今見るべき一押しドラマ!
実写版『カウボーイビバップ』ジョン・チョー、主演するにあたって心配していたこととは

1998年より日本で放送され、世界中で大ヒットしたアニメ番組『カウボーイビバップ』。その実写版で主人公スパイク・スピーゲルを演じるジョン・チョーが、主演するにあたって心配していたことを明かしている。

アニメ版は、2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、年期が入った宇宙船ビバップ号に乗り込んだ賞金稼ぎのカウボーイ、スパイク・スピーゲルをはじめとして、乗組員のジェット・ブラック、フェイ・ヴァレンタインらの活躍が描かれている。

米Vultureのインタビューで、現在49歳のジョン・チョー(『エクソシスト 孤島の悪魔』)が原作では27歳のスパイクを演じるには歳を取りすぎていること、20以上も離れた自分の年齢が気がかりだったと明かした。

「僕は、"年齢は単なる数字"とか言うタイプじゃないし、(撮影も)身体的に厳しくなる。それに、僕はとても25歳くらいの男には見えなかっただろうしね。ある時点でスパイクを演じる機会について、"イエスかノーか。自分は演じたいのだろうか?"と自問し、僕はやりたいと思った。だから、やめるつもりはなかったよ」

またジョンは、仮に自分が27歳だったとしても、スパイク役を思うようには演じられなかっただろうとも続けている。「(27歳だったら)運動能力的には適していたかもしれないけど、自分の素質に関しては今の年齢の方が奇妙にもマッチしていると思うんだ。僕たちがスパイクに与えようとした感情的な深さまで、27歳という年齢に合わせることはしなかった。常に相反するものがあると思う。若手俳優が得意とする表現は怒りで、それはスパイクの顕著な要素かもしれない。僕は歳を取ったことで弱さや傷つきやすさ、そして愛情を示すことが上手くなった。そういった感情にはより共感できるし、個人的には今の自分が演じられるバージョンの方が好きだね」と述べ、最初は懸念していた年齢の問題が、結果的には強みになったという。

ジョンと並んでレギュラー出演するのは、スパイクの相棒となるジェット役のムスタファ・シャキール(『Marvelルーク・ケイジ』)、賞金稼ぎのフェイ役を演じるダニエラ・ピネダ(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)。その他、ジェットの警察組織時代の元相棒であるチャルマーズ役でジェフ・スタルツ(『BONES -骨は語る-』)、火星にあるコンビニエンスストアのオーナーで、洞察力に優れた情報提供者のアナ役でタマラ・チュニー(『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』)らが登場する。

実写版『カウボーイビバップ』は、11月19日(金)よりNetflixにて独占配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『カウボーイビバップ』©KIRSTY GRIFFIN/NETFLIX