今見るべき一押しドラマ!
『BULL/ブル 法廷を操る男』衝撃の降板発表後、あの人はどうなった?その運命が明らかに

米CBSの人気リーガルドラマ『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン5をもって、オリジナルキャストが突如降板したが、演じていたキャラクターはその後どうなったのだろうか? シーズン6の第1話で、その運命が明らかになった。米TV Lineが報じている。(※本記事はシーズン6第1話のネタばれを含むのでご注意ください)

今年5月、CBSでシーズン5の放送が終了した後、シーズン1からベニー・コロン役で出演していたフレディ・ロドリゲスの降板が発表された。

20211012-00000005-dramanavi-1-00-view.jpg

ベニーは、主人公ジェイソン・ブル(マイケル・ウェザリー)の元義兄弟で、地区検事局の元検察官。TAC(トライアル・アナリシス・コーポレーション)の社内弁護士となったベニーは、シーズン5で地方検事に立候補しないかと声をかけられていたが、最終的にはブルのチームへ戻るために選挙から降りる展開となっていた。

10月7日(木)にシーズン6の第1話「Gone(原題)」が放送されたが、ベニーの不在について、ブルは出会って1カ月のイタリアン人女性と電撃結婚してヨーロッパへ引っ越したと、チームに事情を説明。ダニー・ジェームズ(ジェイミー・リー・カーシュナー)をはじめとする仲間がその急激な展開に驚いていたものの、カラオケで歌いながらみんなで彼の新しい門出を祝った。

フレディの降板が発表された際、ショーランナーのグレン・ゴードン・キャロンが解雇されたことも同時に報じられていた。シーズン5の製作終了後、複数の脚本家が一度にシリーズを辞めたことを受け、CBSが職場環境に問題がなかったか調査を開始。その結果としてキャロンは番組を去ることになったが、フレディの降板理由については明らかになっていない。

なお、キャロンの後任として、ミステリードラマ『ギルト ~罪深き闇~』でクリエイターを務めたキャスリン・プライスとニコール・ミラードがショーランナーを引き継いでいる。

『BULL/ブル 法廷を操る男』は、CBSにて毎週木曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

\『BULL/ブル 法廷を操る男』を見るならココ!/

【Amazon Prime Video】で観る

(2022年4月時点での情報です)

Photo:

『BULL/ブル 法廷を操る男』(C) MMXXI CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved