『ドクター・フー』60周年をデヴィッド・テナントやレジェンドがお祝い!

英BBCにて1963年11月23日に放送が開始された『ドクター・フー』。現在も続く人気ドラマの60周年を記念し、キャストやスタッフがお祝いコメントを寄せている。英Digital Spyが伝えた。

あのドクターよりも年上

番組公式X(旧Twitter)に投稿された動画にまず出てきたのは、10代目ドクターであり、60周年記念特番では14代目ドクターにも扮しているデヴィッド・テナント。「60回目の誕生日おめでとう! 僕よりも年上だね」と、現在52歳の彼はコメントしている。

その彼のコンパニオン、ドナ・ノーブル役として知られるキャサリン・テイトも続いて登場。そしてもうすぐ15代目ドクターとしてデビューするンクーティ・ガトワ(『セックス・エデュケーション』)とそのコンパニオンであるルビー・サンデー役に抜擢された新鋭ミリー・ギブソン、役柄不明のジョナサン・グロフ(『Glee/グリー』『マインドハンター』)といった、来たるシーズン14に出演予定の顔ぶれも口々にお祝いを伝えた。さらには、3代目ドクターのコンパニオン、ジョー・グラントを演じたケイティ・マニングをはじめとしたレジェンドも久しぶりに姿を見せている。

最後は、3人のショーランナー、ラッセル・T・デイヴィス、スティーヴン・モファット、クリス・チブナルが揃って現れ、「ハッピー・ドクター・フー・デイ!」と声を合わせて祝福。番組の“誕生日”をお祝いした。

『ドクター・フー』シーズン14は英BBCにて2024年に放送予定だが、その日付はまだ発表されていない。日本では60周年を記念したオリジナルスペシャル3作品(『ドクター・フー:スター・ビースト』『ドクター・フー:ワイルド・ブルー・ヨンダー』『ドクター・フー:ザ・ギグル』)が11月26日(日)よりDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信スタート。(海外ドラマNAVI)

参考元:英Digital Spy

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

通常のHulu(月額1,026円税込)とDisney+のプレミアムプラン(月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば856円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン