『アントマン&ワスプ:クアントマニア』声優陣が集結!ブラマヨ小杉のドタバタコメディも【レポート】

ついに本日2月17日(金)より劇場公開となるマーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ:クアントマニア』。その前夜となる2月16日(木)夜に完成披露試写イベントが実施。その様子をレポートする

豪華声優陣が集結!

本イベントに登壇したのは、日本語吹替版で声優を務めた木内秀信(アントマン役)、内田有紀(ワスプ役)、高橋李依(キャシー役)。さらに、前作でルイス役の日本語吹き替えを担当したブラックマヨネーズの小杉竜一もゲストとして駆け付けた。

小杉は、手作りのルイスのキャラクターポスターを持参するも、警備員にポスターを没収されるという一幕も。小杉の熱烈なルイスアピールに、内田が「ルイスがいないのはファンからしても寂しいですよね」と声をかけた。

シリーズ3作目となる本作の見どころについて、木内は「映像の素晴らしさはもちろん、アントマンが作品を重ねるごとに成長していて、ヒーローになりたての頃は“やらされてる感”があったけど、今作ではとても頼もしくなっています」と話した。

対して木内は「アントマンに対して親心のような気持ちが湧いていて、アントマンが攻撃されているところを見てると辛くなっちゃうんですよね…」と続けた。

今回からアントマンの娘キャシーの声を担当することとなった高橋は、「作中でキャシーが『パパ!』と呼ぶんですが、その呼び方ひとつにキャシーの愛情があふれていて、その親子関係が本当に素敵なんです」と本シリーズならではの親子愛について語った。

本作のヴィランとなるカーンについて、内田は並々ならぬ思いを抱えている模様。「ドラマシリーズ『ロキ』で“在り続ける者”として登場して、本作でついに“征服者カーン”として登場を果たします。カーンには時を操る能力があって、別の時間軸にも存在していて、そしてコミックの方では別のユニバースに名前を変えて存在していたりして…本当に存在自体が謎なんですよ。

私も調べていくと、どんどん別の人格で無限に出て、さらに時を操れる能力まであって、これはもう最凶としか言いようがないですよね。それにサノスみたいに見た目から凶暴そうで怖いわけではなく、人間のような見た目なのも余計に恐ろしいですし… 本作は新たな『アベンジャーズ』に続く物語ということですが、アントマンたちが一体どうしたらこんな強い敵に勝てるのか、映画を見ながらずっと考えちゃいました……みなさんどうですか?」と、マーベル愛にあふれたマシンガントークで会場を圧倒した。

最後に、本作を楽しみにしているファンに対して、木内は「これまであまり詳しく語られてこなかった量子世界を舞台に、新たなキャラクターもたくさん登場します。何度も見れば見るほどいろいろな発見がある作品なので、たくさん劇場に足を運んでくれると嬉しいです」とメッセージ。

高橋は「大きな画面で世界を楽しんでもらえると嬉しいです。見逃しちゃいけない、ハッと気づくような瞬間がたくさん詰まっているので、そのあたりにも注目して楽しんでください!」とコメントし、イベントは大盛況の中幕を閉じた。

『アントマン&ワスプ:クアントマニア』は2月17日(金)全国劇場公開。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由

Disney+

こんな記事も読まれてます

Photo:(c)Marvel Studios 2023