今見るべき一押しドラマ!
『バイオニック・ジェミー』ジェミーは永遠!主演リンゼイ・ワグナー出演イベント

2月25日(木)よりAXNにて放送されている大ヒットSFドラマ『バイオニック・ジェミー』を記念し、主演のリンゼイ・ワグナーが生出演するオンラインファンイベントが開催された。

『600万ドルの男』のスピンオフドラマとして1976年から1978年にアメリカで放送され、日本でも1977年から放送された『バイオニック・ジェミー』の主人公は、元プロテニスプレイヤーのジェミー・ソマーズ。事故により瀕死の重傷を負ってしまうも、科学情報局(OSI)が施したバイオニック移植手術で体の一部をサイボーグ化することで一命をとりとめた彼女は、過去の記憶を一部失ってしまったが、自身を救ってくれたOSIのためにバイオニック・パワーを使って諜報活動を行い、様々な事件を解決していく。

TVシリーズのほか、TV映画も2本作られるほどの人気を博したシリーズで主人公のジェミーを演じたリンゼイは、その演技でエミー賞主演女優賞を受賞して一躍スターに。近年は、『グレイズ・アナトミー』『ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル~』といったドラマに出演している。

20210406-00000007-dramanavi-1-00-view.jpg

今回イベントに登場してくれたリンゼイは、70代になってもエレガント! ジェミーの時と同じブロンドのロングヘアと変わらぬ優しい笑顔で、温かく柔らかい雰囲気を醸し出してくれた。

かつて日本のCMに出ていたこともあって日本には思い入れがあるようで、「長い間ジェミーと私を愛してくれてありがとう」と感謝してくれたリンゼイ。往年のファンたちからの思い出の詰まったメッセージを聞き、「私もまだハートは(出演していた当時の)27歳の頃のままです」とニッコリ。

そんな彼女に対してファンから多くの質問が寄せられ、ジェミーの驚異的なパワーが印象的だった名シーンの数々について、その舞台裏やリンゼイの思い出が語られた。

ジェミーは超人的なパワーの持ち主だが、演じるリンゼイも撮影の工夫や本人の運動能力のおかげもあってか、激しいアクションシーンの数々にもかかわらず、ケガとはほぼ無縁だったという。ただし、岩を破壊するシーンでは、リンゼイがフライング(?)で作り物の岩が完成していないうちに叩いてしまい、軽く負傷していたことが明らかに。また、2017年に亡くなったゴールドマン局長役のリチャード・アンダーソンとの思い出も振り返ってくれた。

20210406-00000008-dramanavi-1-00-view.jpg

ジェミーのように今も美しく優しくてキュートだったリンゼイ。最後、「今日はこのようなイベントで皆さんと繋がれて嬉しかったです。いただいたファンレターが心の支えでした。今は新型コロナウイルによってこのような状況ですが、心を一つにして現状を乗り越えましょう」という彼女のメッセージでイベントは幕を閉じた。

20210406-00000010-dramanavi-1-00-view.jpg

■『バイオニック・ジェミー』放送情報
AXNで6月21日(月)スタート 毎週月~金曜 8:30~

(海外ドラマNAVI)

Photo:

『バイオニック・ジェミー』
© 1975 Universal City Studios LLC. All Rights Reserved.