今見るべき一押しドラマ!
『THE FLASH/フラッシュ』グラント・ガスティン、新バットウーマンとのタッグについてファンに警告

米CWのDCドラマ『THE FLASH/フラッシュ』シーズン8で、『BATWOMAN/バットウーマン』シーズン2より新バットウーマン/ライアン・ワイルダーを演じているジャヴィシア・レスリーが、他のシリーズとクロスオーバーするエピソードに初めて登場する。その初コラボについて、フラッシュ役のグラント・ガスティンが語った。

『THE FLASH』シーズン8の第1~5話で放送される「Armageddon(アルマゲドン)」と題されたイベントエピソードで、CWのクロスオーバーに初登場するジャヴィシア・レスリーとの共演について、グラントが米Entertainment Weeklyに語っている。

「あまりネタばれしないように言うとしたら、みんなが期待しているような展開にはならないだろう。僕たちの道が交わるまでに、典型的なフラッシュとバットウーマンのタッグではなくなるんだ。僕が言えるのはそれだけだね。撮影現場でジャヴィシアと仕事をできて最高だったよ。撮影以外でも一緒に過ごしたんだ。僕の妻(理学療法士のLA・トーマ)がジャヴィシアを診ているから時々一緒に遊んでいるし、彼女のことが大好きだよ。だから、実際に撮影現場で彼女と一緒にいるのはクールだったけど、おそらくファンが期待しているようなフラッシュ&バットウーマンのチームアップにはならないと思う」とコメントし、以前のクロスオーバーエピソードで、ルビー・ローズ演じるバットウーマン/ケイト・ケインと見せたタッグとは異なる設定になるようだ。

20211118-00000015-dramanavi-1-00-view.jpg

「アルマゲドン」では、不可解な状況下で強力なエイリアンの脅威が地球に忍び寄り、バリーとアイリス(キャンディス・パットン)らチーム・フラッシュが、世界を救うため戦いに挑むが、限界に追い込まれる展開に。そして、残された時間がわずかになり、人類の運命が危機に瀕するなか、フラッシュと彼の仲間は正義に勝利をもたらすため、旧友たちの助けを借りる。

同エピソードには、ジャヴィシア演じるバットウーマンに加え、アトム(ブランドン・ラウス)、ブラックライトニング(クレス・ウィリアムズ)、センチネル(カイラー・リー)、ミア・クイーン(キャサリン・マクナマラ)、ライアン・チョイ(オスリック・チョウ)が登場。さらにチームと敵対するヴィランとして、イオバード・ソーン/リバース・フラッシュ(トム・キャヴァナー)、ダイアン・ダーク(ニール・マクドノー)という、お馴じみのキャラクターが姿を見せる。

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン8はCWにて毎週火曜日に放送中。なお、ジャヴィシアが主演する『BATWOMAN/バットウーマン』はシーズン3が毎週水曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『THE FLASH/フラッシュ』公式Twitterより(@CW_TheFlash)/ 『BATWOMAN/バットウーマン ザ・ニュー・パワー』BATWOMAN and all related pre-existing characters and elements TM and © DC Comics. Batwoman series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. ABBREVIATED VERSION - © and ™ DC Comics © Warner Bros. Ent. Inc.