先日、更新されたシーズン15をもって幕を閉じることは当サイトでもお伝えしたが、今回シーズン1から出演しているジェニファー・"JJ"・ジャロウを演じるA・J・クックが、ファイナルを迎えることについて切り出した。

【関連記事】『クリミナル・マインド』A・J・クックのファイナル&初監督について語ったインタビュー完全版はこちら!

米メディアサイトCarterMattのインタビューで、番組が終了すると聞いた時のことについて尋ねられたA・J・クックは次のように答えた。「(ショーランナーの)エリカ・メッサーが知った時に、キャストに電話して伝えてくれたの。だから事前に知っていたし、キャンセルの可能性があることも、いずれシリーズが終了することも分かっていた。その言葉を実際に電話越しに聞くのは変な感じだったけど。気持ちの上で、自分があんな反応を起こすとは思っていなかったから。でも悲しみの涙じゃなかったし、素晴らしい人たちと出来得る限り一緒に働けて、その環境に身を置けたことに対する感謝の気持ちで一杯になってしまった」

『クリミナル・マインド』の放送がスタートしたのは、2005年。当時27歳だったA・J・クックも、現在40歳。シーズン6で降板した時もあったが約14年間JJを演じてきて今は、一歩下がってシリーズを見返してるという。「すごく切ない。みんながシリーズに長いこと関わっているし、私はJJ役を本当に長きにわたって演じてきたから、私の大きな部分を占めているの。"『クリミナル・マインド』後の人生はどうなるの?"と感じてしまう」と、胸の内を明かした。

そして、「スタッフとキャストと同じぐらいファンがキャラクターを愛してくれる。それが私たちのやりがいだから、初めからノンストップで働き続けてこれたのよ。たまに少し感極まってしまう瞬間があるけど、別れを言うのはつらいから、その気持ちを割り切ろうとしているの。みんなに会えなくて寂しくなるし、去るのは悲しい。でも出演できて嬉しかったし、その気持ちはシリーズが終わるまで変わらないわ」と、ファンへの感謝と家族と話す『クリミナル・マインド』について語った。

一時代を築いてきた『クリミナル・マインド』。終了することは残念なニュースではあるが、最後まで見届けたい。『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c) ABC Studios

大ヒットドラマ『NCIS〜ネイビー犯罪捜査班』でトーレス捜査官を演じているウィルマー・バルデラマが、自身の母親へ心温まるサプライズプレゼントを贈ったことが話題になっている。米CarterMattが伝えた。

【関連記事】『NCIS』降板したトニー役の後任捜査官にウィルマー・バルデラマ!

先日、ウィルマーはインスタグラムにある動画を投稿。それは、自宅の隣に母親のための家を購入し、そのことを母に伝える一部始終を撮影したものだった。ウィルマーにとってこの家は、自分を育てるために母が自らのことは顧みずに一生懸命に働いてくれたこと、エンターテイメントの世界での成功を目指す目息子のために自らのことは諦めながらサポートしてきてくれたことへの精一杯の感謝の気持ちを込めたプレゼントなのだ。

ウィルマーの生誕地はアメリカだが、幼い頃にベネズエラへ移住。同国で幼少期を過ごした後、10代でアメリカへ戻り、ショービジネスの世界にアメリカでの居場所を見出してきたというバックグラウンドがある。特に、18歳の頃から8年間に渡って出演した『ザット'70s ショー』は、彼の人生における形成期であり、この作品を通してショービジネスの世界を理解し、俳優としての基礎を作ることができたという。

その後、『アウェイク〜引き裂かれた現実』や『マイノリティ・リポート』『フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ』『グレイズ・アナトミー』などTVドラマへの出演を重ね、現在は米国No.1ヒットの『NCIS』にレギュラー出演をしているほか、新しい企画のためにCBS TV Studiosと契約を交わしている。

米国のTV界に確かな地位を築き、親孝行も実現させたウィルマー。そんな彼の活躍が見られる『NCIS〜ネイビー犯罪捜査班』は、米CBSにてシーズン16が放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィルマー・バルデラマ
(c)2019 Disney | ABC Television. All rights reserved.

トマス・ハリスのベストセラー小説にインスパイアされ、映画『羊たちの沈黙』で有名なハンニバル・レクター博士の若き日を描いた米NBCの『ハンニバル』。本シリーズでレクター博士を演じたマッツ・ミケルセンは、博士のように料理はしないようだ。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ハンニバル』ハンニバル・レクター役:井上和彦×ウィル・グレアム役:浪川大輔 "こだわり"対談

『ハンニバル』では、レクター博士が殺害した犠牲者の人肉や内臓をプロ級の腕前で調理し、超豪華な人肉料理をゲストに振る舞うシーンが頻繁に登場していた。

そして、海外掲示板サイトRedditに降臨したマッツが、ファンからの「料理の腕前を見たいからディナーに招待してほしい」との要望に、「最近はデリバリーばかり注文してるよ」とコメントしていたとのこと。どうやら、劇中で見せた見事な包丁さばきは、自宅では披露していないようだ。

その他に、「『ハンニバル』シーズン4出演に興味はありますか? もし実現するなら、どんな展開を期待していますか?」との質問には、「やる気は100パーセントだ。(クリエイターの)ブライアン(・フラー)に連れて行かれるだろう、どんな狂った道でもついて行くよ」と返信している。

マッツは以前のインタビューで、「フラーが、『羊たちの沈黙』の使用権を獲得しようとしているのは知ってるよ。そうすれば彼が手掛けるユニバースで、作品のキャラクターを登場させることができるからね。それが、次に行き着く先じゃないかって気がしてるよ」と明かし、具体的にフラーがシーズン4の製作に向けて動いていると語っていた。

もしシーズン4が本格的に動き出したら、マッツが包丁を手にレクター博士のキッチンに戻ることになりそうだ。

『ハンニバル』のリバイバルが待ち切れないというファンは、Netflix製作によるマッツ主演のサスペンス・アクション映画『ポーラー 狙われた暗殺者』が、1月25日(金)より世界同時配信となるのでお見逃しなく。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハンニバル』
(C)2013 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

6シーズンにわたり、貴族のクローリー家と一家に仕える使用人が繰り広げる愛憎劇を描き、世界中で大ヒットとなった英ドラマ『ダウントン・アビー』。ドラマ版で貴族クローリー家の運転手から三女シビルと結婚してクローリー家の一員となったトム・ブランソンを演じたアレン・リーチが、「映画版におけるトムの運命に満足している」と語っている。

【関連記事】【貴族編】『ダウントン・アビー』出演者は今?

英Digital Spyによると、英「HELLO!」誌のインタビューにて、映画版で描かれる展開に満足したとコメントしたアレン。「別れを告げたと思っていたキャラクターを再び演じることができたら、それは贈り物だよね。僕と同じように多くのファンも、(ドラマ版で)トムは値するべき結末を与えられていなかったと感じてたんじゃないかな。だから、納得がいくエンディングになって満足してる。(ショーランナーの)ジュリアン・フェロウズは素晴らしいトムの物語を描いてくれた。サヨナラを言う時がついに来たのだとしたら、これが別れを告げる方法だと感じてるよ」と、映画版が満足いく仕上がりになったと明かしている。

そして、6年間も撮影をともにしたキャストとの再会にも感動したようで、「最初に脚本の読み通しをした時に、マギー・スミス(バイオレット役)とエリザベス・マクガヴァン(コーラ役)、ジム・カーター(カーソン役)と会えて嬉しかったよ。家族が集ったみたいで、その時がもっと続けばいいのにって思った」とも付け加えていた。

アレンは、今月5日(土)に米女優ジェシカ・ブレア・ハーマン(『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』)と結婚したことが報じられ、フレディ・マーキュリーのアシスタントだったポール・プレンター役で出演した映画『ボヘミアン・ラプソディ』『ボヘミアン・ラプソディ』は世界中で大ヒットを記録。その成功に続き、ソフィア・ブッシュ(『シカゴ P.D.』)が主演する米CBSの新作スパイドラマ『Surveillance(原題)』で、ソフィア演じるマディの夫で元CIA諜報員のマイク役で出演することも決定し、まさに公私ともに絶好調だ。そんなアレンの活躍ぶりに、今後も注目していきたい。

映画版『ダウントン・アビー』は北米では2019年9月20日(金)、その他の国では9月13日(金)から公開スタート予定。ドラマ版はNetflixにてシーズン1から6が配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ダウントン・アビー』
(c)Carnival Film & Television Limited 2010. All Rights Reserved.

数世代に渡りニューヨーク市警察官を生業としてきた一家が難事件に挑む様子を描いた米CBSの『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』。本シリーズでジャッキー・クラトーラを演じるジェニファー・エスポジートが、再びニューヨーク市警に戻ってくるようだ。米TV Lineが報じている。

【関連記事】マリスカ・ハージティ、『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン25も夢じゃない!

ジェニファーが出演するのは、本国アメリカでシーズン20が放送中の大ヒット犯罪法廷ドラマ『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』。こちらもニューヨーク市警が舞台になっているため、ジェニファーが再びニューヨーク市警で活躍する姿が見られるというわけだ。

同ニュースは、『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』でフィンを演じるアイス・Tのツイートで判明した。ジェニファーと仲良く映っている動画を自身のTwitterアカウントに載せたアイス・Tは、「ジェニファー・エスポジートと一緒にいるよ。外でロケをしているんだ。みんな、俺たちが着込みすぎだっていうけれど、今ニューヨークは華氏7度(摂氏マイナス14度)なんだ。外でロケしてるんだよ! ほら、撮影クルーがみんないるよ。すごく寒い! もう寒いから中に入るよ」とコメント、極寒の中で過酷な撮影を行っていることを伝えた。

ジェニファーは、2月14日(木)に放送されるエピソードに出演する。彼女が演じるのは、オリビア・ベンソン(マリスカ・ハージティ)たちの率いるチームと協力して、売春宿チェーンを摘発するヴァイス・スクワッドのフィービー・ベイカー捜査官を演じる。ヴァイス・スクワッドとは、賭博、ポルノ、売春や薬物などの使用を取り締まる特殊部隊。

実はジェニファーは、なんと約20年前の『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン1でゲスト出演している。当時の役柄とは全く異なるものだが、20年もの時を経て同じドラマに出るということもなかなかないだろう。

2012年、自己免疫疾患の一つであるセリアック病を患っていたジェニファーは、症状の悪化を理由に『ブルーブラッド』での撮影スケジュールに余裕を持たせたいと放送局であるCBSに懇願。だが同局は、ジェニファーの希望するスケジュールでは主要キャラクターの存続は難しいと判断。結果として、ジャッキーが降板することになった。しかしジェニファーによると、その後も出演契約は締結されたまま、出演料は支払われないのに他の番組に出演することも禁じられていたそうで、他のドラマに出演できない時期があった。

晴れて、他の作品に出演できるようになったジェニファーは、その後『アフェア 情事の行方』や、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』などに出演している。ジェニファーが出演する『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』シーズン20は、毎週木曜日米NBCで放送中。『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・エスポジート
(c)FAM008/FAMOUS

米ABCの大ヒットドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)の主人公メレディス・グレイ役のエレン・ポンピオが、シーズン10で降板したクリスティーナ役のサンドラ・オーの復帰を望んでいるとコメントした。

【関連記事】【ネタばれ】『グレイズ・アナトミー』メレディスの恋のお相手、ベスト6

エレンは米TV Lineに「自分勝手だとは思うけど、『グレアナ』にサンドラが戻ってきれくれたら、と思うの。でも、彼女が主演している『キリング・イヴ/Killing Eve』も大好きなのよ。あの作品のサンドラが全部好きなの。だからサンドラのことは大好きだから帰ってきてほしいけれど、でも彼女が輝いているのを見る方がいいのよね。その方が私ももっと幸せを感じるわ」とコメントした。

サンドラはシーズン1から『グレアナ』に出演し、2005年から2009年の間に5度もエミー賞助演女優賞にノミネートされている。そして2013年に降板し、当時復帰について次のように述べていた。「いつかは『グレアナ』も終わりを迎えるわ。その最終回には戻ってきたいと思っているの」

だが昨年6月のインタビューでは、すでに新作ドラマ『キリング・イヴ』に出演していたこともあり、「『グレアナ』に復帰するかいつも聞かれるわ。答えは、はっきり言ってその時の気分次第ね。今聞かれたら、答えはノーよ。今は新作で演じているイヴのことが大好きだから。もちろんクリスティーナも大好きよ。(降板しているのに)ファンに『グレアナ』のことを未だに言われるから毎回驚くの。素晴らしいことよ。とても嬉しいわ。すごく胸がいっぱいになるの。もう出演していなくても、ずっと影響は続くのね。すごいことだわ。でも役者としていい仕事ができるかどうかは、自分の向かっている方角に正直でいられるかどうかだと思うの。そして今私のコンパスは、北を指している、つまりもっと上昇しなさいってことなの」

また『グレアナ』ベン・ウォーレン役のジェイソン・ジョージも以前に、「サンドラ・オーに戻ってきてほしいんだよ。彼女はすっごい女優なんだ。それにサンドラが周りにいるだけでとても楽しいし、物事がうまく進むんだよ」と、エレンのようにサンドラの復帰を望んでいた。

ファンだけでなく、共演者たちからも復帰を切望されるサンドラは、現在BBCアメリカのスリラードラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』で、主演を務めている。今年1月6日(日)に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞では、『キリング・イヴ/Killing Eve』の演技でTVドラマ部門主演女優賞に輝いた。その際『グレアナ』の共演者たちも、次々と祝福のコメントを贈っていた。

『キリング・イヴ/Killing Eve』は、すでにシーズン2への更新が決定しており、日本ではシーズン1が2月6日(水)よりWOWOWプライムにて日本独占放送となる『キリング・イヴ/Killing Eve』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。

また全世界に根強いファンがいる『グレイズ・アナトミー』シーズン15は、米ABCにて現在放送中。『グレイズ・アナトミー』の見どころは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:エレン・ポンピオ&サンドラ・オー
(c)ABC Studios
(c)Phil Roach/FAMOUS

ニューヨークの大手法律事務所を舞台にしたスタイリッシュな弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』(以下『SUITS』)。今回、シーズン9へ更新されることが明らかになったが、同時にこれが最終シーズンであると発表された。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じている。

【関連記事】アメリカ版『SUITS/スーツ』5つの魅力

シーズン7では、主要キャストだったマイク(パトリック・J・アダムス)とレイチェル(メーガン・マークル)の二人の卒業が決定したが、同作はシーズン8に更新され、本国アメリカで昨年7月から放送されている。(※1月23日(水)からシーズン8の後半が放送。)

発表された最終シーズンとなるシーズン9は、全10話構成予定で今年放送される予定。本シリーズと現在製作されているスピンオフ『Pearson(原題)』のクリエイターであるアーロン・コーシュは、終了の発表について以下のようにコメントした。「本当はそうでないことは理解しているけれども、私のような知名度のない脚本家のアイデアで米USA Networkが、ドラマ製作に合意してくれた日を、昨日のことのように覚えています。最近では、こういう新人のアイデアを製作に持ち込むことは珍しくありませんが、47年前にタイトルなしのコーシュ・プロジェクトを執筆した時は、誰も見向きもしてくれませんでした」

続けて、「素晴らしい脚本家とスタッフたちの情熱と忠誠心がなければ、この作品はなかったことでしょう。そして一番感謝したいのは、ファンの皆さんです。いかなる時も、どんな過去の物語の時でも、率直な意見を伝えてくれて感謝しています。ファンの方の意見がなければ、ストーリーは勝手に進んでいき、物語に生かされることはなかったでしょう。もしファンの皆さんの声を無視していたら、誰も見ないような作品になっていたかもしれません。最後に、妻と子どもたちに感謝します。いつも仕事で家にいないことを理解してくれてありがとう。この作品は、私の夢そのものだったのだよ。愛している」と、感謝の言葉を伝えている。

また、放送局のUSA Networkの社長クリス・マッカンバーは、「『SUITS』は10年近くも、弊社に影響力を持つ作品でした。素晴らしい作品を製作し続けてくれ、私を含む弊社社員全員が、クリエイターのコーシュとキャスト、スタッフに感謝しています」と述べた。

USA Networkにとっては、『SUITS』と、大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが主演するクライムサスペンス『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の、二大人気作品が今年終了することになる。

残念なニュースではあるが、同作を降板したジーナ・トーレスが演じるハーヴィーたちの元上司ジェシカ・ピアソンのシカゴでの奮闘を描いたスピンオフドラマもあることから、本家からキャストのゲスト出演なども期待できるかもしれない。また1つ大ヒット作品が幕を閉じる。

『SUITS/スーツ』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』
(c)2017 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

自閉症とサヴァン症候群を併せ持つ若き天才ドクターが、逆境を乗り越えて医療の未来を変えようと奮闘する医療ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』。本作のシーズン2に、ブレイク・ライブリー(『ゴシップガール』)の姉であり女優のロビン・ライブリー(『ゴーティマー・ギボン ~ふしぎな日常~』)が出演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】韓国・日本・米国の『グッド・ドクター』を徹底比較!

ロビンは、2月に本国で放送されるシーズン2の第15話に、ピーター・ベンソン(『ブラックリスト』)演じるナイジェルの妻ダイアンに扮する。彼ら夫婦の間に生まれた女児に、重大な障害があることを告げられる。そして、非常に難しいとされる手術を受けなければ、その子の命は助からないかもしれないと告知され、苦渋の選択をせまられるという。

ロビンはこれまでにも、『Major Crimes ~重大犯罪課』『クリミナル・マインド FBI行動分析課』『メンタリスト』『シカゴ・ホープ』『ツイン・ピークス』『HAWAII FIVE-0』など、数多くの人気ドラマにゲスト出演している。

シーズン2には、本作をプロデュースしている『HAWAII FIVE-0』で知られるダニエル・デイ・キムも、先日俳優として出演することは、お伝えしたばかり。ダニエルは新たに聖ボナベントゥラ病院に着任し、ショーン(フレディ・ハイモア)のキャリアを脅かすジャクソン・ハン医師として合計4話に登場する。

同作にはフレディをはじめ、リチャード・シフ(『ザ・ホワイトハウス』)、アントニア・トーマス(『恋愛後遺症』)、ニコラス・ゴンザレス(『プリティ・リトル・ライアーズ』)、ヒル・ハーパー(『CSI:NY』)らが出演している。

『グッド・ドクター 名医の条件』シーズン2は、米ABCにて毎週月曜日に放送中。日本では、Dlifeにてシーズン1が1月19日(土)より放送中。『グッド・ドクター 名医の条件』のみどころなどは、海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:ロビン・ライブリー
(c)NYPW/FAMOUS

映画『エイリアン』や『ブレードランナー』などで知られる、巨匠リドリー・スコットがメガホンを取る新作SFドラマ『Raised by Wolves(原題)』。本作に、『ヴァイキング ~海の覇者たち~』に主演したトラヴィス・フィメルほか、新キャスト10名が出演することが決定した。米Varietyが報じている。

【関連記事】"伝説のヴァイキング王"ラグナルを演じるトラヴィス・フィメル 作品への思い

米TNTで製作される本シリーズは、神秘的な未踏の惑星で、人間の子どもを育てるタスクを課せられた2台のアンドロイドを中心に描かれる作品。人間のコロニーが急増するにつれ、宗教の違いが原因でコロニーが崩壊する危機に面し、アンドロイドが人間の信念を操ることは危険で困難なタスクであることを学んでいく...というストーリー。

トラヴィスが演じるのは、カリスマ性のある兵士マーカス。サバイバルを繰り広げた末、呪われた地球を脱出するために彼と妻スーは危険な決断を下し、その秘密を守らなくてはならなくなるという。

意志が強く経験豊富な衛生兵スーをニアフ・アルガー(『フロム・ザ・ダーク 』)が演じ、マーカスとスーの12歳の息子ポールに扮するのはフェリックス・ジェイミソン(『The Ghost(原題』)。

その他には、人間の子どもに惜しみない愛情を注ぐアンドロイドの父親役にアブバカル・サリム(『Fortitude(原題)』)、アンドロイドの両親に育てられた12歳の少年チャンピンオンにウィンタ・マクグラス(『ドクター・フー』)、高い知性を誇る17歳の少年ハンター役にイーサン・ハザード(『The Dare(原題)』)、宗教の教えのもと育てられたが、信仰心が薄い17歳の少女テンペスト役にジョーダン・ロックラン(『エメラルドシティ』)、奇妙な新世界で、自分の居場所を探そうとする15歳の戦士ホリー役にアーシヤ・シャー(『埋もれる殺意 ~39年目の真実~』)、最年少のキャラクターで、最も恐れを知らない9歳の少女ヴィタ役にアイヴィー・ウォン(『Maleficent(原題)』)がキャスティングされている。

これまでにスコット監督は、人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』や歴史改変SFドラマ『高い城の男』といったシリーズで製作総指揮を手掛けてきたが、ドラマ作品でメガホンを取るのは『Raised by Wolves』が初となる。脚本&ショーランナーは、リメイク版『パピヨン』や『プリズナーズ』で脚本を担ったアーロン・グジコウスキ。

『Raised by Wolves』は、今月から南アフリカ共和国にて撮影スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:トラヴィス・フィメル
(C) babiradpicture/FAMOUS

人気クライムミステリー『ボディ・オブ・プルーフ』のミーガン・ハント役で知られるダナ・デラニーが主演を務める米CBSの新作ドラマ『The Code(原題)』のプレミア放送日が同局により発表された。米TV Lineが報じた。

【関連記事】米CBSは『グッド・ワイフ』クリエイターが手掛ける新作ドラマを発注!

『The Code』は海軍法務総監部を舞台に、困難な状況にあるアメリカ国家を守る優秀な海兵隊弁護士たちを描いたもの。海兵隊員である者たちは、同時に検察官であり、弁護人であり、捜査官でもあり、正義のために彼らの個人的な理念を脇に置いて、国へ忠誠を尽くす姿が描かれる。

当初は『コンドル ~狙われたCIA分析官~』のミラ・ソルヴィノが、法務部の司令官エイサ・ターンブル大佐を演じる予定だったが、現段階ではダナが同役を演じることになっている。エイサは、部下の弁護士たちから恐れられつつも尊敬されており、自分にも部下にも完璧を求める性格で、女性海兵隊員としては最高ランクの地位にいる一人。海外に派遣されている二人の息子の母でもあるという設定だ。

出演者はダナのほか、ルーク・ミッチェル(『ブラインドスポット タトゥーの女』)、アンナ・ウッド(『フォーリング・ウォーター』)、アトー・エッサンドー(『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』)、フィリッパ・スー(『SMASH』)、ラフィ・バルソーミアン(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)らが出演。

『グッド・ワイフ』の脚本家でプロデューサーのクレイグ・タークと、『リミットレス』クリエイターのクレイグ・スウィーニーが脚本と製作総指揮を担当しており、スウィーニーはショーランナーとしても携わっている。監督を務めるのは、『gifted/ギフテッド』や『クレイジー・エックス・ガールフレンド』などのマーク・ウェブ。『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』や『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のカール・ベヴァリーとサラ・ティンバーマンも製作総指揮に名を連ねる。

『The Code』は、米CBSにて4月9日(火)の夜9時からスペシャル番組が放送され、翌週月曜の15日からレギュラー放送が始まる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダナ・デラニー
(c)FAM020/FAMOUS

NYを舞台に、恋に仕事に奔走する4人の女性を描いた大ヒットドラマ『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)で主人公キャリーを演じ、大ブレイクを果たしたサラ・ジェシカ・パーカー。今でもシリーズの復活を望んでいるというサラが、自身のInstagramで、キャリーが復活することを発表した。米Digitalspyが報じている。

【関連記事】『SATC』4人のキャスティング秘話

サラは、『SATC』のあのテーマ曲と共に、キャリーらしい豪華な衣装を身にまとった自身の動画を公開。そして「古き友人たちへ。彼女(キャリー)は、少しだけ登場するわ。私たち皆が関心を持っていることのために、素晴らしい企業とタイアップするの。詳細はまた。愛をこめて。サラ・ジェシカ」とコメントした。その動画の最後には、サラのアップと共に「#PourItForward」と記載されている。

キャリーの復活はドラマ『SATC』そのものでの出演ではないよう。だが、ファンたちは「イエス!イエス! イエス!」「このビデオやめられない!」「うわー! もっと詳細知りたい!」など歓喜の声を上げている。

以前インタビューでサラは、『SATC』の主役を演じることが決まった時にパニックになり、「なんだか突然誰かに拘束されるとか、限界を決められたみたいに息苦しく感じてしまったの」とコメント。さらに「長く継続するドラマシリーズのスケジュールに縛られている気がしていた」と語っていたが、長く出演しプロデューサーにもなり、キャリーと同作には思い入れがあるようだ。

サマンサを演じたキム・キャトラルが、シリーズの続編やリブートへの出演を拒んでいると報じられているが、サラはシリーズが終わりだとは思っていないようで、「(製作総指揮の)マイケル・パトリック・キングとリブートなどの企画について話し合いをしたことはないわ。でもだからと言ってこれからもしないというわけではないの。ただ、"まだしたこと"がないというだけよ」とも述べている。

また以前、クリエイターのダーレン・スターは、「(『SATC』の)リバイバルは考えているよ。違うキャストで、というと分からないけれど、オリジナルキャストであれば100パーセントやりたいね」とオリジナルの4人で製作したい希望を述べていた。

サラが告知した謎のキャリー復活プロジェクト。詳細がわかり次第、お伝えしていきたい。『SEX AND THE CITY』の見どころは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SEX AND THE CITY』
(c)DARA KUSHNER/FAMOUS

今年シーズン6が放送される米ABCの人気アクションドラマ『エージェント・オブ・シールド』。実は、数年前に『Marvel's Most Wanted(原題)』というスピンオフが企画されていたが、残念ながらその話は頓挫していた。

【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』のあの人、マーベル美女エージェントの共闘に乗り気!

このスピンオフで主演を務めるはずだったのが、『エージェント・オブ・シールド』で有能な捜査官のバーバラ・"ボビー"・モースを演じていたエイドリアンヌ・パリッキ。現在はSFコメディドラマ『宇宙探査間オーヴィル』に出演している彼女は、米TV Lineの最近のインタビューの中で、幻のスピンオフと『エージェント・オブ・シールド』への復帰の思いを明かしている。米CBR.comが伝えた。

実現には至らなかったスピンオフは、エイドリアンヌ演じるボビーと、ボビーの元夫で傭兵のランス・ハンター(ニック・ブラッド)の二人を主人公に据えて展開される予定だった。パイロット版を見たというエイドリアンヌは、「とても、とても良かったわ。少しダークで、より現実的かな...」と、その内容について説明。

続けて、「私たちは傭兵ね。(『エージェント・オブ・シールド』でやっていたことの)延長のような感じ」「結局、私たちの生活のために闘う、ということになりそうだった」と、二人の抜群のアクションと恋愛模様が描かれるはずだったことを明かした。

2015年8月、ABCは『Most Wanted』のパイロット版を発注。2016年の初めに製作がスタートし、3月には完了していたが、同局がシリーズ化の決断を下すことはなかった。エイドリアンヌとニックはこのスピンオフに主演するために、シーズン3をもって『エージェント・オブ・シールド』を降板していた。

ボビーは特にファン人気の高いキャラクターで、今でも彼女の復帰を望む声は多い。エイドリアンヌ本人も、呼ばれればいつでもボビーとしてカムバックするつもりだと言い、「もし、戻ってこないかと言われたら、私は絶対戻るわ」とコメント。パートナーのニックは2017年に放送されたシーズン5に再登場したが、「ニックが出るなんて、どうなってんのよ? って感じだったわ」と、羨ましさをにじませた。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は7月に本国で放送開始予定。メリンダ・メイ役のミンナ・ウェン、デイジー・"スカイ"・ジョンソン役のクロエ・ベネット、アルフォンソ・"マック"・マッケンジー役のヘンリー・シモンズ、レオ・フィッツ役のイアン・デ・カース、エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス役のナタリア・コルドバ=バックリー、ジェマ・シモンズ役のエリザベス・ヘンストリッジらが続投する。

『エージェント・オブ・シールド』の見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
© 2019 Disney | ABC Television. All rights reserved.

2016年に英国BBCで放送され、その後Netflix(『真実を知るもの』で配信中)で展開された衝撃作が、AXNミステリーにて3月10日(日)に全話一挙放送される。

【関連記事】『SHERLOCK シャーロック』必聴セリフ〜シャーロックとジョンの漫才編

スコットランド版横溝正史ともいうべき、陰鬱かつ背徳的な雰囲気が魅力の、最後まで目が離せないスリリングなサスペンス作品がAXNミステリーにて日本初放送! スコットランドの山間にある閉ざされた村に住む、2つの家族に起こる悲劇。悲劇の背後には、恐るべき真実が隠されていた...。

幼馴染であるアダムとグレースは新婚旅行から戻った直後に麻薬常習者のウォルシュによって惨殺される。遠く離れたスコティッシュ・ハイランドに暮らしている彼らの家族は突然の悲報に衝撃を受け途方に暮れていると、嵐の中、突然、彼らの敷地に車が突っ込んできた。瀕死の状態の運転手はなんとウォルシュだった...。

ロンドンのThe Evening Standard誌は本作を「タランティーノとシェイクスピアを足して割ったようだ」と評価し、"『ロミオとジュリエット』+『ヘイトフルエイト』"と表現している。ルイーズ・エリオットを演じたジュリエット・スティーヴンソンは本作でBAFTAスコットランド・アワードの主演女優賞にノミネートされた。

その他の出演者はジョー・デンプシー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ジョージナ・キャンベル(『ブラック・ミラー』)、 エイドリアン・エドモンドソン(『戦争と平和』)、スティーヴ・エヴェッツ(『ゾンビ・アット・ホーム』)、ローラ・フレイザー(『ブレイキング・バッド』)ら。

3月10日(日)16:00よりAXNミステリーにて一挙放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『犯人はこの中にいる』
© BBC 2016

米HBOの人気政治コメディシリーズ『Veep/ヴィープ』で、6シーズンにわたりホワイトハウス報道官のマイク・マクリントック役を演じているマット・ウォルシュが、米ABCの新作コメディのパイロットに主演することがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『Veep』ファイナルシーズンの撮影が終了!キャストたちが心境を語る

マットが主演する『Happy Accident(原題)』は、ペンシルベニア州ピッツバーグに住む2家族を描くコメディ。成人した3人の娘がいる父親家族と、医学生の息子を抱えるホテルのラウンジ・シンガーの母親家族が、大昔の隠し事がバレてしまったために一緒に暮らす羽目になる...というストーリー。

マットは父親家族側の大黒柱を演じるとのことで、今のところ他のキャストは決まっていない。本作で脚本&プロデューサーを務めるのは、ABCの大ヒット・ファミリーコメディドラマ『モダン・ファミリー』で、製作総指揮を担うエイブラハム・ヒギンボーサムとジョン・ポラック。

2016年のリブート版となる『ゴーストバスターズ』や映画『テッド』などコメディ作品を得意とするマットは、ドラマシリーズではキャンパス・コメディ『コミ・カレ!!』や、『ママと恋に落ちるまで』などの人気作品にゲストとして姿を見せている。

『ヴィープ』シーズン7は、主演のジュリア・ルイス=ドレイファスの乳がん治療のため製作が一時保留になっていたが、2018年8月より撮影が開始。2019年に放送開始されるシーズン7で幕閉じを迎えることが決定しており、マットにとって本シリーズ終了後の初仕事が『Happy Accident』になるようだ。

マットに続く新キャストが決まり次第、追って続報をお伝えしていきたい。作品の見どころなどはこちらの海外ドラマNAVI作品データベースをチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ウォルシュ
(C) UBERT BOESL/FAMOUS

運命に翻弄されながらもたくましく生きる男女を描いたファンタジーアドベンチャードラマ『アウトランダー』。本国アメリカで放送中のシーズン4が、AXNにて3月24日(日)より日本初放送となる。

【関連記事】『アウトランダー』シーズン4の最終話は、驚愕のクリフハンガーから変更?

すでにシーズン6までの製作が決定している本作。前シーズンの最終話で、航海中に激しい嵐に巻き込まれたクレアとジェイミーは、イギリス統治下のアメリカ・ノースカロライナへ上陸。新シーズンでは、二人がそのノースカロライナで新たな人生を切り開いていくことに。のちに独立戦争が起こりイギリスが敗北することを知っている彼らは、イギリス側から距離を置こうとするが......。

シーズン4の鍵を握る役どころとして新キャストが登場。海賊兼密輸業者ボネット役を『ダウントン・アビー』の下僕ジミー・ケント役で知られるエド・スペリーアス、ジェイミーのおばであるジョカスタ役を『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でミセスSを演じたマリア・ドイル・ケネディが務める。また、クレアとジェイミーの娘であるブリアナも引き続き登場。

イギリスの植民地であるノースカロライナに流れ着いたジェイミーとクレアは、祖国スコットランドへ帰る術を模索していた。その矢先、二人は海賊で密輸業者のスティーヴン・ボネットと出会い、追われる身の彼が検問を逃れられるよう協力する。その後、とある名家主催の晩餐会で、大勢を率いて入植した者には広大な土地を提供するという気前の良い申し出をされたジェイミーは夢を膨らませるが、クレアは新世界の植民地が持つ可能性を伝える一方、アメリカンドリームの暗部について警告する。

『アウトランダー』シーズン4はAXNにて3月24日(日)8:00よりスタート。海外ドラマNAVIの作品データベースで視聴記録を付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『アウトランダー』シーズン4
© 2018 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

海外ドラマNAVIでは、編集部がおススメする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週は世界で最も視聴されるロングラン・ヒットの犯罪捜査ドラマのシーズン16や、『エンパイア~成功の代償』の新シーズンが揃った。お見逃しなく!

【関連記事】ファンに惜しまれながらも『NCIS』シリーズを去ったキャラクター12人!

1月21日(月)から1月27日(日)スタートのおススメドラマは以下の通り。

■1月24日(木)
・22:00~『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン16(FOX)
クリフハンガーで終わり、衝撃の前シーズン。復讐心を抱えたスローン捜査官(マリア・ベロ)の因縁の相手に捕らえられてしまったヴァンス局長(ロッキー・キャロル)。メンバーが正体を突き止め行方を追うも、時はすでに遅し。男は局長を誘拐した上、国外逃亡...。ヴァンス局長の運命は? 

■1月25日(金)
・深夜0:00~『エンパイア4~成功の代償』シーズン4(WOWOWプライム)
ニューヨークにある大手レコード会社"エンパイア(帝国)"を舞台に、富と名声、愛憎と裏切りをめぐる争いを描いた全米ヒットドラマの第4シーズン。前シーズンの最後、"エンパイア"の帝王ルシウスは、彼の命を狙う爆弾に吹き飛ばされ、昏睡状態に陥る。5カ月後、彼は目を覚ますが、すべての記憶を失っていて...。

何話まで見たかわからくなっちゃう、人生で何日何時間を海ドラに費やしているか知りたい!という人は【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取ろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』シーズン16
(c)2018 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

米NBC製作の感動ヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』。そのシーズン3に、『Empire 成功の代償』でダイアナ・デュボアを演じるフィリシア・ラシャドが、ベスの母親キャロル役で出演することは先日お伝えしたばかりだが、新たなキャスティングが発表された。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ER 緊急救命室』出演者のその後

今回発表されたのは、『ER 緊急救命室』のルカ・コバッチュ医師役や、SF超大作ドラマ『エクスタント』でハル・ベリー演じるモリーの夫ジョンを演じたクロアチア出身の俳優ゴラン・ヴィシュニック。最近の出演作には、『タイムレス』『クロッシング・ライン ~ヨーロッパ特別捜査チーム~』などがある。

ゴランは、フィリシアと同じシーズン3第13話からシーズン3の最後まで出演する予定で、ランドルの妻ベスの過去に関わる人物ヴィンセントを演じる。ベスとヴィンセントの関係などはg現時点では明らかになっていない。

べスを演じるスーザン・ケレチ・ワトソンはこのストーリーに関して、「エボニ・フリーマンという新しい脚本家がいて、いくつかの出来事はエボニー自身の経験の基づいた物語なの。脚本家チームは美しい裏話を作り上げる道を見つけ、ベスが決意を固め始めて再び立ち直る姿が描かれるわ。そのエピソードには素晴らしいサプライズもあって、すごくパワフルな物語になると思うわ」とインタビューで答えている。

『THIS IS US』は、同じ日に生まれたケイト(クリッシー・メッツ)とケヴィン(ジャスティン・ハートリー)、ランダル(スターリング・K・ブラウン)という3人の男女が抱える問題や人生、家族などを描くシリーズ。

ゴランの役どころが気になる『THIS IS US/ディス・イズ・アス』シーズン3は、米NBCにて放送中。『THIS IS US/ディス・イズ・アス』の見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースから。(海外ドラマNAVI)

Photo:ゴラン・ヴィシュニック
(c)PHIL ROACH/FAMOUS

米FXの人気スパイドラマ『ジ・アメリカンズ』でKGBのスパイとして米国で諜報活動を行うフィリップ・ジェニングス役を演じ、第70回エミー賞ドラマ部門主演男優賞を受賞したマシュー・リス。演技派としての地位を確立した彼が、ロバート・ダウニー・Jrが手掛ける米HBOの新ミニシリーズに主演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ジ・アメリカンズ』は私生活がリアリティを生んだ?! 夫婦の葛藤ドラマ! 町山智浩さんインタビュー

マシューが主演するタイトル未定のミニシリーズは、E・S・ガードナーによる推理小説「ペリー・メイスン」シリーズのドラマ化。1932年のロサンゼルスが舞台となり、マシューは弁護士のメイスンがギリギリの生活を送っていた探偵時代を演じ、破綻した結婚とフランスでの従軍経験にさいなまされる設定になるという。

本シリーズで指揮を執るロバートは、もともとメイスン役の候補に挙がっていたとのことで、マシューはロバートと彼の妻であるスーザン・ダウニー(『アイアンマン2』)、アマンダ・バーネル(『Constance(原題)』)、ジョー・ホーナセク(『30 Minutes of Madness(原題)』)と製作総指揮にも名を連ねている。脚本・ショーランナー・共同製作総指揮の3役を務めるのは、ロリン・ジョーンズ(『エクソシスト 孤島の悪魔』)とロン・フィッツジェラルド(『ウエストワールド』)。

小説「ペリー・メイスン」シリーズは、1933年に第1部となる「ビロードの爪」が出版され、1970年3月に著者であるガードナーが亡くなるまで続編が出版され続け、没後はトマス・チャステインによる新作が複数発行された。

ドラマ版には、1967年から1966年まで9シーズンかけて放送された『弁護士ペリー・メイスン』があり、1985年から1995年にかけてはTV映画が30本製作されている。

英ウェールズ出身のマシューは、人気ファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』で同性愛者のケヴィン・ウォーカー役を5シーズンにわたり演じ、ドラマシリーズ『高慢と偏見、そして殺人』『エドウィン・ドルードの謎』などにも出演している。

ますます演技力に磨きがかかるマシューが、「ペリー・メイスン」をドラマ化するミニシリーズで、どんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:マシュー・リス
(C) YKC/FAMOUS

トマス・ハリスのベストセラー小説にインスパイアされ、 映画『羊たちの沈黙』で有名なハンニバル・レクター博士の若き日を描いた米NBCの『ハンニバル』。本シリーズでレクター博士を演じたマッツ・ミケルセンが、「クリエイターのブライアン・フラーがシーズン4を製作するのために◯◯している」と明かしている。

【関連記事】『ハンニバル』ハンニバル・レクター役:井上和彦×ウィル・グレアム役:浪川大輔 "こだわり"対談

米Bloody Disgustingのインタビューに応えたマッツが、シリーズ復活の可能性を匂わせていたという。「フラーが、『羊たちの沈黙』の使用権を獲得しようとしているのは知ってるよ。そうすれば彼が手掛けるユニバースで、作品のキャラクターを登場させることができるからね。それが、次に行き着く先じゃないかって気がしてるよ」と、ファンにとって嬉しい言葉を発している。

そして、マッツ自身も『ハンニバル』が甦る確率は低くないと見ているようで、「いつでも新しい希望ははあると思う」とコメント。続けて、「具体的には何も耳にしていないけど、フラーがリバイバルを製作できる"ホーム"を見つけるために、いくつかのアイデアに取り組んでいる。それに復活が決まったら、オリジナルに関わっていた全員がカムバックすると確信してるよ」とも語っている。

『ハンニバル』は2015年にシーズン3をもって打ち切りが決定し、番組スタッフが、「2013年に不正ダウンロード数ランキングで、本作が5位になってしまったことも少なからず影響している」と、本不正ダウンロードが原因だと主張していたとも報じられていた。

マッツはシリーズ終了後、マーベル映画『ドクター・ストレンジ』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などの話題作に出演し、主演作となるNetflixのサスペンスアクション映画『ポーラー 狙われた暗殺者』は1月25日(金)より世界同時配信となる。

果たして、フラーが『羊たちの沈黙』の使用権を獲得して『ハンニバル』をリバイバルさせることができるのか、続報が入り次第お伝えしていきたい。『ハンニバル』の見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:マッツ・ミケルセン
(C) Hubert Boesl/FAMOUS

先日、人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が、更新されたシーズン15をもって幕を閉じることが報じられた。そこで、ファイナルシーズンに戻って来るキャストはいるのだろうか?

【関連記事】『クリミナル・マインド』、シーズン15で終了!!!

これまでで降板したレギュラーキャストは(復帰したキャストは除き)、マンディ・パティンキン(ジェーソン・ギデオン役)、ローラ・グラウディーニ(エル・グリーナウェイ役)、ジーン・トリプルホーン(アレックス・ブレイク役)、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ケイト・キャラハン役)、シェマー・ムーア(デレク・モーガン役)、トーマス・ギブソン(アーロン・ホッチナー役)、デイモン・ガプトン(スティーヴン・ウォーカー役)らがいる。

その中でも降板が決定して反響が大きかったのは、シーズン1から登場していたホッチ役のトーマス、モーガン役のシェマーと言えるだろう。ちなみ、レギュラーではなかったが、BAUメンバーとしてシーズン5に出演していたレイチェル・ニコルズ(アシュレイ・シーヴァー役)もいる。

ショーランナーを務めるエリカ・メッサーは、米TV Lineのインタビューで降板したキャストがファイナルシーズンにカムバックする可能性について、次のように語った。「製作チーム全員にとって、満足いく形でシリーズの歴史を称えたいと思っています。具体的にどうなるかは分かりませんが。シリーズの幕を閉じるにあたり、長い間シリーズに投資してきた全員を尊重するつもりです」とコメントしていることから、その"全員"の中にトーマスとシェマーも含まれているのではないかといわれている。

トーマスは、2016年にシーズン12の撮影中に脚本家と揉めた後に番組を解雇され、ファンに大きなショックを与えたことは今でも記憶に新しい。対するシェマーは、「しばらく俳優業を休んで生活にゆとりを取り戻したい」との理由によりシーズン11で降板。現在は、米CBSのアクションドラマシリーズ『S.W.A.T.』に主演している。よって、シェマーは撮影スケジュールの都合がつけば、『クリミナル・マインド』ファイナルシーズンへの出演は可能であるだろう。事実、降板後もゲストとして、シーズン12&13と登場している。

メッサーはシリーズの終了について、「ほろ苦い気持ちになりますが、シーズン15の更新を決めてくれたCBSに心から感謝しています。いつも私にとって最大の恐怖は、"局が番組を打ち切ったらどうしよう?"という不安でしたが、CBSは番組を終わらせるにあたり、シリーズとキャスト&スタッフ、そしてファンを十分尊重してくれました」と感謝を伝えている。

全10話となるファイナルシーズンは、2019年春より撮影開始されるとのこと。米国では現在シーズン14が放送中で、2月6日(水)に最終話を迎える。ファイナルに向けてクリフハンガーとなるのか? 引き続き、新たな情報が入り次第、お伝えしていきたい。『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c)ABC Studios

1999年から6シーズンにわたり放送され、過激なマフィアの内幕を描いた米HBOの衝撃ドラマシリーズ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』が映画化されるニュースについては当サイトでも以前お伝えしたとおり。今回、シリーズ前日章となるこの映画版に出演する新たなキャストが発表された。米TV Lineが報じている。

【関連記事】第一位は『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』米脚本家組合が選ぶ"TV史上最高の脚本101作品"

一人目は、アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画の金字塔『サイコ』の前日譚を描いたドラマ『ベイツ・モーテル』で、ノーマン・ベイツの母であるノーマ・ルイーズ・ベイツを演じたヴェラ・ファーミガ。もう一人は、Netflixと米マーベルが共同制作するドラマ『Marvel パニッシャー』の主人公パニッシャー役や、大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』でシェーンを演じたジョン・バーンサル。

1960年代が舞台となるこの映画版では、ニュージャージー州ニューアークで対立するアフリカ系ギャングと、イタリア系マフィアのメンバーが関わりを持ったことで、さらに抗争が激化する様子が描かれるとのこと。本作は、HBOでの放送ではなく劇場での公開予定で、トニー・ソプラノをはじめ、ドラマシリーズに出てくるキャラクターたちの若かりし頃が見られるという。

ヴェラとジョンの役どころは明らかになっていないが、アレッサンドロ・ニヴォラ(『ビューティフル・デイ』)が、トニーの叔父にあたるディッキー・モルティサンティを演じることが決まっている。

ドラマシリーズで監督を務めたアラン・テイラー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)が映画版でも監督を務め、同じくクリエイターを務めたデヴィッド・チェイスが脚本を手掛ける。

ジョンが主演する『Marvel パニッシャー』は、シーズン2が1月18日(金)にNetflixにて配信開始予定。また、ヴェラは現在、ニューヨークのセントラルパークで実際に起きた婦女暴行事件をドラマ化したNetflix製作のミニシリーズ『Central Park Five(原題)』に、地方検事補エリザベス・レデレー役で撮影に参加している。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ヴェラ・ファーミガ (c)FAM020/FAMOUS
ジョン・バーンサル (c)JMVM/FAMOUS

友人の失踪をきっかけに様々な秘密を巡る新感覚のガールズ・ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』。ついにファイナルとなるシーズン7が、2月9日(土)よりDlifeにて日本初放送となる。

【関連記事】『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフ『Pretty Little Liars: The Perfectionists』を紹介

前シーズンで、"A"をおびき出す作戦が失敗しハンナが誘拐された。ライアーズたちはハンナ救出のため、シャーロット殺しの真犯人を探すが、そのためには決して超えることのなかった一線を越える決心が必要だった...。一方、入院したアリソンは生死の境をさまよう。"A"の容疑者の数は増していき、ハンナ誘拐犯の"A・D"も謎のまま狂気はエスカレート。過去の嘘と黒い秘密に辿り着き、驚愕のラストへ―。

出演は、ルーシー・ヘイル(アリア役)、トローヤン・ベリサリオ(スペンサー役)、アシュレイ・ベンソン(ハンナ役)、シェイ・ミッチェル(エミリー役)、サーシャ・ピーターズ(アリソン役)などお馴染みのメンバーに、シーズン5以降登場していなかったノエル役のブラント・ドーハティ、ジェンナ役のタミン・サーソク、ジェイソン役のドリュー・ヴァン・アッカーもカムバックする。

ショーランナーのI・マーレーン・キングは以前のインタビューで、フィナーレについて「きちんとした最終回を迎えるわ。でも、どのキャラクターにとっても容易にたどり着けるフィナーレではないけれどもね」と意味深なコメントを残していた。

また、全米で2017年に放送されたファイナルエピソードは、その年で最もツイートされたテレビ・エピソードになっている。やきもきさせていたそれぞれの恋の行方や、ベールに包まれてきた謎がついに明らかになる。

■『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン7 放送情報


全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて
[二] 2月9日(土)20:00~ 毎週土曜日
[字] 2月15日(金)25:00~ 毎週金曜日

『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン7を見たら、海外ドラマNAVI作品データベースで視聴記録を付けよう。(海外ドラマNAVI)

Photo:『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン7
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

2012年の大ヒット映画『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』。米ABCにて7月から放送予定のシーズン6に、映画『ブレックファスト・クラブ』『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』や、『デッド・ゾーン』などのTVドラマでも活躍するアンソニー・マイケル・ホールが出演することが明らかになった。米CBRが報じている。

【関連記事】【ネタばれ】『エージェント・オブ・シールド』マック役ヘンリー・シモンズが、今後の展開を語る

過去5シーズン全てが22話構成だったのに対し、13話構成のシーズン6。現時点ではアンソニーの役どころは未定。だが、シーズン5から登場している謎めいたエイリアン人類学者のイーノック(ジョエル・ストファー)と、シーズン3からフィル・コールソンのチームに協力しているエージェント、パイパー(ブリアナ・ベンスカス)も引き続きシーズン6に出演することがわかっている。

現在まで放送されているシーズン5では、フィル・コールソンに扮するクラーク・グレッグが主演を務め、クロエ・ベネット(デイジー・"スカイ"・ジョンソン/クェイク役)、ミンナ・ウェン(メリンダ・メイ役)、イアン・デ・カーステッカー(レオ・フィッツ役)、エリザベス・ヘンストリッジ(ジェマ・シモンズ役)、ヘンリー・シモンズ(アルフォンソ・"マック"・マッケンジー役)、ナタリア・コルドバ=バックリー(エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス役)らがレギュラー出演している。

また、シーズン6の放送を前にすでに更新が発表されている次のシーズン7は、2020年にお目見えすると言われている。

シーズン5の終了後なかなか新しい情報が出てきていない本シリーズ。米CWの青春サスペンスドラマ『リバーデイル』にリバーデイル高校のフェザーヘッド校長役で出演しているアンソニーが、『エージェント・オブ・シールド』でどのような役柄を演じるのかなど、新たな情報が入り次第、お伝えしていきたい。

『エージェント・オブ・シールド』のみどころなどは海外ドラマNAVI作品データベースにて。(海外ドラマNAVI)

Photo:アンソニー・マイケル・ホール
(c)Pauline French/FAMOUS

自閉症とサヴァン症候群を併せ持つ医師の成長を描き、全米で大ヒットとなったメディカルドラマ『グッド・ドクター 名医の条件』。日本でも昨年夏にリメイク版が放送され大きな話題となった本作が、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて1月19日(土)より無料初放送となる。

【関連記事】韓国・日本・米国の『グッド・ドクター』を徹底比較! 

『グッド・ドクター 名医の条件』はアメリカで2017年秋の新作TVドラマシリーズの全米TOPランキングにおいて視聴率ナンバーワンを記録、早くもこの秋からシーズン2がスタートしている人気作。もともと、2013年に韓国で大ヒットを記録したドラマで、その後、『HAWAII FIVE-0』への出演などで知られるダニエル・デイ・キムによるプロデュースでアメリカでリメイク、そして日本でも昨年夏にリメイク版が放送され大きな話題となった。

本作の主人公ショーンは、偏見や批判と戦いながら、命を救うために型にはまった物の見方をせず、建前社会の大病院で旋風を巻き起こす。そんな彼の忖度なしの"名セリフ"は、番組の見どころの一つ。非常に優秀なベテラン医師に対し「傲慢さが良い医者の条件か?」と問うなど、数々のまっすぐな言葉に、観終わった後にとても清々しい気持ちになれるのだ。

そのショーンを演じるのは、映画『チャーリーとチョコレート工場』で名子役として活躍し、近年ではサスペンスドラマ『ベイツ・モーテル』での怪演が高く評価されているフレディ・ハイモア。話し方から、細かい目の動き、手の仕草まで、入念にリサーチされた名演技で視聴者を魅了し、本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートされている。

共演は、リチャード・シフ(『ザ・ホワイトハウス』)、アントニア・トーマス(『恋愛後遺症』)、ニコラス・ゴンザレス(『殺人を無罪にする方法』)、ヒル・ハーパー(『CSI:NY』)、タムリン・トミタ(『よみがえり ~レザレクション~』)、ウィル・ユン・リー(『オルタード・カーボン』)、ペイジ・スパラ(『ホーム・アゲイン』)、フィオナ・グーベルマン(『ロッジ LODGE』)、クリスティーナ・チャン(『CSI:マイアミ』)など。

『グッド・ドクター 名医の条件』はDlifeにて、1月19日(土)より放送。『グッド・ドクター 名医の条件』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ドクター 名医の条件』
(c) 2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

大人気ヴァンパイア・ドラマシリーズ『バフィー~恋する十字架~』(『バフィー』)の主演で知られ、ドラマシリーズへのレギュラー出演が久しいサラ・ミシェル・ゲラーが、米トーク番組『エレンの部屋』の司会者エレン・デジェネレスが手掛ける新ミニシリーズ『Sometimes I Lie(原題)』に出演することがわかった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『バフィー~恋する十字架~』、リブート版の製作が本格始動!

本作は、小説家アリス・フィーニーによる同名小説のドラマ化となり、サラが演じるのはアンバー・レイノルズ役。病院のベッドで目覚めた彼女は身体の自由がきかず、口もきくことも目を開けることもできなかったが、耳だけは聞こえるという状態で意識を回復。アンバーは自分が陥った状況の原因がわからず、ストーリーは現在と彼女の子ども時代、最近の出来事が交差しながら描かれるとのこと。

サラは主演するだけでなく、エレンとジェフ・クリーマン(『コードネーム U.N.C.L.E.』)と共同製作総指揮を手掛けることになっている。

7シーズンにわたり『バフィー』に主演したサラは、シリーズ終了後は日本ホラー映画の米リメイク版『THE JUON/呪怨』と、その第2弾となる『呪怨 パンデミック』や、『シャッフル2 エクスチェンジ』などに出演。ミステリードラマ『リンガー ~2つの顔~』で双子役にチャレンジした彼女がドラマシリーズに復帰するのは、2014年にシーズン1で打ち切られたコメディドラマ『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』以来となる。その他の代表作は映画『ラストサマー』や『スクリーム2』『クルーエル・インテンションズ』など。

現時点で、ミニシリーズ『Sometimes I Lie』の放送局・配信先は決まっていない。(海外ドラマNAVI)

Photo:サラ・ミシェル・ゲラー
(C) NYKC/FAMOUS

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』でダンスが得意なマイクを演じたハリー・シャム・Jr。最近では、『シャドウハンター:The Mortal Instruments』の同性愛者のマグナス役や、2018年の大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』のチャーリー・ウー役など、TV&映画界両方で大活躍している。そんなハリーの魅力といえる7つの事実を米Popsugarが報じている。

【関連記事】2019年は放送開始から10周年!『Glee』キャストたちのこの一年の活躍は?

■コスタリカ生まれ!
現在36歳のハリーは、なんとコスタリカ生まれ。中国系の両親の元同国で生まれたが、彼が6歳の時に米カリフォルニアに移住した。

■残念! ハリーは既婚者!
2006年に、女優のシェルビー・ラバラ(『弁護士ビリー・マクブライド』)と交際をスタートさせたハリー。二人は2013年10月にハワイで婚約し、2015年11月コスタリカで結婚式を挙げた。

■歌、踊り、演技と三拍子揃った才能
『シャドウハンター』の見事な演技はもちろんのこと、ハリーは歌手でありダンサーでもある。『Glee』や映画『ステップ・アップ』での素晴らしいパフォーマンススキルは、周知の事実だ。

■語学堪能!3ヶ国後が話せる!
スペイン語圏のコスタリカ生まれのハリーにとって、スペイン語が母国語だという。その後、アメリカに移住してから英語と広東語を学んだので、なんと3カ国語が操れるそう。

■マライア・キャリーに、ジェニファー・ロペス! ダンスのキャリアがすごい!
ハリーは、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、ビヨンセなどのコンサート・ダンサーだった。2004年には、ミッシー・エリオットとアリシア・キーズ、ビヨンセという豪華な顔ぶれのツアーのバックアップダンサーでもあった。

■SAG賞受賞者
2010年、『Glee』のキャストとともに全米映画俳優組合賞、通称SAGアワードを受賞したハリー。現地時間1月27日(日)に開催される今年はSAGアワードのアンバサダーに任名されている。

■もうじきパパに!
2018年11月、妻のシェルビーとの間に第一子が誕生する予定だと発表したハリー。その後、子どもの性別が女児であることも明らかにした。

いかがだっただろうか。前からハリーのことを知っていた人も、知らなかった人も、もっと彼のことを知りたくなったのではないだろか。『グッド・ドクター 名医の条件』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)(海外ドラマNAVI)

Photo:ハリー・シャム・Jr
(c)NYKC

色彩豊かな映像美、ハイセンスな音楽、バイオレンスな描写と予測不能なストーリーで、カルト的な人気を誇る英国ドラマ『ユートピア』が2月2日(土)よりAXNにて日本初放送となる。

【関連記事】英国発ミステリードラマ『ユートピア/UTOPIA』、かつてない狂気の結末が明らかに...

2013年に英Channel4で放送されるや否や、奇抜な作風が視聴者に鮮烈な印象を与えた話題作。地球で起こる大災害を予言するカルト系コミック「ユートピア・エクスペリメント」の愛好家5人が、人類の危機に関わる恐ろしい出来事を暗示した極秘の続編原稿を入手し、謎の組織"ネットワーク"の殺し屋に追われながらも、原稿の中に隠された真相を暴いていくダークサスペンスだ。

企画・脚本を務めるのは、ジュード・ロウ主演映画『ブラック・シー』のデニス・ケリー。出演は、フィオナ・オシャーグネッシー(『死の恋人ニーナ』)、アレクサンドラ・ローチ(『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、ネイサン・スチュアート=ジャレット(『Misfits/ミスフィッツ - 俺たちエスパー!』)、ポール・ヒギンズ(『ライン・オブ・デューティ』)、ニール・マスケル(『私立探偵ストライク』)、ジェラルディン・ジェームズ(『アンという名の少女』)、アディール・アクタル(『ナイト・マネジャー』)ら英国・アイルランド出身の俳優らが名を連ねる。

『ゲーム・オブ・スローンズ』『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』『TRUE DETECTIVE』といった質の高い作品作りに定評がある米HBOがリメイク化権を獲得し、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のデヴィッド・フィンチャー監督も本リメイク製作に興味を持ったという注目作。結局、米Amazonで、映画『ゴーン・ガール』や『KIZU-傷-』の原作者・脚本家で知られるギリアン・フリンがリメイク版の制作総指揮者を務め、1シーズン9話構成で甦ることが4月に報じられている。

20世紀に起きる地球上の大災害を予言しているとされる、カルトコミック「ユートピア・エクスペリメント」(通称「ユートピア」)。謎の組織"ネットワーク"に所属するアービーとリーという二人の男が「ユートピア」の幻の続編原稿と、ジェシカ・ハイドという謎の女の行方を捜している。原稿を持っていた男は彼らに殺され、それを目撃したグラント少年は原稿を持って逃げる。他に原稿の存在を知るウィルソン、イアン、ベッキーも追われる身に。アービーたちに捕まったウィルソンは拷問されるが、土壇場でイアンたちに助けられる。追われる理由が分からない彼ら。だが父親をディール症候群という病で亡くしているベッキーは、ディールの遺伝子構造が「ユートピア」に描かれていること、その病にかかった人はコーヴァート社という医療関連企業に関わっていたと語る。この「ユートピア」は、誰が何の目的で描いたのか? ネットワークとは、どんな組織なのか? 訳も分からないまま、逃亡生活を始める彼らが辿り着くのは...。

『ユートピア』AXN放送情報


【シーズン1(全6話)】2月2日(土)深夜0時スタート 毎週土曜深夜0時より2話連続《土夜激アワー》
【シーズン1(全6話)一挙放送】2月17日(日)深夜0時~深夜5時30分
【シーズン2(全6話)】2月23日(土) 深夜0時スタート 毎週土曜深夜0時《土夜激アワー》
※今回はHD字幕版。HD二カ国語版は3月放送予定。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『ユートピア』
©Kudos Film & Television Limited 2013

エミー賞歴代最多受賞の海外ドラマ史上最高傑作と名高い『ゲーム・オブ・ スローンズ』(以下『GOT』)。待望の最新シーズンにして最終章となるシーズン8がスターチャンネルで日本独占放送されることは当サイトでも以前お伝えしていた通りだが、その放送日が4月15日(月)に決定し、同時に最新映像が初公開となった。

【関連記事】 『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャスティングを断った俳優9人【前編】~実は姉弟共演の予定だった!?

『GOT』は、SFファンタジー作家ジョージ・R・R・マーティンによるベストセラー小説「氷と炎の歌」を、壮大な規模で映像化し、2011年から放送スタート。架空の王国を舞台に複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並みのスケールで描き、1話あたり1500万ドルとも報じられる巨額の製作費。シーズンを追うごとに製作費だけでなく人気も増加し続け、名実ともに世界を席巻し、ニコライ・コスター=ワルドー、エミリア・クラーク、ソフィー・ターナー、ピーター・ディンクレイジ、ジェイソン・モモアなど、続々と映画スターを輩出している。

今回の放送日決定にあわせて最終章の最新トレーラーがスターチャンネルの特設サイト(https://www.star-ch.jp/gameofthrones/)にて初公開され、全世界のファンが待ち焦がれた最新映像が、いよいよお披露目となった。昨年11月に最終章の放送開始が4月と発表されるや否や、世界中でSNSを中心に凄まじい勢いで情報が拡散され、ここ日本でも海外ドラマ作品としては異例となる、Twitterのトレンド入りを果たすなど多くの反響を呼んだ。

現在、第一章から第七章を振り返るグローバルキャンペーン(#ForTheThrone)がTwitter上で展開されており、こちらも是非チェックを。

果たして、玉座(スローン)に座るのは誰なのか―。最終章だからこそ、そしてネタバレ回避のために、スターチャンネルしか出来ない"LIVE放送"で、全世界の"Game of Thrones(GOT)"ファンと共に<世界同時>で、ご覧いただきたい!

壮大かつ繊細な人間ドラマに満ちた物語がいよいよフィナーレを迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、4月15日(月)、BS10スターチャンネルにて、日本独占の世界同時放送。

『ゲーム・オブ・スローンズ』作品見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースをご確認ください。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

米CBSが、人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のクリエイターが手掛ける新作ドラマのパイロットを発注したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】本家『グッド・ワイフ』を見たことがなくても100パーセントハマる!怒涛の展開の連続『グッド・ファイト 華麗なる逆転』でアメリカの今を目撃する!

『グッド・ワイフ』のクリエイターとして知られるロバート&ミシェル・キング夫妻が指揮を執る『Evil(原題)』は、科学と宗教の戦いを描くシリーズ。懐疑論者である女性臨床心理学者が修業中の神父と建設業者に加わり、奇跡のような出来事や悪魔的な現象を調査し、そういった事例が本物の超常現象なのか、もしくは科学で説明がつくことなのかを捜査していく展開になるという。

キング夫妻がパイロット版で脚本&製作総指揮を務め、『ビフォア・ミッドナイト』や『ショーシャンクの空に』などを手掛けたリズ・グロッツァーも製作に名を連ねている。 

キング夫妻は、7シーズンにわたり放送された『グッド・ワイフ』とスピンオフ版『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』『ブレインデッド』に続き再びCBSとタッグを組むことに。ロバートは、『バーティカル・リミット』や『北京のふたり』、『カットスロート・アイランド』など映画作品も数多く手掛け、ミシェルは法律ドラマ『In Justice(原題)』で脚本を担っていた。

CBSは『Evil』のほか、『シカゴ P.D.』や『One Tree Hill』などでお馴じみのソフィア・ブッシュが主演する『Surveillance(原題)』、コメディドラマ『Bob Hearts Abishola(原題)』のパイロット版も発注している。

キング夫妻がクリエイターを務める『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』はシーズン3へ更新が決定しており、CBSの配信サービスAll Accessにて2019年内に配信スタート予定。『グッド・ワイフ』『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースでチェック!(海外ドラマNAVI)

Photo:『グッド・ワイフ』
© 2016 CBS Studios Inc.

現在、全米でシーズン14を放送している大ヒット犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。このたび米CBSがシーズン15への更新の決定と同時に、本シーズンをもって幕を閉じることが発表された。米Varietyが報じている。

【関連記事】通算300話記念!『クリマイ』キャストが選ぶ"最悪のシリアルキラー"

2005年に本国で放送スタートした『クリミナル・マインド』は、『プライベート・ライアン』のマーク・ゴードンや、エリカ・メッサー、ブリーン・フレイジャーが製作総指揮を務め、全米各地で起きる凶悪な連続犯罪の謎にプロファイリングで迫り、次なる犯行を阻止して犯人を追い詰めるFBI行動分析課(通称BAU)を描く人気作。

ファイナルシーズンとなるシーズン15は、これまでで一番少ない全10話構成。現在製作中のシーズン14に続いて撮影されるという。全15シーズン&全325話となり、米ドラマ界でも記録に残るロングランシリーズとなる。

全米で昨年10月に放送開始されたシーズン14では、第1話が通算300話を迎え、製作総指揮のエリカ・メッサーはインタビューで、「第300話では、これまでの本作の歴史を紐解いていくわ。いつもなら、"前回のクリミナル・マインド"とスタートするところだけど、今のチームにこの作品の過去の出来事を教えてあげるつもりなの」と語り、シーズン4に登場していたルーク・ペリー(『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』)が再出演し、注目を集めた。また、エピソードの3分の1はキャストが監督を務め、A・J・クックも監督デビューを果たした。

現在、ジョー・マンテーニャ(デヴィッド・ロッシ役)、マシュー・グレイ・ギュブラー(スペンサー・リード役)、A・J・クック(ジェニファー・"JJ"・ジャロウ役)、カーステン・ヴァングスネス(ペネロープ・ガルシア役)、パジェット・ブリュースター(エミリー・プレンティス役)、アイシャ・タイラー(タラ・ルイス役)、ダニエル・ヘニー(マシュー・シモンズ役)、アダム・ロドリゲス(ルーク・アルヴェス役)らが出演している。

これまで、多くの事件を解決してきたBAUチームはどうなるのか。通算300話を迎えた人気ドラマシリーズも終わりを迎える。『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
(c) 2004 Touchstone Television. All rights reserved.
(c) ABC Studios

大人気ドラマ『24-TWENTY FOUR-』シーズン3で主人公ジャック・バウアーの娘キンバリーの恋人でもあり、ジャックの相棒としても活躍した若手捜査官チェイス・エドモンズを演じたジェームズ・バッジ・デールが、米Starzの新作ドラマ『Hightown(原題)』に出演することがわかった。米TV Lineが報じた。

【関連記事】ジャック・バウアーだけじゃない!『24』を語る上で欠かせない「24人」

本作は、マサチューセッツ州ケープコッドを舞台に麻薬取引を描く犯罪ドラマシリーズ。国立海洋漁業サービスの職員が岸に打ち上げられた遺体を発見し、発見者が事件を解決しようと決意することで物語が始まる。遺体を発見する主人公ジャッキー・キノンズを演じるのは、『シカゴ・ファイア』のドーソン役で知られるモニカ・レイモンド。米Deadlineによれば、ジェームズが演じるのはマサチューセッツ州の警察官レイ・アブルッツォ刑事で、ケープコッドの麻薬特別捜査班に加わることになるという。

『24』に出演した後のジェームズは、『ザ・パシフィック』や『RUBICON 陰謀のクロスワード』といったTVドラマにレギュラー出演。ゲスト出演した『CSI:マイアミ』と『CSI:ニューヨーク』のクロスオーバーエピソードでは、冷酷無比な殺人犯を怪演。その後は映画を中心に活動し、アカデミー作品賞を受賞した映画『ディパーテッド』では、主演のレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの脇を固めた。『アイアンマン3』や『ローン・レンジャー』『ワールド・ウォー Z』『ザ・ウォーク』など出演作は数多い。

本シリーズで脚本を担うのは、DCコミックスのドラマシリーズ『GOTHAM/ゴッサム』のレベッカ・ペリー・カッターと『POWER/パワー』のゲイリー・レノン。カッターとレノンは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や犯罪捜査ドラマ『CSI』シリーズなどを手掛けるジェリー・ブラッカイマー&ジョナサン・リットマンらと共に製作総指揮にも名を連ねている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェームズ・バッジ・デール
(C) NYWB/FAMOUS

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のキャラクターが、スピンオフ版『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』(以下『フィアー』)シーズン5に登場し、両シリーズが再びクロスオーバーすることが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』に監督として戻ってきたあの人が語る、自分のキャラが生きてたら...

(以下は、『ウォーキング・デッド』シーズン8の内容に関する情報を含みますのでご注意ください)

『フィアー』シーズン5に登場するのは、『ウォーキング・デッド』シーズン6からドワイト役で出演しているオースティン・アメリオ。現時点で本家シーズン9に姿を見せていないドワイトについて、以前のインタビューでオースティンが、「ドワイトは死んでないよ。言えるのはそれだけだが、彼は世界のどこかで生きている」とコメント。そして、「脚本家に絶対の信頼を置いているし、彼らは素晴らしい仕事をしている。だから、きっとドワイトを思いもよらない方法でカムバックさせてくれるんじゃないかな」とも語っていたのだが、‟クロスオーバー"という形で復活を遂げるようだ。

ドワイトが最後に姿を見せたのは『ウォーキング・デッド』シーズン8最終話で、ダリル(ノーマン・リーダス)がアレクサンドリアから彼を追放し、二度と戻らないと約束させたところでドワイトの物語は終わっている。

『ウォーキング・デッド』のキャラクターが『フィアー』に登場するのは、モーガン役を演じるレニー・ジェームズに続き2人目となるが、オリジナルシリーズを完全に卒業したレニーと同じく、オースティンもスピンオフのみの出演となるのかは明らかになっていない。
モーガンが本家を去った時に救世主のメンバーだったドワイトとは敵対関係にあったため、二人が『フィアー』シーズン5でどのような再会を果たすのかも気になるところだ。

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』シーズン5は、米AMCにて2019年上半期に放送開始される模様で、『ウォーキング・デッド』シーズン9の後半エピソードは、FOXチャンネルにて2月11日(月)22:00より放送スタート。『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』見どころはこちら、『ウォーキング・デッド』見どころはこちらの海外ドラマNAVI作品データベースから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』
(C) Gene Page/AMC

1993年から12シーズンにわたり放送され、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門作品賞にも輝いたロウワー・イーストサイドの15分署を舞台に刑事たちの活躍を描く『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』。米ABCが製作する本シリーズの続編となるリバイバル版に、なんとオリジナルキャストも出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】なぜNYPDドラマは人々を惹きつける?

オリジナル版のシーズン2からシーズン11まで、ダイアン・ラッセル刑事役で出演していたキム・デラニーと、シーズン2からシーズン12のフィナーレまで、ジョン・アーヴィン役で出演していたビル・ブロークトラップの二人が懐かしの役どころで復帰する。

オリジナル版では、NY市警察のベテラン刑事アンディ・シポウィッツを中心に描かれたが、リバイバル版では15分署の刑事となったシポウィッツの息子テオが、殺害された父親の死の真相を究明するストーリーで進んでいく。

すでに、メインキャストの一人として、『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』でジョー・ハーベルを演じているアロナ・タルのキャスティングが決まっている。アロナはニコール・ラザラス刑事役で、夫に離婚を言い渡され、なんとか夫から慰謝料をふんだくろうとし、男たちとカジュアルな関係を持つことで離婚の傷を癒そうとするという役どころ。

今回復帰するキムは、オリジナル版の出演後、『アーミー・ワイフ』のクラウディア・ジョイ・ホールデン役でシーズン1から6まで主演を務めたほか、『The OC』『MURDER IN THE FIRST/第1級殺人』などにゲストとして登場。一方、ビルは『Major Crimes ~重大犯罪課』のジョー・バウマン役でシーズン2から5まで出演し、『シェイムレス 俺たちに恥はない』や『デクスター ~警察官は殺人鬼』などでも活躍した。

リバイバル版で指揮を執るのは、オリジナル製作にも携わったマット・オルムステッド(『シカゴ』シリーズ)とニコラス・ウートン(『SCORPION/スコーピオン』)、ジェシー・ボチコー(『エージェント・オブ・シールド』)。3人はパイロット版の脚本も手掛け、ボチコーが監督を担うとのこと。ボチコーは、オリジナル版のクリエイターだったスティーヴン・ボチコーの息子で、オリジナル版でも10話で監督を務めていた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』
(前列の左から二番目キム・デラニー、後列左から一番目ビル・ブロークトラップ)
(c)Mary Evans/amanaimages

雪が降り積もるカナダの小さな町を舞台に、子どもを標的にした連続殺人事件を追う刑事を描くカナダ発のミステリードラマ『刑事カーディナル 悲しみの四十語』。そのシーズン1が2月6日(水)よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送となる。

【関連記事】『リ・ジェネシス』『ブラッド・タイズ』... ひと味違うカナダ発ドラマたち

同名小説を原作に本国カナダで数々の賞を受賞し、シーズン3の製作も決定している本作。クリエイターを務めるのは、『コンバット・ホスピタル 戦場救命』のジェニファー・カワハ。製作総指揮には『タイタニック 愛と偽りの航海』ジュリア・セレニー、『レーガン/大統領暗殺未遂事件』アーマンド・レオ、『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』オーブリー・ニーロンらが名を連ねる。

物語は、アルゴンキン・ベイ警察のジョン・カーディナル刑事が、少女の惨殺された遺体が発見されたことをきっかけに、強行犯捜査係に引き戻されるところから始まる。カーディナル刑事は、新しい相棒リズ・デローム刑事と共に捜査し、事件が連続殺人事件だと突き止めるが、さらに犯行の頻度も残忍さも増していく。そんな中、カーディナルは相棒のデロームが隠れて何か独自の捜査を行っていることを嗅ぎ付け、過去の暗い秘密が暴かれないよう苦心する。そして、この小さな町でこれまで見たことがない残虐な殺人犯を捕まえようともがくほどに、彼が妻や娘と築き上げてきた生活は脅かされてゆく...。

主人公カーディナル刑事を演じるのは、『4400 未知からの生還者』のジョーダン役や、『HELIX -黒い遺伝子-』のダレン役などで知られるビリー・キャンベル。相棒のデローム刑事役には、復讐サスペンスドラマ『リベンジ』で、エミリーと敵対するマルゴー・ルマルシャルを演じたカリーヌ・ヴァナッスが扮する。そのほかに、ブレンダン・フレッチャー(『THE KILLING』)、アリー・マクドナルド(『ロスト・ガール』)らが出演する。

全6話となる重厚なミステリードラマシリーズ『刑事カーディナル 悲しみの四十語』は、2月6日(水)23:00よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『刑事カーディナル 悲しみの四十語』
(c)2017 JCardinal Productions Inc. & Sienna Cardinal Productions Inc. All Rights Reserved.

今年4月に放送される第八章をもってファイナルを迎える米HBOの大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズのスピンオフ『The Long Night(原題)』というタイトルのこの前日譚について、今現在でわかっていることを、米Hollywood Reporterがまとめて報じている。

【関連記事】知ってるともっと楽しめる!『ゲーム・オブ・スローンズ』に織り込まれた中世イギリス史

■スピンオフについて


スピンオフプロジェクトについては、2017年5月に初めて発表された。当初、指揮を執るのは、マックス・ボレンスタイン(『マイノリティ・リポート』)、ジェーン・ゴールドマン(『キングスマン』)ブライアン・ヘルゲランド(『ロビン・フッド』)、カーリー・レイ(『MAD MEN マッドメン』)の4人と契約を結んだと言われていたが、のちにブライアン・コグマン(『GOT』)の名前も発表され合計5名に。そして5つのスピンオフ2017年7月にHBOのケイシー・ブロイズは、「(5つのスピンオフ・プロジェクトの中で)少なくとも1作品は製作に向けて進んでいる」とコメントしていた。それが現在続々とキャストが発表され、製作の進んでいる前日譚だ。

■時代設定


スピンオフシリーズでもペンを執るマーティンは、「スピンオフの全ては続編ではなくプリクエル(前日譚)」だと発言。「氷と炎の歌」の世界を舞台にし、同作の90年ほど前を描いている原作「ダンクとエッグの物語」がスピンオフの1つではないかと噂された。

だが、2017年5月にマーティンは、「そうだね、そうなるといいが、このシリーズはまだたった3作しか執筆していない。少なくとも8から10作は書きたい。みんな、私の執筆の遅さはよく知っているだろう。そしてTVドラマは非常に早いスピードで展開していく。『GOT』ですでに起こったことを繰り返したくはないのだよ。原作より、ドラマが先を行ってしまうということをね。「ダンクとエッグの物語」の執筆が全て終わった時、TV化のことを考えるとするよ。だが、それまで当分道のりは長いね。それから、"ロバートの反乱"もやらないよ。「氷と炎の歌」を書き終わったら、"ロバートの反乱"で起こった大事なことが全てバレてしまうからね」と言及していた。

■ゴールドマンのパイロット版


2018年6月、HBOは最初のこの前日譚のシリーズを発注した。パイロット版は、映画『キングスマン』シリーズや『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などで知られる脚本家のジェーン・ゴールドマン。彼女は、マーティンと原案に取り組み、脚本を手掛けるだけでなくショーランナーも兼任すると言われている。

『GOT』の時代設定よりも何千年も前が舞台となり、数々の英雄たちが活躍した黄金期から暗黒の時代へ移り変わる年代記的な作品で、ウェスタロスの歴史に隠された恐ろしい秘密やホワイトウォーカーの起源、東側の大地に潜む謎やスターク家の伝説の人物などが描かれると伝えられている。

マーティンは、「時代設定は『GOT』より5000年くらい前だ。ウェスタロスとは全く違う世界だよ。キングズ・ランディングや鉄の王座もターガリエン家も存在しない。ドラゴンと共に存在するあのヴァリリア人もまだ頭角を現していない時期で、帝国も築いていない。だから、『GOT』とは全く異なる設定になるし、その違いが面白さになればと思っているよ。(ショーランナーのジェーン・)ゴールドマンに(ニューメキシコ州)サンタフェに来てもらって、1週間色々なアイデアを聞かせてもらった。彼女はとても才能があるし、私があまり小説で描いたことのない世界を話してくれて、たくさんヒントをもらったよ。今回の作品は彼女がメインで脚本を担うし、私は彼女の作品が大好きなんだ」と発言し、ゴールドマンにスピンオフを任せていることを匂わせた。

■キャスト


今年初めにロケが開始となるゴールドマン版のスピンオフは、以下のキャスティングが決定しているが、放送は2019年4月に最終章が放送される本家の放送終了後から、最低1年はかかると言われている。

ナオミ・ワッツ(『ツイン・ピークス The Return』)
ジョシュ・ホワイトハウス(『風の勇士 ポルダーク』)
ナオミ・エイキー(『Star Wars: Episode IX(仮題)』)
ジェイミー・キャンベル・バウアー(『シャドウハンター』)
シーラ・アティム(『Harlots(原題)』)
イヴァノ・ジェレマイア(『ヒューマンズ』)
ジョージー・ヘンリー(『ナルニア国物語』シリーズ)
アレックス・シャープ(『パーティーで女の子に話しかけるには』)
トビー・レグボ(『ラスト・キングダム』)

また監督として、『MISTRESS<ミストレス>』『デクスター ~警察官は殺人鬼』のS・J・クラークソンが務める。

ますます期待が膨らむ前日譚シリーズだが、ファイナルとなる本家『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、2019年4月に世界同時放送となり、日本でもスターチャンネルにて放送。『ゲーム・オブ・スローンズ』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ナオミ・ワッツ(c)Hubert Boesl/FAMOUS
ジョージー・ヘンリー(c)FAM013/FAMOUS
ジェイミー・キャンベル・バウアー(c)JHMH/FAMOUS

2013年に韓国で大ヒットを記録した『グッド・ドクター』を米ABCがハリウッド版にリメイクした『グッド・ドクター 名医の条件』。同作をプロデュースしている『HAWAII FIVE-0』で知られるダニエル・デイ・キムが、ついに本編に役者として出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ベイツ・モーテル』と共通点多し! フレディ・ハイモア直撃インタビュー

現在本国アメリカではシーズン2が放送中で、ダニエルは新たに聖ボナベントゥラ病院に着任したジャクソン・ハン医師として登場する。ハン医師は、ショーン・マーフィー(フレディ・ハイモア)のキャリアの妨げになるような存在だという。

ダニエルは今回の出演に関して、以下のようにコメントを述べた。「この作品のファンの一人として、才能豊かで優しくて、仕事熱心なキャストたちと共演できることをとても嬉しく思っています。製作総指揮のデヴィッド・ショア(『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』)と私は、私が出演する頃合いをずっと考えてきました。そしてやっと、ダイナミックで驚くようなキャラクターができたのです」

続けて「さらに、私のキャリアにとって今回素晴らしい特典があります。フレディ・ハイモアが、私が出演するエピソードを監督するのです。フレディはカメラの前でも後ろでも素晴らしく、早くこのエピソードを皆さんにお届けしたいと思っています」と語った。

共演は、リチャード・シフ(『ザ・ホワイトハウス』)、アントニア・トーマス(『恋愛後遺症』)、ニコラス・ゴンザレス(『殺人を無罪にする方法』)、ヒル・ハーパー(『CSI:NY』)、タムリン・トミタ(『よみがえり ~レザレクション~』)、ウィル・ユン・リー(『オルタード・カーボン』)、ペイジ・スパラ(『ホーム・アゲイン』)、フィオナ・グーベルマン(『ロッジ LODGE』)、クリスティーナ・チャン(『CSI:マイアミ』)など。

『グッド・ドクター 名医の条件』は、1月14日(月)よりABCにてシーズン2後半が放送予定。日本では、Dlifeにてシーズン1が1月19日(土)より放送される。『グッド・ドクター 名医の条件』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・デイ・キム
(c)ABC

スーパーマンがスーパーパパに! 2001年から10シーズン続いた人気TVシリーズ『ヤング・スーパーマン』で主人公クラーク・ケントを演じたトム・ウェリングと、婚約者ジェシカ・ローズ・リーの間に第一子となる男の子が誕生した。米US Weeklyが報じている。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』『ゲーム・オブ・スローンズ』のあの人も!2018年にパパになったスターたち

1月7日(月)、婚約者のジェシカは赤ちゃんの顔の下半分と手を写した写真を自身のInstagramに投稿し、無事に出産したことを伝えた。「トムソン・ワイルド・ウェリング、2019年1月5日 午前0時31分、純粋な愛の8ポンド8オンス(約3800グラム)よ」

ジェシカは昨年10月に妊娠したことを認めていて、「未来の夫でパパ @tomwelling」とトムとの2ショット写真とともにInstagramで綴り、US Weeklyには「喜びと愛が溢れて幸せの絶頂にいる気分で、とってもワクワクしているわ」と喜びを告白していた。

昨年12月1日には大きくなったお腹の写真をアップ。「あと1カ月 #1月1日」と出産予定日を報告。その後12月20日に再びトムとの2ショットを投稿して、「ママとパパ(時計の絵文字)」というキャプションで出産が近づいていることを明かしていた。

一方でパパになったトムは、昨年11月に自身のInstagramにジェシカとの写真を上げて、「#感謝 #感謝 #感謝 #赤ちゃん」と父になる喜びを報告していた。

トムは2002年にモデルのジェイミー・ホワイトと結婚したが、約10年後の2012年に別居し、2013年に離婚。その後、ジェシカとの交際をスタートさせた。昨年2月に、ジェシカはインスタグラムで婚約を報告していた。トム&ジェシカ、おめでとう!(海外ドラマNAVI)

Photo:トム・ウェリング
(c)FAM020/FAMOUS

2019年4月に米HBOにて放送される第八章で、ファイナルを迎えることが決定している『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。これまでにも本シリーズでは数多くのキャラクターが命を落としてきたが、ある調査で"最終章で死にそうなキャラクター"が明らかになったというので紹介したい。英Digital Spyが報じている。

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』登場人物の死を自動機械学習で予測、あのキャラが死ぬ確率は84%!?

理工医学の全分野を網羅するオープンアクセス論文サイト「SpringerOpen」に投稿された調査報告「Death is certain, the time is not': mortality and survival in Game of Thrones」によると、調査の対象となった『GOT』のキャラクター330人のうち、第7章までで半数以上となる186人が命を落としているのだという。

そして、『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章で死にそうなキャラクターが調査で明らかに。高貴な生まれの女性で忠誠心が低いキャラクターほど死亡率が低く、忠誠心が強い男性ほど死ぬ確率が高くなることも明らかになったとのこと。では、現在生き残っているキャラクターについてはどうなのだろうか?

そのプロファイリングから判断すると、スパイダーとも呼ばれるヴァリスと野人のトアマンドは命を落とす確率が高く、悪女サーセイ・ラニスターは生き残る確率が高いと考えられる。ということはサンサ&アリア・スタークも死ぬ確率は低そうだが、スターク家の本拠地であるウィンターフェル城から遠く離れた、ホワイト・ウォーカーとの戦いに近い場所にいるため、二人が安全だとは言い切れないだろう。

また調査によると、キャラクターの14パーセントが、劇中に初登場してから1時間以内に命を落としているそうだ。以前のインタビューでサンサを演じるソフィー・ターナーが、「ファイナルシーズンはファンを失望させるかもしれない」とコメントし、ジョラーモーモント役のイアン・グレンが「ファン全員が満足はしないだろう」と語っていたことから、ある程度は覚悟して最終章を視聴するべきかもしれない。

ついにファイナルを迎える『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、2019年4月、スターチャンネルにて世界同時放送されることが決定している。『ゲーム・オブ・スローンズ』作品見どころはこちらから。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(c)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

現地時間1月6日(日)に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、シットコム『ブルックリン・ナイン-ナイン』のジェイク役で知られるコメディアンで俳優のアンディ・サムバーグと共に司会を務めた『グレイズ・アナトミー』『キリング・イヴ/Killing Eve』のサンドラ・オーが、ホストのオファーをなぜ引き受けたのか、オープニング・モノローグで切々と語った。米Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】第76回ゴールデン・グローブ賞受賞結果発表!<テレビの部>

真っ赤なドレスに身を包んだ韓国系カナダ人のサンドラは、アンディと息のあったジョークを連発。アンディが、「韓国系のカナダ人の私は...。あ! 君が読むはずのセリフを取っちゃったよ! ホワイト・ウォッシング(白人でない人種の役柄を白人が取ってしまう)をやってしまった!」とわざとサンドラのテロップを読みあげるフリを始めたところ、サンドラは真面目な表情でモノローグをこう締めくくった。

「皆さんの前で舞台に立つという、このような大役を引き受ける恐怖というオファーを受け入れました。自分を騙しているわけではありません。来年はこういう状況ではないかもしれないことも理解しています。でも今、この瞬間は本物なのです。本当に、これは今現実に起こっているのです。あなたのことも、あなたのことも、変革の時におられる皆さんの顔が見えています。そして観客の皆さんも、視聴者の皆さんも、(アジア系である私が司会であることを)見ているのです」演技とは思えない震える声でスピーチしたサンドラには、大きな拍手が起こった。またとない大役のオファーを、アジア系として受けなければと思ったサンドラの意気込みが誠心誠意伝わる理由を述べた。

またサンドラはこの日、『キリング・イヴ/Killing Eve』でゴールデン・グローブ賞ドラマ部門女優賞にも輝き、ホストと受賞という快挙も成し遂げた。スピーチの最後には韓国語で「お父さん、お母さん、愛してるわ!」とお辞儀をする姿も見られた。司会業が専門ではないサンドラが、意外とも思われる今回のオファーを受けたのには、ハリウッドでのアジア系の躍進に貢献したいという強い思いがあったようだ。

道を切り開いてくれたサンドラが主演する話題のサスペンスドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』は、作家ルーク・ジェニングスの小説を元にした作品。精神疾患を患う美貌の暗殺者ヴィラネルと、仕事に情熱を持てずデスクワーク中心の諜報員イヴという二人の女性を中心に描かれるスパイドラマ。すでにシーズン2の製作も決定している注目作だ。『キリング・イヴ/Killing Eve』は、2月6日(水)よりWOWOWプライムにて日本独占放送予定。

『キリング・イヴ/Killing Eve』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『キリング・イヴ/Killing Eve』
(c)BBC AMERICA/Sid Gentle Films Ltd 2018

『ウォーキング・デッド』のマギー役で知られるローレン・コーハンが主演する米ABCの新作スパイドラマ『Whiskey Cavalier(原題)』に、医療サスペンスドラマ『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』に主演し、ショーン・マクナマラ役を演じたディラン・ウォルシュが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】LAスクリーニング2018:『TWD』ローレン・コーハンが009並みのアクションを披露する『Whiskey Cavalier』

本シリーズの主人公はFBI捜査官ウィル・チェイス。コードネーム"ウィスキー騎士"と呼ばれ、手痛い破局を経験したばかりのウィルが、"炎のような指導者"とのコードネームを持つCIAの諜報員フランキーことフランチェスカ・トロウブリッジと組み、恋と友情を育みながら世界を救っていく姿を描くアクション・ドラメディ。

ディランはウィルの上司で秘密を抱えているアックス・オラーマン役を演じ、最後に衝撃的な展開を迎えることになるという。つい最近ディランは、『LAW&ORDER: 性犯罪特捜班』に2話にわたりゲスト出演して撮影を終えたばかり。6シーズンにかけて『NIP/TUCK』に主演した後は、犯罪捜査ドラマ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』でアル・バーンズ捜査官役でレギュラー出演し、『私はラブ・リーガル』や『サバイバー:宿命の大統領』『リベンジ』などの人気ドラマシリーズではゲストとして脇を固めている。

『Whiskey Cavalier』にウィル役で出演するのは、政治サスペンスドラマ『スキャンダル 託された秘密』でジェイク・バラード役を演じたスコット・フォーリー。そして、ローレンがフランチェスカ役に扮する。

『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』で製作総指揮を務めたピーター・アテンチオと、『ジョン・ウィック:チャプター2』で製作総指揮を手掛けたロバート・ベルナッキが指揮を執り、デヴィッド・ヘミングソン(『23号室の小悪魔』)、ジェフ・インゴールド(ドラマ版『ラッシュアワー』)、ビル・ローレンス(『scrubs ~恋のお騒がせ病棟』)もプロデューサーとして名を連ねている。

全13話となる『Whiskey Cavalier』シーズン1はすでに撮影を終えてポスト・プロダクションの段階に入っており、2019年2月27日(水)にABCで放送開始を予定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『Whiskey Cavalier』(C) ABC/Craig Sjodin
ディラン・ウォルシュ(C) FAM009/FAMOUS

2000年から15シーズンにわたって続いた大ヒット犯罪捜査ドラマ『CSI:科学捜査班』。そのセレクションがAXNにて2019年2月17日(日)より放送される。人気のキャラクターの初登場、注目監督が担当したエピソードというテーマ別にそれぞれ6本厳選された、ファン必見の、そして本作をまだ観たことがない人も入りやすい特別編だ。

【関連記事】【まとめ】主役が去った後も続いた海外ドラマ10選

セレクションの内容・放送日時は以下の通り。

<『CSI:科学捜査班』セレクション>
■セレクション(1)大人気キャラクター初登場エピソード
 2019年2月17日(日)10:00~15:30に放送
・シーズン1第1話「非情の街ラスベガス」...ギル・グリッソム、キャサリン・ウィロウズ、ニック・ストークスら主要メンバー初登場
・シーズン1第2話「呪いのジャックポット」
...サラ・サイドル初登場
・シーズン2第8話「倒錯の館」
...レディ・ヘザー初登場
・シーズン3第11話「殺しのレシピ」
...デヴィッド・ホッジス初登場
・シーズン9第9話「最後の授業(前編)」
...レイモンド・ラングストン初登場
・シーズン12第1話「73秒間の修羅場」
...D・B・ラッセル初登場

■セレクション(2)あの人が監督したユニークなエピソード
 2019年2月24日(日)10:00~15:30に放送
・シーズン5第24話「CSI"12時間"の死闘 [前編]」&シーズン5第25話「CSI"12時間"の死闘 [後編]」
...クエンティン・タランティーノ監督担当エピソード
・シーズン8第9話「アル・カポネの椅子」&シーズン9第18話「オグンのいけにえ」
...ウィリアム・フリードキン監督担当エピソード
・シーズン11第16話「ウォーキング・デッドマン」&シーズン12第8話「過去から来た処刑人」
...ポール・マクレーン監督担当エピソード

「キャラクター初登場」編ではCSIの初代捜査官たちのほか、ギル・グリッソムが知り合うミステリアスな美女で何度か捜査に協力するレディ・ヘザー、周囲の空気は読めないけれど分析力は高い分析官(のちに捜査官に昇格)のデヴィッド・ホッジス、シリーズ後半でチームに加わったレイモンド・ラングストン、D・B・ラッセルが登場。

そして注目監督エピソードでは、『パルプ・フィクション』『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ、『フレンチ・コネクション』『エクソシスト』のウィリアム・フリードキンというアカデミー賞受賞者である有名監督二人に加えて、『ER 緊急救命室』のロバート・ロマノ役で知られ、2002年から監督も務めるポール・マクレーンの担当したエピソードをお届け。

2019年3月から字幕版で『CSI:科学捜査班』全336話が一挙放送されるが、一足先に同作の魅力を先取りできるエピソードを楽しんでみては? そして鑑賞後は同シリーズの作品データベースで視聴記録を付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『CSI:科学捜査班』
©2019 CBS Studios Inc.

米CBSの配信サービスCBS All Accessで10月よりストリーミング開始された新作スリラードラマ『Tell Me A Story(原題)』が、シーズン2へ更新されたことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】オトナな赤ずきんちゃん、凶悪な三匹の子ぶたが奏でる恐怖の物語...『Tell Me a Story』

本シリーズは現代のNYを舞台に、「三匹の子豚」や「ヘンゼルとグレーテル」といった有名な童話をストーリーに織り交ぜながら、愛や欲望、復讐や殺人といったテーマを軸に物語が綴られるサイコスリラー。全10話となる本作は、1月3日(木)にシーズン1最終話が配信された。

シーズン1ではダニエル・キャンベル(『オリジナルズ』)が、カリフォルニア州オークランドからNYへ父親と一緒に引っ越して来た若い女性ケイラを演じ、祖母コリーン役に扮するのは、『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサ役で知られるキム・キャトラル。ドラッグ依存症の問題を抱えるドラッグディーラーにして窃盗犯というエディー役でポール・ウェズレイ(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、レストラン経営で成功した理想主義者ジョーダン役でジェームズ・ウォーク(『ZOO-暴走地区-』)、少年ニック役でビリー・マグヌッセン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』)が出演している。

その他キャストに名を連ねるのは、ダニア・ラミレス(『デビアスなメイドたち』)、ドリアン・ミシック(『サウスランド』)、マイケル・レイモンド=ジェームズ(『ワンス・アポン・ア・タイム』)、サム・ジェーガー(『弁護士イーライのふしぎな日常』)。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』『スクリーム』シリーズで知られるケヴィン・ウィリアムソンが、脚本&製作総指揮を手掛けている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポール・ウェズレイ
(C)FAM008/FAMOUS

海外ドラマNAVIでは、編集部がおススメする新シリーズ(再放送も含む場合もあり)を週ごとにご紹介。今週は『シェイムレス 俺たちに恥はない』の新シーズンや、人気英国俳優のマシュー・グード(『ダウントン・アビー』)とマシュー・リス(『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』)がワインの魅力を語る新番組など日本初放送となる新作が続々とスタートする。お見逃しなく!

【関連記事】2019年は放送開始から10周年!『Glee』キャストたちのこの一年の活躍は?

1月7日(月)から1月13日(日)スタートのおススメドラマは以下の通り。

■1月11日(金)
『シェイムレス8 俺たちに恥はない』
大都市シカゴで治安の悪い地域として知られるサウスサイドの一角。常識がまったく通用しないダメ人間の父フランクと6人の子どもたちからなるギャラガー家が格差社会をたくましく生き抜く姿を描くシリーズの最新シーズンが日本初放送。今シーズンから、人気ドラマ『ゴシップガール』のヴァネッサ役で知られるジェシカ・ゾーが登場。フィオナが購入したアパートの住人でレズビアンのネッサ役を演じる。フィオナ役のエミー・ロッサムが前シーズンに続き、本シーズンでも第8話でメガホンを取っている。

■1月12日(土)
『The Wine Show -極上のワインに魅せられて-』
人気英国俳優のマシュー・グード(『ダウントン・アビー』)とマシュー・リス(『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』)が世界の選りすぐりのワイナリーを取材し、ワインの奥深さ&素晴らしさからその歴史や魅力まで幅広く紹介する。

何話まで見たかわからくなっちゃう、人生で何日何時間を海ドラに費やしているか知りたい!という人は【海外ドラマデータベース】で視聴記録を取ろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:
『シェイムレス8 俺たちに恥はない』(c) Warner Bros. Entertainment Inc.
『The Wine Show -極上のワインに魅せられて-』(c) The Wine Show Ltd.

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

次のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。