今見るべき一押しドラマ!
スティーヴン・アメル、『ARROW』シーズン9を配信サービスで作りたい

2020年の1月で惜しまれつつも幕を下ろした米CWの『ARROW/アロー』。世界中の熱狂的なファンからはアローの世界をもう一度見たいと望む声が絶えないが、もしかしたら配信サービスでセカンドチャンスを手に入れられるかもしれない。少なくとも主演スティーヴン・アメルはNetflixかHBO Maxでのシーズン9製作に期待していると米Showbiz Cheat Sheetが伝えている。

昼は市長オリバー・クイーン、夜はヒーローのアローという2つの顔をもつ主人公を演じたスティーヴン。『ヤング・スーパーマン』のレックス・ルーサー役で知られるマイケル・ローゼンバウムによるポッドキャスト「Inside of You」に出演した際に、シーズン9の可能性について話した。

製作陣からはなにも言われていないと前置きをしたうえで、次のように意見を述べた。「NetflixやHBO Maxのような配信やCWのようなところで6話とか8話のリミテッドシリーズとして『ARROW』を作れたら...。それは素晴らしいものになると思う」

作品の終わり方を踏まえると、回顧録や前日譚といったかたちで描かれる可能性が高そう。もしくはマーベルの『ホワット・イフ...?』のようにパラレルワールドを描くこともできそうだ。

実はスティーヴンが『ARROW』の続きについて話したのは、今回が初めてではない。2020年の10月にアローバースのプロデューサーのグレッグ・バーランティと電話をしてリバイバルについて話したことを明かしていた。その後、何か動きがあったわけではないが、いまだにスティーヴンが、シーズン9の可能性を話し続けているということは、ファンにとってはいい兆候であるといえる。シーズン9実現の日が来ることを楽しみにしたい。(海外ドラマNAVI)

TSUTAYACTA02.png

Photo:

『ARROW/アロー』(c)2019 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROWTM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.