MCU『シークレット・インベージョン』6月21日に日米配信決定!最新予告編が公開

マーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』が、6月21日(水)よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信されることが決定。併せて、“アベンジャーズの創設者”であるニック・フューリー(サミュエル・L.ジャクソン)が、緻密に計画された〈敵の地球侵略計画〉と対峙する姿を重厚に映した最新予告編と、強大な敵に挑むフューリーの貫禄ある表情を映したキービジュアルが解禁となった。

マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』

元軍人で、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官、ニック・フューリー。アイアンマン、キャプテン・アメリカらをアベンジャーズへと導き、スパイダーマンのスパルタ気味な保護者としても活躍するなど、“アベンジャーズの影のリーダー”と言っても過言ではない存在。そんなMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に欠かせない男が、壮大な歴史の裏で長年立ち向かってきたという、地球外からの“インベージョン(侵略)”の阻止に挑む本作。

『シークレット・インベージョン』予告編

解禁された映像では、緊迫感溢れる音楽が奏でられる中、フューリーが得体の知れない壮大な謎に挑む姿が映し出される。侵略を企てるのは、『キャプテン・マーベル』にも登場した、あらゆる人物に“擬態”する能力を持つ種族のスクラル人。

「この星の熾烈な闇の戦いを知る者は少ない」と語られるように、彼らの計画は秘密裏に進行している様子だ。物々しい雰囲気で進む捜査の中で、“擬態”により誰が敵で味方かわからず攪乱されていく様子や、フューリー自身の名が刻まれた墓も登場し、謎が謎を呼ぶ映像となっている。キービジュアルも、フューリー…と思いきや実はスクラル人が擬態しているかのようにも見え、ミステリアスな展開を予感させる。

そして映像には、アイアンマンの友人でアベンジャーズメンバーでもあるウォーマシン=ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ドン・チードル)や、フューリーの右腕マリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)、今やフューリーの仲間となったスクラル人のタロス(ベン・メンデルソーン)、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にも登場したCIAエージェントのロス(マーティン・フリーマン)らおなじみのキャラクターも登場し、各々の思惑も渦巻く展開を予感させる。

さらに、新キャラクターを演じるエミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』)や、オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞®主演女優賞受賞)の姿も。彼女らが演じる人物の詳細は全てが不明だが、もしかしたら彼らの中には、スクラル人が擬態した“ニセモノ”も存在するかもしれない…。

「君が去ってから事態は一層悪化した」「あなたにこの戦いは無理よ」「お前は全世界に狙われている男だ」「最後の戦いだ」――というセリフが暗示するように、壮大なミッションに挑むにつれ、絶体絶命の状況へと追いやられていくフューリー。

これまで、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーらと比較してもほぼ同数のMCU作品に出演(計11本)に出演し、“アベンジャーズ”で無類の強さを誇るヒーロー“キャプテン・マーベル”の新たな物語『マーベルズ』(2023年11月10日公開)にも出演する予定のMCUに欠かせない男ニック・フューリーの活躍に期待したい。

『シークレット・インベージョン』配信日

トーマス・ベズーチャ監督(『すべてが変わった日』)、カイル・ブラッドストリート(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』)が脚本を務めるなど、MCUの歴史すら揺るがすかもしれない本格派サスペンス・スリラー『シークレット・インベージョン』は6月21日(水)より日米同時配信開始。(海外ドラマNAVI)

【関連記事】マーベルドラマを順番に整理!ディズニープラス配信予定のラインナップ

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由
こんな記事も読まれてます

Disney+