今見るべき一押しドラマ!
『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス、カルトホラー映画をドラマ化!

大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のダリル役で知られるノーマン・リーダスが、1980年代のカルトホラー映画『殺しのナイフ』をドラマ化することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

1986年に公開された『殺しのナイフ(原題:Sorority House Massacre)』は、殺人現場や殺人鬼に追われる幻覚に悩まされていた女子大生のベスが、精神病院から脱走した殺人鬼となぜか以心伝心的なつながりを持っており、彼と対決するスラッシャー映画。『Sorority House Massacre II(原題)』と『Sorority House Massacre III: Hard to Die(原題)』の続編2本を生み出した。

ノーマンとともに製作総指揮を担当するのは、『パロアルト・ストーリー』などで音楽を手掛けるほか、俳優・監督・プロデューサーなどの顔も持つロバート・シュワルツマン。兄はジェイソン・シュワルツマン(『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』)で、叔父はフランシス・フォード・コッポラ(『ゴッドファーザー』シリーズ)という芸能一家だ。本企画は、ロバート・シュワルツマンが2019年に立ち上げた製作会社、Utopiaにとって初のオリジナルコンテンツになるという。

ノーマンは『殺しのナイフ』のドラマ化について、「このプロジェクトでロバートとUtopiaの素晴らしいチームとコラボレートできることに、これ以上ないぐらい心が沸き立っている。彼らのセンスとクリエイティブなビジョンは刺激的で、bigbaldhead(ノーマンの製作会社)が作ろうとしていたコンテンツとまさに一致していた。このカルト的な古典ホラーから本当にユニークなものを生み出せることにワクワクしてるよ」と意気込みを語っている。

なお、ノーマンが出演する『ウォーキング・デッド』は、2021年に放送予定のシーズン11をもって終了するが、彼が演じるダリルとキャロルを主人公にしたスピンオフの製作が発表されている。また今年9月、ノーマンの製作会社、bigbaldhead Productionは『ウォーキング・デッド』放送局である米AMCの企画を優先的に見ることができるファーストルック契約を結んだと報じられている。

ノーマンが製作するドラマ版『殺しのドレス』に出演する顔ぶれなどが発表され次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ウォーキング・デッド』
(C)Jackson Lee Davis/AMC