2015年10月アーカイブ

全世界で2500万部を売り上げたベストセラー小説『時の旅人クレア』シリーズを映像化した米Starzの人気TVドラマ『アウトランダー』。同作の原作者ダイアナ・ガバルドンが、小説のインスピレーションを得たイギリスの長寿番組『ドクター・フー』のエピソード製作に興味を示していると英Radio Timesが報じている。

【関連コラム】『アウトランダー』ジェイミー・フレイザー役サム・ヒューアン インタビュー

『アウトランダー』は、第二次世界大戦後に夫フランクとスコットランドを旅行中、一人1743年にタイムトリップしてしまった従軍看護婦クレア(カトリーナ・バルフ)が激動の時代を生き抜く姿を描いた、壮大な歴史ファンタジー。そこで出会ったスコットランドの勇士ジェイミー・フレイザー(サム・ヒューアン)と現世に残してきた夫、二人の男性への思いに引き裂かれながらも、クレアはスコットランドを救うために立ち上がる...という物語だ。

このジェイミー・フレイザーというキャラクターだが、実は『ドクター・フー』の長年のファンであるガバルドンが、1966年から1969年にかけて登場したキルトスカート姿のスコットランド人、ジェイミー・マクリモンに着想を得て創り上げたもの。その名も、ジェイミー・マクリモンという役名と、同役を演じた英俳優フレイザー・ハインズにちなんで命名するほどの熱狂的なファンなのだ。その後、ガバルドンは1991年に上梓した第一巻をフレイザー本人に贈って交流をスタートさせると、ドラマ化された『アウトランダー』への出演を依頼し、第15話でついにハインズをウェントワース刑務所所長役としてゲストに迎えるという"クロスオーバー"を実現させたのだった。

それほどの思い入れがある『ドクター・フー』のエピソードを書いてみたいと思わないかとたずねられたガバルドンは、「面白いでしょうね。ええ、やれるかもしれないわ」と即答。「でも、やるとしたら(『アウトランダー』とは)違うアプローチを使うでしょうね。『ドクター・フー』は史実に基づくものではないから、異なる努力が必要となるでしょう。どのエピソードも純粋に脚本家の想像力から生み出すということは、実在の人物などを応用しなくてもいいし、あれこれ盛り込まずに済むから、ある意味ラクに見えるわ。でも言い換えれば(常に何かを創造しなければ)続けることができないということよ」と両作品を比較し、同じタイムトラベルものでありながらも慎重な姿勢を見せた。

一方、ジェイミー・フレイザー役のサム・ヒューアンはすっかり『ドクター・フー』への出演意欲に燃えているようだ。3月にインタビューに応じたサムは、友人で同作の脚本家であるマーク・ゲイティスに出演を掛けあっていることを明かしている。

逆クロスオーバーの可能性は未知数だが、もしもサムがターディス(『ドクター・フー』のタイムマシン)から登場したら、両作品のファンも大喜びするに違いない。ぜひ実現に期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アウトランダー』
(C)2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

1977年に公開されると、世界中に衝撃を与えた『スター・ウォーズ/新たなる希望』。その後に続く壮大な叙事詩の1作目で音響を手掛け、アカデミー賞録音賞を受賞していたボブ・ミンクラーが亡くなった。米Entertainment Weeklyほか多くのメディアが報じている。

【関連記事】優秀な作品の出来映えは、"画" だけでなく、"音" でも決まる!!

ミンクラーは10月11日、米オレゴン州にある自宅で呼吸不全のため亡くなったという。78歳だった。

ミンクラーは若い頃はミュージシャンで、一時はジャズ界の大スター、ナット・キング・コールと一緒にツアーしていたこともあるという。その後、故郷のカリフォルニアに戻って映画界で働き始め、1970年からの20年あまりで60本以上の作品に関わった。『~新たなる希望』のほかには『ファイブ・イージー・ピーセス』『ヘアー』『ロッキー2』『アーバン・カウボーイ』なども手掛け、1982年の『トロン』では2度目のアカデミー賞ノミネートを果たしている。

家族も音楽への造詣が深く、兄弟のリーと甥のマイケルも同じ録音スタッフとして一緒に働いていた。なお、マイケルは『ブラックホーク・ダウン』『シカゴ』『ドリームガールズ』で3度オスカーを獲得している。

シリーズ7作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が12月18日(金)と近づいているが、その始まりとなる記念碑的な作品を手掛けたミンクラーに最新作を見てもらえなかったのは残念だ。冥福を祈りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ/新たなる希望』
TM & (C)2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization. Star Wars and all characters, names and related indicia are trademarks of and (C)Lucasfilm Ltd.
TWENTIETH CENTURY FOX, FOX and associated logos are trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities.

イギリス出身の大人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのリアム・ペインが、長年の恋人ソフィア・スミスさんと破局したことが明らかとなった。

【関連記事】えっ、あの人も? 2015年上半期に破局したセレブたち!

米E!Onlineによると、リアムは、2年間付き合っていた学生のソフィアさんとの関係に終止符を打ったが、破局原因は不明とのこと。2013年5月に交際を開始した二人は、それ以前に、イギリス中部のウルヴァーハンプトン市に在住していた頃からの知り合いだったという。リアムは以前のインタビューで、ソフィアさんとの出会いについて語っている。「学校でソフィアのことを見かけていたけど、僕たちは言葉を交わす程度だった。彼女の姉妹にソフィアの電話番号を教えてもらったけど、ソフィアはすごくシャイだったから、僕への好意をあまり見せていなかったんだ。だから、僕には興味がないんだと思っていたよ。それに僕には美人すぎるって思っていたしね」と、二人の馴れ初めを明かしている。

さらに、彼女との結婚を考えたこともあるというリアムは、「結婚についても話し合ったよ。でも、22歳は僕らにとって少し早いかなって。ソフィアは、外へ出掛けて自分のやりたいことをする必要があるし、することがない専業主婦のような恋人にはなってほしくないんだ」ともコメントしている。

今のところ、リアムは破局について公言していないが、今月23日(金)に、「一番必要な時、いつも音楽がそこにあるって最高だ」と、傷心を暗示させる意味深なツイートを投稿している。(海外ドラマNAVI)

Photo:リアム・ペイン
(C) PA Photos/amanaimages

2009年から2011年までゴールデン・グローブ賞の司会を務めていた、『ザ・オフィス』のリッキー・ジャーヴェイス。数年のブランクを経て、第73回目となる同賞の授賞式のホスト役に返り咲くことがわかった。

【関連コラム】第71回ゴールデン・グローブ賞授賞式を熱くするのは司会の二人! 人気コメディエンヌのティナ・フェイとエイミー・ポーラーに迫る

米TV Lineによると、ゴールデン・グローブ賞のTwitter公式アカウントが10月27日、トロフィーを掲げたリッキーのシルエットのみの写真と、「He's Back(彼が戻ってくる)」というコメントを掲載。過去3回も司会を務め、高視聴率に貢献しながらも、きわどいジョークと毒舌で一部の出演者や視聴者から批判も出ていたリッキーの復活を演出している。

米NBCエンターテイメントの社長ロバート・グリーンブラッド氏は、「ゴールデン・グローブ賞にまたホストとしてリッキーを迎えることに、そして、リッキーの個性溢れる、他の誰も真似のできない楽しい授賞式になることに興奮しています」と、リッキー復活を歓迎するコメントを発表。「すでにリッキーはこの名誉あるホスト役を受け入れ、本年度の映画やTVで最も活躍した人々のリストアップを始めています。さあ、みなさん、しっかりとシートベルトを締めてください」と、壇上でリッキーにいじられるかもしれない候補者へも注意を(!?)うながしている。

リッキーの楽しい司会ぶりも楽しめる第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式は、2016年1月10日(日)開催予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:リッキー・ジャーヴェイス
(C)Izumi Hasegawa /www.HollywoodNewsWire.net

世界中で大旋風を巻き起こしているイギリス出身のボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下1D)。メンバーのルイ・トムリンソンが、『Xファクター』のサイモン・コーウェルとレコードレーベルを設立したことが明らかとなった。

【関連コラム】海外ドラマのセットビジット、こんなことやってます...

米E!Onlineによると、YouTubeの公式『Xファクター』ページに投稿されたインタビューにて、ルイが、1Dの生みの親で『Xファクター』の審査員でもあるサイモン・コーウェルと一緒にレコードレーベルを立ち上げたことをコメント。「レコードレーベルを立ち上げて、現在はそちらに取り掛かっているところなんだ。サイモンと仕事ができてラッキーだと思っているよ。今は、いくつかのプロジェクトが進行中で、そのうちの一つがガールズグループを生み出すことなんだ。裏舞台で、違う仕事に取り組めることにワクワクしているよ」と、サイドプロジェクトへの意気込みを語っている。

今年7月には、スタイリストのブリアナ・ユングウィルトさんがルイの子どもを妊娠し、パパになることがわかったルイ。そんな彼に対し、「全面的にサポートしていく」とエールを送っていたサイモンだが、精神面だけでなくビジネス面でもルイを支援しているようだ。また8月には、メンバー各自が独自のプロジェクトに専念するため、来年3月から1年間、グループとしての活動を休止することを発表した1D。今後、ルイ以外のメンバーの新プロジェクトのニュースも飛び込んできそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルイ・トムリンソン
(C)PA Photos/amanaimages

演劇界最高峰の英国ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した世界の名舞台を、映画館ならではの趣向を凝らして楽しめる企画「ナショナル・シアター・ライブ」(以下、NTL)。2014年にスタートし、多くの観客を集める本企画の中でも特に話題となった3作品がアンコール上映されることになった。

【関連記事】NTLをオススメする三つの理由! 今、最高にノってる英国発の舞台を堪能しよう

"世界の見逃せない舞台をもっと身近に映画館で"というコンセプトのもと、演劇界最高峰の英ロイヤル・ナショナル・シアターが世界で上演した演目の中から特に話題となった最高の舞台を映画館で上映するNTL。そんな豪華なラインナップの中から、今回、Bunkamuraル・シネマ(東京都渋谷区)でアンコール上映されることになったのは、以下の3本。

■『ザ・オーディエンス』
2015年11月7日(土)~11月13日(金) 18:50~
映画『クィーン』でエリザベス女王を演じてアカデミー賞主演女優賞を獲得したヘレン・ミレンが再びエリザベス2世に扮し、見事トニー賞を受賞したドラマ劇。本来なら一般人は見ることのできない女王と歴代の総理大臣たちとの謁見を描く。演出を手掛けるのは『リトル・ダンサー』や『めぐり逢う時間』のスティーヴン・ダルドリー。

■『スカイライト』
2015年11月27日(金)~12月4日(金) ※12月3日(木)休映
日本では1997年に緒形拳と若村麻由美により上演されたことでも知られる、デヴィッド・エア作品。スティーヴン・ダルドリーが演出し、主役の二人を演じるのはビル・ナイ(『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』)とキャリー・マリガン(『華麗なるギャツビー』『わたしを離さないで』)。二人が織りなす複雑な人間ドラマを、人気デザイナーのボブ・クロウリーが手掛ける舞台美術が彩る。

■『フランケンシュタイン』
ベネディクト博士×ジョニー怪物版:2016年1月16日(土)~1月22日(金)
ベネディクト怪物×ジョニー博士版:2016年1月下旬予定
『SHERLOCK/シャーロック』と『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』でそれぞれシャーロック・ホームズを演じているベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが共演、しかもフランケンシュタイン博士役と怪物役を彼らが交互に演じるという趣向も含めて大きな注目を集めた話題作。ベネディクトとジョニーは、この演技で2012年ローレンス・オリヴィエ賞の主演男優賞をそろって受賞している。監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞をはじめ数々の映画賞に輝いたダニー・ボイル。批評家からも絶賛された主演二人の熱演と、ボイルの大胆な演出は、迫力あるスクリーンで見るべき出来だ。

NTLの上映は都内ではこれまで六本木や日本橋、池袋などで実施されているが、渋谷では初めて。『ザ・オーディエンス』以外の上映時刻は今のところ未定だが、今回の上映はいずれも夜(ソワレ)となる。週末はもちろん、平日の仕事帰りに、映画館で観劇を愉しんではみては? なお、オンラインサービス MY Bunkamuraからのチケット購入者にはドリンク半額クーポンがプレゼントとなる。(海外ドラマNAVI)

ブラッドリー・クーパーの主演映画『リミットレス』(2011年)のTVドラマ版が、22話構成のフルシーズンで製作されることがわかった。英Digital Spyが報じている。

【関連お先見!】『リミットレス』 ブラッドリー・クーパー製作総指揮&ゲスト出演のサスペンス・ドラマ

米CBSエンターテインメントのグレン・ゲラー社長は、声明の中で「毎週、『Limitless』がユニークなスタイルで創造性豊かに展開していく様子に興奮を覚えます。同作は熾烈な競争の中、好調なスタートを切ったのです」と番組を支持した。

ブラッドリーが主人公エドワード・モーラを演じた映画版は、脳を100%活性化させる驚異の新薬「NZT-48」を手に入れた男が、人生のどん底から財界の頂点へとのし上がる顛末をスリリングに描いたサスペンスだ。その続編として9月半ばに放送がスタートしたTV版では、政界の大物議員に出世したエドワード(ブラッドリー・クーパー)が、やはり新薬を用いて能力に目覚めた新たな主人公ブライアン・フィンチに接触し、FBI分析官に抜擢するなど、今度はNZTの黒幕として暗躍するという。

ブライアンに扮するのは『シェイムレス 俺たちに恥はない』のジェイク・マクドーマン。その他のキャストには、『デクスター ~警察官は殺人鬼』のジェニファー・カーペンター、『CSI:ニューヨーク』のヒル・ハーパー、『ハスラー2』のメアリー=エリザベス・マストラントニオらが顔を揃える。
,
また、ドラマ版の製作総指揮にも名を連ねるブラッドリーは、俳優としては当初パイロット版にカメオ出演するのみと見られていたが、10月27日放送の第6話にも再登場するなど、率先して番組を盛り上げている。フルシーズンの製作が決まった今、ブラッドリーがまた出演する可能性も大いにありそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッドリー・クーパー
Mayuka Ishikawa / HollywoodNewsWire.net

新感覚の法廷サスペンスドラマ『ダメージ』で主役を演じたほか、『ネイバーズ』や『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのコメディ映画でも才能を発揮しているローズ・バーン。彼女が、恋人で俳優のボビー・カナヴェイル(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』『アントマン』)との間に、第一子を懐妊していることがわかった。

【関連コラム】「もしもこの人がお母さんだったら?」 海外ドラマから理想のお母さんを探せ!

米E!Onlineによると、10月22日にロサンゼルス空港に降り立ったローズのお腹の膨らみが目立っていたことから、妊娠が明らかになったとのこと。2012年から交際を開始した二人の関係は順調な模様で、2013年のエミー賞授賞式では、『ボードウォーク・エンパイア』の演技でドラマ部門助演男優賞を受賞したボビーが、「最愛の人、ローズに感謝しています」と口にしていた。演技派として評価の高い二人は、2014年の映画『ANNIE/アニー』と、今年アメリカで公開されたコメディ映画『Spy(原題)』で共演しており、公私ともに良きパートナーシップを見せている。

ローズは以前のインタビューで、「料理は苦手なの。でも、私が作ったものをおいしそうに食べてくれるのを見ると、満足感を感じるわ」とコメントしており、相手の名前は挙げていないがボビーのことを言っていたようだ。また、バレンタイン・デーなどにお決まりのことをするのが嫌いだという彼女だが、「パートナーのためにも、もっとロマンチックになるように努めている」とも語っている。

もうじきパパになるボビーが出演する異色アクション映画『アントマン』は、全国でロードショー中。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ローズ・バーン (C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net
ボビー・カナヴェイル (C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

アメリカを代表するホラー作家スティーヴン・キングの小説を巨匠スタンリー・キューブリックが映画化した、ホラー映画の金字塔『シャイニング』。本作のインスピレーションとなったホテルをホラー・ミュージアムにする企画が進行中であることが明らかとなった。

【関連記事】ニューヨークが舞台の『マイ・インターン』、現地観光局と共同でのロケ地めぐりツアーが登場!

1980年に公開された本作の主人公は作家志望のジャック・トランス。冬の間だけ閉鎖されるオーバールック・ホテルに、トランス一家は管理人として住み込むことになるのだが、そのホテルでは過去に管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていた。外界から孤立した環境で、段々と正気を失っていくジャックが惨劇を引き起こしてしまう...というストーリー。主役を演じたジャック・ニコルソンの怪演が大きな話題を呼んだ作品でもある。

米Varietyによると、作品が生まれるきっかけとなったホテルは、コロラド州エステス・パークに所在するスタンレー・ホテル。このホテルを、ホラーの映画・ドラマシリーズの撮影に使われた衣装や小道具を展示するミュージアムにし、編集やポストプロダクション作業ができる講堂も建設予定だとのこと。ミュージアムの創設委員には、俳優のイライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)とサイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル』シリーズ)も名を連ねている。

1909年にオープンしたという歴史あるホテルは、毎年ゴースト・ツアーやホラー映画祭などに使用されてきた。ホテル側は、これからはミュージアムとしてホラーのメッカとなることを期待しているそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『シャイニング』
(C) Everett Collection/amanaimages

『眠りの森の美女』の魔女マレフィセント、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・デ・ヴィル、『白雪姫』の邪悪な女王や『アラジン』の悪役ジャファーなど、ディズニーでお馴染みの悪役の子どもたちを描いたTV映画『ディセンダント』。アメリカをはじめ世界ですでに3200万人が視聴し、12月に日本でも初放送となるが、早くもその続編が製作されることになった。

【関連記事】『ディセンダント』ケニー・オルテガ監督緊急来日! オフィシャルインタビュー

「ディセンダント」とは、英語で「子孫」のこと。そのタイトル通り、"もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?"という発想から誕生したオリジナル作品だ。プリンセスやプリンスたちが暮らすとある王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれる。

前章となる小説「The Isle of the Lost」は、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリスト(Children's Middle Grade)にて過去22週中13週で第1位を獲得している。その小説やTV映画1作目に続いて続編も大ヒットとなるか注目だ。

『ディセンダント』1作目は、ディズニー・チャンネルにて12月に日本独占放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ディセンダント』ファンイベント
(C)Disney

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『スキャンダル 託された秘密』のクリエイター、ションダ・ライムズが、「ロミオ&ジュリエット」の続編小説をドラマ化することが明らかとなった。

【関連コラム】ブラッカイマー、エイブラムス、ションダ・ライムズ...エグゼクティブ・プロデューサーで見たい海外ドラマは決まり!?

米Varietyによると、2013年に出版された同名小説を下敷きにした『Still Star-Crossed(原題)』では、ロミオとジュリエットが悲劇の死を遂げた後の出来事が描かれる。二人の死後に、ジュリエットの一族キャピュレット家と、ロミオの一族モンタギュー家が衝突し合う展開になるとのこと。米ABCによってシリーズが製作される。

『グレイズ・アナトミー』と『スキャンダル』でも脚本とプロデュースを手掛けるヘザー・ミッチェルが、本作の脚本と製作総指揮を担当することが決まっている。両作で製作総指揮を務めているベッツィ・ビアーズとライムズは、脚本にはタッチせずにプロデュース業に徹するようだ。

今までに、ライムズの製作会社Shondalandは、法廷サスペンス『殺人を無罪にする方法』や、医療クリニックを舞台にした『プライベート・プラクティス』など、大人の関係を描いたドラマを製作してきた。それだけに、より若い視聴者をターゲットにした新作が、どのような仕上がりになるのか期待がかかる。

なお、ライムズが手掛けるABCのスリラードラマ『The Catch(原題)』は、2016年1月より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ションダ・ライムズ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

本国イギリスで「クリスマス当日ではないものの、その時期に放送する」とショーランナーのスティーヴン・モファットが以前話していた『SHERLOCK/シャーロック』特別編。その放送日とタイトルがついに発表された。

【関連動画】『SHERLOCK』特別編の予告映像はこちら!

現代のロンドンではなく、アーサー・コナン・ドイルの原作と同じくヴィクトリア時代のロンドンが舞台となるこの特別版。英BBCは10月24日、本作をイギリスとアメリカでは2016年1月1日に放送すると発表した。同シリーズが英米で同じ放送日になるのは初。これまでアメリカでは同じ英語圏ながら放送が遅れていたため、同国のファンから不満の声が上がっていたという。

また、タイトルが『The Abominable Bride(ひどい花嫁)』であることも明かされた。過去3シリーズは『ピンク色の研究』や『ベルグレービアの醜聞』など、原作のタイトルをもじったものが多かったが、今回は原作との関連は不明。もしかしたらまったくのオリジナルエピソードなのかもしれない。

またBBCによると、ファン待望のシーズン4の撮影開始は来年の春。現在、モファットとマーク・ゲイティスが脚本を書いているという。シーズン3が放送されたのは2014年1月。これまでは、2年以内に次のシーズンが放送されてきたが、最新シーズンはもうしばらくの間、首を長くして待つことになるようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c)2010 Hartswood Films

2015年10月21日は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)でマーティ(マイケル・J・フォックス)とドク(クリストファー・ロイド)がデロリアンに乗ってタイムスリップしてたどり着いた未来の日。そのため、世界中のファンがこの日を祝った。1作目が製作されてから30年経っても高い人気を誇るシリーズに出演したリー・トンプソンは、映画で着たドレスを現在も持っているという。

【関連記事】【お先見!】マイケル・J・フォックスが本格的に俳優として復帰した新コメディ『The Michael J. Fox Show』

米Peopleによると、マーティの母エレインを演じたリーは、1作目の高校の卒業パーティの場面で着たパステルピンクのドレスを今も持っているが、「サイズがきつくて、もう着ることはできないわ。当時もきつかったけれど、今では本当に着られない。私のためのオーダーメイドで、とてもきれいに裁断されていて、今でも形が崩れていないの。ドレスと一緒に履いた靴も持っているけど、履くのは大変よ。妊娠して足が年を取ったから」と話した。

1作目の撮影時、リーは24歳だったが映画では高校生を演じていた。彼女は当時を振り返り、「スタッフや出演者は私の胸を"巨乳"と呼んで、ドレスから胸がはみ出ると冗談を言っていたわ。撮影中、ドレスがあまりにもきついからドレスを脱いで、ペチコートと胸を上げるブラジャー姿でセットを歩いたの。現場にいた私の母はあきれてたわね。だって何百人のエキストラがセットにいたから。でも私は気にしなかったわ」と舞台裏も明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1作目でそのドレスを着るリー・トンプソン
(C) Mary Evans/amanaimages

ハリウッドには、体重を増量・減量させたり、演じる役柄と同じ環境で生活したりして、徹底的に役作りに努める俳優がいる。そんな俳優の一人であるレオナルド・ディカプリオが、新作映画の役に成りきるため、バイソンの肝臓を生で食べたり、動物の死骸の中で寝ていたエピソードを披露した。

【関連コラム】こちらも役作りが徹底的! 『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェが語る・・・「ポワロという役は、まさに神からの贈り物」

1820年代を舞台にした最新映画『レヴェナント:蘇えりし者』で、レオナルドは、復讐に燃える冒険家ヒュー・グラスという男を演じている。熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったヒューを見捨てたチーム一行と、腹心の友ジョン・フィッツジェラルドに罪をあがなわせるべく、厳しい冬に耐えながら、ヒューが彼らを追い詰める姿が描かれる。

米E!Onlineによると、本作のために、レオナルドが究極の役作りをしたことを明かしたという。「それまでやったことがないような困難なことを、30回か40回はこなしたよ。凍るように冷たい川に出入りしたり、動物の死骸の中で睡眠を取ったりした。強烈な寒さのせいで何度も低体温症になりかけたんだ。それに普段は、バイソンの生の肝臓なんて食べたりしないしね」と、壮絶な役作りだったと語っている。しかしそのおかげで、生の肝臓を食べるシーンは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督も納得の仕上がりになったようだ。

レオナルド扮するヒューが追いかけるジョンを演じるのはトム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)。そのほかドーナル・グリーソン(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、ウィル・ポールター(『メンズ・ランナー』)らが出演する。

すでにアカデミー賞の呼び声が上がっているという『レヴェナント:蘇えりし者』は、全米で2016年1月8日(金)より公開予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:レオナルド・ディカプリオ
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

2016年2月に開催される第88回アカデミー賞授賞式の司会に、人気コメディアンのクリス・ロックが決定した。彼が同賞の司会を務めるのは、2005年以来、今回で2度目のこととなる。

【関連コラム】米国TVトークショーの魅力と、オスカー授賞式司会の栄光

米Varietyによると、ニール・パトリック・ハリス(『ママと恋に落ちるまで』)が司会を務めた前回の授賞式は、過去6年で最低の視聴率を記録。その前の第86回に比べると、16%も視聴率が落ち込んでしまったことから、製作側が新鮮さを求めたようだ。

プロデューサーのデヴィッド・ヒルとレジナルド・ハドリンは、「クリス・ロックは、エンターテイメント業界の最優秀選手です。コメディアンで俳優、脚本家、プロデューサーでもあり、監督も務める上に作家でもある彼は、全てを経験しています。彼は、文句がつけようのないオスカー司会者になるでしょう」と、太鼓判を押している。クリスも司会に決定したことについて、「再びオスカーで司会できることを嬉しく思っているよ」と、やる気をうかがわせている。ハドリンとクリスは、クリスの子ども時代を描いた米CBS局のコメディシリーズ『Everybody Hates Chris(原題)』で、タッグを組んだことがある。

クリスが11年ぶりに司会で盛り上げる第88回アカデミー賞授賞式は、2016年2月28日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリス・ロック
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

映画『ハリー・ポッター』シリーズで、一躍、世界的に知られるようになったダニエル・ラドクリフ。現在26歳となるダニエルは、2012年に、子役から大人の役者への成長過程でアルコール依存症になった過去を告白し、それ以来禁酒していることでも知られている。そんなダニエルが、米男性誌PLAYBOYのインタビューで、当時なぜアルコールに走ったかを赤裸々に語っている。

【関連コラム】アメリカンドラマ、チャイルドスターの悲劇!?

「踊りに出掛けても、どこに行っても、スマホのカメラがついてくる。すごく他人の視線を感じてしまうんだ。自分の存在を消してしまいたい時に、どうすればいいか? 一番簡単な方法は、お酒だよ」と、若くして有名になってしまったことに、戸惑いを覚えたと語るダニエル。

以前のインタビューで、ダニエルは自身のことを、"本当にウザくて、やかましくて、大人にあるまじき、だらしない酔っ払い"と表現していたこともある。しかし、当時の行為は、決してゴシップのネタにされたくてやったわけではないそう。

「自分が懸命に向き合って、解決しようと努力している個人的な問題が、TVのゴシップになってしまうのを見るのはとても辛かった。何かを話すと、それがすべてのように語られてしまう。ある時、3時間かけてインタビューに答え、なぜアルコール依存症になり、どうやって克服したのかを真摯に話したんだ。その記事のタイトルは、『ハリー・ポッターのセット内でも飲んでいた!』となっていたよ。それ以来、お酒のことはめったに話さない」と語り、自分の言葉が誤って解釈されることに落胆したことを明かしている。

しかし、アルコール依存症になりながらも、スターダムに駆け上った子役が陥りやすい落とし穴に完全に転落しなかったのは、演技のおかげだったのだとか。

「僕は、とにかくスタジオのセットにいるのが大好きなんだ。そこにいる人々も、時間も大好きだ。毎日セットで、演技というクレイジーなことをやっていたい。演技するということは、自分に集中すること。だから、役者としての人生を危険にさらすような真似はしなかった」と、演技への情熱が我が身を救ったと語ったダニエル。さまざまな困難を乗り越え、見事に大人の役者に成長したダニエルの、さらなる活躍にエールを送りたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:今や実力派俳優! ダニエル・ラドクリフ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

ともに90年代前半に結成され、数々のヒットを飛ばして世界を席巻したバックストリート・ボーイズとスパイス・ガールズ。CDの売上が合計すると2億枚を超える彼らが合同でワールドツアーを行うという噂がささやかれているが、実現するかどうかはスパイス・ガールズ次第のようだ。

【関連コラム】高い人気と評価を誇る『エレンの部屋』 米国TVトークショーの魅力と、オスカー授賞式司会の栄光

米E!Onlineによると、バックストリート・ボーイズのニック・カーターがエレン・デジェネレスに、合同ツアー実現のためにスパイス・ガールズを説得するよう頼んだという。エレンが司会を務める人気のトーク番組『エレンの部屋』に出演したニックは、ツアーの噂について「まだアイディア段階だけど、僕はメル・Bと友達だし、実現したらクールだよね。僕たち男性陣は全員、この案に乗り気なんだ。だから、女性陣次第だね。彼女たちが何を望むかだよ」と、自分をはじめとしてバックストリート・ボーイズは全員が実現を望んでいることを明かすとともに、「それで、君に助けてもらえたらと思うんだけど」とエレンに言い、スパイス・ガールズの説得を依頼した。

するとエレンはカメラを通じてスパイス・ガールズに呼びかけ。「ほら、女性たち、何を待ってるのよ? バックストリート・ボーイズとスパイス・ガールズが一緒なんて、すごいツアーになるに決まってるじゃない!」と語っている。

とはいえ、スパイス・ガールズは2012年のロンドン五輪の閉会式を最後にグループとして活動していないため、実現は難航しそうだ。特に、4人の子持ちでファッションデザイナーとしての仕事もあるヴィクトリア・ベッカムは、2013年に受けたインタビューで「私にとっては(再結成してワールドツアーを行った)2008年で終わったの」と、グループに復帰する気がないことを明言している。

スパイス・ガールズが何度も活動休止となる一方、バックストリート・ボーイズは1993年の結成以来、活動し続けているが、合同ツアーでその歴史に幕を下ろす可能性もあるという。ニックは別のインタビューで、「それ(解散)について話し合ったことはあるよ」とグループ全体で解散を考えたことがあると認め、続けて「90年代から活躍してた二つのビッググループが一緒にツアーを行っていろんなスタジアムを回ったりするっていうのは、僕たちにとっていい最後だと思うんだ」と口にしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ニック・カーター
(C) Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

大人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』のシャーロック・ホームズ役で大ブレイクし、『ホビット』シリーズや『スター・トレック イントゥ・ダークネス』といった大作映画への出演が続いているベネディクト・カンバーバッチ。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼が出演した舞台『ハムレット』が、ナショナル・シアター・ライヴ(以下NTL)の記録を塗り替えたことが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連コラム】舞台を映画館で観る! 「ナショナル・シアター・ライヴ」はなぜ魅力的なのか?

ナショナル・シアター・ライヴとは、イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが、世界で話題となっている舞台を映画館で上映する企画だ。ベネディクトが主演する『ハムレット』は、8月5日よりロンドンのバービカン・シアターにてプレビュー公演が開始し、NTLにより10月15日の公演が世界中の映画館で生中継された。25ヵ国におよぶ1400館もの映画館で上映された本作は、今までのNTLの記録を塗り替える22万5000人強の観客を動員。ベネディクトの世界的な人気を、決定的に裏付ける結果となった。

ウィリアム・シェイクスピアの四大悲劇の一つである『ハムレット』で、主役ハムレットに扮するベネディクトは、キアラン・ハインズ(『ゲーム・オブ・スローンズ』)やレオ・ビル(『アリス・イン・ワンダーランド』)らと共演。絶賛上演中の本作は、10月31日(土)に閉幕する。なお、ベネディクトがジョニー・デップと共演した映画『ブラック・スキャンダル』は、2016年1月30日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ(ナショナル・シアター・ライヴ『ハムレット』)

大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で、ミスター・ビッグと結婚するナターシャを演じたほか、警官一家を描いたドラマ『ブルーブラッド』にもレギュラー出演していたブリジット・モイナハン。彼女が、実業家男性と結婚したことが明らかとなった。

【関連コラム】『SATC』のキャリーをファッションアイコンに仕立てあげたパトリシア・フィールドってだあれ?

米E!Onlineによると、今月16日にバージニア州ハンプトンで、ブリジットは実業家のアンドリュー・フランケルさんと結婚。関係者の話では、友人の紹介でアンドリューさんと知り合ったブリジットは、彼と交際を開始してから幸せいっぱいなのだという。2006年にブリジットは、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンの現在の夫で、NFL選手のトム・ブレイディと破局する直前に妊娠に気づき、彼と別れた後に第一子となるジャックくんを出産。新しく夫となったアンドリューさんには以前の結婚でもうけた3人の息子がいるため、ジャックくんは一度に3人ものお兄さんができて大喜びしているそうだ。

ハンプトンでバケーションを過ごすのが大好きだというブリジットは、画像共有サイトInstagramに、ウェディングドレスに身を包んだ自分とタキシード姿のアンドリューさんが見つめ合う写真を投稿して、喜びを分かち合っている。トムと破局後、一人で長男を出産した時は不安になって過呼吸になったり、手伝いに来てくれた父親が実家に帰る時は泣いていたというブリジット。シングルマザーとしてかなり大変な時期を過ごしたことを明かしていた彼女だけに、末永く幸せになってほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブリジット・モイナハン
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

SFドラマ『HEROES/ヒーローズ』のサイラー役でブレイクし、怪奇アンソロジー『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズや、リブート映画『スター・トレック』シリーズのスポック役など、話題作の出演が尽きないザッカリー・クイント。彼が、ニューヨークで名門MCCシアターの舞台『Smokefall(原題)』に主演することがわかった。米Varietyなどが伝えている。

【関連コラム】海外ドラマの人気者がブロードウェイの舞台に立っている! 海ドラファンだからこその魅力がたっぷり! トニー賞のココに注目

2013年、『ガラスの動物園』で念願のブロードウェイデビューを果たしたザッカリー。今回の『Smokefall』は家族ドラマで、オフブロードウェイの舞台となる。演出は、オフブロードウェイの最高賞であるオビー賞にも輝いたアン・カウフマンで、脚本はアル・パチーノ主演映画『ミッドナイト・ガイズ』などで知られるノア・ヘイドルという注目作だ。

舞台『Smokefall』は昨秋、シカゴの由緒ある劇場、グッドマン劇場でプレミア上演され、地元紙シカゴ・トリビューンなどから好評を博した。ニューヨークでは、ザッカリーを主演に迎え、MCCシアターのルシール・ローテル・シアターで、来年2月4日にプレビュー公演が行われ、2月22日から3月13日まで期間限定で通常公演が行われる予定とのこと。

ザッカリーは、リブート版の第3弾となる『Star Trek Beyond(原題)』に加え、オリヴァー・ストーン監督の『Snowden(原題)』といった映画も控えている。今後ますますの活躍に注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ザッカリー・クイント
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

登場人物が予想外の末路を迎える大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。それでも原作者のロバート・カークマンは、TVドラマ版ではどうしても死なせたくない登場人物がいるという。

【関連記事】主要キャラクターを一挙おさらい! 『ウォーキング・デッド』

米Vultureが伝えたところによると、今月上旬に開催されたニューヨーク・コミコンのパネルトークにおいて、カークマンはメリッサ・マクブライド演じるキャロルについて、次のように話したということだ。

「コミック版のキャロルは、ゾンビの終末世界において、人間がいかに壊れてしまうものなのかを表現する、僕なりの試みだった。一方ドラマ版のキャロルは、正直言うとコミックよりもずっとよくできた登場人物で、自分の身に起きた恐ろしい出来事によって、かえって強くなった人間なんだ。キャロルを死なせるのは...とてもじゃないができないよ」とカークマン。

そして、「番組の中でキャロルを死なせたい人はいるかい?」とカークマンが聴衆に尋ねたところ、大半の人は「ノー!」と答えたという(ただし、中には「イエス」と声を上げた人も、ちらほらいた模様)。

ちなみに、カークマンはこれまで命を落とした登場人物たちについては、(死なせる決断を)悔いると同時に、その決断を肯定してもいるとのこと。「番組で登場人物を死なせるのはコミックよりも難しい。俳優が関わっているし、みんないい人だしね――ノーマン(・リーダス)以外は」と、ダリル役のノーマンをからかいつつ述べている。

とはいえ、ノーマンに対する敬意も大きいようで、ダリルの成長は、ノーマンの貢献によるところが大きい、とも説明している。「ノーマンはもともと、(ダリルの兄の)メルル役のオーディションを受けていた。ノーマンのことがとても気に入ったので、新たな登場人物を彼のために作ることになったんだ。シーズン1のダリルは、メルルと同じく主人公に敵対するトラブルメーカーだったけれど、ノーマンの演技を見ているうちに、本当の人物像が見えてきたんだよ」と、カークマンは話している。

今度は誰が命を落とすのか気になる『ウォーキング・デッド』シーズン6は、FOXチャンネルにて毎週月曜21:00から放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン6
(C)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

現在シーズン6が放送中の『ウォーキング・デッド』。驚異的な人気でTVドラマの歴史を塗り替えている同番組は、キャストたちにも大きな影響を与えているようだ。米E!Onlineが彼らのコメントを伝えた。

【関連記事】秋はやっぱり『ウォーキング・デッド』。 シーズン6放送記念「日本最速第1話試写会」レポ

グレン役のスティーヴン・ユァンは、「グレンが日々の些細なことにも感謝するキャラクターだから、僕も物事をより大事に考えるようになったよ」と、死が隣り合わせの設定によって得たプラス面を説明。

ダリルを演じるノーマン・リーダスは、「この番組のおかげで、仕事や人生を本当に楽しめるようになったし、より一生懸命働くようになったよ。ここが自分の居場所だっていう気がすごくするんだ」と語っている。

一方、キャロルに扮するメリッサ・マクブライドは、スティーヴンやノーマンとは意見が異なるようだ。「この役を演じるのは少し大変だったわ。詳しいことは言わないけど、あの特殊な状況によっていろんなことを学んだの」、と内気な妻なのにゾンビと闘う羽目になるキャラクター同様、女優として苦労していたことを示唆した。

そんな中、役柄に対して面白い見方をしているのがミショーン役のダナイ・グリラ。「ミショーンも私も、女性として同じようなことをしているの。時には彼女が先んじるけど、その逆もあるのよ」と、役柄と競い合っていることを明かしている。

『ウォーキング・デッド』シーズン6は、FOXチャンネルにて毎週月曜21:00から放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン6
(C)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

米FXで放送中の人気ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』の最新シリーズ『American Horror Story: Hotel(原題)』(以下『Hotel』)に出演中の歌姫レディー・ガガ。彼女の婚約者で俳優のテイラー・キニー(『Chicago Fire』)が、ガガのために演技指導を施し、いずれは共演したいと抱負を語っていることがわかった。

【関連お先見!】『アメリカン・ホラー・ストーリー:Freak Show』 人間の心に潜む異常さを「見世物小屋」からご覧あれ!

米エンターテインメント情報番組『E!News』のインタビューに応じたテイラーが、ガガが本格的に女優デビューを飾ったことについて心境を明かしている。「彼女がベストを尽くせるように、役作りを手伝いたかったんだ。演技指導をしていると、僕まで仕事にドップリと浸かれて、演技について語れば語るほど自分の身にも付くような気がした」と、ガガにアドバイスすることが自分のためにもなったとコメント。

2011年に、ガガのプロモーションビデオ「You and I」の撮影で出会い交際を開始した二人だけに、テイラーは再びガガと共演することを望んでいるという。「プロモの撮影で彼女と出会って以来、一緒に仕事をしていないからね。これから先、彼女と共演する可能性を排除はしないよ。"The Nuptials(婚礼)"っていう作品なんてどうかな!?」と、作品のタイトルまで例に挙げている。

(※以下、『Hotel』のネタばれを含みますのでご注意ください)

10月7日より、米FXにて『Hotel』の放送がスタートしたが、ガガが演じるホテル経営者のエリザベス伯爵夫人は、かなりショッキングな役柄のようだ。いきなり第1話から、伯爵夫人はほぼ全裸の状態で、マット・ボマー(『ホワイトカラー』)扮するドノヴァンを含む3人と性行為に浸り、その相手を殺して血を飲んでしまうという。過激な役にガガが挑んだ『Hotel』は、米FXで毎週水曜22:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:
テイラー・キニー
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
レディー・ガガ
(c)Albert L. Ortega/www.HollywoodNewsWire.net

今年8月、3年間の婚約期間を経て、ジェニファー・アニストンと結婚した俳優ジャスティン・セロー(『LEFTOVERS/残された世界』)が、新婚生活について語った。

【関連記事】<ドラマスター編>年下男性は永遠のブーム!? ハリウッドの年の差カップルをまとめてみました!

米E!Onlineによると、今月14日、米人気トーク番組『エレンの部屋』にゲスト出演したジャスティンが、司会のエレン・デジェネレスのインタビューに答えた。「"婚約者"って響きはいいけど、"妻"と呼べるようになって最高の気分だよ」と語り、ジェニファーが妻になったことが嬉しくて仕方がない様子。

二人の結婚式はジャスティンの誕生日パーティーとして進めていたサプライズ挙式だったのだが、それを本気にした招待客もいたようだ。自身も彼らの結婚式に出席したエレンが、「招待客の何人かがビーチサンダルや短パン姿だったのはどうしてなの?」と尋ねると、ジェニファーとジャスティンは、スケジュールの都合がつかなさそうな招待客の半数に彼の誕生パーティーと伝えていたため、数人が本気にしてカジュアルな格好で現れたのだという。ただ、かなり意味深なトーンでジャスティンが誘ったため、結婚式ではないかと予想した人たちは正装だったそう。

ジャスティンは他のインタビューで、3年という長い婚約期間を経て結婚した二人について、「結婚まで時間がかかったけど、僕たちにとって適切なスペースで歩んでこれで良かったと思う」とも語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:Photo:ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

先月、テニスプレイヤーのライアン・スウィーティングとの離婚を発表したケイリー・クオコが、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の共演者で、元恋人ジョニー・ガレッキとの復活愛を否定していることがわかった。

【関連記事】今年も発表! ドラマ俳優の気になる収入、おいくらでしょう? <女優編>

2013年の大晦日に、交際開始からわずか半年でライアンと電撃結婚したケイリーは、"和解しがたい相違"を理由に離婚を申請。2008年から2年ほどジョニーと交際していたケイリーは、破局後も良い友人関係を築いているようで、ジョニーはケイリーとライアンの結婚式にも出席している。

米E!Onlineによると、ケイリーとライアンの結婚がうまくいかなかったのは、彼女がジョニーのことを完全に忘れられなかったことが原因で、離婚発表後にジョニーとの関係が復活したとの噂が流れていたという。しかし、今月14日、ケイリーが画像共有サイトInstagramで、「がっかりさせて悪いけど、浮気も密会もないわよ。私とジョニーはただの友達で、ペニーとレナードはそれで十分なの!」と、『ビッグバン★セオリー』で二人が演じる役名を出して、噂を完全に否定。ジョニーとお互いの拳を合わせた、バディなポーズを取ったツーショット写真にコメントを添え、あくまで良い友達であることを強調している。

さらにジョニーもInstagramに、「スキャンダルも浮気も妊娠もないよ! ここには深い友情があるだけだ」と、ケイリーと同じく復活愛の噂を一蹴している。以前のインタビューでケイリーは、ジョニーは親友の一人だとも語っているだけに、彼女にとって彼は良き友人かつ良き理解者なのかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ケイリー・クオコ (C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
ジョニー・ガレッキ (C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

大人気ロックバンド、マルーン5のシンガーで、米オーディション番組『THE VOICE』では審査員を務めるアダム・レヴィーン。彼が、マルーン5の曲「Sugar」のプロモーションビデオを基にしたリアリティ番組を製作することが明らかとなった。

【関連特集】ドラマ? ドキュメント?? バラエティ??? リアリティショーってなんだ!? 

このプロモビデオは、マルーン5のメンバーが、ロサンゼルスで数々の結婚式を回り、サプライズで会場に現れて演奏をしていくというもの。米Varietyによると、1時間枠のタイトル未定の番組は、「Sugar」を監督したデヴィッド・ドブキンとアダムによるプロデュースで、すでに米NBC局からオーダーされているとのこと。本番組は、有名スターが一般人の結婚式やバチェロレッテ・パーティーに予告なしに現れ、ゲストとして式やパーティーを盛り上げるという内容だ。

『シャンハイ・ナイト』や『ブラザーサンタ』などの映画でメガホンを取ったドブキンは、招待されていない結婚式に独身男性二人が出掛けてナンパを繰り返すというコメディ映画『ウエディング・クラッシャーズ』も監督している。アダムとタッグを組むリアリティ番組と設定が類似しているため、ドブキンにとっては得意分野とも言えそうだ。

最近は、音楽活動のほかにプロデューサー業にも乗り出しているアダムは、NBCで1970年代の音楽業界を舞台にしたシリーズを進行させていたが、局側がプロジェクトを一時保留にしている。

プロデューサーとしても活躍中のアダムが審査員を務める『THE VOICE』シーズン9は、米NBCにて毎週月曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:アダム・レヴィーン
(C)I. Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で一躍有名になり、映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』ではサラ・コナーを演じたエミリア・クラーク(28歳)。その彼女が、アメリカの男性ファッション誌Esquireで、「現在生きている最もセクシーな女性」に選ばれた。

【関連記事】『ターミネーター:新起動/ジェニシス』超チャーミングなエミリア・クラークに突撃インタビュー!

エミリアはトップレスのままベッドに横たわる姿で同誌の表紙を飾ったほか、セクシーなランジェリー姿をグラビア特集記事(+公式サイト)で披露している。

この記事の中でエミリアは、デナーリス役に抜擢された当時を振り返っている。演劇学校を卒業したのち、生計を立てるため3つの仕事を掛け持ちしていた彼女のもとに、エージェントから『ゲーム・オブ・スローンズ』のオーディションを受けるよう連絡が入った。当時、HBOはパイロットをすでに撮り終えていたが、配役が気に入らないのでやり直したがっていたという。

「そのときエージェントは、配役担当責任者に言ってくれたの。"デナーリスは背が高くて、しなやかな体つきをしたブロンドの女性だということはわかっています。エミリアはたしかに背が低いし、丸みのある体型で、髪はブラウン。それでも会ってみてほしいのです"とね」と話すエミリア。役のイメージからかけ離れていたにもかかわらず、エージェントの強い後押しがあったという。

そして受けたオーディションでは、二つのシーンの台本を与えられたが、役のことは何もわからず、原作を読む時間もなかった。「だから、みんながするように、ウィキペディアでとことん調べ上げたわ」とエミリアは続けている。

こうして、見事に役を手にしたエミリア。しかし、番組開始当初まだ23歳だった彼女にとって、フルヌードやベッドシーンをこなすのには困難がともなったようだ。「一度だけ、少し休憩をとる必要があったの。お茶をくださいとお願いして、ちょっと泣いて、それから次のシーンに備えたわ」と、難しい撮影を気丈に乗り越えたことを明かしている。

ちなみにエミリアは、昨年も、米テレビ番組情報サイトBuddyTV.com発表の「最もセクシーなテレビ女優」と、男性向けウェブサイトAskMen.comの発表する「最も理想的な女性」でともに第1位に選ばれている。美しさはもちろん、上のインタビューからも伺える芯の強さが、ファンをとりこにする秘密なのかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:エミリア・クラーク
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作「氷と炎の歌」シリーズを執筆しているジョージ・R・R・マーティン。その彼が手掛けた小説「The Skin Trade(原題)」を、米Cinemaxでドラマ化する動きがあることを、米Hollywood Reporterなどが報じている。

【関連特集】これを観ずしてなにを観る。傑作大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』いよいよ日本上陸

「The Skin Trade」は、狼男を題材としたノワールものの中篇小説で、1989年に刊行された。ストーリーの主人公は、狼男の集金代行業者ウィリー・フラムボーと、その友人である私立探偵ランディ・ウェイド。二人は衰退した工業都市を舞台に、身の毛のよだつ連続殺人に潜む暗黒の秘密を突き止める。

コミックにもなったことのある小説だが、マーティンは自身のブログで、TVシリーズや映画にできそうな作品だという趣旨のことを述べている。1991年にはTVシリーズの企画として売り込もうとしたこともあったそうなので、実に24年越しの企画ということになる。

映像化の権利を取得し、ドラマ化を試みるのは製作総指揮者のマーク・B・ニューバウワー。また、「氷と炎の歌」シリーズ執筆のため忙しいマーティンに代わり、『プリズン・ブレイク』『ワンス・アポン・ア・タイム』に参加したカリンダ・バスケスが、パイロットの脚本を担当する。

先月発表されたエミー賞で『ゲーム・オブ・スローンズ』が作品賞を含む12冠を達成したことを受けて、『ゲーム~』を放送するHBOの姉妹局であるCinemaxで動き出したこの企画。今後の進展を見守っていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョージ・R・R・マーティン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

"ピーウィー・ハーマン"のキャラクターで1980年代に人気を博したポール・ルーベンスが、バットマンの前日譚を描く人気ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』において、ペンギンことオズワルド・コブルポットの父親を演じることがわかった。米Hollywood Reporterなどが報じている。

【関連コラム】『GOTHAM/ゴッサム』、敏腕クリエイターが生み出す独自の世界観に迫る

この情報は、米ニューヨーク市で先週開催されたニューヨーク・コミコンにて明かされたもの。本作のパネルトークで、ペンギン(オズワルド)を演じるロビン・ロード・テイラーが次のように語った。

「ご存じの通り、オズワルドの母親は名女優のキャロル・ケインが演じています。父親のことはよくわからなかったけれど、確かに存在していて、まもなく登場するんです。演じるのはほかでもない、"ピーウィー・ハーマン"ことポール・ルーベンスですよ。僕のパパを彼が演じるなんて!」と、ロビンは興奮の面持ちで話している。

ポールは、アメリカで現在シーズン2が放送中の『GOTHAM』に、複数回ゲスト出演をするということだ。

赤の蝶ネクタイにスーツが印象的な"ピーウィー・ハーマン"というキャラクターを1980年代に作り上げて子どもたちの人気者になったポールだが、1991年にポルノ映画館で自慰行為をしたかどで逮捕、2002年にも児童ポルノを所持していた罪で逮捕され、社会に衝撃を与えた。それでも、最近は『ブラックリスト』にゲスト出演するなど再起を遂げている。面白いことに、1992年の映画『バットマン リターンズ』でもペンギンの父親を演じていた。

シーズン2では、バットマンでおなじみの悪役が次々と頭角を現すほか、意表を突く展開も話題になっている。また、『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』のマイケル・チクリスが、ゴッサム署の新たな分署長として登場するなど、ますます盛り上がっているところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポール・ルーベンス
(C) Everett Collection/amanaimages

2001年、映画『野のユリ』(1963年)のシドニー・ポワチエに続き、『トレーニング デイ』の演技で、アフリカ系として二人目のアカデミー賞主演男優賞受賞俳優となったデンゼル・ワシントン。名優として知られる彼が、人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(以下『グレアナ』)シーズン12のエピソード監督を務めることが明らかとなった。

【関連コラム】新シーズンも続く!?『グレイズ・アナトミー』シアトル・グレースはこんなハレンチな病院だった!

米Varietyによると、デンゼルが監督するのは米ABCで放送中のシーズン12の第9話だが、エピソードのあらすじなどの詳細は不明。本シリーズの脚本家ステイシー・マッキーが、デンゼルが監督するエピソードでもペンを取るという。

デンゼルは、2000年代に『きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー』と『グレート・ディベーター 栄光の教室』という2本の映画で、出演するだけでなく監督も兼任してマルチな才能を発揮している。彼にとってTVシリーズでメガホンを取るのは初めてのこととなるが、シーズン12で製作総指揮を担うデビー・アレンと親しいことから、エピソード監督を務める運びとなったようだ。アレンは、「今シーズンは24エピソードのうち10本を女性が監督することになっていて、他の人材も探しています」と語り、シーズン12の舞台裏はできるだけ多くの女性スタッフで固めたいともコメントしている。

デンゼルがTVシリーズでの監督デビューを飾る『グレイズ・アナトミー』シーズン12は、米ABCにて毎週木曜20:00より放送中。日本では、シーズン11がWOWOWにて毎週火曜の22:00より放送している。(海外ドラマNAVI)

Photo:デンゼル・ワシントン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

イギリスの秘密情報部MI6に所属するスパイのジェームズ・ボンドが活躍する『007』シリーズ。現在、6代目ボンドを演じるダニエル・クレイグが、今後の同シリーズ出演は考えていないとコメントしたことから、次のボンドは誰が演じるのかという噂が盛り上がっている。人気俳優のベネディクト・カンバーバッチ(『SHERLOCK/シャーロック』)も候補の一人と目されているのだが、これについてベネディクトが考えを語った。英Guardianなどが伝えている。

【関連動画】ベネディクト・カンバーバッチの人気シリーズ『SHERLOCK』クリスマス特別編の予告映像はこちら!

自身の出演する最新映画『ブラック・スキャンダル』のプレミアで取材に応じたベネディクトは、「正直に言って、僕がボンドとして検討されるとは思わない」とコメント。「どうだろうね、僕もスーツは着られるし、格闘シーンもこなせるよ。片方の眉を上げることもできるけど、ボンド役はそれが資質でもないだろうし」と笑いを誘い、「できたら楽しいだろうね」と興味を示しつつも、「『007』シリーズの製作陣は"違う方向性"を次のボンドに求めているんじゃないかな」と話している。

なお、ダニエル演じるシリーズ最新作『007 スペクター』は、10月26日より全英を皮切りに順次公開され、日本では12月4日に封切られる。ダニエル扮するボンドはこれで見納めとなるのか、後任としてカンバーバッチにオファーはいくのか、それとも他のスターになるのか。噂はまだまだ盛り上がりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベネディクト・カンバーバッチ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ガールズ4人組が、謎の失踪を遂げた友人の秘密に迫るミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』)で、同性愛者のエミリー・フィールズを演じるシェイ・ミッチェル。彼女が、親友と共同執筆した小説「Bliss(原題)」を出版し、作家デビューを果たしたことが明らかとなった。

【関連コラム】『プリティ・リトル・ライアーズ』からみる"ガールズスタイル"!

米ファッション誌COSMOPOLITANのウェブ版が伝えたところによると、シェイと彼女の親友ミカエラ・ブレイニーさんが共同で「Bliss」を執筆し、すでに販売が開始されているとのこと。小説の主人公は、ハリウッドで女優を目指す21歳のソフィア・マーカスという女性で、きらびやかな世界を舞台に、子どもっぽい30代の恋人や期待外れの仕事といったエピソードが散りばめられ、シェイのハリウッドでの経験が下敷きになった作品だ。

シェイはインタビューで、「私たち二人が過去に経験した数々のストーリーを本にして、ここまでの軌跡をファンと分かち合いたいと思ったの。主人公のソフィアは私の人生経験を基にしたキャラクターで、ソフィアの友達デミはミカエラがモデルなの。そして、リンドラっていう子は、私たちが知っている女の子を掛け合わせたような人物よ」と語っており、どうやらシェイの半自叙伝的なストーリーとなっているようだ。小説にはかなり大人向けのトピックも登場する模様で、『PLL』のファンには少しショッキングな内容かもしれないともコメントしている。

シェイが執筆した初の小説「Bliss」は、10月6日(火)より販売開始されAmazonでも購入可能だ。小説家デビューを飾ったシェイが出演する『PLL』シーズン6は、米ABC Familyにて中休みを経た2016年1月12日(火)より放送再開となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:シェイ・ミッチェル
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

スパイドラマ『エイリアス』や映画『タイタニック』で知られるヴィクター・ガーバーが、16年来の恋人であるアーティストでモデルのライナー・アンドリーセンと同性結婚したことが明らかになった。

【関連コラム】『ARROW/アロー』のスピンオフ、『The Flash』に主演するグラント・ガスティンが心境を語る!

このニュースは、ライナーが"カナダのトフィーノでこっそり結婚した"という内容のハッシュタグを添えた二人の写真を画像共有サイトInstagramに投稿したことで明るみに。多数のメディアが二人の結婚を報じているが、今のところヴィクターからの正式発表はなく、詳細は不明だ。

ヴィクターが同性愛者であることをカミングアウトしたのは、2012年4月にカナダの情報誌Forever Young Informationに掲載されたインタビューでのこと。この時、ヴィクターは「パートナーのライナー・アンドリーセンと僕は、かれこれ13年間ほど(ニューヨークの)グリニッチ・ヴィレッジで一緒に暮らしているんだ」と明かしている。ただし、この時はあまり注目されずに終わり、翌年1月にテレビ批評家協会のプレスツアーにて「公にはしていないけど、みんな知っているよ」と再び認めた際に、同性愛者であることが広く認知されることとなった。

ちなみにヴィクターは、『エイリアス』で共演したジェニファー・ガーナーがベン・アフレックと2005年に結婚式を挙げた際に司会を務めている。残念ながらジェニファーとベンは別居中と言われているが、長い年月をかけてじっくり愛を育んできたヴィクターには末永く幸せになってもらいたい。

なお、ヴィクターが主演する新作ドラマ『Legends of Tomorrow(原題)』が米CWにて今季ミッドシーズンからスタートする。本作は『ARROW/アロー』と『THE FLASH/フラッシュ』のキャラクターが一挙集結する注目作だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヴィクター・ガーバー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

音楽界の権力争いを描く大人気ドラマ『Empire 成功の代償』で、敵対するライオン夫妻を演じるタラジ・P・ヘンソンとテレンス・ハワードの間に不仲説が漂っている。そんな噂を払拭するかのごとく、タラジが、テレンスとのケンカをパロった動画をSNSに投稿して話題になった。

【関連コラム】dTVでFOXチャンネル! 海外ドラマ好きには外せないタイトルが大集合のFOXチャンネルの作品と魅力を徹底解剖!

米E!Onlineによると、先週初めに『Empire』の撮影セットで、タラジとテレンスが大喧嘩していたとのニュースが報道された。しかし、その報道を覆すかのように、タラジが画像共有サイトInstagramに噂の喧嘩をパロった動画を投稿し、不仲説は事実ではないことをアピール。動画では二人が激しく口論しており、事情を知らない人が見たら、"喧嘩を隠し撮りされたのでは?"と勘違いしそうなほど、その迫力は真に迫っている。ただし動画には、「テレンスと私の仲が悪いって噂があるみたいね。私が不仲な誰かと働きたがるわけがないじゃない! バカげているわ」というコメントが添えられており、二人のケンカを見守る周囲も、ノリノリで怖がるフリをしている。不仲説を迫真の演技で払拭してしまうとは、俳優としてなかなか粋な方法だと言えるのではないだろうか。

本作では、テレンス演じるルシウスとタラジ扮するクッキーが、ルシウスが築いたエンパイア社をめぐって後継者争いを繰り広げているだけに、そんな噂が立ってしまうのかもしれない。『Empire』シーズン2は米FOXで毎週水曜21:00から放送している。日本ではシーズン1がFOXにて毎週土曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:
タラジ・P・ヘンソン (C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net
テレンス・ハワード (C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

大人気コメディドラマ『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』のシュミット役で注目され、現在は『アメリカン・ホラー・ストーリー』の新シーズン『American Horror Story: Hotel(原題)』に出演中のマックス・グリーンフィールド。彼が本作の役作りのために、11キロほど体重を落としていたことが明らかとなった。

【関連記事】どう変わった?~イメチェンと肉体改造計画で大変身~【潜入パパラッチ!?】

米E!Onlineによると、本シリーズのプレミアイベントでインタビューに応じたマックスが、彼の妻でキャスティング・ディレクターのテス・サンチェスの妊娠と彼のダイエットが重なり、減量が大変だったことを明かしている。「本当に大変で、もう少しで離婚するところだったんだ。ダイエットのせいで離婚する初めての夫婦になるところだったよ」とジョークを交えながら答えつつも、妊娠中で食欲旺盛の妻とダイエット決行中のマックスがすれ違い、かなり苦労したことを告白している。

結果的に、ハリウッドに住むジャンキー、ガブリエル役を演じるために、約11キロも体重を落とすことに成功したマックス。あご周りがスッキリして顔がすっかり引き締まった彼は、さらにイケメン度がアップして、パッと見では誰か分からないほどスリムになっている。そして意外にも、減量よりも元の体重に戻る方が大変だったとのこと。「ダイエットはそんなに苦しくなかったけど、元の食生活に切り替えるのが辛かった。普通の人間のように食べるのが、思ったよりも大変だったよ」と語っている。なお、撮影後に最初に食べた物はホットケーキだったそう。

スリムなイケメンに大変身したマックスが出演する『American Horror Story: Hotel』は、米FXにて毎週水曜に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダイエット前でも魅力的なマックス・グリーンフィールド
(C)Yoko Maegawa/www.HollywoodNewsWire.net

2009年の映画『17歳の肖像』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたほか、舞台『スカイライト』の演技で第69回トニー賞演劇部門主演女優賞の候補にも挙がった経験を持つキャリー・マリガン。すっかり演技派女優となったキャリーが、第一子を出産したことがわかった。

【関連記事】あの人もこの人もパパに! 2014年、ハリウッドの新米イケメンパパ、大集合!

キャリーは今年6月、夫でロックバンド、マムフォード・アンド・サンズのマーカス・マムフォードとの間に、第一子を妊娠中であることが報じられた。E!Onlineによると、今月6日に、ロンドン映画祭で久しぶりに公の場に登場したキャリーはすでに身重ではなくなっており、彼女が元気な赤ちゃんを産んだことを関係者が明かした。私生活を語らないことで知られるキャリーとマーカスだけに、出産日や赤ちゃんの性別といった詳細は不明だが、キャリーが9月に出席するはずだったイベントをキャンセルしていることから、その時期に出産したのではとメディアは報じている。

父親となったマーカスはシンガー・ソングライターだけに、赤ちゃんに歌う子守歌は、彼のバンドの曲になるかもしれない。そこでE!Onlineが、子守歌にピッタリだというマムフォード・アンド・サンズの曲の歌詞を、皮肉たっぷりにいくつかピックアップ。「死が溢れ、人間は小さな存在だ」や「夢なんてクソ食らえ! そして、縫い目は引っ張らないことだ」といった歌詞を歌えば、"子どもが大きくなって学びそうなことを、先駆けて教えられるのではないか"と伝えている。

しばらくは子育てで忙しくなりそうなキャリーは、ヘレナ・ボナム・カーター、メリル・ストリープと共演した映画『Suffragette(原題)』が10月12日(月)にイギリスで公開されたばかりだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:キャリー・マリガン
Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

今年3月にメンバーのゼイン・マリクが脱退し、4人となった英人気ボーイズグループのワン・ダイレクション(以下1D)。彼らのライブ中に、リアム・ペインがルイ・トムリンソンを突き飛ばしているような動画が出回りファンの間で大騒ぎとなっていたのだが、リアムが「ふざけていただけだよ!」とコメントしていることがわかった。

【関連記事】えっ、1Dのあの人も? 2015年上半期に破局したセレブたち!

今月4日(月)、英マンチェスターで行われたコンサートのステージで「What Makes You Beautiful」を演奏中に、リアムがルイを険しい表情で突き飛ばしているように見える動画を、英Heartworldがウェブサイトに掲載。すると、二人の不仲を心配したファンとメディアが大騒ぎし、この騒動に対してリアムが「オー・マイ・ゴッド! ステージで友達とふざけていただけなのに、とんでもないよ」と、ツイッターにコメントを投稿した。さらに、「明らかに、今まで読んだ中で一番バカげた記事だ。これを書いた人は、人生でふざけ合ったりしたことがないんだろうな」とも付け加え、メンバーとステージでちょっとふざけただけで、大きく取り沙汰されてしまったことに呆れている様子だ。

だが、ファンにしてみればゼインが脱退してしまい、活動休止報道もあっただけに、残りのメンバーの関係がうまくいっているのか心配になるのではないだろうか。ルイとの不仲説を笑い飛ばしたリアムは、引き続き仲間とツアーを続行しており、「On The Road Again Tour」は、今月31日(土)に英シェフィールドにて幕を閉じることになっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ワン・ダイレクション(左から2番目がリアム、右から2番目がルイ)
(C)amanaimages

現代のロンドンを舞台に名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』。シーズン4の製作が遅れる中、舞台をオリジナルの19世紀に戻した90分間の特別エピソードが本国イギリスでクリスマスの時期に放送される予定だが、その予告映像が公開された。

【関連動画】『SHERLOCK』特別編の予告映像はこちら!

今月7日にイギリスで公開されたこの映像では、髪をオールバックにしたシャーロック(ベネディクト・カンバーバッチ)がまず、「ステージが用意され、カーテンも上がった。もう出番だな」と語るシーンから始まり、「お願いだから秘密にして」とシャーロックに必死に頼む謎の女性、シーズン3の第1話で酷評された口髭を再び生やしているジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)、ジョンの妻メアリ、ハドソン夫人も登場する。また、「僕の名前はシャーロック・ホームズ。住まいはベイカー街221B」とシャーロックが名乗ったり、「君はシャーロック・ホームズなんだから、このバカげた帽子をかぶらなきゃ」とワトソンに言われてシャーロックが鹿撃ち帽をかぶったりするなど、過去のシーンを彷彿とさせる場面も盛り込まれている。

映像のラストには「COMING SOON」とあり、いつ放送されるのかはまだ確定していないようだ。本作の放送時期について、先月ショーランナーのスティーヴン・モファットは「クリスマスの時期に放送されるだろう。ただ、すでに放送番組が詰まりすぎていたから、クリスマス当日ではない」と話していた。

予告映像によってさらに期待が高まるこの特別編は、世界中の映画館で放送が予定されているという。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c)2010 Hartswood Films

ショーン・ビーン(『ロード・オブ・ザ・リング』『ゲーム・オブ・スローンズ』)が、TVミニ・シリーズ『The Frankenstein Chronicles(原題)』に出演することが決定した。

【関連記事】LAスクリーニング2015:FOX 作品紹介 こちらのフランケンシュタインはSFクライム・サスペンス!

米Varietyなどによると、全6話からなる『The Frankenstein Chronicles』は、19世紀のイギリス・ロンドンを舞台とする犯罪ミステリー・ドラマで、有名なゴシック・ホラー小説「フランケンシュタイン」を再イメージした作品になっているとのことだ。

ロンドン・テムズ川警察によって、アヘン密輸のギャング逮捕という大捜査が成功した後、子どもの死体が発見される。しかし、実はそれが子どもの死体ではなく、グロテスクに切断された人間の身体の一部分と判明し、ショーン演じる警部補ジョン・マーロットは背筋が凍るようにゾッとする。小説「フランケンシュタイン」をイメージさせる忌まわしい事件の裏に潜む犯人を追跡するジョンは、ジョージ王政時代の暗部である"売春婦、ドラッグ密輸、死体売買、殺人などが横行する危険な暗黒街"へと踏み込んでいく...といったストーリーが展開していく。

米A&Eの副社長エレーン・フロンテイン・ブライアントは、「このドラマは、犯罪とホラーという両方のジャンルと古典的な要素がうまく溶け込んだユニークな作品だわ」と述べている。

ショーンの他には、アンナ・マックスウェル・マーティン(『ブレッチリー・サークル』)、チャーリー・クリード=マイルズ(『リッパー・ストリート』)、スティーヴン・バーコフ(『ドラゴン・タトゥーの女』)、サミュエル・ウェスト(『セルフリッジ 英国百貨店』)などの出演も決定している。

『The Frankenstein Chronicles』は、米A&Eにて来年放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ショーン・ビーン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

人気サスペンスドラマ『HOMELAND』でキャリー・マティソンを演じ、演技賞を総ナメにしたクレア・デインズ。共演したビリー・クラダップ(『ウォッチメン』)が、妊娠中の恋人メアリー=ルイーズ・パーカー(『Weeds ~ママの秘密』)と別れて、自分との恋に走ったことについて発言している。

【関連記事】クレア・デインズについてもっと知りたい!

2003年にクレアとビリーは、映画『Stage Beauty(原題)』での共演がきっかけで恋に落ちて交際を開始したものの、ビリーは妊娠7ヵ月だった当時の恋人メアリー=ルイーズを捨てたため、二人はメディアやファンから厳しく批判された過去がある。

米E!Onlineによると、通信衛星シリウスXMラジオの番組で、ハワード・スターンのインタビューを受けたクレアが当時を振り返っている。「すごく怖い経験だったし、とても辛かったわ。でも、私はビリーに恋していたし、彼との恋愛に飛び込む必要があったの。まだ24歳だったから、その決断がどんな結果を招くかなんて理解していなかったのよ。でも、もう乗り越えたことだし、ビリーとは良い友達よ」と、恋に夢中になったばかりの若気の至りだったことを告白。そんな二人は3年にわたって交際を続けたが、2006年に破局している。

そして、2009年7月、クレアは映画『いつか眠りにつく前に』の撮影で出会ったヒュー・ダンシー(『ハンニバル』)と結婚。2012年12月には第一子となる男児も誕生し、現在もヒューと幸せな家庭を築いている。(海外ドラマNAVI)

Photo:クレア・デインズ
(C)Ima Kuroda/HollywoodNewsWire.net

10月15日から全米で公開されるアドベンチャー・コメディ映画『Goosebumps(原題)』で実在する作家R・L・スタインに扮したジャック・ブラックが、この演技でアカデミー賞を受賞すると"予言"した。米Varietyが報じている。

【関連記事】ジャック・ブラックのそっくりさんは...? そっくりさんいらっしゃ~い(その2)

この作品は、"児童文学界のスティーヴン・キング"と呼ばれるスタインの同名ホラー小説が元になっており、黒縁の眼鏡をかけたジャックは若者とともにモンスターとの騒動に巻き込まれる作家自身を演じている。10月4日、劇中と同じく眼鏡姿で本作のプレミアに登場したジャックは、レポーターに対して「私は原作を書いたR・L・スタインだ」と自己紹介。さらに、「君らは私をジャック・ブラックと勘違いしてるようだね。25年前にこの話を書いた時は、こんなにも広く知られる作品になるとは思わなかったよ」などと原作者になりきったまま語った。

プレミア会場で最後までスタインを演じ続けたジャックは、彼がアカデミー賞を受賞すると"予言"するサービスも。「私の役を誰が演じるかについて、私の第一希望はモーガン・フリーマンだった。製作陣がジャック・ブラックの名前を挙げた時、こう思ったよ。"本当に正しい人選なのか?"とね。しかし実のところ、この映画を5回見てすっかり彼に魅了されてしまった。彼は素晴らしい俳優だ。マット・デイモン、残念だったな。ダニエル・デイ=ルイス、悪いね。今回は無理だよ。私の言うことを覚えておきたまえ。ジャックがあの像(アカデミー賞のトロフィー)を持ち帰ることになるさ。でなければ一種の犯罪だよ」と、アカデミー賞主演男優賞のノミネートや受賞経験のある俳優たちの名前も挙げながらジョークを飛ばした。

ゴールデン・グローブ賞に2度(『スクール・オブ・ロック』『バーニー/みんなが愛した殺人者』)ノミネートされたことがあるものの、残念ながらアカデミー賞にはまだ縁がないジャック。今年2月の授賞式では司会者ニール・パトリック・ハリスのオープニング・アクトに"乱入"したりと、サービス精神旺盛でいつもアカデミー賞を盛り上げてくれているだけに、いつか受賞者として壇上に立つ日がきたら、その時はさらに場を沸かせてくれそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジャック・ブラック
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

音楽業界の熾烈な後継者争いを描くドラマ『Empire 成功の代償』でアニカ・ギボンズを演じるグレイス・ギーリーが、アンドレ・ライオン役のトレイ・バイヤーズと婚約したことが明らかとなった。

【関連コラム】全米大ヒットドラマ! 『Empire 成功の代償』の魅力をさぐる

米E!Onlineによると、モデルのタイラ・バンクスが司会を務める米ABCのトーク番組『FABLife』に出演したグレイスが、トレイと婚約したことを認めた。二人が公の場で婚約を認めたのはこれが初めてだが、今年7月にシカゴでトレイがグレイスの誕生日にサプライズパーティーを開いた際、彼女の左手の薬指に大きなダイヤモンドの指輪がはめられていたことから、一部のメディアが二人の婚約を報じていた。

実生活では婚約カップルとなったが、『Empire』では少し複雑な関係を演じている二人。グレイス演じるアニカは、主人公ルシウス・ライオン(テレンス・ハワード)と婚約していて、トレイを演じるアンドレはルシウスの息子だ。いわば劇中では、近い将来にアンドレはアニカの義理の息子になるわけで、そんな二人が実生活で婚約したとなれば、ちょっとした"禁断の関係"だと言えそうだ。もしかしたらシリーズが進むにつれて、二人の実際の関係がストーリーに影響を与えるという展開もあるかもしれない。

婚約して幸せいっぱいのグレイスとトレイが共演する『Empire』シーズン2は、米FOXにて毎週水曜21:00より放送している。なお、日本ではシーズン1が、FOXにて毎週土曜20:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:グレイス・ギーリーとトレイ・バイヤーズ
(C) Sipa USA/amanaimages

『X-MEN』シリーズのようなハリウッド大作に出演するだけでなく、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンを演じてアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒュー・ジャックマン。アクション、サスペンス、ラブストーリー、コメディなど幅広いジャンルで活躍する彼が、出演作を選ぶ際、ニコール・キッドマンのアドバイスに従っていると明かした。

【関連記事】<オーストラリア編>イケメン俳優を求めて世界を巡る! ~話題のイケメンを出身国別に比較してみよう~

最新作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』のプロモーションのために米Varietyの取材を受けたヒューは、「この8年間、ニコール・キッドマンのアドバイスに従って、素晴らしい監督たちと仕事をしようとしているんだ」と発言。「幸運なことに、僕はまさにそうした監督たちと一緒に働くことができた。ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『プリズナーズ』)、トム・フーパー(『レ・ミゼラブル』)、クリストファー・ノーラン(『プレステージ』)、バズ・ラーマン(『オーストラリア』)、そして今回はジョー・ライトとね。彼らのように優れた監督と仕事をすると、俳優としてとても多くのことを学べるし、観客に"普段とは違ったもの"を提供することができるんだ」と、優れた監督の作品に出演することのメリットも交えて語った。

さらにヒューは、"普段とは違ったもの"について新作を引き合いに出して説明。「『PAN』はまさにそんな作品だよ。11歳の少年の視点で描かれていて、すごく明るくてエネルギーにあふれている。僕はずっとこんな映画に出たいと思っていたんだ」とコメントしている。

ヒューとニコールは、『オーストラリア』と『ハッピーフィート』で2度共演している。ニコールは、若い頃からトニー・スコット、ロバート・ベントン、ロン・ハワード、ガス・ヴァン・サント、ジェーン・カンピオン、スタンリー・キューブリック、アンソニー・ミンゲラなどなど、名だたる監督とともに仕事をし、演技派女優としての地位を築いてきた。彼女の言うことなら聞いて当然かもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:ヒュー・ジャックマン
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

米CBSのリーガルドラマ『グッド・ワイフ』の舞台裏で根深い確執があったと噂されているジュリアナ・マルグリーズとアーチー・パンジャビ。このたび、主人公のアリシアを演じるジュリアナが、カリンダ役のアーチーとの不仲説を打ち消そうとして発したコメントが、二人の不調和を裏づけるような展開となり、さらなる憶測を呼んでいる。

【関連お先見!】【海外ドラマ日記】 ネタバレ!! 法廷&ラブロマンスの『グッド・ワイフ』、デキる女アリシア......(from NY)

かねてより不仲がささやかれていた二人だが、噂が急浮上したのはシーズン6最終話の撮影を終えた後のこと。二人が久々に一緒に映るシーンの撮影を個別に行い、編集で合成されたシーンが放送されたことが明らかになり、不仲説が大々的に報じられることとなった。

そんな中、10月4日にザ・ニューヨーカー・フェスティバルの会場に姿を見せたジュリアナが、アーチーとの不仲説をきっぱり否定したという。米Vultureによると、ジュリアナは「ええ、(不仲説は)耳にしているわ。誰が言ったの? 完全なゴシップよ」とアーチーとの確執を完全否定。さらに、シーズン6最終話の撮影についても言及。「ロバート(ロバート・キング監督)が撮影したいと思った方法で撮影したまでよ。それに難しい状況もあったの。アーチーは『The Fall』っていう別のドラマの撮影をしていたのよ」と説明した。

ところが、これに対してアーチーが反論するという、まさかの展開が勃発! ジュリアナの発言を受けて、アーチーはわざわざツイッターでコメント。「あの時、『The Fall』の撮影なんて行われていなかったし、私はシーズン6最終話の撮影準備でニューヨークにいたわ!」とジュリアナの発言を真っ向から否定したのだ。

ここまでくると片方が何を言っても火に油を注ぐ結果となってしまいそう...。二人はシーズン6の最終話以前も2年ほど共演シーンがなかった上、アーチーはシーズン6をもって『グッド・ワイフ』を降板している。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ジュリアナ・マルグリーズ (C)Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net
アーチー・パンジャビ (C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)でドナを演じたトリ・スペリングが、TV番組で嘘発見器にかけられ、『ビバヒル』共演者との関係を赤裸々に告白していたことが明らかとなった。

【関連記事】集まれイケメン高校生キャラ!<前編> ~演じる人気イケメン俳優とともにご紹介~

米E!Onlineによると、トリはセレブを嘘発見器にかける米Lifetime局の番組「Celebrity Lie Detector」に出演。10月3日に同局で放送された非公式の『ビバヒル』TV映画、『The Unauthorized Beverly Hills, 90210 Story(原題)』を盛り上げるために、トリが一役買って出たようだ。8時間にもわたり嘘発見器にかけられたというトリは、劇中でも恋人同士を演じたデビッド役のブライアン・オースティン・グリーンと実生活でも交際し、引っついたり離れたりを繰り返していたことを告白。そして、ブランドンを演じたジェイソン・プリーストリーとは、カジュアルな関係を楽しんだと明かしている。「私たちのひと夏だけの関係は、『ビバヒル』そのものだった。その後は良い友人関係を保っていたけど、彼とひと夏の恋があったのは事実よ」と語っているが、ジェイソンは、その件についてはあまり触れたくないようだ。

ツイッターで、フォロワーにトリの告白が真実なのかを尋ねられたジェイソンは、「その件には突っ込まないことにするよ。誰にも関係ないことだろ。LifetimeのTV映画についてもトリの嘘発見器についても、ネガティブな発言は控えておくよ。『ビバヒル』を大切に思っているからね」とコメントしている。トリはさらに、ディランを演じたルーク・ペリーについては、彼女の18歳の誕生日に軽くキスを交わしただけで、恋愛関係はなかったと打ち明けている。(海外ドラマNAVI)

Photo: トリ・スペリング
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

TVシリーズ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』のコール刑事ことマシュー・マコノヒーが、新作映画『Gold(原題)』の役作りで別人のような姿に変身し、話題を呼んでいる。

【関連お先見】】『True Detective』今、TVドラマが熱い!最高にホットな映画俳優たちがHBO新ドラマに進出!

マシューがキャッチされたのは、ニューヨーク市内で行われた同作の撮影現場でのこと。安っぽいスーツに派手なトロピカル柄のネクタイを締めたマシューは、なんと頭のてっぺんをはげ上がらせ、下腹を突き出している。首周りまでむっちりと太った姿はコール刑事を演じた細身の俳優とはまるで別人なのだ。今回、マシューが『Gold』で演じるのは、しがないビジネスマンのケニー・ウェルズ。

かぎ鼻と出っ歯の役で、こちらはメーキャップで補っている。しかし、てっぺんがはげ上がったヘアスタイルはマシューが自毛を剃り落として形成し、中年太りした体型も計画的に体重を増やして作り上げたものだという。

マシューといえば、米People誌で「最もセクシーな男性」に選ばれるなど、日焼けした肌とマッチョなボディがトレードマークのイケメン俳優で、多くのラブコメに出演した。その後、徐々に演技派に転じ、2013年の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』では実在のエイズ患者を演じるため、過酷なダイエットで47ポンド(約21キロ)も減量したことが話題となった。当時のマシューの激ヤセぶりは凄まじく、周囲が健康状態を案じるほどだったが、イケメンぶりをかなぐり捨てた迫真の演技で見事、アカデミー賞主演男優賞を獲得。実力派俳優としての地位を揺るぎないものとした。

『Gold』で扮するのは、ボルネオ島のジャングルで金鉱の発掘に夢を賭ける、冴えないビジネスマン。マシューのプロに徹した役者魂に今回も期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』では細身だったマシュー・マコノヒー
(C)2014 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

1995年に映画『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、スター俳優の仲間入りを果たしたニコラス・ケイジ。ここ10年ほどはいわゆるハリウッド大作に主演することが減っているが、15年ほど前に大人気シリーズのメインキャラクターをオファーされていたことを明かしている。

【関連コラム】俳優たちと作品の命運を握る、重要なポジション。キャスティング・ディレクターという「仕事」〈前編〉

新作映画『Pay the Ghost(原題)』のプロモーションのために米Newsweekのインタビューを受けたニコラスは、その中で"オファーを断って後悔したことはあるか?"と聞かれて「後悔は時間の無駄だから、したことはないな。もし条件が合って出演していれば大きな利益になったかもしれない映画を断ったことはあるけどね」と返答。続けて"断った作品で特に思い浮かぶのは?"と質問されると、「『ロード・オブ・サ・リング』。あの3部作のアラゴルン役だな。それか『マトリックス』」と答えている。

『ロード~』を断わった理由として、「当時は、3年も家から離れることができない状況だったんだ」と、長期に及ぶ撮影期間がネックだったと語ったニコラス。ただし、出演しないことによる"恩恵"もあるそうで、「自分の出演作は見ないから、出演していない『ロード~』は一人の観客として純粋に楽しめた」とのこと。

ニコラスが息子を突然何ものかに連れ去られる父親に扮したホラー映画『Pay the Ghost』は、全米で9月25日より公開中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ニコラス・ケイジ
(C)Thomas Lau/www.HollywoodNewsWire.net

映画『ダークナイト』シリーズのジェームズ・ゴードン役などで知られる演技派俳優ゲイリー・オールドマンが、4番目の妻でジャズシンガーのアレキサンドラ・エデンボローとの離婚が成立したことが明らかとなった。

【関連記事】一体何があったの? スピード離婚のセレブたち

米E!Onlineによると、2008年の大晦日にゲイリーとアレキサンドラは結婚したが、今年1月、アレキサンドラが"和解しがたい不和"を理由に離婚を申請。今後4年にわたりゲイリーが220万ドル(約2億6400万円)を支払うことで離婚が成立したとのこと。今回で4度目の離婚となるゲイリーは、以前に女優のレスリー・マンヴィル(『マレフィセント』)とユマ・サーマン(『キル・ビル』シリーズ)、モデルのドニャ・フィオレンティーノとの離婚歴があり、レスリーとの間には20代になる息子一人、ドニャとの間には10代の息子二人をもうけている。

以前のインタビューでゲイリーは、アレキサンドラと出会う前の結婚で良い夫ではなかったことを認めている。「3度の結婚で何かを学んだと思う。"習うより慣れろ"と言うじゃないか? 4度も結婚していることを誇りには思わないけど、今回は順調だ。これが最後の結婚になることを願うよ」と、アレキサンドラとは良縁だと思っていただけに残念な結果に終わってしまった。またゲイリーは、シングルの身で子育てをしていた10年間が大変だったこと、子どもたちが自分の一番の業績であることも語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ゲイリー・オールドマンとアレキサンドラ・エデンボロー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

2016年に米Netflixで復活する大人気ホームコメディドラマ『フルハウス』。同シリーズのジェシー役で知られ、リブート版『Fuller House(原題)』では再び同役で出演するだけでなく製作総指揮も務めるジョン・ステイモスが、『フルハウス』時代にミシェル役のアシュレイ&メアリー=ケイト・オルセン姉妹をクビにしようとしたもののうまくいかなかったことを今は喜んでいると語った。

【関連コラム】 クロエ・セヴィニーとオルセンシスターズナビゲートによる、HOTなNYナイトライフはここ!

米E!Onlineによると、10月1日にトーク番組「Watch What Happens: Live」に出演したジョンは、オルセン姉妹が『Fuller House』への出演を辞退したのは自分との不和が原因などと噂されていることについて、「事実ではないことが報じられている」と語った。ジョンは今年4月、番組復活をめぐりオルセン姉妹とコメントが食い違い、リブート版についてまったく聞いていないという彼女たちの主張をツイッターで「でたらめ」と非難していた。ただし、今回明かしたところによれば、その後に姉妹に電話をかけて、リブート版に出演してほしいと何度も頼んでいたという。彼女たちが現在は女優業から遠ざかっていることを理由に出演を断ったものの、「僕たちの関係には何の問題もない」とジョンは不仲説を否定している。

一方で、ジョンは「彼女たちをクビにしかけたことがある」とコメント。今年8月に米Lifetimeで放送された、『フルハウス』の舞台裏を描いたTV映画「The Unauthorized Full House Story(原題)」の中にジョンとオルセン姉妹の衝突する場面があり、夏のTV批評家協会によるプレスツアー中に受けた取材で、ジョンは、彼女たちをクビにしかけたことは「100%事実」と認めていた。

「彼女たちがあまりにもよく泣くから、撮影が本当に大変だったんだ。そこで他の赤毛の子どもたちを試してみたんだけど、魅力的じゃなくてどうもうまくいかなくてね。結局、オルセン姉妹を呼び戻したんだ」と、当時の舞台裏を明かしたジョン。「よく泣くのは、まあ、子どもだから仕方ないよね。彼女たちが出演してくれて本当に良かったよ」と、今では彼女たちの起用を喜んでいると口にした。

現在撮影中のリブート版は、ダニーの長女DJ(キャンディス・キャメロン)と次女ステファニー(ジョディ・スウィーティン)、DJの友達キミー(アンドレア・バーバー)がメインキャラクターになるという。その他には、ジェシーを演じたジョンをはじめ、ダニー役のボブ・サゲットやジョーイ役のデイヴ・クーリエ、ジェシーの妻レベッカ役のロリ・ロックリン、彼らの双子の息子ニッキーとアレックス役のブレイク&ディラン・トゥオミー=ウィルホイットも出演する。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ステイモス
(C)Hanako Sato/www.HollywoodNewsWire.net

アルバム「1989」が世界中で大ヒット中で、今年5月には来日公演を大成功させた歌姫テイラー・スウィフト。懐が深いことで知られる彼女が、自身のバックダンサーの病気の甥のために、5万ドル(約600万円)を寄付していたことが明らかとなった。

【関連記事】今年も発表! ドラマ俳優の気になる収入、おいくらでしょう? <男優編>

米E!Onlineによると、テイラーのツアーバックダンサー、トシ・デヴィッドソンは生後13ヵ月の甥エイデンくんが癌と診断され、ネット上で寄付を募るサイト「GoFundMe」で募金集めを開始したところ、テイラーの名前で5万ドルの寄付があったという。その寄付には、「エイデン、あなたの叔父であるトシと一緒にツアーできて、私は幸運です。みんながエイデンのために祈って、あなたのママもたくさんの愛を送っているわ。愛を、テイラー」というメッセージが添えられてあったそう。

エイデンくんの家族は、テイラー本人から寄付があったことを、「トシとテイラーの寛大な寄付に心から感謝しています。これで母親も、エイデンから離れずに日夜そばにいることができます」と、コメントする形で認めている。トシ自身も画像共有サイトInstagramで、「テイラーには感謝してもしきれない...。彼女は本当に素晴らしい人だ。これでエイデンを助けることができるし、彼の回復を祈りたい。思いがけないギフトに、本当に感謝している」と感謝の意を示している。

現在、「1989」を引っ下げてワールドツアー中のテイラーは、10月いっぱいはカナダとアメリカを周り、11月からシンガポールよりアジア・オセアニアツアーをスタートすることになっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:テイラー・スウィフト
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒット青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のサンタナ役で知られるナヤ・リヴェラが、夫で俳優のライアン・ドーシーとの間に、第一子となる男の子を出産していたことがわかった。

【関連記事】あの人もこの人もパパに! 2014年、ハリウッドの新米イケメンパパ、大集合!

2014年7月にナヤは、ラッパーのビッグショーンとの破局からたった3ヵ月でライアンと電撃結婚して周囲を驚かせた。米Us Weeklyによると、9月17日にロサンゼルス市内の病院で、ナヤがジョージー・ホリス・ドーシーと名づけられた男の子を無事に出産したとのこと。クリント・イーストウッドの大ファンだというナヤとライアンだけに、「クリントが映画『アウトロー』で演じた、ジョージー・ウェールズにちなんで命名されたのでは?」と、同サイトは報じている。関係者は、「二人は、初めて親になれたことにワクワクしています。妊娠、出産ともに楽だったようで、母親になるために生まれたようなナヤは、今のところ順調に赤ちゃんの世話をしています」とコメントしている。

妊娠して以来、ナヤはブログで妊娠の経過を書き記し、大きくなったお腹を大胆に見せたヌード写真も撮影。赤ちゃんの誕生が待ちきれない様子が手に取るように伝わっていただけに、新しい家族を迎えて幸せいっぱいなのではないだろうか。ナヤとライアン、本当におめでとう! (海外ドラマNAVI)

Photo:ナヤ・リヴェラ
(C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

英国などで現在シーズン9が放送中の人気番組『ドクター・フー』。その新たなスピンオフとして、ヤングアダルト向けの作品『Class(原題)』を製作することを、英BBCが発表した。

【関連コラム】ハリー杉山&柏木しょうこも絶賛! BBC×KADOKAWA英国ドラマのススメ『ドクター・フー』編

『Class』の設定は現代のロンドン。時空間の壁を突破して、途方もない危険が無防備なロンドンに迫る中、本家ドラマ『ドクター・フー』やコート・ヒル中等学校の新たな一面が描かれる。この学校は、『ドクター・フー』においてコンパニオン(旅仲間)のクララ・オズワルド(ジェナ・コールマン)が、教鞭をとっているところだ。

脚本を担当するのは、ヤングアダルト向け小説『怪物はささやく』や『心のナイフ』など、日本でも翻訳版が刊行されている人気作家パトリック・ネス。『バフィー 恋する十字架』や『ハンガー・ゲーム』といった人気作のように、アクションとハート、興奮が詰まった作品になるとのこと。製作総指揮はネスのほか、『ドクター・フー』製作総指揮者のスティーヴン・モファットも名を連ねる。45分尺のエピソード8話の撮影が、2016年春にウェールズで始まり、放送は同年内に予定されている。

モファットは今回の発表に際し、「ティーンエイジャーのダークで爽快な世界を、パトリック・ネスほど詳細に描いた作家はいません。才気ほとばしる彼のストーリーテリングを、『ドクター・フー』の世界にもたらします」とコメント。

また、TV番組の制作は今回が初めてとなるネスは、「時空間と同じくらい広大な『ドクター・フー』の世界に飛び込むことに、驚きと興奮を隠せません。そこには、ありとあらゆる驚異的な物語を語る余地がたっぷりとあります。『Class』のヒーローたちや、新たな悪役、エイリアンをみなさんに紹介するのが待ちきれません」と述べている。

なお、『ドクター・フー』のスピンオフとしてはこれまでに、大人向けシリーズ『秘密情報部トーチウッド』、短命に終わったアニメシリーズ『K-9(原題)』、そして児童向けシリーズ『The Sarah Jane Adventures(原題)』が作られている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ドクター・フー』
(C)2014BBC

『タイタニック』などで知られるオスカー女優のケイト・ウィンスレットが、今月5日に迎える40回目の誕生日のプレゼントに、なんと圧力釜を希望していることがわかった。米E!Onlineが報じている。

【関連記事】海ドラスターに学べ! お友達の結婚式・パーティー何着ていく!?

舞台『Steve Jobs(原題)』のプロモーションのため、共演者のマイケル・ファスベンダーとともにインタビューに応じたケイトは、きたる40歳のバースデー・パーティーについて尋ねられ、興奮気味に次のように語った。「(その日は)ゴージャスに着飾って、派手にお祝いするつもりよ」。その様子は、まさにハリウッド・セレブそのものだったが、続いてプレゼントに欲しいものを聞かれると、「圧力釜が欲しいわね」と即答。しかも「そろそろ骨スープを作りたいのよ」と、華やかなハリウッド女優らしからぬ生活感を漂わせて、傍らのマイケルを驚かせた。マイケルが興味津々といった様子で「それ、どうやって作るの?」と質問すると、待ってましたとばかりにケイトが解説をスタート。

「骨をたっぷり用意して、刻んだポロネギやタマネギやセロリを、その他のもの全部と一緒に圧力釜に放り込むの。それだけで、健康回復に効く、すごい骨スープができるのよ。骨スープを12時間ほど煮込めば、どんな病気も治っちゃうスープが完成するの」と得意げなケイト。マイケルは当惑しつつも、「すごいな。気に入った。その骨スープとやらをご馳走してくれるなら、ぜひ君に圧力釜をプレゼントするよ」と請負った。

有名女優が誕生日に、宝石でも車でもヨットでもなく、圧力鍋を欲しがるとは驚きだ。しかし意外にも、骨スープを信奉するセレブはケイトだけではない。映画『ダイバージェント』シリーズでケイトと共演しているシェイリーン・ウッドリーは、4月のインタビューで「骨スープがすべてよ」と語り、その効用を絶賛。また、食生活へのこだわりで知られるグウィネス・パルトロウも、自身のライフスタイル・サイト「Goop(グープ)」で骨スープを取り上げているほか、映画『フリーダ』で知られるラテン系美人女優サルマ・ハエックも、ネットで見つけたレシピで作る骨スープを好んで食しているという。美容と健康に敏感なハリウッド・セレブが発信する次なるトレンドは骨スープかもしれない!? (海外ドラマNAVI)

Photo:ケイト・ウィンスレット
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

ピーターパンの誕生を描いた映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』。10月1日、六本木ヒルズアリーナで本作のジャパンプレミアが開催され、出演者のヒュー・ジャックマン、リーヴァイ・ミラー、ジョー・ライト監督、そして日本語吹き替え版の主題歌「永遠のもっと果てまで」を歌った松田聖子が登場した。

【関連記事】ヒュー・ジャックマンもチラリ! TVドラマからスーパーヒーローへ!転身を遂げた俳優たち<後編>

本作は、J・M・バリーが世に送り出し、世界中で愛されてきたピーターパンやフック船長といったキャラクターたちの起源を描くオリジナルストーリーだ。ある日、突然にロンドンの孤児院から不思議な国ネバーランドへと連れてこられた12歳の少年ピーター。黒ひげという人物が牛耳るその世界で、彼はジェイムズ・フック(のちのフック船長)や戦士タイガー・リリーと出会い、ずっと昔に別れたきりの母親を探す冒険に出る...。

主役に大抜擢されたオーストラリア出身の新星リーヴァイはまず、「コンニチワ。ボクハリーヴァイ・ミラーデス」と日本語で挨拶。さらにピーターを演じたことについて「時代を越えて語り継がれてきたこんな有名なアイコンを演じることができて、信じられないくらい素晴らしい経験だったよ」と語った。

ライト監督は、作品の見どころについて「ピーターは母親を探す過程で、自分自身を見つけることになる。観客のみなさんにはそんな彼の姿に共感してほしい」とメッセージを送っている。

すでに映画を見たという松田は、「ストーリーも映像も素晴らしくて、感動しました」と話した。

雨の中を駆けつけた約650人のファンたちからひときわ大きな歓声を浴びていたヒューは、自身が演じた黒ひげについて「ネバーランドで何をしたらいいのかわからなかったピーターを、黒ひげはある意味で導くことになる。敵なんだけど、特別な存在なんだ」と奥の深いキャラクターであることを説明。さらに「世界中がこの若者に魅了されるはずだよ」と、リーヴァイを称賛した。さらに「これまで見たことがないような映像と、アクション、感動が詰まった映画に関わることができたのは誇り。これは、見た大人が子ども時代を思い出すような、癒やしとなる作品だ」と続けた。

同プレミアのラストには、前日の9月30日に13回目の誕生日を迎えたリーヴァイに向けて、会場のファンたちが音楽に合わせてハッピーバースデーを歌うサプライズが予定されていた。しかし、ヒューが舞台挨拶の途中に、「実は昨日はリーヴァイの誕生日だったんだ」と言うとハッピーバースデーを歌い始め、彼に先導されてそのまま会場のみんなも一緒に合唱するというまさかの展開に。その後、サプライズとして用意されていたことを知らされたヒューは「おっと...」とバツが悪そうな表情となり、挨拶の最後に、ハッピーバースデーを歌ってくれるよう松田に依頼。急な話にもかかわらず、松田が見事にアカペラでハッピーバースデーを歌い上げるという、まさにサプライズな一幕が繰り広げられた。

『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』は、10月31日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:(左から)ジョー・ライト監督、リーヴァイ・ミラー、松田聖子、ヒュー・ジャックマン

現代のロンドンを舞台に名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大ヒットミステリー『SHERLOCK/シャーロック』。ここ最近、舞台をオリジナルの19世紀に戻した特別エピソードが、現地でクリスマスに放送されると話題を呼んでいるが、それについてショーランナーのスティーヴン・モファットがCollider.comのインタビューで"ようやく"正式に認めたことがわかった。

【関連コラム】『SHERLOCK』シーズン2(字幕版)放送スタート記念! スペシャルコメント<3>スティーヴン・モファット

モファットは、「クリスマスっぽいスペシャルになる。その時期に放送されるだろうからね」と認めると、「これまで曖昧にしていたのは、なにも僕が悪魔のように意地悪だったからじゃない。わからなかっただけ」と明かした。ただし、クリスマス当日の放送枠は難しかったらしく、「すでに放送番組が詰まりすぎていたから、放送日はクリスマス当日ではない」と明言している。

続けて、「エピソードにクリスマスらしい要素はあるが、それほどではない。真夏に放送されても大丈夫」とコメント。待ち遠しいファンには放送日の確定が待たれるところだ。

また、ファンにとってさらに気になるのは、シーズン4がいつ放送されるかということ。2016年春には撮影が始まると伝えられているが、進捗を尋ねられたモファットは「未着手」だと返している。ただしモファットは、共同クリエイターのマーク・ゲイティスが、すぐ間もなく始めるか、すでに着手しているはずともコメントしている。『ドクター・フー』のクリエイターでもあるモファットは、「まずは『ドクター・フー』の特別編を終わらせたら、そのまますぐに『SHERLOCK』に取りかかるよ」と多忙さをのぞかせた。

このクリスマス特別編は、世界中の映画館でも放送が予定されているとのこと。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK/シャーロック』
(c)2010 Hartswood Films

『10日間で男を上手にフル方法』などのロマコメ映画に多数出演し、大人気青春ミュージカル『Glee/グリー』で初めてTVシリーズに進出したケイト・ハドソン。昨年12月、ロックバンドMUSEのメンバー、マット・ベラミーとの婚約を解消した彼女に、元ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナスとのロマンスが噂されていることがわかった。

【関連記事】こんな年の差カップル、どうですか!? の巻【潜入パパラッチ】

米E!Onlineによると、9月26日、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにて、ケイトとニックが一緒にいるところをキャッチされた。ケイトの隣に座って、ジェットコースターなどのアトラクションを楽しんでいたニックは、野球帽を目深に被って目立たないようにしていた様子だったが、周りのファンに気づかれていたとのこと。

その夜、ライブハウスのハウス・オブ・ブルースで行われたニックのコンサートに、ケイトも姿を見せていたようで、翌日には、レストランでブランチをとる二人の姿もパパラッチされている。その場にいた目撃者は、"ケイトとニックはカップルのように振る舞っていた"と明かしているが、他の情報筋は、二人はただの友人同士だともコメントしている。

二人は、ニックが出演している米FOXの新作ホラー・コメディドラマ『Scream Queens(原題)』に、ケイトの兄オリバー・ハドソンが出演していることがきっかけで出会ったという。23歳のニックと36歳のケイトの年齢差は13歳だが、果たして異色大物カップルの誕生となるのか、二人の動向を見守っていきたい。

俳優としても精力的に活動中のニックが出演する『Scream Queens』は、米FOXにて毎週火曜21:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ケイト・ハドソン(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net
ニック・ジョナス(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ハリウッドきってのオシドリ夫婦として知られたベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー夫妻が、離婚に向けて別居に踏み切ったのは今年6月のこと。だが、ここにきてジェニファーがベンの第四子を妊娠しているとのショッキングな噂が浮上していることがわかった。米Hollywood Lifeなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】えっ、あの人も? 2015年上半期に破局したセレブたち!

ジェニファーは、ベンが子どもたちの面倒を見ていた28歳のベビーシッターと関係を持ったことを知り、10年にわたる結婚生活にピリオドを打ったとされている。だが、ここにきて、ジェニファーが映画撮影で滞在中のアトランタで自身が妊娠初期にあることに気づいたという。彼女に親しい関係者によると、「ジェニファーは妊娠を知ってショックを受けている。少なくともここ1ヵ月はまだ離婚を進めるつもりでいたからね」とのこと。ベンは夫婦関係を修復し、愛する家族の元に戻るため、チャンスをくれと懇願しているという。「ベンはジェニファーにすべてを捧げ、誠実で献身的な夫になるつもりだ。だが、和解には時間がかかりそうだね」と前述の関係者は続けている。

夫妻には9歳の長女ヴァイオレットちゃん、6歳の次女セラフィナちゃん、そして3歳の長男サミュエルくんと3人の子どもがいる。「ジェニファーは去年、4人目を欲しがっていたが、ベンが反対で、実現しなかった。彼は3人で十分だと言ったんだ」。だが、その後ベンに心境の変化があったらしく、今回の知らせに大喜びしているという。「ベンは子どもがもう一人できると聞いて興奮しているよ。まるで赤ん坊が保険証券のように見えるんだろう。赤ん坊がいれば、ジェニファーも真剣になって夫婦関係を継続してくれると思うんだろうね」と語った。

ジェニファーの代理人は妊娠説を否定しているが、もし事実だとしたら、ジェニファーとベンの夫婦仲を取り持つ"かすがい"となりうるか。今後の情報に注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:
ベン・アフレック
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net
ジェニファー・ガーナー
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。