『デアデビル』主演俳優、Netflix版のスタントマンを新作に起用するようマーベルに懇願

惜しくも打ち切りとなったNetflix製作のドラマ『Marvel デアデビル』が、Disney+(ディズニープラス)オリジナルとなる『Daredevil: Born Again(原題)』として復活を遂げることは以前お伝えした通り。その新作を巡り、主演のチャーリー・コックスが、Netflix版で3シーズンにわたって活躍したスタントマンを復帰させるよう、マーベルに訴えていたことがわかった。

スタントマン「チャーリーはいつも僕のために戦ってくれる」

米Comicbook.comによると、ポッドキャスト番組「Ikuzo Unscripted」に、Netflix版でチャーリーのスタントダブルを務めたクリス・ブリュースターターが出演し、MCU版への復帰を依頼されていないと明かしたという。

「『Daredevil: Born Again』では、間違いなく僕に声をかけてくれると信じていました。特にチャーリーは全てにおいて僕の起用をリクエストしてくれるし、いつもわざわざ僕のために戦ってくれるんです。彼は、何度も何度もスタジオに僕に声をかけるよう頼んだんですが、電話はありませんでした。皮肉なことに、Netflix版のシーズン1~3で仕事をした人は誰も戻っていません」と語っている。

実際のところ、Netflix版から復帰することが決定しているのはチャーリーのほか、キングピン/ウィルソン・フィスク役のヴィンセント・ドノフリオ役、そしてパニッシャー/フランク・キャッスル役のジョン・バーンサルのみ。キングピンのパートナー、ヴァネッサ役もリキャストされており、製作陣も一新されている。

すでにチャーリーは、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』とドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』にデアデビル/マット・マードックとしてゲスト出演している。しかし、ディズニー傘下のマーベル・スタジオが製作する両作に登場したデアデビルは、Netflix版のダークでシリアスなトーンとは真逆で、明るく軽い雰囲気をまとっている。

そんなデアデビルを目にしたブリュースターは、こうも語っている。「あのキャラクターはMCUに乗っ取られ、かなり傷つけられてしまったと思います。『シー・ハルク』を見たら、デアデビルがアニメキャラみたいに格下げされていました。アニメみたいでカッコ悪いんです。CGでリアルな動きを強調するのは好きだけど、リアルな動きがないと単なるアニメになってしまいます。CGだから重みがない。そして、『デアデビル』のアクションが常に良かったのは、それが直感的だったからです。チャーリーが感じていることを、彼の演技とアクションの中に感じることが出来ましたからね」

現時点で、『Daredevil: Born Again』の時代設定やプロットなどの詳細はベールに包まれている。配信は、ディズニープラスにて2024年春に開始予定。

チャーリー演じるデアデビルが見られるNetflix版『デアデビル』シーズン1~3含むディフェンダーズ・サーガと『シー・ハルク:ザ・アトーニー』はディズニープラスで配信中。(海外ドラマNAVI)

\月額990円~/

\ドコモユーザーはこちら/

 

海外ドラマ好きにディズニープラスがおすすめな理由
HuluとDisney+のセットプラン
月額1,490円 or 1,740円でHuluとディズニープラス両方が楽しめる!

Hulu(月額1,026円税込)とDisney+(スタンダードプラン月額990円税込 or プレミアムプラン月額1,320円税込)2つのサービスを利用できる。
つまりセットプランを利用すれば最大606円もお得に!

Huluでは日本のドラマやバラエティ、オーディション番組、Disney+ではディズニー作品はもちろんマーベルスター・ウォーズ、さらに最新韓国ドラマBTSなどのオリジナルコンテンツを多数配信!

セットプラン詳細>>

Hulu | Disney+ セットプラン

こんな記事も読まれてます

Photo:『シー・ハルク:ザ・アトーニー』©2023 Marvel