今見るべき一押しドラマ!
【おすすめ海外ドラマ】14年連続視聴率ナンバーワン!米CBSが生んだ人気作10選

アメリカでは、2021-2022シーズンのTVシリーズが終わりを迎えようとしている。米CBSは、5月3日に発表したプレスリリースで視聴率予測を引用し、14シーズン連続(20年間で19回目の)「アメリカで最も視聴されているネットーワーク」になると宣言した。

プレスリリースによると、全番組の中で最も視聴されたのは『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』であり、コメディでは『ヤング・シェルドン』、新作ドラマシリーズでは『NCIS:ハワイ』、新作コメディでは『Ghosts(原題)』(イギリスコメディ『ゴースト~ボタン・ハウスの幽霊たち』の米リメイク)がそれぞれトップに立つとのこと。

そんな同局の人気シリーズについて米TV Insiderが調査。2008-2009シーズン(視聴率No.1の座を米FOXから奪還したシーズン)以降の最も人気な番組をランキング化。

トップ10には、長年コメディシリーズのトップに立ち続けた『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』や、日本でも人気が高い犯罪捜査ドラマの『メンタリスト』などがランクイン。そして、『NCIS』フランチャイズからは3作品が名を連ねる結果となった。

CBSの人気シリーズトップ10

10位『パーソン・オブ・インタレスト』(タイ)
10位『BULL/ブル 法廷を操る男』(タイ)
8位『NCIS:ニューオーリンズ』(タイ)
8位『ヤング・シェルドン』(タイ)
6位『メンタリスト』
5位『FBI:特別捜査班』
(5位『Thursday Night Football(原題)』)
4位『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』
3位『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
2位『ビッグバン★セオリー』
1位『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』

みなさんのお気に入り作品は入っていただろうか? 秋からはじまるの新作ドラマ情報もお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』© 2021 ViacomCBS. All Rights Reserved. 『メンタリスト』(c)Warner Bros. Entertainment Inc. 『BULL/ブル 法廷を操る男』(C) MMXXI CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved 『ビッグバン★セオリー』TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.