2013年11月アーカイブ

2009年に32歳の若さで急死した女優ブリタニー・マーフィ。その死因に疑問を抱いた父アンジェロ・ベルトロッティさんが、依頼した民間の研究所の調査結果に基づき「娘は毒殺されたに違いない」と訴えていることは先日お伝えしたとおり。だが、このたびブリタニーの母シャロン・マーフィさんがその可能性を真っ向から否定。娘の死に事件性はなかったと主張する公開状を書いた。

米The Hollywood Reporterに公表された手紙によると、シャロンさんは「生物学上の父親でありながら、実生活においてはまるで父親らしくなかった男性により、娘の思い出が汚されようとしているため、こうせざるを得ませんでした」と公開状を書くに至った理由を説明。「彼の主張は説得力に欠ける証拠に基づいたものであり、事実どころか娘の死を侮辱するものです」と語った。

シャロンさんによれば、ブリタニーが映画『クルーレス』などへの出演でブレイクした1990年代中頃まで、アンジェロさんはブリタニーの人生に関わっていなかったとのこと。アンジェロさんが調査を依頼した研究所についても、「実際の調査は外注しているインターネットサイトで、"研究所"と呼べるかも疑問」と不信感を露に。「報告書には死因の可能性として殺鼠剤が挙げられており、第三者による殺人と言える、と書かれていました。しかしブリタニーが殺鼠剤に含まれるような重金属を摂取したなどというのはバカげた話です。もしそれが事実なら、検視局の調査で見つからないわけがないでしょう」と毒殺の可能性を強く否定した。

また、アンジェロさんが設立したブリタニー・マーフィ基金や今後製作予定のブリタニーの死にまつわる本やドキュメンタリーについても、単に金儲けが目当てだと指摘。今回の毒殺説も、本やドキュメンタリーに対する興味を引くための話題づくりだと主張している。

ブリタニーの遺産をすべて相続した母と、娘の死を利用して金儲けしようとしている(らしい)父。果たしてどちらが正しいのだろうか?(海外ドラマNAVI)

Photo:ブリタニー・マーフィ
(c)クレジット/www.HollywoodNewsWire.net

数々のヒット作で知られるハリウッドの大物プロデューサー、アーノン・ミルチャンが、長年イスラエルの諜報員として活動してきた事実をTV番組で認め、世界に衝撃を与えている。ミルチャンは映画プロデューサーとして120本以上の作品を手掛け、『ローズ家の戦争』『プリティ・ウーマン』『JFK』『ヒート』『L.A.コンフィデンシャル』『ファイト・クラブ』『Mr.& Mrs.スミス』、最近ではアカデミー賞候補の呼び声高い話題作『12イヤーズ・ア・スレイブ』などのヒット作を数多く放っている。いわば映画界の重鎮プロデューサーだ。

【関連お先見】1980年代の東西冷戦が舞台のサスペンス・ドラマ『The Americans』もしあなたの隣人が敵国のスパイだったら!?

これは25日、イスラエルの報道番組『ウヴダ』のインタビューで自身が明らかにしたもの。現在68歳のミルチャンは番組で過去に携わった"任務"について赤裸々に語り、2年前に暴露本によって広まったスパイ疑惑が事実であることを認めた。

インタビューの内容によると、イスラエル生まれのミルチャンは1960年代、国防省に在籍していたシモン・ペレス(現イスラエル大統領)に抜擢され、若くしてイスラエルの諜報組織ラカム(科学事務局)に入局。70年代にロサンゼルスに移ると、海外での情報活動を支援する偽装会社の開設に関わり、多い時は17カ国に30社のダミー会社を設立。通常兵器や核兵器製造に必要な部品、技術情報を入手し、巨額の資金を動かしていたという。

2011年に出版された暴露本『Confidential: The Life of Secret Agent Turned Hollywood Tycoon Arnon Milchan』の中で、ペレス大統領が彼を諜報組織に引き抜いたことをあっさり認めたことから、渦中の人となったミルチャン。以来、ノーコメントを貫いていた彼だが、番組ホスト、イラーナ・ダヤンの数年にわたる熱心な働きかけにより、今回のインタビューに応じたという。

「20代の血気盛んな若造が、国のお墨付きをもらってスパイごっこするんだから、たまらない。諜報活動はスリル満点だったね」と当時を振り返るミルチャン。だが、ハリウッドでは、スパイ疑惑を打ち消すために派手な活動を控え、映画製作に専念したという。二重生活の苦労もあったが、「(スパイ行為は)祖国のためにしたこと。誇りに思っている」と言い切った。

今後、スパイ映画を地で行くような事実をハリウッド業界がどう受け止めるのか、気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『プリティ・ウーマン』
(c)Buena Vista Home Entertainment, Inc.

ズーイー・デシャネルのキュートな魅力が満載の大人気コメディ『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』に、『The OC』のセス役でブレイクしたアダム・ブロディがゲスト出演することがわかった。

【関連記事】見た目はカワイイのに"残念"な女子!? ズーイー・デシャネル主演『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』作品情報はコチラ

英Digital Spyによると、アダムが演じるのはズーイー扮するジェシーの元カレ!その役柄や登場のシチュエーションなど、詳しいことはまだ明らかになっていないが、アダムが出演するエピソードは来週より撮影が開始され、来年早々に放送されるという。

『The OC』のオタク高校生役でブレイクして以来、映画やTVシリーズなどに引っ張りだこのアダムだが、プライベートでは、『ゴシップガール』のレイトン・ミースターとの婚約を突然発表し、世間をあっと言わせたばかり。

そのレイトンと共演している映画『Life Partners』の公開も来年に控え、ノリに乗っているアダム。ズーイーとのコミカルな掛け合いが楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:アダム・ブロディ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

家族のために"特別なサービス"を行うスパのマッサージ師と主婦との二重生活を送るヒロインを描いた大ヒットシリーズ『クライアント・リスト』で、主演と製作総指揮を務めるジェニファー・ラブ・ヒューイットが、本作の共演者であり婚約者のブライアン・ハリセイと極秘に結婚、さらには第一子となる女児を出産していたことが明らかになった。

【関連コラム】【アメリカのTV局に潜入!企画】まさに女性のためのTV局、LifetimeTV

米NBCのドラマ『Love Bites(原題)』の共演で知り合い、本作での再共演をきっかけに交際をスタートした2人は、今年の5月に旅行先のヨーロッパで婚約。翌6月には第一子の妊娠を発表していた。米Us Weeklyによれば、2人は今月26日(火)に生まれた可愛い女の子をオータム・ジェームズ・ハリセイちゃんと名づけたという。

喜ばしいニュースはこれに留まらず、関係者によれば2人は出産に先立ち、極秘に挙式を執り行ったとのこと。どういった結婚式を挙げたのかなどの詳細については明かされていない。

7月に行われたインタビューでジェニファーは、「みんな頭の中で(赤ちゃんが)どんな風になるか、イメージみたいなものがあるでしょう? 男の子でも、女の子でもどんな子になるのか本当に楽しみにしているの」と、第一子の性別については明らかにせず、生まれてからの楽しみにとっておいてあることを明かしていた。

さらに、自らの妊娠期間について、「ほとんどの人が、いよいよ母親になるとわかった時には「ああ、今すぐに完璧な対策を見つけなくちゃ」ってなると思うの。でも子どもはみんなそれぞれ違いがあるし、親もそう。親と子どもの関係だって一つ一つ違いがある。だから"禅"の境地のように、その時になるまで待って、ベストを尽くすしかないと思うの」と語っており、ストレスフリーを心がけていたようだ。そのお陰なのか、出産間近となった最近では、「凄くラッキーだと思うの。つらい妊娠期間になる女性も多いでしょう? 私はそういうことがなかったから...。とても素晴らしい気分で、私たちも楽しく過ごせているから、本当に幸せだわ」とコメントしていた。

先日、残念ながら共演作『クライアント・リスト』がシーズン2で打ち切りとなってしまったジェニファーとブライアンだが、新たな家族の一員を迎えたことで実生活では幸せいっぱいのようだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジェニファー・ラブ・ヒューイット
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

歌手のブリトニー・スピアーズが、一般人の新恋人、デヴィッド・ルカドさんに夢中であると米E!Onlineが伝えている。

【関連特集】ブリトニーもゲストで登場:やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!

ブリトニーはデヴィッドさんと友人を通じて知り合い、二人は今年のバレンタインデーに初めて一緒にいるところをパパラッチされた。その一か月前に、ブリトニーは当時婚約者でマネージャーだったジェイソン・トラウィック氏との婚約を解消している。

米エンターテイメント情報番組『Entertainment Tonight』のインタビューで、交際9か月になるデヴィッドさんについて、「彼にメロメロよ。彼の頑固で自分を曲げないとろこが好き。飾らない性格で面白くて情熱的だし、彼の一生懸命さって周りにも広がるのよ」と語ったブリトニーは、すっかり彼に夢中の様子。ブリトニーの父親が、デヴィッドさんの身元調査まで行ったとのことで、彼の素性にも問題ないようだ。

将来的にはもっと子どもが欲しいし、結婚もあり得ると明かすブリトニーの新しい恋について、彼女に近しい人物が「デヴィッドは他に付き合っている女性はいないし、二人は真剣に付き合っています。違う土地に住んで違う業界にいますが、多くの時間を一緒に過ごして旅行もして、二人はハッピーですよ」と同サイトに語っている。

今まで紆余曲折の恋愛歴をたどって来たブリトニーだけに、幸せいっぱいの彼女の新しい恋を応援したい。(海外ドラマNAVI)


Photo:ブリトニー・スピアーズ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

LAの共同クリニックで働く医師たちの仕事とプライベートを描くメディカルドラマ『プライベート・プラクティス』。とうとうフィナーレを迎えるシーズン6が、WOWOWプライムにて2014年1月8日(水)より放送開始されることとなった。

【関連コラム】やっぱりエリート!? 年収っておいくら万円!? アメリカで医者になるには―海外ドラマNAVI的ざっくり手引き書-

シーズン5の終盤で養子ヘンリーを迎え入れ、念願の母親になったアディソン(ケイト・ウォルシュ)。世界クラスの新生児外科医であり産婦人科医でもあるアディソンが、唯一手に入れていないのは理想の男性だけ。同僚ジェイク(ベンジャミン・ブラット)と結ばれる一方で、元恋人のサム(テイ・ディグス)からプロポーズされ、二人の間で心が揺れるアディソンが選ぶのは一体どちらなのか...。いっぽうクーパー(ポール・アデルスタイン)とシャーロット(ケイディー・ストリックランド)は、クーパーの息子であることが発覚したメイソン(グリフィン・グラック)を迎え入れ、家族として3人で暮らし始める。そしてヴァイオレット(エイミー・ブレネマン)は、夫ピート(ティム・デイリー)が患者の人工呼吸器を外したために殺人罪に問われた事実を乗り越えることができるのか?薬物依存症に陥ったアメリアは、無脳症の胎児を出産したことから果たして立ち直れるのか?感動の最終エピソードは、本作を生んだプロデューサーのションダ・ライムズ自身が脚本を担当するだけに絶対見逃せない!

『プライベート・プラクティス』のシーズン6は、WOWOWプライムにて2014年1月8日(水)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)


Photo:『プライベート・プラクティス』
(c)ABC Studios

大人気医療ドラマ『プライベート・プラクティス』の精神科医ヴァイオレット役で知られるエイミー・ブレネマンが、米CWの大河ドラマ『Reign』に出演することが明らかとなった。

【関連特集】完全無料のBSテレビ局、それがDlife。海外ドラマの人気ジャンル「医療モノ」に注目! メディカル・ドラマ大特集

『Reign』は、16世紀に実在したスコットランド女王メアリーの若き日を描いた大河ドラマ。15歳でフランス王太子と結婚した彼女が、フランス宮廷を生き残っていく姿をスキャンダラスに描いた作品で、主人公のメアリー役を新人のアデレイド・ケインが好演している。

CWの発表によると、本作でエイミーは、メアリーの母マリー・ド・ギースを演じるとのこと。エイミー本人もツイッターで「そう、発表は事実よ。今から女傑マリー・ド・ギースを演じるための衣装合わせに行くの。用心してね、アデレイド・ケイン。ママが行くわよ」とノリノリで報告している。マリーはスコットランド王ジェームス5世の二番目の妻で、1538年~1542年の間、王妃として即位。この2人の間に生まれたメアリーは、父ジェームス5世の死によって生後6日にしてスコットランド女王となった。

これまでも様々な役を演じてきたエイミーだが、中世のドレス姿も楽しみ!ちなみにエイミーは近く、『LOST』の製作者のひとり、デイモン・リンデロフが手がける米HBOの新作ドラマ『The Leftovers』にも出演予定だ。

『Reign』は、現在CWで毎週木曜に絶賛放送中で、先日フルシーズン化(全22話)が決定したばかり。(海外ドラマNAVI)


Photo:エイミー・ブレネマン
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

現在アメリカでシーズン4が放送中の『ウォーキング・デッド』に、原作コミックに登場する特定のキャラクターをモデルとしない新たな人物が投入されることが明らかになった。

【関連フォトギャラリー】あの元モー娘。がゾンビに!? 『ウォーキング・デッド』シーズン4放送記念ハロウィーンイベント

米The Hollywood Reporterによると、この新キャラを演じるのは『GREEK ~ときめき★キャンパスライフ』に出演していたアンドリュー・J・ウェスト。役柄については"ギャレス"という名前以外、詳しいことはわかっていないが、シーズン4後半に登場する重要な人物になるという。しかもアンドリューは、シーズン5でレギュラーに昇格する可能性があるそうだ。

シーズン4にはアンドリュー以外にも、マイケル・カドリッツ(『サウスランド』)、コメディアンのジョシュ・マクダーミット、クリスチャン・セラトス(『トワイライト』)が新たに加わるが、この3人が扮するのはいずれもコミック版に登場する人物だ。マイケルがリック(アンドリュー・リンカーン)の右腕となる軍曹のエイブラハム、ジョシュが元科学教師のユージン、クリスチャンがタフで美しい女性ロシータを演じる。

ちなみにアンドリューはこれまでに、『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』『CSI:科学捜査班』『CSI:ニューヨーク』などのドラマにゲスト出演した経験を持つ。(海外ドラマNAVI)


Photo:アンドリュー・J・ウェスト
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で大ブレイクした歌手で女優のマイリー・サイラスが、窃盗の被害に遭っていたことがわかった。

【関連ゴシップ】ケンカ→婚約→ケンカ→仲直り...、マイリーとリアムの"イラっと"愛は止まらない

米E!Onlineによると、マイリーの誕生日の前日、11月22日(金)午後にマイリー宅に何者かが侵入。侵入口は無理にこじ開けられた形跡はなく、宝石類などが盗まれたという。幸いにも誰も在宅しておらず、怪我などの被害はなかった。現在、ロサンゼルス警察が事件を捜査中だ。

マイリーは21歳の誕生日のほとんどを、24日(日)に放送されたアメリカン・ミュージック・アワードのリハーサルに費やしたとのこと。不運な事件に見舞われてしまったが、マイリーは親友から贈られた"M"の形をした巨大なブーケとカラフルなバースデーケーキの写真を画像共有サイトInstagramとツイッターにアップしており、両親からはスポーツ用三輪バイクもプレゼントされ、楽しい誕生日を過ごした様子。

アメリカン・ミュージック・アワードの収録を無事に終え、次はハリウッドの人気クラブBeacher's Madhouseでプライベートパーティーを催す予定のマイリー。予定がびっしりで事件に動揺する暇はないようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイリー・サイラス
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

人気スパイ・アクション『コバート・アフェア/CIA諜報員アニー』でオーギー・アンダーソンを演じるクリストファー・ゴーラムが、日本でもNHKBSプレミアムで放送中のファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』に出演することがわかった。
 
 
【関連特集】大人のためのファンタジードラマいよいよ日本上陸!『ワンス・アポン・ア・タイム』

米Entertainment Weeklyによると、クリストファーが登場するのは、現在アメリカのABCで放送されている『ワンス~』第3シーズンの12話。ジェニファー・モリソン扮する主人公、エマ・スワンにとって"重要な人物"を演じるとされ、この先も繰り返し登場する可能性がありそうだ。

同じくABCの大ヒットドラマ『アグリー・ベティ』のヘンリー役でも知られるクリストファーは、現在シーズン3を放送中の『コバート・アフェア~』で、主人公の新米エージェント、アニー(パイパー・ベラーボ)が信頼する全盲の同僚を演じ、その控えめな男らしさで人気を博している。

『ワンス・アポン・ア・タイム』は、現代の町に閉じ込められた、おとぎ話の登場人物たちを描くファンタジー。現在NHKBSプレミアムにて11月26日(火)深夜0:45から「第1~11回キャッチアップ再放送」と銘打ってまとめて再放送中。見逃した人はぜひ、この機会にまとめてチェックしてほしい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ワンス・アポン・ア・タイム』
(c)ABC Studios

ベネディクト・カンバーバッチ扮する名探偵シャーロック・ホームズが、現代のロンドンを舞台に活躍する大人気ドラマ『SHERLOCK シャーロック』。先日、本国イギリスに先駆け米PBS局がシーズン3の放送予定日を発表したが、ファン待望のこのシーズン3の予告編が公開され話題を呼んでいる。

【関連☆お先見】二つの現代版ホームズ、『SHERLOCK』と『Elementary』の違いと魅力について(あるいは、新大陸の民がいかにして大英帝国の大ヒットドラマを迎え撃ったか)


(以下、シーズン2最終話のネタばれを含みますのでご注意ください)。

シーズン2の最終話は、シャーロックが病院の屋上から落下、という驚きの展開で終わっているが、気になる予告編では、葬儀も終わりお墓に眠るはずのシャーロックが生きていた!というニュースが駆け巡る様子を描いている。しかし、意味ありげにたたずむシャーロックの姿は映しだされるものの、その他の情報は特にないため、いったい何が起きたのか視聴者の興味をかき立てる予告映像となっている。ワトソンも口髭を生やして、ちょっと老けてる!?

「シャーロック復活。しかし、また今までと同じように進めるのか...」と意味深なコピーも、かなり気になるところ。ワトソンと何かあるのか、シャーロックの死を演出するトリックは? 考えだすとキリがない。

シャーロックの身にいったい何が!? シーズン3で徐々に明かされるトリックが待ち遠しい! 番組の予告やシーズン3の撮影風景写真が、英BBC ONEのホームページで公開中だ。

『SHERLOCK シャーロック』シーズン3は、米PBSで来年1月19日より放送予定。早く日本にも来てほしい!(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK』
(c)Colin HuttoncHartswood Films 2012

クリント・イーストウッドの娘で女優のフランチェスカ・イーストウッドが、ジョナ・ヒルの兄で人気バンド「Maroon 5」をマネジメントしているジョーダン・フェルドスタインとラスベガスで極秘入籍していたことがわかった。

【関連コラム】実力主義のハリウッド。俳優たちに立ちはだかる、 「階級のピラミッド」とは!?

このニュースを最初に報じた米TMZによると、二人は先週の日曜の17日に結婚。ラスベガスの地域の登記簿係で入籍書類も確認されたという。結婚の誓いは、市内の簡易結婚式専用チャペルで交わしたと複数の情報筋が証言しているらしい。また、ある情報筋は米Us Weeklyに、「二人は、つき合い始めてまだ日も浅い」と明かしているという。

気がかりなのは、21日にハリウッドで公の場に姿を現したフランチェスカの指に結婚指輪がなかったということ。そのため、ラスベガスで羽目を外したか、酔った勢いで結婚したのではないかとの憶測も広まっている。

クリント・イーストウッドの妻ディナ(フランチェスカにとって継母)を中心に、イーストウッド家の日常を紹介するリアリティ番組『Mrs. Eastwood & Company』で大きく知名度を上げたフランチェスカ。この前までは、写真家のタイラー・シールズとの交際が知られ、「付き合って2年になるわ。撮影を一緒にして出会ったの」と順調な交際ぶりを語っていた。昨年は一緒にアート作品として、エルメスのバーキンを燃やす写真を公開し、非難が殺到するなど話題になっている。

果たしてジョーダンとの結婚は本気なのだろうか?すでにお騒がせセレブ的な騒動は巻き起こしているが...?(海外ドラマNAVI)


Photo:フランチェスカ・イーストウッド
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

運命の女性と恋に落ちるまでの、長く険しい道のりを愉快に描き、ロングラン・ヒット中の30分ラブコメディー『ママと恋に落ちるまで(原題:How I Met Your Mother)』。そのスピンオフとなる新作コメディーのパイロット版が、米CBSにて製作されることが明らかになった。

【関連記事】映画『アベンジャーズ』に、人気シットコム『ママと恋に落ちるまで』のあの人が堂々登場!!!

米The Hollywood Reporterによれば、米CBSは『ママ恋』の共同クリエーターであるカーター・ベイズとクレイグ・トーマスが、『サタデー・ナイト・ライブ』の放送作家エミリー・スパイヴィーと共にこの新作コメディーの製作を進めていることを認めているという。3人は本作の脚本を手がけ、製作総指揮も務めることになる。

本作のタイトルは『How I Met Your Dad(HIMD)』とされており、邦題を付けるとしたら『パパと恋に落ちるまで』になりそうだ。本家の作風を保ちながら、新しいキャラクターたちの完全に新しい物語を、タイトルに合わせ"女性の視点"で描くことになるという。関係者によれば、米CBSで放送中の『ママ恋』のファイナル・シーズンでスピンオフにつながるエピソードを設けるのではなく、完全に独立したエピソードをパイロット版にする予定とのこと。

新たに製作するスピンオフについて、ベイズはTwitterにて「『How I Met Your Dad』の舞台は"マクラーレンズ(『ママ恋』でおなじみのバー)"にはならないと思うよ。新しい番組には新しいバー。新しい番組のキャラクターが『ママ恋』に登場することもない」とコメントしている。

このスピンオフ企画に関するニュースが流れ始めた際には、ファンの間では歓迎する声は少なく、米TIMEなどでは「お願いだから『ママ恋』のスピンオフは製作しないで」と否定的な見出しまで登場していた。最近では、本家となる番組の人気を引き継げるというメリットから、本作に限らず多くのスピンオフが製作されているが、もともとのファンたちの期待値が"壁"となってしまうことも多い。製作陣が完全に新しい番組として意欲的に製作にあたっている本作だが、人気作のスピンオフ特有の"壁"を乗り越えることはできるのだろうか?

『ママと恋に落ちるまで』は、米CBSにてファイナル・シーズンとなるシーズン9を放送中。日本では、FOXにてシーズン5を毎週月曜・火曜の深夜1:00~、火曜・水曜の7:00~放送中。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ママと恋に落ちるまで』
(c)2008-2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

オスカー女優ヘレン・ミレンとイ・ビョンホンが、『REDリターンズ』を引っ提げ来日し、11月24日、有楽町・東京国際フォーラムにて行われたジャパンプレミアに登場。タイトルにちなんで真っ赤に染まった会場でビョンホンがヘレンを華麗にエスコートした。

大ヒットアクション映画『RED』の続編、『REDリターンズ』。本作の舞台は、アメリカからロンドン、パリ、そしてモスクワへと広がり、CIAを引退した超一流のスパイチーム、コードネーム:RED―Retired Extremely Dangerous(引退した・超・危険人物)が現役復帰し、再び世界を救う! ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレンらお馴染みのキャストに、アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホンが新たに加わり、痛快無比のアクションをますます盛り上げる。

初のPR来日となるヘレンは、「初めて日本に来た時、飛行機から見た美しい眺めに感動しました。日本の方々にお会いできて嬉しいです!」と挨拶。また、ステージに登場した赤いロータスのスポーツカーを前に、ビョンホンが「車内でヘレンとたくさん会話をし、より尊敬の念を抱くようになりました」と撮影秘話を語ると、ヘレンは「3日間も美しい男性と一緒にいられるなんてラッキーよね! でも1つだけ問題があって...」と突然ロータスに乗車。"降りるのが大変!"と再現してみせ、チャーミングさで会場を魅了した。

また、前作と比べて本作でのヘレンの演技はどうだったか? と聞かれたビョンホンは、「倍返し!」と、ドラマ『半沢直樹』で大流行した台詞をキラースマイルで答える一幕も。これにヘレンも「3倍返し!」と応戦し、会場は笑いに包まれた。

最後、ビョンホンは「素晴らしいキャストが一同に会し、アクションにコメディーに見どころ満載のこの映画を楽しんでください」と作品をPRし、爽やかに会場をあとにした。

『REDリターンズ』は11月30日より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)


Photo:イ・ビョンホン、ヘレン・ミレン
『REDリターンズ』ジャパンプレミア

大ヒット青春ドラマ『ゴシップガール』のレイトン・ミースターと『The OC』のアダム・ブロディが婚約したことを米Us Weeklyが報じた。これで両ドラマの究極のクロスオーバーが私生活で実現することとなった。ファンにとっても最高にうれしいニュースだろう。

ヒットメーカーのジョシュ・シュワルツがクリエイターを務める両ドラマで人気者となった二人。アダムは米FOXで2003年から2007年まで放送された大人気シリーズ『The OC』のセス役でブレイク、レイトンは米CWで昨年放送が終了した大ヒット作『ゴシップガール』のブレア役で一躍有名になった。

現在33歳のアダムと、27歳のレイトン。二人は2011年の映画『The Oranges』で共演したことで出会った。いい友人関係を築いたのちに、今年2月に交際がスタート。つまりは今回、わずか1年未満で婚約に至ったことになる。二人は再び2014年公開予定のコメディ映画『Life Partners』で共演を果たす。

プライベートをメディアにほとんど明かさない二人。自身らの関係についてもほとんど言及せず(友人は「二人はいつも仲がいい」とUs Weeklyに証言している)、ハリウッド周辺でデートする姿もあまり見せない。プライベート秘密主義な二人なだけに、今回の突然の婚約報道は、世間を大いにわかせている。(海外ドラマNAVI)

Photo:レイトン・ミースター、アダム・ブロディ
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒット犯罪捜査ドラマ『CSI:ニューヨーク』が惜しくもファイナルへ。アメリカで今年2月まで放送された最終章『CSI:ニューヨーク9 ザ・ファイナル』の放送が決定した。

【関連記事】気になる『CSI:ニューヨーク』の作品情報はコチラ!

『CSI:ニューヨーク』は、『CSI:科学捜査班』から『CSI:マイアミ』に続くスピンオフ作品として、2004年に放送開始。大都会ならではの難解な事件を、最先端の科学捜査テクニックを駆使して解決していく市警CSI(科学捜査班)の活躍を描いたスリリングでクールな犯罪ドラマだ。

最終シーズンでは、前シーズンの銃撃事件から奇跡の生還を果たしたチーム主任、マック・テイラー(ゲーリー・シニーズ)が後遺症に悩むことに...。しかし、ラスベガスで行方不明になった恋人クリスティーン(メーガン・ドッズ)をラスベガスCSIチーフのD・B・ラッセルと捜したり(第15話)、本家『CSI:科学捜査班』シーズン13第13話とのクロスオーバー・エピソードも実現。また、1話の前半部分の台詞をなくし、人気バンド、グリーン・デイの曲をフィーチャーした異色の構成で挑む第4話等、放送時に話題を呼んだエピソードがたくさん!これでもかと発生する難解な事件だけでなく、こうした仕掛けにもワクワクできそうだ。

またWOWOWプライムでは、最終シーズン開始直前までスペシャル番組を放送予定だ。番組では、シリーズの大ファンである俳優の高橋英樹と娘でアナウンサーの高橋真麻、デーブ・スペクターをナビゲーターに迎え、過去8シーズンにわたる『CSI:ニューヨーク』の魅力をランキング形式で紹介するとのこと。復習やウォームアップに役立つのはもちろんだが、どのような切り口でシリーズに迫るのかも往年のファンならばチェックしたいところだ。

『CSI:ニューヨーク9 ザ・ファイナル』は2014 年1月11日(土)23:00より、『CSI:ニューヨーク9時間スペシャル』は1月11日(土)15:00~23:00まで、WOWOWプライムにて放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『CSI:ニューヨーク9 ザ・ファイナル』
(c)2014 CBS Studios Inc.

人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』『スキャンダル』などで知られる超売れっ子クリエイターのションダ・ライムズが、米CBS傘下の出版大手サイモン&シュスターから初の回顧録を出版することを明らかにした。

【関連記事】大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』作品情報はコチラ!

声明によると、ションダは2015年の発売に向けて正式契約を結び、現在、執筆の準備を進めているという。その内容は、2001年の同時多発テロ事件から人生観が転換し、家族を持つに至った経緯、その後の華々しいキャリア、仕事と母親業の両立の難しさなど、ションダの私生活を中心に綴られるという。

ションダは、2005年にヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』、2007年にスピンオフ『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』、2012年からは政治ドラマ『スキャンダル 託された秘密』と大ヒット作を放ち、TVドラマ界で最も注目されるクリエイターの1人だ。プライベートでも2002年、2012年、そして今年9月、養子に迎えた3人の幼い娘を育てながら、多忙な日々を送っている。

回顧録を出すことについて、ションダは「人様の役に立つ知恵など何もないのに、本を書かせるなんてサイモン&シュスターはまったくどうかしているわ」と冗談めかしながらも、「これまでシングルマザーとして働き、恋人を探し、夜も寝ずに子どもを育ててきたわ。そのかたわら、たくさんのドラマを手掛けてきたの。今思うと、判断を誤ったこともたくさんあったわ。こうした自分の人生について書いてみようと思うの」と、密かに構想を練っている様子だ。

これまで数多くの人生を描きだし、3度のエミー賞ノミネート歴と全米製作者組合賞(PGA Awards)に輝いているションダ。そんな彼女が回顧録でどんな人生観を垣間見せてくれるのか、今から楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ションダ・ライムズ
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

米HBOが製作したオリジナルTV映画『恋するリベラーチェ』。現在、日本でも劇場公開中の本作で実在の天才ピアニスト、リベラーチェを演じたマイケル・ダグラスが、同作の製作を拒んだハリウッド大手スタジオの保守的な姿勢を雑誌インタビューで、「便秘状態」という独特のマイダグ節でバッサリ斬った。

【関連記事】第65回エミー賞、結果発表<ミニシリーズ/ムービー部門>

50~70年代にかけて、ラスベカスのショーなどで活躍した稀代のエンタテイナー、リベラーチェ。本作は、愛人関係にあった付き人スコット・ソーソンの回顧録をもとに、ゲイである事実を隠し、苦悩するスターの虚飾に満ちた晩年を描いた作品だ。主役のマイケルとスコット役を演じたマット・デイモンの熱演が高い評価を集め、エミー賞主演男優賞を始め11部門を獲得した。ヨーロッパでも、カンヌ国際映画祭コンペティション部門の上映会でスタンディングオベーションが鳴り止まないほどの人気ぶり。その後、イギリスを皮切りに世界30カ国で相次ぎ劇場公開されている。

しかし、製作国である米国での劇場公開の予定はない。というのも、この作品はテレビ映画として製作されているためだ。本作の企画段階でハリウッドの大手スタジオが軒並み「ゲイすぎる」という理由で製作を拒否。資金繰りに困ったソダーバーグ監督は、やむなくHBO向けTV映画として完成にこぎつけるしかなかったという背景がある。
しかも、本作はTV映画につき、国際的評価とは裏腹にアカデミー賞の選考対象にもならず、そのギャップが逆に注目を集めることに。そして結果的には、ハリウッド映画界の保守性を内外に露呈する結果となってしまった。

世界的には成功しているのに、本国アメリカだけは劇場公開なしという皮肉な状況に対し、米メンズ誌『GQ』のインタビューで、マイケルは「実を言えば、この状況に快感を覚えるよ」とコメント。「(この野心作を)すべてのメジャースタジオがことごとく却下したんだ。今頃、悔しがっていると思うと、ざまあみろだよ。ハリウッドメジャーは保守化が進み、今や"便秘状態"に陥っている。そんな傾向が今回の結果を招いたとしか思えない」と革新性を失いつつある大手スタジオに警鐘を鳴らした。ハリウッドの映画界は、ゴールデングローブ賞、2度のアカデミー賞、新たにエミー賞に輝くベテラン俳優の警告を真摯に受け止めるべきかもしれない。(海外ドラマNAVI)


Photo:マイケル・ダグラス
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

大ヒットドラマ『ブレキング・バッド』のスカイラー役で、今年度のエミー賞助演女優賞に輝いたアンナ・ガンが、米FOXの『Gracepoint』に出演することが明らかとなった。

【関連記事】ブライアン・クランストン、アーロン・ポールらが登場!『ブレイキング・バッド』ファイナルエピソード

『Gracepoint』は、英ITVで放送されたドラマ『Broadchurch』のアメリカ版リメイク。オリジナル版で主役のアレック・ハーディ刑事を演じたデヴィッド・テナントが、リメイク版でも同役を演じることが決定している。

米TV Lineによると、アンナが演じるのはエリー・ミラー役。エリーは、閑静な港町グレースポイントで、平和な家庭を築きながらも刑事として警察に勤務するワーキング・マザーだ。約束されていた昇給の座を、よそ者のアレックに奪われ意気消沈するのも束の間、アレックの新しい相棒として初の殺人事件を捜査することになる。事件の捜査が進むにつれ、愛する故郷の町を違う目で見るようになるという役どころだ。

このほか、ジャッキー・ウィーヴァー(『世界にひとつのプレイブック』)が、トレーラーパークに住む暗い過去を持つミステリアスなスーザン・ライト役でキャスティングされている。

限定シリーズとなる『Gracepoint』は、2014年初旬に撮影開始が予定されている。(海外ドラマNAVI)


Photo:アンナ・ガン
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

英ITVの大人気ドラマ『ダウントン・アビー』は、エミー賞とゴールデン・グローブ賞で作品賞をダブル受賞するなど、世界中で大ヒットを飛ばしている英国生粋のメロドラマ。第一次世界大戦期のイギリスを舞台に、大邸宅"ダウントン・アビー"で繰り広げられる貴族と使用人たちとの人間模様を描いたこのドラマの人気は、テレビ業界における新興マーケット、中国でも火がついたようだ。

【関連記事】米国女性がハマりまくりの英国貴族(&メイド)の愛憎劇『ダウントン・アビー』は、限りなくハイソなメロドラマ

このたび、中国四川省の成都で開催された第12回四川テレビ祭で、国際ゴールドパンダ賞テレビドラマ部門の金賞を受賞したと、米The Hollywood Reporterが報じた。

イギリスの格差社会を皮肉たっぷりに描いた本作が、世界各国のドラマ作品を対象に選考される国際ゴールドパンダ賞のテレビドラマ部門において見事、金賞を獲得。テレビ・映画業界の世界市場から、近年、かなり熱い視線を送られている中国。そのテレビ祭で、同シリーズは、栄えある金賞に輝き、アジアでも受賞タイトルを増やした。ちなみに、銀賞には中国の『Family on the Go』、審査員特別賞には南アフリカの『Hopeville』が選ばれている。そのほか、世界7カ国から15作品が、各賞に選ばれるなど、国際色豊かなテレビ祭となっている。

中国でも自国のドラマを抑えトップに輝くほどの注目作となった『ダウントン・アビー』。日本でもさらに人気が高まることを期待したい。

本国イギリスでは『ダウントン・アビー』シーズン4がフィナーレを迎え、シーズン5更新が決定したばかり。なお、アメリカでは2014年1月5日よりシーズン4が放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)


Photo:『ダウントン・アビー』
(c) Carnival Film & Television Limited 2010. All Rights Reserved.

映画『LOST』のJ.J.エイブラムスと『スーパーナチュラル』のエリック・クリプキ等、大物製作陣が手掛ける超大作『レボリューション』がFOXで放送されることになった。

【関連フォト】キャストから出演オファーも!? 『レボリューション』×T.M.Revolution革命試写会

本作は、突然起こった全世界でのブラックアウト(大停電)の後、現代テクノロジーを失った社会で、エネルギー消失の謎と復旧を求めて権力と闘う人々の姿を描いたサバイバル・アクション。新たな『スターウォーズ』シリーズを監督することが発表されたJ・J・エイブラムスが製作総指揮を、『スーパーナチュラル』のエリック・クリプキがショーランナーを担当するだけでなく、映画『アイアンマン』のジョン・ファブローが第1話を監督することで更なる注目を獲得。新作ドラマの初回放送における最高視聴者数(1,170万人)を記録し、最終話まで人気をキープ。アメリカでは9月よりシーズン2が放送されている。

物語の始まりは、大停電の15年後。世を支配するミリシア(軍閥)から逃れた人々が田舎の小さな村で自給自足の生活を送る中、大停電に関する秘密を知るベン・マシスン(ティム・ギニー)がミリシアの襲撃で殺され、息子のダニー(グラハム・ロジャーズ)も拉致されてしまう。残された娘のチャーリー(トレイシー・スピリダコス)は父の遺言に従い、シカゴにいる叔父のマイルズ(ビリー・バーク)の元へ。荒廃し敵味方もわからない世界で、得意のクロスボウを武器にたくましく成長していくチャーリーと、過酷な状況を共にする内に強い絆で結ばれるマイルズを中心に、大停電の謎とエネルギー復旧への道に徐々に迫っていく。

予測不能なアクション、サバイバル、アドベンチャードラマ、謎を紐解くミステリーやSF、個性豊かな登場人物を取り巻くヒューマンドラマと、本作には製作陣の手腕が活きる要素がたっぷり!見逃せない作品だ。


『レボリューション』は、2014年1月13日(月祝)23:00より、FOXにて放送される。(海外ドラマNAVI)

(c)Warner Bros. Entertainment, Inc.

弓を武器に悪と戦うアメコミヒーロー、グリーン・アローが活躍するドラマ『ARROW/アロー』。本作で放送が予定されていた、DCコミックの仲間"ザ・フラッシュ"のデビューエピソードが、単独のパイロットとして放送されることが決まった。

【関連特集】編集部を虜にしたヒーローが日本上陸! 『ARROW/アロー』

もともとCWは、アメリカで放送中の『ARROW』シーズン2において、12月4日(水)放送の第8話を皮切りに、9話、20話の展開でザ・フラッシュ(本名バリー・アレン)を登場させることにしていた。そしてこのうちの第20話が、ザ・フラッシュを主人公とするスピンオフ・ドラマのパイロットとしての役割を果たすことになっていた。

ところが、8話、9話の粗編集を見て感心したCWの重役は、第20話を単独のパイロットとして放送するプランに変更。『ARROW』のエピソードとして製作するよりも高い予算を確保できることから、スピンオフにかける期待が大きいことが伺える。

深紅のスーツを身にまとい、超高速で移動できるザ・フラッシュを演じるのは、『Glee』でセバスチャン役を演じたグラント・ガスティン。ふだんは鑑識捜査官助手としてセントラル・シティ警察に勤務しているバリーは、自身の過去に起きた悲劇と関係があるかもしれない不可解な連続強盗事件を究明するため、『ARROW』の舞台であるスターリング・シティを訪れることに。コミックのファンであるバリーはアローにも夢中だが、オリバー(スティーヴン・アメル)の正体を知らぬまま共に行動するうちに、茨だらけのヒーローの道に迷い込んでしまう。

パイロットの製作総指揮と脚本を担当するのは、『ARROW』のクリエイターであるグレッグ・バーランティとアンドリュー・クライスバーグに加え、『ARROW』の脚本に参加しているジェフ・ジョーンズ。また、『ARROW』のパイロットを監督したデヴィッド・ナターが、スピンオフでも監督を務めることになっている。

なお、8、9話は予定通りの放送となるため、スピンオフは『ARROW』の世界観に根ざした作品であるという位置づけは変わらないようだ。また、新たな20話をどうするかについては、プロデューサーがCWと話し合って方針を決めるという。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ARROW』
(c) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

アメリカで9月29日に最高視聴率を塗り替える快挙を達成して幕を閉じた『ブレイキング・バッド』。その記念すべき最終話で、主演のブライアン・クランストン(ウォルター役)とアーロン・ポール(ジェシー役)が台本の読み合わせをした時の模様が明らかになった。

【関連記事】ブライアン・クランストン、アーロン・ポールらが登場!『ブレイキング・バッド』ファイナルエピソード

最終話の台本読み合わせは、なんとブライアンとアーロンの二人だけで行われたという。二人は、ブライアンがニューメキシコ州アルバカーキに所有する家を訪れ、ギリシャ料理とビールを用意してリラックスしたムードの中で読み合わせに臨んだ。しかも二人だけの読み合わせのため、ウォルターとジェシー以外の役柄のセリフも二人で分け合って読み進めていったという。なんとも楽しそうな試みだが、5シーズン続いたウォルターとアーロンの旅の終わりは声に出して読むだけで十分に感慨深いものだったようだ。

米Entertainment Weeklyに対して、アーロンは「台本の最終ページにたどり着くと、普通なら最後に"エピソード終了"と書かれている部分を、ブライアンは"シリーズ終了"って読んだんだ」と過去に打ち明けている。これに対してブライアンは「沈黙の瞬間だった。ワオって感じでね。これが『ブレイキング・バッド』の台本の読み合わせをする最後の機会だと実感して、しばらく二人して黙りこんでしまったよ。そして互い顔を見合わせた」と、ドラマが終わりを迎えることを二人でしみじみと実感した様子を振り返った。そして一緒に働く人たちにも思いをはせ、「ずっと連絡を取りたいと思う人たちがいて、アーロンとは永遠に友達だとわかった」と、本作を通して最高の仲間に恵まれたことを改めて認識したと語った。

そんな二人の貴重な台本読み合わせは、しっかりと録画されており、11月26日にアメリカで発売されるシーズン1から5の全62話を収めた完全版ブルーレイに収められる。この完全版には、この他にもメイキング映像などの見ごたえのあるオマケがギッシリ詰め込まれ、特典映像だけで55時間に及ぶとのこと。日本では残念ながら今のところ発売未定だが、最終回のTV放送後にぜひとも発売してほしいものだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:様子を想像するだけで目頭が熱くなります。ブライアン・クランストン、アーロン・ポール
(c)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

ニューヨークの上流階級の若者たちの恋愛模様を描いた『ゴシップガール』でジョージーナを演じたミシェル・トラクテンバーグが、『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』のシーズン5に出演することがわかった。

【関連記事】気になる『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』の作品情報はコチラ!

『NCIS:LA』は、NCISのLA支局を舞台に、カレン(クリス・オドネル)とサム(LL・クール・J)を中心とする潜入捜査チームが、アメリカ海軍に関わる事件に挑んでいくアクションドラマだ。

米TV Lineによると、ミシェルが演じるのは、環境保護活動に熱心なプライベートシェフ、リリー。賢く魅力的なリリーは、自宅に強盗に入られ危険な目に遭っても気丈さを忘れない性格だとのこと。本作のショーランナー、シェーン・ブレナンは、「ミシェルをゲストに迎えられてワクワクしているよ!彼女がクリスとLLと共演するシーンは見応えがあって、このエピソードは今シーズンで一番アクションシーンが凄いんじゃないかな」と、ホリデースペシャル版となる本エピソードの見どころを語っている。

ミシェルは、今月米ナショナル ジオグラフィック チャンネルで、同局の最多視聴者数の記録を塗り替えたTV映画『ケネディ大統領を殺した男』にも出演。J・F・ケネディを暗殺したオズワルドの妻マリーナを演じている。

『NCIS:LA』は、米CBSにて毎週火曜21:00に放送。ミシェルが出演するエピソードは12月17日(火)に放送予定だ。日本では、シーズン4がFOXにて毎週木曜22:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ミシェル・トラクテンバーグ
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

現在本国アメリカでは、シーズン9が放映中の米FOXの大人気ドラマ『BONES −骨は語る−』。シーズン半ばであるにもかかわらず、先週これまで放映されていた月曜日夜から、金曜日夜の時間枠に引越しした途端、視聴率が激減したことがわかった。

【関連コラム】熾烈な視聴率競争を生き残ったドラマは? 生き残ったドラマから今年のドラマを占う!

米TV Guideによると、11月11日に月曜枠で最後に放映されたエピソードの視聴者数は、約740万人だったが、同じ週の金曜夜枠へ移動後に放映された最新エピソードでは、510万人にとどまったという。

本シーズン中では、ブレナン(エミリー・デシャネル)とブース(デヴイッド・ボレアナズ)が結婚するという、物語の大きな節目を迎えた。この節目の直後に視聴率が低下したため、ブレナンとブースの結婚を見届け満足した視聴者の番組離れのようにも見て取れ、シーズン10への更新を危ぶむ声もあるという。

しかし、金曜の夜は家を空ける人も多い時間帯。そのため、FOX側ではこの視聴率の悪化は想定内の範囲だとか。今後のストーリー展開を期待しているファンも多い『BONES』。不安材料を払しょくし、シーズン更新の吉報を待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BONES −骨は語る−』
(c)2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

大人気ミュージカルドラマ『glee/グリー』の歌姫リー・ミッシェル(レイチェル)が、デビューアルバムのプロモーションのため、初めてのミュージックビデオの撮影に挑んでいる。

【関連コラム】歌いたがる女優たち――いつから歌唱力が女優たちの武器になったのか ~『SMASH』で描かれるショービズ裏事情

英Digital Spyなどのサイトによると、リーは先週末、ミュージックビデオの撮影現場で撮った写真をツイッターに投稿し、ファンに披露したという。撮影が開始したのは、11月17日の日曜日。リーは、「今日はファーストアルバムに収録されるシングルのミュージックビデオを撮影してる。とてもワクワクしてるわ!」とツイート。メッセージととともに、何枚かの写真も同時に投稿している。

アルバムのリリース日はまだ公表されていないが、リーはジャケットに使われる可能性のある画像も数日前に公開。さらにリーは今回のデビューアルバムに、恋人で共演者だった故コーリー・モンテース(フィン)に捧げる特別なトリビュート曲を収録するつもりだと明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:リー・ミッシェル
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員に就任するも、シーズン12の1シーズン限りで降板となったマライア・キャリーが、『アメアイ』を「魔王のいる地獄で仕事するようなものだった」と語っていたことがわかった。ラジオ番組Hot 97に出演したマライアがインタビューで激白したという。

【関連コラム】歌いたがる女優たち――いつから歌唱力が女優たちの武器になったのか ~『SMASH』で描かれるショービズ裏事情

『アメアイ』の仕事について尋ねられたマライアは、苦笑いしながら「正直、すごく嫌だった」と語り始めると、「実のところ、信じ込まされて。私が一番初めに審査員の契約をしたのよ。まさかこんなネガティブなこと言うようになるなんて...。それに審査員は3人でやると思ってたし、ギャラもよかったし...それで私も引き受けた。それに、ランディ・ジャクソンも審査員だったから。ランディは昔馴染みで、かつて私のベーシストだったの。だから、きっと大丈夫、何もないわって言い聞かせた。でもそうじゃなかった」。

マライアは一気に吐露すると、今度は一呼吸置いて、当時を思い出すようにゆっくりと、「地獄みたいだったわ。毎日、魔王のいる地獄へ働きに行くようなものだった」と激白し、顔を覆って再び苦笑いした。

さらにマライアは、「候補者の子たちは大好きだった。中には素晴らしい候補者もいた。わかるでしょ。でも、番組の戦略的都合で落とされる時もあったのは辛かった。ああいう番組にはあることだけどね」と続けた。

同じくシーズン12限りで審査員を降板したニッキー・ミナージュとは、意見が度々激突し、不仲が報じられ続けたマライア。この後、夫のニック・キャノンが、「"魔王"はニッキーのことじゃない」と釈明コメントを発表しているが...。

『アメアイ』シーズン13は、ジェニファー・ロペス、キース・アーバン、ハリー・コニック・Jrを審査員に新たに迎え、来年1月よりアメリカで放送がスタートする。(海外ドラマNAVI)


Photo:マライア・キャリー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

全米ケーブルテレビ視聴者数No.1のパニック・サバイバル・ドラマ『ウォーキング・デッド』現在日本では、シーズン4が毎週日曜22:00からFOXにて放送されている本作だが、同シーズンの後半(第9話以降)の放送が2014年3月からとなることが決定した。また、この放送を記念し、リック役アンドリュー・リンカーンと、ダリル役のノーマン・リーダスが来日することがあわせて発表された。

【関連記事】前回来日した際のノーマン・リーダスのインタビュー記事はこちらから!

『ウォーキング・デッド』は、アメリカをはじめ世界中で絶大な人気を誇り、日本でも安倍首相がファンだと公言している話題作。シーズンを重ねる度にアメリカでの最高視聴者数の記録を更新し続け、極限状態に追い込まれた人間心理を独創的な世界観で描いたヒューマンドラマとして、TV業界のみならず各方面で確実な支持を獲得している。

今回の来日に際し、スカパー!加入者向けにアンドリューとノーマンが登場するスペシャル・ファンイベントが開催されることになるという。以下イベントの概要をお伝えするが、詳細は追って公式サイトにて確認いただきたい。

<スカパー!視聴者向け スペシャル・ファンイベント概要>
※ イベントの概要は変更になる場合もあり。

日時&場所:2014年1月 東京近郊にて実施 ※詳細は当選者にお知らせ。
応募資格:応募時にFOXまたはFOX bs238をスカパー!でご契約されている方
(パック、セット等での契約も含む)
応募方法:スカパー!公式ウェブサイトの「My スカパー!」内プレゼントボックス から
応募期間:2013年11月17日(日)~12月31日(火)
ご招待:50組100名様

(海外ドラマNAVI)

Photo:(c)Gene Page AMC

米Syfyが、英文学史上最古の作品の一つとも言われる英雄叙事詩『ベオウルフ』のドラマ化に着手し始めたと米Hollywood Reporterが報じた。同サイトによると、作品を執筆するのは映画『1408号室』の脚本を手がけたマット・グリーンバーグであるという。

【関連特集】歴史ファンタジーがお好きな方へ...『ゲーム・オブ・スローンズ』のススメ

本作はユニバーサル・ケーブル・プロダクションとオムニフィルム・エンターテインメントが共同で配給を手がけるプロジェクト。後者がドラマの製作を務めるという。製作総指揮として名を連ねるのは、アンドリュー・コスビー(『ユーリカ ~地図にない街~』)、パウロ・デ・オリヴェイラ(TV映画『ガンドッグ/復讐の導火線』)そして前述のグリーンバーグほか。

『ベオウルフ』は英文学史において最も重要な作品の一つで、8世紀から11世紀の間に書かれたものであると言われている。2007年には、ロバート・ゼメキス監督が映画『ベオウルフ/呪われし勇者』として実写とCGを融合させて映画化。ロビン・ライト・ペンやアンソニー・ホプキンス、アンジェリーナ・ジョリーといったスター俳優たちが出演し、全世界的で1億9100万ドルの売り上げを達成する大ヒットとなった。
その他にも、同じく2007年にSyfyはTV映画『ブレイブ・レジェンド -伝説の勇士ベオウルフ-』を放送。また、2005年にはジェラルド・バトラー主演の映画『ベオウルフ』が公開されている。

なお、Syfyは、最近キャスティングが始まった映画『12モンキーズ』のドラマ版や、2010年の映画『レギオン』をベースとした『Dominion』の準備を進めている。企画が進行しているものはほかに、ジェイミー・フォックスが脚本・監督・製作総指揮を務めるホラー・アンソロジーシリーズや、『プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~』のブライアン・フラーが指揮を執る『High Moon』、『ウォーキング・デッド』のゲイル・アン・ハードが製作を手がける『Hunters』などがある。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画『ベオウルフ/呪われし勇者』に出演の三人
(左から)ロビン・ライト・ペン、アンソニー・ホプキンス、アンジェリーナ・ジョリー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

大人気ミュージカルコメディ『glee』でライダー役を演じるブレイク・ジェナーが、ネット上で寄付を募るKickstarter (キックスターター)で映画製作のための資金集めをしていることが明らかとなった。

【関連フォトギャラリー】『glee』シーズン4 フォトギャラリー

米E!Onlineによると、ブレイクは自身が脚本・主演を務めるインディペンデント映画『Billy Boy』の製作のために、10万ドル(約1000万円)の寄付金達成を目指しているとのこと。『glee』の共演者であり、実生活では婚約者でもあるメリッサ・ブノワも出演する『Billy Boy』では、犯罪に支配された生活を送る高校生(ブレイク)が、ウェイトレス(メリッサ)に出会ったことにより人生を一新しようとする姿が描かれる。

Kickstarter用のプロモーションビデオで、「製作資金の一部は確保しているけど、予算達成のためにはみんなの助けが必要です。ブレイクも私も、他にはないようなインディ映画を製作することに意欲を燃やしていて、この作品は私たちにとってとても重要なんです」と熱く語ったメリッサ。ブレイクが書いた脚本を気に入った『glee』のキャスティング・ディレクター、ロバート・ウルリッチが、『Billy Boy』のプロデューサーとして名乗りを上げ製作に協力している。

『Billy Boy』への寄付は25ドル(約2500円)から受け付けており、1万ドル(約100万円)を寄付すれば本作のアソシエイト・プロデューサーとして名を連ねることができる。Kickstarterを使用して、人気ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』が映画化の資金調達に成功したことは記憶に新しいが、ブレイクたちも目標額を達成できるか見守っていきたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:『glee』
© 2011-2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

崖っぷちな主婦たちの日常を描いたドラマ『デスパレートな妻たち』のファイナル・シーズンのDVDリリースが、2014年1月15日(水)より開始されることがわかった。

【関連記事】『デスパレートな妻たち』ファイナル・シーズンの予告動画到着!

本作は、郊外の住宅街、ウィステリア通りを舞台に、秘密を抱える妻たちの姿を描いたドラマシリーズ。前シーズンでは、夫のカルロスが、ガブリエルを虐待していた継父にとんでもないことを...。その場に居合わせた友人のスーザン、リネット、ブリ―、ガブリエルは事件を秘密にすることに。ファイナル・シーズンでは、共謀した4人がある秘密を森に隠したが、その森が住宅開発されることになり、4人は窮地に追い込まれる。さらに、シーズン1でメアリー・アリスを自殺に追い込んだ脅迫文が、罪悪感にさいなまれる4人宛に届き、さらに翻弄されていく。これまでも、放火やアルコール依存症、病気、浮気と幾度となく崖っぷちに追いやられてきたが、最後の最後まで崖っぷちに立たされる展開になりそうだ。

『デスパレートな妻たち ファイナル・シーズン』のVol.1~4は2014年1月15日(水)、Vol.5~8は2月5日(水)、Vol.9~12は2月19日(水)に、DVDレンタルがスタートする。また、2月19日(水)にはCOMPLETE BOXの発売も決定している(海外ドラマNAVI)。

Photo:『デスパレートな妻たち ファイナル・シーズン』
(c)2013 ABC Studios.

DCコミックのヒーロー、グリーン・アローをベースとしたアクションヒーロードラマ『ARROW/アロー』に、バットマンの元相棒だったナイトウィングが登場するかもしれない。

【関連特集】編集部を虜にしたヒーローが日本上陸! 『ARROW/アロー』

この情報は、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』でジェレミー役を演じたスティーヴン・R・マックイーンがツイッターで発信したメッセージが発端になっている。(ちなみにスティーヴンは往年の大スター、スティーヴ・マックイーンの孫でもある)

数日前にスティーヴンは、スポーツジムで体を鍛えている様子を写した写真を、「ナイトウィング訓練中」というメッセージとともにツイッターで発信した(その写真では、ナイトウィングのロゴをあしらったTシャツも着ている)。さらに、「『ARROW』の製作者たちとスーパーヒーローについての話し合いをしてきたところだよ」というメッセージも発信したため、彼がナイトウィングとして『ARROW』に出演するのではないか、というウワサが持ち上がっているのだ。

なお、アメリカで現在シーズン2が放映されている『ARROW』は、これまでにブラックキャナリーなど、DCコミックのキャラクターが続々と登場している。超高速で移動できるザ・フラッシュが登場する回が予定され、彼を主人公とするスピンオフが製作される可能性もある。ちなみに今回ウワサにのぼっているナイトウィングは本名をディック・グレイソンといい、最初はバットマンの相棒である初代ロビンとして戦ったという設定だ。

一方、映画では、スーパーマン映画『マン・オブ・スティール』の続編として、バットマンが登場する『Batman vs. Superman』が2015年夏に公開予定となっているが、この作品ではナイトウィング役として、アダム・ドライバー(『Girls』)が出演交渉に入っているというウワサも出ている。(海外ドラマNAVI)

Photo:スティーヴン・R・マックイーン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

『FRINGE/フリンジ』のアキヴァ・ゴールズマンとジェフ・ピンクナーが、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のドラマ版パイロットの脚本を共同執筆するという話は、すでにお伝えしたとおり。

【関連記事】「いつかまた日本を訪れるチャンスがあれば行きたいね!」『FRINGE』ジョン・ノーブルにインタビュー!

1990年に公開された『ゴースト/ニューヨークの幻』は、強盗に襲われ命を落とした男が幽霊となって恋人を守ろうとするファンタジー・ロマンス。興行収入は世界で5億ドルを突破し、アカデミー賞では脚本賞のほか、インチキ霊媒師をコミカルに演じたウーピー・ゴールドバーグが助演女優賞を受賞した。

ドラマ版の放送予定など詳細はまだ不明だが、今回発表された脚本担当の2人はまさにベテラン。ゴールズマンは『ビューティフル・マインド』や『アイ・アム・レジェンド』、ピンクナーは『エイリアス』や来年公開予定の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ最新作など、それぞれ話題作を多数手がける実力派だ。

日本でも大ヒットし、2010年には松嶋菜々子、ソン・スンホン主演でアジア版リメイク『ゴースト もういちど抱きしめたい』が製作されるなど、公開から長年経った今も根強い人気を誇る本作。キャスティングを含め、ドラマ版でどのように生まれ変わるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:(左から)アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー
(c)Akira Shimada/www.HollywoodNewsWire.net
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

FBIに実在するBAU(行動分析課)のプロファイラーチームが全米各地に飛び、連続殺人犯(シリアルキラー)の次なる凶行を防ぐべく活躍する人気サスペンスドラマ『クリミナル・マインド』。ファン待望のシーズン8が1月7日(火)から日本で放送されることとなった。

【関連記事】祝☆150話! 『クリミナル・マインド』シーズン7 アフレコBAUチーム大座談会

前シーズンの最後に、BAUを去ったプレンティス(パジェット・ブリュースター)に代わり、新シーズンでは女性捜査官であるアレックス・ブレイク(ジーン・トリプルホーン)がBAUに加入する。リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)と同じく博士号を持つ才色兼備のエリート、アレックスだが、彼女はある複雑な過去を持っていた...。

番組名物であるシリアルキラーの顔ぶれも引き続いて鮮烈。また、シーズン5~7で1話ずつ監督を務めたマシューが10話と20話で監督を務め、さらにはホッチ役のトーマス・ギブソンも14話で本作の監督デビューを飾り話題となったシーズン8。今回も見どころ満載だ!

『クリミナル・マインド』シーズン8は、WOWOWプライムにて2014年1月7日(火)23:00から放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:BAUの皆さん、お帰りなさい!『クリミナル・マインド』
(c)ABC Studios

2度のアカデミー賞と5度のゴールデングローブ賞、および2度のエミー賞に輝くジェシカ・ラングが数年内に女優業を引退する考えであることをTVインタビューで明らかにした。

【関連フォト】エヴァン・ピーターズ、リリー・レーブ...『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』パーティー・フェスト2013に潜入!

11日、NBCのモーニングショー「TODAY」に登場したジェシカは、最近ささやかれている引退のウワサについてたずねられ、「ええ、2~3年内をめどに(引退)するつもりよ」と明言した。

このウワサは、ジェシカが出演している怪奇スリラー『アメリカン・ホラー・ストーリー』のクリエイター、ライアン・マーフィーが先月、メディアに「ジェシカは(毎年、シーズン更新のたびに) "これが最後よ"って言うのさ」と発言したことから急浮上したもの。マーフィーは「そう言いながら彼女は4シーズン出てくれたんだ。この番組はおそらく10年、12年、15年も続くから、ジェシカにはこの先も毎年出演してほしい」と述べ、ジェシカの続投を楽観してみせた。しかし、その後ジェシカがシーズン4をもって番組降板することを表明。さらに今回のインタビューで、ジェシカが女優人生そのものにピリオドを打つつもりであることが判明した。

1976年にデビューして以来、40年近く第一線で活躍してきたジェシカは「長い間、女優ひと筋で生きてきたから、新しい冒険が欲しいの」ときっぱり。しかし、女優を辞めて何をするかは具体的に決めていないそうだ。「ひとつのことに縛られると、ほかの可能性を狭めてしまうと思うの」と慎重に言葉を選ぶジェシカ。すでに第二の人生に向けて期待を膨らませているようだ。

現在、ジェシカはシリーズ第3弾となる『アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女の集会』に出演中。魔女狩りを生き延び、現代ニューオーリンズに君臨する最高位の魔女を演じている。ほかにアカデミー賞女優キャシー・ベイツ、オスカーノミネート女優のアンジェラ・バセットや映画『プレシャス』のガボレイ・シディペなどが顔を揃え、実力派女優たちの競演が見逃せないシーズンとなっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェシカ・ラング『アメリカン・ホラー・ストーリー』より
(c)2012-2013 Fox and its related entities. All Rights Reserved.

サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演で贈る、スペース・サスペンス・エンターテイメント超大作『ゼロ・グラビティ』が、来月12月13日(金)いよいよ日本で3D/2D同時公開される。すでに全世界で約470億円以上もの興行成績を収め大ヒット中の本作だが、本作のミッション・サポーターにしょこたんこと中川翔子が就任。日本科学未来館で行われたイベントに出席した。

【関連コラム】実力主義のハリウッド。俳優たちに立ちはだかる、 「階級のピラミッド」とは!?

スペース・シャトルの船外ミッションを遂行中に無数の宇宙ゴミ群が飛来し、宇宙の無重力空間=ゼロ・グラビティに放り出された宇宙飛行士たちの、極限状況下での魂を揺さぶる衝撃の人間ドラマを描いたのが本作。11日(月)に行われたイベントでは、突然の事故で無重力空間に投げ出されたメディカル・エンジニアとベテラン宇宙飛行士が、絶望的状況下で地球への帰還を試みる同作にちなみ、まるで宇宙から地球をみたような有機ELパネル製地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」の前で、しょこたんと国連宇宙空間平和利用委員会議長の堀川康氏がトークを展開。本作を鑑賞したしょこたんは、「もう宇宙キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! ですよ。探究心を忘れず、未来を夢見る人類すべてに体験して欲しい! 絶対3Dで観て!!」と大興奮。また、3Dの大迫力については「感じたことのない世界。孤独、絶望、希望...。本当に宇宙に放り出されたような感覚になり、死ぬまでに宇宙に行きたいと思っている人間にとっては、これほど怖い映画はない」とリアルな恐怖に戦慄した様子。とはいえ、作品から味わったのは恐怖だけではなく、「『生きてやる!』という心の強さをサンドラ・ブロックさんから教わった。宇宙に行くまでは絶対に生きねば!」と宇宙飛行への決意を新たにしていた。

先週、アジア人初・日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)船長として宇宙へと旅立った若田光一さんも、『ゼロ・グラビティ』をモスクワで鑑賞し、「とても面白かった」と感想を述べた、という話が出ると、「この映画を観た後で、宇宙に旅立つなんてすごい鉄のハート」と感心しきりのしょこたん。「人類の誇り!兄貴と呼ばせていただきたいです。人類の宝です!! 人類が(安全に)宇宙に行ける日まで素敵な実験や、笑顔を届けてください!ぜひ生還してくださ~い!」と宇宙へ届けとばかりに絶叫エールを送っていた。

映画『ゼロ・グラビティ』は、12月13日(金)より全国ロードショー<3D/2D同時公開>。(海外ドラマNAVI)

ジョージ・クルーニーの戦争ドラマ「ミケランジェロ・プロジェクト」は全米公開が来年に延期
<W流動画>G・クルーニーの最新映画が公開延期に!「安っぽい作品は出したくない!」


Photo:中川翔子
(c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

今、世界中で最も注目を浴びている俳優の一人ベネディクト・カンバーバッチの初主演映画『僕が星になるまえに』の大ヒットを記念して、ベネディクトの吹替を担当した俳優・三上哲によるトークイベントが12日に開催された。会場となった東京・ヒューマントラストシネマ有楽町には、本作を3回以上見に来ているというアツいファンを含め、多くの観客が集まった。

【関連フォトギャラリー】ベネディクト・カンバーバッチ初主演作! 『僕が星になるまえに』10月26日公開!

三上は、ベネディクトの人気の火付け役となった『SHERLOCK/シャーロック』を始め、今夏公開された映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』やDVD版の『パレーズ・エンド』、『ミス・マープル4 殺人は容易だ』など多くの作品で、ベネディクトの声を吹き替えている"ベネディクトを知る男"。吹替をしていく中で、三上はベネディクトの演技のある"癖"に悩まされているという。「彼はよく、しゃべり出す前にパクッと口を開けるんですよね。だから原音に合わせようとすると映像と合わなくなってしまうんで...、映像に合わせて本人がしゃべり出すより先にセリフを言うようにしています」と、吹替ならではの悩みを語った。さらに「(ベネディクトは)しゃべっている間で面白い表情をしたりするんですよね。あれも、日本語であてていくと、(表情に合わせて)そういうようなことを言わなきゃいけないのでやめてほしいなと思っています(笑)」と苦笑いも。

トークの後には、照明を落とした場内で、スクリーンに映し出される本作の1シーンに合わせた三上のアフレコが行われた。臨場感と生の迫力あるアフレコに、会場から大きな拍手が送られると、三上は「思った以上に会場が暗くなって、台本がまったく見えなかった。練習をしておいて良かった」とコメントし、会場内の笑いを誘った。

男同士の美しくも切ない友情と、ベネディクト・カンバーバッチの圧倒的な演技力が光る映画『僕が星になるまえに』はヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中。(海外ドラマNAVI)

ベネディクト・カンバーバッチが、ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジ役を演じる新作
<W流>ベネディクト・カンバーバッチ主演『The Fifth Estate(原題)』のインタビュー映像!


Photo:三上哲
(c)CINEMA ONE SPV4 LTD MMX ALL RIGHTS RESERVED

日本でもナショナル ジオグラフィック チャンネル(以下、ナショジオ)で今月22日に初回放送が予定されているTVムービー『ケネディ大統領を殺した男』(原題『Killing Kennedy』)。10日に米ナショジオで放送された本作の初回エピソードが、同局の最多視聴者数を塗り替える成功を収めたという。

本作はナショジオ初のオリジナルドラマ『リンカーン大統領暗殺の真相』(原題『Killing Lincoln』)と同じ原作者の作品をドラマ化するシリーズ第2弾。今年2月にアメリカで放送された『リンカーン~』も視聴者数335万1000人を獲得し、それまでの最多記録を塗り替えたが、『ケネディ大統領~』は前作をしのぐ335万4000人に視聴され、日曜の同放送枠の2013年平均を175%も上回った。

『ケネディ大統領~』は、ジョン・F・ケネディ大統領が1963年に遊説先のテキサス州ダラスでパレード中に狙撃さるまでの数年間を描いた作品。ビル・オライリーのベストセラー著書「Killing Kennedy」(邦題「ケネディ暗殺 50年目の真実 KILLING KENNEDY」)をもとに、リドリー・スコット率いる製作会社Scott Freeが製作を手がけ、スコット自身も製作総指揮として名を連ねている。

ケネディ役を務めるのは、『ザ・ホワイトハウス』『ブラザーズ&シスターズ』などのTVドラマを始め、映画界でも幅広く活躍するロブ・ロウ。その他にも、妻のジャクリーヌ役をジニファー・グッドウィン(『ワンス・アポン・ア・タイム』)、ケネディ暗殺の容疑者リー・ハーべイ・オズワルドをウィル・ロスハー(『CSI:』シリーズなどゲスト出演多数)、オズワルドの妻をミシェル・トラクテンバーグ(『ゴシップガール』)が演じる。

米ナショジオの最高経営責任者(CEO)デイビッド・ライル氏は、放送翌日に声明を発表。「昨晩、我々が目にした成功は、原作に忠実な洗練されたテレビ番組が、ただ楽しいだけでなく、重要で文化的に意味のある作品となることを再び証明しました」と成功の喜びを語った。(海外ドラマNAVI)


Photo:ロブ・ロウ
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)の主人公キャリーの青春時代を描く前章ドラマとして始まった『The Carrie Diaries』(以下『The Carrie~』)。先月アメリカでシーズン2の放送も始まり、何かと話題となっている本作だが、本家『SATC』でミランダ役を演じたシンシア・ニクソンが『The Carrie~』の存在を知らないことがわかった。

【関連☆お先見】『SATC』の20年前を描く『キャリー・ダイアリーズ』 サラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリー・ブラッドショーは20年前はビッチじゃなかった!?

『The Carrie~』主人公キャリーを演じるアナソフィア・ロブが、米Vanity Fair誌のインタビューで語ったところによると、「ブロードウェイの劇場のトイレでシンシアとバッタリ会ったの。だから"『The Carrie~』に出演しているんです。あなたの大ファンなんです!"って挨拶したのよ。そしたらシンシアに『The Carrie~』についた聞いたことがないって言われたの!」とのこと。笑いながら語るアナソフィアは、シンシアの意外な反応を面白がっていた様子。

なお、『SATC』でキャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーとサマンサを演じたキム・キャトラルは、『The Carrie~』の存在を把握していたとのことで、サラは、主役に抜擢されたアナソフィア・ロブにコンタクトを取り、キムはサマンサ役でシーズン2から出演が決まったリンジー・ゴートに連絡を取っている。

シーズンが進むにつれ、本作に若きミランダが登場する可能性もあるだろう。その時はきっとシンシアも、ミランダ役に決定した女優に励ましの言葉をかけてほしいものだ。
『The Carrie Diaries』は米CWにて毎週金曜20:00より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:シンシア・ニクソン
(c)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

法人類学者テンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)とFBI捜査官シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)が、骨を手掛かりに事件の謎に迫る大人気ドラマ『BONES -骨は語る-』。現在アメリカで放映中のシーズン9で、紆余曲折を経て結婚したブレナンとブースの関係や、今後のストーリー展開について、製作総指揮のスティーヴン・ネイサンが語った。

【関連コラム】『キャッスル』に見る男女バディ・ドラマの魅力

(以下、ネタばれが含まれますので、ご注意ください)。


これまで、男女を超えた特別な相棒としてお互いを認め合っていたブレナンとブース。前シーズンではふたりの間に子供が生まれながらも、結婚には至らなかった。今シーズンでとうとう結ばれたブレナンとブースだが、これで物語がエンディングに向かうのではという、番組終了を危惧する声も。

「ストーリーは新しい局面を迎えたけど、結婚ですべてが終わると考えたことはないよ。我々は常にふたりの結婚が物語の重要なファクターになると考えてきた。でも、それで今後のストーリー展開を妥協することはありえない」、とネイサンははっきりと否定。

ネイサンは、「確かに、これまでのようにブレナンとブースを描くことはできない。しかし、ふたりはやはり異なる考えを持つ真逆のタイプであることは変わらないし、それが『BONES~』をこれまで支えてきた柱でもある。ふたりはこれからもっと正直に向き合い、違いを認め互いを高め合うことができるんだ」と語り、今後の展開に問題はないという。

結婚はしても、ブレナンとブースそれぞれの個性をさらに輝かせ、また相手の影響で変わっていくふたりの姿が描かれるという『BONES~』シーズン9。夫婦となり新たな関係が始まったふたりの活躍を早く見たい!(海外ドラマNAVI)

Photo:『BONES』
(c)2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

法人類学者テンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)とFBI捜査官シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)が、骨を手掛かりに事件の謎に迫る大人気ドラマ『BONES -骨は語る-』。現在アメリカで放映中のシーズン9で、紆余曲折を経て結婚したブレナンとブースの関係や、今後のストーリー展開について、製作総指揮のスティーヴン・ネイサンが語った。

【関連コラム】『キャッスル』に見る男女バディ・ドラマの魅力

(以下、ネタばれが含まれますので、ご注意ください)。


これまで、男女を超えた特別な相棒としてお互いを認め合っていたブレナンとブース。前シーズンではふたりの間に子供が生まれながらも、結婚には至らなかった。今シーズンでとうとう結ばれたブレナンとブースだが、これで物語がエンディングに向かうのではという、番組終了を危惧する声も。

「ストーリーは新しい局面を迎えたけど、結婚ですべてが終わると考えたことはないよ。我々は常にふたりの結婚が物語の重要なファクターになると考えてきた。でも、それで今後のストーリー展開を妥協することはありえない」、とネイサンははっきりと否定。

ネイサンは、「確かに、これまでのようにブレナンとブースを描くことはできない。しかし、ふたりはやはり異なる考えを持つ真逆のタイプであることは変わらないし、それが『BONES~』をこれまで支えてきた柱でもある。ふたりはこれからもっと正直に向き合い、違いを認め互いを高め合うことができるんだ」と語り、今後の展開に問題はないという。

結婚はしても、ブレナンとブースそれぞれの個性をさらに輝かせ、また相手の影響で変わっていくふたりの姿が描かれるという『BONES~』シーズン9。夫婦となり新たな関係が始まったふたりの活躍を早く見たい!(海外ドラマNAVI)

Photo:『BONES』
(c)2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

女優としても活躍するロックアーティスト、アラニス・モリセットの往年の大ヒットアルバム『Jagged Little Pill』が、来年ブロードウェイで舞台化されることが明らかとなった。

【関連記事】NYのブロードウェイが舞台のショービズドラマ『SMASH/スマッシュ』シーズン2

『Jagged Little Pill』は1995年に発売されたアラニスの世界デビューアルバム。女性の権利をテーマにした本作は、全世界で売り上げ枚数が約3300万枚を突破。アラニスは一躍時代を代表するアーティストとなった。

米E!Onlineによると、舞台版『Jagged Little Pill』では、元恋人に向け辛辣なメッセージを歌った「You Oughta Know」を初めとするアルバム全曲がフィーチャーされ、さらに、アラニスが舞台用に提供した新しい楽曲も使用されるとのこと。舞台化についてアラニスは、「『Jagged Little Pill』のテーマを感情的にかつ具体的に深く掘り下げて、力強くその本質を表現できることを楽しみにしているわ」と語っている。

なお、この舞台版『Jagged Little Pill』では、ヴィヴェク・J・ティウォリー(グリーン・デイの大ヒットアルバム『アメリカン・イディオット』を舞台化)により舞台の楽曲がプロデュースされ、 アルヴィンド・イーサン・デヴィッド(『Tormented』)とトニー賞およびピューリッツァー賞に輝いた経歴を持つトム・キット(『アメリカン・イディオット』『Next to Normal』)が編曲を担当する。

アラニスは、1980年代にニコロデオンで放送された『You Can't Do That on Television』でショウビズ界デビュー。ロックアーティストとしてスターダムに駆け上がった後も地道に女優業を続け、『Weeds ~ママの秘密』ではアンディ(ジャスティン・カーク)の恋人で医師のオードラを演じ、『SEX AND THE CITY』や『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』など数々の作品にゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)


Photo:アラニス・モリセット
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

スティーヴン・スピルバーグ製作の新作SFドラマ『Extant』にオスカー女優、ハル・ベリーが出演するというニュースは、以前NAVIでもお伝えしたが、今回、この期待作に真田広之が出演することになった。

【関連フォトギャラリー】「もし僕がケガをさせたら、世界中のヒュー・ジャックマンのファンに殺される!」真田広之が二人の対決シーンを語る! 『ウルヴァリン:SAMURAI』記者会見

ハルが宇宙飛行士を演じるドラマ『Extant』。1年間に及ぶ宇宙での単独ミッションを終えて、夫と子どもとの暮らしを再開するが、彼女の宇宙と地球での体験が、人類の歴史を変える出来事につながるという物語だ。
米Deadlineによると、真田が演じるのは金持ちで天才的な能力を持つ科学者。豊かな資金をつぎ込み、世界の宇宙開発プログラムを自分のものにしようとする役柄だという。

真田は映画『ラスト サムライ』『ラッシュアワー3』などのハリウッド映画に出演し、12月にはキアヌ・リーヴスとの共演作『47 Ronin』が公開待機中だ。映画以外にもTVドラマ『リベンジ』『LOST』にも出演している。『Extant』 は来年の夏に米CBSで放送される。(海外ドラマNAVI)


Photo:真田広之
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

アクションヒーロードラマ『ARROW/アロー』で主役を演じるスティーヴン・アメルに、第一子となるマヴィちゃんが誕生したことは以前お伝えした通り。そんなスティーヴンが人気トーク番組『Chelsea Lately』に出演した際、新米パパぶりと過去に演じたゲイ役についてインタビューに応え、米E!Onlineがこの件を伝えている。

【関連特集】編集部を虜にしたヒーローが日本上陸! 『ARROW / アロー』大特集

マヴィちゃんが生まれて3週間が経ち、司会のチェルシーに子育てについて聞かれたスティーヴンは、「最高だよ!ミルクをあげて寝かしつけて、オムツを換えればいいんだから、子育てって楽だよ!」と、冗談交じりに応えながらも子育てに自信たっぷりな様子。

今でこそ『ARROW』で、影のあるヒーローを演じ男らしさを発揮しているものの、過去には多くのゲイ役を演じてきたスティーヴン。そのことについて聞かれると、「『Dante's Cove』っていうゲイばかりが登場するソープオペラに出演していたんだ。シーズン1ではストレートの悪役だったのに、シーズン2からはいきなり超ゲイに変わっちゃったのさ」と答え、自分はストレートだけどゲイにナンパされるのは全然OK! と器の大きいところも見せた。また男性の売春を描いた『Hung』では、スピンバイクのインストラクターでゲイのジェイソンを演じ、その当時、実際の仕事もスピンバイクのインストラクターだったと語った。「それって超ゲイの仕事よね!?」とツッコミを入れたチェルシーに、「でも当時もゲイじゃなかったよ!」と応戦し、会場から笑いが巻き起こる場面もあった。

ゲイ役からアクションヒーローまでこなすスティーヴン、パパになってますます演技の幅が広がっていくだろう。これからの活躍にも期待したい!(海外ドラマNAVI)


Photo:スティーヴン・アメル
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

ニューヨークに建つ歴史的な古いアパートの管理人になった若い夫婦を中心に、アパートで起こる様々な怪奇現象に脅かされる住人たちを描く超常現象スリラー『666パークアべニュー NYの悪夢』。来年の放送スタートに先駆けて、1月4日(土)、AXNにて第1話がプレミア放送されることとなった。

【関連特集】LAスクリーニング2013 海外ドラマNAVI編集部が観た!最新&注目の海外ドラマまるごとご紹介!

本作は、『LOST』のロック役・テリー・オクィンが主演を務め、『ブラザーズ&シスターズ』のデイヴ・アナブル、『アグリー・ベティ』のヴァネッサ・ウィリアムズ、『新チャーリーズ・エンジェル』のレイチェル・テイラーといった豪華キャストが脇を固める、スタイリッシュなホラー・サスペンスだ。

舞台はNYのマンハッタン。高級住宅地の一等地に建つ歴史を感じるマンション"ドレイク"に管理人として越してきた若いカップル、ジェーン(レイチェル・テイラー)とヘンリー(デイヴ・アナブル)。豪華なマンションに広い部屋を用意され、さらにオーナーであるギャヴィン(テリー・オクィン)とその妻オリヴィア(ヴァネッサ・ウィリアムズ)からも目をかけられ、気分良く暮らし始めた二人だったが、程なくして、ジェーンの身の回りで次々と不思議なことが起こり始める。果たしてこのマンションに隠された秘密とは...!?

『666パークアべニュー NYの悪夢』は、AXNにて、1月4日(土)23:00より第1話がプレミア放送される。(海外ドラマNAVI)


Photo:『666パークアべニュー NYの悪夢』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

稀代のストーリーテラー、ライアン・マーフィーが綴る異色の怪奇ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー(以下、『AHS』)』。本作のシーズン4更新がこのほど発表された。

【NAVIフォトギャラリー】スタイリッシュ・ホラー第2弾! 『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』

米放送局FXのジョン・ランドグラフCEOは6日、同シリーズのシーズン4を13話構成で製作することを明らかにした。同氏は番組を率いるマーフィーについて「何度でも番組の形を作り直すことができるTV製作の達人です」と大絶賛。さらに「製作チームとキャストが一丸となって生み出す『AHS』は、驚くべき作品です。毎年、全く新しいミニシリーズとして生まれ変わり、我々を魅了してくれます。現在放送中の第3シーズン、『AHS:Coven(原題)』は過去最高の作品ですが、シーズン4もきっとこれをさらに上回るでしょう」と新シリーズへの自信をみなぎらせた。

『AHS』は、シーズンごとにストーリーと主要キャストが演じるキャラクターを一新するという画期的な手法で、米TVシリーズの新境地を切り開いた。シーズン1『呪いの館』は、現代のロサンゼルス郊外を舞台とし、古い邸宅にまつわる怪奇現象をテーマとし、続くシーズン2『精神科病棟』では、1960年代の米東部にある精神病院のおぞましい実態を描き出した。また、現在放送中のシーズン3は魔女狩りをテーマとし、1970年代と1830年代の2つの時代のニューオーリンズを行き来する。本作でエミー賞&ゴールデン・グローブ賞をW受賞したジェシカ・ラングほか、ザッカリー・クイント、サラ・ポールソン、エヴァン・ピータースなどが、毎シーズン全くの別人として登場し、観る者を飽きさせない趣向となっている。

また、新シーズンはシリーズ降板を表明しているジェシカにとって、最後のシーズンとなる可能性が高い。その場合、奇才マーフィーが番組に貢献してきた大女優にどんな花道を用意するのかも、大いに気になるところだ。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン4はアメリカにて2014年10月に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』
(c)2012-2013 Fox and its related entities. All Rights Reserved.

J・J・エイブラムスが監督を務める『スター・ウォーズ エピソード7』が、2015年12月18日(金)に全米公開されることになった。

【関連記事】『フリンジ』『LOST』『スター・トレック』..."現象"を生み出すヒットメーカー、J・J・エイブラムスを読み解く。

米ディズニーが昨年10月に米ルーカスフィルムを買収したとき、ボブ・アイガーCEOは映画の公開時期を「2015年」と定めていたが、ぎりぎりその宣言に従う正式公開日となった。撮影は2014年の春、イギリスのパインウッド・スタジオで始まる予定だ。

ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長は今回の発表にともない、「映画館に観客が足を運ぶホリデーシーズンに公開日を定めるとともに、素晴らしい映画を世に送り出すために製作チームが必要とする時間を確保できることをうれしく思います」と述べている。

なお脚本は、ルーカスフィルム買収前から担当していたマイケル・アーント(『トイ・ストーリー3』)に代わり、エイブラムス本人と、『~エピソード5:帝国の逆襲』『~エピソード6:ジェダイの帰還』の脚本に参加したローレンス・カスダンが取り組むことが先月公式に発表されたばかり。

これにともない、製作現場でトラブルが起きているのではないかとのウワサも持ち上がったが、エイブラムス監督は、「与えられた時間を考慮しての決断」と説明している。ちなみに、今回の発表では脚本家としてエイブラムスとカスダンの名前は記されているが、アーントの名前は出ていない。

いずれにせよ公開日が定まり、本格的な製作がまもなく始まることが確実になった『エピソード7』。配役などさらなる発表を楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:J・J・エイブラムス
©2012 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved

全米でシリーズ400万部を突破したセシリー・フォン・ジーゲザーのベストセラー小説をドラマ化した大人気シリーズ『ゴシップガール』がMobage版の恋愛シュミレーションゲームとなって登場した。

【関連コラム】『ゴシップ・ガール』『ヴェロニカ・マーズ』『スーパーナチュラル』...あなたはどのオトコがお好み?

本作はNYで最もリッチな地区アッパー・イースト・サイドを舞台に、ヤング・セレブリティたちのライフスタイルを描いたドラマ・シリーズ。"ヤング版『SEX AND THE CITY(以下SATC)』"、"ポスト『The OC』"とも称される本作は、大人もビックリの大胆で際どい恋愛模様だけでなく、登場人物たちが着こなす最新ファッションも見どころのひとつ。

今回Voltageより登場したアプリは、物語の主人公となりNYでセレブな彼と恋をしたり、セリーナやブレアとお揃いのドレスを着てパーティーへ繰り出したりと、『ゴシップガール』の世界を体感できる恋愛シュミレーションゲーム。原作の世界観を元にした、全編オリジナルストーリーとなっている。原作の登場人物はもちろん、ゲームだけのオリジナルキャラクターも登場する。恋愛ストーリーだけではなく、登場キャラクターからのリクエストに合わせてファッションをコーディネートができるミニゲーム、「コ-デマジック」でドラマ同様におしゃれなファッションを楽しむことができる。

<登場キャラクター>
セリーナ
ダン
チャック
ネイト
ブレア
アイザック *ゲームオリジナル
アレックス *ゲームオリジナル
マーク *ゲームオリジナル

大人気海外ドラマ『ゴシップガール』の世界を楽しめる「ゴシップガール~セレブな彼の誘惑~」は、VoltageよりMobage版のiOS・Android搭載端末向けWEBアプリとして配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゴシップガール』
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

『アメリカン・アイドル』シーズン8で準優勝し大ブレイクした歌手アダム・ランバートが、人気ミュージカルドラマ『glee/グリー』の最新シーズンで自身が演じるキャラクターについて語った。

【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

米Digital Spyによると、アダムが演じるのはエリオット・ギルバート役で、通称"スターチャイルド"。これは彼のステージネームでもあり、デヴィッド・ボウイの代表作とも言われるアルバム「ジギー・スターダスト」に敬意を表したものなのだとか。

このスターチャイルドについて、アダムは「実際の彼はかなり普通で、地に足の着いたタイプだと思う」とコメント。ド派手な衣装と演出でレディー・ガガの「マリー・ザ・ナイト」を披露するシーンについては「みんなに何とかいい印象を与えようと彼は頑張りすぎちゃうんだ」と説明している。そんな彼の歌声を、共演者のデミ・ロヴァート(ダニ役)とクリス・コルファー(カート役)はベタ褒め。どうやらスターチャイルドはカートの"宿敵"になるらしく、「詳しくはまだ知らないけど、これからどうなっていくのか楽しみ」とアダムも今後の展開に期待している様子だ。

さらにアダムは、『アメリカン・アイドル』出演前に『glee』のオーディションを受けていたことを激白! しかし、当時は「声はすばらしいけど歳を取りすぎている」と断られてしまったそう。今回まさに念願の出演を果たすことになったアダムの活躍が楽しみだ。

アダムが登場する『glee』シーズン5第4話「A Katy or a Gaga」は、全米で11月7日(木)放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アダム・ランバート
(c)Manae Nishiyama/www.HollywoodNewsWire.net

奇抜な衣装やパフォーマンスで世界を驚かせているレディー・ガガが、ついに宇宙で公演することになった。

【関連記事】レディー・ガガ、マイケル・ジャクソンのネバーランドを購入か?

US Weeklyなどが伝えたところによると、ガガは2015年、ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船スペースシップツーに搭乗し、無重力の宇宙に達したところで歌を一曲うたうとのこと。これは、米ニューメキシコ州で三日間にわたり開催されるハイテク音楽祭「ゼロGコロニー」のクライマックスイベントで、ガガの乗る宇宙船は最終日の夜明けに地上を発つ予定。メイクや衣装担当、ヘアスタイリストも一緒に搭乗する模様。なおこの飛行は、商業用の初飛行から半年後に行われるものだという。

プロの歌手が宇宙で歌をうたうのは前例のないこと。関係者によると、船内気圧が変化するため、1ヶ月にもわたるボーカルトレーニングを彼女は受ける必要があるらしい。莫大な額の生命保険にも入ったということだ。

なおガガ自身もツイッターで、US Weeklyの報道をリツイートしたうえで、「ウワサが本当かどうかは、新作アルバム"ARTPOP"が発売される11月10日にわかるわ」と発信している。

ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙飛行をめぐっては、宇宙旅行の席を競うリアリティショーを米NBCが立ち上げるなど、これまでの宇宙開発にはなかった動きが目立っている。レディー・ガガが無重力の宇宙から力強い歌声を発することで、人類はついに新たな一歩を踏み出すのかも!?(海外ドラマNAVI)

Photo:レディー・ガガ
(c)Albert L. Ortega/www.HollywoodNewsWire.net

ジェームズ・スペイダー主演、全米で高視聴率を記録し話題沸騰中の超大型サスペンス『ブラックリスト』。今月20日(水)初回の先行プレミア放送が行われることで、期待が高まるなか、本作のレギュラー放送日が、2014年1月28日(火)に決定した、と発表された。

【関連記事】最重要指名手配犯とFBI新人プロファイラーの異色コンビが事件解決に奔走する犯罪ミステリー『ブラックリスト』

"犯罪コンシェルジュ"と呼ばれるFBIの最重要指名手配犯が突如出頭、凶悪犯罪者たちに関する情報を提供し、彼らの逮捕に協力すると申し出たら――そんな大胆な設定が魅力の本作に出演しているライアン・エッゴールドが、主役を務めるジェームズについて、マスコミに語っている。

ライアンは、ジェームズ演じる指名手配犯レイモンド・"レッド"・レディントンの交渉相手に指名された新米捜査官エリザベス(メーガン・ブーン)の夫トム役を演じている。かつては、『新ビバリーヒルズ青春白書』の青年教師役を演じていたライアンだが、本作では大胆なイメージチェンジをはかり、影のある夫を好演している。

これまでは、メーガンとの共演シーンがほとんどだったライアンだが、最近になり、ジェームズと初めて一緒のシーンを撮影したという。米エンタメサイトの取材に答えたライアンは、「もう感激したよ。この時を待っていたんだ。俳優なら誰だって、僕の気持ちを分かってくれるだろう。彼(ジェームズ)は演技の達人だからね」と、興奮を隠しきれない様子。さらにジェームズは、ライアンとの共演シーンを撮る前に、主役&ベテランらしい気配りも見せてくれたとか。「ジェームズは最高に優しい俳優だよ。シーンの前に僕のところにやって来て、彼の考えを聞かせてくれた。そのシーンについて一緒に話し合ったんだよ。僕らはジェームズが(このドラマに)いてくれて、ラッキーだと思っている。彼はストーリーがどう進んでゆくか、どんなことが起こるのか、脚本家たちに対しても影響力を持っているんだ、凄いことだよね」 "達人"ジェームズに心酔しきりのライアン、一体どんなシーンだったのか、オンエアが楽しみだ。

『ブラックリスト』は、2014年1月28日(火)22:00から スーパー!ドラマTVにて日本初放送。二か国語版は毎週火曜22:00~、字幕版は毎週火曜24:00~ほか。また、これにさきがけて、11月20日(水)23:00第1話の先行プレミア放送が行われる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ライアン・エッゴールド(右)、左はメーガン・ブーン
(c)2013 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

本格リベンジ・アクションドラマ『NIKITA/ニキータ』で、政府の秘密組織ディヴィジョンの教官、マイケルを演じるシェーン・ウェストが、米WGN America局の魔女狩りを題材とした『Salem』に出演決定したことがわかった。

【関連コラム】『NIKITA/ニキータ』マギー・Qが、ファンからの質問に答えちゃいました!

英digital spyによると、『Salem』は17世紀に米マサチューセット州セイラム村で実際に起こった魔女狩りを題材としている。セイラムの魔女狩りは、200名近い村民が魔女として告発され19名が処刑、1名が拷問中に圧死、5名が獄死した悲惨な事件だ。アメリカ史における忌まわしい時代に起きた事件と、それにまつわる超常現象の謎に迫る本作は、新鮮かつ大胆な切り口で描かれるという。

本作でシェーンが演じるのは、10年にわたる激しい戦争から帰還した退役軍人ジョン・アルデン。ハンサムで皮肉屋のジョンは村へ帰郷後、魔女狩りに巻き込まれるとのこと。このほか、タムジン・マーチャント(『THE TUDORS ~背徳の王冠~』)が、ジョンの恋愛対象となる聡明で美しいアーティストのアン役で、セス・ガベル(『FRINGE/フリンジ』)が魔女狩りを先導するコットン役でキャスティングされている。

『Salem』の放送日時については、現在のところ未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:シェーン・ウェスト
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

ファン待望の『SHERLOCK シャーロック』シーズン3に、『THE KILLING/キリング』で若手政治家トロールス・ハートマンを演じたラールス・ミケルセンが、新たな悪役チャールズ・オーガスタス・マグナッセンに扮するというニュースは、以前お伝えしたとおり。英Radio Timesのオンライン版によると、本作のクリエイターであるスティーヴン・モファットが「ラールスは恐ろしい」と断言したそうで、新シリーズでシャーロック(ベネディクト・カンバーバッチ)が対決する敵もどうやらかなりの強者となるようだ。

【関連お先見!】二つの現代版ホームズ、『SHERLOCK』と『Elementary』の違いと魅力について

(以下、ラールス・ミケルセンのキャラクター設定などシーズン3の話がやや含まれております。ご注意ください)


シーズン2のモリアーティ(アンドリュー・スコット)に代わってシーズン3にお目見えするマグナッセンは、原作「犯人は二人」に登場し、シャーロックが最も嫌悪した犯罪者と言われる"ロンドン一の恐喝王"チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートンをベースにした登場人物。モファットは「いつもどおり、僕らが原作から何を引き出し、どう形にし、どんな共通項を見い出したかが見ものだよ」と語り、「どんな味付けをしたかは明かさないけど、いいキャラクターに仕上がったと思ってる」と自信をのぞかせた。また、「僕らが取り入れた切り口は始まって数秒でわかるよ」とも付け加えており、モリアーティ同様、マグナッセンも見る者を一瞬で引きつける魅力的な悪役になることを示唆したという。

英BBCはシーズン3の放送日時をいまだ明かしていないが、アメリカでは一足早く放送日時が公表され、来年1月19日(日)のOAが決定している。イギリスでも今年の終わりか来年初めに放送されると見られているものの、本国にさきがけてアメリカでの放送日時が発表されたのは今回が初めて。さて、日本上陸はいつになるのか、吉報を早く聞きたいところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SHERLOCK』
(c)Colin HuttoncHartswood Films 2012

『FRINGE/フリンジ』のウォルター・ビショップ役で知られるジョン・ノーブルが、現在米FOXで放映中の新作ドラマ『Sleepy Hollow』で演じている自身の役柄について語った。

【関連記事】「いつかまた日本を訪れるチャンスがあれば行きたいね!」『FRINGE』ジョン・ノーブルにインタビュー!

米TV Lineによると、『Sleepy Hollow』でジョンが演じるキャラクターは、特別な才能を持つ、ミステリアスで孤立した男、ヘンリー・パリッシュ。そう聞くと、思い出すのはやはり『FRINGE』でのウォルターだ。この両キャラでは重なる部分がありそうだが...?

「確かに表面上は似ているかもしれないけど、ヘンリーをウォルターのようにするつもりはないよ」と、ジョンは笑いながらやんわりと否定。ジョンの分身のような愛すべきキャラの名前を挙げながらも、あくまでウォルターは演じた役柄のうちのひとつだと語った。

『Sleepy Hollow』でのジョンの役柄は、シン・イーター(罪喰い人)と呼ばれる、あまり聞きなれない宗教上の儀式を行う特別な存在。悔い改めることのできなかった人の罪を、臨終前にシン・イーターが「食べる」ことで魂を救済し、天国に送るのだという。

この役は、『FRINGE』の製作総指揮のアレックス・カーツマンとロベルト・オーチーからのオファーだそう。ジョンは、「彼らは僕のことを良く知っているからね。ある日電話が掛かってきて、パイロットの出来が素晴らしいから、ぜひ出演して欲しいって言われたんだ」と、出演依頼の詳細を明かした。やはり、この難しい役柄にはジョンしかいない、と思わせるエピソードだ。

またジョン自身も、「僕は『Sleepy Hollow』のような、非現実的なストーリーで演じることが大好きなんだ」と語り、ヘンリー役を楽しんでいる様子。

『Sleepy Hollow』シーズン1では、少なくとも3回はジョンの出演が決まっているという。そして、嬉しいことに、シーズン2にもヘンリーが登場するようだ。日本での放映が待ち遠しい!(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ノーブル
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

現地時間1日午前9時20分、男がライフル銃を発砲し、保安検査の職員8人が死傷する事件が起きた米ロサンゼルス国際空港で、事件発生当時、撮影ロケを行っていた人気ドラマ『MAD MEN マッドメン』の製作チームが、急きょ避難を余儀なくされる事態に見舞われていたことがわかった。

この事件は男がライフル銃を発砲しながら第3ターミナルの保安検査場を突破し、規制区域に侵入して乱射したもので、保安検査などを行うTSA(運輸保安局)職員1名が死亡、7名が負傷した。駆けつけた警官との銃撃戦の末、撃たれたニュージャージー州出身のポール・シアンシア容疑者(23歳)が拘束され、搬送先の病院で手当を受けている。

一方、製作チームのメンバーがツイッターで明らかにしたところによると、現在、最終シーズンのシーズン7を製作している『マッドメン』クルーは、当時、乱射事件が発生した第3ターミナルの向かい側に位置する第4ターミナルで撮影を進めていた。事件を知り、別ターミナルへと緊急避難したため、被害はなかったという。同ツイートはしばらくして削除されたが、放送局のAMCが後日、ロサンゼルス空港で同シリーズの撮影が行われていた事実を認めた。現場にキャストメンバーが居合わせていたかどうかは不明だが、クルー一同、予期せぬ事態にひやりとしたにちがいない。

60年代の華麗なる広告業界に渦巻く野心と欲望を描いた『マッドメン』。ファイナルシーズンは、2014年春に7話、2015年春に7話と全14話が二分割されて放送される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『MAD MEN』
(c)2012 Lions Gate Television Inc., All Rights Reserved.

 

米国で10月1日(火)に放送された『ネイビー犯罪捜査班』シーズン11のエピソードで、ジヴァ・ダヴィード役のコート・デ・パブロが降板し、その後"誰がジヴァの穴を埋めるか!?"と注目されていたが、本日、その後任としてエミリー・ウィッカーシャム(『ブリッジ~国境に潜む闇』『ファインド・アウト』)がレギュラー入りすることが、放送局であるCBS TVより発表された。当初エミリーは3話のみのゲスト出演の予定だったが、米国で11月19日(火)にオンエアされる彼女にとっての初登場エピソード放送より前に、レギュラーとして加入することが正式決定した。

【関連記事】『NCIS ネイビー犯罪捜査班』とはどんなドラマ!?

エミリーが演じるのはNSA(国家安全保障局)の分析官で、国際情勢の安全性や脅威を査定するスペシャリストでもあるエレノア"エリー"ビショップ。 米国海軍長官の会議が盗聴され機密情報が漏えいしたことで、リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)はじめNCISチームと一緒に事件を調査するという設定で登場するとのことだ。

製作総指揮者のゲイリー・グラスバーグは「エミリー演じるエリーはNCISチームに完璧にマッチしている。彼女のエネルギーや熱意および意気込みは他の共演者にとってもプラスになっている。今後、彼女が大きく絡むエピソードもいろいろ予定しているし、彼女が加入することはこれ以上とない興奮をもたらしているよ」と熱く語っている。

シーズン3から8年間に渡りレギュラーとして活躍してきたジヴァの後任として加入するエリーとはどんな人物なのか?『NCIS』ファンの反応も気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』
(c) 2011 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

今年7月に急逝したコーリー・モンテースの恋人で、『Glee/グリー』でも恋人役のレイチェルを演じるリー・ミシェル。共演者やスタッフ、そして多くのファンが今もリーを支え、応援しているが、突然大切な人を失ったリーにいち早く救いの手をさしのべたのは、女優のケイト・ハドソンだったことがわかった。

【関連コラム】〈コーリー・モンテース追悼〉『Glee』撮影現場、ある1日の回想...

リーは米Elle誌のインタビューで、「ケイトは、コーリーが亡くなった後、すぐに私を助けてくれた友人のひとりなの。ケイトに電話して、『レポーターがいるから家には帰れないし、いったいどこに行けばいいの』と言ったら、すぐに自分の家にいらっしゃいと、居場所を提供してくれたのよ」と語り、恋人を失い気が動転していた時のケイトの優しい気遣いに感謝していることを明かした。ちなみに、ケイトは、『Glee』のシーズン4でレイチェルのダンス講師カサンドラ役としてゲスト出演している。

先月、コーリーの追悼エピソードが放映され、悲しい出来事から徐々に落ち着きを取り戻し、前に進みつつある『Glee』。しかし、リー自身は、まだコーリーの死から立ち直ろうと苦しんでいるという。

「強く生きていくことはとても難しいわ。でも、私が自分自身を失わず、一生懸命生きていくことで、誰かに心強さが伝わることもあるかも知れない。コーリーも、同じようにこの状況を乗り越えて誰かを救うことを考えると思うわ」と、亡き恋人への想いを語っている。

コーリーの追悼エピソードを含む『Glee』シーズン5第1~3話の特別先行放送は、FOXにて11月24日(日)15:00~18:00に放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ケイト・ハドソン
(c)Richard Buxo/www.HollywoodNewsWire.net

ハロウィンだった昨日、『ウォーキング・デッド』シーズン4放送記念ゾンビ1000体大集結イベント! @東京タワーが行われ、総合格闘技家の曙太郎、タレントの保田圭らが登場した。

【関連記事】「ダリルグッズは○○の部屋に置いてるんだよ」『ウォーキング・デッド』ダリル役:ノーマン・リーダスに突撃インタビュー!

本作は、ベストセラーのアメコミを原作にしたドラマ。ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる中、保安官のリックが生存者たちとともに救いの地を探し、旅を続けていく物語。シーズン4では、リックたちは、廃墟と化した刑務所で新たな仲間と生活を始める。そんな中、内乱の予兆が見え隠れし、ウォーカーの脅威が襲い掛かかってくる。

同イベントでは、「う~う~」という唸り声とともに、ゾンビに扮した曙太郎ら1000体のゾンビたちが東京タワーをジャック。そんな異様な雰囲気の中、イベントのレポートを繰り広げる保田は、同作について「本当に大好きで、次が気になって観だしたら眠れないんです」とコメント。続けて、「ただゾンビが出てくるだけじゃなく、すごい人間ドラマがあります」と話し、ドラマのファンであることが伺い知れた。また、迫りくるゾンビに扮した曙に保田が襲われるという演出も行われ、イベントは大盛り上がりで幕を閉じた。

イベント後の囲み取材で曙は、「このゾンビ姿で、『ウォーキング・デッド』に新しいキャラクターとして出たい」と語った。

なお、『ウォーキング・デッド』シーズン4は、FOXチャンネルにて毎週日曜日22時から放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:曙&保田とゾンビ達

日本でもDlifeで放送中の人気トーク番組『エレンの部屋』の司会で知られるエレン・デジェネレスが、米NBCとレズビアンのコメディを製作中であることがわかった。

【関連特集】完全無料のBSテレビ局、それがDlife。

英digital spyによると、タイトルが未定のこのコメディは、レズビアンの女性とストレートの男友達に赤ちゃんができた時(どのように妊娠に至ったのかは不明)、タイミング悪く彼が運命の女性と出会ってしまう...というストーリー。

エレンはリズ・フェルドマン(『NYボンビー・ガール』)と共に製作総指揮の一人を務め、脚本も手がけるという。リズは『エレン~』と、エレンが2007年に司会を務めた第79回アカデミー賞授賞式の脚本も手がけているため、二人が息の合った仕事ぶりを見せてくれそうだ。

NBCは、ゲイのウィルと親友グレイスの奇妙な同居生活を描いて、8シーズンにわたる大ヒットとなったコメディ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』を始め、残念ながらシーズン1で打ち切りとなってしまったが、子どもを望むゲイカップルと代理母となったシングルマザーの交流を描いた『New Normal おにゅ~な家族のカタチ』など、同性愛コメディには定評がある。エレン自身も1994年から1998年までアメリカで放送されたシットコム『Ellen』で、レズビアンの元本屋のオーナー、エレン・モーガンを演じたことがあるだけに、新作プロジェクトの出来は大いに期待できそうだ。

エレンの軽快なトークが堪能できる『エレンの部屋』は、毎週土曜4:00と19:00からDlifeにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:エレン・デジェネレス
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

ハリウッドの裏側をリアルに描く『アントラージュ★オレたちのハリウッド』の映画版の製作が難航していたことは、すでにお伝えしたとおり。本作で製作総指揮を務めたマーク・ウォールバーグが、映画化が進まないのは出演者のギャラ交渉が原因であることを明かしていたが、ついにGOサインが出たようだ。

【関連記事】【潜入パパラッチ・エミー賞編】第58回エミー賞授賞式(2006)/ヘレン・ミレン、ジェレミー・アイアンズ、ジェームズ・ガンドルフィーニ...

『アントラージュ』は、人気上昇中の俳優ヴィンセント(エイドリアン・グレニアー)と彼の幼馴じみの仲間3人とヴィンセントを支えるタレントエージェントが、成功を夢見て厳しいハリウッド業界で這い上がるサクセス・ストーリーだ。

米E!Onlineによると、本作のクリエーター、ダグ・エリンが「GOサインが出た!みんな愛しているよ!」とメインキャストの写真を添え、映画化が本格的に動き出したことをツイッターで報告。また、ヴィンセントの幼なじみのタートル役を演じたジェリー・フェレーラも「4人(メインキャストのエイドリアン・グレニアー、ジェレミー・ピヴェン、ケヴィン・コナリー、ケヴィン・ディロン)に代わって、今まで待ってくれていたファンに感謝の気持ちを伝えたい。アントラージュが戻ってくるよ!いつも何とかなるんだよ」とファンに向けてツイートした。一方でタレントエージェントのアリ(ジェレミー・ピヴェン)の妻メリッサを演じたペリー・リーヴスは、今年9月に開催されたニューヨーク・ファッションウィークでのインタビューで、「徐々にだけど映画化にはこぎつけてるわ。撮影が延期されているけど、きっと実現するはずよ」と、なかなか映画化が進まない中でも、前向きな姿勢を忘れていなかったようだ。

出演者のギャラについては解決されたのか、詳細は今のところ公表されていないが、首を長くして待っていたファンには朗報だ。アントラージュの面々とビッグスクリーンで会える日が待ち切れない!(海外ドラマNAVI)


Photo:『アントラージュ★オレたちのハリウッド』
(c)ワーナー・ホーム・ビデオ

カテゴリ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。