今見るべき一押しドラマ!
Amazon『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン2の配信日が判明

Amazon Prime Videoで配信中の『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。ファンが首を長くして待っていたシーズン2の配信日がついに明らかになったとTV Lineが伝えている。

『ジ・オフィス』のグレッグ・ダニエルズがクリエイターを務めるSFコメディ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。2020年の配信開始から2年ほど経った今年、ようやくシーズン2の配信日が3月11日(金)であると発表された。全7話一挙配信予定だという。日本でも同日配信になるかは定かではないが、Amazon Original作品であることから同日と思っていてほぼ間違いないだろう。

『THE FLASH/フラッシュ』などで知られるロビー・アメル(『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメルとは従兄弟にあたる)が主演を務める本作。テクノロジーの進歩によって、死後、仮想現実へ意識をアップロードすることができる近未来を描く。ロビー演じる予期せぬ死を迎えたコンピューター・プログラマーのネイサンは、アップロードされて辿り着いた死後の世界"レイクビュー"を楽しむが、現実世界に住む顧客サービス係のノラと親しくなっていき...

共演者には『シカゴ・ファイア』のアンディ・アロー、『Briarpatch(原題)』のアレグラ・エドワーズ、『グッド・ワイフ』のケヴィン・ビグリー、『あなたの知らない卑語の歴史』のザイナブ・ジョンソンなどが揃う。

公式あらすじによるとシーズン2では、元カノのイングリッドがネイサンとの関係を強めようとレイクビューに突然やってくるそう。しかしネイサンの心はノラに向いていて岐路に立たされるという。一方、ノラはデジタル離れを進め、反テクノロジーを掲げるグループ"The Ludds"に参加することに。登場人物をとりまくレイクビューの世界もさらなる進化を遂げ、"prototykes"と呼ばれるベイビープログラムが導入されるなど、波乱が待ち受けているという。

主演のロビーは1月28日劇場公開の映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』にも出演。今後ますます注目を集めるに違いないロビーが、シーズン2ではどのような演技を見せてくれているのか、楽しみだ。日本での配信日が明らかになった時点で、また情報をお伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

★今すぐ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』を見る★

Photo:

Instagramアカウント@uploadonprimeより