謎のタイムスリップ!?新作マーベルドラマ『ロキ』シーズン2の新予告が公開

このたび、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマシリーズ最新作『ロキ』シーズン2の新予告編が解禁となった。『ロキ』』シーズン2は、2023年10月6日(金)よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信開始。

マーベルドラマ『ロキ』シーズン2

主人公は『ソー』シリーズや『エンドゲーム』など、数々の作品に登場してきたMCU屈指の愛されヴィラン《裏切り王子》のロキ。

嘘と悪戯を愛しどこか憎めないロキが前シーズンを超えるほどの規模の、世界の“時間“を股にかけた冒険に立ち向かう姿がお茶目かつひねくれ度合も満載に描かれている。

マーベルドラマ『ロキ』シーズン2 新予告映像

シーズン1では、時空を超えたロキ(トム・ヒドルストン)が“時間の流れを守っている”組織TVA(時間変異取締局)に捕まり、“世界の時間”を修復するミッションに協力させられる姿が描かれた。そしてシーズン2の映像では、ロキの身に謎の“タイムスリップ現象”が起こり、「時間に引きずり込まれ、過去と現在を行き来する」という非常事態が勃発。

物語の全貌はロキらしく謎に包まれたままだが、“破滅”を避けるべく、シーズン1でも相棒として活躍したTVAのエージェントのメビウス(オーウェン・ウィルソン)とともに解決の糸口を探っていく。

突然のタイムスリップにびっくりしちゃうお茶目な姿を見せたかと思えば、「度を越してないか?」と尋ねられても「ちっとも」とひねくれたり、何かを画策しているような野心的な姿も魅せる“愛されヴィラン”のロキ。別の時間軸を生きる“もうひとりのロキ”シルヴィ(ソフィア・ディ・マルティーノ)や、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した注目の名優キー・ホイ・クァン演じる謎のトボけた新キャラクターO.B.も絡み合い、ロキのタイムトラベルはカオスさに拍車がかかるが、彼はこの事態を解決できるのか?

そして映像には“破滅”を引き起こす原因と考えられる者の姿も…。僅かな登場でも既に威圧感を発揮するのは、『ロキ』シーズン1に登場し、『アントマン&ワスプ:クアントマニア』でもメインヴィランとして過激な活躍を見せた“征服者”カーン(ジョナサン・メジャース)。アベンジャーズの新作『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ(原題)』で“次のサノス”と目される彼は、本作にどんな脅威をもたらすのか。

マーベルドラマ『ロキ』配信日

MCUフェーズ5最後の作品となる『ロキ』シーズン2は、2023年10月6日(金)よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信開始。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由
HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円 or 1,740円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

Hulu(月額1,026円税込)とDisney+(スタンダードプラン月額990円税込 or プレミアムプラン月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば最大606円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン

こんな記事も読まれてます

Photo:(c) 2023 Marvel