『ウォーキング・デッド』マイケル・カドリッツ、『スーパーマン&ロイス』シーズン3でレックス・ルーサーに!

『ウォーキング・デッド』のエイブラハム・フォード役で知られるマイケル・カドリッツが『スーパーマン&ロイス』シーズン3でレックス・ルーサー役を演じると米Deadlineが伝えている。

マイケル・カドリッツ本人も大喜び!

これまでジェシー・アイゼンバーグ(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)やジョン・クライヤー(『SUPERGIRL/スーパーガール』)、マイケル・ローゼンバウム(『ヤング・スーパーマン』)など、数々の俳優によって演じられてきたスーパーマンの宿敵レックス・ルーサー。新たに米CWの『スーパーマン&ロイス』シーズン3に登場するレックス・ルーサーを『ウォーキング・デッド』のマイケルが演じる。マイケル自身もこの報道が事実であることをTwitterで認めている。

公式キャラクター紹介によるとレックス・ルーサーは、レックス・コープCEOで先見の明のある億万長者として世界的に知られているが、その一方で目的達成のためには手段を厭わない残忍なサイコパスとして知られる人物。スーパーマンを人類の脅威とみなし、排除するため、破滅させるために闘志を燃やしていると紹介されている。

『スーパーマン&ロイス』では、長く公の場から距離を置いて姿を消していたレックスが、自分を不当に扱ったスーパーマンとロイスに復讐を果たすことによって、個人的な不正を正そうと、二人の前に再び姿を現し立ちはだかるという設定のようだ。

このキャスティングについて第一報が報じられた際、マイケルはTwitterで記事を引用して「なんてこった! この素晴らしいキャスト陣に仲間入りするのが待ちきれない」とコメント。喜びを露わにした。

マイケルの代表作といえば、米AMCの大ヒットシリーズ『ウォーキング・デッド』。2014年からエイブラハム・フォード役を演じ、監督も務めた。そのほか放送映画批評家協会賞の助演男優賞をもたらした『サウスランド』や、米CBSの『クラリス』、米HBOの『バンド・オブ・ブラザース』などで知られる。

『スーパーマン&ロイス』シーズン3は現地3月14日(火)The CWにて初回放送予定。日本ではシーズン1がリリース中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン6より©Frank Ockenfels 3/AMC