『スター・ウォーズ:アソーカ』本予告&ポスターが解禁!アナキン唯一の弟子の物語…

「スター・ウォーズ」のオリジナルドラマシリーズ最新作『アソーカ』の邦題が『スター・ウォーズ:アソーカ』に更新され、2023年8月23日(水)よりディズニープラスにて初回2話で独占配信されることが決定。本予告が全世界解禁となった。

『スター・ウォーズ:アソーカ』アソーカとは

『スター・ウォーズ:アソーカ』の主人公アソーカ・タノは、アナキン・スカイウォーカーの唯一の弟子であり、二本のライトセーバーを操る、伝説の”元”ジェダイ。舞台は、『マンダロリアン』シリーズと同じく帝国崩壊後の銀河となる。

アソーカ・タノはジョージ・ルーカスからの「アナキンにパダワン(ジェダイ・マスターに仕え、その弟子としてジェダイになるための修行を積む者)が欲しい!」という強いリクエストを受け生まれたキャラクター。

アニメーションシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」、『反乱者たち』での活躍後、『マンダロリアン』シーズン2で実写作品にも登場し、二刀流のライトセーバーで圧倒的な強さを見せファンを熱狂させた。続く『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』では、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーとの“完璧”な共演が実現。

マンダロリアンからグローグーを託されたルークが、まるで『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でヨーダから受けたフォースの訓練をグローグーに受け継ぐようなファン感涙の姿を、アソーカもまた優しく見守った。

『スター・ウォーズ:アソーカ』スタッフ情報

本作の製作・監督・脚本を務めるのは、ジョージ・ルーカスから絶大な信頼を得ていて、さらに先日「スター・ウォーズ セレブレーション・ヨーロッパ」で発表された劇場新作3本全ての製作総指揮を任されたデイヴ・フィローニ。

ファンからも信頼が厚い人物だ。ジェダイがほぼ残っていない暗黒の時代に、徐々に迫りくる暗い闇とは一体何のことなのか?アソーカを中心に描かれる未だ誰も見たことがない「スター・ウォーズ」の新たな歴史を刻む超重要作となることは間違いない。

『スター・ウォーズ:アソーカ』本予告

解禁された本予告は、銀河に新たな闇が迫ることを想起させる赤いLucasfilmのロゴで幕を開ける。圧倒的なフォースとオレンジのライトセーバーで、新共和国の兵士たちをなぎ倒す新たなヴィラン、ベイラン・スコールの姿は、かつて『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のクライマックスで無敵の強さを見せたダース・ベイダーを彷彿とさせる。そして、ダース・ベイダー亡き帝国の新たな後継者<スローン大提督>の名と共に、新たな戦争が目前に迫る―。

アソーカはダークサイドに堕ちたアナキンがダース・ベイダーとなった姿で再会を果たし、変わり果てた姿のかつての師と死闘を繰り広げた過去を持つ。そんなアソーカから「私は道半ばでアナキンから離れた」とアナキンの名前が出ること自体ファンにはたまらないだろう。

さらに敵対する元ジェダイであるベイランは「アナキンが褒めていた」と、アソーカに告げライトセーバーを交え戦うが、その背後にはあの不吉な“呼吸音”らしき音が轟いている…。かつてアナキンとアソーカの師弟にあった未だ知られていない新事実が描かれるのかもしれないと期待が膨らむ。

本作でアソーカは『スター・ウォーズ 反乱者たち』で素性を隠して行動を共にした仲間たちである新共和国を導く将軍ヘラ・シンドゥーラや、マンダロリアンの戦士サビーヌ・レンと再会する。アソーカの「スローンを止めないとすべてが無駄になる」という言葉通り、銀河に迫りくる恐るべき闇の脅威にアソーカと共に三人で立ち向っていく。

『スター・ウォーズ:アソーカ』配信日

『スター・ウォーズ:アソーカ』

アナキンやルークに次ぐ「スター・ウォーズ」のもう一人の主人公とも言われるアソーカの激動に満ちた新たな物語が、いま明らかになる!

『スター・ウォーズ:アソーカ』は2023年8月23日(水)よりDisney+(ディズニープラス)にて初回2話で独占配信開始。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:(C)2023 Lucasfilm Ltd.